鶴屋「あはははは妊娠したにょろ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「バーロォ! そこはうんちをする穴だ!」

ツイート

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 12:02:27.32 ID:dPwfMRxc0

朝比奈「ふ、ふえぇ〜!? あ、相手は誰なんですかぁ?」

鶴屋「え? 相手? 相手は……」

朝比奈「あ、相手は……?」

鶴屋「……言えないにょろ」

朝比奈「な、なんでですか?」

鶴屋「言えないものは言えないんだよ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 12:09:40.37 ID:dPwfMRxc0

部室

朝比奈(結局、あの後いくら聞いても、鶴屋さんは「言えない」の一点張りでした……)

キョン「王手飛車取り」パチッ

古泉「おやおや、これは手厳しい」

朝比奈(適当に「みくるの知らない人だよ」とかなんとかごまかすこともせず……)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 12:16:32.08 ID:dPwfMRxc0

古泉「んっふ、反撃といきましょう」パチッ

キョン「二歩だぞ、それ」

古泉「これは失礼しました」

朝比奈(……! まさか、相手は私の知り合い? だから頑なに「言えない」と……)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 12:23:45.02 ID:dPwfMRxc0

古泉「玉以外全部取られてしまいましたか。投了してもよろしいですか?」

キョン「俺の駒が全部成るまで待てよ」パチッ

朝比奈(私と鶴屋さんの共通の知り合い。つまり――)

古泉「おや? 玉がどこへも動けませんね。たしかこの場合は負けになってしまうんですよね」

キョン「マジかよ……。まだ持ち駒全部置いてないのに。つまんねぇなぁ」

古泉「一つ忠告させていただきますが、あなたいつか友だち失くしますよ」

朝比奈(SOS団……?)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 12:29:12.75 ID:dPwfMRxc0

キョン「朝比奈さん? どうかしたんですか」

古泉「顔色が優れないようですが……」

朝比奈「い、いえ、大丈夫です。少し考えごとしてただけで……」

朝比奈(自分に近しい人たちが実はそんな関係だったなんて、想像してみるとけっこうショックです……)

キョン「そうですか? ならいいんですが」

朝比奈(キョンくんと古泉くん……。どっちが鶴屋さんと致しちゃったんでしょうか……)

朝比奈(おせっかいかもしれませんが、共通の友人として、そこははっきりさせておかないと……)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 12:36:38.98 ID:dPwfMRxc0

朝比奈「あ、あの……」

キョン「はい」

古泉「なんでしょうか」

朝比奈「……」

キョ泉「?」

朝比奈「……お、お茶、おかわりお注ぎしますね」

キョン「ありがとうございます」

朝比奈(「鶴屋さんとセックスしたんですか?」なんてストレートに訊くわけにもいきませんよね)

朝比奈(そうだ! そういったものを連想させる会話で反応を窺えば……)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 12:43:33.69 ID:dPwfMRxc0

朝比奈「そ、そういえば、さっき鶴屋さんに会いましたよ」

キョン「はぁ。……朝比奈さんと鶴屋さんって同じクラスでしたよね?」

古泉「学校で鶴屋さんに会うのは当たり前のような気がしますが……」

朝比奈「そ、そうでしたね。何言ってるんでしょうね、私」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 12:51:35.64 ID:dPwfMRxc0

朝比奈「実は鶴屋さん、最近悩みがあるみたいで……」

キョン「あの鶴屋さんが悩みですか」

古泉「普段明るい彼女を知っていると、少し意外ですね」

朝比奈(……特に反応は無いですね)

キョン「それで、悩みっていうのは?」

朝比奈「あ、いえ、そこまでは聞いてないんです。ただ、いつもより元気がないなーって思って」

古泉「相談に乗れるなら喜んで乗りますが、男性の僕らには少し難しいかもしれませんね」

朝比奈(もう少しだけ、突っ込んで訊いてみましょう)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 12:58:46.50 ID:dPwfMRxc0

朝比奈「と、ところで、話は変わりますが!」

キョン「は、はい」

朝比奈「お二人は、高校生同士の、せ、性交渉についてどうお考えですかっ?」

キョン「ぶっ!」

古泉「せ、性交渉?」

朝比奈(すごい反応! やっぱりこの二人のどちらかが……)

