のびた「爽やかな朝だなー」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「まっがーれ↓」 運転手「え?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 08:34:39.89 ID:AUOSjPrg0

爽やかな朝には似つかわしくない光景
今日ものびたはしずかを犯していた。犯しているというよりはオナニーに近い。
しずかは毎晩体の原型を留めないプレイをされてはタイム風呂敷によって戻されていた。
とっくに狂っていたんだ。全て、ドラえもんものびたも皆狂っていた

のびた「今日もしずかちゃんはかわいいなーそうだ!今日はアナルとマンコを連結させてあげるよ!」

しずかの耳には何を言っているのかわからなかった。理解しようとすると脳みそが拒絶した。

のびた「よいしょ!ドラえもんの道具で・・・ビッグライトー!挿入したままで僕のおちんちんビッグにするよ!!!1」

のびた「あ、それ!ビーグイングイングイン」

のびた「あぁあ!すごいよ!しずかちゃんのアナルすごい!すごいしめつけだ!!」
ミチミチミチミチ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 08:36:58.24 ID:AUOSjPrg0

のびた「ハハハしずかちゃんのアナルすごいやー!もうパンパンな肉壁、まさにチクワソーセージだね!!!」
ミチミチミチブヂヂヂ

しずか「あぁや、やめて・・・そ、それいじょうは、だめえええいやああああああああああああああさけるううううううううううううう」

ブヂヂヂヂヂヂヂイ



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 08:41:43.26 ID:AUOSjPrg0

しずかのアナルから血が流れていた。
それが膣道とケツの穴がつながったから流れ出る血なのかそれともアナルが裂けて出ているのか
そんなことは今はとても些細な問題であるししずかにとってはこの苦痛を逃れる、その一点しか興味がなかった。

しずか「いやあああぁあああやめてやめてえええええええええ」

のびた「しずかちゃんは今日もかわいいなぁー鳴き方もかわいいや!」

のびた「よーしこのままピストンしちゃうぞー!」ドスンドスンドスン

のびたのビッグライトによって肥大化したペニスがしずかの膣道と直腸が一緒に刺激される

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 08:43:37.08 ID:AUOSjPrg0

のびた「はぁはぁ・・・すっごいや!しずかちゃんは子宮だけじゃなくて直腸でも受け入れてくれるなんて!」


しずか「あがががぅうあああや、やめて臓器がつぶれるううううううああああああああああああああああああ」

のびた「はぁはぁす、すごいよ直腸やぶれちゃったよハハハきっもちいいなぁギチギチだよ!!!」

のびた「ほら!僕がチンコ上にたてるとしずかちゃんのお腹ボコってなるでしょ!!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 08:46:09.01 ID:AUOSjPrg0

のびた「ハハハほーらもっとボコボコってさせてあげるよ」

のびたは挿入する角度を微妙に変えて執拗にしずかを突き上げた

しずか「ぐぎゃぃいああああああぐぎいいいいも、もうゆるじでえええええええあああああああああああああ」

ボコボコボコそう音を立てながらしずかのお腹にのびたの亀頭の形が映る。
まるでしずかの体内に何か別の生き物が蠢いてるようなおぞましい光景である。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 08:49:10.53 ID:AUOSjPrg0

のびた「そーら僕はもうイキそうだからラストスパートだ!」ズゴンズゴンズゴン

まるで今にもしずかのお腹から亀頭が飛び出すのではないかと思わせる程に亀頭の形が浮かび上がっている

しずか「アガガ・・・うが・・・」ゲロゲロゲロ

のびた「よーし!それじゃしずかちゃんの体にもう一個穴をあけてあげるからね!」
ズゴズゴズゴズゴ
のびたは一物をしずかの腹を内側から叩き続けた
しずか「お、おなかがさけ・・・る・・・」
ぐちゃ・・ぐちゃ・・・ぐちゃ・・・

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 08:51:36.05 ID:AUOSjPrg0

のびた「も、もうちょっとだ!あ、それ!」

グジャアア
ついにのびたの異様ともいえる亀頭がしずかの腹を破ってでてきた。
すでにしずかに意識はない。

のびた「ハハハすっごいや!しずかちゃんお腹から僕のチンコ生むなんて僕がよっぽど好きなんだねー!」

のびた「しかも血がこんなにでちゃってるよ!ああーもったいないなーズゾゾゾゾゾゾゾゾゾうわー!おいしいー!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 08:53:47.03 ID:AUOSjPrg0

