アスカ「リツコのレズクラブ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マヤ「パターン青!使徒ブロリーです!」

ツイート

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 00:36:29.18 ID:VcFV0s0k0

アスカ「リツコのレズクラブ!?」

マヤ「そうよ」

アスカ「なによそれ」

マヤ「聞いた事ない? 第三の郊外にある『ネコ』屋敷のうわさ」

アスカ「ネコ・・・・・・?」

マヤ「女王に愛してもらいたい女性が集まる、秘密の家があるって」

アスカ「中学生がそんなうわさ知ってるわけないでしょ! で、その女王がつまりリツコなわけ?」

マヤ「ええ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 00:41:51.56 ID:VcFV0s0k0

アスカ「で、なんでミサトがそんなトコにいるの?」

マヤ「決まってるじゃない」

アスカ「・・・・・・マジ?」

マヤ「嘘なんてつかないわ」

アスカ「はあ、あの淫乱女・・・・・・。ろくに家にも帰らないでなにやってんのよ」

マヤ「それでどうするの?」

アスカ「案内して。バカをひっぱたいて連れて帰るわ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 00:49:48.38 ID:VcFV0s0k0

マヤ「着いたわ、ここよ」

アスカ「結構立派な家じゃない。住居と別にわざわざこんなの持ってるの?」

マヤ「先輩ですもの」

アスカ「意味分かんない」

ニャー

アスカ「猫がいっぱい。飼ってるの?」

マヤ「でもほとんど放し飼いみたい」

アスカ「ふーん」

マヤ「屋敷の中も『ネコ』でいっぱいよ」

アスカ「う・・・・・・」

アスカ(加持さんに様子がおかしいって聞いて調べて、まさかこんなトコに来る事になるなんて)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 00:55:47.70 ID:VcFV0s0k0

女性「あ、マヤさん!」

女性「こんな時間に珍しいですね」

女性「その子は、新入りさん?」

マヤ「ううん。ちょっと用事があって来たの」

アスカ(この人達って・・・・・・みんなレズなのよね。せっかく美人なのに勿体無いの)

マヤ「アスカ、こっち」

アスカ「あ。うん」

ガチャッ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 01:04:33.21 ID:VcFV0s0k0

アスカ「!」

女性「あっ、ああっ」

女性「ひゃっあン! お姉さまぁ、あぁンっ」

女性「どう・・・? ここ、気持ちいいでしょ・・・・・・?」

アスカ「な、な、な」

マヤ「葛城さん・・・見当たらないわね」

アスカ「ちょっとマヤ、中学生になんてもの見せんのよ!」

マヤ「あら。中には中学生だっているのよ」

アスカ「え・・・・・・だ、だからって」

マヤ「探してくるから、座って待ってて」

アスカ「ええっ!?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 01:17:09.58 ID:VcFV0s0k0

アスカ(め、目のやり場が・・・・・・バカじゃないのこいつら!)

女性「くちゅぅ、んちゅ、ちゅっ」

女性「あ、あ、イク! またイクぅ!」

アスカ(部屋中、あちこち女同士で絡み合って・・・・・・)

女性「ひィ、あっあぁ、ああ〜〜っっ」ビクンッビクンッ

アスカ「うわ・・・ ///」ゴクッ

マヤ「大丈夫? 顔、赤くなってるわよ」

アスカ「ひっ! マ、マヤ、いつの間に」

マヤ「アスカちゃんには刺激が強すぎたかしら」

アスカ「赤くなんてなってない!! で? ミサトは?」

マヤ「それが、ちょうどいないみたいなの。事前に連絡入れて確かめておけば良かったわね」

アスカ「なにそれ、無駄足じゃない」

マヤ「待ってればすぐ来るわよ」

アスカ「待つって・・・・・・ここで!?」

マヤ「今、何か飲み物持ってくるから」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 01:24:08.05 ID:VcFV0s0k0

アスカ「これ、お酒じゃない」

マヤ「お酒っていっても軽いカクテルよ。私のオススメなの」

アスカ「・・・・・・まあいいわ。こんな家、少しは酔ってないと居らんない」

マヤ「あ、見て。あそこの子なんて、中学生じゃないけどまだ高校一年生よ」

アスカ「・・・・・・」ゴクゴク

マヤ「みんな先輩から見たら『ネコ』だけど、ネコ同士でも序列があってね―――」

アスカ「どーでもいいわよそんな話」

マヤ「そう?」

アスカ「・・・・・・」ゴクゴク

マヤ「ふふっ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 01:36:37.28 ID:VcFV0s0k0

―――

アスカ「ふぁ・・・ぁ?」

マヤ「わあ。やっぱり、キレイなカラダ・・・・・・」

アスカ「マ、ヤ? あれ・・・・・・わたし・・・?」

マヤ「ごめんなさい。今日は葛城さんは来ないの」

アスカ「ぇ・・・・・・。ん、あ」ピクッ

マヤ「肌も滑らかね。アルコールで火照って色っぽくて、羨ましいくらい」

アスカ「ぁっぁ、ン・・・ヤっ・・・ぁ」

マヤ「ふふ。先輩の足元にも及ばないけど、これでも私、この家でNo.2なのよ」

ペロペロ

アスカ「はぁぅ!? や・・・・・・ダメぇ」

マヤ「せっかく来てくれたんだもの。アスカちゃんを、今から天国に連れて行ってあげる」

アスカ「ぁぁぁ・・・・・・ふ、あぁっ!・・・・・・んあっ」



アスカ「あ〜〜〜」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 01:39:57.94 ID:VcFV0s0k0

