ハルヒ「…秘密」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ご、ごめんなさい…許して…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 22:23:38.04 ID:YMqje1JT0

キョン「え?…これ、俺にくれるのか?」

ハルヒ「アンタ以外ここに居ないでしょうがっ」

キョン「ありがとう。…でもなんで?」

ハルヒ「…アンタ自分の誕生日も忘れちゃったの?」

キョン「あ…そうか…」

ハルヒ「もう…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

スレ立ったら書く

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 22:30:40.16 ID:YMqje1JT0

キョン「ありがとう」

ハルヒ「それ、さっきも聞いたわよ」

キョン「まあ、嬉しくてさ。早速明日から着けていくよ」

ハルヒ「それはいいけど、私があげたことは言わないでよ」

キョン「ん?なんでだ?」

ハルヒ「だって恥ずかしいじゃない。とにかく、秘密よ」

キョン「…ああ、分かった」

キョン「秘密だ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 22:49:00.16 ID:YMqje1JT0

予感めいたものなど、何ひとつなかった。

ハルヒ「キョン!今日自転車借りるからね!」

キョン「はあ?そりゃまたなんでだ?」

ハルヒ「みくるちゃんを攫ってショッピングにね」

キョン「攫うってなんだ。2人のりで行くってのか?」

ハルヒ「そうよ」

キョン「危ないだろ、やめとけ」

古泉「まあまあ、いいではないですか」

キョン「おいおい、事故ったらどうするんだ」

ハルヒ「私がそんなヘマするわけないでしょ」

キョン「やれやれ…」

ハルヒ「あ、有希も一緒に行く?」

キョン「どんな大道芸人だ、やめとけ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:06:14.09 ID:YMqje1JT0

みくる「キョン君、お茶ですう」

キョン「あ、どうも」

ハルヒ「ってお茶なんてどうでもいいのよ!」バシャー

キョン「熱ぶぅっ!」

ハルヒ「みくるちゃん、さっさと行くわよ!」

みくる「あ、は、はい!」

キョン「ひぃぃ」ジタバタ

みくる「あの、キョン君、ごめんね」

ハルヒ「いいからはやく!」グイ

みくる「わー」

キョン「うぃぃ!」バタバタ

長門「…」

古泉「…」ピロリン

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:27:28.36 ID:YMqje1JT0

長門「ハンカチ…使って」

キョン「お、サンキュ」

古泉「さて、今日はオセロでもしましょうか」

キョン「おい、長門だけ仲間はずれにする気か?」

古泉「いえ、長門さんとしようかと」

キョン「チクショ」

長門「3人で出来る方法がある」

キョン「ほう」

長門「三角形の駒を作ればいい」

古泉「ほう、それはいい考えですね」

キョン「非常に滑稽な画が浮かんだんだが…」

古泉「それぞれの面に、白、黒…あなたは茶色でいいでしょう」

キョン「チクショ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:41:22.79 ID:YMqje1JT0

ガチャ

キョン「ん?」

みくる「あの…」

キョン「朝比奈さん、どうしました?」

みくる「最後の人は戸締りよろしく、だそうです」

キョン「あ、はい」

みくる「では、さようなら」

バタン

キョン「メールすりゃいいのに…」

古泉「おっちょこちょいですね」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:56:57.50 ID:YMqje1JT0

キョン「しかしハルヒたちは何を買いにいったんだ」チョキチョキ

古泉「んふっ、気になりますか」ペタペタ

キョン「顔寄せんなキモい」

長門「朝比奈みくるの衣装を買うと言っていた」チョキチョキ

キョン「そうか」

古泉「彼女が居なくて寂しいですか?」

キョン「そんなんじゃねえよ鼻息キモい」

長門「…」チョキチョキ

キョン「あれ…」

古泉「どうしました?」

キョン「三角形じゃ駄目じゃん」

長門「…」ペタペタ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:05:48.41 ID:fMpNSkyw0

古泉「オセロはもういいです」

キョン「いいのかよ」

長門「…」

古泉「どうです?ゲームセンターに行くというのは」

キョン「いいな、長門も行くだろ?」

長門「…」コク

古泉「では、行きましょうか」

〜玄関〜

古泉「あ、そうそう、涼宮さんの能力は無くなりましたよ」

キョン「さらっとすごいこと言うなよ」

古泉「それも数ヶ月前にね」

キョン「尚更びっくりだわ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:20:18.15 ID:fMpNSkyw0