キョン「大丈夫ですか!? やっぱり具合悪いんですか? 朝比奈さん!」オロオロ

古泉「まさか朝比奈さんの口からそんな単語が飛び出すとは……」

朝比奈「あれ?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:07:12.40 ID:dPwfMRxc0

朝比奈「……」

朝比奈(うぅ……冷静になってみたら、私、なんてことを……。二人が驚くのも当然じゃない)

キョン「今日はもう帰って休んだ方が……」

朝比奈「いえっ。大丈夫です。私は正気です。それより話の続きです」

朝比奈(乗りかかった船なら、行けるところまで行きましょう)

キョン「続きって……」

古泉「……高校生同士の異性交遊ですか」

朝比奈「はい。お二人の意見を参考にしたいんです」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:13:10.88 ID:dPwfMRxc0

古泉「そうですね……。僕個人にはそういった相手はいませんが――」

キョン「嘘をつけ」

古泉「本当ですよ。機関の活動があると、なかなかそういった時間は取れないんです」

古泉「話を戻しますが、当人同士が愛し合い、正しい知識を持って、節度のある行いを心がけるなら、
咎めるものではないと思っています」

キョン「まるっきり優等生の回答だな」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:19:38.07 ID:dPwfMRxc0

朝比奈「ひ、避妊についてはどう考えていますか?」

キョン(あ、朝比奈さんの口からとんでもない言葉を聞いてしまった)

古泉「当然行うべきでしょう。ほとんどの高校生には、赤ん坊を育てる生活力はありませんからね」

古泉「親御さんに頼るのは感心しませんし、かといって『おろせばいい』と安易に考えてはいけないでしょう」

朝比奈「そうですよね。……キョンくんはどうですか?」

キョン「……概ね古泉の言ってる通りですね。自分で責任が取れるようになるまでは、しっかり行うべきだと思いますよ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:29:39.34 ID:dPwfMRxc0

朝比奈「……」

朝比奈(二人とも、特に何も変わらないな……。それともポーカーフェイスってやつでしょうか)

キョン「しかし、なんでまた、急にこんな話を……」

古泉「ええ、鶴屋さんに悩みがあるという話から、だいぶ飛躍しましたね」

古泉「……あ」

キョン「え? ……あ」

朝比奈「?」

キョン「鶴屋さんが……妊娠……?」

朝比奈「えぇっ!? な、なんでわかったんですかぁっ!?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:36:10.19 ID:dPwfMRxc0

キョン「え? 本当に?」

朝比奈「あ! ち、違います。今のなしです! 鶴屋さんは妊娠なんかしてませんっ!」

古泉「もう手遅れですよ。それと声を落としてください。外まで聞こえてしまいます」

朝比奈「うぐ……」

キョン「これは……ショックだな」

古泉「僕もですよ。身近な人がそういったことになると、複雑な心境になるものですね」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:44:05.92 ID:dPwfMRxc0

古泉「それで、相手の方は……」

朝比奈「……それが、何度聞いても答えてくれなくて……」

キョン「まぁ、おいそれと答えられるものでもないよな」

古泉「何か力になれればいいのですが……」

キョン「悪い男につかまってる、とかじゃなければいいんだが……」

朝比奈(二人とも本当に心配してるみたい……。本当に何も関係ないのかも)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:51:01.50 ID:dPwfMRxc0

朝比奈(でも、そうだとすると、鶴屋さんの相手って……?)

ガチャ

長門「……」

キョン「お、長門か。遅かったな」

長門「日直」

キョン「そうか。……そうだ、長門にも話しておいた方がいいか」

朝比奈「ええ!?」

古泉「長門さんの力が必要な時が来るかもしれませんからね。彼女は口が堅いですから、大丈夫でしょう」

長門「?」

キョン「ああ、すまん、今説明する。実は鶴屋さんが妊娠したんだが――」

長門「」ステーン ドサッ

キョン「な、長門!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:57:38.37 ID:dPwfMRxc0

キョン「大丈夫か? 手、貸すぞ」

長門「いいいいいい。ももも問題ない」プルプル

キョン「そ、そうか? 問題ありまくりにしか見えないが……。ほら眼鏡落としたぞ」

長門「ありありありが」プルプル

ポロッ カシャーン

キョン「長門?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 14:04:32.40 ID:dPwfMRxc0

