つかさ「ち……ちん?ちんち……?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:つかさ「あたし…医学部にいく!りばあす!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 22:57:57.69 ID:Irvw0sWV0

 柊つかさは金曜日だった。


つかさ「……きれいなひと」

知的な美しさがある女性は、スクランブル交差点の向かいに立っている。

信号がかわる。女性はまっすぐ向かってきた。

女「あなたが金曜日?」

つかさ「は、はい」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 22:59:54.19 ID:Irvw0sWV0

女「私は日曜日」

女性はそう名乗って妖しく笑った。

日曜日「ついてきなさい」

つかさ「はい……」

つかさ(なんか……逆らえない)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:01:34.65 ID:Irvw0sWV0

つかさ(デパートの屋上…誰もいない)

日曜日「…………」

つかさ(な、なんだろう…顔になんかついてるのかな)

日曜日「見なければダメ」

つかさ「え、あっ、はい」

日曜日「ルール1、商談中は相手を見ること」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:03:46.51 ID:Irvw0sWV0

つかさ「は、はい(商談……?)」

日曜日は鞄から写真をとりだす。写真には……。

つかさ「!!!」

必死に記憶から消した過去、誰にも言えなかったトラウマがうつっていた。

記憶がフラッシュバックする。あの時の感覚が一瞬でよみがえった。

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:07:45.90 ID:Irvw0sWV0

写真は、夏コミの様子を写している。

中心には、つかさ。それを取り囲むような男性陣。

つかさはそれどころではない。

つかさ(うう……やだ……どうして……? なんで……こんな写真が……)

いやらしくなでるように全身を弄る手、手、手、

それらは服や下着の間を縫うように

日曜日「どう? よくとれてるわ」

日曜日の言葉で我に帰る。同時に、記憶を必死にデリートする。

つかさ「こ、これが何か……?」

日曜日「真中に移っている人、あなたね」

つかさ「うう……」

つかさの目に涙がたまる。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:10:01.38 ID:Irvw0sWV0

日曜日「顔、真っ赤じゃない。うぶなのね」

写真のつかさの顔は、真っ赤にほてっている。

つかさ「そ、その話はもうしないで……」

日曜日「ところで、お友達はいるわよね」

つかさ「…………」

日曜日「お友達が見たら、どう思うかしら」

つかさ「! い、いやっ! やめて!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:13:50.74 ID:Irvw0sWV0

日曜日「困るわよね?」

つかさ「一体……なにが言いたいんですか?」

日曜日「わからないの?ゆすってるのよ」

日曜日「お友達にこんな写真見せたくないでしょう」

つかさ「うう……」

日曜日「ネットにさらしたら、すぐに出回るでしょうね」

つかさ「お願い! やめて……お願い」

日曜日「それなら、とりあえず300万円用意して」

つかさ「さ、300万…!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:15:54.02 ID:Irvw0sWV0

日曜日「用意できる?」

つかさ「そんな…無理です…」

日曜日「方法はいくらでもあるわ。
    親に言うなり、サラ金で借りるなり、盗むなり。
    あなたなら、体を売ればすぐじゃない?」

つかさ「ぜ、全部いやです…」

日曜日「でも、おかねは払わなきゃね?」

つかさ「…………」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:19:06.07 ID:Irvw0sWV0

日曜日「あなたに選べる道は3つよ。破滅か、払うか、もしくは……」

つかさ「も、もしくは…?」

日曜日「金曜日になるのよ」

つかさ「きんようび? それってただの合言葉…」

日曜日「さっきまではね。でもこれからは、別の意味。あなたの名前になるの」

つかさ「(金曜日がわたしのなまえ?)よ、よくわからないよ」

日曜日「フライデー」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:20:45.31 ID:Irvw0sWV0

つかさ「フライデー……(雑誌?)」

日曜日「私はロビンソンクルーソー、あなたはフライデー。わかるわよね?」

つかさ「全然わからないです」

日曜日「私の忠実なしもべになりなさい」

つかさ(しもべ……なんかいやらしいよ)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:25:18.89 ID:Irvw0sWV0