シンジ「アスカ。アスカ」

アスカ「っえ?」

シンジ「次、移動教室だよ。早く行かないと」

アスカ「あ・・・・・・」

ヒカリ「大丈夫? 今日のアスカ、なんだか変よ。ぼーっとしてて」

シンジ「具合でも悪いの?」

アスカ「なんでも無いわよ。さ、行きましょ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 01:52:18.24 ID:VcFV0s0k0

アスカ(酔ってたとはいえ昨日は不覚だったわ・・・・・・というかどう考えても、わざと酔わされたのよね)

アスカ(好き勝手にされた・・・この私がっっ! ああもう、マヤのやつ!!)

アスカ(記憶が断片的なのが、まあ救いだけど)


マヤ『可愛い乳首・・・・・・』ペロペロ

アスカ『あ、んあっ・・・あっ』

マヤ『ね、気持ちいいでしょ?』

アスカ『いいぃ、キモチイイ・・・!』

マヤ『いい子。もっと可愛がってあげる』

アスカ『うん! うん! 舐めて、もっと舐めてぇ!』


アスカ「うぅぅうぅぅ」

シンジ「なに唸ってるの? ホントに大丈夫?」

アスカ「ほっといて!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 02:00:36.63 ID:VcFV0s0k0

〜♪

アスカ(メール・・・・・・マヤからだ)

マヤ『今日は葛城さん来ると思います。だからまた来てね』

アスカ「ふ!ざ!け!ん!なぁ!」

トウジ「な、なんや」

ヒカリ「アスカ・・・?」

シンジ「どうしたんだよ、ホント」

アスカ(バカにしてっっ)

アスカ(あんな家で待つくらいだったら、本部でミサトの仕事終わるの待ったほうが確実じゃない)

アスカ(そこまでしなくても訓練あれば会うし、今日は家に帰ってくるかも知れないし)



アスカ「なのに、なんで来ちゃったんだろ・・・・・・」

マヤ「いらっしゃい。待ってたわ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 02:07:08.43 ID:VcFV0s0k0

女性「きゃ、可愛い。新しい子?」

アスカ「違うわよ!」

マヤ「あら、違うの?」

アスカ「な!? 昨日あんただって否定したでしょ」

マヤ「昨日来た時は違ったもの」

アスカ「きょ・・・・・・今日だって同じよ。ミサトは?」

マヤ「来るかもしれないし、来ないかもしれないわ」

アスカ「あんた・・・・・・・っ」

マヤ「でも、明日は学校お休みだし、アスカちゃんがここに泊まることは言ってあるから」

アスカ「泊ま・・・!?」

マヤ「だから葛城さんが来るまで、ゆっくり待ちましょう」

マヤ「昨日みたいに・・・・・・ね?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 02:17:06.02 ID:VcFV0s0k0

ミサト「ただいまー」

シンジ「お帰りなさい! って、なんだか久しぶりですね」

ミサト「そうねえ。このところ、ちょっち色々あって・・・・・・ビールもらえる?」

シンジ「はい、すぐ出します」

ミサト「んで、今日はアスカはマヤの家に泊まるそうだから」

シンジ「マヤさんの?」

ミサト「そ。まー女同士の交流っていうか、ね」

シンジ「へえ・・・・・・でもちょっと残念ですね。せっかく3人揃いそうだったのに」

ミサト「・・・・・・」

―――

アスカ「あぁ! ひぃっあ、イィ、あン、あああ」

マヤ「ぺろ・・・・・・れろ、ちゅぅぅ、ぺろぺろ」

アスカ「らめぇっそこらめっ・・・・・・はぁん、んぁっ」

マヤ「感じやすいカラダって、好きよ。今夜も沢山イカせてあげる」

アスカ「マヤ、ああ、マヤぁ! ふぁぁ、ああ、あああぁ〜〜〜!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 02:23:15.01 ID:VcFV0s0k0

マヤ「それじゃ、またね」

女性「また来てねー! アスカちゃん」

アスカ「はぁ・・・」フラフラ


〜♪

マヤ『こんにちは。今、アスカちゃんがこちらを出ました』

ミサト「了解」

シンジ「電話、アスカからですか?」

ミサト「違うわよ。なーにシンちゃん、寂しいの?」

シンジ「い、いえ」

ミサト「電話はマヤからよ。悪いんだけどシンちゃん、これから本部に行ってくれる?」

シンジ「えっ」

ミサト「ちょっとエヴァの簡単な検査に協力して欲しいそうだから」

シンジ「あ、はい。分かりました」

ミサト「お休みなのに悪いわね」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 02:37:55.06 ID:VcFV0s0k0

アスカ(なにしてんだろ、私)

アスカ(このままじゃおかしくなる。シンジ・・・・・・シンジの顔が見たい・・・)

