長門「らっしゃああっせえええええええええ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「もうすぐクリスマスだね…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 14:53:53.08 ID:tXK5FGFa0

キョン「……」

長門「……」

長門「いらっしゃいませ」

キョン「え、あ、ああ……」

キョン「…コンビニでバイトか?」

長門「そう」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 14:58:05.00 ID:tXK5FGFa0

キョン「あんな声出せるんだな」

長門「今のは私じゃない」

キョン「は?」

長門「……」

キョン「……」

キョン(ここでエロ本見るのが日課だったんだが…)

キョン「えーと、じゃあ肉まん1つ」

長門「私が食べたからない」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 15:06:56.13 ID:tXK5FGFa0

キョン「……じゃああんまん2つ」

長門「ういいいいいいいっす!!!!!」

キョン「!?」

長門「肉まんもいかがっすかああああああああ」

キョン「あるのかよ」

長門「嘘をついた」

キョン「そうか」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 15:09:09.43 ID:tXK5FGFa0

長門「ありあっしたあああああああああああ」

キョン(長門がこんな声を出すとは…)

キョン「長門、これ」

長門「……?」

キョン「やるよ、あんまん」

長門「……ありがとう」

キョン「バイト頑張れよな」

長門「頑張る」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 15:13:15.87 ID:tXK5FGFa0

キョン(明日も行くか)

キョン(長門が心配だしな)

妹「キョン君おかえりなさい〜ファミチキは?」

キョン「あ」

妹「ふざけんな」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 15:17:50.96 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「ねえキョン知ってる?」

キョン「何を」

ハルヒ「有希がね、バイトを始めたのよ」

キョン「ああ…知ってる」

ハルヒ「なんだ。つまんない……どこでやってるか知ってる?」

キョン「こ…いや知らない」

キョン(こいつには言わない方がよさそうだ)

ハルヒ「ちょっと心配よね。大丈夫かしら」

キョン「大丈夫だろ、長門なら」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 15:20:58.83 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「でも変なおっさんに絡まれそうじゃない?有希可愛いし」

キョン「それは……あるかもな」

ハルヒ「でしょう?」

ハルヒ「奴らは大人しそうな女の子を狙うのよ……悪魔め」

キョン「確かに心配だ」

ハルヒ「にしても……何でバイトなんて始めたのかしら」

キョン「さあ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 15:26:34.35 ID:tXK5FGFa0

放課後

キョン「……また来てしまった」

キョン「いるかな…」ウィーン

長門「らああああああっしゃあああああああああああ……」

キョン「よう」

長門「いらっしゃいませ」

キョン「バイトはいつやってるんだ?」

長門「週3で水、木、土。土曜は夜中に」

キョン「大丈夫なのか?」

長門「夜中は自給が高い」

キョン「何か欲しいものでもあるのか?」

長門「ある。どうしても欲しいもの」

キョン「そうか。頑張れよ」

長門「ありがとう」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 15:32:55.17 ID:tXK5FGFa0

妹「ファミチキうめえ」

キョン(長門の欲しいもの……)

キョン(やっぱり本か?意外にアリクイのぬいぐるみとか)

キョン(金に困ってるわけじゃなさそうだし)

キョン「大変そうだな……」

妹「なぁに?」

キョン「何でもない」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 15:38:55.29 ID:tXK5FGFa0

キョン(こいつ太ったな…)

キョン(朝比奈さんの胸より腹がでかそうだ)

妹「なあに?こっち見て」

キョン「いや…」

妹「何で泣いてるの?

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 15:49:36.42 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「キョン!有希のバイト先が発覚したわ!」

キョン「おう」

ハルヒ「近所のコンビニですって。元気のいい女の子がいるって言ってたから最初は誰かと」

ハルヒ「水曜と木曜と土曜に入ってるらしいわ。しかも夜中」

キョン「ほう」

ハルヒ「有希を夜中に入れるなんて何考えてるのかしら」

キョン「夜中は時給高いしな」

ハルヒ「何が欲しいのかしら。恐竜のぬいぐるみとか?」

キョン「長門に限ってそれはないだろ」

ハルヒ「じゃあアリクイ」

キョン「お前な……いや、それは俺も言えない」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 15:53:43.12 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「とにかく、夜中は危ないわ」

