長門『お金を貸して欲しい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:レッド「女性トレーナーを抱きしめて反応をみる」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/05/16(水) 04:07:33.04 ID:HI3o5I/Z0

キョン「またか?お金を作り出したりできないのか?」

長門「それはこの国に微量ながら影響を与える危険があるので、統合思念体から禁止にされている」

キョン「そうか・・・ほら、五千円」

長門「ありがとう」

キョン「今までお前に貸した金って結構な金額になってるな」

長門「・・・すぐには返却することはできない」

キョン「別に催促しているつもりはないぞ」

長門「でも、別の形でなら返すことはできる」

キョン「別の形?」

長門「今夜私の部屋に来て欲しい」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 04:11:16.08 ID:HI3o5I/Z0

キョン「長門、俺だ」

長門「入って」

ガチャッ

キョン「来たぞ」

長門「待っていた」

キョン「別な形で返すとはどういうことだ?」

長門「隣の部屋に布団を敷いてある」

キョン「・・・やはりか」

長門「こういう形でしかあなたにお礼ができない」

キョン「いや、気にするなよ、どんな形であれお前からの誠意だからな」

長門「ありがとう」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 04:13:35.56 ID:HI3o5I/Z0

キョン「それじゃそろそろいいか?」

長門「かまわない」

キョン「じゃあ先に部屋に行ってるぞ」

長門「わかった」

キョン「ん・・・布団の中に誰かいるぞ?」

国木田「キョン・・・」

キョン「何でお前がいるんだ?」

国木田「長門さんに連れてこられたんだよ」

長門「これが私のお礼の形、受け取って欲しい」

キョン「長門・・・」

国木田「え、どういうことなの?」

キョン「国木田、服を脱げ!」

国木田「え?ちょっとやめてよ・・・冗談でも笑えないって!」

キョン「冗談なもんか!ほら早く!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 04:18:06.51 ID:HI3o5I/Z0

キョン「お前やっぱり可愛いよ」

国木田「キョン、本気なの?」

キョン「当たり前だ!お前、本当に綺麗な肌してるな」

国木田「やっ舐めないでよ!」

キョン「そう言いながら硬くなってるじゃないか!」

国木田「キョン・・・これ以上やったら僕とキョンは友達じゃなくなるよ」

キョン「・・・」

国木田「それでもいいの?」

キョン「かまわん」

国木田「キョン!」

キョン「友達じゃない、今日から俺とお前は恋人だ!」

国木田「えっ!」ドキッ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 04:21:29.93 ID:HI3o5I/Z0

そしてこの男二人は長く熱い夜を過ごした。

キョン「長門終わったぞ」

長門「そう」

国木田「・・・長門さん、シャワー貸りてもいいかな?」

長門「かまわない」

キョン「長門ありがとう、お前の借金チャラでいいわ」

長門「そう」

キョン「その代わりといってなんだが、これからも定期的にあの部屋を俺たちに提供して欲しいのだが」

長門「かまわない」

キョン「そうか、すまんな長門」

そうして二人は定期的にこの部屋で愛し合うようになったとさ、めでたしめでたし



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「あなたに頼みがある」