佐々木「キョン…僕のお尻を触るのをやめてくれないか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「執務室を模様替えしたい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:03:32.42 ID:gn19vq+F0

・電車内

キョン「…」サワサワ

佐々木「…キョン?」

キョン「おっと、バレたか」サワ

佐々木「当たり前だろう…」

キョン「手の甲で触れるか触れないかの微妙なタッチだと思ったんだが…」

佐々木「僕だって女の子なんだ。キョンじゃなかったら駅員に突き出してるところだよ」

キョン「はは、すまんすまん」

佐々木「まったく…」

キョン「…」サワサワ

佐々木「………」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:05:47.54 ID:gn19vq+F0

佐々木「キョン、一体どういうつもりなんだい?」

キョン「…え?何がだ?」サワサワ

佐々木「何がじゃないだろう…どうして僕のお尻を触るんだ」

キョン「そりゃ、触りたいからに決まってるだろう」サワサワ

佐々木「そ、そう…」

キョン「あぁ」サワサワ

佐々木「…」

佐々木「いやちょっと待って」

キョン「ん?」サワサワ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:07:53.38 ID:gn19vq+F0

佐々木「触りたいからって人のお尻を触って良いわけないだろう?」

キョン「そいつはすまんな」

佐々木「分かればいいんだ…まったく、君はいつからこんなにいやらしくなったんだい?」

キョン「いや、誰のでもいいってわけじゃないぞ?佐々木のお尻がいいんだ」サワサワ

佐々木「そ、そう…」

キョン「おう」サワサワ

佐々木「…」

キョン「…」サワサワ

佐々木「いや違う、違うよ!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:11:03.82 ID:gn19vq+F0

キョン「?」サワサワ

佐々木「?じゃない!とりあえず触るのを止めてもらえないか!」

キョン「どうしたんだよ佐々木」

佐々木「それはこっちの台詞だよ…いったいどうしてしまったんだ。
    急に僕のお尻を触りだすなんて」

キョン「そりゃ触りたいから」

佐々木「だからって欲望のままに触るのはNGだよキョン。人として」

キョン「あぁ…まぁ、そうかもな?」

佐々木「わかってくれたかい?」

キョン「ああ、ちゃんと断ってからにするべきだったな」

佐々木「…」

キョン「佐々木、お前の小ぶりな尻を揉みしだきたいんだけど、いいか?」サワワ

佐々木「いいわけないよ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:14:17.50 ID:gn19vq+F0

キョン「なんだよちゃんと断っただろ?」サワワ

佐々木「だ、だから相手から許可を得ればいいというものじゃ…」

キョン「じゃあどうすれば触らせてくれるんだ?」スル

佐々木「どうするもこうするも、君と僕とはそんな間柄じゃ…」

キョン「そんなって?」スルスル

佐々木「な、なんというか…こういった、こ、恋人同士の睦み合いというか…」

キョン「かまわんだろう。俺達は親友だろう?」モミ

佐々木「ひっ!?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:16:37.66 ID:gn19vq+F0

キョン「なんだ変な声出して。電車の中だぞ」モミモミ

佐々木「い、いやっ…キョン!なんでスカートの中にまで手を…!!」

キョン「いやなに、スカートがわずらわしくなってな…直接佐々木の尻を触ろうかと」モミモミ

佐々木「なっ、なっ…」プルプル

佐々木(な、なんだこれはいったいどういうことだ)

佐々木(キョンが人前でこんな…)

佐々木(いや、キョンが狂行に至った原因はともかくとして、
    今はこのセクハラを回避するのが優先!)

佐々木「…っ」くるん

キョン「あっ」

佐々木(こうしてドアを背に、キョンに向かい合うように立てばお尻を触られることも無い!)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:20:01.46 ID:gn19vq+F0

キョン「お、おい佐々木」

佐々木「…キョン、怒らないからきちんと説明してくれないか」

キョン「危ないぞ」

プシーン

佐々木「えっ…きゃっ!」

キョン「おっと」ダキッ

佐々木「!?」

佐々木(キョンが近い!!)

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:23:38.78 ID:gn19vq+F0

キョン「開く方のドアに寄りかかるなんて、お前もこんな失敗するんだなハハハ」ダキ

佐々木「あっあっあぁあのキョン?キョン?」

キョン「おっと混んできたな奥に詰めるか」ダキダキ

佐々木「あっああぁぁぁぁぁ…」

キョン「ん?どうしたお前らしくもない、めずらしくうろたえて」

佐々木「なっ、いやっ、キョン、どういう!」

キョン「今日の佐々木はなんかえらくかわいいな」ギュ

佐々木「…はぁっ!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:28:01.40 ID:gn19vq+F0

キョン「…」ギュギュ

佐々木「あうあうあう…」

キョン「?」

佐々木(どうしてこうなった、どうしてこうなった!)

