カイジ「体で払うっ・・・!5000ペリカ分・・・!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門が部室で暴れてる?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 20:41:06.27 ID:PJRib+PsP

石和「・・・は・・・?」

カイジ「もう我慢できねぇんだよっ・・・!」

石和「いやいや、カイジ君・・・」

カイジ「頼むっ・・・!もうこれしかないんだ・・・!俺には・・・」

石和「・・・は、班長・・・?」

大槻「む・・・」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 20:43:28.51 ID:PJRib+PsP

大槻「いいだろ・・・相手してやれ、石和・・・」

石和「しかし・・・」

大槻「お前も溜まってるんじゃないのか・・・?」

石和「・・・いいんスか?俺で・・・」

大槻「ああ」

カイジ「・・・あ、あの・・・」

石和「ん?」

カイジ「お、俺・・・そうは言っても、こういうこと・・・経験なくて・・・」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 20:45:33.78 ID:PJRib+PsP

石和「おいおい、そりゃないだろ・・・」

カイジ「すまん・・・」

石和「・・・仕方ない、沼川」

沼川「はい?」

石和「ちょっと、カイジ君に見せてやろうじゃないか・・・手本・・・」

沼川「はぁ・・・」ヌギッ

カイジ「うっ・・・」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 20:47:49.17 ID:PJRib+PsP

石和「沼川・・・ん・・・」チュッ

沼川「むぐっ・・・んっ・・・」

カイジ「うっ・・・」

石和「沼川・・・お前・・・また上手くなったな・・・キス・・・」

沼川「くっ・・・好き勝手言うな・・・!お前がそうさせておいて・・・!」

石和「ハハハ・・・すまん、すまん・・・」

カイジ「(何だ・・・何だよこれっ・・・!)」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 20:49:43.55 ID:PJRib+PsP

石和「さぁ、沼川・・・」

沼川「あぁ・・・」

石和「・・・相変わらず・・・キレイな尻してるよな・・・お前っ・・・!」サスサス

沼川「ひっ」

石和「入れるぞっ・・・!」ズプッ

沼川「あぁっ・・・んっ・・・!くっ・・・!」

カイジ「・・・・・・(気持ち悪いっ・・・気持ち悪いはずなのにっ・・・!)」

大槻「・・・」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 20:53:12.45 ID:PJRib+PsP

石和「うっ・・・!沼川・・・!沼川・・・っ!」ズプッ ズプッ

沼川「ひっ、ひあっ・・・!石和っ・・・!」

カイジ「(うっ・・・!何で・・・!何で俺・・・!)」

石和「ハァ・・・ハァ・・・!どうだ・・・カイジ君・・・?」

カイジ「うっ・・・!」

石和「クク・・・!心の準備が出来たら・・・言ってくれよ・・・!」

沼川「ひっ、石和っ、ひっ・・・!あっ・・・!あぁぁっ・・・!」

カイジ「(うっ・・・!くっ・・・!何だ・・・何だよ、俺のこの勃起はっ・・・!)」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 20:55:25.87 ID:PJRib+PsP

大槻「カイジくぅ〜ん・・・」

カイジ「うわあっ!は、班長・・・お、脅かすんじゃねぇっ・・・!」

大槻「ハハ、すまんすまん・・・!いやぁ、カイジ君・・・!」

カイジ「あぁ・・・?」

大槻「カイジ君もそろそろ切なくなってきたんじゃないか・・・?コレ・・・!」ニギッ

カイジ「あひっ」

大槻「カカカ・・・!ほれ、ほれっ・・・!」シコシコ

カイジ「あっ、止め・・・!は、班長・・・!あひぃっ・・・!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 20:58:43.96 ID:PJRib+PsP

カイジ「あっ、あっ・・・!」

大槻「そらっ・・・!そらっ・・・!イッちまえっ・・・!」シュッ シュッ

カイジ「あっ!? あ、ああっ、ああああ〜〜〜っ・・・・・・・・・!!」ビュッ ビクンビクン

立木「カイジ、昇天〜っ!
    大槻の責めに耐え切れず、果てる!
    射精!あろうことか男の手で射精!!
    だが、地下施設に収容され、初めての姓処理!
    快楽!圧倒的快楽!!カイジ、桃源郷〜っ!」

カイジ「はぁっ・・・はぁぁ〜っ・・・!」

大槻「ククク・・・!カカカ・・・!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:02:10.97 ID:PJRib+PsP

石和「ウッ・・・出るっ・・・!出るぞっ・・・!沼川・・・!」

沼川「あっ、ああっ」

石和「そらっ・・・!」ドピュッ ドピュッ

沼川「あっ!熱っ・・・!あっ・・・!あぁ〜っ・・・!」ビクンビクン

大槻「終わったな・・・そっちも・・・!」

カイジ「ハァ・・・ハァ・・・」

石和「カイジ君・・・待ってたよ・・・!」

沼川「」ビクンビクン

カイジ「うっ・・・(痙攣してるぞ・・・あいつ・・・)」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:05:23.86 ID:PJRib+PsP