ハルヒ「だから面接受けてきた」

キョン「は?」

ハルヒ「あたしも同じとこ面接受けてきたの。受かったわ」

ハルヒ「木曜の放課後と土曜の夜中。有希と同じ時間にね」

キョン「ほう」

ハルヒ「だからキョン、売上に貢献しないさいよね」

キョン「はいはい。うるさい妹もいるしな」

ハルヒ「あー、ファミチキ好きの」

キョン「あの腹は気持よさそうだ」

ハルヒ「泳ぎたいわ…あの腹で」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 15:58:42.55 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「だから木曜はSOS団お休みね」

キョン「わかった」

ハルヒ「皆には言っておいたわ」

キーンコーンカーンコーン

ハルヒ「っと」

キョン(美少女二人が夜中にコンビニでバイトか)

キョン(何も起こらなければいいんだが……)

キョン(ハルヒと長門だし、大丈夫だよな)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 16:16:05.53 ID:tXK5FGFa0

放課後

古泉「心配はいりませんよ」

古泉「機関の者を何人かバイトに入れました」

キョン「何者だお前ら」

古泉「涼宮さんのためですから」

キョン「なら心配はいらないか……」

キョン(長門はあの大声をハルヒに聞かせるのか)

キョン(驚くだろうな)にやにや

みくる「キョン君気持ち悪いですお茶ですう」

キョン「ありがとうございます」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 16:20:31.00 ID:tXK5FGFa0

古泉「しかし長門さんがバイトですか」

キョン「意外だろ?」

古泉「ええ……とても」


ハルヒ「有希はいつからやってたの?」

長門「二週間前」

みくる「ただでファミチキ売ってください」

ハルヒ「よろしくね有希!」

長門「よろしく」


古泉「涼宮さんまでバイトするのも驚きです」

キョン「何気に団員思いなとこあるよな」

古泉「それが彼女の魅力の一つですから」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 16:24:42.04 ID:tXK5FGFa0

土曜深夜一時


ハルヒ「ねむ…ううー…」

長門「無理しないで朝に入った方がいい」

ハルヒ「だって有希が心配だもん……」

長門「……ありがとう」

ハルヒ「うー……よし、頑張りましょう!おー!」

長門「……」コクン

ハルヒ「有希もやるのよ、手をあげて『おーっ』って」

長門「おー」

ハルヒ「おーっ!」

長門「……おー」

ハルヒ「よしやる気入った!頑張るわ!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 16:27:24.67 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「といっても夜中は客が少ないのね」

長門「平日だと夜中の客は多い」

ハルヒ「ふうん……来た!」

ハルヒ「いらっしゃいm」

長門「らあああしゃあああああせええええええええ」

ハルヒ「!?」(これが普通なのかしら)

ハルヒ「らっ……らっしゃっせー!!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 16:33:59.71 ID:tXK5FGFa0

長門「ああああありあっしたあああああああ」

ハルヒ「ああっありあっしたあ!!」

ハルヒ「……有希はすごいわね」

長門「そんなことない。これが普通」

ハルヒ「そうなの?」

長門「ラーメン屋に毎日行って研究した」

ハルヒ「すごいわね」

長門「そんなことない」

ハルヒ「あたしも見習わなくちゃ」

みくる「ファミチキ5個ください」

長門「ういいいいいいっす!!!!」

ハルヒ「!」びくっ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 16:40:30.05 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「終わったあ……あー疲れた」

長門「お疲れ様」すっ

ハルヒ「あんまん?ありがとう。嬉しいわ」

長門「私も、嬉しかった」

ハルヒ「?」

長門「お客さんにあんまんを貰ったことがある。『頑張れ』と言われた」

ハルヒ「へえ……いい人ね」

長門「そう。いい人」

ハルヒ「どうやったらあんな声出せるの?」

長門「頑張るのみ」

ハルヒ「そっかー……がんばろ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 16:46:20.68 ID:tXK5FGFa0