古泉「去年の…そうですね、あなたの誕生日くらいでしょうか」

キョン「なんだよ」

古泉「そのあたりから閉鎖空間の発生が格段に減りました」

キョン「…」

古泉「そして、今度は彼女の誕生日です」

キョン「もういいって」

古泉「その日以来一度も発生していないのです」

キョン「あっそ」

古泉「どういうことなのでしょう」

キョン「知らん」

長門「二人は交際している」

キョン「おい!」

古泉(やはりリア充…死んでほしい)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:27:53.10 ID:fMpNSkyw0

古泉「まあいいですよ。別に貴方たちの関係なんざ興味ないですし」

キョン「お前から話題振ってきたんじゃないか」

古泉「その腕時計が誰からのものかなんてどうでもいいです」

キョン「あ、こ、これは…」

古泉「長門さん、先に行きましょう」

長門「…」コク

キョン「おい、お前らチャリ持ってんのかよ」

古泉「では、また後で」

チリンチリーン

キョン「…」

キョン「ひっでえ奴ら」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:34:41.11 ID:fMpNSkyw0

キョン「歩いて行くと遠いな…」

テクテク

キョン「…」

テクテク

キョン「…」

テクテク

〜10分後〜

キョン「…引き返してきてくれないの?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:47:42.88 ID:fMpNSkyw0

ブロロロロ キキー

キョン「ん?」

古泉「乗ってください!」

キョン「なんだ、わざわざタクシー呼んでくれたのか」

古泉「そんな悠長なこと言ってないで早く!」

キョン「なんだよ…」

バタン ブロロロロ〜

キョン「お、長門もいたのか」

長門「…」

キョン「なんだ?返事してくれてもいいだろ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:55:37.29 ID:fMpNSkyw0

古泉「いいですか?お、落ち着いてk聞いてくださいね」

キョン「うんまずお前が落ち着こうか」

古泉「s涼宮さん、と朝比奈さんが…」

キョン「うん」

古泉「じ、事故に…」

キョン「え」

古泉「事故に泡、遭われました」

キョン「な…」

それを聞いた途端、頭の中が未使用のティッシュのように真っ白になった。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:02:58.36 ID:fMpNSkyw0

古泉「それで今、彼女らが搬送された病院に向かっているのです」

キョン「おいっはやく!もっとスピード出せよ!」ガンッガンッ

荒川「いて、いてて」

古泉「おちn、落ち着いて」

キョン「これが、落ち着いて、られるかよ!」ポロポロ

古泉「…もう少しスピード出せますか?」

荒川「いや、赤信号ですし…」

キョン「ああああああああ!!」ボロボロ

長門「ハンカチ…使う?」

キョン「なんだよハンカチハンカチって!お前はそればっかりか!!」

長門「…ティッシュもある…」ビクビク

キョン「ちょーだいっ!」

ズビイイイイッ

古泉「…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:11:35.92 ID:fMpNSkyw0

〜病院〜

キョン「どこだ!ここか?」

ガラッ

谷口「お、キョン。見舞いに来てくれたのか?」

キョン「んなわけあるか死ねっ!」バキ

谷口「う…うぐう〜」

古泉「落ち着いてください、今は集中治療室に入っているようです」

キョン「…そうか」

長門「…」キョロキョロ

キョン「…」ポロポロ

古泉「…きっと大丈夫です」

キョン「…」ポロポロ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:21:24.34 ID:fMpNSkyw0

医師「…お友達?」

長門「…」コク

医師「では、こちらに」

古泉「行きましょう」

キョン「…」

〜診察室〜

医師「涼宮さんの親御さんは後ほど来られるようですが、先にあなたたちに説明をしておきます」

古泉「…お願いします」

キョン「二人は、助かるんですか?」

医師「率直に申し上げて」

キョン「…」

医師「非常に難しい状況です」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:31:39.41 ID:fMpNSkyw0

