朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見るわ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「俺のチンポがクルーンに入ったぁー!」

ツイート

508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 00:04:54.18 ID:wwA+HwRzO

朝倉「さてと、邪魔者が消えたことだし…」

朝倉「さっそく当初の目的どおり行動しなきゃ」

朝倉「彼を殺して涼宮ハルヒの出方を見るわ」


―キョン宅


キョン「うっうっ……」ベソベソ

キョン「あまりの驚きに朝倉さんを置いてきちゃったよう……」

キョン「佐々木…朝倉さん…どうしよう……」



キョン「ママァ……」

512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/14(水) 00:08:30.19 ID:wwA+HwRzO

次の日

―教室

キョン「今日こそは一人で起きようと思ったのにまたママに起こしてもらっちゃったよ……」

キョン「変わりたいのに……」グスッ


ガヤガヤ


キョン「それにしても今日は全くからかわれないなぁ」

キョン「いやいや良い事なんだけど国木田や谷口も見当たらないし…どうしたんだろう」



朝倉「あなたは朝から何を一人でブツブツ言ってるの」

キョン「」ビクッ

521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 00:15:11.64 ID:wwA+HwRzO

キョン「あっあぁあっさあっあさくりゃしゃんんん!?」

朝倉「……ちょっと落ち着いてくれない?」

キョン「ごごごめ…ごめ…ごめんなさ……」

朝倉「あぁもう…だからそのすぐに謝る癖をどうにかしなさいってば!」

キョン「」グスッ



朝倉(……なんか)

朝倉(こんな奴殺そうと思ってるのが馬鹿らしくなるわね…涼宮ハルヒも全く相手にしてないみたいだし…)

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 00:23:20.60 ID:wwA+HwRzO

朝倉(…………あれ?)


キョン「ぁ……」


朝倉(……そうよ)


キョン「あぁさ…あ…」


朝倉(鍵じゃなければこんなマザコン野郎殺しても仕方ないんだし放っておけばいいじゃない……)


キョン「ぁさく……らさ……」


朝倉(でもなんか……)


キョン「さくらさ……」


朝倉(なんか……)


キョン「ぁあさくらちゃん!!!!」

朝倉「!」

525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 00:30:38.44 ID:wwA+HwRzO

朝倉「ごめん聞いてなかったわ、どうしたの?」

キョン「昨日……昨日はごめん…置いていって…ごめんなさい……」

朝倉「あぁ、別にいいわよ」

キョン「えっ」

朝倉「最初からマザコンのキョン君になんて期待してなかったもの」

キョン「」

朝倉(……)

朝倉「ん…まぁ…初恋の佐々木さんについてショックな話を聞いてたしね、今回は仕方なかったって事にしておいてあげる」

キョン「朝倉…さん……」グスッ

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 00:36:38.71 ID:wwA+HwRzO

キョン「あっ朝倉さグスッはっやっぱりぃヒゥッママみったっいっにっぃぃやさしっゥグッ」ズルズル

朝倉「だからそれ全く褒めてないからね?」

キョン「ごべんがばいぃぃぃッギィッヒッグ」ズルズル

朝倉「あぁほら皆見てるし先生もそろそろ来るし早く鼻かんで!ね!」

キョン「」ズルズル

朝倉「どうしたの?ティッシュ無いならあげるわよ」

キョン「一人で鼻かんだことなくて……」





朝倉「やっぱお前ないわ」

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 00:43:05.66 ID:wwA+HwRzO

キョン「ぅううわああぁああぁぁごげんががいいぃぃぃい!!!!!!!!」ズビチャズバベランチャ

朝倉「ちょwww私が悪かったから!鼻もかんであげるから!だからちょっと静かにして!」

キョン「ごめんなさい……ママ……」

朝倉「おいコラ殺すぞ」



*****



朝倉「……」

キョン「……」


朝倉「……」

キョン「……」


朝倉「………はい…チーン」

キョン「ちーんっ」ドゥビドゥバ

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 00:48:16.94 ID:wwA+HwRzO

キョン「朝倉さん何から何までママでもないのに…ありがとウッ…」

朝倉「本来ならママだってこんなことやらないわよ……」

キョン「あっ!あの!それで言いたい事があるんです!!」

朝倉「早くして、今度こそ先生が来ちゃうわ」





キョン「今日の放課後ぼキュとデートしてください!」

538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 00:55:29.66 ID:wwA+HwRzO