長門宅

長門「もぐもぐ」

長門「……」

プルルルルル…ガチャ

キョン『長門?』

長門「そう」

キョン『どうだった?ハルヒとのバイトは』

長門「……楽しかった」

キョン『そうか。よかった』

長門「……」コクン

キョン『また行くな』

長門「来てほしい」

キョン『ああ、それじゃ』
プツッ
長門「……」

長門「お茶……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 16:49:52.02 ID:tXK5FGFa0

妹「キョン君、お腹すいた〜」ボスンッ

キョン「そこにさくらんぼがあるぞ」

妹「ええ〜やだやだやだ〜」ドスンドスン

キョン「我慢しろ。そして痩せろ」

妹「キョン君のイジワル」ごすんっ

キョン「いっ」

ドドドドドドド……

キョン「やっと行ったか……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 16:53:03.74 ID:tXK5FGFa0

キョン(楽しかった、か)

キョン(長門がそんなこと言うとは)

キョン(ハルヒのおかげ…かな)

キョン「コンビニ行くか」

妹「ファミチキ!」

キョン「金あんのかお前」

妹「お父さんのお財布から盗んでるもん」

キョン「おい」

妹「行ってらっしゃい〜」

キョン(長門みたいな妹がほしい……)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:00:14.64 ID:tXK5FGFa0

長門「あーあー」

長門「らっしゃ……ゴホンゴホン」

長門「らあああああああしゃっせえええええええええ」


「しゃああ……せえ……」

キョン(声……?)

キョン「ここ……長門のマンションだよな」

キョン(頑張ってるなあ)

みくる「ストーカーですか気持悪い長門さん頑張ってますね」

キョン「朝比奈さん」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:02:02.54 ID:tXK5FGFa0

みくる「こんにちはキョン君」

みくる「昨日……いや、今日コンビニ行ったんです」

みくる「そしたら偶然長門さんと涼宮さんに会いました」

みくる「頑張ってましたよ二人とも」

キョン「そうですか……」

みくる「別に心配してたとかそんなわけじゃないです」

キョン「はい」

みくる「何にやにやしてんだ気持ち悪いそれでは」

キョン「はい」


キョン(皆長門とハルヒのことが大好きなんだな……俺もだが)

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:14:08.68 ID:tXK5FGFa0

月曜日

長門「バイトの時間を増やした」

ハルヒ「え?」

長門「月曜と金曜」

ハルヒ「週5!?」

長門「許可を」

ハルヒ「まあしょうがないわよね……放課後?」

長門「そう」

ハルヒ「気をつけてね」

長門「ありがとう」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:18:24.81 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「らしいわ」

キョン「ほう」

ハルヒ「心配だから今日見に行きましょう」

キョン「でも迷惑じゃないか?」

ハルヒ「外から見てるだけよ」

キョン「迷惑だろ」

ハルヒ「いいから行くの!団長命令よ!」

キョン「んん……」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:23:57.83 ID:tXK5FGFa0

放課後


長門「らああああああああああああああ」

ハルヒ「もはや『いらっしゃいませ』じゃないわ」

キョン「丸見えだと思うんだが」

古泉「いいじゃないですか」

みくる「らあああああああああ」

キョン「ハルヒ、お前は普通でいいからな」

ハルヒ「でもあっちのほうがかっこよくない?らああああって」

キョン「やめてくれ」

ハルヒ「必殺技出すときみたい」

みくる「うらあああああああああっせええええええええええ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:29:23.91 ID:tXK5FGFa0

長門「ありっしたあああああああああああああ」

ハルヒ「あと少しで終わりね」

キョン「そろそろ帰るか」

ハルヒ「待って。有希にサンドウィッチ作ってきたから渡してくる」
ウィーン

長門「っせえええええええええええ」

ハルヒ「有希!」

長門「何」

ハルヒ「これ差し入れ。あたしとみくるちゃんで作ったの」

古泉「え?」

みくる「んだこら」

ハルヒ「よかったら食べて」

長門「……ありがとう」

ハルヒ「じゃあね」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:33:05.88 ID:tXK5FGFa0

古泉「料理できたんですか?朝比奈さん」

みくる「え?何?できないと思ってたの?夏休みにお弁当持ってきたの誰だと思う?」

古泉「あ……朝比奈さんです……」

みくる「いつもお茶入れてんのは?」

古泉「朝比奈さんです……」

みくる「だろ?あ?文句ある?」

古泉「いえ……」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:38:37.66 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「じゃあ帰りましょう。またね」

