佐々木「君から誘われるなんて僕は嬉しいよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「なーんもすることねぇ」

ツイート

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 04:33:19.27 ID:fHusWc8mP

キョン「……暇だな」

キョン「新年早々ハルヒのヤツが風邪引いたせいで全然遊んでないからな」

キョン「煩わしいと思ってた団活もないとなると寂しいもんだ」

キョン「……」

キョン「せっかくの冬休みをこうやってダラダラ過ごすのもなんだな」

キョン「谷口と国木田でも誘ってどこか行くか」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 04:37:15.71 ID:fHusWc8mP

キョン「…あーそうかい、わかった。んじゃ、また今度な」

キョン「…はぁ」ピッ

キョン「二人ともダメか」

キョン「…どーすっかな、他に遊べるヤツなんていないしな」

キョン「…もしかして俺は友達が少ないのか?」


キョン「あ、そうだ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 04:42:37.42 ID:fHusWc8mP

─────

佐々木「やぁ」

キョン「よう」

佐々木「くっくっ。珍しいね。君から遊びに誘ってくれるなんて」

キョン「悪いな、いきなり」

佐々木「いいんだよ。むしろ嬉しいさ。でも、どうしたんだい急に? 僕と遊びたいだなんて」

キョン「ああ、遊ぶヤツ誰もいなくて暇だったからさ」

佐々木「……」

佐々木「…ま、まぁいいや。キョンと遊べるならなんでもいいよ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 04:47:13.26 ID:fHusWc8mP

佐々木「今日はSOS団の活動はいいのかい」

キョン「それがハルヒのヤツが風邪引いたせいでずっと集まってなくてな。年越してからほとんどどこにも行ってないんだよ」

佐々木「ふーん」

キョン「おまえは?」

佐々木「ぼ、僕かい? 僕は…まぁ、それなりに友達と…遊んだりしてるよ」

キョン「そうか」

佐々木「はは…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 04:52:15.28 ID:fHusWc8mP

佐々木「じゃあ、今日はどうしようか。何かプランはあるのかな」

キョン「いや、何も考えてない」

佐々木「……」

キョン「佐々木はどこか行きたいとことかあるか?」

佐々木「え? そ、そうだね。えーっと、その、いきなり言われても…」

キョン「うーむ。そうだな……あ、じゃあ初詣行っていいか? 俺まだ行ってないんだ」

佐々木「ああ、いいね。そうしようか。僕もまだ行ってないし」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 04:56:20.41 ID:fHusWc8mP

キョン「ん? おまえ、友達と遊んだ時行かなかったのか」

佐々木「えっ!?」

佐々木「あ…う、うん。初詣は行かなかったんだ…普通に遊んだだけで」

キョン「ふーん、そっか」

佐々木「はは…」

キョン「じゃあまぁ丁度いいか。んじゃ、行くとするか」

佐々木「うんっ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:03:04.30 ID:fHusWc8mP


 ガヤガヤ

キョン「おー、もう7日だってのにまだ結構人いるな」

佐々木「ホントだねぇ」

キョン「と…っとと、うわ危ねぇ。階段滑るぞ、気をつけろよ」

佐々木「はは、君じゃないんだから転んだりしないよ…わきゃあ!?」ズルッ

キョン「わっ、馬鹿…」

佐々木「い…たたた…」

キョン「今言ったばかりじゃねえか。大丈夫か?」

佐々木(情けない…)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:17:25.85 ID:fHusWc8mP

キョン「着いた着いた。さーてと、今年はいくら入れるかな。金ないし10円でいいか…」

佐々木「あ、キョン。10円玉はやめておいた方がいいよ」

キョン「え、なんで?」

佐々木「10円は遠縁って言ってね。円を遠ざけちゃうんだ。あと100円とか1000円もやめておいた方がいいかな」

佐々木「それなら5円とか50円にしておいた方がいいよ。御縁があるからね」

キョン「へー…よく知ってんなぁそんなこと。じゃあしょうがない50円入れるか」

佐々木「僕は500円いっちゃおうかな」

キョン「おー。豪気だなおまえ」

佐々木「ふふふ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:20:28.85 ID:fHusWc8mP


