「安価のシャナV」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒのBIO HAZARD 2

ツイート

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 23:56:01.78 ID:3hr3/MM2O

――――――――――

悠二「うわ…わあああああああああああああ!!!!!!!!!!」


悠二「…………!?なんだ夢か……、僕が仮装舞踏会の盟主になってシャナと戦うなんて……」

悠二「あるはずないじゃないか………ははは」

悠二「さて、今日は学校も休みだし、>>6と遊びに行こうかな」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 23:58:14.58 ID:fQC0+A0n0

ヴィルヘルミナ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 00:08:29.88 ID:1S2ARiRFO

悠二「カルメルさんの家に行ってこよう!!」

悠二「そうと決まったらさっそく支度しなきゃな」

千草「あら、悠ちゃんどこかにお出かけ?」

悠二「うん、今日はカルメルさんの家に…」

千草「まぁ!!じゃあこれ持っていきなさいな、カルメルさんに失礼のないようにね」

悠二「う…うん」

そういって母さんが渡してきたものは
>>11だった

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 00:22:58.21 ID:/iwlUg3T0

ワルサーP38

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 00:28:11.94 ID:1S2ARiRFO

悠二「ワルサーP38…!?」

悠二「こんな物騒なものを母さんは何故僕に……?護身用かな?まったく…いつまでも子供扱いなんだから」
ゴソッ…


――――――――――

ピンポーン…
ヴィルヘルミナ「むむむ…客人であります」

ヴィルヘルミナ「どちら様でありますか?」

悠二「>>18

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 00:40:34.91 ID:yNmtbzhA0

やらないか

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 00:55:57.05 ID:1S2ARiRFO

悠二「やらないか?」

ヴィルヘルミナ『むむむ……?この声は聞き覚えがあるのでありますが』

ヴィルヘルミナ『思い出せないのであります…いや、思い出す必要のない人物なのでありましょう』

悠二「あの…全部聞こえてますけど……、カルメルさん開けてくださいよ!坂井悠二です」

ヴィルヘルミナ『零時迷子のミステスでありますか、やはり思い出す必要性のない…いや、何用でありますか?やらないかとは一体何をするつもりでありますか?』

悠二「えーと…、>>22

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 00:57:38.75 ID:8xnKXbEV0

おっぱい揉ませてください!

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:03:37.37 ID:1S2ARiRFO

悠二「おっぱい揉ませてください!!」

ヴィルヘルミナ『…………うむむむ、やはり嫌な男なのであります。お引き取り願うのであります』

悠二「ちょっと!!カルメルさーん!!!!」

悠二「…………次に会うときが恐ろしい……」

カルメルさんを誘うことに失敗した
次はどうしよう?
>>26

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:04:53.20 ID:bjmEqaE50

無理やり突破

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:08:55.71 ID:1S2ARiRFO

悠二「ここで引き下がるわけにはいかない!!」

悠二「カルメルさんのおっぱ……カルメルさんと遊ぶために無理矢理突破してやる」

悠二「とは言っても具体的にどうすればいいんだろう?」
>>31

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:11:12.38 ID:bjmEqaE50

祭礼の蛇の力で無理やり進入

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:16:12.97 ID:1S2ARiRFO

悠二「“祭礼の蛇”の力を使って……ってあれは夢だったじゃないか」

悠二「今の余にそんな力……ってあれ?」

悠二「力がみなぎってくる……これが“祭礼の蛇”の力」

悠二「夢の中で何か掴んだのか?まぁいいや、これなら何でもできる気がする」

悠二「このドアを破壊することも簡単にできる気もするが…」

さて、どうする?
>>36

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:21:43.18 ID:8xnKXbEV0

おっぱい

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:27:45.74 ID:1S2ARiRFO

悠二「おっぱい……だと」

悠二「はやくカルメルさんのおっぱいを揉まないと…!!」

悠二「まずい!!会いたくて会いたくて震えてきた!!はやくカルメルさんの家に入らないと」

どうする?
>>41

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:29:45.94 ID:Phx+zsml0

家に帰ってシャナのおっぱいで我慢する

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:35:17.45 ID:1S2ARiRFO

悠二「諦めて家に帰ろう……」
トボトボ…


――――――――――

悠二「ただいまー」

千草「あら?悠ちゃん、早かったのね」

悠二「うん…カルメルさん、家に入れてくれなかったんだ」

千草「あらあら…」

悠二「シャナ来てるだろ?」

千草「シャナちゃんなら>>47

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:37:26.28 ID:hY7GVKHI0

トイレ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:42:41.19 ID:1S2ARiRFO

悠二「トイレ?フレイムヘイズなのに…?」

悠二「シャナー?いるのかー?」
コンコン…

シャナ「ゆ…悠二?!////」

悠二「何してるんだ?そんなところで」
コンコンコンコン!!!!!!

シャナ「うるさいうるさいうるさい!!!!」

千草「あらあら、悠ちゃんったら…」

シャナが出てこないぞ
どうする?
>>53

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:45:28.77 ID:bjmEqaE50

もうムラムラしてヴィルヘルミナを襲う

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:53:05.69 ID:1S2ARiRFO

悠二「あああああ!!!!!!!!!僕もう我慢できないよ!!」

悠二「やっぱりカルメルさんところに行ってこよう!!」

悠二「カルメルさぁぁん!!!!!!!」
ダダダダッ……


シャナ「ふぅ……悠二は?」

千草「叫びながら飛び出していったわ…」

――――――――――

悠二「はぁはぁ……カルメルさん開けてください」

ヴィルヘルミナ『また…でありますか』

ムラムラしてきたよ
もうドアを壊して入ろうかな
どうする?
>>61

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 01:56:47.97 ID:USvO4ibv0

シャナを人質にして揉む

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 02:06:54.99 ID:1S2ARiRFO

悠二「カルメルさんの一番大事なもの…それはシャナだ!!」

悠二「そのシャナを人質にしてカルメルさんにあんなことやこんなことを………ぐへへへ」

悠二「はやくシャナを連れてこなくちゃ」
ダダダダッ…

――――――――――

悠二「はぁ…はぁ…!!た…ただいまー」

シャナ「悠二!!何よ、いきなり!?べ…別に千草に料理教えてもらってなんかないんだから」

悠二「僕と一緒に来てくれ!!」
グイッ!!

シャナ「ちょ…ちょっと悠二!?」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 02:12:19.03 ID:1S2ARiRFO

――――――――――

シャナ「私の家……何で連れてこられたの?」

悠二(人質になってくれって言ってもなってくれるわけないしな…)

悠二(抵抗されたりしてシャナとカルメルさんふたりを敵に回したらさすがの余でも厳しい…)

なんとかしてシャナを抵抗できないようにしなきゃな
どうする?
>>73

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 02:17:31.58 ID:Phx+zsml0

即レイプ

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 02:25:07.64 ID:1S2ARiRFO

悠二(レイプしてイカせまくったら抵抗する気力がなくなるかもな)

シャナ「悠二…?」

悠二「…………」
ペロペロ…

シャナ「ひゃっ?!ん…っ…あぁっ……!!」

悠二(前戯は10秒で十分だろ…よし!!)
グググッ!!!!