みくる「ういういー」

古泉「帰らないのですか?」

キョン「ああ、長門まってる」

古泉「そうですか。ではお先に」

キョン「おう」


ウィーン
長門「……」

キョン「よう」

長門「なぜ?」

キョン「待ってた。一緒に帰ろうと思ってな」

長門「……」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:44:09.57 ID:tXK5FGFa0

長門「……食べる?」

キョン「それさっきの……」

長門「一人で食べるより二人の方がいい」

長門「二人より三人、三人より四人」

キョン「四人より五人か?」

長門「……」コクン

キョン「こんなにあったら一人じゃ食べきれないしな。あいつらも呼ぶか」

長門「呼ぶ」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:47:57.20 ID:tXK5FGFa0

長門宅

ハルヒ「呼ばれて飛び出て!」

みくる「じゃあーん」

古泉「どうも」

キョン「よう」

ハルヒ「サンドウィッチだけじゃ足りないと思っていろいろ食材買ってきたわ」

みくる「さっそく作りましょう〜」

長門「台所はあっち」

ハルヒ「有希も手伝って!」

長門「……」コクン

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:50:08.87 ID:tXK5FGFa0

キョン「長門楽しそうだな」

古泉「涼宮さんと朝比奈様も楽しそうですね」

キョン「俺らは何するか」

古泉「トランプでもしますか?朝比奈様のご要望で持ってきました」

キョン「お、いいな」

ハルヒ「キョンに古泉君!二人も手伝いなさい!」

古泉「おや」

キョン「やれやれ」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:52:36.37 ID:tXK5FGFa0

みくる「古泉君これお願い」

古泉「了解しました」

みくる「次はこれね。そのあとはこれお願い」

古泉「はい」

みくる「あとこれ洗っておいて」

古泉「はい」

みくる「あの気持ち悪いキョン君〜」

みくる「私包丁怖くて……お願いしていいですかあ?」

キョン「いいですよ」

みくる「ありがとうございます下僕〜」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 17:55:35.69 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「有希、これはこうするの」

長門「こう?」

ハルヒ「そうそう。上手いじゃない」

ハルヒ「それできたらここに置いておいて。終わったらあたしの手伝ってもらっていいかしら」

長門「分かった」

ハルヒ「ケーキとクッキーどっちがいい?」

長門「両方」

ハルヒ「おっけー」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:01:08.63 ID:tXK5FGFa0

キョン「うおっ」

ハルヒ「あんた下手ねー」

キョン「うるせえ」

古泉「終わりました」

ハルヒ「古泉君は上手ね」

みくる「私が教えてあげました」

ハルヒ「さすがみくるちゃんね」

古泉「え」

長門「あと少しで完成」

ハルヒ「食後のおやつとおみやげもできたわよ!」

キョン「クッキーにケーキか」

ハルヒ「何よ。嫌いだっけ?」

キョン「いや……妹が……」

ハルヒ「ああ……」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:06:16.87 ID:tXK5FGFa0

長門「いただきます」

ハルヒ「じゃんじゃん食べなさい!」

キョン「サンドウィッチだけでもすごい量なのにこれは……」

古泉「食後のおやつが入らなくなりそうです」

みくる「うんめえ」

ハルヒ「ぐずぐずしてると食べちゃうわよ。えいっ」

キョン「うおっ」

ハルヒ「早い者勝ち〜あーんっ」

キョン「そうきたか」

ハルヒ「これ有希が作ったやつよね?おいしいわ」

長門「……そう」

ハルヒ「うんっ。すごくおいしい」

長門「……」

キョン(照れてる…)

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:13:10.76 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「よかったらこれ家に持って帰って食べて。ケーキだけど」