のびた「よーしこの裂け目を利用してしずかちゃんの胴体は縦半分に割っちゃおう!!!」
ドスンドスンドスン
裂け目が更に裂け目を作りしずかの体は首からしたは酷い事になっていた。
まるで異様としか形容しがたい。なぜならいくつもの丸い穴が開いているからである。
のびたは穴を無数にあけてマンコまでひとつの線を作ろうとしていた

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 08:56:50.64 ID:AUOSjPrg0

のびた「よいしょ!よいしょ!ドスンドスンふぅできたー!しずかちゃんの開きだよ!!!」

のびた「あっ!しずかちゃんの肝臓が見える!キレイだなーパパのは喫煙者だから変色してたしなー」

のびた「そうだ!フエルミラーを使って数を増やそう!!!」
ぐちゃぐちゃぐちゃブチチシ
のびたは力をこめても取れない肝臓に悪戦苦闘していた。
ようやくにして取れた肝臓だが握力でぐちゃぐちゃになっていた。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 08:58:55.00 ID:AUOSjPrg0

のびた「うわーこんなのオナニーに使えないなー・・・そうだ食べちゃおう!!!」
ぐちゃぐちゃぐちゃ
のびた「すっごいや!血のおかげで塩気があっておいしいなー!しかもしずかちゃんの体温も感じられるし二度おいしいや!」

のびた「さーってとしずかちゃんの頭だけ残して体はミキサーにかーけよっと!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:01:32.60 ID:AUOSjPrg0

のびたは包丁を使ってしずかの首を切り落とした。
のびた「じゃあしずかちゃんまた後でタイム風呂敷で元通りにしてあげるからねチュッチュ」

のびた「さー朝ごはんとしてしずかちゃんの体食べるぞー!」
そういうとしずかの首の断面から背骨のあたりに指を突っ込んだ

のびた「んん!?これはこりこりしてオナニーできそうだ!!!」
そういうとのびたはチンコをスモールライトで元に戻した
のびた「そうだ!僕は力が足りないから・・・っと・・」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:03:42.33 ID:AUOSjPrg0

のびた「スーパー手袋!!これで僕の握力は200kgくらいになったぞー!」
のびたはスーパー手袋を装着してしずかの体の背骨を抜こうとしていた
のびた「ふん!ぐぬぬう!おりゃ!!あ、腰の骨を砕いとかないと足の骨とかもでちゃうや!」
バキギギギギギイ
しずかの腰の骨は砕け散った。膣の辺りからまた血がでている

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:05:53.38 ID:AUOSjPrg0

のびた「よーしこれでしずかちゃんの背骨が取れるぞー!」
グチャグチャブヂヂヂヂヂヂイヂ
勢い良く抜けたしずかの背骨。すばらしいこれでスープとったらおいしそうだ!

のびた「あーすごいや!しずかちゃんの体二つ折できるよおもしろーい」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:08:42.96 ID:AUOSjPrg0

のびた「そうだ!しずかちゃんの体を二つ折りにして首の辺りでシコればいいんだ!!!!」

のびた「そうと決まれば体中の骨を折らなくっちゃ!!!!」
のびたはしずかの全身の骨を砕く作業に移った。
そこにはまるで17世紀の魔女狩りを彷彿させるような残酷さがあった。

のびた「いっちょあがりーっと!これでしずかちゃんの体はどんな風にも動くよ!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:11:56.41 ID:AUOSjPrg0

のびた「よーし!しずかちゃんの体を折りたたんでっと・・・よしできた!しずかちゃんの体オナホだ!」

オナホというには異様である爪が生えて腕があり足もある。
それらは配首の近くに足があったり首の中から手が出てきているという異常な様子である。

のびた「すっごいや!手コキもできるように首にしずかちゃんの手をつっこんどいたんだ!」

のびた「さーてオナニーするぞー!」

のびたは首から生えている腕を首の中に押し込んで首の断面にチンコをあてがった

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:14:55.24 ID:AUOSjPrg0

のびたは開いている腹の方から手を突っ込んでしずかの手をつかんでじぶんのチンコをしごく形にさせた。
まだ死後まもないのでしずかの手は生きているように動かせる。

のびた「うっはー!首の中で僕のチンコつかんじゃってしずかちゃんはド変態だなー!」
パスンパスンパスン
のびたはチンコをそこにうちつけていた。だがのびたは忘れていた。
そのオナホを折りたたんだはいいが腰を振るたびに形がくずれてしまうことを。