 パンパン

佐々木「……」

キョン「……」


佐々木「……」グヌヌ…

佐々木「ぶはあっ」

キョン「ふーっ」

佐々木「はぁ、はぁっ」

キョン「…どんだけ力込めてるんだよ…」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:24:47.80 ID:fHusWc8mP

佐々木「…キョン、君は何をお願いしたんだい?」

キョン「え? あー、まぁ…平和な毎日が続きますようにってな」

佐々木「……ふーん」

キョン「神様が実在するってわかったし、結構切実にな」

キョン「佐々木は?」

佐々木「僕かい? 僕は…ふふふ。まぁ、月並みだけど、秘密と言っておこうかな」

キョン「なんだそりゃ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:32:20.50 ID:fHusWc8mP


佐々木「……」

佐々木「…あ」

キョン「お、佐々木佐々木。タコ焼きがあるぞ。旨そうだな。食いたくないか?」

佐々木「え? あ、うん。食べたいな」

キョン「よし、んじゃ…」

佐々木「キョン、お金は後で払うからちょっと僕の分も買っておいてくれないかな?」

キョン「は? あ、おい、どこ行くんだよ」

佐々木「すぐ戻ってくるよ」タカタカ

キョン「?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:36:39.71 ID:fHusWc8mP

キョン「……」

キョン「……お」

佐々木「おまたせ」

キョン「おう。ほれ、おまえの分。どこ行ってたんだ?」

佐々木「ん、ちょっとね。はいキョン。これあげるよ」

キョン「? 何だこれ」

佐々木「ストラップだよ。この神社限定の」

キョン「え…もしかしておまえ、これ買いに行ってたのか?」

佐々木「えっと…まぁ、ね」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:40:46.51 ID:fHusWc8mP

キョン「そ、そうか。サンキュー。いくらだった? 金…」

佐々木「あ、お金はいいんだよ。僕が勝手に買ってきたものだから」

キョン「いいのか?」

佐々木「うん。でも、その代わりといっちゃなんだけど……今つけてくれないかな、ソレ」

キョン「え」

佐々木「お願いだよキョン。ほらほら」

キョン「わ、わかったよ……これでいいか?」ジャラ

佐々木「うん。…ふふふ。ありがとうキョン」

キョン「? なんなんだ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:45:20.34 ID:fHusWc8mP

─────

キョン「…はー。遊んだ遊んだ。もう8時か。早いなー」

佐々木「うん。ホントに…時間経つのが早いね」

キョン「んじゃ、そろそろ帰るとするか」

佐々木「えっ? も、もう?」

キョン「えっ、て。俺はいいけど、佐々木はあんまり遅くなったら親が心配するだろ?」

佐々木「……」

佐々木「…そうだね。じゃあ今日はこれくらいにして帰るとしようか」

キョン「おう」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:48:51.10 ID:fHusWc8mP


キョン「んじゃ、またな」

佐々木「うん…あ、キョン」

キョン「どうした?」

佐々木「あの…今度は僕から誘ってもいいかな。その…遊びに」

キョン「? ああ。当たり前だろ。暇な時ならいつでもいいぞ」

佐々木「…ふふ。そう。よかった」

佐々木「じゃあまたね、キョン。今日は本当に楽しかったよ。じゃあね」

キョン「おう」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:52:36.16 ID:fHusWc8mP

─────

ハルヒ「いやーみんな! 悪かったわね年始は団活できなくって。でもこれからその分取り戻すために遊びまくるわよ!」

キョン「ほどほどにしといてくれ」

ハルヒ「何言ってんのよキョ……」

ハルヒ「…ちょ、ちょっとキョン、このストラップどうしたの?」

キョン「ん?」

みくる「え?」

古泉「おや」

長門「……」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:56:10.23 ID:fHusWc8mP