キョン「…どちらがですか」

医師「…」

古泉「どちらも…ですか」

キョン「…」

医師「涼宮さんのほうは外傷がひどいのです」

古泉「ひどい…というと?」

医師「背中にガラス片などが刺さっていて、心臓に達しているものもあります」

キョン「…」

古泉「朝比奈さんのほうは?」

医師「朝比奈さんは…」

長門「…」

医師「外傷は涼宮さんよりはるかに軽度ですが、圧迫により呼吸困難にあったようです」

医師「それで、脳に影響が…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:44:09.01 ID:fMpNSkyw0

〜待合室〜

キョン「助からないのか…」

長門「まだそうと決まった訳ではない」

キョン「…気休めはいい」

古泉「ぶえっくしょい!」

長門「…」

キョン「…」

古泉「あ、すみません…」

タッタッタ

ナース「キョン、という方は…」

キョン「俺ですけど」

ナース「涼宮さんが呼んでおられるんです。すぐに行ってあげてください」

キョン「ハルヒが?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:49:54.71 ID:fMpNSkyw0

〜集中治療室〜

ナース「ご友人です」

医師「はいってもらいn」

キョン「ハルヒ、ハルヒ!」

ハルヒ「…」パチ

キョン「良かった、ハルヒぃ…」

ハルヒ「…」パクパク

キョン「ん?朝比奈さんか?大丈夫だ、朝比奈さんは大丈夫だぞ」

ハルヒ「…」パクパク

キョン「そうか、よし、今すぐ会わせてやるからな」

ゴロゴロ

ナース「ベッドを動かさないでください、困ります」

医師「いいんだ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:55:02.93 ID:fMpNSkyw0

スッ

キョン「朝比奈さんの手だぞ」

ぎゅ

キョン「あったかいな…」

ハルヒ「…」ニコ

フッ

キョン「あっ、ハルヒ、はるひっ」

医師「…」スッ

医師「ご臨終です。午後六時四十五分でした」

キョン「あ…あああ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 02:02:30.09 ID:fMpNSkyw0

〜キョン自宅〜

キョン「…」

ポフッ

キョン「ハルヒ…」

キョン「…」

キョン「…うぅ」グス

ガチャ

キョン妹「キョン君ハサミー」

キョン「今それはないだろおおおお」グオオオ

キョン妹「え?キョン君どしたの?」

キョン「うえっうえっ」ポロポロ

キョン妹「?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 02:15:10.42 ID:fMpNSkyw0

prrrrr

キョン「…ん」



古泉「聞いてください!」

キョン「聞いてるよ」

古泉「朝比奈さんの意識が戻りました!」

キョン「本当か!?すぐ行く!」



キョン妹「キョン君どこ行くの〜?」

キョン「うるせいやい」

バタン

キョン「あ…チャリないのか」

キョン「…」

キョン「ハルヒ…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 02:26:24.23 ID:fMpNSkyw0

〜病院〜

キョン「朝比奈さん!」

長門「今はまだ眠っている」

キョン「そうか、でも意識は戻ったんだろ?」

古泉「意識が戻ったといっても、一応の意思表示があるのみです…」

キョン「そうか…」

長門「…」

古泉「事故当時の状況ですが…」

キョン「うん」

古泉「涼宮さんが朝比奈さんを庇うような形で車に衝突されたそうです」

キョン「ハルヒが…」

古泉「そのおかげで朝比奈さんが奇跡的に一命を取り留めたのでは、という話でした」

キョン「ああ…」ポロ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 02:34:17.19 ID:fMpNSkyw0

キョン「ハルヒ、ハルヒ、ハルヒ…」

古泉「…」

長門「…」

キョン「…うぅぅ」ポロポロ

みくる「…ん」

キョン「!」

古泉「朝比奈さん?」

みくる「…ョン」

キョン「ここです、ここに居ます」

みくる「キョン…あんた……え?」

キョン「え?」

古泉「え?」

長門「え?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 02:42:58.32 ID:fMpNSkyw0

キョン「朝比奈さん、良かった、声が出るんですね」

古泉「いま医者を呼んできましょう」

みくる「待って」

キョン「うん?」

みくる「医者は呼ばないで、話をきいて」

長門「…涼宮ハルヒ…?」

古泉「え?」

キョン「ははは、それは笑えない冗談だぞ」

みくる「そうよ、私ハルヒよ」

キョン「だからもういいですって」

みくる「私の言うこと信じてくれないの?」

キョン「そりゃあ、信じますよ。でも冗談はやめてください」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 02:51:40.12 ID:fMpNSkyw0

みくる「私ハルヒ私ハルヒ私ハルヒ私ハルヒ…これくらい言えば分かるかしら」

キョン「えーっと…」

古泉「…なんということだ」

キョン「むー…」

長門「…」オロオロ

キョン「あっ…」bomb!