二人は場所を喫茶店に変えた。
日曜日が紅茶を二つ頼む。

つかさ「ふー。ふー。」

つかさ「ごく……」

日曜日「決めた? 払う?……300万円」

つかさ「無理です……」

日曜日「破滅する?」

つかさ「それも無理です…」

日曜日「では金曜日になるのね」

つかさ「ま、まって、それも――

日曜日「じゃあ、写真は流出ね」

つかさ「…………」

日曜日「私の命令に従いなさい」

つかさ「ハイ」

つかさ(やっぱりさからえないよ…)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:28:18.03 ID:Irvw0sWV0

日曜日「一万円にしてあげる」

つかさ(???)

日曜日「一万円、もってるでしょ?」

つかさ「あ、はい、え? えっと……?」

わけのわからないまま一万円を取り出す

日曜日はそれを手に取る。

日曜日「これであなたは金曜日よ」

つかさ(???)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:30:30.91 ID:Irvw0sWV0

日曜日「ルール2、日曜日の命令には絶対服従」

つかさ「は……はい」

日曜日「繰り返して」

つかさ「に、日曜日さんの命令には、絶対服従です」

日曜日「さんはいらないわ…でもこれで関係は成立」

日曜日「では、最初の命令よ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:32:59.90 ID:Irvw0sWV0

つかさ「ど、どんなことすればいいんですか」

日曜日「簡単なこと…脅迫よ」

つかさ(脅迫!)

日曜日「これを」

日曜日は写真を取り出す。

日曜日「この社長夫人がターゲットよ」

つかさ「この人を…お、脅すんですか?」

日曜日「でなきゃ、あなたは破滅よ」

つかさ「うう……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:36:29.32 ID:Irvw0sWV0

二人はまた場所を移動する。

日曜日「来たわ」

ターゲットが現れ、あたりをうかがうとアンティークショップに入った。

日曜日「さあ、出番よ金曜日」

つかさ(うう……緊張してきた……)

 MISSION 1

社長夫人 脅迫

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:41:03.94 ID:Irvw0sWV0

つかさ「え、っと……えへへ、こんにちわ」

夫人「…………」

つささ「(無視……)あなたが探してるのは、わたしです」

夫人「えっ」

つかさ「はじめまして、金曜日です」

つかさ(とりあえずカードに書いてあることを言っておけばいいんだよね…)

夫人「それじゃあなたが……」

つかさ「日曜日のえっと、身代わり、じゃなくて代理です。
    写真のコピーはみましたか? 買ってください」

夫人「そうね…おいくらかしら」

つかさは人差し指をぴんと立てる。一万円の意味だ。

夫人「ずいぶん高いわ」

つかさ(どんだけー)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:44:16.35 ID:Irvw0sWV0

夫人「でも、はらえないこともないわ。一千万くらいなら」

つかさ「い、一千万!」

夫人「……?」

つかさ「も、もっと安いです><」

夫人「あら、100万だったかしら。それならすぐ買うわ」

つかさ「も、もっと!」

店員「お客様、お静かに……」

夫人「……出ましょうか」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:47:27.83 ID:Irvw0sWV0

二人は並んであるく

夫人「10万円?」

つかさ「一万円です」

夫人「な ん で す っ て !」

夫人「からかってるの?ふざけてるの?それとも馬鹿なの?死ぬの?」

つかさ(うう……怖いよ…)

つかさ「か、からかってないです…一万円です」

夫人「どういうことなの? 何が目的?」

つかさ(そんなことカードに書いてないよ…)

夫人「ネガは? ネガはいつ届けるの?」

つかさ「そ、それは日曜日に聞いてみないと」

つかさ「それより一万円を……」

夫人「だめ、払えないわ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:50:03.13 ID:Irvw0sWV0