アスカ「ただいま・・・」

ミサト「おかえりなさい。アスカ」

アスカ「ミサト!」

ミサト「お昼過ぎに帰宅とは、ずいぶんのんびりしてたのね」

アスカ「・・・・・・このタイミングでちょうど在宅って・・・ただの偶然だなんて言うんじゃないでしょうね」

ミサト「言わないわよ」

アスカ「あんたもグルってわけ」

ミサト「そうよ。ちなみにシンジ君には用事作って出払ってもらったわ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 02:48:13.66 ID:VcFV0s0k0

アスカ「何が狙いよ! 私に、あ、あんな・・・」

ミサト「さあ? ただ、リツコがそうしろって」

アスカ「リツコが・・・・・・??」

ミサト「私もマヤも―――というかあの家に来る女全員だけど、リツコのネコなのは知ってるでしょ」

アスカ「だからって言いなり? マヤはともかく、あんたはリツコの友達なんじゃなかったの!?」

ミサト「つい最近までそれだけだったんだけど・・・・・・人間、快楽には勝てないのよね」

アスカ「・・・・・・加持さんはどうするのよ」

ミサト「アスカこそ、シンジ君はどうするの?」

アスカ「わ、私は別に、シンジなんて」

ミサト「じゃあ加持でもいいけど。アスカも体験してきたんでしょ?」

ミサト「好きな男がいても・・・逆らえない気持ちよさがあるって」

アスカ「っっ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 02:57:14.24 ID:VcFV0s0k0

ミサト「一回目はともかく、二回目はなんであの家に行ったの?」

アスカ「そ・・・それは」

ミサト「さっさと帰らずに、お昼過ぎまでいたのはどうして?」

アスカ「う・・・」

ミサト「アスカも私と同じ。ハマっちゃったんでしょ?
女同士の、際限なく溶けて沈んでくような交わりに・・・・・・」

アスカ「違う!」

ミサト「嘘つき。今こうして話してるだけでも、思い出して濡らしちゃってるじゃない」

アスカ「そんなの、勝手に決めつけないで・・・・・・きゃあっ?!」

ドサッ

アスカ「離せ! 離しなさいよ!!」

ミサト「どれどれ」

アスカ「ひぁっ」

ミサト「ほーら、やっぱり。もうこんなに水気含んじゃってる」

アスカ「この・・・・・・やめ、いっ・・・あ!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 03:07:57.85 ID:VcFV0s0k0

ミサト「シンジ君は、私が連絡するまでネルフから戻って来れないから」

アスカ「ぁ、ヤ、うぅっ」

ミサト「アスカが素直になる時間はたっぷりあるわ」

アスカ「ふあ、あン! ダメ、そこぉ・・・触るな! ああ、あっ」

ミサト「私たち家族なんだし、仲良くしましょう? アスカ」

アスカ「あぅ、あぁん、く〜! ふぁ!」

ミサト「ふふ。ちゅぅぅ」

アスカ(ヤダ! キス・・・舌が・・・)

ミサト「ちゅぷ、んちゅぅ、れろっ」

アスカ(私、キス、弱いのにぃ・・・・・・! マヤに聞いたの?)

ミサト「じゅぷっじゅるる、チュクチュク」

アスカ(あああ、だめぇ、だめなのに・・・・・・また・・・・・・ぁ)

アスカ(きもちいい・・・逆らえない・・・)

アスカ「ん、んん! ちゅっ、んちゅぷ、んむっちゅぷ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 03:16:04.20 ID:VcFV0s0k0

シンジ『それじゃ、今日も帰らないの?』

アスカ「ま、まあね。マヤがどうしてもって言うし」

シンジ『まあ・・・・・・仲が良くなったのはいいけどさ』

アスカ「なによ、寂しいの?」

シンジ『ミサトさんにも似たようなこと言われたよ』

アスカ「・・・・・・」

シンジ『・・・・・・近頃、僕一人のことが多いから・・・・・・。少し寂しい・・・・・・かな』

アスカ「・・・・・・・・・・・・学校では会うじゃない。ネルフでも」

シンジ『うん』

アスカ「それじゃ切るわね」

シンジ『・・・うん』

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 03:20:10.07 ID:VcFV0s0k0

ピッ

アスカ(シンジ・・・・・・ごめんなさい。ごめんね)

アスカ(でも、私・・・・・・もうダメなの)

女性「アスカちゃん、電話終わった?」

女性「ほら、早くいらっしゃい。続き・・・してあげる」

アスカ「は! はい! お姉さまっ」

女性「可愛らしい色の下着ね」

アスカ「新しく買ったんです。お姉さま達に見てもらいたくて・・・・・・」

女性「似合うし、とってもソソるわ。それ」

アスカ「あ、ありがとうございます!///」


アスカ「ん・・・・・・あっ」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 03:23:56.14 ID:VcFV0s0k0

ヒカリ『やっぱり、おかしいわよね。アスカ』

シンジ「洞木さんもそう思う?」

ヒカリ『ええ。何か隠してるみたいだし』

シンジ「悩み事でもあるのかな・・・・・・アスカ」

ヒカリ『心配?』

シンジ「当たり前だよ! 家族みたいなものだし」

ヒカリ『そうだよね。私もそれとなくアスカに聞いてみるから』

シンジ「ありがとう」

ヒカリ『なにかあったら報告するね』

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 03:34:35.80 ID:VcFV0s0k0

女性「お姉さま!」

女性「リツコ様!」

女性「リツコお姉さま、来たくださったんですね!!」

リツコ「久しぶりね、みんな。このところ忙しくて顔を出せなくてごめんなさい」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 03:35:01.63 ID:VcFV0s0k0