古泉「ちょっと!大丈夫ですか?」

キョン「おっぱいがいっぱい…」

古泉「ダメだ…」

みくる「ねえ、信じてよね!」

長門「う、うん…」







40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 03:00:41.69 ID:fMpNSkyw0

〜数日後〜

みくる「…自分の葬式に出るってのは変な感じだったわ…」

キョン「あ、はい、そうですね…」

みくる「もう、そろそろ慣れなさいよ!」

キョン「いや、無理だろ」

みくる「じゃ、また放課後部室でね」

キョン「うん…」

〜教室〜

キョン「はあ…」

国木田「やっぱり元気ないね」

朝倉「しょうがないわよ、だって…」

国木田「うん…」

朝倉「それにしても、一気に2つも机が減るなんてね」

国木田「寂しいもんさ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 03:08:19.70 ID:fMpNSkyw0

〜放課後〜

ガチャ

キョン「ういーす、ん?なにやってんだ?」

みくる「お茶入れてんのよ…意外と難しいものね」

キョン「そうか…」

長門「…」ペラ

キョン「お、長門も居たのか」

みくる「はいお茶!」ダン

キョン「ん、ありがとう…」ズズー

みくる「…どう?」

キョン「…」

キョン「…朝比奈さんのが、美味い」

みくる「…」

ガチャ

古泉「ぶえっくしょい!あ、すみません」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 03:17:37.81 ID:fMpNSkyw0

みくる「私、生きてていいのかな…」

キョン「何を言い出すんだ」

みくる「みくるちゃんは死んじゃったのに、私だけ生きてるのは…やだよ」

古泉「zzZ」

キョン「そんなこと言うなよ。お前のおかげで朝比奈さんが助かったんだろ」

みくる「でも、助かったのは体だけ」

キョン「も、いいって!」

みくる「…ごめん」

キョン「そんなに自分を責めるなよ」

みくる「…」

長門(本の内容が入ってこない…)

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 03:26:04.19 ID:fMpNSkyw0

〜あくる日〜

キョン「しかし、ハルヒが上級生ってのがなあ」

古泉「確かに。このままでは涼宮さんが先に卒業してしまいますからねえ」

キョン「うーむ…」

古泉「長門さん、情報操作で彼と同じクラスに出来ませんかね」

長門「可能」

キョン「おいおい、ハルヒにばれたらどうするんだよ」

古泉「もう彼女の能力も消えてしまっていますし、大丈夫でしょう」

キョン「あそうか。じゃ、長門、頼めるか?」

長門「了解」

みくる「だが断る!」

キョン「あ、朝比奈さん!!」

みくる「ちゃうわ!…いや、違わないわ」

キョン「どっちやねん」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 03:34:52.70 ID:fMpNSkyw0

みくる「みくるちゃんが居たっていう証はなくしちゃダメじゃない!」

キョン「だがなあ…」

みくる「この衣装も!お茶のセットも!全部!大切なものなのおおおううわああああああ!!」ピャー

キョン「ハルヒ…」ポロポロ

みくる「みくるちゃああん!帰ってきてよおおおおう!」ダー

キョン「うえええええええええ!!!」ボロボロ

古泉「長門さん、情報操作で…」

長門「…蘇生は不可能」

古泉「そう、ですか」

みくる「ひっく、ひっく」

キョン「ハルヒ、俺はお前が居ればそれでいいんだ!」ポロロン

みくる「私にはみくるちゃんが必要なのよおおおおおおお!!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 03:43:27.42 ID:fMpNSkyw0

