冬月「使徒はエヴァンゲリオン初号機で対処します」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:伊58「無理無理もう無理休むでち!」提督「だいじょぶだいじょぶ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 00:46:26.14 ID:NTiUF1qV0

NHK「えー、番組の途中ですが、ただいま特務機関ネルフの緊急記者会見が始まった模様ですので、ご覧下さい」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 00:46:47.22 ID:NTiUF1qV0

冬月「…でありますから、本日19時以降にエヴァンゲリオン初号機を出撃させ、使徒の殲滅作戦を展開いたします」
冬月「なお、エヴァンゲリオン初号機の性能・特性等、機体の詳細なデータにつきましては」
冬月「お手元の資料1,235ページから2,074ページに記載してございますので適宜ご確認頂ければと存じます」
冬月「私どもの方からは以上でございますが、何かご質問のある方は挙手にてお願いいたします…はい、そちらの方」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 00:48:37.88 ID:NTiUF1qV0

読売「読売新聞の田中と申します」
読売「エヴァンゲリオン初号機を出撃させる、とおっしゃいましたが、そのパイロットについて、誰が担当するのか」
読売「それともう一点、先日の零号機起動実験のような事故の危険性はないのかお聞かせください」

冬月「パイロットについては第三の少年を召集しておりまして、現在ジオフロントに向かっております」
冬月「初号機起動、出撃のリスクにつきましては、現段階でその可能性としては未知数とお答えせざるを得ない状況です」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 00:50:27.98 ID:NTiUF1qV0

読売「リスクは未知数、とおっしゃいましたが、少なからずある、という風に受け取って良いのでしょうか」

冬月「ネルフといたしましても出来る限りそのリスクを抑えつつ、そういった事故防止のため多重の策を講じておりますので…」
冬月「その点ご理解いただきたいと存じます。はい、そちらの方」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 00:52:09.33 ID:NTiUF1qV0

朝日「朝日新聞の斉藤と申します」
朝日「第三の少年について詳しくお聞かせください」
朝日「また、氏名、素性等の公表をしていないのは何故でしょうか」

冬月「えー、14歳の健康な男子、とだけお伝えしておきます」
冬月「これ以上は守秘義務内の情報となりますのでご容赦いただきたく存じます」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 00:54:18.54 ID:NTiUF1qV0

朝日「その少年につきまして、一部の報道によりますと特務機関ネルフを統括する碇氏のご身内だと取り沙汰されていますが」
朝日「そちらについて事実関係をお聞かせ下さい」

冬月「そ、その質問については、ノーコメントとさせてください。…はい、そちらの方」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 00:55:28.59 ID:NTiUF1qV0

――

*ジオフロントエレベーター内

ミサト「あーあ…こんな記者会見に時間かけてる暇なんてないのに」

リツコ「仕方ないでしょ。誰かがリークしちゃったんだから。使徒についても、エヴァについても」

ミサト「副指令がお気の毒よ」

リツコ「言ってしまうと副指令はスケープゴートよ。こうなってしまってはしょうがないの」

ミサト「…はぁ」

シンジ「あの…」

ミサト「ん?」

シンジ「テレビで言ってるこの14歳の健康な男子って僕のことですか?」

ミサト「…ほらね、こうなっちゃうじゃない」

リツコ「ワンセグなんて持ってたのこの子…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 00:57:01.97 ID:NTiUF1qV0

――

毎日「あのぉ、毎日新聞のぉ、手島ですけどぉ」
毎日「そのぉ、14歳の男子ってのはね、軽くおっしゃいますけどぉ」
毎日「今回エヴァンゲリオンに乗るのは初めてなんですか? 生命の危険だって伴うわけでしょ?」
毎日「そういった説明ってその少年にちゃんとされているですか? 人権的な側面も含めて明確にしてくださいよぉ!」

冬月「…えー、その、まずこの男子ですが、エヴァンゲリオンに搭乗するのはおっしゃるとおり初めてでございます」
冬月「その任務の危険性を含めた説明は、必要最低限、これから行うつもりでございます」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 00:59:29.51 ID:NTiUF1qV0

毎日「はぁ?これからぁ!? これからって、出撃まであと3時間もないんですよ?」
毎日「起動試験もなしにやるんですか!?」

冬月「ですから、短時間内に要点のみ出来るだけ簡潔に伝えることによtt

毎日「要点って…。あのぉ、今ね、この私たちに配られた資料見てるんですけど、これ、何ページあるんですか?」
毎日「5,000ページは軽く超えてますよね? これを要点に絞るって無理があるんじゃないの?」
毎日「こんな説明されても納得できないよ、うちら」

冬月「…状況が緊迫しておりますので、説明が簡潔になるのはある程度致し方ないと」
冬月「そのように考えております」

毎日「あのねぇ、そんな杜撰な計画で使徒を倒せると思ってるんですか?」
毎日「もう一度きちんと状況含めて議論検討した上で考えた方がいいんじゃないですか? ねぇ?」

冬月「…今後の運用の参考ご意見として承ります。…はい、ではそちらの方」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 01:00:43.67 ID:NTiUF1qV0

――

シンジ「あの…」

リツコ「そういうこと。記者会見の通りよ。説明が省けたわね」

シンジ「これに僕が乗れって言うの…?」

ミサト「そうよ」

シンジ「嫌だよ!できっこないよ!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 01:01:40.21 ID:NTiUF1qV0

――

産経「産経新聞の富竹です」
産経「えーと、ネルフを統括する碇氏がですね」
産経「『この使徒を倒さねば東日本がつぶれる』とおっしゃったそうですが」
産経「この事実関係を教えてください」

冬月「」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 01:03:27.87 ID:NTiUF1qV0

――

ゲンドウ「久しぶりだなシンジ」

シンジ「父さん!」

ゲンドウ「…ふふ、しゅつg

シンジ「東日本がつぶれるって言ったのは本当なの!?」

ゲンドウ「」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 01:04:35.05 ID:NTiUF1qV0

――

冬月「えー、私個人としましては、司令から直接そのような発言は伺っておりません」

産経「聞いてないって、そんなんじゃないでしょ?」
産経「現にカメラの前でも発言してたじゃないですか!」
産経「どういった意図でそのような発言をされたんですか!?」
産経「国民の不安を煽りかねますよ! 訂正なり謝罪なりあってしかるべきじゃないですか!?」

冬月「もうやだこの国」



秋田寝る

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/20(日) 01:09:00.63 ID:NTiUF1qV0

エヴァを出撃させる度に、今の地震や原発みたいな記者会見開いてたらどうなるか、って妄想しただけです。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「ペロッ!これは灰原が使った後のトイレの水!」ゴクゴク