ハルヒ「せ・・・セックスの仕方ぐらい知ってるわよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「甘いチョコレートにはコーヒーが良い」

ツイート

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 20:52:36.62 ID:pI6XN8M+0

谷口「ああ、それもそうか。涼宮は男何人もとっかえひっかえしてたもんな」

ハルヒ「あんた何が言いたいのよ」

谷口「いや、そんだけ経験豊富なら色んなセックス知ってるんだと思ってよ」

ハルヒ「と……当然じゃない! あんたみたいな餓鬼が知らないようなすごいことだってやり尽くしてるわよ!!」

谷口「ほほう……それはぜひ詳しく聞きたいもんだな。なあキョン?」

ハルヒ「?!」

キョン「……朝っぱらからなんつー会話をしとるんだお前らは」

ハルヒ「あ、あんたいつから……!?」

谷口「とっかえひっかえの辺りからだな」ニヤニヤ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 20:58:41.05 ID:pI6XN8M+0

ハルヒ「嵌めたわね……」

谷口「なんのことだ? なあキョン、流石は涼宮だな? この歳にして俺らが知らないようなプレイをやりつくしてるそうだ」

ハルヒ「ちょっ……! ちがっ……」

キョン「そういう話は俺がいないところでしてくれるか? ……俺まで同類に思われちまう」

谷口「今更だろ。お前はすでに涼宮とその一党の変人その1だぜ?」

キョン「朝からエロばなする変態とは思われていないんでな。そういうのは勘弁してもらいたいもんだ」

ハルヒ「ちょっとキョン!」

キョン「……なんだ。頼むから俺にそういう話をふるなよ? 恥ずかしながら俺にはそういう経験がないんでな」

ハルヒ「っ!!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:04:13.02 ID:pI6XN8M+0

ハルヒ「あんたあたしがそういう経験豊富だって思ってるわけ?」

キョン「自分でそうだって言っただろうが。それに以前もなんだかを持て余すって言ってなかったか?」

ハルヒ「そ、それはそうだけど……!」

キョン「けどなんだ? 悪いが俺は他人のそういう話を笑って聞いていられるほどの度量がないんでな」

キョン「さっきも言ったが経験がないからどういう反応をしていいかわからん」

キョン「そういうのは谷口とでも仲良く話していてくれ」

ハルヒ「だ、だから今のは……!」

キョン「ほら、HR始まるから座れ。もうこの話は無しだ」

谷口「俺は今後の参考のためにぜひ詳しくききてえな。涼宮の経験をよ」ニヤニヤ

ハルヒ「あんたに話すことなんてミジンコほども無いわよ!!」

キョン「……やれやれ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:06:32.41 ID:pI6XN8M+0

放課後

キョン「先に団室に行ってるぞ」

ハルヒ「え、ええ。ねえキョン」

キョン「なんだ」

ハルヒ「朝のことなんだけど……」

キョン「聞きたくないって言っただろ。この話は終わりだ」

ハルヒ「あ、うん……」

キョン「…………あとでな」

ハルヒ「ええ、わかったわ……」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:09:51.29 ID:pI6XN8M+0

キョン「くそ……。なんでかわからんがイライラするな」

キョン「一体なににいらついているっつーんだ俺は」

キョン「別にハルヒが他の男と色んな経験してようが関係は無いがな」

キョン「……これは多分谷口に対するいらつきだ。そうに違いない」

キョン「……そういうことにしておけば楽なんだろうがな」

キョン「いや、楽ってなんだ楽って。……ちっ」

キョン「まあいいさ。昔のハルヒが男を何人も変えてたなんて今更の話だ。気にするほどのことじゃないしな」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:13:58.58 ID:pI6XN8M+0

ガチャ

キョン「……おう、今日は長門だけか」

長門「……」ペラ……

キョン「……ふぅ、どっこいせ……っと」ドカッ

長門「…………」ペラ

キョン「…………」

長門「……何かあったの」

キョン「え? なんだって?」

長門「今のあなたの心拍数は平常どおりではない。……何かに憤慨しているように感じられる」

キョン「別に……なにもありはしないが、な」

長門「嘘はつかなくていい。涼宮ハルヒに関係することと予想する」

キョン「…………」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:17:16.19 ID:pI6XN8M+0

長門「話してほしい」

キョン「なんでだ」

長門「……涼宮ハルヒに関係することはあなただけの問題ではない。直接にせよ間接にせよ、我々にもいずれ関係してくる」

長門「だから問題は早いうちに知っておいたほうが、後々のためにもいい」

キョン「今日はやけに饒舌だな?」

長門「……そんなことはない。いつも通り」

キョン「そうか」

長門「そう」

キョン「…………」

長門「話して」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:22:12.94 ID:pI6XN8M+0

キョン「話してと言われてもな。実際あいつに関係してるというよりは、俺個人の気持ちの問題の気もするんだが」

長門「その気持ちに涼宮ハルヒが関わっているなら同じこと」

キョン「……自分でもうまく考えがまとまらんが」

長門「少しづつでも話してみて。考えをまとめる手助けができるかもしれない」

キョン「うーむ。なあ長門は……」

長門「なに」

キョン「いや、やっぱ今のは無しだ」

キョン「(男と付き合ったことあるか、なんて、無いに決まってるよな。そのうえセックスしたことあるかなんて聞けるわけが無い)」

長門「何故」

キョン「いや、質問を間違えるところだった」

長門「間違えてもいい。とにかく言ってみることが大事」

キョン「いやそうなんだがさすがにこれはな……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:27:03.44 ID:pI6XN8M+0