アスカ「リツコ・・・・・・」

マヤ「『リツコお姉さま』でしょ」

アスカ「あ。お、お姉さま」

リツコ「こんばんはアスカ。ここでは初めて会うわね・・・・・・歓迎するわ」

サワ・・・

アスカ「んっあ」

ツツツ・・・

リツコ「ふふふ」

アスカ「あ、ぁ、ぁあ〜っ」ビクビク

リツコ「いい反応・・・・・・あなたも今日から正式に、私の『ネコ』よ」

アスカ「ハァ・・・・・・はぃぃ」

アスカ(ちょ・・・ちょっとされただけで、イっちゃったぁ)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 03:41:37.53 ID:VcFV0s0k0

アスカ「え―――ヒカリを?」

リツコ「洞木さんだけではないわ」

アスカ「・・・・・・・」

リツコ「あなたの学校、なかなか粒揃いでしょう? せっかくだから連れて遊びにいらっしゃい」

アスカ「で、でも。ヒカリは・・・・・・ヒカリを巻き込むなんて私っ」

マヤ「アスカちゃん」コソッ

マヤ「(先輩は、アスカちゃんの忠誠を試してるのよ)」

アスカ「(分かってる・・・分かってますマヤお姉さま。だけど・・・・・・)」

リツコ「どうやら、まだ足りてないみたいね」

アスカ「!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 03:49:12.11 ID:VcFV0s0k0

リツコ「私が直接教育してあげても良いのだけど・・・」

アスカ「リ・・・リツコお姉さまが、直接?」

リツコ「その表情じゃご褒美にしかならないわね」

アスカ「あっ/// ご、ごめんなさい」

リツコ「これはお仕置きを兼ねてだから・・・・・・アスカには、快楽と同時に屈辱を与えてあげないと」

マヤ「あの部屋、使うんですか?」

リツコ「ええ。すぐ準備しといてちょうだい」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 03:56:45.19 ID:VcFV0s0k0

ミサト「ここよ」

アスカ「・・・・・・」

ミサト「アスカ。そんなに不安がらなくても、痛めつけられたりするわけじゃないから」

ガチャッ

アスカ「な・・・!?」

ミサト「びっくりした?」

アスカ「なにこれ、どういう事・・・」

レイ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・」

アスカ「ファースト・・・・・・が、いっぱい??」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 04:08:28.05 ID:VcFV0s0k0

ミサト「姉妹とかじゃないわよ。綾波レイ、そのクローンってとこね」

アスカ「クローン!?」

ミサト「レイにはこうして身体が沢山あって、その中の一つに魂が宿ってるの」

アスカ「その、魂の宿ってるのが、私の知ってるファースト・・・?」

ミサト「ご名答。この子たちはだから、あまりしっかりした自我は無いのよ」

アスカ「ま・・・・・・! まさか、今からこいつらと」

ミサト「そういう事になるわね」

アスカ「イ、イヤ! よりによってファーストの身体となんてっっ」

ミサト「・・・・・・」

アスカ「なによこれ! 正真正銘、ホントに人形女じゃない!!」

ミサト「アスカがレイのこと嫌ってるのは勿論知ってるわ。けどリツコお姉さまの命令ですもの」

アスカ「うぅぅ〜」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 04:11:31.82 ID:VcFV0s0k0

ミサト「それにね。この子達、しっかり『仕込まれて』るわよ」

レイ’s「「「「「「「「「ふふふ」」」」」」」」」」

アスカ「ひっ」

ミサト「屈辱でしょうけど、同時に・・・・・・気が狂うくらいの快楽を味わえるわ」

アスカ「いや、いやぁ」

ミサト「それじゃ、ごゆっくり」

バタンッ

アスカ「こ、こっち来るな・・・来ないで!」

レイ’s「「「「「「「「「「・・・・・・」」」」」」」」」」

アスカ「ひぃぃっ。イ・・・・・・イやアアアアアア!!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 07:08:36.42 ID:ZtS3E0Xs0

アスカ「ああっあっああ〜、んっあひっぁぁっあ!」

レイ「れろ…れろ…れろ…れろ…」

レイ「んちゅぅ、ちゅぅ、ちゅっ、ちゅぅ」

レイ「ぺろぺろ…くちゅっ、ぺろ、ぺろぺろ」

アスカ「やらぁ、ぁぁ! んふぁ、ああ・・・ひゃっあン!」

アスカ(イヤ、イヤ、イヤ、イヤぁぁぁ)

レイ「ぷちゅちゅ、ちゅぅ、じゅるる」

レイ「れろ・・・れろ・・・れろ・・・れろ・・・」

アスカ(あああでもぉ、イヤなのにスゴイ、すごいぃぃ、これスゴイよぉぉっ)

アスカ「こんなっわらひぃ全部、舐められてっへええ・・・おお、お、おっ」

アスカ(怖いよぉ、シンジ! ・・・助けて、シンジぃぃ)

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 07:23:05.67 ID:ZtS3E0Xs0

アスカ「うヒぃ、あっへあふああ、ああ、らめぇ、はぁはぁぁっん」

レイ’s「「「「「「「「「「ふふっ」」」」」」」」」」

アスカ(埋まってる・・・・・・ぅ! 丸ごと埋まっちゃう・・・私が、ぁ、ファーストに・・・!!)