シャナ「ああああっっ!!!!!くっ…ううぅ……っ…んんっ……!!!!」

シャナ「はぁんっ…あっ……あっあ……!!!!ひゃ…ぅんっ……ああああああ……!!!!」
ビクンビクン…!!!!


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 02:32:10.38 ID:1S2ARiRFO

シャナ「んあっ…んんっ……あああっ…!!!!ゆ…ゆうじ……ぁんっ…ふっ…!!!!」

悠二「もうシャナは限界っぽいな…ぐふふ」

ガチャ!!!!
ヴィルヘルミナ「先程から人の家の前でうるさいのであります!!」

シャナ「あ…んんっ…ヴィルハル…ミナ……ああっ…ひゃう…っん…!!」

ヴィルヘルミナ「ああ…なんということを…壊されたいようでありますな」

チャキッ…
悠二「このワルサーP38が目に入りませんか?」

ヴィルヘルミナ「き…貴様……」

悠二「少しでも抵抗したらシャナの命はないですよ」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 02:37:19.01 ID:1S2ARiRFO

ヴィルヘルミナ「………わかったのであります」

悠二「まずはそのおっぱいを……ぐふっ」
モミモミ…

ヴィルヘルミナ「……っ…くっ……んっ…ふぁっ……!!」

悠二(やはりシャナを人質にしたらカルメルさんは絶対に抵抗しない)

今なら何でもできそうだ…
どうする?
>>86

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 02:38:41.79 ID:USvO4ibv0

kskst

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 02:38:51.74 ID:SvpqIFoU0

セーラー服着せてしゃぶらせる

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 02:48:25.87 ID:1S2ARiRFO

悠二「カルメルさん、セーラー服を着てきてください!シャナの部屋にあるでしょ?」

ヴィルヘルミナ「なっ…?!////」

悠二「はやく着替えないとシャナの頭が無くなりますよ」

ヴィルヘルミナ「わ…わかったのであります」

―――――――――

悠二(まだかな…)

ガチャ…
ヴィルヘルミナ「…………くっ…////」

悠二(シャナのセーラー服のサイズが小さいからカルメルさんが着ると……見てるこっちが恥ずかしくなるよ…////)

悠二「さ…さぁしゃぶってください!!」

ヴィルヘルミナ「んっ……んん……ぷはっ……ん…ん……っ……!!」
チュパチュパ…

悠二「くっ……いいよ…すごくいいよ…カルメルさん…!!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 02:54:59.41 ID:1S2ARiRFO

ヴィルヘルミナ「んふっ……んんんっ…!!」
チャパチャパ…

悠二「うぅっ……で…でる…!!」
ドピュッ!!

ヴィルヘルミナ「んんっ…!?ああっ……げほっ…げほっ……!!」

ヴィルヘルミナ「はぁ……はぁ……」

気持ちよかったし、満足したな
そろそろシャナの体力が戻りそうだな…
ここにいると危険だ

そろそろ退散するか…
次はなにしよう?
>>97

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 02:57:58.60 ID:kzwBIXWA0

封絶張って池犯す

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 03:06:58.51 ID:1S2ARiRFO

悠二「封絶張って池を犯すか」

悠二「もうここには用はないな!!」
ダダダダッ…

――――――――――

悠二「あっ……ワルサー置いてきちゃったよ…、まぁいいか」

悠二「封絶っ!!!!この時間なら池は家にいるかな」

――――――――――

ガチャ…
悠二「おーい、池?いるのか?」

池「」

悠二「いたいた」

悠二「犯すっていっても具体的にどうすればいいのかな?」
>>107

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 03:09:49.44 ID:kzwBIXWA0

尿道カテーテル

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 03:17:21.46 ID:1S2ARiRFO

悠二「池の体に尿道カテーテル……まさかこんな日が来るとは」

池「」

ゴソッ…
悠二「この管を池のアソコに……」
ヨイショヨイショ…

悠二「うまく入らないな…………何で僕はこんなことをしてるんだ……?」

悠二「…………………やっと通った」

で、これからどうするんだ?
>>117

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 03:21:50.34 ID:PK5uklwJ0

カテーテルの先を自分のケツ穴に入れる

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 03:29:09.98 ID:1S2ARiRFO

悠二「こ…この先を僕のおしりのなかに…?」
ゾクゾク…

悠二「やってみるか………」
ゴソゴソ…

悠二「うっ……痛っ……くっ…自分でやっておきながらなんて屈辱的なんだ……池め…!!」

悠二「はうっ……!!と…通ったぞ!!」

で…どうするんだ?
>>125

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 03:33:31.84 ID:Miv7sWSo0

封絶を解除

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 03:48:11.41 ID:1S2ARiRFO

悠二「この状況で封絶を解く……だと」


悠二「…………」

池「…………」

悠二「池、これはその……」

池「やっぱり迷惑だったよな…いくら僕が医学部に進むための勉強だからって友達にこんなこと手伝ってもらって」

悠二「え…?」

悠二(これは…そうか、封絶が解除されたらほとんど違和感がないように修復されるんだっけ)

悠二「まぁ助かったな……」

池「どうした?坂井」

悠二「もうこんな時間か…そろそろ行かないと、じゃあまた明日な池」

――――――――――

悠二「あんな状況でも修復されるとは…封絶恐るべしだな」

そろそろ夕方か…
どうしようか?
>>136

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 03:53:13.20 ID:wWwAeOqX0

シャナに土下座

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 04:01:08.69 ID:1S2ARiRFO

悠二「ただいまー」

千草「悠ちゃん!!シャナちゃんが」

シャナ「うっ……うえっ…ぐすっ…」

千草「悠ちゃん!!シャナちゃんに何したの?」

悠二(うっ…なぜ僕の家にいるんだシャナ……ここは謝るべきだよな)

悠二「シャナ!!ごめんな!!」
バッ!!!!

千草「悠ちゃん…土下座までして…、何があったか説明してちょうだい!!」

悠二「それは…>>143

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 04:07:55.99 ID:PK5uklwJ0

本当は前から母さんをレイプしたかったんだ
だからその前に練習でシャナをレイプしたんだ

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 04:16:39.02 ID:1S2ARiRFO

悠二「本当は前から母さんをレイプしたかったんだ、だからその前に練習でシャナをレイプしたんだ」

千草「…………悠ちゃん、自分で何を言ってるか分かってるの?」

悠二(くっ…母さん怒ってる、当然だよな…こんなこと言って怒らない親なんかいないよ)