みくる「ありがとうございます」

古泉「とても美味しそうですね。ありがとうございます」

キョン「ありがとう」

長門「おいしそう」

ハルヒ「あたしが作ったんだもん。おいしいわよ」

長門「……時間」

ハルヒ「え、もうこんな時間?帰らなくちゃ」

長門「送る」

ハルヒ「大丈夫よ。皆、帰りましょう!」

キョン「またな、長門」

長門「……」コクン


バタン…

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:16:33.18 ID:tXK5FGFa0

妹「おかえりなさい〜」どすどす

キョン「お土産だ」

妹「ああっ、ケーキだあ」

キョン「こっちは俺のだからな」

妹「はあ〜い」どすんどすんどすん

キョン「……はあ」

キョン「次のバイトは水曜か……」

キョン「一応見に行ってみるか」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:22:13.69 ID:tXK5FGFa0

バイトの日

長門「らああああああげほげほげほっ」

店長「長門さんそんなに頑張らなくていいよ」

長門「でも……」

店長「普通にいらっしゃいませで。ね」

長門「……」ふるふる

店長「どうして?」

長門「これがいい」

店長「そう。ところであと少しで目標金額だけどどうする?やめる?」

長門「……」こくん

店長「そっか……。長門さん辞めたら涼宮さんもやめるんだよね?ごめんね仕事中に呼び止めて……頑張って」

長門「……」コクン

長門「あと少し……」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:25:41.39 ID:tXK5FGFa0

ウィーン
長門「しゃせえええええええええええええ」

キョン「よう」

長門「……」

キョン「頑張ってるな毎日」

長門「あと少し」

キョン「ん?」

長門「あと少しでバイトをやめることにした」

キョン「そうか……金は溜まってきたのか?」

長門「夜の時給が予想以上によかったらしい」

キョン「よかったな。何を買うんだ?」

長門「まだ秘密。すぐにわかる」

キョン「そうか……じゃあな」

長門「また明日」
ウィーン

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:31:07.43 ID:tXK5FGFa0


ハルヒ「キョン!キョンキョンキョンキョンキョン!!!」

キョン「目の前にいるだろ。何だ」

ハルヒ「有希っ……有希がっ……」

キョン「ああ、バイトやめるって?」

ハルヒ「そうじゃないわよバカ!死ね!」

キョン「じゃあなんだ。長門が?」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:33:46.74 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「有希が変なの!」

キョン「……それだけか?」

ハルヒ「ずっと遠く見てる感じでっ……話しかけても反応なくて……」

キョン「……」

ハルヒ「口が小さく動いてたから耳近づけたら」

ハルヒ「『助けて』ってずっと言ってるの……」

キョン「な……」

ハルヒ「キョンどうしよう!有希が助けてって言ってる!どうしたらいいの!?」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:36:02.62 ID:tXK5FGFa0

キョン「落ち着けハルヒ」

ハルヒ「どうしようキョン、どうしよう……」

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「キョン、有希を助けて……」

キョン「長門のとこ行くぞ。ハルヒは古泉と朝比奈さんを呼んでくれ」

ハルヒ「でもっ授業始まるし」

キョン「そんなの関係ない。早く」

ハルヒ「う、うんっ」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:39:30.64 ID:tXK5FGFa0

キョン「長門!」

長門「……」

キョン「長門、俺だ。長門」

長門「……」

キョン「っ……行くぞ」ぐいっ

長門「!」バッ

キョン「長門?」

長門「あ……いあ……」

キョン「なが……」

ハルヒ「キョン!連れてきた!」


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:42:27.96 ID:tXK5FGFa0

キョン「……部室行くぞ」

ハルヒ「有希、大丈夫?有希?」

長門「ひあ……ひ……」

みくる「長門さん……?」

古泉「……」

部室
古泉「すみません、少しいいですか?」

キョン「何だ」

古泉「ここではちょっと……トイレにでも」

キョン「くだらない事だったら承知しない」

古泉「安心してください。長門さんのことです」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:47:15.94 ID:tXK5FGFa0

トイレ
キョン「長門はどうしたんだ」

古泉「さっき機関のほうに連絡しました。昨日バイトに入っていた者が一人いたので」

キョン「さっさとしろ」

古泉「昨日長門さんは、帰る前に店長に呼び出されたらしいです」

古泉「何か様子がおかしかったので外で長門さんを待ってたらしいのですが……」

キョン「早く……」

古泉「その時にはあんな風に遠くを見てるような目で、生気がなかったと」

キョン「な……何でそれを早く……」

古泉「すみません」

キョン「……戻るぞ」ダッ

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:50:42.23 ID:tXK5FGFa0

キョン「長門」

ハルヒ「キョン!」

みくる「長門さん、私がわかりますか?長門さん?」

キョン「長門、昨日何があった?店長に何か言われたのか?」

ハルヒ「店長に?……有希、店長と何かあったの!?」

長門「……」

キョン「……ハルヒ、今日はバイトだよな?店長に話を聞いてきてくれ」

ハルヒ「うん。行ってくる」タッ

キョン「長門……」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:55:08.36 ID:tXK5FGFa0

