長門「古泉一樹を食べた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「バイブをマンコに入れてスイッチ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:14:16.14 ID:kUlAjYteO


キョン「それはまさか、性的な意味でか?」

長門「正しくはそうではない」

キョン「じゃあカニバリズム的な意味か?」

長門「正しくは、両方」

キョン「わぉ」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:17:45.15 ID:kUlAjYteO

キョン「って事はまさか…こ、ここ、ころっ、ころころ、コロすk…」

長門「古泉一樹は生きている」

キョン「なんだ」

長門「本来なら死亡してもおかしくはない…が」

長門「情報操作は便利」

キョン「チートだチート」

長門「便利」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:20:45.94 ID:kUlAjYteO


キョン「つーか古泉って三ヶ月前くらいからペルーに留学したんじゃ…」

長門「私の家にいる」

キョン「情報操作?」

長門「YES 情報操作」

キョン「なるほど。妙に急だと思ったんだ」

長門「そう」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:25:19.12 ID:kUlAjYteO

キョン「でもそんな事して、ハルヒは大丈夫なのか?」

長門「質問の意図がわかりかねる」

キョン「ほら、閉鎖空間とか」

長門「(多分)大丈夫。涼宮ハルヒの精神は(多分)安定してきている……(多分)」

キョン「目を合わせてくれ」

長門「……」ぴっ

キョン「さあ、大丈夫だと言ってみろ」

長門「……(多分)大丈夫」

キョン「長門さん、目が激しく泳いでるよ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:29:30.81 ID:kUlAjYteO

キョン「それより」

長門「なに」

キョン「カニバリズムってどんな事するんだ?」

長門「それは、アレ」

キョン「もうちょい具体的に言ってくれると助かる」

長門「昨日は太ももを削ってハヤシライスにした。一昨日は二の腕でハンバーグを作った。その前は…」

キョン「おぅえっ」ゲロッ

長門「大丈夫?」

キョン「おうよ」

長門「そう」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:32:31.83 ID:kUlAjYteO

キョン「それって麻酔とか」

長門「する訳がない」

キョン「痛いだろ」

長門「きっとそのはず」

キョン「わかってるのに止めないのか?」

長門「楽しい」

キョン「長門はSなのか。女王様なのか」

長門「そう…」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:36:25.90 ID:kUlAjYteO

キョン「一応聞くが、それは同意の上か?」

長門「違う」

キョン「あらやだ」

長門「駄目?」

キョン「一般的には駄目だろうな」

キョン「だが、一般的だとか普通だとか無難だとか、そんな事で自分の性癖を貫き通せないなら」

キョン「まずはその幻想をぶち殺す!」

長門「お前が言うな」

キョン「はい」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:40:39.68 ID:kUlAjYteO

長門「私は、これをやめるとも言っていない」

キョン「すまんな、ついヒートアップして」

長門「すまんで済んだら法律や六法全書はいらない」

キョン「ごめんね」

長門「いい」

キョン「で、本当にやめないんだな?」

長門「そう」

キョン「お前がそのふざけた事をやめないっていうなら、まずはその幻想をぶt」

長門「へっくしゅん」

キョン「……」

長門「ごめんなさい。わざと」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:44:09.45 ID:kUlAjYteO

キョン「で、話を変えていいか」

長門「駄目」

キョン「……」

長門「聞いたのは、あなた」

キョン「……で、話をかえるが」

長門「スルー」

キョン「機関のほうは大丈夫なのか?」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:52:38.99 ID:kUlAjYteO

長門「それは大丈夫。森園生に連絡した」

キョン「連絡?」

長門「電話で」

キョン「なんて言ったんだ? まさか『おたくの機関の子を監禁している、長門有希と言いますぅ〜』とでも言ったか」

長門「それはない」

キョン「だよなー」

長門「『あなたの機関の古泉一樹を監禁し、現在捕食させていただいてるインターフェースの長門有希と申します』と礼儀正しく言った」

キョン「礼儀正しいのかそれは」

長門「そうしたら、今から行くから3Pに変更してほしいと言ってきた」

キョン「なんと」

長門「丁重に断った」

キョン「なんと勿体ない!!!!!!!!!」

長門「落ち着いて」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:58:24.14 ID:kUlAjYteO

キョン「ぜぱぁ……ぜぱぁあああああああ…!!!!」

長門「落ち着いてほしい。これを飲んで」

キョン「ぐびっ、ぐびっ……ぷはぁ」

長門「と、ここでネタばらし。実はその飲み物は羊の尿である」

キョン「これにはキョンも苦笑い。ってオイ」

長門「嘘…」

キョン「だよな」

長門「…の嘘の嘘の嘘の嘘の嘘の嘘の嘘の嘘の嘘の嘘の嘘の嘘の嘘」

キョン「………………本当じゃねぇか!! こなくそ! こなくそ!」

長門「数えるのに随分時間がかかった」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:03:02.77 ID:kUlAjYteO

キョン「完璧に飲んじまったよ」

長門「許して」

キョン「じゃあ、性的な方で食べたって話を聞きたい」

長門「わかった」

キョン「どんな感じだ? 毎日ズッコンバッコンよろしくやってんのか?」

長門「していない」

キョン「ん?」

長門「性交渉はしていない」

キョン「マジで?」

長門「そう」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:07:49.00 ID:kUlAjYteO