朝倉「なにこれ無限ループ?」

キョン「そこをなんとか!!!」

朝倉「仏の顔も三度までって言うでしょ?」

キョン「三度目の正直でどうでしょう!!!」

朝倉「……ん」

キョン「僕にチャンスを下さいお願いします!!!!」

朝倉「……でも」

キョン「ラストチャンスを!!!!!」


朝倉「でもどうせまたママに邪魔されるわ」

540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 01:01:25.03 ID:wwA+HwRzO

朝倉「どうせキョン君もママに許可を取ろうとするんでしょ」

キョン「いたしやせん!!!!」

朝倉「ママから『キョン君早く帰ってきて〜』って電話があったら帰るんでしょ」

キョン「かえりやせん!!!!」

キョン「というか」

キョン「きやしません!!!!」

朝倉「……?何がこないの?」

キョン「えと……ママから電話がです」

朝倉「ん?なんでそんなのが分かるの?」



キョン「ママ…から離れる為に僕は今日携帯電話を家に置いてきました」

542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 01:14:20.54 ID:wwA+HwRzO

朝倉「!」

キョン「だから他の人とエッチするようなママの声は僕にはもう届かない!」

朝倉「いやそれ多分相手キョン君のお父様でしょ」

キョン「そして僕はなんとあの日からママのおっぱいを吸ってない!」

朝倉「うわぁ」

キョン「僕以外の誰かが吸ったママのおっぱいを吸うほど僕は落ちぶれちゃいない!」

朝倉「うわぁ」

キョン「遅ればせながら乳離れってやつですよ…ドゥフフ」

朝倉「うわぁ何言ってんだこいつ」

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 01:30:19.80 ID:wwA+HwRzO

―なんやかんやで放課後


キョン「」ビクビク

朝倉「キョン君」

キョン「ママァッ!?」ビクッ

朝倉「どうしたのよ、そんな怯えて」

キョン「あの…今日は谷口も国木田もいなかったし…他の人も僕をいじめなかったから…」

朝倉「何よ良い事じゃない」

キョン「なんか逆に不安だよぅぅぅ……」グスッ

朝倉「……あのね、まず国木田君と谷口の糞は転校したって今朝HRで言ってたでしょ?」

キョン「えっ」

朝倉「あと他の人達も情報操……じゃなかった、人の噂もなんとやらで忘れちゃったのよ」

キョン「そ、そうなの……?」

朝倉「そうよ、人間なんてそんなもんよ」

キョン「うん…朝倉さんが言うなら信じりゅ……」

548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 01:40:05.32 ID:wwA+HwRzO

朝倉「それにしても」

朝倉「一体先生の話も聞かずに何を考えてたのあなたは」

キョン「朝倉さんとの……デートで行く場所とか……したいこととか……ドゥフフ」

朝倉「!」



朝倉(な…なんかキョン君が私とのデートの予定を考えてくれてたって聞いたら少しドキっとしちゃった……)

朝倉(いくら何度もデートできなかったからって私楽しみにしてたのかな…相手マザコン野郎なのに…)

朝倉(情が移っただけかと思ってただけだったけど…まさかこれが…)


朝倉(恋…?)