千草「出ていきなさい悠二、もう帰ってこなくていいわよ」

――――――――――

悠二「家を追い出されてしまった…寒いっ!!とりあえず寝るところを探さないとな」

どこに行く?
>>153

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 04:25:20.30 ID:PK5uklwJ0

自宅に再度突入し無理矢理3P

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 04:29:32.91 ID:1S2ARiRFO

おまえらの頭は卑猥なことしか考えてないのかwww
寝ます

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 17:26:12.03 ID:1S2ARiRFO

悠二「諦めるわけにはいかない…手を伸ばせば届くんだ」

ガチャ!!
悠二「ただいまー!!母さーん、シャナー」

バッ!!
シャナ「…………」

悠二「えーと…、シャナ……さん?」

シャナ「今のお前は危険人物、千草に近づけるわけにはいかない」

シャナが立ちふさがってきた!!
どうする?
>>183

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 17:30:43.58 ID:wWwAeOqX0

土下座

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 17:50:38.70 ID:1S2ARiRFO

バババッ!!!!
悠二「…………」

シャナ「…………?何してるの?」

悠二「土下座だ!!これは深い謝罪の意味があるんだ」

シャナ「反省してるの……?」

悠二「うん…今日は色々とごめん、僕どうかしてたんだ」

シャナ「悠二……」

あともうひとおしだ
>>192

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 17:52:47.40 ID:PK5uklwJ0

油断した所で足を切り落とす

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 18:00:05.34 ID:1S2ARiRFO

悠二(シャナも馬鹿だな…僕のことを信用しかけてる)

悠二(また邪魔されるのも嫌だから、いっそ足を切り落としてやろう)

シャナ「悠二がそんなに反省してるなら…」

悠二(よし…くっくっく……)

足を切り落とすのには何か道具が必要だな

何を使う?
>>202

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 18:02:24.84 ID:MGkKhfjAO

ノコギリ

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 18:08:15.83 ID:1S2ARiRFO

悠二(ノコギリがいいな…フレイムヘイズの足を切断するんだ…それくらいじゃないと)

シャナ「どうしたの……?」

悠二「ちょっと待っててくれ」

シャナ「……?」

――――――――――

悠二「お待たせシャナ」

悠二(ノコギリは用意した、あとは場所だな…さすがに家でやるのはまずい)

何処に連れ出す?
>>219

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 18:13:14.51 ID:kcj3Gttt0

両国国技館

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 18:24:04.25 ID:1S2ARiRFO

――――――――――

シャナ「ここ……何??」

悠二「両国国技館、相撲とかするところなんだよ」

シャナ「ふーん」

悠二「今日の両国国技館のイベントは……>>229か」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 18:26:39.12 ID:PK5uklwJ0

第79回紅世の徒尻相撲大会

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 18:35:33.95 ID:1S2ARiRFO

悠二(池の情報によると今日ここで乱交パーティーが行われるらしい)

悠二(集まってくるのはイカれてる鬼畜ばかりだ…ここでシャナの足を切り落としても大した騒ぎにはならないだろう)

ガヤガヤガヤ…
悠二「そろそろ始まるみたいだな」

シャナ「人がいっぱい……みんな相撲を見に集まってるのね」

悠二「シャナ、僕たちも行こう」

シャナ「うん」

ガヤガヤガヤ……
シャナ「これが相撲……?本に書いてたのとは少し違う…まぁ時代は流れてるから多少変わってても別に変ではないか」

今すぐ切断作業に取り掛かってもいいがどうしよう?
>>236

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 18:37:20.23 ID:Phx+zsml0

中止

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 18:43:43.32 ID:1S2ARiRFO

悠二(やっぱりシャナの足を切断するなんてできないよ)

悠二「シャナ、そろそろM-1グランプリが始まるから帰ろう…」

シャナ「え……?うん…私もこんな気持ち悪い人たちとはいたくないし…」

悠二(シャナの足を切断しようとしてたなんて僕はどうしちゃったんだ……)

悠二「うっ…うぅ……っ…」

シャナ「悠二…?どうして泣いてるの?」

悠二「>>245

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 18:46:36.54 ID:Phx+zsml0

オーレイプ最高

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 18:55:32.81 ID:1S2ARiRFO

悠二「オーレイプ最高」

ビクッ!!
シャナ「悠二!!」

悠二「へ……?!ぼ…僕、今何か言った?」

シャナ(今日の悠二はやっぱりおかしい…」

悠二(自分が自分じゃないみたいだ……まるで僕の中に僕がもう一人いるように)

悠二(まさかあれは夢じゃなくて本当に僕の中に“祭礼の蛇”が…)
ゾクッ…

悠二「今日ははやく寝よう…シャナ、ごめん!夜の鍛練は休んでいいかな?」

シャナ「うん、今日の悠二を鍛練しても仕方ない」

悠二「ありがとう」

――――――――――



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 19:00:34.01 ID:1S2ARiRFO

悠二「そうだ…家には帰れないんだった」

悠二「シャナとも別れちゃったし…今日は>>255のところに泊めてもらおう」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 19:03:23.24 ID:wWwAeOqX0

吉田さん

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 19:06:47.63 ID:1S2ARiRFO

悠二「吉田さんの家に行こう…」

悠二「吉田さんなら絶対に断られないだろう」

――――――――――

ピンポーン
吉田「はーい、どちら様ですか?」

悠二「>>263

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 19:10:59.05 ID:ity4J3wT0

全力で腹パン

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 19:17:28.93 ID:1S2ARiRFO

ガチャ…
吉田「さ…坂井くん?!////」

悠二「吉田さん…こんばん、わ!!!!」
ドスッ!!!!!!!!!

吉田「ぐふっ…!!!!う……痛い……っ……さ…坂井…くん…」
バタッ!!!!

悠二「や…やってしまった……」

健「何だ今の音は…?姉ちゃん?!大丈夫か!?」

悠二「吉田さん、大丈夫?!」

健「あっ!!お前はサカイだな!?姉ちゃんに何したんだ?!」

悠二「>>272

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 19:18:52.07 ID:RacUt2FO0

ksk

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 19:19:11.06 ID:wWwAeOqX0

いきなり倒れたんだ!!!
こんなところだよ風邪をひく・・・
早く部屋に案内するんだ!!!!!

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 19:31:34.26 ID:1S2ARiRFO

悠二「いきなり倒れたんだ!!こんなところだと風邪をひく、はやく部屋に案内するんだ!!!!」

健「そうか…、姉ちゃん体弱いからな…こっちだ」

悠二「吉田さん、しっかり!!」
ヨイショッ…

悠二(吉田邸潜入成功wwwwww)

健「ここが姉ちゃんの部屋だから!今日は父さんも母さんも留守だから、姉ちゃんに変なことすんなよ」

悠二「し…しないよ…////吉田さんのことは僕に任せて、健くんは休んでよ」

健「そっか、悪いな…じゃあ何かあったら呼んでくれ」
ガチャ…

悠二「ここが吉田さんの部屋か…////」

何をする?
>>283

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 19:35:14.97 ID:hY7GVKHI0

隠し持っていたノコギリで足切断

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 19:46:17.18 ID:1S2ARiRFO

悠二「吉田さん…気を失ってるな、ちょうどいい…」

ゴソゴソッ…
悠二「くくくっ…これで吉田さんの綺麗な足を切断か……」

悠二「そうだ…叫び声をあげられるとマズイから>>297を口に詰めておくか」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 19:48:14.84 ID:LHDihJzP0



300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 19:50:16.04 ID:1S2ARiRFO

悠二「健くんを詰めるのは無理があるな」

悠二「健くんの一部を使うってのならできなくはないだろうけど…」
>>304

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 19:52:27.08 ID:PK5uklwJ0

大腸

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 20:08:55.07 ID:1S2ARiRFO

コンコン…
健「なんだ?」

悠二「ふんっ!!」
ゴンッ!!!!

