ハルヒ(キョンと有希って仲良いわね…)


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「さぁ!とっととパソコンをよこしなさい!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:03:11.65 ID:1GmT6S1m0

キョン「今日も部活終わったら図書館行くか?」

長門「………」コクッ

ハルヒ(あたしのことなんか全然かまってくれないのに…)

ハルヒ(キョンなんか有希に嫌われちゃえばいいのよ!!)

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:06:24.52 ID:1GmT6S1m0

次の日

キョン「今日は放課後どうする?図書館に行くか?」

長門「…うっせ」

キョ・ハ・古・朝(………!?)

キョン「…おい…長門どうしたんだ…?」

長門「しゃべんなカス」

ハルヒ(もしかして…喧嘩でもしてるのかしら?)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:09:27.71 ID:1GmT6S1m0

キョン「はははっ…今日は機嫌が悪いのかな?」

長門「そんなことはない。今日は今までの人生の中でベストテンの入るほど機嫌がいい」

キョン「ははっ…そうか…はぁ」

古・朝(どうしたんだろ?)

ハルヒ(まぁなんにせよ今がチャンスね!!)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:12:14.88 ID:1GmT6S1m0

ハルヒ「キョン…今日放課後暇なら2人であそb…」

キョン「悪い。今日は帰るわ…」

ハルヒ「そう…」

ハルヒ(なんであたしとは遊んでくれないのよー!!)

長門「………」パタン

ハルヒ「あっ…じゃあ今日は解散ね」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:15:13.56 ID:1GmT6S1m0

長門「………」トテトテ

キョン「長門ー!!」ダッダッ

長門「私の名前を気安く呼ぶな」ボソッ

キョン「なぁ長門…俺なんかお前に悪いことしたか…?」

長門「…別に何もしてない」

キョン「じゃあどうしたんだよ?今日のお前なんか変だぞ?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:17:16.37 ID:1GmT6S1m0

長門「だったらどうした。いいから喋りかけんなゴミ」

キョン「…悪かった。じゃあまた明日な」

長門「………」トテトテ

キョン「………」

古泉「なにかあったんですか?よろしければ少しお話でも」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:20:07.82 ID:1GmT6S1m0

キョン「わからん。知らぬ間になんかしてたのかもしれんが…」

古泉「ですが昨日まではあれほど仲が良かったじゃないですか」

古泉「昨日放課後なにかあったのかもしれませんよ?」

キョン「んー。昨日別れるまでは普通だったんだがな」

古泉「なるほど。では今回もまた涼宮さんによるものかもしれませんね」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:22:45.30 ID:1GmT6S1m0

キョン「ハルヒが?なんでまた?」

古泉「最近放課後はいつも長門さんと過ごしていたでしょう?」

古泉「それで涼宮さんが…」

キョン「…?それで?」

古泉(ニブチンうぜー…)

古泉「そこから先はあなた一人で考えてください…んっふ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:25:32.12 ID:1GmT6S1m0



キョン(しかし面倒なことになったなー。今回は頼みの長門が変になってるわけだし)

キョン(古泉の話から察するに放課後ハルヒの相手をしてやればいいのか?)

キョン(はぁ…あいつも迷惑な奴だな)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:31:43.05 ID:1GmT6S1m0

次の日

キョン「なあハルヒ。今日の放課後あいてるか?」

ハルヒ(キター!!デートのお誘いね!!)

ハルヒ(でもハルヒ。ここで焦ってはだめ。誘いにがっついたらいけないわ)

ハルヒ「ホントはすっごく忙しいけど、あんたがどーしてもって言うなら付き合ってあげてもいいわよ」

ハルヒ「あたしは団長であんたは平団員なわけだし?団長たるもの平団員の世話もしなくちゃ…」

キョン「あー…忙しいならいいよ。また今度な」テクテク

ハルヒ(え……マジすか…)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:35:30.87 ID:1GmT6S1m0

ハルヒ(どうしよう。今更やっぱ暇でしたなんて言えないし…)

ハルヒ「はぁ…」

キョン(ハルヒの相手をすればいいってわけじゃないのか?)