キョン「それで…僕朝倉さんとエッチしたいなぁって考えてたんだけど」

朝倉「ごめん勘違いだわ」

キョン「えっ」

朝倉「えっ」

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 01:48:37.70 ID:wwA+HwRzO

キョン「えっ何がかんち…えっ?」

朝倉「ごめん気にしないであとエッチとか無いわほんと無いわ」

キョン「そ…そうだよね、朝倉さんは僕のママじゃないもんね!」

朝倉「(^o^)」


キョン「えーと…じゃあ何か食べに行くのは?だめ?」

朝倉「……それは別にいいけどお腹空いたの?」

キョン「うん!!」

朝倉「そう……じゃあ行きましょっか?」

キョン「うん!!」



朝倉(なんか放っておけないんだよなぁ……)

551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 01:57:40.55 ID:wwA+HwRzO

キョン「朝倉さん、朝倉さん」

朝倉「ん?」

キョン「手、繋がない?」

朝倉「!」

朝倉「別にいい…わよ」

キョン「ヤッター!」ネチョッ

朝倉(うわっネチョッうわっ)

キョン「あとさ!あとさ!」

朝倉「なによう……」ネチョネチョ

キョン「名前で呼んだりなんかしちゃったりなんかして!ドゥフフ」

朝倉「別に構わないけど……」

キョン「ヤッター!ありがとう涼子ママ!」

朝倉「お前わざとやってんのか」

555 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 02:07:29.96 ID:wwA+HwRzO

―ファーストフード店

店員「らっせー」

キョン「ママ!早く早く!」

朝倉「ちょっほんとやめて!ほんとやめて!あとキチンと並んで!」

キョン「並ぶ?」

朝倉「そうよ注文するなら並ばなきゃ…って、まさかいっつもママに注文してもらってたの?」

キョン「ううん!初めてきたの!こういうお店は体によくないからって食べさせてもらえなかったんだ!」

朝倉「あぁ、なるほどねー」

朝倉「なんか薄々気付いてた」

565 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 02:28:00.90 ID:wwA+HwRzO

店員「こちらでおめしあぁりっすぁー」

キョン「」

朝倉「あ、はい店内で」

店員「ごちゅーおんなんいしぁすぁー」

キョン「」

朝倉「…キョン君何食べたいの?」

キョン「」

朝倉「キョン君!!」

キョン「」ビクッ

キョン「あ、えと、うん、僕はお肉が好き!」

店員(おwwwにwwwwくwwwww)

朝倉「なんか違うんだけど…うー…じゃあこれなんてどう?」

キョン「チーズは嫌い!」

朝倉「そう……」

店員(ちーじゅきりゃい!wwwwキョン君ワロスwwww)ニヤニヤ

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 02:30:42.96 ID:wwA+HwRzO

朝倉「(嗚呼…笑われてるわ…)も…もう!だったらこのメニューからキョン君が自分で食べたいの選んで!」

店員(キョン君がwwんwwばwwれwwwww)

キョン「ぇ……」

キョン「そ…んな…」ブルブル

キョン「いきなりそんな難しい事言われてもわかんないよぉぉ…」グスッ

朝倉「えっ」

店員「えっ」

572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 02:43:10.55 ID:wwA+HwRzO

朝倉(その後何かオロオロしている店員と泣いてるキョン君に謝りつつどうにか注文を終えました)

朝倉(何で私が謝ったのかは今でもよく分かりません)




朝倉「……混んでるしお会計待ってる間席を取っておいてほしいんだけど…」チラッ

キョン「」ビクッ

朝倉「でも一緒に待って一緒に席探しましょう」

キョン「う…うん!」




朝倉「……はぁ」

574 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 02:58:08.10 ID:wwA+HwRzO

朝倉「どうにか席に座れたわね」

キョン「うん!このお肉二枚入ってるの美味しいよ!!」

朝倉「へーそれは良か」

キョン「うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

朝倉「!!??」

朝倉「キョン君!?何!?どうしたの!?ねぇっ!?キョン君!?」

キョン「変なキュウリが入ってるよおおおおおおおおおおおおおお」

朝倉「」

キョン「なにこれえええええええええええええええええええええええええええええ」

朝倉「」

キョン「これ僕嫌いなのにひどいよママアアアアアアアア」

朝倉「」

キョン「ねっ!ねっ!ペッしていい?ペッしていい!?」

朝倉「好きにしろ」

577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 03:10:48.41 ID:wwA+HwRzO