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:16:38.25 ID:AUOSjPrg0

のびた「あれれー?形がくずれてきちゃった・・・しょうがないや背骨使おう!」

のびたはしずかの体をもう一度オナホのように折りたたんだ。
そしてオナホの底面に当たる部分の近くに背骨を串刺しにした

のびた「ハハハこれで持ち運び便利な上に形もくずれないや!」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:18:34.04 ID:AUOSjPrg0

スパンスパンスパン
のびたは未来の精力剤で何発も出している。
すでにしずかの折りたたまれた体の底面からは精液がもれだしていた。
のびた「ふぅ・・・僕は疲れちゃったなーでもこの肉片はもういらないし・・・そうだママにたべさせてあげよう!!!」

のびた「まずはミキサーにかけてコマ切れにしよう!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:20:50.47 ID:AUOSjPrg0

のびた「あ、そうだまずしずかちゃんにタイム風呂敷で・・・っとそいや!」

むくむくとしずかの頭の辺りから体が生え出している。
時が逆流しているとは言えグロテスクな光景だ。

のびた「よーしそろそろいいかなー・・・んまてよ!?このままおいとけばしずかちゃん赤ちゃんにできるや!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:23:44.22 ID:AUOSjPrg0

のびた「おお!だんだん小さくなってきた!!ここらへんで・・・そいや!」

タイム風呂敷を取っ払うとそこには赤ん坊のしずかがいた。

のびた「かわいいなー!そうだおちんぽミルクのませてあげよう!さっきのオナホにいっぱいたまってるからそれをスプーンですくってと・・・」

のびたはスプーンでオナホから滴る自分の精液をすくった

のびた「ハイアーンして!ほらアーンだよアーン!あぁ?口開かないなぁ?しょうがないや!口裂いちゃおう!!!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:26:13.60 ID:AUOSjPrg0

のびたは包丁でしずかの口を裂いている
グチュグチュグチュ

のびた「よーしこれで僕のチンコもしゃぶれるし精液も飲めるし至れりつくせりだ!」

ぐじょぐじょぐじょぐじょぐじょぐじょ
のびたはしずかの口にチンコを押し付けてピストン運動をしはじめた。
口を切られてしずかはけたたましい泣き声をあげている

のびた「ハハハすごいやーのどちんこがあたってきもちいいなー!そうだ!ノドチンコ肥大化させてノドチンコと僕のチンコをぶつけてみよう!!!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:30:29.77 ID:AUOSjPrg0

未来の塗り薬でしずかのノドチンコはどんどん釣鐘のように大きくなっていった
しずかは呼吸ができずに青白い顔になっていった

のびた「ああー!?大変だ呼吸ができてない!?そ、そうだー!テキオウトー!!!」
ピカーン
テキオウトーは酸素が無い環境に適応できる物である。ならば今の状況にも応用できるはずだ!

しずかの顔は青白くはならなくなったものの裂けた口から出る血は痛ましいものがある。

のびた「よーし!これで思う存分ノドチンコを犯せるや!」

ビターンビターンビターン
のびたのチンコとしずかのノドチンコがぶつかり合って生々しい音を出している

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:33:59.82 ID:AUOSjPrg0

のびた「ハァハァ・・・すごいや・・・うぅいくぅうう・・・」ドピュドピュウ

のびたは心の底から快感を感じた。
そうだ僕がやりたかったのはこういう変態プレイなんだ!人が死ぬのがなんだ!ドラえもんが僕にはついている

のびた「さーってとノドチンコ切り取ってたーべよっと!」

のびたはしずかの首を切った包丁でまたしずかの首を切り落とした。
そして肥大化したノドチンコを剥ぎ取りのびたは口の中で転がしていた。

のびた「はむんはむん・・ううんすごいなぁくちゅくちゅしてずっとなめたいたいや・・・はむんはむん」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:36:29.34 ID:AUOSjPrg0

のびた「さーってとこの巨大ミキサーでオナホーをミキサーしよーっと」

グイーングギギギギギギギギギギギギギギギギギ

のびたがオナホをミキサーに入れてからけたたましい音がした。
爪が刃とぶつかる音だ。

のびた「よーしできたぞー!しずかちゃんの細切れだ!」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:38:31.56 ID:AUOSjPrg0

