長門「アヘ顔ダブルピース…?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:不知火「不知火の司令は顔が怖い」提督「」ガーン

ツイート

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 10:41:09.62 ID:EbhcJLne0

キョン「ああ。白目剥いて、舌出して、笑いながらダブルピースするのをそう言うんだ。」

キョン「あと、勝手に人の秘蔵フォルダを見るな。」

長門「……」

キョン「どうした?」

長門「……興味深い。」

キョン「そうか」

長門「本物のアヘ顔ダブルピースを見てみたい。」

キョン「………画像じゃ、満足できないのか?」

長門「あなたのフォルダの中の画像は二次元のものしかない。参考にならない。」

長門「私は人間の、本物のアヘ顔ダブルピースが見たい。お願い。」

キョン「う〜ん」

長門「……お願い」

キョン「………わかったよ。」

キョン「長門のお願いとあっちゃ断れん。見せてやるよ本物ってやつを。」

長門「……ありがとう。」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 10:54:46.85 ID:EbhcJLne0

キョン「………しかし」

長門「……?」

キョン「なぁ長門。そのアヘ顔ダブルピースは誰のものでもいいのか?」

長門「……できれば親しい人間のものが好ましい。」

キョン「そう、か。……もちろん女のがいいんだよな?」

長門「?」

長門「質問の意図がわからない。」

キョン「お、男のアヘ顔ダブルピースじゃ駄目か?」

長門「……興味深い。しかし、今は女性のそれを求めている。」

キョン「……わかった。」

キョン(と、なると。機関に頼んで森さん、最悪古泉を使うこともできないな……。)

キョン「……はぁ」

キョン「やっぱ、ハルヒと朝比奈さんしかいない、か。」ぽりぽり

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 11:08:15.65 ID:EbhcJLne0

キョン「わかった。何とかする。」

長門「ありがとう。」

キョン「それとアヘ顔ダブルピースは写真に撮ってお前に見せる。それでいいか?」

長門「……その場で見ることはできないの?」

キョン「調教次第だな。」

長門「……?」

キョン「まぁ、上手くいけば動画でも見せられるし、お前に直に見てもらうこともできるさ。」

キョン「その代わり時間が必要だ。いいか?」

長門「構わない」

キョン「よし。」

キョン「それじゃあ、早速明日から実行に移す。まずは……」

キョン「朝比奈さんだ!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 11:19:31.60 ID:EbhcJLne0

次の日―部室―

コンコン

『はぁい』

キョン「こんにちわ。朝比奈さん。」がちゃ

みくる「あ、キョンくん!こんにちわぁ」

キョン「一人ですか?」

みくる「はい!長門さんが遅れるなんて珍しいですねぇ。」

キョン「そうですね」

キョン(まぁ、長門には俺から遅れるように連絡しておいたんだがな……。)

みくる「あのぉ、涼宮さんは?」

キョン「ああ、掃除当番なんですよ。時間かかるかもしれません。」

みくる「そっかぁ」

キョン「古泉も遅れるみたいだし……。」

キョン「二人きりですね、朝比奈さん」

みくる「ふぇ?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 11:28:21.24 ID:EbhcJLne0

みくる「あ、あの今のはいったい……」

キョン「朝比奈さん!」

みくる「はっ、はひぃ!」びくっ

キョン「……」ぐっ

キョン「……あの」

みくる「?」どきどき

キョン「その……俺」

みくる「……」どきどき

キョン「俺っ!」

みくる「きょ、キョンくん?」どきどき

キョン「あっ、あなたのことが……」

みくる「え?え?ええ?」どきどき

キョン「好きなんですっ!!!」

みくる「……ふぇ?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 11:38:23.00 ID:EbhcJLne0

みくる「え?え?えぇえええええ!?//////」

キョン「本気なんですっ!俺、好きなんです!あなたがっ、あなたのことがっ!!」

みくる「あうあう////」

キョン「好きで好きで!しょうがないんですっ!!」

キョン「俺と付き合ってくださいっ!!」

みくる「あぅ、えっと、そのぉ////」ぐるぐる

みくる「ほ、本気なんですかぁ?////」

キョン「はい!」

みくる「で、でもでも!わ、私は未来人で、げ、現地の人と交際するのはっ、き、禁則事項でっ////」

みくる「わ、私はに、任務中でっ、あのっ、す、涼宮さんの、ことも、ありますしっ/////」

みくる「あうぅう////」ぷしゅー

キョン「…………やっぱり、駄目、ですよね」

みくる「ふぇ?////」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 11:58:19.59 ID:EbhcJLne0

キョン「わかって、いたんです。あなたたとは付き合うことができないって。」

みくる「……っ」

キョン「あなたは未来人。俺はただの人間。」

キョン「いくらあなたを想っても、あなたはいつか未来に帰ってしまう。」

キョン「いくらあなたを想っても、この想いが時空を越えることはできない。」

キョン「無理なんですよね。」

キョン「こんなに近くにいるのに、すごく遠く感じる。」

キョン「わかって、いたんです。」

キョン「わかっていたのに、諦められなかった……。」

みくる「………キョンくん」

キョン「馬鹿ですよね、俺。初めから断られるってわかっていたのに告白して。本当に馬鹿でした。」

みくる「………ぃ、です」ぼそ

キョン「どうしようもないくらい馬鹿です。」

みくる「そ、そんなことないです!」

キョン「……」にや

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 12:06:01.73 ID:EbhcJLne0

ごめん
用事できた。

あと頼んだ。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「もしも、僕が>>5の世界に行ったら!!」