朝比奈「だ、大丈夫ですか? とりあえず座ってください」

長門「……平気。すこし驚いただけ」ストン

朝比奈「そうですか? お茶、飲みます? 落ち着くかもしれませんよ」

長門「ぜひ」

朝比奈「はい、どうぞ」コトッ

長門「……」ゴクゴク

キョン「……それで、どこまで話したっけか。そうそう、鶴屋さんが妊娠――」

長門「」ガシャーン

バシャ

古泉「うわっち! あつっ! 熱いっ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 14:38:02.30 ID:dPwfMRxc0

キョン「長門! 大丈夫か!?」

長門「大丈夫」

古泉「あつ! あづい!」

キョン「朝比奈さんは!?」

朝比奈「だ、大丈夫ですぅ」

古泉「マジ熱いって! ほんと! 熱い!」

キョン「うるさいぞ古泉! 静かにしろ!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 14:45:04.32 ID:dPwfMRxc0



古泉「ふぅ……ひどい目に遭いました……」

キョン「冗談じゃなく熱がってたんだな。赤い玉になれるから、てっきり熱に耐性があるものかと思ってたよ」

キョン「まぁ、そんなことはどうでもいい。それより長門」

長門「」ビクッ

キョン「鶴屋さんが妊娠したんだが、相手がどこの誰なのか、教えてくれなくてな」

長門「そう」ホッ

キョン「おまえの情報なんちゃらで、相手の特定とかできるだろ? やってみてくれないか」

長門「」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 14:53:30.44 ID:dPwfMRxc0

長門「……」

キョン「長門?」

長門「す、推奨はしない」

キョン「え? なんで」

朝比奈「ダメですよ、キョンくん。鶴屋さんが言わなかったってことは、知ってほしくなかったってことなんですから」

長門「そう、その通り。朝比奈みくるは極稀に良いことを言う」

朝比奈「ごくま……え?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 15:03:49.21 ID:dPwfMRxc0

長門「それに、事情も知らずに糾弾の姿勢を取るべきではない。いきなりそんな事実を突き付けられて、責められたら、
どうしていいのかわからなくなる」

キョン「……」

長門「だろう、と思う」

キョン「でも、もし相手が悪い男だったら……」

長門「積極的に介入すべき問題ではない。これは当人同士に解決を任せるべき問題。二人だけの問題」

キョン「二人、だけの……」

長門「そう、私と鶴屋だけの問題」

キョン「……」

朝比奈「……」

古泉「……」

長門「あ」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 15:15:18.63 ID:dPwfMRxc0

キョン「長門……」

長門「言ってない。全然言ってない」

朝比奈「すっごく目が泳いでます……」

長門「眼科にかかることを勧める」

朝比奈「いえ、私じゃなくて……」

キョン「長門!」

長門「はいっ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 15:22:10.65 ID:dPwfMRxc0

キョン「俺は、女の子同士がどうだとか、おまえの性癖に口を出すつもりない」

キョン「だが、鶴屋さんの妊娠の件は別だ。俺たちくらいの歳にとって、妊娠っていうのは、とても重い問題なんだ」

長門「……」

キョン「俺にとって、おまえも、鶴屋さんも大切な友人だ。おまえたち二人だけの問題じゃないんだ。
ちゃんと話してもらうぞ」

長門「……わかった。話す」

キョン「……」

長門「……ベッドの中の鶴屋は、とても優しかった」

キョン「いや、そういうことを聞きたいんじゃなくてだな……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 15:39:36.51 ID:dPwfMRxc0

長門「……彼女とは、少し前から清く正しい交際をしていた」

長門「学校では人目があったから、会っていたのは団活が終わってから。休日も団活がない日は頻繁に会っていた」

長門「知り合いに見られてはまずいから、あまり出歩くことはなかった」

長門「一緒に読書をしたり、勉強をしたり……。自分でも慎ましいとは思うが、充分満ち足りていた」

長門「……一ヶ月ほど前、家に招かれた。彼女は私の耳元でこう言った」

長門「『今日は家に誰もいないにょろ』」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 15:47:01.12 ID:dPwfMRxc0