キョン(そうか!!長門だけじゃなくほかの団員の相手もしろってことか!!)

キョン(さすが古泉だな。じゃあ今日は朝比奈さんと!!)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 16:38:21.12 ID:1GmT6S1m0

部活

キョン「朝比奈さん。今日の放課後暇ですか?」

古・ハ(…!?)

みくる「え?はい、大丈夫ですよ」

みくる(キター!!お誘いktkr!!)

キョン「じゃあ2人で飯でも行きませんか?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:02:55.57 ID:1GmT6S1m0

ハルヒ(そんなー…)ガクッ

古泉(この腐れニブチンは何考えてんだ!?)

古泉「ちょっ、ちょっといいですか?」

キョン「ん?あぁかまわんが」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 17:05:34.68 ID:1GmT6S1m0

廊下

古泉「先ほどのは一体どういうことですか?」

古泉「昨日アドバイスはしたつもりだったのですが」

キョン「ん?だからあれだろ?最近長門とばっかり遊んでたからほかの団員とも遊んでやれってことだろ?」

古泉「…」

古泉(…なんかもうどうでもいいや)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:09:48.85 ID:1GmT6S1m0

古泉(それにほかの団員とってことは涼宮ともちゃと遊んでやるみたいだし)

古泉「なるほど。では明日は必然的に涼宮さんということになりますね」

キョン「あいつは忙しいみたいなんだ。だからまたいつかそのうち誘うよ」

古泉(涼宮ー!!どうせ暇なんだろ!!ツンデレも大概にしとけよクソアマがー!!)





31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:14:44.69 ID:1GmT6S1m0

古泉「な、なるほど…ですが明日は大丈夫だと思いますよ?」

キョン「ん?そうかなぁ。今日すっごく忙しいって言ってたからたぶん明日までかかるんじゃないか普通?」

古泉「大丈夫ですよ。それに明日は土曜日ですし丸1日かかるなんてことはないでしょう?」

古泉「そうだ。もし明日も忙しいならその用事の手伝いをしてさし上げてはいかがですか?」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:17:47.67 ID:1GmT6S1m0

古泉(俺って完璧だな)

キョン「でも明日は不思議探索とやらがあるだろ」

古泉「では明日は僕も用事があるということにして休みにしてもらいましょう」

キョン「そうか?まぁ俺は構わんが」

古泉「では決まりですね。涼宮さんにはあなたのことも僕から話をしておきましょう」

キョン「わかった。じゃあ戻るか」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:24:24.18 ID:1GmT6S1m0

古泉「涼宮さん少しよろしいですか?んっふ」

ハルヒ(キョンったら有希の次はみくるちゃん!?どんだけ見境ないのよ!!)

古泉「あの…涼宮さん?」

ハルヒ(たしかに忙しいって言っちゃったけど…嘘ってことくらいわかりなさいよ!!)

古泉「涼宮…さん?」ビキビキ

ハルヒ(はぁ…やっぱりあたしが悪いのよね。どうしよう…)

古泉「すずみやぁぁあああ!!」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:28:14.89 ID:1GmT6S1m0

ハ・キ・朝・長(…!?)ビクッ

ハルヒ「はっ、はい!!なんでしょうか!?」

古泉(やべっ)

古泉「大声を出してすいません。ちょっとよろしいですか?」

ハルヒ「はい!!かまいません!!」

ハルヒ(えー…なんで古泉君怒ってるのかしら?)