朝倉「」

キョン「」

朝倉「……あ、はいペッてして?」

キョン「ペェェ」グチョピクルスチョッ

朝倉「はいよくできました」



朝倉「あのね、それキュウリじゃなくてピクルスって言うのよ?」

キョン「ぴくるす」

朝倉「そう、私は結構好きなんだけど、案外美味しいのよ?」
キョン「美味しい?」

朝倉「うん、野菜だし残ってる分は食べてみたらどうかしら」」

キョン「……そんなに好きなら僕のピクルスあげようか?」

朝倉「自分が嫌いな物をそういう形で人にあげようとするのって醜いわよ」

579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 03:20:56.05 ID:wwA+HwRzO

キョン「だって…だって!ママは僕が嫌いなものは食べてくれた!入れないでくれた!」

朝倉「だから私はキョン君のママじゃないと何度言えば」

キョン「魚だって全部骨を取ってくれたし葡萄とかも皮も種も全部取ってくれるんだよ」

朝倉「へー」

キョン「スープは火傷しないようにフーフーしてくれたんだ」

朝倉「へー」

キョン「あ、さすがに毎回アーンしてもらうのは高校に入ってからはやめたよ」

朝倉「へー」

朝倉「あのさ」

朝倉「キョン君にいい加減聞いておきたい事があったんだけど」

581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 03:29:17.81 ID:wwA+HwRzO

キョン「なに?」

朝倉「やっぱりキョン君って結局私の事をママの代わりくらいにしか思ってないんでしょ?」

キョン「えっ」

朝倉「ママから離れるとか言ってたくせに事ある毎にママママママママ言いながら私と比べて」

キョン「……」

朝倉「私はママじゃないし、これからもキョン君が望むママにはなれそうにないわ」

朝倉「最初は殺そうと思ってたのに、なぜか途中からそれをする気力が起きなくなったの」

朝倉「恋と勘違いした瞬間なんかもあったけどようやく分かった」

朝倉「私キョン君の事哀れんでたのよ」

585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 03:43:23.39 ID:wwA+HwRzO

キョン「哀れむ…?」

朝倉「そう、可哀想だから放っておけなかったの」

朝倉「年相応の常識が無くって、しかもキョン君自身がそれに気付いてないのなんて本当に可哀想よ」

キョン「じょ…常識くらいある!」

朝倉「この間までおっぱい吸ってた高校生がなに言ってるの」

キョン「だって…それが普通だって思ってて……」

朝倉「だからそれを常識が無いって言うのよ」

589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 03:55:07.72 ID:wwA+HwRzO

キョン「……」

朝倉「勘違いしないでね?キョン君の事を別に責めてるわけじゃなくて、元はといえばあなたのママが悪いと思うの」

キョン「……ママが?」

朝倉「そう」

朝倉「愛する事と甘やかす事は履き違えちゃいけないのよ」

朝倉「キョン君は愛情を貰ってたんじゃなくて実はただ甘やかされ続けていただけ」

朝倉「だから当たり前の事が理解できないし、壁にぶつかってもただ助けてもらおうとするばっかり」

キョン「……」

朝倉「キョン君は変わりたいのよね?」

朝倉「具体的にどうなりたいの?」

594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 04:04:57.35 ID:wwA+HwRzO