キョン「何って…普通のストラップだが」

ハルヒ「……」

キョン「ど、どうした?」

ハルヒ「…別に。なんでもないわよ」

 プルルルル

古泉「はい…え? あ、そうですか…」

古泉「…申し訳ありません涼宮さん。ちょっと緊急の用事が入ってしまったもので、僕は今日はこれで…」

ハルヒ「あ、ちょっと古泉君!」

 バタン

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 05:59:20.61 ID:fHusWc8mP

ハルヒ「…何よ、せっかく私が復活したっていうのに…あーなんか頭きた。今日はもうこれでお終い! 解散!」

 バタン


キョン「……なんなんだ」

みくる「キョン君…そのストラップ、どうしたんですかぁ?」

キョン「え? こ、このストラップなんかそんなに問題あるんですか?」

みくる「えっとそのぉ…」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 06:01:34.66 ID:fHusWc8mP

みくる「それ、たしか縁結びのペアストラップで……」

みくる「恋人同士が一つずつつけるものなんですよぉ…」

キョン「え」




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 06:37:23.20 ID:fHusWc8mP

しまったおみくじ引くの忘れてた

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 06:41:29.07 ID:fHusWc8mP

佐々木「キョン」

キョン「わっ!? さ、佐々木。どうしたいきなり」

佐々木「あの……この前神社行った時、おみくじ引いてなかったよね」

キョン「は? あー、そういえば引いてないな。忘れてた」

佐々木「ごめん、よかったらもう一度付き合ってくれないかな。どうしても引きたいんだ」

キョン「え、えぇ? べ、別にいいけど」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 06:43:56.37 ID:fHusWc8mP


 ガヤガヤ

キョン「また来てしまった」

佐々木「ごめんねキョン」

キョン「いや、いいさ。俺も引きたかったし。やっぱりおみくじ引かないと一年の始まりって気がしないからな」

佐々木「そう言ってくれると助かるよ」

キョン「んじゃ、行くか。今度は転ぶなよ」

佐々木「うん」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 06:48:59.86 ID:fHusWc8mP

キョン「……」

キョン「…あ、あー。そういえばだな、佐々木…」

佐々木「なんだい?」

キョン「その…このストラップのことなんだが…」

佐々木「ん?」

キョン「いや……このストラップ…」

佐々木「なんだい?」

キョン「……あの…この…ス……」

佐々木「ん?」

キョン「……いや、なんでもない」

佐々木「くっくっ。変なキョンだね」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 06:54:23.59 ID:fHusWc8mP


キョン「…さてと。じゃ、引くとするか」

佐々木「うん。わざわざこのために来たわけだからね」

キョン「ほっ。…どれどれ」

キョン「…吉、か。はぁ」

佐々木「ふふ。悪くないじゃないか」

キョン「なんとも俺らしいというか」

佐々木「そうかい? 僕から言わせてもらえば、君はいつでも大吉のような人生を送っているよ」

キョン「そうかぁ?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:01:26.33 ID:fHusWc8mP

キョン「なになに…学問、励むべし。恋愛、信じて待つべし…」

佐々木「へえ」

キョン「はーん…なんかどうでもいいことしか書いてないな。誰が考えてるんだか」

佐々木「おみくじというのはそんなものさ。さてと、僕も引いてみようかな」

佐々木「よいしょ」サッ

佐々木「……」

佐々木「……」ドキドキドキ

佐々木「!!!」

キョン「ん、どうだった? どれ」


キョン「…だ…」

キョン「…大凶…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:05:40.08 ID:fHusWc8mP

佐々木「……」

キョン「……」

キョン(大凶って初めて見た……本当にあるんだなそんなの……)


佐々木「……」

佐々木(恋愛…成就しない。諦めるが吉…)

佐々木「……」


佐々木「…グスッ…」

キョン「!!!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:08:18.43 ID:fHusWc8mP

佐々木「…うっ…グスッ」

キョン「さ、佐々木。大丈夫だって。気にすんなよそんなの。たかが占いだって。当たりゃしないさ」

佐々木「ぐすっ…ううう」

キョン「さ、佐々木よぉ…」

佐々木「…去年も、凶だったんだ…」

キョン「え」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:12:40.77 ID:fHusWc8mP

佐々木「そしたら…本当にいいこと何もなかったから…だから…」

キョン「佐々木…」

佐々木「うう…」


キョン「よし、じゃあ俺のと交換しよう」

佐々木「え…」

キョン「おまえが引いたのは吉だ。大凶は俺が引いた」

キョン「で、この縁起の悪いもんはここに縛りつける。悪いのが出た時はここに縛れば良くしてくれるんだ」

キョン「な。これで何の心配もないさ。だからもう泣くなよ」

佐々木「……」グスッ

佐々木「……うん。ありがとうキョン」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:16:38.10 ID:fHusWc8mP

