キョン「先日、俺が妹の部屋で大便していたら」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「なぜ私は貧乳に作られたのだろう」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/02(木) 18:07:27.40 ID:DeoPe56+0

先日、俺が妹の部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきた。
最初は泥棒かと驚いたのだが、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくる。
ちょっと薄気味悪くなり、
「貴方は誰ですか、何をしているんですか?」と尋ねたら、
「バカヤロー!」って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまった。

その後、帰宅した妹に事情を話したんだけど、泣き叫ぶばかりで話にならなかった。
両親も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかった。

もしかすると家族は俺の知らない秘密を抱えているんだろうか?

次の日、俺は古泉にこの事を相談した。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/02(木) 18:10:34.59 ID:DeoPe56+0

「心霊現象ですか……。涼宮さん絡みかもしれませんね……」

俺は確かに見たんだ。
ハルヒが関わっていなくとも、俺の家庭に何かあるのかもしれない。

「分かりました。僕も注意しておきましょう」

こう言っちゃなんだが、こんな時にこいつは頼りになる奴だ。

いつもの気持ち悪い笑顔が、きらめいて見える……というのは言いすぎだが。

しかし。

俺の期待は悪い方へと裏切られた。


次の日、団室で古泉と二人きりになった時。

俺は聞かされた。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/02(木) 18:17:26.40 ID:DeoPe56+0

古泉「昨日、僕がが森さんの部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきたんです」
   「最初は泥棒かと驚いたんですけど、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくるんです」
   「流石に僕もちょっと薄気味悪くなり」
   「『貴方は誰ですか、何をしているんですか?』って尋ねたところ」
   「『バカヤロー!』って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまったのです」

古泉「その後、帰宅した森さんに事情を話したんですど、泣き叫ぶばかりで話になりませんでした。
   「やってきた新川さんも怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来ませんでした」


俺と、まるで同じだな。

古泉「ええ。それが問題です」
   「一体あの旧・日本兵の姿の男は何者なのでしょうか?」
   「幽霊、といった類はあまり信じないのですが……」
   「実際に見てしまうと、僕は……」

古泉は震えていた。
こいつが震えるなんて。

俺は、肩を叩き、励ましてやるのが精一杯だった。

と。

長門が喋り始めた。

「……その話、興味深い」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/02(木) 18:23:29.17 ID:DeoPe56+0

長門「実は、最近になって朝倉涼子を再構成した」
   「主にカレーを作成させるため」
   「しかし」

長門「先日、私が朝倉涼子の部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきた」
   「最初は泥棒かと思い、消そうと思ったが、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてきた」
   「私はも不思議に思い」
   「『貴方は誰? 何をしているの?』と尋ねたところ」
   「『バカヤロー!』って叫んで、そのまま霞みたいに消えてしまった」

長門「その後、帰宅した朝倉涼子に事情を話したが、泣き叫ぶばかりで話にならなかった。
   「事態を知り、やってきた喜緑江美里も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかった」


古泉「なんと……」

おいおい、長門まで同じなのかよ。
一体全体、何なんだこの現象は?

俺たちは呪われてでもいるのか?

ふと、横を見ると朝比奈さんが真っ青な顔で立っていた。

まさか……。

みくる「じ、実はわたしも……」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/02(木) 18:28:39.45 ID:DeoPe56+0

みくる「一週間ほど前、わたしが鶴屋さんの部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきたんです」
    「最初は使用人の方かと驚いたんですけど、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくるんです」
    「わたし、薄気味悪くなって……」
    「『貴方は誰ですか、何をしているんですか?』って尋ねたんです。そうしたら……」
    「『バカヤロー!』って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまったんです」

みくる「その後、部屋に戻ってきた鶴屋さんに事情を話したんですど、泣き叫ぶばかりで話になりませんでした。
    「やってきた使用人さんも怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来ませんでした……」

みくる「それ以降、鶴屋さんはわたしと会話してくれなくなりました」
    「わたし、怖い……!」


俺は朝比奈さんの肩を抱き、嗚咽を上げる彼女の背中を叩いた。

もし、これが。

ハルヒの力だとして、どうやったら解決できるんだ?


俺たちは、どうしようもないまま帰宅した。

そして、次の日の朝。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/02(木) 18:33:11.14 ID:DeoPe56+0

坂道を歩く途中で古泉と出くわす。

古泉「考えたんですけどね」
   「夏休みに、百物語をやりましたよね」
   「もしかして、それが涼宮さんの深層心理に残っていて……」
   「と、いうのはどうでしょう?」

確かにな……。

しかし、ハルヒ本人が出会わなくて、団員が出くわすってのはどういう事だ?