キョン「僕がどうなりたいか……?」

朝倉「そう、たとえばキョン君が私とデートしてくれたのは本当に制服のお礼の為だけだったの?」

キョン「えっ」

朝倉「ェ…エッチしたいとか言ってたじゃない…あれとか、その、私の事が少しは好きだったから言ったんでしょ?」

キョン「す…少しじゃないです!大好きです!」

朝倉「あ…あら…そ…そうなの……」

朝倉「……」

朝倉「…じゃあ私が今、キョン君に付き合ってって言ったらどうする?」

キョン「え……」

朝倉「私と恋人同士になりたくない?」

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 04:10:24.31 ID:wwA+HwRzO

キョン「な……なりたい…です!」

朝倉「!」

朝倉「……」



朝倉「じゃあ、ここに取り出したるはジャジャーン」

キョン「あ」

朝倉「キョン君の携帯電話です」

キョン「えっなにそれふしぎ」

朝倉「さて、じゃあこれでキョン君にはママに電話をかけてもらおうかな」

朝倉「『私と付き合う事になった報告』か『私と付き合う事への許可』かどっちの内容で話しても構わないわ」

596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 04:19:24.24 ID:wwA+HwRzO

キョン「…ママに……」

朝倉「うん、内容キョン君の好きにして構わないから、ね?」






トゥルルルル トゥルルルル


ママ『キョン君?キョン君よね?もお〜何度も電話したのよ?ねぇ今どこ?何してるの?ねぇ?ねぇ?誰かと一緒なのかな?かな?』

キョン「ママ……」

600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 04:35:08.34 ID:wwA+HwRzO

ママ『ねぇねぇねぇキョン君ってば早く帰ってこなきゃ駄目よ?ママ腕によりをかけてあったかいシチュー作ったから久しぶりにアーンで食べさせてあげたいな
キョン君好きだったもんね?ママとアーンし合うの、食べさせ合うの、ね?ねぇ?
今日はパパも遅いし一緒にお風呂も入ろうと思ってるのよ?早く帰ってきてよ?洗いっこしようねぇ?今どこなの?まさか誰かと一緒なの?キョン君?キョン君?ねぇキョン?』

キョン「あのさ、ママ」

ママ『早く帰ってきてくれないのならママが迎えに行ってあげるから場所言ってちょうだい?
今すぐ車で迎えに行くから、ね?そうよね、その方が安全だものね、それがいいわキョン君
だから今いる場所教えてくれない?分からなかったら交番でお巡りさんに聞けば優しく教えてくれるから、ね?』

キョン「ママ!聞いて!」

ママ『あらっどうしたのいきなり大きな声なんて出して!
ママびっくりしちゃったわ〜(笑)キョン君ったらママをおどかそうとするなんてもう!罰として今日は一緒に』

キョン「僕……朝倉さんと付き合う事に……したから……!」

ママ『は?』

601 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 04:43:02.66 ID:wwA+HwRzO

キョン「朝倉さんと…付き合うよ……!」

ママ『………………えっ?なに?ごめんよく聞こえなかった』

キョン「僕は朝倉さんと付き合う…!」

ママ『は?もう一回言ってくれる?』

キョン「あ!さ!く!ら!さ!ん!と!つ!き!あ!う!」

ママ『え?ごめんなんだって?』

キョン「だから朝倉さんと僕が突き合うんだってば!!!」

朝倉「お前調子乗んなよ」

603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 04:48:43.19 ID:wwA+HwRzO

キョン「……ねぇ、ママ、聞こえてるんでしょ?僕は朝倉さんと付き合いたいんだ」

ママ『朝倉』

ママ『この間言ってた子ね』

キョン「うん」

ママ『ねぇキョン君』

キョン「なに?」

ママ『ママたしか朝倉さんと口をきくなって言ったわよね?』

ママ『キョン君もお利口さんでハイ!って言ったよね?』

ママ『何で喋ってないはずの人と付き合う事になったのかなぁキョン君』

ママ『ママを裏切るの?』

604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 04:57:07.95 ID:wwA+HwRzO