ハルヒ(もしかして…ボコボコにされたりとか…)


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:31:00.11 ID:1GmT6S1m0

ハルヒ(キョン一緒に来てくれないかしら?)チラッ

キョン(そんな助けを求めるような顔するなよ。)

キョン「あー、古泉?俺も一緒に行ってもいいか?」

古泉(お前が来たらまたツンデレが炸裂すんだろーが!!)ビキビキ

古泉「いえ、それには及びません。しばらく待っていてください」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:36:10.93 ID:1GmT6S1m0

キョン「そ、そうか。分かった…乱暴なことはするなよ?」

ハルヒ(キョーーーン!!)

古泉「何勘違いしてんだ?ちょっとこの腐れアマと話するだけだ」(わかってますよ。先ほどのことについて少しお話するだけです。んっふ」

長門(ちょwww逆wwwwwww)

ハ・キ・朝「………」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:41:05.20 ID:1GmT6S1m0

再び廊下

ハルヒ「それで…あの…話ってなんでしょうか…?」ビクビク

古泉「いえ、大したことではないのですが。急に用事が入りまして明日の探索はお休みさせていただきたいのですが」

ハルヒ「あー、それならかまわないわよ。副団長にもたまには休みをあげないとね」

古泉「ありがとうございます。それと先ほど耳にしたのですが、なんでも涼宮さん今日はものすごく忙しいとか」

ハルヒ「あー、まあそうでもないんだけど、さっきはちょっとね」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:43:57.52 ID:1GmT6S1m0

古泉「もしかしてその用事は明日まで掛かるのでは?」

ハルヒ「え?いやたぶん大丈夫よ?」

古泉「掛かるよな?」ビキビキ

ハルヒ「は、はい!!掛かります。そりゃもういつまでも!!」

古泉「では明日は団活を休みにしてそれに専念してはいかがですか?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:48:40.15 ID:1GmT6S1m0

ハルヒ「でもそしたら…」(キョンと会えないじゃない…)

古泉「そうですねー。誰かに手伝ってもらうとかはいかがですか?」

古泉「彼などでしたら、団活がないとなると相当暇でしょうしねー」

ハルヒ(そしたら明日は1日中キョンと…!!)

ハルヒ「そ、そうね。1日中ごろごろしてるなんて団員にあるまじき行為だし」

ハルヒ「それに雑用なんてキョンにはちょうどいいわ!!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:50:48.59 ID:1GmT6S1m0

古泉「彼には僕から話をしておきますよ」

古泉(お前が話すとまたややこしくなるからな)

ハルヒ「そう?ありがとう」

古泉「では決まりですね。戻りましょうか」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 17:56:01.59 ID:1GmT6S1m0

ガチャ

キ・朝・長(…戻ってきた)

古泉「先ほど話したように明日は涼宮さんのお相手をよろしくお願いします」ボソッ

キョン「あ、ああ。分かった…お前今日変だぞ?どうかしたのか?」ボソッ

古泉「いえいえ何もありませんよ。ご心配をおかけしました」ボソッ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:02:48.51 ID:1GmT6S1m0

つか話の方向性が最初と違うんだよな。最初は長門に暴言を吐かれてキョンがMに目覚めるってのでいこうと思ってたんだがな
誰か書いてくれ



キョン「今日はありがとうございました朝比奈さん」

みくる「いえいえ、また誘ってくださいね」

みくる(このまま帰るとかありえないだろ)

みくる「キョン君この後どうします?」

キョン「んー特に。風呂入って寝ますかね」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:09:24.33 ID:1GmT6S1m0

みくる「じゃあこのあと私の家に来ませんか?」

キョン「えっ、家ですか?」

みくる「もしかして嫌でしたか?」ウルウル

キョン「ぜんっぜんかまいませんよ!!行きます行きます!!」

みくる(っしゃ!!)

