マスオ「えぇーっ!?僕が逮捕されるって本当かいぃ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋さん「キョンくんっ、愛してるよっ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 15:10:28.77 ID:rYeQ6gctO

無期懲役… それが僕にくだされた判決だった

最初の頃は毎日面会に来ていたサザエも拘置所に移送されてからはめっきり顔を見せなくなった

マスオ「先生ぇ〜なんとかなりませんか? 重すぎますよぅ… 」ポロポロ

天秤の代紋(エンブレム)を胸に光らせ神妙な面持ちで答える

先生「上告は控えておいた方が無難ですな、死刑にならなかったのが不思議なくらいですから」

マスオ「死刑っ…? そんな・・・・」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 15:16:29.90 ID:rYeQ6gctO

想えば不幸な偶然の重なりだった

仕事で取引先に向かう途中での事

マスオ「ふぁぁ… 昨日は徹夜でアナゴくん達と麻雀してたから眠いなあ・・・あっ!?」

キキーーーッッ・・・・

ガシャン  ッッ!!

わき見運転で下校中の園児に突っ込み8人の幼い命を奪ってしまう

通行人「大変だあ!救急車と警察呼んでくれーっ!」

2「ダメだぁ… 脳みそが飛び出してるっ… なんて酷い・・・・」

マスオ「あわわ… うわぁぁあ!!」タッタッタ

マスオは恐ろしくなって現場を一目散に逃亡

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 15:21:27.32 ID:rYeQ6gctO

その晩当てもなく歓楽街をフラついていると一人の幼女に声をかけられた

幼女「ふぇぇ… 大二枚でコミコミだよぉ… するのぉ… ?」

そして誘われるままホテルの一室へ

幼女「コレをキメキメするとねっ 100倍ねっ きもちいいお♪ おじちゃんもする?」コロコロ

マスオ「それって… イケナイ薬じゃ… 」

頭で理解しながらもマスオは底知れない不安を払拭する為、砕いて思い切り吸い込んだ

マスオ「スウゥゥゥウッッ… !! くひゃあ・・・こいふはいいもんらねえ^^」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 15:27:00.75 ID:rYeQ6gctO

幼女「ふぇぇ… おじちゃんのチンチン気持ちいいよぉオオオオ??ぶんめ゛っ!!??ぶんめ ぇ゛」バタバタ

マスオ「あっあっあっ  えっ?? 大丈夫かいキミィィイィイィイ???? しっかりしろ!!!!」

幼女は未熟な心臓は血圧の上昇に堪え切れずに破裂し冷たくなっていく…

幼女「ぶ ぇ゛ ェ゛ ぇ゛ん…… 」ガクッ

再び着のみ着のままでマスオは現場を後にした

/磯野家

マスオ(警察から連絡が入ってるかも知れない… ここは慎重に… )

サザエ「アナター! 何してるの?」

マスオ「ひぃっ… サザエっ!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 15:32:19.56 ID:rYeQ6gctO

失敗だった・・・・

僕はすぐに自首すべきだったんだ

/屋内

サザエ「アナタ顔色悪いわよ、それに汗も… お風呂沸いてますから入ってらっしゃいよ」

マスオ「あ  ああ… 悪いねサザエ」

/お風呂

マスオ(ふぅ・・・まだ警察は来てないみたいだ、これからどうしよう)

ドタドタ!!

マスオ(おや? なんか騒がしいなぁ )ザバ

タラオ「こっちでーす! パパはお風呂に入ってまーす! 早く捕まえるでーす!!」

マスオ「!?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 15:38:09.75 ID:rYeQ6gctO

サザエ「こらタラちゃん! 大きな声出さないの!」

タラオ「パパは人殺しでーす! 捕まえるでーす!」

マスオ「くそぅっ! タラオめぇっっ!!!! 許さないぞお!」

ザバァァッッ!

デッキブラシを握り締め、一直線にタラオのもとに走った

タラオ「ママーッッ!殺し屋でーす!!」

マスオ「ふぅふぅ、このガキィ… 育ててやった恩を忘れて・・・・」

ずぼぼぼぼっ!

ブラシの柄を全力でタラオに突き立てた

タラオ「がはっ・・・ナニするですか・・・」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 15:42:40.46 ID:rYeQ6gctO

マスオ「うるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさい僕の事をみくびりやがってぇ・・・せいやあぁあぁああぁあ!!!!!!!」

刺さったブラシをそのまま振り上げ豪快なスイング、体から棒が抜けタラオが吹き飛んだ!

ピュルルルル… ズガッ!!

磯野家自慢の大黒柱に頭から突っ込み、10センチ程めり込んで停止した

マスオ「ふーふーふーふー!!!!  うおぉおおぉおぉおぉおおぉおぉお!!!!!!!!!!!!」

不要になったリビングのTVを持ち上げてタラオに投げつけた所で警察が到着


ピーポーピーポーピーポー

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 15:46:31.35 ID:rYeQ6gctO

タラオの体には輪投げの的の様にブラウン管のTVがはまり、脳組織を滴らせながら静かになった

こうして僕は逮捕されて今に至る

みなさんも運転にはくれぐれも気を付けてね


おしまい




ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「財布落とした…!」