長門「ハイパーヨーヨーを買ってきた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた育てゲー☆こなエンジェル

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 12:52:59.42 ID:kIvySWedO

長門「ループザループ・・・からの八の字ループ」


キョン「懐かしいな!!ハイパーヨーヨーか!」


ハルヒ「へー。有希もこどもね、ヨーヨーなんて笑」

キョン「しかし器用だな・・・。まさか、かの有名な長門名人って・・!」


長門「わたしのこと」

ハルヒ「それだre」
キョン「マジかよ!!!」


ハルヒ「・・・。」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 12:59:54.42 ID:kIvySWedO

キョン「いま使ってるそのヨーヨー見せてくれ!」


長門「これはファイヤーボールのストリング二重巻き」


長門「色々な機種があるが、ファイヤーボールが至高。」


キョン「うんうん!そうだよな!」


ハルヒ「ぐぬぬ・・・」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 13:05:31.30 ID:kIvySWedO

キョン「ヘビーブレインも長門が開発したんだよな?」


長門「当然。」


キョン「でも流通しなかったから、重り付けて自作で作ったけど、上手くいかなくて・・・」


長門「ヘビーブレインは開発当時、私ともう一人にしか使いこなせなかった。」

長門「流通に乗らなかったのもそのせい。」


キョン「へぇ、興味深い話だな」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 13:11:43.40 ID:kIvySWedO

ハルヒ「なんとかヨーヨーだっけ?ちょっと有希、貸してみなさいよ」


長門「断固拒否する」


ハルヒ「・・・!?、どうしてよ!!」


長門「素人が触ったら重心が歪む」


ハルヒ「はぁ??いいから貸しなs」
キョン「おいハルヒ!いい加減にしろ!!長門名人に横柄な態度は俺が許さんぞ」


ハルヒ「なによ・・・ちょっとぐらい」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 13:21:35.03 ID:kIvySWedO

長門「・・・。」


キョン「気を悪くしないでくれ、ハルヒは放っておこうぜ長門名人」


キョン「あした俺のハイパーヨーヨーも探して部室に持ってくるから、見てくれるか?」


長門「問題ない」


キョン「あ、あとさ・・・///あれだ、サインとか書いてほしいかなーつって・・」


長門「サイン書くのは12年ぶりだけど、それでもいいなら」


キョン「イエッス!イエッス!今日の俺は地球上で一番ついてるぜ!!!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 13:26:43.21 ID:kIvySWedO

翌日


キョン「放課後か、長門名人を待たせちゃ悪い!部室へ烈&豪!なんつってw」

キョン「しっかしハルヒの奴、今日は不機嫌だったな。ま、いつものことか」


ハルヒ「チラッ」



ガサゴソ
ハルヒ「見てなさい有希、これさえ有れば・・・」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 13:33:19.17 ID:kIvySWedO

部室にて


キョン「長門名人!俺のステルスレイダー見てくれ!!小5の誕生日に母ちゃんに買ってもらったんだ!」

長門「・・・。」


キョン「長門?どうかしたか?深刻な表情して・・」

長門「とても言いにくい・・・」



長門「このレイダーは偽物。300円の価値もない」


キョン「え?ええええええええええ!!!!!!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 13:39:22.95 ID:kIvySWedO

キョン「嘘だ。嘘だと言ってくれよ長門名人。5000円もしたんだぞ!」


キョン「(結局犬のさんぽしか出来なかったけど・・・)」


長門「残念だけど事実。これを見て」


長門「ブレインは軸の黒いゴムを外して、スリーパー状態にする。」

キュル、シャー!!!!!!!


長門「音と感触からして十中八九偽物。」


キョン「俺の青春があああああああああああ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 13:45:45.03 ID:kIvySWedO

長門「仕方ない。当時の小学生は精巧な偽物を見分けることができなかった。」

長門「サインする?」


キョン「お、おう!」


キョン「出来れば『キョン君へ』って書いてくれ。あと、妹のファイヤーにも・・・」


長門「わかった。」
シュポン、キュッキュッ


キョン「長門名人のサイン!感動だぜ!!谷口に自慢してやるか」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 13:53:11.38 ID:kIvySWedO

ガチャ


みくる「遅れてすみません!」


キョン「朝比奈さん、いま長門名人にサインもらってたとこなんですよ」


みくる「サイン?あ!!これハイパーヨーヨーじゃないですか!!!!!!!!!」


キョン「え!?知ってるんですか?」


みくる「未來で禁則事項による禁則事項の大改革が起こって、いまものすごいブームになってますよ。ハイパーヨーヨーは90年代後半に子供に流行ったものらしくて・・!」


みくる「プルプル・・・。ハイパーヨーヨー、長門・・・。もしかして・・・!」

みくる「あの有名な長門名人って、長門さんのことだったんですか!!!?」


長門「そう。」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 14:01:43.95 ID:kIvySWedO