佐々木(まさか公衆の面前でキョンに抱きしめられるなんて…)

佐々木(いやそれ以前にお尻も触られたし…)

佐々木(これはアレかまた宇宙人とか未来人とか超能力者とかの陰謀か!?)

佐々木(と、とりあえず落ち着こう深呼吸深呼吸)

佐々木「スーハースーハースーハー…」

佐々木「…」

佐々木(き、キョンの匂いが…)

キョン「くすぐったいぞ佐々木」

佐々木「ごっごめん」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:31:26.43 ID:gn19vq+F0

キョン「どうした佐々木?顔が真っ赤だぞ」ギュギュ

佐々木「なっなっななんでもないよきょん」

キョン「そうか?ならいいんだが」モミモミ

佐々木「ひいっ!?」

キョン「ふう…」モミモミ

佐々木「や、やっ…」

キョン「やっぱり佐々木の尻は落ち着くなあ」モミモミ

佐々木「うっううぅぅぅ…」

佐々木(どうして僕のお尻にそんなに固執するんだ!?)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:35:54.12 ID:gn19vq+F0

佐々木「きょ、キョンちょっとまって…!」

キョン「ん?」モミモミ

佐々木「なんでさっきから僕のお尻を…!」

キョン「いやー、恥ずかしながら佐々木の尻を揉みしだくのが長年の夢でな…」モミモミ

佐々木「恥ずかしいのは僕だ!!」

キョン「おっとますます混んできたな…もっと詰めろよ佐々木」ギュギュ

佐々木「うひっ…!?」

佐々木(ちょ…顔が近い!!)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:38:20.20 ID:gn19vq+F0

キョン「佐々木?」モミモミ

佐々木「ひゃっ…こ、こそばゆいから耳元であんまり…」

キョン「なんだって?よく聞こえないぞ」モミモミモミモミ

佐々木「ぁっ…ひっ!?…や、だめ…キョン…」

キョン「なんだよ、親友なんだから抱き合うぐらい当然だろ?」モミモミモミモミ

佐々木「こ、ここぞとばかりにお尻を揉まないでくれっ…」

キョン「うーん弱ったな…混みすぎてて手がこの位置から動かせないんだよ」クイ

佐々木「そ、そんな…嘘…っ!?あぁっ!?」

キョン「困ったな」クイクイクイ

佐々木「ぱ、パンツ引っ張らないで!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:41:38.34 ID:gn19vq+F0

キョン「ん?あぁ、すまん」クイクイ

佐々木「う、うわ、すまんじゃないよ君は一体僕をどうしたいんだ…」

キョン「これはアレだろ多分ハルヒの願望実現能力の影響だろうくっそーハルヒのやつめ」クイクイ

佐々木「これは単に君の願望を実現してるだけだろう!?」

キョン「いやーバレたかハハハ」ムニムニ

佐々木「くう…ちょ…キョン…これはもうお尻を触るとかそういう次元じゃっ…っ」

キョン「どうしたんだ?そんなに俺にしがみついて」ムニムニムニ

佐々木「あぅ、うっ…ふ…っ」


<アレー?アソコニイルノササキサンジャナーイ?


佐々木「!?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:44:21.94 ID:gn19vq+F0

<アーホントダササキサンッポーイ


佐々木「う、うわわどうしようキョン…」

キョン「何が?」モミモミ

佐々木「何がじゃなくてっ…とりあえずお尻さわるのやめっ…」

キョン「ごめんそれ無理」ムニョムニョ

佐々木「そ、そんな…頼むよクラスメイトがこっちに気が付いて…」

<ナンカオトコノヒトトダキアッテナーイ?
<キャーササキサンダイターン3

佐々木「!?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:48:17.77 ID:gn19vq+F0

佐々木「た、頼むよキョンほんとにやめてっ…」

キョン「涙目の佐々木もかわいいなあ」ムニニ

佐々木「っ!?…お願いだキョン…お願い…」

キョン「おぉ…」

佐々木「……」

キョン「…」

佐々木「…?キョン…?」

キョン「………」スル

佐々木「えっ」

キョン「………」スルスルスル

佐々木「ちょっちょっちょっとキョンそれはストップ!ストップ!!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 23:52:38.61 ID:gn19vq+F0