ミキサーを止めるとしずかの肉片が出来上がっていた。
もはやしずかだと判別は不可能である。

のびた「よーしドラえもんに調理してもらおうっと!」

ドラえもん「のびた君今日はどんなのが食べたい?」

のびた「そうだなーしずかちゃんが泣き叫ぶ声を聞きながら食べたいなー!」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:39:40.74 ID:AUOSjPrg0

ドラえもん「それだったらイイ薬があるよ!!!」

のびた「本当!?は、早くだしてよー!」

ドラえもん「ほーらこの白い粉をまぶしてしずかちゃんを食べるんだ!そうするといい声が聞こえるよー!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:41:43.25 ID:AUOSjPrg0

のびた「うわーどらえもんすっごいや!すごいよしずかちゃんが泣き叫ぶ声が聞こえてくるよ」ラリラリ

ドラえもん「うふふーよかったねーのびたくん!」

のびた「じゃあ食べ終わったら今度はジャイアンとスネオで遊ぼうよドラえもん!」

ドラえもん「そうだねのびたくん。今日はどうやってあいつら遊ぼうか?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:44:31.70 ID:AUOSjPrg0

スネオ「ジャイアン、あのさ、なんでしずかちゃんとのびた学校こないんだろう?」

ジャイアン「そんなこと俺がしるかよ!」ボコッ

スネオ「痛いよジャイアン!・・・あれ?ドラえもんだ、おーいドラえもーん」

ドラえもん「あ、スネオくんにジャイアンさがしてたんだよー?うふふふふ」

そういうとドラえもんはすぐにショックガンで二人を打って気絶させどこでもドアで伸びたの家に運んだ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:47:15.70 ID:AUOSjPrg0

のびた「そうだドラえもん、あの道具使おうよ!あの道具!」

ドラえもん「うふふ君はとんだ鬼畜だなぁ!いいよ楽しそうだね!」

ドラえもんは地下工事マシンで設計した牢獄にジャイアンとドラえもんを入れた。

のびた「そうだドラえもん!また僕しずかちゃんのオナホつくるよ!」

ドラえもん「えぇ〜でもさっき殺しちゃったじゃないか〜」

のびた「あ、そうだった!じゃあジャイコで作るよ!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:49:09.59 ID:AUOSjPrg0

どこでもドアでジャイコを誘拐してきて地下工事マシンで作った作業場でまた一個オナホを作った。
今度は首から手と足が生えている。すばらしく悪趣味である。

のびた「さーこれをスネオとジャイアンのいる牢獄においてっと・・・」

ドラえもん「あ、のびたくんあの道具二人につかっといてね!そこからは僕たちは監視カメラで見ていよう!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:51:37.96 ID:AUOSjPrg0

のびた「ねぇドラえもんこの道具ってなにがおこるの?」

ドラえもん「この道具を使うと死体が死体の前の正常な状態にみえるんだ!」

のびた「え?それじゃ何も面白くないじゃないか!?」

ドラえもん「のびたくんは甘いな〜この道具は途中で効果を切ることができるんだ!!」

のびた「???」

ドラえもん「もうアホだなぁ、いいかいようするに死姦中に死姦に気づかせることができるんだ!」

のびた「うわードラえもんもえげつないことするなー・・・でもさだったらジャイコだけじゃなくてスネオのママもオナホにしちゃおうよ!!!」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:53:16.24 ID:AUOSjPrg0

ドラえもん「君は妙なところで頭がよくなるね!よーしじゃあスネオのママを拉致してこよう!」

のびた「よーし腕がなるぞー!」

そしてスネオ宅にどこでもドアで忍び込みスネオママをレイプして作業場に連れ込んだ

スネオママ「や、やめるザマス!ひぃ!?こ、これは源さんザマス!?」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:54:59.28 ID:AUOSjPrg0

のびた「よーしまずは骨を砕くぞー!ドラえもんてつだってよ!」

ドラえもん「おっけー!そうだ・・・この秘密道具を使うと痛覚がありながらも気絶できなくなるんだ!」

のびた「うっはは!もう僕がまんできないや!!!!」
ボギギギギギ

スネオママ「いだいいいいいいいいいいやああああああザマス」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 09:56:47.50 ID:AUOSjPrg0