健「うわっ!!!!!!!!」
バタンッ…

悠二「君に恨みはないが…」

健「」

悠二「とりあえず腹をかっさばくのがいいのかな?よくわからないけど…」

ギコギコギコギコ…


健「ぎゃああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」


ギコギコギコギコギコギコ……

健「ぎゃひああいいあああええいいあああああうあああぐがががぎぐがggga!!!!!!!」


310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 20:10:19.87 ID:1S2ARiRFO

ギコギコギコギコギコギコ……


グチャグチャグチャ……
悠二「これが大腸かな?引き抜くぞ」
グイッ!!!!!

健「ぐがががげぴいかああああああいあああああ!!!!!!!!!」
グチャグッチャ…

悠二「ふう……」

悠二は健の大腸?を手に入れた

健は瀕死状態だな…まだ息はある…
どうする?
>>313

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 20:12:10.75 ID:kcj3Gttt0

今までのが全て夢オチに

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 20:21:17.47 ID:1S2ARiRFO

悠二「うあああっ……!!!!!!頭が痛い……!!!」

悠二「頭の中に直接語りかけられるような声が聞こえる……」


『夢堕ちをは一度しか使えんが本当にいいのか?坂井悠二』


悠二「>>320

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 20:21:51.13 ID:zUUxKeUG0

だが断る

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 20:36:41.41 ID:1S2ARiRFO

悠二「だが断る!!こんなことが夢なわけがないんだ!!」

悠二「この血の匂い……、内蔵の感触……、健の悲鳴……、全てが現実…僕はこれを受け止める!!」

悠二「てことで健くんは放っておこう…大腸借りるね」

――――――――――

ガチャッ…
吉田「!?」

悠二「吉田さん…、気がついたんだね」

吉田「ひっ…?!さ…坂井かん……その手に持ってるのは……!?」

悠二「これ?これは健くんの大腸だよ」
ボタ…ボタ…

吉田「きゃああああああああああああ!!!!!!!!!」

悠二「わわわ…!?はやく口を塞がないと!!!!」
ガボッ!!!!!

吉田「んんんーっ!?!!!!!!おえっ……んっ…んんっ…!!!!!!」

悠二「後は足を切断しなくちゃ……はぁはぁ……」


327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 20:43:37.69 ID:1S2ARiRFO


ギコギコ…

吉田「!?んんんんうううっっ!!!!!!!!!!」

吉田「げぼっ…!!!!ぶっは……ぎゃああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」

悠二「あれ!?吐き出しちゃったんだね…」

吉田「さ…坂井くん……なんで…?!こんなこと……?」

悠二「…………」

吉田「私の知ってる坂井くんはとても優しい人です……」

悠二「>>334

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 20:49:01.85 ID:Phx+zsml0

今足切断するのに集中してるから黙ってて!

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 20:58:12.23 ID:1S2ARiRFO

悠二「今、足切断するのに集中してるから黙ってて!!」

吉田「うう……うああああああっ……ひいぃっ……!!!!!!」

悠二「さぁ、再開だ……」

ギコギコギコギコ…

吉田「ひぎぃっ!!!!ふあっ…あああああ……た…っ…たすけ……!!!!ぎゃぴいあああっ……!!!!!」

ギコギコギコギコ…

悠二「はぁ……はぁ……!!」

吉田「ぐががぎぎぎぐぐええがごごごがあああああああっああいあああああああああっ!!!!!!!!!!!」

ボトッ……

悠二「やっと右足を落とせたな……疲れた」

さて、これからどうしようかな?
>>345

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 21:00:52.81 ID:P3fgAEzF0

切り口にチンポ突っ込む

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 21:12:41.39 ID:1S2ARiRFO

悠二「切断面ってこうなってるんだ…何故か興奮してきたぞ」

吉田「うううっ……ひぎっ…ひぐぅ…!!!!おえぇぇ…っ……!!」

悠二「突っ込んでみるか……おっと、バイ菌が入らないようにゴムは付けないとな」
ゴソッ…

悠二「よしっ!!いくよ…吉田さん」
グググッ!!!!!!

吉田「ぴぎゃああっ!!!!!!!!あああああっいたいいたいいいいいいい!!!!!!!!!!」
グチャグチャグチャ…


悠二「やっぱ無理か……んっ!?ま…まずい…?!」

警察!?誰かが叫び声を聞いて通報したのか?

どうしたら…?
>>357

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 21:15:32.72 ID:wWwAeOqX0

足再生
切り落とした足は化け物になって悠二に襲いかかる

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 21:30:19.60 ID:1S2ARiRFO

悠二「足を再生……できるのか?でもやるしかないんだ!!」

悠二「はああああああ!!!!!!!」



悠二「さすがに封絶をはってない状態の修復は不可能だ!!ごめん……吉田さ――ぐあああ!!!!!!!」
バタッ!!!!

悠二「一体何が起きて…!?ひいいいっ?!吉田さんの……足…?」

なんと切断した吉田さんの右足が攻撃してきた……!!

悠二「まさか…紅世の徒が憑依して……!?」

この徒の名前>>368

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 21:35:46.27 ID:g25wlnx6O

封印されし者の右足

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 21:47:53.93 ID:1S2ARiRFO

悠二「“封印されし者の右足”だと?!」

封印されし者の右足(以下、右足)「」

悠二「初めて見るタイプの徒だが…とてつもなく嫌な予感がする」

悠二「まぁ徒のことは後でカルメルさんにでも相談してみよう」

悠二「今は警察から逃げなくちゃな」

警察は今にも吉田邸に突入する勢いだ
どうする?
>>377

377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 21:49:50.44 ID:Phx+zsml0

気にせず左足を落とす

380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:02:00.53 ID:1S2ARiRFO

悠二「警察なんか無視だ、それよりも左足の切断が先だ」

右足「」
ヒュイッ……

悠二「ん?右足が窓から逃げていったが……まぁいいや」

ギコギコギコギコ…

吉田「ぎゃっ?!ぎやああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」

ギコギコギコギコ…

吉田「ぐぐういああああああひぐぐぐぐぅぅぅぅいあああああーっっっ!!!!!!!」

ガチャ…
警察「き…貴様…なにをしている!?」

悠二「わわわっ?!」

どうしよう?左足の切断もまだ終わってないのに警察が凸してきた
>>386

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 22:04:26.39 ID:brzlmKN00

エクゾディア開放
周囲は焼け野原に

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:17:45.22 ID:1S2ARiRFO

悠二「こ…これは…その…!!」
アワアワ…

警察「な…なんだ!?!!」

ずどーーーーーーーっん!!!!!!!!!!!!!!!!

それは一瞬の出来事だった!!
吉田さんの体が突然大爆発を起こし……、周囲は焼け野原に……

僕は身に付けていた宝具『アズュール』の力で無傷ですんだ

『アズュール』で防げたということはあの大爆発は徒の仕業なのか?