レイ’s「「「「「「「「「「キモチイイ?」」」」」」」」」」

アスカ「あ、はぁあ〜っ! い、い、イっいやぁ、ひぅっふぁぁ」

レイ’s「「「「「「「「「「キモチイイ?」」」」」」」」」」

アスカ(言いたくない、負けたくない! 認めてたまるか!)

アスカ(ぁぁ・・・でもぉぉぉ)

アスカ「イ・・・・・・イイぃぃ!!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 07:24:55.43 ID:ZtS3E0Xs0

レイ「れろぉ」

アスカ「あひぃ!」

レイ「じゅぷ、じゅぷぷ」

アスカ「んっあはぁ、イイのぉ!!」

レイ「ちゅぅぅ、ちゅぷ・・・ぺろぺろ」

アスカ「もっろぉ! もっろしてへ、つづけれえええっっ」

レイ’s「「「「「「「「「「うふふふ」」」」」」」」」」

アスカ「あ゛あ゛あ゛あ゛っ、きもひぃ、ぎもっひい! ぎもぢぃぃぃぃい!!」ビクビクビクッ

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 07:30:26.47 ID:ZtS3E0Xs0

―――

リツコ「全身キスマークと体液まみれ・・・・・・一体何回くらいオーガズムを迎えたのかしら」

アスカ「ぁハ・・・・・・ぁ・・・・・・ぁ」

リツコ「フフ。お仕置きを兼ねたつもりが、やはりご褒美になってしまったようね」

アスカ「ぁ〜・・・」

リツコ「身体を拭いて、連れて来てあげなさい。マヤ」

マヤ「はい」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 07:49:39.32 ID:ZtS3E0Xs0

アスカ「ぺちゃ・・・ぺちゃ・・・んちゅ」

リツコ「んっ・・・そうよ。周りからゆっくり、丁寧にね」

アスカ「はぃ、リツコお姉さまぁ・・・・・・ぺろっ」

ミサト「教育の成果あって、きちんと理解できたようね」

リツコ「アスカ。私の可愛い『ネコ』であれば、先ほどのような快楽を何度でも味わわせてあげるわ」

アスカ「あ、あ」ブルブル

アスカ(あの、スゴイのを・・・・・・何度も・・・?!)

リツコ「あらあら。思い出しただけで達してしまったの?」

アスカ「ら・・・らってぇ・・・・・・はぁ、ぁ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 07:52:22.34 ID:ZtS3E0Xs0

リツコ「さて。あなたがこれから何をすればよかったか、覚えているかしら」

アスカ「・・・・・・!」

リツコ「思い出したようね」

アスカ「は、はい。ヒカリを・・・・・・ううん。他の子達もっ。
私、お姉さまの言うとおり頑張って連れてきます!」

リツコ「そう、いい子になったわね」

アスカ「ですから、あの、お姉さまぁ」

リツコ「ふふ・・・・・・そうね。こっちへいらっしゃいアスカ」

リツコ「今夜は私が抱いてあげるわ。あなたを、もっと底なしに狂わせてあげる」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 07:54:19.31 ID:ZtS3E0Xs0

リツコ「本日のシンクロテストは以上よ」

マヤ「お疲れ様!」

ミサト「んじゃ、3人とも上がっていいわよ」

シンジ「はい」

アスカ「・・・・・・」

シンジ「アスカ?」

アスカ「私、少し用事があるから、先行ってて」

シンジ「あ、そうなんだ。分かった」

アスカ「・・・・・・」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 07:59:37.82 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ「綾波、まだ着替えてる?」コンコン

プシュ

レイ「いいえ。なに?」

シンジ「ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

レイ「そう・・・・・・入って」

シンジ「あ。いや、女子更衣室には・・・ここでいいや」

レイ「・・・」

シンジ「あのさ。アスカのことで何か知らないかな」

レイ「セカンド?」

シンジ「うん。このところ何か様子が変なんだ。家にもあまり帰ってこないし」

レイ「私は何も知らないわ」

シンジ「そっか・・・」

レイ「ごめんなさい」

シンジ「そんな、謝る事じゃないよ。もしなにか気づいたことがあったら教えて」

レイ「ええ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 08:08:01.82 ID:ZtS3E0Xs0

アスカ「着いたわ」

女子「わー、素敵なお家!」

女子「ホントにいいの? 私たちまで来ちゃって」

アスカ「全然OKよ。女子会っていうか、パーティっていうか・・・とにかくそんな堅苦しいもんじゃないから」

ヒカリ「ネルフの人が主催なんでしょ?」

アスカ「そ。ミサトも来てるかも」

女子「ちょっと緊張してきちゃった」

アスカ「さ、入りましょ」

ヒカリ「うん」

アスカ「(ヒカリ・・・・・・ごめんね)」

ヒカリ「え? アスカ、何か言った?」

アスカ「なんでもない」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 08:20:55.56 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ「ど、どういう事!?」