キョン「……」

長門「あっという間だった。彼女は固まった私の手を取ると、部屋へ連れて行った」

長門「動けないでいる私の服を脱がし、自分も服を脱いだ」

朝比奈「うわー」ドキドキ

長門「これから起こることの期待と微かな恐怖に震える私に、彼女は――」

キョン「ああ、わかった。もういい。もういいから。とにかく、それで、してしまったと……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 16:02:44.85 ID:dPwfMRxc0

朝比奈「あれ? おかしいですよ。鶴屋さんは妊娠してるんですよ? 女の子同士じゃ何度したところで……」

長門「あのとき、私は彼女と繋がりたいと強く思った」

長門「情報操作で陰茎を構成。この肉体に付加した」

古泉「なるほど。続けてください」

キョン「……ないわ。ふたなりとかマジないわ。せっかくのついてない同士なのに、生やしてどうするんだよ……。
無駄以外の何物でもねぇよ」

古泉「おっと、今のは聞き捨てなりませんね。女の子同士が自らの肉体のみで一つになれるという画期的な――」

朝比奈「どっちでもいいですから、続きを! 続きを!」ドキドキ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 16:27:21.62 ID:dPwfMRxc0

長門「彼女は、初めこそ少し驚いていたが、微笑むと屈んで――」

朝比奈「きゃー」

長門「味わったことのない快感に、何も考えられなくなって、あっという間に――」

古泉「ふむふむ」



長門「――というかんじ」

朝泉「「ごちそうさまでした」」

長門「誕生して3年、あんなに幸せだと感じたときは他にない」ウットリ

キョン「なるほどな。幸せだったことと気持ちよかったことで、避妊とかに頭が回らなかったか。
褒められたことじゃないが、わからなくも――」

長門「あのときの私は、どうしても彼女と種付けセックスがしたかった。私の子種を彼女の子宮に叩きつけて、
彼女に『孕んじゃうにょろ』と言わせたかった」

キョン「故意じゃねぇか! というかそんな言葉どこで覚えたんだよ!」

長門「この前、本屋で勇気を出して、レジに出すときは一般の小説でサンドイッチして……」

キョン「言わなくていい! 俺が悪かったからやめて!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 16:37:43.73 ID:dPwfMRxc0

キョン「とにかく、経緯はわかった。大事なのはこれからだ」

キョン「長門、鶴屋さんに会いにいくぞ。彼女一人に背負わせるわけにはいかないからな」

長門「……わかった」





鶴屋「あっれー? どうしたの? みんなでぞろぞろと。ハルにゃんはいないみたいだけど……」

長門「……」

キョン「……」

古泉「……」

朝比奈「……ごめんなさい、鶴屋さん、私……」

鶴屋「……そっか。みくるが口を滑らせちゃったんだね」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 16:46:45.16 ID:dPwfMRxc0

長門「……どうして、朝比奈みくるには教えて、私には何も言わなかったの?」

鶴屋「……」

長門「私は、あなたにとって、それだけの価値しかない人間……?」

鶴屋「それは違うよ。……有希っこに、迷惑をかけたくなかったから……」

長門「迷惑? 二人にとって大切な問題なのに、迷惑だなんて思わない」

長門「あなたに一人で悩んでほしくはない。私にも背負わせてほしい」

鶴屋「有希っこ……。そうだね、あたしが悪かったよ。ごめん」

長門「許す」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 17:00:17.35 ID:dPwfMRxc0

長門「産みたい?」

鶴屋「……うん。できることなら」

長門「そう。私も産んでほしい」

鶴屋「有希っこ……」

朝比奈「めでたしめでたしですね」

古泉「いえ、まだ何も終わっていませんよ。むしろこれからどうするか、です」

長門「明日にでも退学届を出そうと思う」

キョ朝古鶴「!?」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 17:08:30.34 ID:dPwfMRxc0

長門「こんな私でも、探せばきっと仕事はみつかるはず」

キョン「待て。決断を急ぐな」

鶴屋「有希っこの高校生活を奪うわけにはいかないよ。……大丈夫。あたしの家は金持ちだから養育費くらい……」

長門「なるべく周りの力に頼りたくない。自分の行為が原因なら、自分の力で責任を取りたい」

キョン「気持ちはわかるが、現実的に考えて難しいぞ。とにかく、一旦落ち着いて、ゆっくり考えるべきだ」

「みんなで何やってんの?」

キョン「ハルヒ?」

鶴屋「ハ、ハルにゃん!?」

ハルヒ「部室に誰もいないかと思えば……団長抜きでなんの会議よ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 17:16:46.73 ID:dPwfMRxc0