くそっ!!よくも吉田さんを…許さないぞ!!!!

大爆発が起こる直前、吉田さんの左足が引きちぎれ…窓から飛び出していったことをこの時の僕は知らなかった……

394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:26:39.76 ID:1S2ARiRFO

――――――――――

佐藤「おい、聞いてんのかよ坂井」

悠二「えっ!?ごめん、何だっけ」

田中「街中大騒ぎだったろ?昨夜の吉田ちゃんち周辺の爆破事件」

緒方「現場見に行ったんだけど凄まじい光景だったよ、でもまだ一美は見つかってないんだって(笑)」

悠二「へ…へぇー」

池「何か知ってるのか?坂井」

悠二「>>398

398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:30:01.46 ID:RacUt2FO0

犯人はシャナなんだぜwwwwwwwww

403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:38:58.33 ID:1S2ARiRFO

悠二「犯人はシャナなんだぜwwww」

池「何言ってるんだよ?平井さんがそんなことするわけがないだろ」

緒方「そうだよ坂井くん、いくらシャナちゃんがすごいからってあんな人並み外れたことなんか…」

佐藤(いや…シャナちゃんなら可能だろ)

田中(まさか坂井を独占するために吉田ちゃんごと…)

佐藤「これは一大事だぜ」
ヒソヒソ…

田中「あぁ…姐さんに報告だ」
ヒソヒソ…

佐藤「わりぃ、俺ら用事思い出したから早退するわ」

田中「じゃあな」

404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:43:32.84 ID:1S2ARiRFO

――――――――――

シャナ「悠二、吉田一美の家があった場所に行くわ」

悠二「えっ?!な…な、なんでだよ?!」

シャナ「何慌ててるの?徒の仕業かもしれない、ついてきて」

あの現場から僕が関わってるなんかわからないとは思うけど…

どうする?
>>409

406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:46:28.00 ID:RacUt2FO0

シャナの両足を切断

409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:48:35.10 ID:RacUt2FO0

>>406

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:57:58.40 ID:1S2ARiRFO

悠二「わ…わかったよ、行くって」

シャナ「………?」

悠二(しまった…!!不審に思われたか!?いや、まさかな…だがシャナの勘は鋭いからな)

悠二(ええい!!疑わしきは切断する!!シャナの両足切断だ…)

シャナ「悠二、もっと早く歩いて」

さて、現場まで到着するのにあと15分ってとこか…
まずどうする?
>>422

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 23:00:21.59 ID:5EuouBcU0

切断は諦める

425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 23:13:08.45 ID:1S2ARiRFO

悠二(切断は諦めよう……疑わしいからって即切断なんて、そんなのなしだ!!)


シャナ「着いたわ、アラストール」

アラストール「うむ、微かだがまだ徒の痕跡が残っている」

シャナ「これは…?」
ガサゴソ…

悠二「ああっっ!!!!」

悠二(あれは僕が切断に使ったノコギリ…、でもあんなものどこにでもあるものだから)

シャナ「そんな手がかりになるものはないようね」

悠二「ふう…」

シャナ「悠二、昨日も変だったけど今日もおかしい…」

悠二「>>430

430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 23:19:26.47 ID:RacUt2FO0

用事を思い出したから帰るね!

434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 23:32:23.39 ID:1S2ARiRFO

悠二「用事を思い出したから帰るね」

シャナ「ゆ…悠二…!?」

――――――――――

悠二「ふぅ…なんとか逃げてこられたな、あれが僕による切断が原因なんてことが知られたら……」

悠二「そうだ!!あの徒、“封印されし者の右足”とかいったっけ…あの徒をそのままにしておくのも不安だな」

誰にこのことを相談する?
>>439

439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 23:35:23.56 ID:gsmYzA/x0

爆発したけど生きていた吉田さん

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 23:46:58.54 ID:1S2ARiRFO

悠二「ここは本人に聞くのが一番だが……」

『坂井くん……坂井くん聞こえますか?』


悠二「この声……吉田さん?あのとき、吉田さんから奪っておいた“ヒラルダ”から聞こえてくるぞ」

『坂井くん…、私にはどうしてもあんなことを坂井くん自らやったとは思えません』

悠二「そ…そうなんだ、あれは全て僕の意思じゃなくて…、吉田さん今何処にいるんだ?」

『私は――――――――――』

吉田さんは>>448にいるらしい

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 23:50:07.18 ID:8xnKXbEV0

ヴィルへルミナと一緒に

456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 00:47:23.43 ID:QxcxylClO

『私はカルメルさんのところにいます』

――――――――――

ヴィルヘルミナ「…………」

悠二「…………」

ヴィルヘルミナ「…………」

悠二「あの……吉田さんは…?」

ヴィルヘルミナ「今のあなたに彼女と会わせるわけにはいかないのであります……」

悠二「え……?」

ヴィルヘルミナ「彼女の肉体はもう存在しないのであります、あなたのせいで」

ヴィルヘルミナ「辛うじて魂だけここに残すことに成功したのであります、それもいつまで保っていられるか」

悠二(やっぱりカルメルさんは全て知ってる…)

ヴィルヘルミナ「何か言うことは?」

悠二「>>460

460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 00:51:21.66 ID:fMs1btgt0

しゃぶってよ、怒ってんの?

463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:05:18.37 ID:QxcxylClO

悠二「しゃぶってよ、怒ってんの?」

ヴィルヘルミナ「うむむむ……」

ヴィルヘルミナ「これほどまで戦闘意欲にかられるのは大戦以来なのであります」
ドドドドド……

悠二(殺される……)

ヴィルヘルミナ「殺すことはいつでもできるのであります、それよりも今はあなたに訪ねたいことが……吉田一美嬢の両足の徒のことであります」

悠二「は…はぁ」

ヴィルヘルミナ「何故あのようなことを?」

悠二「>>466

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:07:25.05 ID:WZcWPS8Q0

シャナが欲しそうにしてたから

470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:16:47.25 ID:QxcxylClO

悠二「シャナが欲しそうにしてたから」

ヴィルヘルミナ「うむむむ……それは真でありますか…?」

悠二「ほ…ほんとです!!そ、そんなことよりあの徒はなんなんですか?」

ヴィルヘルミナ「理解してなかったのでありますか……?」

悠二「一体何のことですか?!」

ヴィルヘルミナ「まったく……あなたが使用したノコギリは切断した人間の一部を徒に変えてしまう宝具なのであります」

悠二「な……なんだと……?」

ヴィルヘルミナ「それでその宝具は今どこに?」

悠二「>>475

475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:20:28.77 ID:6DLWxzg30

池に渡した…かな?