キョン「う……裏切ってなんかないよ!!」

ママ『嘘!!ママに嘘吐いてたじゃない!!ママは深く傷つきました!!!』

キョン「ご…めんなさい…ママ…」

ママ『ママはキョン君の為を思って言ったのよ?全部、全部キョン君の為!
…でもキョン君はママの事なんてこれっぽっちも思ってくれてないって事なのね』

キョン「そんなこと……」

ママ『ママはキョン君が幸せになるなら喜んで死ねるくらいあなたを大切に思ってます!
子供が不幸にならないように努力するのが親の義務なのよ!分かる?キョン君?』

キョン「わ」

朝倉「わかんないわよーーー!!!!!!!!」

606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 05:05:11.54 ID:wwA+HwRzO

キョン「!?」

ママ『!?』

朝倉「キョン君ちょっと携帯貸しなさい!」

ガッ

キョン「あいたっ」

朝倉「お電話代わりました朝倉と申します初めましてキョン君のお母様」

ママ『…あなたが朝倉さん…ね?』

朝倉「えぇ、本日からキョン君と付き合う事になりました」

ママ『…ちょっと待って、まだ母親である私が許可してませんけど?』

朝倉「許可?許可ですか?」

ママ『えぇ、親は子の幸せを願うものですもの、たとえ息子の人生だとしても当然口を出させて頂きますわ』

朝倉「はーん?幸せねぇ」

608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 05:17:33.30 ID:wwA+HwRzO

朝倉「キョン君はちっとも幸せじゃないわよ!!!!!!!」

キョン「えっ」


朝倉「こんな友達が一人もいない常識も知らない着替えすら一人で出来ない半池沼マザコン野郎が幸せだなんてむしろ認めないわ!!!」

ママ『えっキョン君友達いなかったの!?』

朝倉「少なくとも今現在一人もいないわよ!!!」

(^p^)「それは知らなかったです」

613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 05:32:53.35 ID:wwA+HwRzO

ママ『ママてっきり谷口君や国木田君と仲良しなままなのかと思ってたわ…』

朝倉「この間キョン君そいつらにいじめられてましたよ」

ママ『あいつらマジ死ねよ』

キョン「いつものママじゃない…」


朝倉「えーと」

朝倉「お母様がキョン君を幸せにしたいのは十分すぎる程分かりました」

朝倉「けど、皆が当たり前に知っている事を知らない、皆が当たり前にできる事ができない、そんなキョン君は私から見ても幸せじゃないです」

朝倉「多分、本人も薄々それに気付いています」

朝倉「キョン君、だから変わりたいんでしょ?」

614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 05:44:10.73 ID:wwA+HwRzO

キョン「……ママ」

ママ『キョン君……』

キョン「僕変わりたいんだ」


キョン「ママの事は大好きだけど、僕はもっと色んな事を知って、色んな事をできるようにならないと駄目みたい」

キョン「僕が知らない事を常識だっていう人達を見る度に本当は思ってたんだけど、その度にママさえいればいいって気付かないフリをしてたんだと思う」

キョン「せめてパジャマや制服に自分で着替えられないとまた修学旅行も行けないし、僕頑張りたいんだ」

ママ『キョン君……』

朝倉(本気で何も着替えられなかったのね)

キョン「もしかしたら無理かもしれないけど、僕、しっかりした人間になってママを安心させたいんだ」

ママ『……歯磨きも一人でするの?喉に誤って刺さない?トイレにはついて行かなくて平気?落ちない?怖くない?』

キョン「歯磨きは一本ずつでも頑張るよ、トイレは…最初はドア開けたまま入る練習かな」

617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 05:53:54.36 ID:wwA+HwRzO

朝倉(なんか話してる内容が高校生のこれからの目標に聞こえないけど)