石和「さぁ、カイジ君・・・こっちに・・・!」

カイジ「うっ・・・!」

石和「ほらっ・・・!下・・・脱いで・・・!」

カイジ「・・・」

石和「どれ・・・まずは指から・・・!」

カイジ「・・・その前に・・・一つ決めておこうぜ・・・」

石和「ん・・・?」

カイジ「何を持って5000ペリカ分とするか・・・!まずはそれからだ・・・!」

石和「・・・班長・・・」

大槻「じゃあこうしよう・・・石和の射精1回で5000ペリカ・・・ビール一本をやろう
    どうだ、カイジ君?」

カイジ「オーケー・・・それでいい・・・」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:08:05.70 ID:PJRib+PsP

一応言っておくけど俺男でノンケだからね



石和「それじゃ・・・まずほぐすところからだな・・・!」

カイジ「・・・ゴクリ・・・」

石和「じゃあ・・・指1本から・・・!」ズプッ

カイジ「ひっ!?」

石和「クク・・・!いい声だなっ・・・」

カイジ「だ、黙れっ・・・!あっ・・・!」

石和「次・・・もう一本・・・!」ズプッ

カイジ「ひゃっ!?ひ・・・ひぃ・・・ひぅ・・・」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:10:48.20 ID:PJRib+PsP

カイジ「ハァッ・・・!ハァッ・・・!」

石和「どれ・・・」ペロッ

カイジ「ひゃっ!あっ!」

石和「可愛い声だな・・・!フフ・・・!」ペロペロ

カイジ「あっ!?やめっ・・・!汚ねぇぞっ・・・!やめろっ・・・!」

石和「・・・」ペロペロ

カイジ「やめっ・・・!やめてっ・・・!止め・・・くださいっ・・・!」ポロポロ


沼川「(やっべカイジマジ萌える)」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:13:33.27 ID:PJRib+PsP

石和「そろそろ・・・いいかな・・・?」ズルッ

カイジ「ひっ」

カイジ「(くっ・・・!なんだ・・・!なんなんだよっ・・・!俺・・・!なんで・・・!)」ムクムク

石和「カイジ君・・・!いくよっ・・・!」

カイジ「ま、待って・・・!」

石和「え・・・?何・・・今更・・・」

カイジ「せ、せめて優しく・・・ゆっくり・・・頼むっ・・・!」

石和「わかってる・・・わかってるよ・・・!カイジ君・・・!」ピトッ

カイジ「ひっ・・・熱っ・・・」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:17:08.24 ID:PJRib+PsP

石和「ほらっ・・・!いくよっ・・・!」

カイジ「あっ・・・!は、入って・・・!」

ミヂッ ブチブチッ

カイジ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・えっ・・・・・・・・・・・・・・・?」

石和「あっ・・・!」

立木「・・・そのとき、カイジの肛門を襲う違和感!
    異物が進入してくるだけでない、明らかな違和感!
    痛み!それの意味するものはつまり!」

カイジ「えっ・・・?何・・・?何・・・・・・・・・・・?」

ポタポタッ

石和「あ〜・・・すまん、カイジ君・・・・ちょっと切れちゃったね・・・!」

カイジ「・・・・・・・・えっ・・・?えっ、えっ・・・・?」ズキズキ

カイジ「あっ・・・あっあっあっ・・・!!あああああああああぁぁぁぁ〜〜〜〜〜っ・・・・・・・!!!」

立木「カイジ、決壊〜〜っ!!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:21:38.28 ID:PJRib+PsP

カイジ「ああああっ・・・・!!ぬ、抜い・・・!抜いてっ・・・!」ズキズキ

石和「すまん、カイジ君・・・もう・・・我慢できん・・・!」ズプッ ズプッ

カイジ「ああっ!!あっ!あぁ〜っ・・・!あっ〜・・・・!」

石和「あ〜っ・・・凄い締りだ・・・これ・・・!」

カイジ「いぎっ・・・!ぎっ・・・!ぎぎっ・・・!ぐっ・・・!がっ・・・!」

カイジ「(なんでっ・・・!なんで・・・ビール一本のために・・・!こんな・・・!)」ポロポロ

石和「はぁっ・・・!はぁっ・・・!」

カイジ「さっさと・・・さっさと出せっ・・・!巨根っ・・・!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:26:16.94 ID:PJRib+PsP