レイ『詳しくは分からない。でも、今日セカンドが皆を誘っていた地域に、伊吹二尉の住居は無いわ』

シンジ「じゃあ、マヤさんの家に遊びに行ってるって言うのは」

レイ『今までは行ってたのかも知れない。あるいは、伊吹ニ尉や葛城三佐も嘘を』

シンジ「そんな・・・・・・っ」

レイ『どうするの?』

シンジ「どうするって・・・・・・あ、そうだ! 洞木さんが一緒のはずだから、すぐ電話してみるよ」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 08:28:26.81 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ「―――え? ホ、ホントに?」

ヒカリ『うん。普段の部屋とは別の、パーティとか集客用の家っていうだけで・・・・・・』

シンジ「じゃあマヤさんの家には変わりないのか・・・・・・あ、じゃあひょっとして今日も?」

ヒカリ『そ、そうよ。パーティ・・・・・・してるの』

シンジ「そっか。それでアスカいっつも出かけてたんだ」

ヒカリ『ん・・・・・・ぁ』

シンジ「そーいうの、好きそうだもんな」

ヒカリ『だ、だから・・・・・・ぁっ!』

シンジ「どうしたの?」

ヒカリ『なんでも・・・なんでもない。だからね? な、なにも心配・・・・・ぅ、ン・・・・・いらない、から』

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 08:35:55.38 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ「良かった」

ヒカリ『碇くんは・・・優しい、のね・・・』

シンジ「普通だよ。そっちはどんな感じなの?」

ヒカリ『お、女の人ばっかり・・・ぅっ・・・・・・子供から、おと・・・大人まで、いて』

シンジ「うん」

ヒカリ『・・・みんな、仲が良くて、ぇ・・・・・・。ふぁ! とっても素敵な・・・ぁぁ・・・パーティ・・・・・・』

シンジ「そうなんだ。アスカにも宜しく伝えておいて」

ヒカリ『え、え。アスカに、ぁ、ぁ、言っとく・・・ね?』


ピッ

シンジ「やっぱ、絶対ヘンだ」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 08:43:09.42 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ「あれ、カップ増えた?」

レイ「最近買ったの。・・・・・・碇君が、来た時にと思って」

シンジ「えっ、じゃあこれって」

レイ「碇君用」

シンジ「あ、ありがとう。わざわざ」

レイ「紅茶・・・いる?」

シンジ「うん! せっかくだしこのカップで」

レイ「少し待っていて」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 08:56:44.39 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ「で―――例の件なんだけど」

レイ「あれから調べてみて、分かった事があるの」

シンジ「何?」

レイ「あの家の本当の所有者は、赤木リツコ博士」

シンジ「リツコさんが!? ってことはリツコさんも絡んでるのか」

レイ「それに、噂があるの」

シンジ「どんな噂?」

レイ「あの家は、同性愛者が集って性交渉を行うために用意されたものだって」

シンジ「ぶっ!?」

レイ「碇君は・・・・・・どう思う?」

シンジ「どうって、まさかそんな」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 08:59:19.24 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ「だってアスカに、多分ミサトさんもだよ? 二人とも加持さんが好きなんだし」

レイ「・・・・・・」

シンジ「アスカが同性愛なんて―――あ」

レイ「?」

シンジ「洞木さんの電話の様子・・・・・・あれって・・・・・・! い、いや、でも・・・」

レイ「気になるなら、直接行って確かめたほうがいいわ」

シンジ「それがダメなんだ。一度行こうとしたんだけど、男は却下って」

レイ「そう思って、準備しておいたの」

シンジ「?」

レイ「これ」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 09:06:28.44 ID:ZtS3E0Xs0

テクテクテク

シンジ「大丈夫かなァ、これ」

レイ「繰り返しになるけど・・・・・・」

シンジ「うん」

レイ「多くの女性が出入りしているし、挙動に不振な点がなければ侵入はおそらく可能よ」

シンジ「うん・・・」

レイ「私は変装しているし、碇君も」

シンジ「うーん」

レイ「どう見ても・・・・・・女の子」

シンジ「ううう・・・・・・なんか足元がすーすーする」

レイ「もうすぐ着くわ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 09:20:55.55 ID:ZtS3E0Xs0

女性「こんにちは。見ない顔ね」

シンジ「こ、こんにちは」

レイ「・・・・・・」

女性「でも二人ともかわいい〜」

シンジ「ははは・・・」

シンジ(あっさり入れちゃった。それに)

シンジ「(な、なんか普通だね。綾波)」

レイ「(・・・・・・こっち)」

シンジ「(あ。待って)」

ツカツカツカ

ガチャッ!

シンジ「!!!」

女性「はぁ、あっああんっ」

女性「いい・・・そこぉ・・・・・・あぁ」

女性「んちゅぅ! くちゅくちゅ、ちゅくく」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 09:26:24.08 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ「うわ、わ、わ ///」

レイ「・・・・・・噂、本当だったわね」

シンジ「てことは・・・・・・ア、アスカ・・・。そうだ、アスカは??」

レイ「探してみましょう」

シンジ「うん!」

ツカツカ ガチャ

女性「はいストップ」

女性「あなたはそのまま進んでいいけど、君はこっちよ」ぐいっ

シンジ「な、えっ?」

レイ「碇く・・・・・・!」

シンジ「あやなっ」

バタン!