朝倉「まぁ…いっか」

ママ『朝倉さん』

朝倉「はい」

ママ『まだあなた達の事認めたわけではないです』

朝倉「はい」

ママ『でも…せめてあなたから見てキョン君が幸せだと思えるくらいまで、キョン君の頑張りを見守ってあげてほしいと思います』

朝倉「はい、それでは失礼します」

ママ『キョン君』

キョン「なぁにママ?」

ママ『高校生の間は一緒にお風呂までよ、エッチは卒業してからね』

キョン「はーい」

朝倉「いやいやいやいやなんかおかしいやろ」

619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 05:58:32.89 ID:wwA+HwRzO

キョン「はぁーーー」

朝倉「お疲れ様」

キョン「ママに意見したのなんて初めてだから本当はすごく泣きそうだったんだ」

朝倉「えらいえらい、よく頑張りました」


店員V『おめでとう』

店員I『おめでとう』

店員P『おめでとう』

店員P『おめでとう』

店員E『おめでとう』

店員R『おめでとう』


朝倉キョン「「えっ」」

621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 06:05:25.11 ID:wwA+HwRzO

客H『おっめでとー!』

客N『……おめでとう』

客M『おめでとうございましゅ』

客K『めでたいですねぇ』

客T『めでたいにょろー!』

キョン「みっ皆さんありがとうござ」

朝倉「キョッ…キョン君!さっさと店出るわよ!!!!」

ウイーン

店員「あじゃじゃしたー」

622 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 06:11:41.79 ID:wwA+HwRzO

―帰り道にて

朝倉「あ゙ー恥ずかしかったわ…私としたことが店内だって事を忘れてあんな…」

キョン「朝倉さん!」

朝倉「うーなによー…」

キョン「あの…さっきの電話の話なんですけど…朝倉さんは僕の友達ではないんですか?」

朝倉「は?」

キョン「ごごごごめんなさいごめんなさい厚かましかったですねすみません嫌ですよねごめんなさい」ブルブル

朝倉「ちょっと何で怯えるのよ、失礼ね」

朝倉「……」

キョン「……」

朝倉「……あーもう」



朝倉「彼女は友達に入らないの!!」

624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 06:17:44.50 ID:wwA+HwRzO

キョン「!」

朝倉「キョン君がママに
『朝倉さんと付き合っていい?』
じゃなくて
『朝倉さんと付き合う事にした』
って言ってくれた時点で私は彼女になったの!」

朝倉「キョン君が自分で付き合うって決めてくれたんなら、最終的にママに反対されたって……関係ないもの」

キョン「あ…あしゃくらさ…」グスッズビッ

朝倉「ほらもう泣かないの」

朝倉「チーンして」

キョン「ヂーン」ブチャラティッ

627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 06:30:39.24 ID:wwA+HwRzO

朝倉(……なんか結局キョン君と付き合う事になっちゃったなぁ…これからどうしよう)

朝倉「そういえば、肝心の『ママ離れ』は具体的にどうするの?一緒に寝ないとか一緒にお風呂に入らないとかそんな感じ?」

キョン「うん、その事なんだけど僕考えたんです」

朝倉「うん?」

キョン「いきなりじゃなく徐々に離れた方が失敗しないかなって」

朝倉(失敗ってのもよくわからないけど)

キョン「で」

キョン「ここはやっぱり彼女…である朝倉さんにしばらくママを演じてもらって、ママへの想いを分散させるってのはどうかな」

朝倉「は…?ママ…分散…?」

キョン「うん、一人のママに100べったりから二人のママに50ずつべったりに変えてみるの」

朝倉「……何それ」

キョン「物は試しだよ!」


キョン「というわけで朝倉さん、恋人になって一番最初のデートは僕の部屋で幼児プレイとか……どうかな?」


おわり

629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/14(水) 06:40:25.77 ID:wwA+HwRzO

最早マザコンじゃなくてごめん

あと自分は>>1じゃないです
今更だけど乗っ取って本当ごめん
初めてこういうのを書いてみたが色々気にしないでくれるとありがたい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:金剛「テートクのハートを掴むのは、私デース!」瑞鶴「!?」