石和「うっ・・・!も・・・出るっ・・・!」

カイジ「!? やめ・・・!外にっ・・・!」

石和「あ〜っ・・・!カイジ君っ・・・!」ドピュッ ドピュッ

カイジ「熱っ!?あっ!あぁ〜っ・・・!あぁ・・・あっ・・・!」ビクンビクン

石和「ハァッ・・・!良かったよ・・・!カイジ君・・・!」

ポイッ バサバサッ

カイジ「うっ・・・!金・・・!俺のっ・・・!」

立木「カイジ、筆舌に尽くしがたい痛みと快楽に耐え、得る!
   5000ペリカ!ビール一本分!
   しかし!だがしかし!ここで班長、大槻が次の手に出る!」

大槻「・・・いいのか?これで終わりで・・・?」

カイジ「・・・・・・・えっ?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:29:15.21 ID:PJRib+PsP

大槻「確かにカイジ君は・・・それだけあれば十分・・・」

大槻「ただ・・・お友達はどうなるのかな・・・?」

カイジ「うっ・・・」

大槻「45組と決起して・・・いわば運命共同体・・・!
    彼らを見捨てて・・・自分だけペリカを得るというのは・・・!」

カイジ「バカなっ・・・!あいつらは別・・・!別だっ・・・!」

大槻「・・・1万ペリカ・・・」

カイジ「えっ・・・?」

大槻「これからワシらの射精一回に1万ペリカをやろう・・・どうだ・・・?」

カイジ「うっ・・・」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:32:12.01 ID:PJRib+PsP

カイジ「・・・」

大槻「頼むカイジ君・・・!ワシらも欲求不満なんだ・・・!」

カイジ「・・・か、勝手にしろっ・・・!」

大槻「・・・クク・・・言ったな・・・?」

カイジ「えっ・・・?」

ガチャッ

カイジ「!? な、何だよこの手錠・・・!」

大槻「ククク・・・!カカカ・・・!キキキ・・・!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:35:59.72 ID:PJRib+PsP

大槻「ワシらは射精したら1万と言ったが・・・その射精が無ければ関係ない・・・!」

大槻「つまりカイジ君はワシらに体を預け・・・しかし・・・金は得られない・・・!」

カイジ「てめえっ・・・!大槻・・・!大槻っ・・・!」

大槻「ワシはただ・・・カイジ君の悲鳴が聞ければそれでいいのだよ・・・!」

カイジ「大槻っ・・・!何をっ・・・!」

大槻「・・・クク、カイジ君・・・!これが何か・・・わかるかな・・・?」

カイジ「えっ・・・それって・・・!」

大槻「ククク・・・!」

カイジ「・・・タバコ・・・だよな・・・?」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:38:38.29 ID:PJRib+PsP

大槻「・・・」カチッ スパーッ

カイジ「てめぇ・・・!大槻・・・!何する気だっ・・・!」

大槻「おい、抑えろ」

石和「はい」

沼川「わかりました」

カイジ「あっ?てめぇっ・・・!何を・・・!」

大槻「飲み込みが悪いな・・・!カイジ君・・・!」

カイジ「えっ・・・?」

大槻「今からこの火を・・・君のイチモツに押し当てて消してもらう」

カイジ「・・・・・・・・・・・・はっ・・・・・・・・?」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:41:07.83 ID:PJRib+PsP

カイジ「は・・・?いや・・・何・・・言ってんの・・・?」

大槻「・・・いいかな?準備・・・」

カイジ「いや、な・・・何・・・え・・・・?」

大槻「それでは・・・」ズッ

カイジ「ひゃっ」

大槻「それじゃ・・・いくぞ・・・!」

カイジ「えっ・・・?いやいや・・・本気・・・?マジに本気で言ってるワケ・・・?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:43:28.91 ID:PJRib+PsP

カイジ「・・・い・・・イヤだ・・・!」

カイジ「イヤだっ・・・!嫌だ嫌だ嫌だっ・・・!」バタバタ

石和「コイツっ・・・!暴れるなっ・・・!」ドカッ

カイジ「ぐえっ・・・!」

カイジ「やめっ・・・!ゆる・・・許して・・・許してくださいっ・・・!」ポロポロ

大槻「ほら・・・!そろそろだ・・・!」

カイジ「ひっ・・・!嫌だ・・・!嫌だ・・・!!嫌だっ・・・!やめてぇ〜っ・・・!」




ジュッ

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:48:02.13 ID:PJRib+PsP

カイジ「あっ・・・!いっ・・!いぎっ・・・!いぎぃぃあぁぁぁぁ〜〜〜っ・・・!」

大槻「ほっ・・・!ほっ・・・!」

カイジ「あづ・・・!あづいぃぃぃぃ〜っ・・・!あがぁ〜っ・・・!ぎぎっ・・・!」

石和「は、班長・・・俺・・・」

大槻「またヤりたくなったのか・・・?仕方ないな」

カイジ「う、嘘っ・・・!やべ・・・やべでぇ・・・!」

石和「じゃあ、いくよ・・・カイジ君・・・!」ズブッ

ブチブチブチッ

カイジ「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜!!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:50:56.64 ID:PJRib+PsP

