長門「私のお尻に何か固いモノが当たってる・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:羽入「梨花・・・・・・僕の角でオナッちゃ駄目なのです」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 06:31:51.96 ID:dvSlMuPz0

長門「これは何?」

キョン「ん?椅子の上に何かあるんじゃないのか?」

長門「・・・消しゴムが置いてあった」

キョン「ほらな」

長門「・・・それよりも、どうしてあなたの膝の上に国木田が座っているか教えて欲しい」

国木田「いや・・・キョンが座るなら膝の上に座れっていうから」

キョン「なんだ長門、お前も俺の膝の上に座りたいのか?」

国木田(僕のお尻に何か固いモノが当たってる・・・)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 06:37:57.53 ID:dvSlMuPz0

長門「・・・座ってみたい」

キョン「お前も座りたいのか?」

国木田「なら僕はもうそろそろ行くから、長門さんはキョンの膝の上に座りなよ」

キョン「まぁ待て」

国木田「ちょっと、手を離してよ、立てないじゃないか!」

キョン「俺はもう立ってる」

国木田(お尻に当たってる固いものってやっぱりアレなんだ・・・)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 06:42:38.80 ID:dvSlMuPz0

ガチャッ

ハルヒ「みんないる?」

国木田「おじゃましてます・・・」

キョン「おお、遅かったな」

長門「そろそろ代わって欲しい・・・」

ハルヒ「何か面白い事しているわね、国木田どきなさい!」

国木田「う・・・うん」

ハルヒ「キョンを椅子にするならまず最初に私が座るべきよね、団長なんだし」

ハルヒは無理やり国木田をキョンからひっぺがすと、キョンの上にどっしりと腰を落とした。

ハルヒ「!」

キョン「おいハルヒ、今の痛かったぞ!」

ハルヒ「・・・ご、ごめん」

長門「次は私だったのに・・・」

キョン「やけに大人しくなったな」

ハルヒ「いや・・・その・・・」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 06:45:21.11 ID:dvSlMuPz0

キョン「それでどうだ、俺のすわり心地は?」

ハルヒ「・・・うん」

キョン「うんじゃわからんだろ」

長門「・・・」

国木田「・・・」

ハルヒ「そ、そろそろみくるちゃんや古泉くんがやってくるはずだからもう私はいいわ」

長門「それでは次は私が座る」

キョン「まぁいいじゃないか、もう少し俺の膝の上に座っておけよ」

ハルヒ「押し付けないでよ!お尻にっ!」

キョン「お尻に?」

ハルヒ「いや・・・なんでもない」

国木田(やっぱりアレが当たってるんだな)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 06:49:04.12 ID:dvSlMuPz0

ガチャッ

みくる「遅くなりましたー!あれ、涼宮さん何してるんですか?」

ハルヒ「見てわかるでしょ、キョンの上に座ってるのよ」

みくる「うふふ、仲がいいですね」

ハルヒ「中には入ってないわよ!」

みくる・長門「?」

国木田(やっぱりアレを意識しているんだな・・・)

ハルヒ「そうだ、みくるちゃんもキョンに座ってみたら?」

キョン「いい考えだな、どうですか朝比奈さん?」

長門「次は私のはず・・・」

みくる「えー、いいんですか?」

キョン「いいですよ」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 06:52:17.54 ID:dvSlMuPz0

みくる「よいしょっと・・・?」

みくるはキョンの上に座ると何かに違和感を感じたのか体を左右に振りはじめた。

キョン「朝比奈さん動かないでください!」

みくる「さっきからお尻に何か当たってるんですよ」

国木田・ハルヒ(アレだな)

キョン「そうですか?」

みくる「もしかしてポケットに何か入れてますか?」

キョン「ああ、そういえばさっきポケットの中にスティックのり入れてましたよ」

みくる「ああ、それが私のお尻に当たってたんですね」

国木田・ハルヒ「!」

キョン「すみません、お尻痛くありませんでした?」

みくる「そんなに痛くないから平気ですよ」

長門「・・・あの・・・そろそろ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 06:57:23.43 ID:dvSlMuPz0

国木田(アレだといわなくて良かった・・・)

ハルヒ(アレだと思ってたからずっとお尻にあの感覚が残ってたけど、スティックのりだったのね・・・)

古泉「おや、みなさんで何をしてるんですか?」

ハルヒ「いや何でもないわよ・・・」

国木田「それじゃ僕はこれで・・・」

みくる「私お茶淹れますね」

キョン「ハルヒと国木田の奴なんかおかしいな、何かあったのか?」

ハルヒ「なっ何でもないわよ!」

長門「膝の上に座らせて欲しい」

キョン「お前まだそんな事言ってるのか?もうそういう流れは終わってるだろ、空気よめよな」

長門「・・・」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 07:03:55.66 ID:FsQ2mLPm0

となると>>7がおかしい

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/13(水) 07:05:22.17 ID:dvSlMuPz0

>>35
こんなスレでそんな細かい事はどうだっていいだよ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サトシ「かわすなピカチュウ!」ピカチュウ「ピカ!」ドガァッ