長門「古泉一樹を食べたい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「わたしはこの時代の人間ではありません」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 22:15:45.07 ID:26X4Brg0O

古泉「…はい?」

長門「いい?」

古泉「いいって…だ、駄目ですよ」

長門「何故」

古泉「何故って…」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 22:19:04.49 ID:26X4Brg0O

古泉「そういう事は、恋人同士がやる事でしょう」

長門「なら、なる」

古泉「えっ」

長門「古泉一樹の恋人になる」

古泉「えっ」

長門「駄目?」

古泉「いや、いいですけど…」

長門「なら、食べていい?」

古泉「それは駄目です」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 22:22:22.69 ID:26X4Brg0O

長門「何故? 恋人同士になった。なら食べていいと言った」

古泉「食べていいとは言っていませんが…」

長門「嘘つき」

古泉「うっ…」

長門「食べたい。古泉一樹を食べたい。すごく…なのに」

古泉「えっと、こういう事は、正しい順序を踏んでいきましょう」

長門「順序ってなに」

古泉「あー…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 22:29:09.97 ID:26X4Brg0O

古泉「えーっと、順序…順序…」

長門「貴方は、こういう事は初めて?」

古泉「お恥ずかしながら…」

長門「そう」

長門「……貴方は私を食べたい?」

古泉「えっ!?」

長門「私も初めて。初めて同士」

長門「なのに、私ばかり古泉一樹を食べたがっている」

長門「不公平」

古泉「そ、そんな事ないですよ」

長門「?」

古泉「僕も…実は前から長門さんの事が気になっていたんです」

長門「…そう」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 22:33:51.78 ID:26X4Brg0O

長門「なら、貴方も私を食べたい?」

古泉「そりゃあ…これでも年頃の男子ですから」

長門「男は獣、と聞いた事がある」

長門「けだもの」

古泉「仕方ないじゃないですか、生理現象なんでしから」

長門「生理現象…」

長門「なら、私の気持ちも生理現象?」

古泉「そうなんでしょうか…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 22:38:08.24 ID:26X4Brg0O

長門「恋人になった」

古泉「はい」

長門「古泉一樹も同じ気持ちだと知った」

古泉「はい」

長門「だからといって欲望は解消されない」

古泉「欲望って…」

長門「食べたい」

古泉「駄目です」

長門「……」イラッ

古泉「いらつかないでください」

長門「……食べたい」イライラ

古泉「我慢しましょうよ…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 22:41:17.64 ID:26X4Brg0O

長門「舐めるだけ」

古泉「一気に色んな段階吹っ飛ばしましたね」

長門「少しだけ。1ペロ」

古泉「いちぺろって…」

長門「先っちょだけ」

古泉「……先っちょだけ」

長門「そう」

古泉「それなら…」

長門「勝った」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 22:45:08.59 ID:26X4Brg0O

古泉「で、どこを舐めるって言うんですか?」

長門「じゃあ、指」

古泉「指?」

長門「そう」

古泉「わかりました。では念のため手を洗いますね」ガタッ

長門「洗わなくていい。時間が勿体ない」

古泉「どれだけ生き急いでいるんですか」

長門「いいから早く」

古泉「はい…」スッ

長門「あーん」

ガブリッ

古泉「いたぁ!」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 22:48:10.91 ID:26X4Brg0O

古泉「血が出ました」

長門「うっかり」

古泉「痛いです」

長門「早く手を見せて」

古泉「いや、消毒するほどでは…」

長門「あむ」ぱくっ

古泉「ですよね。わかってましたよ。ええ、ええ」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 22:52:41.42 ID:26X4Brg0O

長門「……」

ぺろっ

古泉「う…」

長門「いひゃい?」

古泉「痛くはないですけど…」

長門「ほう」ぺろぺろ

古泉「あっ、でもそうやって舌で押されると痛いです」

長門「わひゃと」

古泉「なんだ、わざとでしたか……って余計悪いじゃないですか!」

長門「うるひゃひ」

古泉「すみません」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 22:56:43.59 ID:26X4Brg0O

長門「……」ちゅうう

古泉「ちょ、吸わないでくださいっ」

長門「……ごくん。何故?」

古泉「血がにじみ出て痛いんですって」

長門「そう」ちゅうう

古泉「聞いてないんですね、聞いてないんですね!」

長門「興奮しすぎ。クールダウン」

古泉「ちくしょう」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:01:53.03 ID:26X4Brg0O

長門「…我慢出来ない」

古泉「はい?」

長門「いただきます」

ガリッ

古泉「いったあ! いてて、あいたたたた! 痛、ちょ、長門さん!?」

長門「……」ガリガリ

古泉「あ、ああぁあ゙あ゙あ゙!!」

長門「……」ゴキャッ

古泉「うわああぁあああ゙あ゙あ゙ああああああァァああああ!!!」

ブチィッ

長門「……」かみかみ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:07:08.98 ID:26X4Brg0O

古泉「あぁ…うぐああ…」

長門「古泉一樹。安心してほしい、貴方のお肉は美味しい」

古泉「まさか…僕、を、食べたいって言うのは…」

長門「そのままの意味」

古泉「………そう、ですよね…はは、ははははっ」

長門「‐‐‐‐‐」

古泉「えっ?」

長門「貴方の指を元に戻した」

古泉「…あ、本当だ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:13:08.21 ID:26X4Brg0O

古泉「ありがとうございます。…でも、どうして?」

長門「さっきは舐めるだけと言ったのに、噛み切ってしまったのは私が悪かった」

長門「それに、これから食べる部位が減るのは困る」

古泉「!」ダッ

長門「逃がさない」ガシッ

古泉「な、はな、離してください!」

長門「駄目。眠って」スッ

古泉「な…ん……」

バタッ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:17:42.06 ID:26X4Brg0O

‐‐‐

ハルヒ「古泉君、まだかしらねー」

キョン「ペルーに留学中だろ? まだ先じゃないか」

みくる「古泉君、元気ですかね〜」

ハルヒ「もうっ、こんなに心配かけて! 帰ってきたらお土産たくさん貰わなきゃ割にあわないわっ!」

キョン「全く、古泉も不憫なこった」

長門「……」ぺらっ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:19:59.12 ID:26X4Brg0O

‐‐‐

長門「ただいま」

古泉「うわああああああ!! もう嫌だ!!!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:25:06.76 ID:26X4Brg0O

おっと、途中送信してしまった


‐‐‐

長門「ただいま」

古泉「うわああああああ!! もう嫌だ!!」

長門「今日はふとももを刻んでシチューにする」

古泉「嫌だ、やめて!! もういっそ殺してください!!!」

長門「殺さない。決して」

古泉「家に、家に返してください!!!」

長門「何故?」

長門「恋人の家に泊まるのは普通の事」

長門「恋人を食べたいと思うのも…仕方ない事」

古泉「ひいいっ…!!」

長門「今日も、古泉一樹をお腹いっぱい食べたい」


おしまい

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:27:49.66 ID:26X4Brg0O

最初はほのぼのにしようっ思ったけど無理でした

どうやらカニバかエロか変態SSしか書けないようです
では



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「安価で58に色々する」