カイジ「あっ・・・!あ゛あ゛あ゛あ゛〜〜〜・・・!」ビクビクッ バタッ

大槻「・・・?おーい、カイジ君?」

カイジ「」

石和「カイジ君・・・っ!」ズプッ ズプッ

カイジ「」

大槻「・・・仕方ないな・・・では・・・二本目のタバコを・・・!」カチッ


ジュッ

カイジ「あ゛あ゛っ!? あ・・・?お゛あ゛あ゛っ・・・?!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:55:57.36 ID:PJRib+PsP

カイジ「はっ・・・!はっ・・・!」

大槻「クク・・・」

石和「ウッ!出るっ・・・!」ドピュッ

カイジ「あがっ・・・!がっ・・・!」


立木「それは、異様な光景であった!
    男性器を焼かれ、肛門に広がる痛みに絶叫、悶絶、発狂するカイジ!
    それを傍観する沼川と大槻!
    そしてカイジを背後から襲う石和!
    阿鼻叫喚!地獄絵図!覚めない悪夢!狂気の沙汰!」


カイジ「もう・・・やべで・・・あ゛ぁ〜っ・・・・!」



第3章
欲望の穴 完

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 21:57:07.01 ID:PJRib+PsP

またカイジホモスレ立てて自分で勃起しちゃった・・・しにたい・・・
ちょっと鬼畜めで行ってみたけど俺個人的にはこれくらいが好きだな

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 22:01:14.29 ID:PJRib+PsP

カイジ「やめろ・・・!俺はホモじゃねぇっ・・・!」
カイジ「一条のクチマンコに射精したい」
カイジ「鉄骨のスリルで勃起が収まらない」
カイジ「安価で一条にいたずらする」
カイジ「Eカードで貞操を賭けることになった」
カイジ「まどかマギカ・・・?何それ・・・?」


今まで立てたスレを思い出せる限り挙げてみたけど、やっぱり「安価で一条に〜」が一番楽しかったな
安価スレは苦労するけどその分楽しい

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 22:17:09.06 ID:PJRib+PsP

カイジ「うぐっ・・・!」

カイジ「(・・・せめて、手錠・・・これがはずせれば・・・!)」

カイジ「(・・・?大槻の腰・・・なんだアレ・・・?まさか・・・!)」

大槻「クク・・・!いこうか・・・3本目・・・!」

カイジ「うおおっ・・・!」バッ

大槻「なっ・・・!」

ドカッ

大槻「いてて・・・」

カイジ「クク・・・やっぱりな・・・!奪い取ったぜ・・・カギ・・・!手錠のカギ・・・!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 22:19:37.32 ID:PJRib+PsP

カイジ「クク・・・これで俺は自由・・・自由の身・・・!」

石和「きさまぁ〜っ・・・!」

カイジ「うるせぇっ・・・!」ドゴッ

石和「あっ・・・えっ?」ズキズキ

立木「カイジ、石和に対し懇親の金的!
    金的!圧倒的金的!
    入る!カイジのヒザ、石和の股間に!
    命中!」

石和「あっ・・・?あ、あ、あ、あ・・・」バタッ

カイジ「さぁ・・・大将・・・!」

大槻「ひっ・・・」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 22:24:33.12 ID:PJRib+PsP

ガチャッ

大槻「あっ・・・」

カイジ「クク・・・お返しだっ・・・!おとなしくしてなっ・・・!」

大槻「ひっ・・・ひっ・・・」

カイジ「さぁ・・・受けてもらうぜ・・・天誅・・・因果応報・・・制裁をっ・・・・!」カチッ シュボッ

大槻「カ、カイジ君・・・アレはただの冗談・・・出来心じゃないか・・・?」

カイジ「うるせぇっ・・・!ただの冗談でてめぇのムスコを焼かれてたまるかっ・・・!」

大槻「カ、カイジ君っ・・・!」

カイジ「受けてもらうぜ・・・!てめぇには・・・このタバコ・・・ケツで食ってもらうっ・・・!」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/16(木) 22:27:23.56 ID:PJRib+PsP

カイジ「そらっ・・・食いなっ・・・!遠慮するなっ・・・!」

大槻「ダ、ダメェーッ!」

ジュッ ズプズプッ

大槻「ア゛ッーーーーーーー!!!」

カイジ「しあわせぇ〜〜〜・・・・・・っ!」




おわれ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「うんこが食べたいわ!」