店長「あ、涼宮さん」

ハルヒ「てんちょ……はあ、はあ」

店長「走ってきたの?平気?」

ハルヒ「昨日……有希に何かしましたか?」

店長「え?」

ハルヒ「有希が店長と店の奥に行ってからおかしくて……」

店長「……そう」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 18:57:02.41 ID:tXK5FGFa0

店長「特に何もしてないはずよ?」

ハルヒ「じゃあなんで有希があんな風になってるんですか!?」

店長「帰る時に何かあったんじゃない?」

ハルヒ「違います!見た人がいるんです!」

店長「……」

店長「ちょっとこっち来てくれる?涼宮さん」

ハルヒ「……」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 19:01:31.63 ID:tXK5FGFa0

みくる「長門さーん、聞こえますか?長門さん……飽きた」

キョン「……」

古泉「長門さん……」

みくる「古泉、下僕、お茶です。長門さんもお茶……」

長門「……」

みくる「長門さんお茶です。どうぞ……長門さん」

長門「……」ぽろっ

みくる「古泉君キョン君長門さんが!」

キョン「長門!?」ガタンッ

古泉「泣いて…」

みくる「長門さん!長門さん!」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 19:07:47.62 ID:tXK5FGFa0

みくる「ながっ……うう……ひっく……」

古泉「長門さん、分かりますか?僕です。長門さん」

キョン「……俺が最後まで長門のことを待ってればよかったんだ」

キョン「すぐに帰らないで、長門を……」

古泉「弱気にならないでください。皆で長門さんを助けるんですから」

古泉「誰かが弱気になったら助けることができません」

キョン「……ああ」

みくる「長門さん、絶対に私が仇を……」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 19:11:38.48 ID:tXK5FGFa0

長門「……」ボソ

みくる「?……」

長門「……」ボソボソ

みくる「え……」

古泉「朝比奈様?」

みくる「涼宮さん……」

みくる「古泉君、長門さんのこと見ててください!キョン君!涼宮さんのとこ行きますよ!」

みくる「早く!古泉君も後で長門さんを連れて長門さんたちがバイトしてるコンビニに来て!」


ハルヒ「……教えてください、店長」

ハルヒ「有希に何か言ったんですか?何をしたんですか?」

店長「そんな変なことはしてないはずよ。多分」

ハルヒ「焦らさないで教えてください!」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 19:27:29.41 ID:tXK5FGFa0

キョン「どうしたんんですか朝比奈さん?」

みくる「いいから行く!いつもなら私をお姫様だっこさせてたけどそんな時間ないの!」

古泉「こちらは任せてください」

キョン「……」ダッ


店長「んーとね、気にいっちゃったの。長門さんのこと」

店長「だから昨日ちょっといたずらしちゃった」

ハルヒ「それって……」

店長「ダメよ、これ以降は18禁だから」

ハルヒ「っ……最低!」

ハルヒ「あたしの友達にそんなことするなんて許さない!」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 19:32:42.30 ID:tXK5FGFa0

店長「でも好きな人とそういうことするのは普通でしょ?」

ハルヒ「それはお互いが愛し合ってる時でしょ!?」

店長「好きじゃない人とやるのは今は普通よ?」

ハルヒ「でもそれを有希は望んでなかった!未成年に手を出して犯罪よあんた!?」

店長「長門さんが望んでなかったかなんてわからないじゃない」

ハルヒ「有希のあの様子を見ればわかるわよ!」

店長「……」

ハルヒ「最低!最低!あんたは最低最悪な奴よ!」

ハルヒ「許さないから!絶対に許さないんだから!」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 19:36:42.87 ID:tXK5FGFa0