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:32:41.01 ID:QxcxylClO

悠二「池にわたしました……けど」

ヴィルヘルミナ「正気でありますか?」

悠二「大丈夫ですよ!!あいつはノコギリで人間を切断したりするやつじゃありませんよ」

ヴィルヘルミナ「当然であります、そのようなことを行うのは貴様だけなのであります」

悠二「あ……う…」

ヴィルヘルミナ「貴様のせいでやることが山積みなのであります…宝具の回収、吉田一美嬢のこと、あなたが言うことが真なら炎髪灼眼の射ち手のことも……」

ヴィルヘルミナ「まず何から片付けるのでありますか?」

悠二「>>482

482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:37:45.03 ID:WZcWPS8Q0

そんなことよりおなかがすいたよ

485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:43:44.53 ID:QxcxylClO

悠二「そんなことよりお腹が空きました」

ヴィルヘルミナ「うむむむ…この状況下でよくもそのようなことをぬけぬけと……」
グーグー……

ヴィルヘルミナ「………////そ…そこまで言うのなら仕方ないのであります、それで何を食べるのでありますか?」

悠二「>>490

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/27(月) 01:45:22.30 ID:zMhb4hl80

ヴェルヘルミナ

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:45:49.79 ID:WZcWPS8Q0

ヴィルヘルミナ(性的な意味で)

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/27(月) 01:46:33.49 ID:0lLua9UY0

ヴィルヘルミナ(性的な意味で)


489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:47:11.54 ID:Vfto6EH80

ヴェルヘルミナ

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:47:14.21 ID:fMs1btgt0

カルメルを食べる
両方の意味で

491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:47:17.03 ID:BvvTzFsn0

ヴィルヘルミナ(性的な意味で)


492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:47:18.87 ID:6DLWxzg30

ヴィルヘルミナ(性的な意味で)

493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/27(月) 01:47:20.32 ID:zMhb4hl80

ヴィルヘルミナ(性的な意味で)

494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:47:20.61 ID:xFOBuSDh0

ヴィルヘルミナ(食料的な意味で)

495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:47:26.66 ID:WZcWPS8Q0

ヴィルヘルミナ(性的な意味で)


496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:49:26.99 ID:QxcxylClO

き…貴様ら…www

498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:57:54.92 ID:QxcxylClO

悠二「あなたをいただきます……両方の意味でね」
キリッ

ヴィルヘルミナ「な…なにを…?!んっ……あっ……ああっ…っ……」

悠二「カルメルさんの肌、しょっぱくて美味しいですよ」
ペロペロ…

ヴィルヘルミナ「んんっ……はぁん……くっ…うう……んぁっ……」

悠二「カルメルさんもお腹空いてますよね?それじゃ僕のフランクフルトを……」
グイッ!!

ヴィルヘルミナ「はぁっ……んんんっ…!?んくっ…っは…はっ……ん…」

悠二「ああぁ……いいですよ、よーく味わってくださいね」

501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:06:18.36 ID:QxcxylClO

ヴィルヘルミナ「くっ……んあっ……んんん……っ…はっ……ぷぁっ…」

悠二「そろそろ下のお口にも与えてあげないとですね」

ヴィルヘルミナ「くっ……や…やめ……んんっああああっ……!!!!」

悠二「はぁ…はぁ……最高ですよ、カルメルさん」
ズボズボ…

ヴィルヘルミナ「あぁ…っ……はぁんっ……ひゃ…ああああああ!!!!」

悠二「そろそろ僕のバーニャカウダーソースいきますよ!!ふっ…ふっ…!!」

ヴィルヘルミナ「はぁんっ……やっ…っ……ああ…ああああああああああ…!!!!」

ヴィルヘルミナ「んくっ……はぁ……はぁ……」

悠二「次は本当の意味でいただきますね…くくくっ」

まずはどこからいく?
>>507

507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/27(月) 02:10:50.42 ID:JXzK40WzO

シャナのまんこ

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:20:36.71 ID:QxcxylClO

シャナ「ただいま」

悠二「シャナ、おかえり!そしていただきます!!」
ガバッ!!

シャナ「ひゃっ!?////ちょっと悠二!!」

悠二「美味しそうなシャナのまんこハケーンwwwwガブッwww」

シャナ「ひゃうんっ////悠二…ガブって甘噛みやるせないわ」

悠二「よーし、本気でいくよ……ガブッ!!!!!!!!!」

シャナ「ひぎぃっ…ぎゃああああああああああああああああんんああ!!!!!!!!!」

シャナ「ぐあっ…か…はっ……うううあああああ……!!!!」

悠二「クチャクチャ…………ホルモンみたいな感じかな、殆んど血の味しかしないや」

次はどうする?
>>516

516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:24:54.02 ID:Gaz1s9QR0

土下座

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:32:04.52 ID:QxcxylClO

悠二「ここは…必殺、土下座だ」

悠二「ごめんなさい!!!!」
ズドッ!!!!

シャナ「ぐっ…痛い……うう……ああああ……!!!!」

ヴィルヘルミナ「んっ……はぁ……はぁ……」

くっ……シャナは痛みにのたうち回っており、カルメルさんは快楽により放心状態
誰も僕の土下座を見てないじゃないか……

ど…どうしよう?
>>525

525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:35:44.55 ID:X172dC440

カルメルさんを犯す

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:40:31.50 ID:QxcxylClO

悠二「シャナはしばらく動けそうにないからカルメルさんの相手をしてあげよう」

ヴィルヘルミナ「んっ……くっ……やめ……るので…、あります」

悠二「さっきもしたし、普通に犯しても面白くないよな…」

どんな風に犯す?
>>533

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:43:39.33 ID:BvvTzFsn0

シャナを食べながら優しく犯す

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:49:34.16 ID:QxcxylClO

悠二「そうだ!シャナを食べながら優しく犯してあげますよ」

ヴィルヘルミナ「うぅ……どうして…そんなことを……、もうやめるのであります」

悠二「だって…その方が面白いじゃないですか!!」

ヴィルヘルミナ「くっ……鬼…鬼畜…、いや…もはや夜叉」

さーて、さっきはシャナのまんこ食べたから、次はどこを食べようか?
>>540

540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/27(月) 02:51:43.34 ID:Gaz1s9QR0

両手足食べた後、封印されし者の右手、左手、右足、左足来襲
シャナの胴体で封印されし者エクゾディア完成

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 03:01:26.98 ID:QxcxylClO

悠二「まずは右足からだ……贄殿遮那借りるよ!」
バサッ!!!!

シャナ「!!!!!!!!!がああああああぎゃあああああぐぎぎぎひゅっ…ひゅっ…ううう…ああああああ!!!!!!!!!」

悠二「シャナの右足……ガツガツっ……!!」
ムシャムシャ…

ヴィルヘルミナ「んはぅっ……あっ…あんっ……ひゃうっ……んんっ……!!!!」

――――――――――

悠二「左手……、これで手足無くなっちゃったね…シャナ」

バサッ!!!!!!

シャナ「くっ…ううううええういああああああがあああああああ!!!!!!!」

悠二「手より足の方がおいしかったな……なんでだろ?」
ガツガツ…

ヴィルヘルミナ「ひゃ…っ…んんあっ……あああああっ……!!!!」


546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 03:10:07.72 ID:QxcxylClO

悠二「ふう……っぷ……少し食べ過ぎたかな」

シャナ「ぐっ……かはっ……はぁ…はぁ……ぐぐぐ……」

悠二「今にも死んじゃいそうだな……シャナ、……ん?」

ズドーン!!!!!!!!!!!