古泉「涼宮さんは、内心、幽霊に対して怯えているのかもしれません」
   「近い身内が、恐怖体験にあった……それを聞く、それだけを望んでいるのかもしれませんね」


全く、厄介な話だ。

怖がらせられる俺たちの身にでもなれってんだ。

俺は下駄箱で靴を履き替え、教室に向かう。


教室は、ざわめいていた。

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/02(木) 18:36:52.88 ID:DeoPe56+0

教室は、悲鳴と怒号で溢れかえっていた。

なんだ? 何が起こった?

俺は近くにいたクラスメートに話を聞こうとした。

「fgsづぐるgほrひぎgrgりwg!」

……ダメだ。話にならない。

教室を観察する。

騒ぎ立てる者、泣き喚く者。

その中心に、あいつがいた。

ハルヒ。

ハルヒは俺に駆け寄り、泣きじゃくりながら抱きついてきた。

おい、しっかりしろ!

何があった!

ハルヒ「キョン、キョン!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/02(木) 18:43:44.77 ID:DeoPe56+0

ハルヒ「あたし、今日は一番に教室に来たの」
    「で、あたしが教室の真ん中で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が、教室に入ってきたのよ!」
    「最初は泥棒かと驚いたんだけど、無言のまま血走った眼であたしをを睨みつけてくるのよ! 信じられる?」
    「流石のあたしもちょっとだけ薄気味悪くなっちゃって」
    「『あんた、誰よ! 教室で何をしているの?』って尋ねたら!」
    「『お前の方が何をしてるんだよ!』って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまったの!」

ハルヒ「その後、やってきたクラスのみんなに事情を話したんだけど、見ての通り、泣き叫ぶばかりで話にならないの」
    「やってきた岡部も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかったの!」


なんてこった……ハルヒまで!

古泉の予想は、外れって事だな。


ハルヒは、午前中を保健室で過ごし、午後は目に見える部分は普段通りになっていた。

しかし、クラスメートのハルヒを見る目は、変わらなかった。

恐怖、侮蔑、無視。

あの旧・日本兵の男め!

俺たちにできることは……ただ一つだった。

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/02(木) 18:48:24.96 ID:DeoPe56+0

午後、SOS団団室。

既に、教室での事件はみんなに話してあり、ハルヒにも俺たちの体験を話してある。

ハルヒ「……こうなったら、本人に問い詰めるほか無いわね」

古泉「本人、といいますと?」

みくる「まさか……」

長門「……そう」

ハルヒ「あの、旧・日本兵の男を呼び出すのよ!」

ああ。

ここまできたら、対決するしかなさそうだ。
いざとなったら長門もいるし……。

ん?

長門、震えてないか?

長門「問題、ない……」

……今回は当てになりそうもないな。
ま、相手が本物の幽霊だとすると、宇宙人パワーも効かない恐れもあるってか?

そして、俺たちは、奴が出現する状況を、全員で再現した。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/02(木) 18:52:40.35 ID:DeoPe56+0

大便の音と、匂いが立ちこめる。

ふと気づくと、団室内には、旧・日本兵の姿の男が、いた。

数十人。

怖ええええええええええっ!

そいつらは、何やら叫びながら俺たちに掴みかかってきた!

やばい! 長門!

長門を見ると、腰が抜けて立てないようだ。

古泉! 朝比奈さん! ハルヒ!

皆、服を捕まれ、もがいている。

かくいう俺も、何とか逃げようとするので精一杯だった。

「バカヤロー……! バカヤロー……!」

「バカヤロー……!」

「バカヤロー……! バカヤロー……!」

このままでは、お終いだ。

そう思った瞬間。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/02(木) 19:01:06.51 ID:DeoPe56+0

どこからとも無く、声がした。

「破ぁ!!」

光が団室内に溢れ、旧・日本軍の男達は身体を吹き飛ばし、消えていった。

数十人、全員が、だ。


団室のドアを見ると、谷口が立っていた。


谷口「教室での騒ぎで、胸騒ぎがしてきてみれば……」
谷口「遊び半分で百物語だの、降霊術だのやるんじゃねえよ」
谷口「いくら涼宮でも、超えちゃいけない一線ってのは見極めなくちゃ、な?」

お前、谷口……何でお前が?

谷口「俺は寺生まれでな……こういう事には慣れてる」
谷口「しかし、親父のように無言で霊を浄化まではできねぇな」
谷口「破ぁ!! ……叫ぶの、格好悪いだろ? キョン」

んな事ねぇよ……。
お前、凄えよ、谷口。

寺生まれって凄い……その時初めてそう思った。

 ―TさんEnd―

22 名前:南部十四朗 ◆pTqMLhEhmY [sage] 投稿日:2010/09/02(木) 19:02:43.39 ID:DeoPe56+0

 便秘のせいか糞スレの出が悪い……。
 まあ、コロコロした(糞スレ)のが出たので良しです。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「チンポじゃないから恥ずかしくないもん!」