のびたはスネオママの鼻の骨を握力だけで砕いた。
通常鼻の骨というのは腕を折るよりも痛い。ここだけはどんな格闘家ですら悲鳴を上げる場所である。

のびた「ハハハ僕スネオママとセックスもしたくなってきちゃった!ドラえもん一発だけいいかな!?」

ドラえもん「いいけど僕も遊びたいから・・・そうだ!乳首を巨大化させて犯そうか!」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:00:01.77 ID:AUOSjPrg0

ビッグライトでスネオママの胸は自分の体よりはるか大きくなっていた

のびた「よーしじゃあ僕は乳房の乳腺までいってくるね!!」

ドラえもん「うふふ僕は乳房の中を穴だらけにしてくるね!」

のびたは巨大化した乳首から埋まるように入っていった。

スネオママ「や、やめるザマスそ、そんな人体なんて入らないザマスウウウウウウウウウウウウウウウウ」

ドラえもん「よーし空気砲を威力最弱にしてと・・・・僕もはいるぞー!」ヌププ

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:02:29.63 ID:AUOSjPrg0

のびた「ううんきついなぁ・・・乳腺はまだかなー・・・あった!あの黄色のやつだ!」

のびた「乳腺から乳ってでるんだっけ・・・じゃあ乳腺食べたら乳の味がするのか!?」

のびた「よーしじゃあ食べてみよう・・・まずはこのスーパー手袋で引きちぎってと・・・」ブヂヂヂヂヂヂ

スネオママ「ぎがああああああああああああザメエエエエエエエエエエいだいだいだいだいだいだいだいやめてえええええええええええザマアアアアアアアアアス

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:05:50.86 ID:AUOSjPrg0

のびた「ふんふん・・・ぐちゅぐちゅぐちゅ・・・・普通の肉と変わりないけどすっごくおいしいや!!」

スネオママ「がはぁ・・ゲロゲロゲロ・・・・」

ドラえもん「よーしスネオママのおっぱいの中でハイ!ドカーン!」

スネオママ「ぐぎゃあああああああああああああああああああああああ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:07:42.82 ID:AUOSjPrg0

ドラえもん「ハハハこのババアうざかったからマジ楽しいわドカーン!ドカーン!」

スネオママ「おっぱいの中で何か何かがあばれてるうああああああああああああああああああ」

ドラえもん「ドカーン!ドカーン!よーし最後は最大出力で・・・ドカーン!」ブヂヂヂヂヂイイイイ

ドラえもん「あっ!乳首が吹っ飛んじゃった!まぁいいやのびたくんが食べるだろうし」


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:10:10.14 ID:AUOSjPrg0

のびた「さぁそろそろでるぞー!」ヌプヌプリドポッ

ドラえもん「あっ!のびたくんおかえりー!」

のびた「あっ!ドラえもん乳首吹き飛ばしてる!おいしそーグチュグチュグチュグチュ」

ドラえもん「さあそろそろオナホ作ろうか!」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:13:52.60 ID:AUOSjPrg0

のびた「まずは僕が全身の骨を砕くよ!」バギギギギボギ

スネオママ「ぐがああああああああああああだべでえええええええええ臓器に刺さるさるううううううううううがああああああああああああああザマスうああああああああああああああああああ」

ドラえもん「さあ次に首を切るぞー!」

のびた「わーい!僕がやるよー!あ、ドラえもんチェーンソー貸してよ!包丁だとやりづらくてさー」
ブインブインブイーン

スネオママ「や、やめで、おねがいじまず、おねがい」

のびた「じゃあねー!」ブイイイイイイングギイイイイイイイイ

スネオママ「ああああああああああああぁあああああああああああ・・・・・・・・・」

のびた「ハハハ最後泣きながら懇願してるのおもしろーい」

ドラえもん「あっ!のびたくん脳みそが残ってるよ食べなくていいの?」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:17:00.61 ID:AUOSjPrg0

のびた「あ、そうだった!またチェーンソー使うね!」ブイイイイイイン

のびた「そうだ!脳みそにチェーンソーつっこんでと!」ブイイイン

のうだ「みてみてドラえもん!脳みそがとってもトロトロになってるよ!」

ドラえもん「うふふー君は実に脳みその料理がうまいなー!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:19:41.05 ID:AUOSjPrg0