悠二「わわわわわっ!!!!何なんだ!?ふ…封印されし者の手足…?!」

その手足はシャナの手足があった所に繋がった……

悠二「カルメルさん!!これは一体!?」

ヴィルヘルミナ「まさか……エクゾディア…?ああ……あの方が生け贄に……くっ…」

シャナ(エクゾディア)「坂井悠二……殺す」

シャナ?エクゾディア?が襲ってきた
どうする?
>>551

551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 03:14:41.73 ID:6DLWxzg30

吉田をいけにえにして回避

553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 03:30:49.80 ID:QxcxylClO

悠二「た……たすけ………」

シュイーン!!

悠二「これは…ヒラルダが光って」

『坂井くん、ここは私に任せてはやく逃げてください』

悠二「そんな……吉田さん……」

『私、今でも坂井くんのことが好きです…弟の内蔵をえぐりとられても、自分の足を切断されても…好きです』

悠二「吉田さん……、ぼ…僕」

『はやく逃げてください!!さよなら……、坂井くん―――』

悠二「吉田さぁぁぁん!!!!!!!」

ヴィルヘルミナ「はやくこちらに!!」


ドッカーーン!!!!!!!!!!!

555 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 03:42:34.89 ID:QxcxylClO

――――――――――

悠二「ううぅ……っ……吉田さん……シャナ………」

ヴィルヘルミナ「……自業自得なのであります


悠二「シャナは!?あのシャナはどうなったんですか?!」

ヴィルヘルミナ「あれはもう炎髪灼眼の討ち手ではないのであります」

悠二「それってどういうことですか?」

ヴィルヘルミナ「あれはもはや強大な力を持つ紅世の王“エクゾディア”……炎髪灼眼の射ち手の身体に宿り顕現したようであります」

悠二「そんな?!シャナは敵ってことですか!?」

ヴィルヘルミナ「そういうことであります」

そんな…シャナが敵になっただと……
僕のせいだ
僕はシャナをどうする??
>>560

560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 03:47:56.71 ID:Vfto6EH80

食べて忘れようとする

562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 03:57:59.05 ID:QxcxylClO

悠二(あんなものはもうシャナじゃない……食べて忘れてしまおう)

悠二「カルメルさん、あの徒…エクゾディアのところに行きましょう」

ヴィルヘルミナ「当然であります…もはや討滅すべき存在」

悠二「必ず食滅させる…この悪夢を終わらせるために…」

エクゾディアは今、どこにいるんだろう?
>>566

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/27(月) 04:03:09.37 ID:2/KkA0d00

ヘカテーのところ

568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 04:13:40.65 ID:QxcxylClO

悠二「エクゾディアがいる所…それは」

ヴィルヘルミナ「“頂の座”ヘカテーのいる星黎殿でありましょうな」

悠二「さっそく行きましょう!!」

ヴィルヘルミナ「待つのであります、星黎殿は仮装舞踏会の本拠地…エクゾディアだけでなく三柱臣たちもいるのであります」

ヴィルヘルミナ「そこに我々のみで向かうのはいささか無謀といえるのであります」

悠二「そうですね…それじゃあの人に手を貸してもらいましょう」

誰を連れてく?
>>573

573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 04:18:20.82 ID:JQF2Et5M0

>>1

715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 00:07:16.64 ID:+Q4wRjEjO

――――――――――

悠二「>>1さんを連れていきましょう」

ヴィルヘルミナ「了解でありま―――>>1……?」

ヴィルヘルミナ「>>1とは誰でありますか?そのような得体のしれないものに同行を願うわけには…」

悠二「ぼ…僕も詳しくは知らないんですけど、僕が聞いた話では」

>>1とはどんなやつ?
>>719

719 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/29(水) 00:09:10.97 ID:iaW21s/60

幼女専門のシリアルキラー

721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 00:26:22.06 ID:+Q4wRjEjO

ヴィルヘルミナ「幼女専門のシリアルキラー………?うむむむ…」

悠二「あっ!来た!!>>1さーん」

>>1「…………」

ヴィルヘルミナ「それより星黎殿の位置をつかまないことには…」

悠二「そうですね…」

>>1「そんなこと、こいつに案内させればいいだろ」

ヘカテー「ぐっ……うぅ……」

悠二「!?」

なんと>>1さんが既にヘカテーを生け捕りにしていた!!
さすがは幼女専門のシリアルキラーだ!!

星黎殿――――――

>>1「もうこいつは用済みだな」

ヘカテー「ぐぐっ……はぁ…はぁ……」

>>1さんがヘカテーを殺そうとしている!!
さすがは幼女専門のシリアルキラーだ!!
どうする?
>>726

726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 00:28:46.49 ID:+ZKak0It0

食べてしまう(両方の意味で)

730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 00:44:26.72 ID:+Q4wRjEjO

悠二「待ってください!!」

>>1「うぬぬぬ!?」

悠二「こいつの後始末は僕が……」

悠二(幼女大好物っスwwwwwww)

ヘカテー「ひっ……やめ……やめなさ……ひゃっ…!!うぅあっ……!!」

悠二「ヘカテーは神秘的な味がするぞ!!さすがは巫女さんだ」
ペロペロ……

ヘカテー「あああぁ……!!…っ……ふぅん…っ…あっ…ぁん…」

悠二「気持ちいいよ……ヘカテー……はぁ…はぁ……!!」

ヘカテー「んぁっ……ひゃうんっ……っ…ああああああ…っ……!!!!!!」

悠二「ふぅ…スッキリしたらお腹空いてきたぞ!!」

どこから召し上がろうか?
>>735

735 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 00:47:08.39 ID:yZiov8lH0

まん汁(飲み物的な意味で

739 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 00:57:35.66 ID:+Q4wRjEjO

悠二「まずは喉を潤さないとな!!何処かに飲み物でも……」

ヘカテー「はぁ……んんっ……あぁ……」
グシュグシュ…

悠二「み…見つけたぞ!!こんなに水分が…まるでオアシスだ!!」
クンカクンカ…

悠二「飲み干してやる!!」
ジュパジュパ!!!!

ヘカテー「はぁあああ……!!!!んっ…ああ……っ…だ……だめっ……!!!!」
ビクンビクンッ!!!!

悠二「ヌルヌルしてるけど…甘くてそれといってクセもなく、とめどなく溢れてくるこの無限の泉はとっても貴重なもので……少し酸味もあり、とっても美味しいです」

ヘカテー「うっ…はぁ……んんっ……」

喉は潤ったぞ!!
次はどうする?
>>742

742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 00:59:35.36 ID:wpBP+aB60

一気にいただく

745 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:10:10.52 ID:+Q4wRjEjO

悠二「もう我慢できないから一気にいっちゃうよ!!」

ヘカテー「ひっ…きゃ…きゃあああああああああああああ!!!!!!!!!」

悠二「幼女の肉…幼女の肉……」
ガツガツガツ……

ヘカテー「ぐがっ…がはっ……!!うっ…ぎゃっ…がああああああああああああああ!!!!!!!!!」

>>1「oh…crazy……」

悠二「っぷ……苦しい……お腹一杯だ」

ヴィルヘルミナ「気が済んだのでありますか?」

悠二「はい、この星黎殿の中にシャナがいるはずです!はやく食べ…討滅しに行きましょう」

シュドナイ「貴様ら…俺のヘカテーをどうした?叫び声が聞こえたが」

いきなり“千変”のお出ましだ!!