キョン「ハルヒ、おまえからも何か言ってやれ。長門のやつ、学校を辞めるなんて言ってるんだ」

ハルヒ「有希が!? なんでそんなことになってるの?」

キョン「それは――」

鶴屋「な、なんでもない! なんでもないっさ。ハルにゃんが気にすることじゃ――」

朝比奈「鶴屋さんがおめでたなんです」

鶴屋「!?」

ハルヒ「」ステーン ドサッ

キョン「ハ、ハルヒ!?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 17:22:30.29 ID:dPwfMRxc0

ハルヒ「嘘……。あのとき? それともあのときかしら……」ブツブツ

キョン「ハルヒ?」

ハルヒ「いつも生でやってたからなー。こんなことならちゃんとゴム用意しておけば……」ブツブツ

キョン「ハルヒ……」

ハルヒ「ん? それでなんで有希が退学する話になってんの?」

長門「……」

鶴屋「……」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 17:28:07.02 ID:dPwfMRxc0

古泉「つかぬことをお聞きしますが……」

ハルヒ「何?」

古泉「涼宮さんは女性ですよね?」

ハルヒ「当たり前じゃない。いくらなんでも怒るわよ?」

朝比奈「で、でも、今、生とか、ゴムとか……」

ハルヒ「……みくるちゃん、まだ経験ないのね」

ハルヒ「女の子同士でするときってね、片方の女のアレが大きくなるのよ」

朝比奈「え、えぇーっ!?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 17:37:26.41 ID:dPwfMRxc0

ハルヒ「私も最初は驚いたわ。今のみくるちゃんみたいにね」

ハルヒ「鶴屋さんと繋がりたいなーって思ってたら、急に大きくなるんだもの」

古泉「ほうほう」

ハルヒ「でもね、びっくりして動けないでいる私に、鶴屋さんは優しく――」



ハルヒ「――体液まで出たときは改めて驚いたわ。全部終わった後は元の大きさに戻ったんだけど」

ハルヒ「人体の神秘って凄いわ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 17:42:30.98 ID:dPwfMRxc0

キョン「ハルヒ、それは――」

古泉「おっと、何を言う気ですか」ゴニョゴニョ

古泉「お忘れですか? 彼女が自身の力に気づけば、世界は終わってしまうかもしれないんですよ」ゴニョゴニョ

キョン(……ハルヒのためを思って、「それはおかしい」と言ってやるべきか)

キョン(それとも、世界のために口をつぐんでハルヒを騙し続けるのか……)

ハルヒ「何?」

キョン「……なんでもない。それと、すまん」

ハルヒ「?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 17:49:24.17 ID:dPwfMRxc0

ハルヒ「驚いたけど、そっか、私と鶴屋さんの赤ちゃんか……ふふ」

長門「……」

鶴屋「……」

ハルヒ「?」

長門「……説明を、要求する……」ゴゴゴゴゴ

鶴屋「は、はい……」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 17:59:42.32 ID:dPwfMRxc0



キョン「――つまり、鶴屋さんはハルヒと長門、両方と関係を持っていたと……」

鶴屋「はい……」

ハルヒ「何それ……。信じらんない……」

鶴屋「……」

ハルヒ「は、初めては!? 初めてはあたしとよね!?」

長門「! 初めては私とのはず。何故なら私と彼女は愛し合っているのだから」

鶴屋「は、初めて? 初めては……えーっとぉ……」

朝比奈「まさか、どっちも違うとか……」

鶴屋「……」

ハルヒ「……」

長門「……」

古泉「これはちょっとしたビッチですよ」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 18:17:09.11 ID:dPwfMRxc0