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 09:39:49.76 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ「くっ」

ミサト「ごめんねーシンちゃん。手荒なことしちゃって」

シンジ「ほどいてください」

マヤ「それはできないわ。先輩の命令ですもの」

シンジ「ミサトさん、マヤさんまで・・・・・・」

ミサト「見ての通りよ」

シンジ「僕はただ! アスカの様子を見に来ただけです。アスカに会って話ができたら、それで帰ります」

ミサト「だから、そういうわけにいかないんだってば。まだ続きがあるんだから」

シンジ「続き?」

ミサト「そうよ。と〜っても気持ちのいいこと」

マヤ「シンジ君は特別に、一回だけって・・・・・・先輩が言ってくださったのよ」

シンジ「そ・・・・・・それって」

ミサト「期待していいわよ・・・シンちゃん」

ミサト「ここにいる女達みんなで、たっっっぷり愛し抜いてあげる」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 09:49:09.15 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ「やめて! は、離してください!! 僕、男ですよ!?」

女性「男の子なのに、お肌きれー」

女性「さっきの女装、ちょっとした美少女にしか見えなかったもんね」

ミサト「それでいてこの子、エヴァのパイロットなのよ。それも実績No.1!」

女性「すごぉい。素敵」

シンジ「や、もう、どこ触ってるんですかっっ」

女性「いつも戦ってくれてありがとう・・・んっちゅぅ」

シンジ「ぅあ」

女性「今日はお礼に、ぜーんぶ忘れさせてあげる」

女性「男の子は、ホントに特別だからね・・・・・・?」

シンジ「うぅ・・・やめ・・・! アスカと、それに綾波に会わせて・・・くっぅ」

マヤ「ふふ。あの二人だったら、先輩が―――」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 10:05:28.46 ID:ZtS3E0Xs0

レイ「・・・・・・」

リツコ「残念だったわねレイ。今日この時間、私はいないと踏んだんでしょうけど」

レイ「なぜ・・・こんな事をするの?」

リツコ「この家のことなら、ただの趣味よ」

レイ「・・・・・・」

リツコ「シンジ君の周囲に手を出したのは・・・・・・あの人への私怨が含まれていたかも知れないけど」

アスカ「・・・」

ヒカリ「・・・」

レイ「セカンド! 碇君は、あなたを心配して」

アスカ「分かってるわよ、そんなの!! だけど・・・・・・私」

リツコ「無駄よレイ」ぐいっ

アスカ「あっ」

リツコ「ちゅう・・・ちゅくちゅく」

アスカ「ぁん、んっん〜〜」ビクビク

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 10:14:22.14 ID:ZtS3E0Xs0

リツコ「フフフ」

アスカ「ふぁぁぁ・・・・・・おねえさまぁ、もっとぉぉ」

リツコ「ご覧の通り。この子はもう私の言いなりでしか生きていけないわ」

レイ「くっ」

リツコ「そう睨まないでレイ。あなたも、すぐに同じようにしてあげる」

レイ「ならないわ」

リツコ「そうかしら?」スルッ

レイ「!」

リツコ「見事なディルドー・・・と言っても知らないかしらね。私の特別製よ」

ヒカリ「すごい・・・」

リツコ「この家では普段は道具なんて使わないけど、私だけは気紛れで使用するの」

レイ「赤木博士・・・・・・まさか」

リツコ「ええ。今日は、これでアスカとヒカリちゃんのバージンを奪う記念日よ。
さらにあなたもそこに加わる・・・・・・その歓迎の為に、来るのを待っていたの」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 10:24:15.68 ID:ZtS3E0Xs0

リツコ「モニタを下ろしてくれるかしら」

ヒカリ「は、はい」

ウィィィン

レイ「・・・・・・なに?」

リツコ「シンジ君のいる部屋が映るわ。向こうは今頃、シンジ君にとって天国でしょうね」

レイ「碇君に手を出さないで!!」

アスカ「ファースト・・・・・・」

リツコ「イジメたりはしないから安心してレイ。ただひたすらに可愛がってあげてるだけよ」

リツコ「私が性技を仕込んだ大勢の『ネコ』達に愛でられて、快楽に溺れるあなたの愛しの彼・・・・・・」

リツコ「その悶えるシンジ君を見ながら、私に犯されるのよ。ふふ」

レイ「そんな・・・っ」

アスカ「シンジ・・・」

リツコ「ふふふ、あははははははははっっっ」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 10:29:30.50 ID:ZtS3E0Xs0

ミサト『ひっイイイ! あああっんぃもほぉ、ダっメえへああはぁっんああ!!』

リツコ「・・・・・・・・・・・・え?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 10:44:16.09 ID:ZtS3E0Xs0

ミサト『っっっぉぉおヒァ、ひぐぅぅあっ、いっひゃぁぁまたイクあはぁっっ!』


リツコ「ミ、ミサト!?」


ミサト『イクイクイクぅああっあ〜〜〜ッッッ!!!!』ビクンッビクンッ

シンジ『ふう』

女性『ああ! シンジさま、シンジさまぁぁ』

女性『またきてぇ、くっください、私にぃぃぃ。ねえええんちゅぶ、ちゅぷぷ』

女性『もっと、もっとして! が、がまんできないのぉっ』

女性『おねがぁぃ・・・・・・ここ・・・ぉ・・・ここにぃ、おちんちんぶちこんでぇ』

シンジ『待ってください。今は時間もないから』

マヤ『ヤダ、行っちゃイヤぁぁ! ねぇ、して、もっといっぱい犯してっ』


リツコ「ちょ・・・ちょっとマヤ? なにがあったの、どういうこと!?」


マヤ『シンジくんシンジくん、シンジさまぁぁ』


リツコ「話を聞きなさい、マヤ!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 10:48:29.28 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ『あ、これって声も届くんですか? リツコさん』

