ミサト「シンジ君、スワッピングしましょ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「もう学校に行く時間かぁ……賢者にならないと」

ツイート

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/04(土) 21:38:07.15 ID:tPP/OjexO

委員長「碇くん、スワッピングしましょ」なら保守した

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/04(土) 21:50:56.17 ID:2/cEjzuC0

>>17
A 委員長が持ちかける→トウジにアスカ達がめろめろにされる
B 委員長が持ちかける→トウジがアスカ達にめろめろにされる
C シンジが持ちかける→委員長がめろめろにされる

なんとなく思いついたのは3パターンだった

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/04(土) 22:12:38.80 ID:WBozfO8G0

BとC混合でちょっとだけ妄想した


トウジ「スワッピング!?」

シンジ「うん。どうかなと思って」

トウジ「どうって…マジで言っとんのか?シンジ」

シンジ「うん」

トウジ「アホかい! 自分の女を他の奴に抱かせたい思うわけないやろ」

シンジ「でも―――アスカと一回だけできるよ」

トウジ「!?」

シンジ「そりゃトウジはアスカの事は嫌ってるけど、美少女なのは認めるでしょ?」

トウジ「そ、それはそうやけど・・・って、関係あるかい! 何を言うてもムダやで」

シンジ「じゃあ、アスカ『達』とさせてあげる」

トウジ「んなっ!?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/04(土) 22:16:31.36 ID:WBozfO8G0

トウジ「達って……ま、まさかシンジ。惣流だけやのうて」

シンジ「ごめん、隠してて」

トウジ「なんちゅうことを・・・」

シンジ「でさ。その日は、アスカに、綾波に、マナに、山岸さんに、マリさんに、ミサトさんも呼んどくから」

トウジ「ミミミミ」

シンジ「耳?」

トウジ「ミサトさんまでかいっ」

シンジ「ミサトさんが最初に僕を襲ったんだよ。ホントに」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/04(土) 22:20:28.00 ID:WBozfO8G0

シンジ「僕も、一度でいいから洞木さんのこと抱いてみたいんだ」

トウジ「いや……せやけど」

シンジ「トウジも一度だけしてみたくない?ミサトさん『達』と、トウジ一人で」

トウジ「……んゴクッ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/04(土) 22:28:50.46 ID:WBozfO8G0

〜当日〜

洞木邸

シンジ「お邪魔します」

ヒカリ「…」

シンジ「お姉さん達、大丈夫?」

ヒカリ「……言ったとおり、旅行行ってるから」

シンジ「良かった。でも、えっと……お、怒ってる?洞木さん」

ヒカリ「当たり前でしょ!!」

シンジ「わっ」

ヒカリ「今日は、鈴原が遊びに来るはずで、私もそのつもりで楽しみにしてたのに……」

シンジ「……ゴメンね。僕がトウジを誘ったから」

ヒカリ「……鈴原も、それに乗ったんだよね……」

シンジ「うん。今頃は―――」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/04(土) 22:33:12.75 ID:WBozfO8G0

葛城邸

トウジ「お、お邪魔します!」

ミサト「はい、どうぞ上がって」

トウジ「はいっ」

トウジ(スマン委員長! ワイも男として、こんな機会を逃すわけにはいかんかったんやッ!!)

マユミ「今晩は」

レイ「……」

マナ「今日もジャージなんだねー」

アスカ「他に服が無いんでしょ」

マリ「いいじゃん。分かりやすい特徴があって」

トウジ「……ハァハァ」

レイ「もう、興奮してるの?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/04(土) 22:42:34.83 ID:WBozfO8G0

シンジ「はい、淹れたよ。ありがとう、台所使わせてもらっちゃって」

ヒカリ「別に」

シンジ「どうぞ」

ヒカリ「ズズズ」

シンジ「…」

ヒカリ「……美味しい」

シンジ「綾波が選んでくれたんだ。最近紅茶にこってるんだよ」

ヒカリ「綾波さん…。碇君は、何人ともこういう事してるの?」

シンジ「うん」

ヒカリ「なのに、なんで…私まで……っ」

シンジ「ダメ?」

ヒカリ「……。いいわよ、もう。どうだって」

シンジ「そう……じゃあ」

ヒカリ「あ、、、! ン……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/04(土) 22:55:47.46 ID:WBozfO8G0

マナ「おっきなベッドでしょ」

トウジ「センセは……シンジは、いつもこんなのの上で、皆としとるんか」

マリ「まーね。羨ましい?」

トウジ「そら……」

マリ「でも今日だけは、君がその体験できちゃうわけだ」

アスカ「サイテーだけど、ま、しょうがないわ。シンジのお願いだし」

トウジ「惣流……ホンマにええのか?」

アスカ「シンジに言われてんのよ。『僕にするのと全部同じように』ってね」

レイ「碇君が言うなら、その通りに……だから……」ギュむッ

トウジ「うぉっ」

アスカ「期待していいわよバカジャージ。今夜だけ、シンジのつもりであんたに尽くしてあげる…」

ミサト「ほぉら、力抜いて」

トウジ「あ……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/04(土) 23:07:12.70 ID:WBozfO8G0

ヒカリ「ん…ぁ…ッ…ぁっ」

シンジ「洞木さんの声、可愛いね」

ヒカリ「ヤ…っ! ぁ、ぅぁ……ン」

シンジ「我慢しないで、もっと聞かせて」クチュッ

ヒカリ「ひぅ! ぃっ、あ、あぁっん」

ヒカリ(イヤ、ヤなのに、声……とまらな)

シンジ「もっと」

ヒカリ「ぁ、ぁ…ッ、くぁ、だめ! あっふぁぁ、あ、あ、、、!」

ヒカリ(碇く…、なんで、こんなに上手なのぉっ)

ヒカリ「ああ、あっあっ、あっ」

シンジ「胸も…やっぱりおっきいし、キレイだ」ちゅぅ

ヒカリ「ふぁ―――! っっ〜〜〜〜」ガクガク

シンジ「ホント、すごく可愛いよ」

ヒカリ「ぃ……いかり、くん……」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/04(土) 23:12:12.54 ID:WBozfO8G0

ってな感じで、寝取り気質なシンジにヒカリ寝取られ
トウジも集団でぐちゃぐちゃにされて腑抜けて奪われたまんま という妄想

Aだとちょうど真逆展開だよね多分



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「今日は席替えか」