のびた「いっただきまーす!ジュルルルルルルルウッル」

のびた「さあオナホつくりはまかせて!」
そういうとのびたは手際良くスネオママの体をたたんでいった。

のびた「そらできあがり!今度はケツの穴から腕が出てるよ!」

ドラえもん「うふふーのびたくんはいつみても芸術的に作るなー!」

オナホというよりもはやそれは何かがおかしかった。
なぜ肛門から手が生えているのだろうか。誰がこのアートを理解できるのか筆者にはわからない。

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:22:40.40 ID:AUOSjPrg0

ドラえもん「さてと・・・スネオとジャイアンのいる牢獄に二つのオナホおいってっと・・・」

のびた「ドラえもーんさっきの道具早く早く!」

ドラえもん「急かすなよさっきの道具は脳波を操る道具なんだから今夢を見させることもできるんだ!」

のびた「のうは?」

ドラえもん「簡単に言うと相手のことを操れるってことだ!」

のびた「わー面白い!じゃあスネオにはスネオママ、ジャイアンにはジャイコを犯させる夢を見させてよ!」

ドラえもん「のびたくんは実にゲスな発想をおもいつくなぁ!」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:23:46.03 ID:AUOSjPrg0

ドラえもん「このテレビで夢を見ることができるよ!」

のびた「うわージャイアン思いっきりジャイ子おかしてるよ・・・うわっ!アナルまでばっちいなー」

ドラえもん「スネオのほうはつまらないなーおっぱいしゃぶってるだけだ」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:26:52.06 ID:AUOSjPrg0

ドラえもん「よーしそろそろ起こしてあいつらにオナホを犯させるか!」

のびた「イエーイ!早く早く!」

ドラえもん「ミニドラに空気砲持たせていかせたよ!ハイドカーン」!

スネオ「オブゥ!?」

ジャイアン「オガァ!?」

のびた「ハハハ二人とも起きたみたいだよ」

ドラえもん「さーてさっきの道具を使ってと・・・彼らには今オナホが裸のジャイコとスネオママに見えてるよ!」

ドラえもん「しかも脳波をいじってるから彼らはまっさきに犯すようになってるよ!」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:29:53.80 ID:AUOSjPrg0

スネオ「ママ・・・ママ裸じゃないかかわいいよママ・・・」ペロペロペロ

ジャイアン「ジャイコ・・・すごくかわいいよ・・・ハァハァ・・・」スパンスパンスパン

のびた「ハハハハハあんなにオナホを愛でてるなんて二人とも変態だなー僕ならあんな気持ち悪いオナホ愛でられないや!」

スネオ「ママ・・・ママ!いくよおおおお!!!」ドピュドピュ

ジャイアン「ジャイコ・・・今日は安全日だよな!そうだよな!ううんんん!!!」ドピョドピュドピュ



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:31:56.31 ID:AUOSjPrg0

ドラえもん「ここで彼らにこの道具の効果切ったらどうなると思う?」

のびた「ハハハそんなの絶望するに決まってるじゃないか!あ、そうだドラえもん」

ドラえもん「なんだいのびたくん?」

のびた「スネオとジャイアンの記憶を改変してさ彼らが自分たちでオナホ作ったことにしてよ!」

ドラえもん「ハハハすごいやのびたくん!わかった!この道具の効果が切れると同時にそうなるようにしとくね!」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:36:15.78 ID:AUOSjPrg0

そして道具が切れて彼らに残虐な記憶が植えられた

ジャイアン「!?な、なんだこれはうわあぁあああああああ・・・まてよこれ俺がやったのか?いやそんな・・・」

スネオ「ママ!?ママー!?・・・僕はなんてことしてしまったんだ・・・」

ジャイアン「スネオ俺を殺してくれ・・・頼む・・・」

スネオ「そ、そんなジャイアン僕だってしにたいのに・・・」

のびた「あ、あそこにしずかちゃん切った包丁忘れてた」

ジャイアン「この包丁で一思いに頼む・・・」

スネオ「ジャ、ジャイアン・・・じゃあねジャイアン・・・!」グサ

スネ夫はジャイアンの乳首に包丁を突き刺した

ジャイアン「ぎゃああああああああああああああああああああ」

スネオ「うふううママに乳首がたりなかったからジャイアンのもらうよ!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:38:10.15 ID:AUOSjPrg0

