キョン「すっかり暗くなっちまったな」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「光彦が焼き殺されただと!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/15(水) 03:09:41.66 ID:HRA4seu2O


 ただ水が流れるのを眺めているように代わり映えのない毎日に、
突如変化が訪れたのは昨日のことだった。

不思議探索を終え帰路に着いている途中の俺の携帯に、ハルヒからメールが届いたのである。

『明日、9時に集合ね』

この時の俺は、本来休みだったはずの日曜日に急遽不思議探索が入った事実に、
ただ溜め息を漏らすだけだったのだが、
次の日の朝集合場所にきて、俺の気持ちは驚きに変わった。
というのも、そこにはハルヒの姿しかなく、他の団員の所在を尋ねても

『そんなことはどうだっていいじゃない』

の、一点張りだったからである。



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/15(水) 03:16:11.21 ID:HRA4seu2O


 はてさて、こいつは一体何を企んでやがると
どこか疑心暗鬼になりながら過ごしていた俺とは裏腹に、
ハルヒは服を買い楽しそうに映画を観て満足そうに飯を口にした。

そうこうしている内にさすがの俺でも
もしかしたらこれはデートというやつではないのか、と
一般的な思考で物事を考え始めていた。
しかし時は既に遅し。あたりはうっすらと暗くなり、俺達の間には
なんともいえない帰宅ムードが漂い始めたのである。


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/15(水) 03:24:32.13 ID:HRA4seu2O


 ゆっくりと水の流れる川を見下ろしながら、俺達は河原に座り込んでいた。
何も言わず空を眺め続けるハルヒの瞳の中に、夜を象徴する星が煌めく。
分かるのだ。帰宅ムードが漂いながらもお互いが口を開こうとしないこの感じ、
ひどく心地がよく、同時に切なさも感じられる。
それは、恐らく俺もハルヒも同じだろうと。

「毎日が蛇口の水を眺めてるみたいに、変わらないわ」

と、どこかで聞いたことのあるセリフを、ハルヒが唐突に吐いた。
その表情は先程と変わらず、ただ空を眺めている。
そして気づいたのだ。
表情が変わらない訳は、さっきからずっと同じことを考えているからだろうと。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/15(水) 03:34:13.45 ID:HRA4seu2O


 それならばと俺は頷いた。
粗方、どうすれば蛇口の水の勢いを強くできるのか考えていたのだろう、と。

俺の返答に、ハルヒは小さく首を振った。
そのハルヒの瞳には、サラサラと流れる川が映っている。
動きのない星とは違い、静寂な様子でハルヒの気持ちが動き始めたのだろうか。

「あたしはね、キョン。動き出さないことが大嫌いなの」

はたまた、止まることのない川の流れに、どこか羨む気持ちを抱いたのかもしれない。


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/15(水) 03:42:33.60 ID:HRA4seu2O


 俺からしたら、ハルヒは常に動き回ってるさ。
と、夜の雰囲気に任せて本音を吐いてみると、
ハルヒの口からふふっと吐息が漏れる音が聞こえた。
言った意味はあったのだと、確かにそう思った。

「キョン、あたしは一方では走り回るくらい動いていたけど、
 一方では動くことの恐さに怯えていたのよ」

そうか、と短く答えた。聞きたいことは山ほどあったし、話したいことも山ほどあったのだが、
俺はあえてそれをしなかった。
動き出そうとしているハルヒを、止めかねないと直感的に思ったからである。

して、一方とは一体なんなのだろうか。
それを知る術は、ハルヒに聞く以外ないだろう。


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/15(水) 03:49:38.32 ID:HRA4seu2O


「あんたは蛇口の勢いを強くする方法って言ったけど、
 あたしがしたかったのは……そうね。
 蛇口にホースを繋げて、もっと別の場所に水をやりたかったの」

「もう一方に、か?」

「そうよ。あんたにしては鋭いわね」

「その一方ってのは、なんなんだ?」

「怖くてできなかったことよ」

「ハルヒにもそんなものがあるんだな」

「あるわよ、あんただってそうでしょ?」

「そうだな。勢いのある水よりも、ただ流れる水を見ている方が、心は安らかなんだ。
 逃げているのかもしれん」

「責めることはできないわ。あたしもそうだったもの」

「でもね、キョン。あたしは今この瞬間から、動き始めると決めたわ」

「……なんだ? どうやって?」

「…………あんたのことが好きよ、キョン」

終わり


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/15(水) 03:52:46.92 ID:HRA4seu2O

ただハルヒの告白を書きたいっていうオナニーを形にしたかっただけ
短いな
ありがとう

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/15(水) 03:57:02.29 ID:HRA4seu2O

だからただハルヒの告白が書きたかった
その前のデートとかその後のSOS団の反応とかは書くのめんどくさい
俺は想像して一人で楽しんだ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「あっ!私のお餅ですよそれ」長門「断固拒否」