シンジ「どどすこすこすこどどすこすこすこどどすこすこすこ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「ドラえも〜ん!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 01:15:31.64 ID:d9LqKp6hO

シンジ「ラブ注入☆」


アスカ「キモい」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 01:18:02.32 ID:d9LqKp6hO

シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「ど……どどすこ……」

アスカ「」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 01:20:38.53 ID:d9LqKp6hO

気がつくと僕はベッドの上だった。

シンジ「……っ!!!」

起き上がろうとすると、痛みが走る。


あぁ、思い出してきたぞ。
僕はアスカに殴られたんだ。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 01:24:18.75 ID:d9LqKp6hO

ミサト「シンジくぅ〜ん!!」

ノックもせずに僕の部屋へ勢い良く入ってきた。

ミサト「どうだった?どどすこどうだった?」

見ればわかるだろ。

シンジ「僕……もうこんなことしたくない……」

ミサト「じゃあ次行ってみよーっ!!!」

シンジ「えっ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 01:30:04.77 ID:d9LqKp6hO

なぜこうなってしまったのか。
それは僕の一言から始まった。


シンジ「僕……友達が欲しいです……もっとみんなと仲良くなりたい……」

ミサト「あら、そんなこと言うなんて珍しいー」

シンジ「でも僕、あんまりみんなと溶け込めなくて……」

ミサト「あたしが思うに、シンジ君には面白さが足りないと思うわ。こう…人をひきつける何か…………」

シンジ「人をひきつける……?」

ミサト「……そう。楽シンジになりなさい」


ミサトさんに相談した僕が馬鹿だった。

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 01:34:08.93 ID:d9LqKp6hO

シンジ「どどすこすこすこ」クネクネ

レイ「……」

シンジ「どどすこすこすこ」クネクネ

レイ「……」

シンジ「どどすこすこすこ」クネクネ

レイ「……」

シンジ「ラブ注入☆」

レイ「……召集よ。」

シンジ「うん。わかったよ。」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 01:40:44.71 ID:d9LqKp6hO

ミサト「シンジ君!レイ!アスカ!準備はいい?」

アスカ「」
レイ「はい」
シンジ「……はい」

ミサト「今回の使徒はコジマヨシオ、奇怪な動きで攻めてくるわ!」

マヤ「目標確認しました!」

ミサト「来るわ!エヴァンゲリオン!発進!」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 01:48:14.27 ID:d9LqKp6hO

コジマ「いぇーいwwwwwwww」

コジマ「ラスタピーアwwwwwwww」


ミサト「よく聞いて。今回の使徒を倒すにはまず動きを止めなきゃダメよ。」

ミサト「レイ、シンジ君が動きを止めてその間にアスカが留めを刺すの。」

ダダダダダダダダダ――――

アスカ「ぐおあああああああああああああああ!!!!!!」

ミサト「待って!アスカ!勝手な行動しちゃ危険よ!!」

シンジ「アスカぁ!」

アスカ「どいつもこいつも気持ち悪い動きしやがってえええええええ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 01:54:26.30 ID:d9LqKp6hO

コジマ「だいじょぶだいじょぶぅ」

バシッバシッ!

アスカ「きゃああああ!!」

ダダダダダダダダダ―――

レイ「私が動きを止める…!」

シンジ「綾波!無茶だ!」

ミサト「海パンが光ってる……!ダメ!今近付いちゃ危険よ!!」

ピカァァァァァァァ

コジマ「ぞんなのがんげぇねぇ……!!!」

レイ「…くっ…!」

シンジ「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」

シンジ「こっ…コジマァァァァァァァ!!!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 01:57:00.87 ID:d9LqKp6hO

シンジ「新羽田空港」くぱぁ


アスカ「」
レイ「」
ミサト「」
リツコ「」
マヤ「」
ゲンドウ「」
冬月「」
コジマ「」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 02:00:45.70 ID:d9LqKp6hO

ザクッ

レイ「…はぁはぁ……」

コジマ「おっぱっぴー!!!!!」

どがぁぁぁぁぁぁ!!

マヤ「もっ…目標消失!」

ミサト「えっ」

アスカ「」ブツブツブツブツ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 02:03:56.77 ID:d9LqKp6hO

あれからアスカは僕を避けるようになってしまった。
廊下で目が合っただけで、アスカはトイレへ駆け込む。
廊下中に響き渡る嗚咽の声。


僕は部屋で泣いてしまった。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 02:07:05.31 ID:d9LqKp6hO

シンジ「ミサトさん…相談が…」

ミサト「相談?クスッ どうしたの?クスッ」

シンジ「コジマヨシオ戦からアスカがおかしくて」

ミサト「ぶぷーっwwwwwwwwwwwww」

シンジ「……もう寝ます、おやすみなさい」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 02:13:54.32 ID:d9LqKp6hO

朝がきた。
結局一睡も出来ないまま、僕は学校へ行った。

アスカは部屋から出て来ない。
きっと僕のせいだ…
きっと…僕の……

レイ「碇君」

シンジ「あ…綾波…」

レイ「使徒はあなたのおかげで倒せた。ありがとう」

シンジ「綾波…」

レイ「新羽田国際空港、教えて欲しい」

シンジ「えっ」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 02:18:49.30 ID:d9LqKp6hO

シンジ「そ…そんな……女の子が…///」

レイ「ダメなことなの?」

シンジ「あんな卑猥な格好…///」


僕は本当に馬鹿だ。
レイの新羽田国際空港姿を想像しただけで興奮するなんて。


レイ「嫌なら嫌と言えばいい」

シンジ「体で教えます」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 02:23:20.24 ID:d9LqKp6hO

それからずっと僕は興奮しぱなっしで、休み時間のたびにトイレで抜いた。

シンジ「あぁ……綾波の新羽田国際空港姿をどどすこしたいよ………うっ」

何回抜いても興奮はおさまらなかった。

そして学校が終わり、綾波の家へ向かった。

どどすこする準備は出来ている。

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 02:27:58.46 ID:d9LqKp6hO

綾波「教えて」

シンジ「えっ…あっ…」

綾波「早く」

シンジ「じゃ…じゃあまずベッドに横になろっか///」

綾波「なぜ?」

シンジ「せっく…ほら、新羽田国際空港は床でやると背中が痛くなるから…」

綾波「わかった」


僕は今日やっと男になる。
どどすこのおかげだ。
ありがとう!楽シンジ!!!

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 02:34:23.06 ID:d9LqKp6hO

ミサト「ねぇねぇ加持君」

加持「なんだい葛城」

ミサト「フォーリンラブ、興味ないかしら」

加持「」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/05(土) 02:36:39.00 ID:d9LqKp6hO

アスカ「…ひっとえんどらーん」

アスカ「…ひっとえんどらーん」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:光彦「僕が1人で事件解決するしかなさそうですね。」