店長「女同志だしねえ……よけいショックが大きかったのかしら」

ハルヒ「何よその態度……」

店長「……何?その顔」

ハルヒ「……」

店長「涼宮さんも可愛い顔してるわよね」

店長「気の強い子って好きよ?」

店長「口封じ……しちゃおうか」


みくる「走れ下僕!」

キョン「結局お姫様だっこかくそおおおおおおおお」

みくる「スカート捲れてんだよおおおおおおおおお」

キョン「今はそんなこと言ってる場合じゃないですよ朝比奈さん!」

みくる「涼宮さああああああああん」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 19:47:02.19 ID:tXK5FGFa0

キョン「あうっ」ズザッ

みくる「こけてんな屑!」

キョン「おもいんですよあさh何でもないです」

みくる「何でもなくないけどそれは後で!行きましょう!」ダッ

キョン「早っ」


ハルヒ「は?」

店長「ん?」

ハルヒ「言っておくけどあたしはそれくらいじゃへこたれないわよ」

ハルヒ「あたしは団長なの。簡単に団長団長言ってるわけじゃないんだからね?」

店長「何のことかわからないけど……まあいいわ」

店長「あたしをどうしたいの?警察に突き出すの?」

ハルヒ「そんなことしたって有希が戻ってこなかったら意味ないの」

ハルヒ「有希を返して。そして謝って。有希に心の底から謝りなさいよ!!」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 19:50:10.87 ID:tXK5FGFa0

みくる「うおおおおっしゃあああああいいいいいいい」

ガンッ!

みくる「店長はどこですか!?こっちでしょうか!?」

キョン「あさひなさ……ぜー、まっ……待ってください……」

店長「何の騒ぎ……?」

ハルヒ「みくるちゃん?」

店長「友達?」

ハルヒ「あっはい」

みくる「涼宮さあああああん」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 19:53:16.32 ID:tXK5FGFa0

バンッ

みくる「涼宮さん!」

ハルヒ「みくるちゃん、どうしたの?」

みくる「長門さんが言うにはその人はレズです!」

ハルヒ「え、あ、うん」

みくる「それもかなり特殊なレズです!」

ハルヒ「そうでしょうね」

みくる「体中舐めて口に舌を入れてその他もろもろしちゃう人です!」

ハルヒ「きもいわね」

みくる「よかった……間に合って」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 19:56:02.09 ID:tXK5FGFa0

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「キョン。有希は?」

キョン「喋れるようには……なったらしい。多分」

ハルヒ「よかった……」

店長「どちら様?」

みくる「長門さんのお友達の朝比奈みくるです。こっちは私の下僕」

店長「ふうん」

みくる「今日はお話があってこちらに来ました」

みくる「SOS団代表として、お話させてください」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 19:59:46.27 ID:tXK5FGFa0

古泉「……そろそろ行きますか?長門さん」

長門「……」コクン

古泉「反応はしてくれるようになりましたね」

長門「……」コクン

古泉「話聞いてるかはわかりませんが」

長門「……」コクン

古泉「……」

長門「……」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:03:33.92 ID:tXK5FGFa0

みくる「長門さんにどんなことをしたんですか?」

店長「ちょっとお話しただけですよ」

みくる「もうすぐ長門さんが来ます。嘘をついても分かります」

店長「……ちょっとえっちなことを」

みくる「興味があります」

店長「いいから話進めなさいよ」

みくる「すみません。なぜ長門さんにそんなことを?」

店長「可愛い子っていじめたくなるじゃない。あなたとか」

みくる「気持ち悪いそうですか」

店長「……」

みくる「長門さんのこと好きなんですか?」

店長「そうね、愛してるわ」

みくる「まじきめえそうですか……」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:07:55.08 ID:tXK5FGFa0

みくる「でも長門さんはあなたを好きじゃないです」

みくる「そして未成年です。まだ長門さんは3歳なんですよ?」

ハルヒ「え?」

みくる「これは犯罪ですよね?どうなると思います?」

店長「捕まる」

みくる「正解です」

みくる「私達があなたのことを警察に話したら……」

店長「危ないわね」

みくる「だからさっき電話しておきました」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:11:18.31 ID:tXK5FGFa0