<ササキサンカオマッカー
<ササキサンカワイー

キョン「どうした佐々木」スルル

佐々木「ちょ…!パンツ脱がしちゃ…!!」

キョン「いやだってお尻触るなって言うから」

佐々木「それがどうしてパンツを脱がす事に繋がるんだ!」

キョン「記念に持って帰ろうと…」

佐々木「記念!?」

キョン「あぁそうさ、記念さ」スルル

佐々木「だ、だからだめえぇぇ!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/11(木) 00:00:12.92 ID:eCCoG8He0

キョン「わがまま言うなよ佐々木。お尻も駄目、パンツも駄目。
    もう他にどうしろって言うんだ?」ムニムニ

佐々木「なんでその二択なんだい!?あ、ちょ…こら!」

キョン「他の選択肢なんて…うーんそうだなぁ…」ムニニ

佐々木「う、うう…この際ある程度の妥協はするから…」

キョン「この期に及んで妥協なんて許されるはずないだろうが。
    ちょっとまってろ今考えるから…」ムニムニ

佐々木「考えてる間ずっと僕のお尻を触り続けるつもりかい…?」

キョン「もったいないからな」ガシ

佐々木「なっ…なんで」ビク

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/11(木) 00:07:03.08 ID:eCCoG8He0

佐々木(うぅ…なんで僕がこんな意味不明な状況に…)

佐々木(クラスメイトにも見られるし…)

佐々木(こんな格好じゃ間違いなく…こ、恋人同士に思われてるだろうし…)

佐々木(いや別にそれはいいんだけど…)

佐々木(それと…)

佐々木「そ、それとキョン…大変言いにくいんだが…」

キョン「ん?」コネコネ

佐々木「さっきからずっと…僕のお腹に…たくましいものが…」

キョン「そりゃあな…」コネコネ

佐々木「ま、まぁね…」

佐々木(な、なんだこの会話…)

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/11(木) 00:13:02.69 ID:eCCoG8He0

キョン「あぁ、そうだ佐々木!」ムニッ

佐々木「こ、断る!」

キョン「…まだ何も言ってないだろうが」

佐々木「どうせその…そ、そのたくましいキョンをどうにかしろって言うんだろう?」

キョン「それも考えたんだがな…」

佐々木「え?」

キョン「ちょっと顔上げてくれ」

佐々木「…えっ?ちょ、まっ…」

佐々木「ん、んむっ…!?」

キョン「…」ムニムニニニ

佐々木「んんーっ…!?」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/11(木) 00:16:30.18 ID:eCCoG8He0

<キャー!ササキサーン!
<アレゼッタイハイッテルヨネ


佐々木(…!?)

佐々木(何!?)

佐々木(僕はいったい何をされて…)

佐々木「んっ…」

佐々木「…」

佐々木(き、キス?)

佐々木(…)

佐々木(あ、なんかこれいいかも…)

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/11(木) 00:22:36.67 ID:eCCoG8He0

佐々木「…んっ…ん」

佐々木「……」

キョン「…ふぅ」

佐々木「ぷあ…っ」

キョン「どうだ佐々木」

佐々木「はぁっ………」

キョン「佐々木?」

佐々木「どうもこうも…もう、君は本当に…」

キョン「なんだ嫌だったのか」

佐々木「い、いやじゃなかったけどね?」

キョン「そうか」

佐々木「う、うん…」

キョン「…」

佐々木「…?」

佐々木「んむっ…!?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/11(木) 00:28:07.95 ID:eCCoG8He0

佐々木「んぅー…」

佐々木(し、しまった嫌がらなかったからつけ込まれたかな…)

佐々木(でもまあいいかな…)

佐々木「んちゅ、んっ…」

キョン「…」スル

佐々木「んふ、ん…」スルスルスル

佐々木「…ん?」ムニニ

佐々木「んっ!?」モミミ

佐々木「んっく、んんっ!!」ムニニムニニ

佐々木「んん〜〜〜〜!!」マニュンマニュン

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/11(木) 00:33:03.39 ID:eCCoG8He0

<シュウテーン シュウテーン

プシーン

キョン「乗り過ごしちまったなあ」

佐々木「…はぁ、はぁ」フラフラ

キョン「おいおい、フラフラしてるぞ大丈夫か?」

佐々木「ば、馬鹿キョン…だ、だいじょうぶなわけ…」フラフラ

キョン「すまんすまん、支えててやるよ」ダキ

佐々木「はうっ…」

キョン「ん?」

佐々木「キョン…」

キョン「……なんだ?」

佐々木「パンツ返して…」


恥辱の悶絶痴漢電車 〜完〜

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/11(木) 00:38:31.88 ID:eCCoG8He0

とりあえず佐々木の尻を揉みしだくSSを書きたかっただけだから続きなんて無いよ
マスならかけるけどなアッハッハァ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハリー「イメチェンしたいんだ」ロン「…うん?」ハーマイオニー「え?」