〜またまたあくる日〜

みくる「ねえキョン。デートしよっか…」

キョン「デート?」

みくる「うん。久しくしてなかったじゃない」

キョン「そうだな、行こうか」

みくる「じゃ、今度の土曜日ね」

一方誕生日の俺は、年齢と彼女いない歴を同時に更新してしまっていた。

〜後日〜

みくる「やっぱりデートは楽しいわね」ニヤニヤ

キョン「ああ、そうだな」ニヤニヤ

ちくしょう、ちくしょう。田舎の山々に叫びが響いた…

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 03:51:08.90 ID:fMpNSkyw0

みくる「キョン…」

キョン「ん?」

みくる「いつもみくるちゃんと行ってたとこに連れてって」

キョン「いつも行ってたとこ?」

みくる「不思議探索のときに」

キョン「ああ、じゃあ行こうか」

〜いつかの並木道〜

みくる「ここでみくるちゃんとどんなこと話してた?」

キョン「朝比奈さんが未来人だって話」

みくる「え?本当?」

キョン「ああ」

みくる「じゃあ、そっちに家族がいるのね…」

キョン「…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 03:56:50.13 ID:fMpNSkyw0

みくる「ん…」

キョン「なんだ?そんな顔して」

みくる「キス…」

キョン「…」

チュ

もちろん俺は女の子とキスをしたことなどない。

みくる「…」

キョン「…」

みくる「どんな感じだった…?」

キョン「…ハルヒとしてる感じがしない」

みくる「それで…いいよ。私はみくるちゃんだから…」

チュ

みくる「みくるちゃんとして生きていくから…」

キョン「…」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 04:11:27.03 ID:fMpNSkyw0

〜かつまたがくる日〜

みくる「勝俣が来るの?」

キョン「来ないよ」

みくる「ショボーン」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 04:16:39.57 ID:fMpNSkyw0

〜ある日〜

ガチャ

キョン「ういーす」

みくる「きゃー!!」

キョン「あ、ご、ごめんなさい!!」

バタン

キョン「やっちまった…」

キョン「ってあれ?」

ガチャ…

みくる「ま、まだ着替えてますぅ!」

キョン「あ、ご、ごめんなさい!!」

バタン

キョン「やっちまっ…んん?」

キョン「あいつそんなキャラじゃないだろ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 04:21:11.98 ID:fMpNSkyw0

キョン「むむむ…」

みくる「着替え終わりましたぁ」

キョン「あ、うん」

ガチャ

キョン「あの、さっきは…」

みくる「だいじょぶです、気にしてないですぅ」

キョン「ハルヒ?」

みくる「え?」

キョン「え?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 04:27:57.89 ID:fMpNSkyw0

キョン「かくかく」

古泉「しかじか」

長門「まるまる」

みくる「うしうし」

キョン「ってことなんです」

みくる「え、じゃあ…私死んじゃってたんですか?」

古泉「そういうことになりますね」

キョン「しかし、信じられないな」

みくる「なんで私、今更…」

キョン「とにかく、会えて嬉しいです」

みくる「でも、涼宮さんは…」

キョン「あ…」

古泉「…そのことは、いまは考えないでおきましょう」

キョン「そうだな」

長門(出番少ない…)

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 04:34:24.48 ID:fMpNSkyw0

みくる「お茶、入れましょうか?」

キョン「あ、お願いします」

みくる「はぁい」

キョン「古泉、これについてお前の見解はどうだ」

古泉「何が何やらさっぱりで」

キョン「長門はどうだ」

長門「これらの事象についてわれわr」

みくる「はい、キョン、お茶よ!」

キョン「あ、どうも…」

ズズー

古泉「え?」

キョン「ふう、さて、一息ついたところで…」

キョン「えええええええええ!!!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 04:43:59.61 ID:fMpNSkyw0

キョン「あ、朝比奈さん?いや、ハルヒ?」

みくる「あれ?私こんなとこに居たっけ?」

キョン「あじゃぱー」ブクブク

古泉「これは…どういうことでしょうか」

みくる「え?何?どうしたの?」

長門「朝比奈みくるの身体に朝比奈みくるの精神が戻った。そう考えるのが妥当」

みくる「え?みくるちゃん?」

古泉「先ほどあなたは朝比奈さんのように振舞っておられましたよ」

みくる「じゃあ…どゆこと?」

古泉「長門さんの言った通りか、或いは朝比奈さんの精神が残っていたか…でしょうか」

みくる「じゃ、みくるちゃんは生きてたのね」

長門「そうなる」

古泉「…驚きですね」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 04:52:20.47 ID:fMpNSkyw0