店長「は?」

みくる「ここに来る前に電話して『助けてええええ』って叫んでおきました」

みくる「長門さんを犯したことを証明できなくても、やられそうなとこを警察がみれば」

店長「終わりね」

みくる「そういうことです。えいっ」びりっ

店長「服を破いて……そういうこと?」

みくる「よくありますよね」

店長「……なんかもう、どうでもいいわ。面倒くさい」

店長「ささっと終わらせましょう」

みくる「最後に胸だけなら触っていいですよ」

店長「え、まじで」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:18:30.09 ID:tXK5FGFa0

むにっ

警察「逮捕」

店長「みくるちゃん、また触らせてね」

みくる「きめえまじしね」

ハルヒ「あ……う、あ……」ぽろぽろ

キョン「ハルヒ?」

ハルヒ「キョン……こ、こわかっ……怖かった……」

キョン「……お疲れ」

ハルヒ「うう……でも、でも有希は……」

みくる「涼宮さん」

みくる「長門さんに、元に戻ってほしいですか?」

ハルヒ「当り前じゃないっ……いつもの有希があたしはいいの……」

ハルヒ「こんなこと、なければよかったのにいっ……」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:21:48.82 ID:tXK5FGFa0

古泉「呼ばれて」

長門「飛び出て」

みくる「じゃじゃじゃじゃーん。長門さんです」

ハルヒ「有希!……ゆきいいいい!!」ぎゅっ

長門「くるしっ」

ハルヒ「有希有希有希有希いいいいいい」


みくる「長門さんが元に戻って、涼宮さんと長門さんにはこの事の記憶がなくなりました」

キョン「……ありがとうございます。朝比奈さん」

みくる「いえ」

古泉「僕達が遅れてきた意味あまりないですね」

みくる「店長と長門さんを会わせないためですよ。お前が来た意味はないけどな」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:23:33.93 ID:tXK5FGFa0

みくる「バイトはまだ続けるのですか?」

長門「……一昨日から記憶がない。続けるのは危険」

長門「それにお金もたまった」

ハルヒ「何買いたかったの?そろそろ教えて?」

長門「……」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:26:26.53 ID:tXK5FGFa0

長門「あなたたちへのプレゼント」

ハルヒ「え?」

長門「貴方達が大好きだから」

ハルヒ「有希……」

長門「なんて私は言わない」

ハルヒ「よね」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:29:47.97 ID:tXK5FGFa0

長門「これ」

ハルヒ「チラシ……?ああ」

長門「バストアップ機」

ハルヒ「なるほど……ふふっ」

ハルヒ「じゃあ今度の休み皆で行きましょう!」

キョン「俺らもか」

古泉「いいじゃないですか」

みくる「ええ〜?胸とかそんなに欲しいものなんですかあ〜?
私には全然理解できないですう〜だって肩凝るだけですよおう?」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:34:47.29 ID:tXK5FGFa0

古泉「考えは人それぞれですよ朝比奈様」

みくる「あ?」

古泉「ところで学校をサボってしまったわけですが」

キョン「まだ4時間目があるぞ」

ハルヒ「もうさぼりましょうよ。面倒だし」

キョン「そうだな」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:38:33.63 ID:tXK5FGFa0

ハルヒ「よおし、どこか遊びに行こう!」

古泉「映画館とかいかがですか?」

みくる「皆で何か食べにいきたいです」

キョン「喫茶店とかでゆっくりしないか」

長門「私も喫茶店がいい」

ハルヒ「じゃあ何か食べに行きましょうか」

古泉「……」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:40:04.54 ID:tXK5FGFa0

喫茶店

ハルヒ「ここの制服ってかわいいわよね」

ハルヒ「次はこういうとこでバイトしたいかも」

ハルヒ「もう有希はバイトしないの?」

長門「……したい」

ハルヒ「今度はどこでするの?」

長門「……ラーメン屋?」

キョン「ああ……ぴったりだな」


長門「らっしゃああっせえええええええええ」終わり

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/20(土) 20:45:04.75 ID:tXK5FGFa0

オチなくてごめんなさい
約5時間ありがとうございました。そしてお疲れ様でした



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:司会「今日のザ・クイズショウのゲストは・・・涼宮ハルヒーー!」