リツコ「シンジ君・・・・・・あっ、あなた」

シンジ『あの・・・・・・・ごめんなさい。邪魔したりするつもり、なかったんですけど』

リツコ「どういうこと・・・」

シンジ『アスカや綾波にまで手を出すって言うから』

アスカ「シ、シンジ・・・・・・うそ」

レイ「・・・・・・碇君・・・すごい」

シンジ『今からそっちに行きますから』

リツコ「待! 待ちなさい、そこにいてっ」

ガチャッ

リツコ「ひっ」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 10:57:48.63 ID:ZtS3E0Xs0

シンジ「こんにちは・・・って、なんですか? それ」

リツコ「ディルド・・・・・・よ。そんなことも知らない子供が、なんで、あんな・・・・・・」

シンジ「これ、秘密なんですけど」

シンジ「エヴァの中で母さんに仕込まれたんです」

シンジ「今じゃもう、僕のほうが上手ですけど」

リツコ「ユ、ユイさんが・・・・・・」

シンジ「父さんには絶対言わないでくださいね」

リツコ「私は・・・結局、あの女には勝てないの・・・・・・?」

シンジ「??」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 11:01:51.85 ID:ZtS3E0Xs0

リツコ「ふ、ふふ」

シンジ「リツコさん?」

リツコ「ふふふ。いいわ・・・勝負よ、シンジ君」

シンジ「勝負って・・・・・・」

リツコ「ユイさんの息子であるあなたと、私と、どちらの快楽が相手を支配するか・・・・・・!」

リツコ「勝った方が、この家の主になればいい」

シンジ「・・・・・・」

リツコ「受けてくれるかしら。私の意地を」

シンジ「よく分からないけど・・・・・・分かりました」

リツコ「それじゃ、始めるわよ」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 11:10:24.01 ID:ZtS3E0Xs0

―――

レイ「あっ。という間ね」

リツコ「シンジさまぁ・・・! ああ・・・すてきぃ・・・ンっ」

シンジ「エヴァよりはこっちのほうが自信あるんだ」ナデナデ

リツコ「あっ、ふあぁん!」ビクッビクッ

アスカ「・・・・・・」

シンジ「で、アスカ」

アスカ「・・・・・・」

シンジ「今日は家に帰って、ご飯一緒に食べてくれないかな。これを言いに来たんだ」

アスカ「・・・・・・怒ってないの?」

シンジ「なんで??」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 11:21:50.85 ID:ZtS3E0Xs0

アスカ「あんたを騙して、こんなことしてて」

シンジ「そりゃ、言いにくかっただろうし・・・・・・悔しいけど、束縛して怒れるような立場じゃ無いから」

アスカ「・・・・・・」

シンジ「結果的に邪魔しちゃったんだから、アスカには僕のほうが怒られたって仕方ないよ」

アスカ「・・・・・・」

シンジ「ね、今日だけでもいいから、帰ろ?」

アスカ「・・・・・・うん」

ヒカリ「待って碇君」

シンジ「え。なに?」

ヒカリ「この家はどうするの?」

シンジ「どうするって・・・・・・別に」

リツコ「そ、そんな!?」

レイ「『勝った方が主になる』と約束してたわ」

シンジ「いや・・・・・・それは、そういうつもりじゃ・・・・・・」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 11:28:50.89 ID:ZtS3E0Xs0

レイ「隣で待機してる人達も、碇君がいなくなると困ると思う」

シンジ「うっ」

レイ「碇君が主なら、私も・・・・・・通うわ」

アスカ「シンジ」ギュゥ

シンジ「ア、アスカ!?」

アスカ「怒ってないなら・・・・・・私にう、上書き。してくれる?」

シンジ(か、可愛いぃ・・・っ)

ヒカリ「碇君。男の子なんだから、責任取らなきゃダメよ!」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 11:38:05.42 ID:ZtS3E0Xs0

女子「ねえねえ、知ってる? ヘンな噂があるの」

アスカ「噂?」

女子「第三市内の郊外にある屋敷でね・・・・・・」

女子「あー、それ知ってるかも」

女子「女の子の格好した男の子が一人だけ住んでてさ」

女子「その男の子に選ばれた女性達が毎日集まってる、でしょ?」

女子「それそれ。で、集まって何してると思う? アスカ」

アスカ「・・・・・・・・・・・・」

女子「ホント、噂なんだけど」



女子「二度と逆らえないほどの快楽が味わえるんだって」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/05/13(金) 11:22:14.52 ID:hQQqG4o3O

エロSSだとおもったらギャグでした

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/13(金) 11:39:59.88 ID:ZtS3E0Xs0

おわり

>>97
ごめんエロ書く元気わかないから、全編コメディ(のつもり)



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「エンドレス・エイトぉぉぉぉぉん!!!!!」ブリリ