つかさ「ど、どうしてですか」

夫人「決めたの。ネガをくれるまで払わない」

つかさ「払わないんですか」

夫人「払わないわ」

つかさ「この、この写真! これを…お友達にみせますよ」

夫人「どうぞご勝手に」

つかさ「えっ…えっと、ネットに流します!」

夫人「ご勝手に」

つかさ(なんで? どうして?)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:52:29.57 ID:Irvw0sWV0

夫人「いったいどこまで付いてくるのよ」

つかさ「ど、どうして払わないんですか? だって…1万円ですよ?」

夫人「だって、払ったら認めたことになるでしょう。私に非があるって」

つかさ「え! 払わなかったらよかったんですか!?」

夫人「え?」

つかさ「え?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:56:42.68 ID:Irvw0sWV0

夫人「とにかく、払わないわ」

つかさ「わ、私の足もとみてるんですね」

夫人「あら…足元より顔をみてるわよ、かわいいお嬢さん」

つかさ(えっ、な、な、な)

つかさ「こ、子供だと思って、な、なめてますね! これでも私は、組織の――」

夫人「なめてほしいならそうしてあげてもいいわよ」

つかさ(なに、なに、なんか気持ち悪い…)

つかさ「み、みくびらないで、く、ください!」

夫人「首よりも体が好きだわ」

夫人はつかさの腰に触れる。その手は滑るように胸元へ、

つかさ「やめてください!」

手を振りほどく。

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:58:32.70 ID:Irvw0sWV0

夫人「顔が真っ赤よ」

つかさ(うう、恥ずかしい)

つかさ「じょ、冗談はやめてください……」

夫人「冗談なんかじゃないわ…」

夫人は鞄をあさる。そして、テレコを取り出した。

夫人「取れてるわ…私たちの会話」

つかさ(!!! ど、どうしよう…!)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/22(金) 00:03:54.18 ID:8QygnsPD0

夫人「警察に突き出したらどうなるかしらね」

夫人「それともどうする?さっきの会話の…続きをする?」

つかさ「え……」

夫人「食べてもいいかしら…?」

つかさ(いやっ…怖い! お姉ちゃん…たすけて…!)

つかさ「嫌です…」

夫人「じゃあ警察ね」

つかさ「ま、まってください」

夫人「どうするの?警察に行く?それとも…」
夫人はくいと顎でホテルを指す。

つかさ(ううう……)

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/22(金) 00:06:22.07 ID:8QygnsPD0

つかさ「あいたっ」

日曜日「あら、ごめんなさい。―これ、落ちましたよ」

赤いカセットテープだった。それだけ渡して、日曜日は去る。

夫人「あら、何よそれ」

つかさ「さぁ……なんだろう?」

日曜日(馬鹿……)

つかさ(聞いてみよう…なんかヒント…!!!!!!!!!!!1111)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/22(金) 00:11:04.63 ID:8QygnsPD0

つかさ(――――――!!!)

つかさ「こ、これ……これ、聞いて…ください」

変態、変態、このおばさんは変態で変態だ。変態!おばさん変態!変態!

夫人「……? !!!!!!」

夫人「まっ…下劣! 卑劣! ひきょう者!」

夫人「こ、こんな……」

夫人「一万円…!はらうからもう二度と現れないで! こ、こ、このドブネズミ!」

つかさの頭のなかには変態、の二文字が頭の中をぐるぐる回ってる。
そっと肩に手が置かれた。

日曜日「ひやひやしたわ…よくやったわね」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/22(金) 00:25:52.27 ID:JYsUwJO60

頭がなんだか軽い。ぽーっとする。あの時の感覚に似ている。
気がついたら、真っ暗な部屋にいた。

日曜日「これで、入会式はおわりよ」

つかさ「にゅうかいしき……」

なんのことだっけ、あ、そうか金曜日の日曜日は命令が絶対服従。

真っ暗な部屋に明かりがついた。

つかさ「うおっ」

目が痛い――、そこには、日曜日を含めた6人の人間が四角い机を囲むように座っていた。

つかさ「え……ど、ど、え? どういうこと?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/22(金) 00:31:51.13 ID:JYsUwJO60