悠二「>>752

752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:16:08.88 ID:KdZbvqK/0

脳姦

756 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:33:21.77 ID:+Q4wRjEjO

悠二「脳姦」

シュドナイ「なん…だと?」

悠二「お前を脳姦してやるといったんだ!!」

シュドナイ「ほぉ…」

悠二(…………あぁ…シュドナイ……いいよ…すごくいいよ……、あっ…お前のその表情………とっても可愛いよ……////)

シュドナイ「満足か……?」

悠二「ぐふっ……ふふふっ……」

シュドナイ「死ね」

ズドーーン!!!!

シュドナイの攻撃…槍を投げつけてきた

どうしよう?
>>761

761 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:37:12.80 ID:yZiov8lH0

二指真空把

765 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:46:31.47 ID:+Q4wRjEjO

悠二「ここは……“二指真空把”!!」
シュタッ!!!!!!!

シュドナイ「なっ…!?」

悠二「仮装舞踏会の将軍…“千変”シュドナイ、こんなものか…」

ヴィルヘルミナ「あの巨大な槍を二本の指で完璧に止めるとは……このミステス、底が知れないのであります」

悠二(うっはwwwwww)

次は僕のターンだ
>>770

770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:49:34.95 ID:KdZbvqK/0

そこらへんに散らばってるヘカテーだったものを投げつけて反応を見てみる

772 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:58:27.45 ID:+Q4wRjEjO

悠二「ヘカテーだったもの…ヘカテーだったもの……?!」

ヴィルヘルミナ「“頂の座”を討滅したのでそのような肉片は水色の炎になり消えていったのであります」

悠二「あ…うっ……そうだったな…、ん?これは…?!」

そこにはヘカテーの肉片の代わりにヘカテーが所持していた宝具“トライゴン”(杖)が残されていた

悠二「これ…使えそうだな」
この杖を使って何をする?
>>777

777 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/29(水) 02:01:28.73 ID:iaW21s/60

ヴィルヘルミナにオナニーさせる

782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:13:50.56 ID:+Q4wRjEjO

悠二「カルメルさん!!これを」
ポイッ…

ヴィルヘルミナ「これは…“頂の座”の宝具…」

悠二「それでオナニーしてください!!」

ヴィルヘルミナ「なっ…何を…////」

ヴィルヘルミナ(いや…このミステスの戦闘時の洞察力は相当なもの…何か考えがあってのことでありますな)

ヴィルヘルミナ「……んっあ……////やっ……んんんっ……!!!!」

ヴィルヘルミナ「す…すごい……はぁ…はぁ…!!この宝具……危険なのであり……はぅっ……ます……っ…」
ビクンビクン…

ヴィルヘルミナ「あてるだけで……こっ…こんなにも……んぁっ…はっ……!!これを挿入したら…ど…どんなことにっ……あっ…あんっ……」

783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:21:00.58 ID:+Q4wRjEjO

ヴィルヘルミナ「んんあっ……っ…やっ……ああぁ……はっ……んぁ…」

ヴィルヘルミナ「快感……なのでありま…す……ふぅっ…んっ…!!」

ヴィルヘルミナ「いよいよ……挿入っ…するのでありまっ……す……はぁ……はぁ……」

ググググッ!!!!
ヴィルヘルミナ「んあああっ……んんっ……ひゃ…ゃうっ…////ああああんっああああ!!!!」

ヴィルヘルミナ「はぁっ……んぐっ…ああああ……らっ……っんあ……」
クチャクチャ……


786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:24:54.53 ID:+Q4wRjEjO

ヴィルヘルミナ「んっ…はぁ……はぁ……」

悠二「すごくいやらしかったよ、カルメルさん」

ヴィルヘルミナ「んぐっ……っ……////」

ヴィルヘルミナ「それでこのような行為にどんな意味があるのでありますか……?」

悠二「>>791

791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:29:05.90 ID:+ZKak0It0

見てて楽しいだけだよ
複眼複眼

797 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:40:46.65 ID:+Q4wRjEjO

悠二「見てて楽しいだけだよ、複眼複眼」

ヴィルヘルミナ「くっ……////何という卑劣な……」

悠二「はやくシャナのところに行かなきゃいけないのに、こんなところで快楽に溺れてるカルメルさんって」

ヴィルヘルミナ「う…くぅっ……////」

悠二「はやく行きますよ、ほら立って」

ヴィルヘルミナ「わ…わかってるのでありま……」
フラッ…

ヴィルヘルミナ「……////」

悠二「まさかイキすぎちゃって立てないんですか?!」

ヴィルヘルミナ「う…うるさいうるさいうるさい!!なのであります////」

どうする?
>>802

802 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:45:27.38 ID:K2dn5ODi0

腰を掴んでバックでガンガン突く

805 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:58:18.93 ID:+Q4wRjEjO

悠二「しょうがない……荒療治といきますか」

ヴィルヘルミナ「や…やめ……今はダメなのでありま……す」
ガクガク…

悠二「ほら、後ろ向いて…いくよ」
ズゴッズゴッ…

ヴィルヘルミナ「ひゃっ…ああああああああ…っ!!!!んんんっ……はぁ…んぐっ……」
ガンガンガンガン…

シュドナイ「…………ふむ」

悠二「ふんっ!!ふんっ!!」
ズコズコ!!!!!!

ヴィルヘルミナ「はぁああ……っ……やっ…やんっ…だっだめ……!!い……イクのであり……っん……ます……!!」

>>1「ふむ」

悠二「僕もイキそうです!!カルメルさーん!!!!うっ!!!!」

ヴィルヘルミナ「んあっ…あんっ……あああああっ……っ……ひぐぅ……や…ああああ…!!!!」

ヴィルヘルミナ「ひゃうっ…ん……はぁ……っ」
ガクガク……

>>810

810 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/29(水) 03:04:49.60 ID:SHJ0mLbH0

スッキリしたし帰るか

812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 03:18:26.16 ID:+Q4wRjEjO

悠二「スッキリしたし帰るか」

ヴィルヘルミナ「そ…そんな……」

悠二「カルメルさんはしばらく動けないでしょうから星黎殿に残ってください……さよなら」

ヴィルヘルミナ「承知、後のことは私に任せるのであります」

シュドナイ「逃がすと思ってるのか!?ん?なに……!?」
ガシッ!!!!

>>1「悠二、ここは俺が食い止める!!お前は先に行け!!」

悠二「>>1さん……ありがとう、僕は元の世界で幸せになるよ」


悠二「僕の胃袋は……宇宙だ!!!!」

――――完――――



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「もう…消失の長門でいいや」