スネオ「あぁ・・ママ・・ほら乳首だよ・・・ほら・・・」

ジャイアン「ス、スネオどうしちまったんだよ!?」

スネオ「うるさいなぁ・・・あれ?ママ下半身もないの?しょうがないからジャイアンからもらおうっか!」

ジャイアン「ガタガタガタ・・・ス、スネオや、やめろよ親友だろ!?」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:40:13.22 ID:AUOSjPrg0

スネオ「うるさいなぁジャイアン・・・そうだ顔もないなぁ・・・でもジャイアンの顔じゃかわいそうだ・・・」

スネオ「そうだ!ジャイアン目と鼻をちょうだいよ!」

ジャイアン「な、なんだよ!お、おれにちかづいたらぶ、ぶんなぐるぞー!」

スネオ「うるさいゴリラだだまれってんだよオラ!」ブス

スネオは腹部に一突きした

ジャイアン「ぐがあああああああ腹が腹がいだいいいいいいいいいいいいいい」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:43:26.62 ID:AUOSjPrg0

スネオ「よーしジャイアン目もらうよ!」
グリグリグリ
スネオは器用に目玉をほじくりだした

ジャイアン「いやだああああやめてくれようわああああああああああああああ」

ジャイアンは完全に片方の目を失っていた

スネオ「ふふふ・・・この目をどこに配置しようか・・・あ、そうだ顔がないから乳首の位置に埋め込んじゃおう・・・」
ザクッザクッ

スネオはスネオママの乳首のあたりを包丁でほじくりはじめた

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:46:37.19 ID:AUOSjPrg0

スネオ「でーきったと!ここに目玉をいれてっと!」

すでに小学生には耐え切れない光景が広がっていた
ジャイアンは嘔吐した

スネオ「ジャイアンはきったないなぁ・・・まぁいいや片方の目ももらうよ!えいっ!」ぐりぐりぐり

ジャイアン「うがああああああああああああああブクブクブク」

ジャイアンは泡を吹いて失神した

スネオ「よしもう一個の目玉をここに配置してできた!」

スネオ「すっごいやまるでおへそがお口にみえるよ!ハハ僕って天才!」


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:48:38.35 ID:AUOSjPrg0

のびた「うわー気持ち悪いなードラえもんどうするスネオ?」

ドラえもん「うーんそうだなーまずはジャイアンの眼球くりぬいたところにションベンさせようか!」

のびた「じゃあまずはジャイアン起こさないと!」

スネオ「ジャイアンおきて!ジャイアン!!」

ジャイアン「んん・・・ス、スネオか?その声スネオか!?」

スネオ「そうだよジャイアン、ちょっと動かないでね!」

ジョボボボボボボボッボ

ジャイアン「うわああああああ目の辺りがあついいいいいいいいいいうわああああああああああああああああああああ」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:49:44.07 ID:AUOSjPrg0

スネオ「ハハハジャイアンったらションベンの涙ながしてやんの」

ジャイアン「うぅ・・・さ、寒い・・・」

スネオ「じゃあ僕のしょんべんもう少しかけてあげるよ!!」

ジャイアン「うぅ・・あったかい・・・」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:52:05.19 ID:AUOSjPrg0

スネオ「ハハハ僕のうんちもどうだい?あったまるぞー!」
ブリブリブリブリ

ジャイアン「ん?うっげ苦い・・・・・・で、でもあったかいぞ・・・はむはむはむ・・・に、苦いけどあったかい・・・」

スネオ「ハハハジャイアンったらそんなに血を出すからだよーまったくー」

スネオ「そうだうんこを傷口にぬりこんであげよう!」ぐちゃぐちゃぐちゃ

ジャイアン「いぎいいいいいいいいいい」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:53:56.70 ID:AUOSjPrg0

スネオ「ハハハジャイアン喜んじゃいあんってやかましいわハハハ」

ジャイアン「うぅ・・・もうだめだ・・・ゲロゲロゲロ」

スネオ「!・・・こいつきったねえな死ね!死ね!」ぼこすかぼこすか

のびた「あぁー!スネオがジャイアン殴ってるしんじゃうよあれじゃ!?」

ドラえもん「まぁいいさ新しいおもちゃ後で拾ってこよう」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:55:12.21 ID:AUOSjPrg0