つかさ「な、なんでお姉ちゃんがいるの!?」

かがみ「チンチコール」

つかさ「え? ち……ちん?ちんち……? え?」

かがみ「チンチコールよ、金曜日」

つかさ「ち、ちんちこーる……」

「チンチコール!」「チンチコール!」
「チンチコール!」「チンチコール!」

他の人たちも一斉に声をあげる。

つかさ「チンチコール…」

日曜日「紹介するわ――


月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、わたし、土曜日、日曜日が組織だった。


 お姉ちゃんは、水曜日だった。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/22(金) 00:36:49.84 ID:JYsUwJO60

かがみ「日曜日、チンチコーリ!」

日曜日「はい水曜日」

かがみ「金曜日はルールを犯しました」

日曜日「はい、それについては今説明するわ」

つかさ「お姉ちゃん、どういうこと? わたし怖いよ…」

かがみ「また」

つかさ「なんなの、もう…」

日曜日「ルール3、本名はださないこと」

つかさ「お姉ちゃんってよんじゃいけないの?」

日曜日「組織につながる人間同士は曜日で呼ばなくてはだめだわ」

つかさ(家族なのに……)

かがみ「自分の名前や身分がばれるようなことは言ってはいけないの、金曜日」

つかさ「そんなー…」

かがみ「日曜日、処分を!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/22(金) 00:39:17.07 ID:JYsUwJO60

「チンチコーレ!」
周りが言う。
つかさ「ち、チンチコーレ!」
負けじと言った。

かがみ「チンチコーラ?」

つかさ「え? あ、あの…チンチコーラ」

バチン!

つかさ「痛いよ…おね、――水曜日」

「チンチコーレ」「チンチコーレ!」

かがみ「チンチコーレ」

つかさ「……チンチコーレ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/22(金) 00:44:09.14 ID:JYsUwJO60

日曜日「これで今日の会は終了よ。以上、解散」

「チンチコール!」「チンチコール!」
全員が引きあげる。

つかさ「あ、あの…」

メンバーはあっさりと去って行った。

残ったのは、つかさとかがみだけ。

つかさ「えっと、お姉ちゃん……?だよね…」

かがみ「そうよ」

つかさ「お姉ちゃんは水曜日?」

かがみ「あんたは金曜日」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/22(金) 00:47:56.52 ID:JYsUwJO60

つかさ「これからどうすればいいの?」

かがみ「これ」

かがみはカードを取り出す。

かがみ「このカードの通りに行動すればいいのよ」

つかさ「また…脅し」

かがみ「そういうことになるわ」

つかさ「わたしもういやだよ……」

かがみ「…………」

かがみは今度は真っ赤なカードを取り出した。

つかさ「え? な、なに?」

かがみ「レッドカードよ」

つかさ「レッドカード?」

かがみ「めくるめくお仕置き。弱音は吐いちゃめ。チンチコール?」

つかさ「……チンチコール……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/22(金) 00:52:44.63 ID:JYsUwJO60

かがみ「すべてがおわったら、レッドカードを施行するわ……チンチコーリ」
つかさ「…………」


それからつかさは、学生を脅し、公務員を脅し、美容師を脅し、銀行員を脅し、
元政治家を脅し、やくざを脅した。

すべてが終わった。
つかさは日曜日に昇格し、
そしてかがみのレッドカードが施行された。


渋谷の街に、つかさのちくしょうという叫び声がこだました。


 終

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/22(金) 00:57:56.41 ID:JYsUwJO60

左手の指は私の手から離れ、好き勝手にキーボードをたたく。
私の意識は、紙一重で保たれている。
やつらは、一つ一つ意思を持っているかのように文章を書き連ねる。
夜中に限ってこの左手が、
好き勝手に動き、
そしてこうして
一つの駄スレを生み出すのだ。

       夏休みの手    完


正直0時あたりから気がくるってた。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハニー・ポッター「何がこようと、受けて立つわ」