みくる「感動ですぅ!!!」

キョン「長門名人って、未來じゃそんなに有名なんですか?」


みくる「有名もなにも、こども達の間で大人気ですよ。歴史の教科書にもバッチリ載っちゃってます!!」

みくる「それに、ハイパーヨーヨーでノーベルホビー賞…#△※#○」


みくる「すみません。はしゃぎ過ぎました。禁則事項のようです。」


みくる「とにかくすごい人物なんですよ!!あ〜なんで今まで気づかなかったろう!」


長門「照れる。」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 14:10:40.97 ID:kIvySWedO

みくる「実は私もスピナーなんですよ!こう見えて地方大会で準優勝したこともあります!」


みくる「いまもヨーヨーを肌身離さず…ほら!みくる「愛用のステルスファイヤーです。」


長門「これは・・・」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 14:24:27.69 ID:kIvySWedO

長門&キョン「ストリングが・・・!短い!!!」


キョン「長門、朝比奈さんのストリングはなんでこんなに短いんだ?」


長門「・・・ストリングを短くしたら当然ヨーヨーの半径も縮まる。」


キョン「ってことはつまり・・・」


長門「ショートストリングで、スピード重視のパフォーマンス・・・。それが朝比奈みくる。」


長門「このショートストリングは、かの『ワープスピード』の異名を持つアレックス・ガルシアと同じ…!」


みくる「そうなんですよ!!低身長を生かしたプレーがしたくて、、わたし長門名人と同じくらいアレックス・ガルシアさんが大好きです!」


キョン「うおおおおお!なをか知らんがハイレベルな会話・・・!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 14:33:10.27 ID:kIvySWedO

長門「常人にショートストリングは到底使いこなせない・・・。朝比奈みくる…恐ろしい子」


みくる「長門さん…いや、長門名人!ガルシアさんとはお手合わせしたことがあるんですよね?」


長門「当然。昔はよく競い合った。いまも頻繁に連絡を取り合う仲。」


みくる「ホントにすごいです!長門さんとこの時代に出会えてよかった!」


キョン「(こんなにテンション高い朝比奈さんは初めて見たw。しかしハルヒ遅いなあ・・・)」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 14:46:09.42 ID:kIvySWedO

みくる「わたしも少しでもワープスピードに近づけるようにがんばります!」


長門「ひとつ聞きたい。」


みくる「なんですか?長門名人」


長門「あなたのステルスファイヤー・・・。未来にしては古典的なヨーヨー。」

みくる「未来のヨーヨーを使わず、あえて長門名人やガルシアさんが活躍した90年代物を使って大会に出ることがわたしのポリシーです」


長門「そう…。///」


ガチャ


ハルヒ「待たせたわね!ちょっと掃除で遅れて・・・」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 14:55:39.24 ID:kIvySWedO

キョン「よお、ハルヒ!やっと来たか」


ハルヒ「はっは〜ん。またヨーヨーねw…え?みくるちゃんもヨーヨーに夢中なの?」


ハルヒ「まあいいわ。ちょっと見せたい物があるの」

ガサゴソ…
ハルヒ「有希、あなたがヨーヨー貸してくれなかったから、実はあたしもハローマックで買ってきたのよ!」


ハルヒ「ジャーン!!!ハルヒスペシャルよ!!」




キョン・長門・みくる「ぶっはっw」


みくる「ふひwお腹痛いですwww」


ハルヒ「ち、ちょっとあんたたち!何が可笑しいのよ!!…//」


キョン「まさかとは思ったが・・ww」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 15:09:34.77 ID:kIvySWedO

長門「木製ヨーヨー・・・。」


キョン・みくる「ギャハハハハハハwwwwwwwwwwwww」


ハルヒ「なんで笑うのよ!ちょっと見てなさい!昨日有希がやってた八の字ナントカだって・・・」


スポッ!ガシャコーン(ガラスが割れる音)


…コロコロ、コロン


ハルヒ「なんで出来ないのよ!!こんなヨーヨー、こうしてやる!!!!!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 15:21:11.43 ID:kIvySWedO

・・・ハルヒ「こんなヨーヨー、こうしてやる!!!!!」


(ガシッ!)


ハルヒ「なんで止めるのよ!!こんなガラクタなんてっ!泣」


長門「ヨーヨーを粗末にする人は最低。」


ハルヒ「・・・・・・。」

キョン・みくる「長門名人・・・。」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/10(水) 15:22:43.17 ID:kIvySWedO

キョン「ハルヒ、笑って悪かった。すまん。実はハルヒの買ってきたやつはハイパーヨーヨーじゃないんだ」


みくる「笑ってしまってすみません、わたしのサブヨーヨーを貸しますから一緒にやりましょうっ!」


ハルヒ「みんな・・!///」


長門「今日からあなたもスピナー。」

(完)



おまけ


長門「アレックス・ガルシアがSOS団にいることはみんなには秘密・・・。」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:文月ちゃんの呉鎮守府日誌