のびた「でさドラえもーんあのジャイアンの死体どうやって処理するのー?」

ドラえもん「四次元ポケットにいれたら臭くなりそうだし・・・うーん・・・そうだ!スネオの腸の中にジャイアンの肉を詰めよう!」

のびた「そ、そんなことできるのかーい!?」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:57:22.08 ID:AUOSjPrg0

ドラえもん「まずはジャイアンをみんちにしよう!」

ドラえもん「ハイパワーミキサー!これを使えばどんなものでも細切れにできる!」

のびた「じゃあジャイアンの死体をとってこよう!」

スネオ「おぅのびた!みてくれよこのママ!とってもかわいいだろー?目がこんなところにあって!」

のびた「そうだねーちょっとジャイアンかりてくねー!」

ドラえもん「よーしそのジャイアンをこの機械に・・・それー!」
ガーゴトンゴトン・・・ゴリリリリリリリ

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 11:00:07.70 ID:AUOSjPrg0

のびた「よーしジャイアンのミンチの完成だ!」

ドラえもん「じゃあスネオをこの台にのせてっと・・・」

のびた「あっメスが必要だけどあるのかいドラえもん?」

ドラえもん「まかせて!このメスでまずはスネオのお腹を裂くよ!」

のびた「わーいじゃあスネオをつかまえてくるね!」

スネオ「おうのびた!どうしたんださっきからー?」

のびた「ショックガン!はいバーン!」

スネオ「ぬわー」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 11:08:22.45 ID:AUOSjPrg0

ドラえもん「さあこのオペ台に早く!」

のびた「うわー!わくわくするなー!」

ドラえもん「ああもうめんどくさいや体中につめこんじゃえ!」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 11:09:57.89 ID:AUOSjPrg0

ドラえもんはスネオの体を開くとそこらかしこにジャイアンの肉を詰め込んだ
もはや臓器につめるということを無視して詰め込んでいった

のびた「ふーつかれたー」

ドラえもん「よーしこのまま縫合するよ!それー!」

ドラえもんの鳴れた手付きで縫合されていく。
スネオは切り開かれる前よりも体中がでこぼこしていてしかもむらさき色に全身が変色している。

スネオ「あれ?ここはどこだ?あれ?体が重くてうごかせないよ!」

スネオ「うわーんママー」

のびた「うるさいなぁあのゴミ」

ドラえもん「めんどくさいから燃やしちゃおう!」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 11:11:09.49 ID:AUOSjPrg0


ドラえもん「火炎放射器ー!これでどんなものでも燃やせるよ!」

シュボボオオオ

火炎放射器がうなりをあげてスネオの方を向く

スネオ「お、おいドラえもんやめろって冗談だろ?僕たち友達じゃないか!」

スネオ「そ、そんな物騒なものこっちにむけるなよ!オイ!」

ドラえもんは冷めた目でスネオを燃やしていった

スネオ「あづいいいいいいいいいやめてええええええママああああああああああああああああああああ」

ドラえもんの縫合は完全でなかった。それがわざとかわからないがそのせいでスネオの体は内側からのガスではじけた。
ジャイアンの肉がそこらかしこに飛び散った。

スネオ「ぎゃああああああああああああああいてえええええええええええええええええええええええええ」
ジャイアンの肉が香ばしい匂いを漂わせる
だがすぐにドラえもんの火炎放射器で炭となった。

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 11:15:14.02 ID:AUOSjPrg0

やがて全てが終わった。

のびた「それにしてもドラえもんのあの絶妙な縫合は見事だったなー!」

ドラえもん「よせやいてれるじゃないか!」

のびた「あんなガスではじけ飛ぶなんてこと僕には考えもつかなかったよ!」

ドラえもん「うふふー未来ではああいう処刑が好まれるんだよー」

のびた「へぇー流石未来だね!僕の予想をはるかに超えるや!」

ドラえもん「あ、もうこんな時間だ。のびたくんもう寝ないと学校遅刻しちゃうよ!」

のびた「いっけないーい!じゃあドラえもんおやすみなさい!」

fin


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 11:19:15.61 ID:AUOSjPrg0

のびた「僕はもう飽きたからオナニーするけど」

のびた「良い子のみんなは危険なプレイはしないようにね!約束だよ☆」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 11:23:51.43 ID:AUOSjPrg0

ふぅ・・・朝からこんなスレ見てるなんてみんなバカだなー



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「…同じ匂いがする」