─────

キョン「…しかし意外だった」

佐々木「え?」

キョン「おまえがおみくじで泣くなんてさ。そーゆーのまったく信じないと思ってたからな」

佐々木「あ、はは…ちょっとナーバスになってて…感情的になってしまったね。恥ずかしいな…」

キョン「ま、気にすんなよ。所詮占いだ」

佐々木「うん。もう平気だよ。すまなかったね」

キョン「いや」


谷口「あ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:21:51.35 ID:fHusWc8mP

谷口「おーっキョンじゃねえか、なんだよおまえ、一人……!?」

キョン「おう、谷口」

谷口「…キョ、キョン。この人は?」

キョン「あぁ、中学の時の友達」

佐々木「こんにちは」

谷口「……あ、そ、そう……ごゆっくり……」タッタッタ

キョン「は? あ、おい」


キョン「…なんだアイツ」

佐々木「…変わった人だね」

キョン「まぁな」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:24:00.49 ID:fHusWc8mP

国木田「あ、おーい谷口。どこ行ってたんだよ」

谷口「国木田…くにきだぁ。うわあぁぁぁぁぁぁ!」

国木田「!? ど、どうしたのいきなり?」

谷口「ぶわぁあぁぁぁあああああ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:30:11.25 ID:fHusWc8mP

─────

キョン「ふあーあ」

キョン「ハルヒのヤツ遅せーなぁ」

古泉「…あの、すいません。涼宮さんが来る前に、あなたに一つお願いあるのですが…」

キョン「ん?」

古泉「そのストラップのことなんですが…できれば、涼宮さんといっしょにいる間はずしていてもらえないでしょうか」

キョン「え、あー…うーん。できればそうしたいんだが…でも、はずさないでって言われちゃったしな」

キョン「その、なんかアイツのこと裏切るみたいで…」

古泉「佐々木さんですか?」

キョン「……うん」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:33:31.30 ID:fHusWc8mP

古泉「えーっと、あなたたちは付き合っているんですか?」

キョン「いや、全然。でもな…」

古泉「なら少しの間くらいはいいじゃないですか。義理堅いのもわかりますが…」

キョン「…ん、それもそうだな、じゃ…」

 バタン!

キョン「!!」

ハルヒ「ハロー! みんな揃ってる!?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:38:14.98 ID:fHusWc8mP

キョン「お、おう」

みくる「こんにちはぁ〜涼宮さん」

古泉「ど、どうも」

長門「……」

ハルヒ「んふふふ。今日はみんなにいいもの買ってきたのよ! はい!」

みくる「? なんですか…あ、ストラップ」

ハルヒ「京都の有名な神社で買ってきたのよ! 絆結びのストラップなんだって。みんなの分あるわよ!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:40:50.01 ID:fHusWc8mP

みくる「わぁ〜。ありがとうございますぅ。嬉しいです」

古泉「これはこれは」

長門「…感謝する」


キョン「……え、あれ? 俺のは?」

ハルヒ「……」

キョン「おい」

ハルヒ「ん…コホン。えっと…まぁ、残念だけど4つしかなったのよ。だからあんたの分はないわ」

キョン「はぁ? なんだそりゃひっでえな…」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:46:37.06 ID:fHusWc8mP

ハルヒ「その代わり! これ、アンタにあげるわよ!」

キョン「え」

ハルヒ「つけておきなさいよ! いいわね!? 絶対よ!」

キョン「は、はぁ」

ハルヒ「あ…あー。なんか喉渇いた! ちょっとジュース買ってくるから!」

 バタンッ タッタッタッ…


キョン「……」

古泉「…縁結びのストラップですね…あなたが今つけてるのと同じ」

キョン「なんなんだよアイツは…」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:47:39.43 ID:fHusWc8mP



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 07:49:49.33 ID:fHusWc8mP

完全に蛇足だった



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「パパ、話って何?」