みくる「やったあ!…ってちょっと待ってよ」

古泉「どうしました?」

みくる「私みくるちゃんに会えないじゃない」

長門「あ…」

古泉「あ…あ!」

みくる「ん?なに?古泉君」

古泉「交換日記をされてはいかがですか?」

みくる「あ!それいいわね!」

みくる「さっそく今日からはじめるわ!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 04:58:25.66 ID:fMpNSkyw0

それから奇妙さを増した日常が始まった…

みくる「ん〜」

キョン「ん〜」

チュ

みくる「え?キョンくん!?わー」

キョン「こ、このタイミングでか…」

とか

キョン「朝比奈さん、ハルヒに部屋荒らされたりしてません?」

みくる「物の位置がいろいろ変わったりしています…」

キョン「まったくハルヒは無神経ですからね」

みくる「ちょっと、なに話してたのよ」

キョン「え?あ、いや…いい天気だな〜って…」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 05:06:10.00 ID:fMpNSkyw0

〜そして冬〜

みくる「もうすぐクリスマスね!」

キョン「だな」

古泉「パーティを開きますか?」

みくる「当たり前よ!で、なんか要望はある?」

長門「七面鳥…」

みくる「はいはい、わかったわ。それはキョンが用意してくれるから」

キョン「って俺かよ!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 05:12:14.67 ID:fMpNSkyw0

〜クリスマスパーティ当日〜

みくる「ようこそ!ささ、入って」

古泉「お邪魔します」

キョン「お邪魔」

長門「します」

キョン「えらく豪勢な料理だな。お前が作ったのか?」

みくる「そうよ。みくるちゃんのときの私がね」

キョン「じゃあ朝比奈さんじゃないか…」

長門「ぱくぱく」

みくる「こら、有希!まだ早いわよ!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 05:17:33.21 ID:fMpNSkyw0

キョン「ふう、食った食った」

みくる「お茶入れますね」

キョン「あ、今は朝比奈さんなんだ」

みくる「涼宮さんは眠っちゃいました」

キョン「あ、そういう具合なんだ」

長門「ぱくぱく」

ズズー

キョン「…?」

みくる「どうですか?」

キョン「美味しいですよ」

みくる「よかったあ…」

キョン「…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 05:23:18.13 ID:fMpNSkyw0

キョン「ちょっとベランダにでてもいいですか?」

みくる「?」

キョン「ちょっと火照っちゃって…」

みくる「はい、どうぞ」

ガラ

キョン「ふいー」

キョン「…」

キョン「涼しいな。いやむしろ寒いか」

ガラ

みくる「へへ、私も来ちゃった」

キョン「あ、ども」

みくる「楽しいですねえ」

キョン「ですね」

みくる「涼宮さんと会えないのは寂しいけど…」

キョン「…」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 05:29:59.83 ID:fMpNSkyw0

みくる「ね、キョン君…」

キョン「なんです?」

みくる「キス、してもいいですか?」

キョン「え?」

みくる「ダメですか…」

キョン「いや、あの…」

みくる「…」

キョン「…」

チュ

古泉「あーあ、やってしまいましたね」

長門「がつがつ」

みくる「キョン君…ありがとう」

キョン「…」

ギュ…

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 05:35:16.15 ID:fMpNSkyw0

〜そして時は過ぎ行く〜

みくる「キョン、そのマフラーあったかそうね」

キョン「え?ああ…」

みくる「…誰に貰ったの?」

キョン「あー、そのだな」

みくる「みくるちゃん…なの?」

キョン「…」

みくる「そう…」

キョン「…」

ハルヒ「良かったじゃない…」



古泉「んもおおおお!!」

長門「…」ピロリン

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 05:45:32.94 ID:fMpNSkyw0

〜そして卒業式を控えたある日〜

みくる「ふふ」

キョン「で〜なんですよ」

古泉「もういい加減にしてください!」バン

キョン「な、なんだよ」

みくる「ふええ…」

古泉「あなたみたいに軟派な人を見ているとイライラするんですよ!」

キョン「なんだ急に、喧嘩売ってんのか!?」

古泉「…」ブチ

ガシャーン

キョン「てめ、なにしやがる!」バキ

古泉「おらくたばれやあ!!」ドカ

みくる「ちょ、ちょっと何してんのよ!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 05:49:59.15 ID:fMpNSkyw0