みくる「じゃあ行きましょう」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:14:45.49 ID:1GmT6S1m0

夜11時ごろ

キョン「このへんでいいですよ。今日はありがとうございました。楽しかったです」

みくる「私もとっても楽しかったです。それじゃまた学校で」

みくる(そろそろ涼宮がこのあたりを通るはずでしゅ)

ハルヒ(小腹が減ったからコンビニでも行こうっと)

ハルヒ(ん…あれはキョン?それにみくるちゃんも…)

ハルヒ(こんな時間まで何を…まさかそんな)


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:18:07.11 ID:1GmT6S1m0

みくる(いたでしゅwwwキョン君は私のもんでしゅwwwwwざまぁwwwwwww」

キョン「…?どうかしましたか?」

みくる「い、いいえなんでもないです。そうだキョン君」

みくる(涼宮見とけでしゅ)

チュッ

キ・ハ(…!?)

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:22:18.04 ID:1GmT6S1m0

ハルヒ(そ…そんな…)ダッ

みくる(負け犬ざまぁwwww)

キョン「あ、朝比奈さん…?あの…」

みくる「今のは今日のお礼です。またたまには私とも遊んでくださいね。それじゃ」テクテク

キョン(マジかよー!!あの朝比奈さんにキスしてもらった!!!)

キョン(今日の夜のお供は決まったな)


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:26:49.90 ID:1GmT6S1m0

キョン家

キョン「…ふぅ。あ、明日の待ち合わせのことでハルヒに電話しねーと」

Prrrrr ガチャ

ハルヒ「…なに?」

キョン「おう、夜遅くにすまんな。明日のことなんだけ…」

ハルヒ「あんた今日何してたの?」

キョン「ん?朝比奈さんと飯食ってたが?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:31:07.37 ID:1GmT6S1m0

ハルヒ「その後よ」

キョン「その後って?朝比奈さんちでお茶してたよ」

ハルヒ「で?」

キョン「で?って…それで帰ったけど?」

ハルヒ「ホントに?」

キョン「ホントに」(まさか…)

ハルヒ「嘘つき…」

キョン「え?お、おいハルヒ?」

ブツッ ツーツー

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:34:23.87 ID:1GmT6S1m0

やべ、なんかシリアスになってきたやん

キョン「…切られた。やっぱ見られてたのかな」

Prrrrrr

キョン「ん?古泉?こんな時間に珍しいな」ガチャ

キョン「どうしたー?」

古泉「お前なにしてんの?閉鎖空間出ちゃってんだけど」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:40:04.04 ID:1GmT6S1m0

キョン「え…あの」(やっぱ見られてたんだな。つか古泉なんかおかしくないか…)

古泉「俺さー、明日は休みだから今日はゆっくり寝ようと思ってたわけよ」

古泉「今日の放課後も危なかったけど、俺の完璧なセッティングのおかげで閉鎖空間回避できたし。安心して寝ようかと思ってたわけよ」

古泉「そしたら閉鎖空間出てくるし。お前なにしてんの?」

キョン「いや…あの」

古泉「別に謝んなくていいからさ。何してたか聞いてんの」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:45:49.83 ID:1GmT6S1m0

かくかくしかじか

キョン「…というわけです」

古泉「はぁ…お前ホント馬鹿なやつだな」(ぶっ殺してぇ…)

古泉「お前がそんな下らんことしたおかげで俺が大変な思いしてんだけど?」

キョン「…ホントすいません」

古泉「ホントならぶっ殺してるとこだが、俺は今眠いんだよ。」

古泉「とりあえず今から涼宮にワビ入れとけ」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:48:50.43 ID:1GmT6S1m0

キョン「…わかりました。ホントすいませんでした」

古泉「謝ってすむ問題じゃねーんだよ。」

古泉「もういいから、明日も閉鎖空間だしたら覚悟しとけよ…」

ブツッ ツーツーツー

キョン「…あいつあんなに怖かったのか…」

キョン「古泉に言われたからってわけじゃないがとりあえずハルヒに電話しよう」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:54:03.70 ID:1GmT6S1m0