キョン「じゃあ何をしてるんだよ」

長門「世間一般でSMと呼ばれるもの」

キョン「どっちがどっちだ」

長門「それは本気で聞いているの?」

キョン「いえ、薄々どころじゃなく感付いてます」

長門「そう」

キョン「ぷ、プレイってどんな感じだ?」

長門「あなたのその陳腐な脳ミソで考えるであろう事は一通り」

キョン「……おうふ」

長門「何故股間に手をあてているの」

キョン「縮み上がった」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:11:11.56 ID:kUlAjYteO

長門「そう。ならこの話はもうやめ…」

キョン「待て」

長門「なに?」

キョン「具体的に教えて欲しいんだが」

長門「…わかった」

キョン「な、長門はボンテージを着たりするのか?」

長門「着ない。制服」

キョン「それはそれでありだな」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:17:03.96 ID:kUlAjYteO

長門「監禁を初めて最初の頃は、食肉しかしていなかった」

キョン「ほうほう」

長門「しかし、何日も続くとなりふり構わず抵抗してきて…」

長門「俗な言葉で言うと、むらっときた」

キョン「で、何をしたんだ?? ねえ、何をしたんだ!?」

長門「興奮しないで」

キョン「はい」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:22:27.79 ID:kUlAjYteO

キョン「ぅおっほん。…で、何をしたんだ?」

長門「古泉一樹の足首を掴み、俗に言う電気アンマ」

キョン「おうふ…」

長門「何故前屈み?」

キョン「多感なお年頃なんだ」

長門「そう…」

キョン「で、続きマダー?」チンチン

長門「もっと取引先に言うみたいに言って」

キョン「どうか、何卒…何卒…! 出来たら何卒…!」

長門「それがあなたの考える取引先に言う言い方」

長門「あなたは出世しない」

キョン「ほっとけバーロー」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:27:01.89 ID:kUlAjYteO

長門「そして、私は飽きるまでずっと電気アンマをしていた」

キョン「時間にして何時間程度?」

長門「8時間」

キョン「ぷらっしゅふぁ」

長門「今口から何かが出た」

キョン「多感なお年頃なんだ」

長門「そう」

キョン「8時間って…何時くらいまでだ?」

長門「太陽が登ってくるまで。一晩中やっていた」

キョン「体力があれだな」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:33:54.81 ID:kUlAjYteO

長門「他にも色々した」

長門「私という個体は、楽しかったと感じている」

キョン「鞭とか蝋燭とかもか?」

長門「愚問」

キョン「達磨」

長門「愚問」

キョン「裸に首輪」

長門「愚問」

キョン「ワイン浣腸」

長門「……聞きたい?」

キョン「……遠慮する」

長門「なら、森園生が乗り込んできた話は」

キョン「kwsk」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:40:03.81 ID:kUlAjYteO

長門「ちょうど、裸に首輪でうみねこプレイをしていた時だった」

キョン「ほう」

長門「突然ドアが開き…いや、ぶち千切れ、玄関に森園生が立っていた」

キョン「絶対その時┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨って効果音出てると思う」

長門「そして、古泉一樹の姿を見た途端」

長門「卒倒した」

キョン「何故に!?」

長門「彼女は、男性経験に乏しかったと思われる」

キョン「3Pとか言っちゃうのにか…ありっちゃありかもしれない」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:42:39.72 ID:kUlAjYteO

長門「とりあえず、彼女は情報操作で記憶を消して家に返した」

キョン「俺も情報操作ほしい」

長門「無理」

キョン「ですよねー」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:49:06.11 ID:kUlAjYteO

キョン「で、いつもはカニバと性的な事では、どっちの方が多いんだ?」

長門「3:2くらいでカニバの勝ち」

キョン「そうか…ドMになればどっちも楽しめるかもしれないな」

長門「そう。でも私は、痛がっているところを見たい」

キョン「そうなのか。まぁ目覚めても情報操作があるもんな」

長門「一家に一台ドラえもんより、一家に一人インターフェース」

キョン「俺もインターフェースほしい」

長門「小人か風船か選んで」

キョン「なんでだ?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:53:04.54 ID:kUlAjYteO

キョン「それより聞いていいか?」

長門「なに」

キョン「なんで今日、俺にこんな話したんだ?」

長門「古泉一樹をより辱めるため」

キョン「素直な」

長門「……」ごそごそ

長門「これ」

キョン「これは…ボイスレコーダーか?」

長門「今までずっと録音していた」

キョン「マジでか」

長門「帰ったら聞かせる」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:57:52.33 ID:kUlAjYteO

長門「最後に、古泉一樹に一言」

キョン「あー、古泉。Mになれば人生楽しくなるぞ」

長門「上出来」

キョン「いやぁ」

長門「協力に感謝する」

キョン「コレくらいいいさ」

長門「後、朝比奈みくるや森園生のも録音しなければ」

キョン「頑張り屋だな」

長門「…最後の最後に」

キョン「?」

長門「今まで話した事の、記憶を消去する」

キョン「えっ」

長門「‐‐‐‐」

キョン「あー……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:59:39.02 ID:kUlAjYteO

長門「……満足」

長門「それでは帰宅する」

長門「今日は…古泉一樹の睾丸のカレー」

長門「……楽しみ」


おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:律「この部室使ってもいい?」長門「構わない」