古泉「こいつが…」ハアハア

みくる「…」

古泉「…いえ、なんでもないです」

みくる「…そう」

キョン「…」ハアハア

みくる「みくるちゃんがもうすぐ卒業ってときに、喧嘩なんてしないでよ…」

古泉「…すいません」

キョン「悪かった」

みくる「…」

長門(本の内容がまたしても入ってこない…)

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 05:55:13.99 ID:fMpNSkyw0

〜キョン自宅〜

キョン(なんだったんだ、古泉の奴…)

prrrr

キョン「ん?」



みくる「キョン?」

キョン「ああ、どうした?」

みくる「…話したいことがあるの。出てこれる?」

キョン「ああ、すぐ行く」

〜並木道〜

キョン「すまん、またせたな」

みくる「…ううん」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 06:01:36.48 ID:fMpNSkyw0

みくる「なぜここか分かる?」

キョン「え…と。すまん、分からん」

みくる「初デートの場所だからよ」

キョン「え、初デートは…」

みくる「私とキョンの、よ」

キョン「ああ…」

みくる「いままで楽しかったわ」

キョン「?」

みくる「こんなに充実した高校生活が送れるなんて思ってなかった」

キョン「うん、俺も楽しかった」

みくる「不思議な体験もしたし…」

みくる「…恋のつらさも知った」

キョン「…」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 06:07:14.29 ID:fMpNSkyw0

みくる「ね、キョン…最後にぎゅってして」

キョン「え?最後って…」

みくる「最後は最後よ」

キョン「え…?待てよ」

みくる「…」

ぎゅっ

みくる「これからキスは…みくるちゃんにだけしてあげてね…」

キョン「お、おい!」

みくる「好き」

フッ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 06:10:15.70 ID:fMpNSkyw0

キョン「おい、おい!ハルヒ!ハル…」

チュ

みくる「んっ…」

キョン「ハル…ヒ…?」

みくる「あれ?キョン君?」

キョン「あ…あああ…」ジワ

みくる「?」

キョン「ああああああああああ!!」ポロポロ

みくる「え?どうしたのキョン君!?」

キョン「ああああああああああ!!!!」







73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 06:18:42.51 ID:fMpNSkyw0

〜卒業式当日〜

みくる「皆いままでありがとう」グス

古泉「寂しいですね…」

キョン「ああ…」

みくる「また…会えますよね」グシッ

長門「会おうと思えば、また」

古泉「必ず、会いましょう」

みくる「ありがとう…本当に…ありが…」ポロポロ

キョン「う…」ポロ

長門「…グスッ」

古泉(おや、宇宙人でも泣くんですね)メソメソ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 06:25:19.96 ID:fMpNSkyw0

鶴屋「おーいみくるー。集合写真だって、行くよー」

みくる「あ、はーい…じゃ、ちょっと行ってきますね」グス

キョン「…はい」

タッタッタ

キョン「あ!」

古泉「ぶへっくし!…どうしました?」

キョン「朝比奈さんがしてるネックレス…」

キョン(ハルヒの誕生日にプレゼントした…。二人だけの秘密のはずなんだが…)

古泉「ネックレスがどうかしましたか?」

キョン(朝比奈さんが知ってた…?いや、まさか…)

古泉「おーい」

キョン「どういうことだろうな…」ポロポロ

古泉「?」

長門「ぱくぱく」




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 06:39:08.72 ID:fMpNSkyw0

元ネタは東野圭吾の「秘密」って本なんだけど、是非読んでね!
読んでくれた人ありがとうね!
ぷん太さん、頑張って書いたので載せてね!

朝倉「眉毛剃ろうかしら…」ハルヒ「だ、駄目よ!」
長門「ハンカチを忘れた…」
ってやつもどうか読んでね!

眠いね!!!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン、ファイターズ対巨人1回戦が始まるぞ」