Prrrrrr ガチャ

ハルヒ「…なによ?」

キョン「遅くにすまんな。ハルヒ、今日のことは誤解なんだ。」

ハルヒ「…何が誤解だって言うのよ。どうせみくるちゃんの家で変なこともしたんでしょ」

キョン「朝比奈さんちではなにもなかった。最後にキスされたのは…なんていうか」

ハルヒ「…もういいわよ。明日はホントは用事なんてないし…アンタも勝手にしなさい」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 18:57:08.10 ID:1GmT6S1m0

もうすぐ話終わるけどちょっと飯食ってくるよ

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 20:03:58.30 ID:1GmT6S1m0

ただいま
大体書き溜めてきたけどさ。これまでが脱線しすぎてるから話が支離滅裂になってしもうたよ
終わったらキョンがMになる話書くからこの話は軽く読み流して…


キョン「頼むハルヒ!!話を聞いてくれ!!」

ハルヒ「…もういいって。じゃあね」

キョン「明日の朝9時にいつもの喫茶店で待ってるから!!」

ブツッ ツーツーツー

キョン「また切られた…」

キョン「…とりあえず今日は早く寝ないと」


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 20:09:25.19 ID:1GmT6S1m0

次の日 朝8時

キョン「かなり早く着いたな。それにしてもハルヒ来るかな」

そして9時

キョン「もう9時か…一応時間になったが…」

テクテク

ハルヒ「…キョン」


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 20:10:36.12 ID:1GmT6S1m0

キョン「ハ、ハルヒ…来てくれてよかった」

ハルヒ「…別に。仕方なく来ただけよ」

キョン「あぁ、まあ座れよ。昨日のことなんだが」

ハルヒ「…何よ?」

キョン「昨日朝比奈さんちでは本当に何もなかったんだ」

ハルヒ(…良かった)ホッ

ハルヒ「…だからどうしたっていうのよ」


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 20:12:08.19 ID:1GmT6S1m0

キョン「それとお前はたまたま見たのかも知れんが、キ、キスされたのは不意打ちだったし。そりゃ嫌だったってわけじゃないが…俺は朝比奈さんが好きってわけじゃなくてだな…

キョン「とにかく…すまん!!あんなの見せられたら誰だって混乱するよな」

ハルヒ「…そうじゃないの」ボソッ

キョン「え?」

ハルヒ「…そうじゃないの」ポロポロ


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 20:14:17.44 ID:1GmT6S1m0

この話早めに切り上げてほかの話書くわ…


キョン「ハ、ハルヒ…どうした…?」

ハルヒ「混乱とかじゃなくて…あんたが…キョンがあたし以外の人とキスしたのが嫌だったの!!」

キョン「それってどういう…」

ハルヒ「まったく…どこまで鈍いのよ…」

ハルヒ「あたしは…あんたのことが好きなの…」


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 20:16:50.74 ID:1GmT6S1m0

ハルヒ「…もうあたし帰るね。部活に来にくくなったら無理しなくてもいいからさ。今までありがと」

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「…なに?」

キョン「返事は聞いていかないのか?」

ハルヒ「返事って…わかりきってることを聞くほどあたしは…」

キョン「そういうなよ。俺も…お前のことが…」


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 20:18:26.77 ID:1GmT6S1m0

そんで次の日

ハルヒ「キョーン!!遅いわよ!!」

キョン「相変わらず早いなお前は」

ハルヒ「だって少しでも長くキョンと一緒にいたいもん!!」

キョン「まったく…じゃあ行くか」

ハルヒ「キョン…手つなご!!」

キョン「やれやれ」


終わり

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 20:20:17.31 ID:1GmT6S1m0

マジすまん
あれから話を考えたんだけどどうしても古泉とかを活かせなかったんだ…
後半は正直反省してる…やっぱ最初から書きだめでないといかんな…

じゃね



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:摩耶「…くそがっ!」提督「…恨んでくれても構わんよ」