ハルヒ「じゃ、じゃあせめて、あたしと有希、どっちと先に寝たのか教えてよ!」

鶴屋「ああ、それなら、午前中がハルにゃんで、午後が有希っこだね」

朝比奈「一日で二人……。私、なんだか頭が痛くなってきました……」

ハルヒ「勝ったわ! 先に寝たのがあたしなら、おなかの子はあたしの子! 鶴屋さんはあたしのものよ!」

長門「……男性器が、何故あのような形状をしているのか、知ってる?」

ハルヒ「はぁ? 知らないわよ、そんなこと」

長門「残留していた別の個体の精液をかき出すため。自分の子孫を残すための、野生のころの名残という説がある」

ハルヒ「!」

長門「加えて、あなたが彼女と性行為に及んでいたのは午前中だけ。私は昼から夜まで彼女と愛し合った。
着床した精子は、私のものである可能性が高い」

ハルヒ「ぐ……言わせておけば……!」

プルルルルルルル

古泉「はい。はい……それでは」

古泉「すみません。バイトが入ったので行ってきます」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 18:29:39.78 ID:dPwfMRxc0

キョン「……俺たちも、帰りますか」

朝比奈「そうですね……」

ハルヒ「――! ――!? ――!」ギャーギャー

長門「――? ――、――」ワーワー

鶴屋(い、今のうちに逃げるっさ!)スタコラサッサ



キョン「……」ジー

朝比奈「? どうかしましたか?」

キョン「……せめて朝比奈さんだけは、そのままでいてくださいね」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 18:41:22.75 ID:dPwfMRxc0

キョン(……なんだろうな。朝比奈さんをどこかに誘ったりすれば、いい関係になれちゃう、そんな気がする)

朝比奈「?」

キョン(あいつらを見てて、そこらへんの感覚が狂ったかな? 少し強引にいけば、簡単にやれちゃったりして)

朝比奈「キョンくん?」

キョン「……朝比奈さん」

朝比奈「はい」

キョン「俺、こっちなんで。お気をつけて」

朝比奈「はい。また明日」



キョン(今日は疲れた……。当分はそういうこと考えたくねーや)

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 18:51:05.86 ID:dPwfMRxc0



「あっ……あ、ん……」ハァハァ

鶴屋「ふふっ、もう限界にょろ?」

「仕事の、後だから……疲れて、て……あっ」ビクン

鶴屋「ごめんねー。それ、きっとあたしのせいだよ。お詫びに、朝までたっぷりかわいがってあげるからね」

森「ああ……そこっ。いい、です……っ」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 19:01:28.46 ID:dPwfMRxc0

鶴屋「ペ○○ンも久しぶり。やっぱりあたしは、入れられるより入れる方が好きかな、っと!」ズブッ

森「んっ……!」ビクン

鶴屋「気持ちいい? まぁ、やっぱり本物には敵わないだろうけど。二人のアレ、すごかったなー」ズブッ ズブッ

森「あっ、あ……!」

鶴屋「まさか、精液まで出てくるなんて思わなかったよ。しっかり命中しちゃったし。ピルなんて飲んだことないから……」

森「……結局、どちらの子どもなんですか……?」

鶴屋「さぁ?」ズブッ

森「ああっ!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 19:13:44.77 ID:dPwfMRxc0

鶴屋「あんまり興味ない……。あ、もちろん産むよ? おろしたりはしない」ズブッ ズブッ

森「あ! あぁ!」

鶴屋「母乳プレイっていうのも、一度は体験しておきたいからねっ」ズブブッ

森「――っ!」ビクンビクン

鶴屋「ありゃ? いっちゃった? だらしないなぁ、もう」

森「すいま、せん……」ピクピク

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/05(土) 19:23:12.44 ID:dPwfMRxc0

鶴屋「やっぱり、一日一人だけじゃ物足りないにょろ。でもハルにゃんも有希っこも当分はしてくれないだろうし……」

鶴屋「しばらくすれば、してほしいってあっちから言ってくるだろうけど……それまで誰でつなごうっかな」

鶴屋「みくる……は、手を出したらもっとややこしくなっちゃうか。自重しておこ」

鶴屋「ああ、そうだ。キョンくんの妹。あのくらいの子とは、まだしたことなかったし、ちょうどいいね」

鶴屋「下手くそな男に捕まる前に、お姉さんがめがっさ気持ちいことを教えてあげるにょろ」

鶴屋「学校がどこか調べてー、おかしを持って遊びに行ってー」

鶴屋「ふふふ。明日が楽しみにょろ……」







ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「何よ」大河「あんたこそ何よ」