長門「どんな質問でも私は構わない」

キョン「いや、お前も女の子だからな。俺が構う。というか聞くのが恥ずかしい」

長門「……言って」

キョン「いや……その、な……」

長門「早く」

キョン「……ハルヒの奴がな。朝言ってたんだ。自分は経験豊富だと」

長門「何の経験」

キョン「……いやその」

長門「何の」

キョン「……セックス」

長門「……………………………………そう」

キョン「…………そうなんだよ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:32:47.88 ID:pI6XN8M+0

キョン「あいつは色んな男と付き合っては別れるっていうのを繰り返してきたからな」

キョン「だからそういうのがあっても不思議じゃないんだが……。なんていうかな」

キョン「他のやつじゃなく、本人の口から直接それを聞いたのは初めてでな、少し動揺したというかなんというか」

長門「…………そう」

キョン「いや、俺が動揺するのもおかしな話だよな! 別に俺はあいつの親でもないしまして恋人って奴でもない。そうなる理由なんてないんだがな」

長門「あなたは……」

キョン「わかってるって。ほらあれだ。親しい奴がいきなり『実は俺人を殺したんだ』っていきなり告白してきた時みたいなもんだ」

キョン「それで戸惑ったんだな俺は。思いもよらずびっくりしたってだけだ。それがハルヒだったから余計にな!」

長門「…………」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:37:37.91 ID:pI6XN8M+0

キョン「この話はこれで終わりだ。わるかったな気を遣わせて」

長門「別にいい」

キョン「あー、朝比奈さんと古泉の奴遅いな? そろそろ来る頃だと思うんだが」

長門「あなたは勘違いをしている」

キョン「早く朝比奈さんのお茶を……え? なんだ長門?」

長門「あなたは勘違いをしていると言った。あるいは思い込んでいる」

キョン「……何をだ?」

長門「涼宮ハルヒが……せっくす……の豊富な経験者であるということについて」

キョン「どういう意味だ」

長門「そのままの意味。彼女は未だ……処女……であるというのが真実」

キョン「何だって……?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:38:15.52 ID:pI6XN8M+0

>>29
お前が続きかけこのやろう

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:44:57.90 ID:pI6XN8M+0

長門「涼宮ハルヒに男性経験は無い。これは紛れも無い真実」

キョン「だ、だがあいつが自分で……」

長門「それがそもそもの間違い。彼女の言動が真実であるとは限らない」

キョン「そ、それは……!」

長門「なぜあなたはそれが真実と思い込んだのか。何故彼女の言葉を疑いもしなかったの」

キョン「…………」

長門「人間は見栄というものをはる生物。彼女とて例外ではない」

キョン「そ、そうだとして、なんで長門にハルヒが嘘をついているとわかるんだ? その場にはいなかっただろう」

長門「あなたの脈拍を観測したのと同じ。涼宮ハルヒの体組織も検査済み」

キョン「!!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:53:15.45 ID:pI6XN8M+0

バターン!!
古泉「長門さんのおっしゃっていることは事実です!」

みくる「し、失礼しま〜す……えへへ」

キョン「こ、古泉? それに朝比奈さんまで……」

長門「…………」

古泉「涼宮さんが処女であるというのは間違いありませんよ」

みくる「しょ、しょ、うぅ……はうぅ……」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:54:28.38 ID:pI6XN8M+0

キョン「なんでお前にそれがわかる。いやその前にだ、一体どうして登場して早々俺達の会話の内容を把握してやがるんだお前は」

古泉「んっふ。なにやら深刻なお話のようでしたので、少々入りづらかったのです。ですので聞き耳を立てさせて頂きました」

みくる「ご、ごめんなさいキョン君……。やめたほうがいいですよって言ったんですけど」

古泉「おや? 朝比奈さんだってかぶりつく勢いでドアに聞き耳を……」

みくる「はわわわわぁぁ!! だ、だめでしゅ! それは言わないでくだしゃい!!」

キョン「お前らな……。もしかして長門は気付いてたか?」

長門「最初から」

みくる「わ、私お茶入れますね!!」

古泉「興味深いお話が聞けてよかったですよ?」

キョン「やれやれ……」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:57:22.97 ID:pI6XN8M+0

ニヤニヤとイライラどっちにするべ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:59:03.74 ID:pI6XN8M+0

>>44
おまえ天才だな。その方向でいくわ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:04:48.30 ID:pI6XN8M+0

キョン「ふう、お茶うまいですよ朝比奈さん」

みくる「えへへ。ありがとうございますぅ」

キョン「で、だ。古泉、お前に聞きたいことがある」

古泉「先ほどの件ですね。涼宮さんは紛れもなく処女ですよ」

ガチャーン!!

みくる「はわ、しゅしゅしゅいましぇ〜ん!!」

キョン「…………。あまり直接的な単語は使わないほうがいいようだな」

古泉「そのようで」

キョン「はぁ。機関か?」

古泉「ご明察のとおりです。彼女の監視を始めてから今日まで、涼宮さんとお付き合いをした男性は数多いれど、性的交渉を持った人物は一人もいません」

キョン「プライベートも何もあったもんじゃないな」

古泉「彼女の安全を守るためですから」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:08:22.06 ID:pI6XN8M+0

キョン「じゃあその……朝あいつが言ってたことはその、嘘か」

長門「そう言っている」

古泉「もっと我々のことを信用して頂きたいですね?」

キョン「信用はしてる。だが、流石にああいうのはな……」

古泉「……それほどショックでしたか?」

キョン「何?」

古泉「涼宮さんが、例え嘘とはいえ経験豊富であると自ら明言したことがショックでしたか?」

キョン「そんなことは……」

古泉「でしたら何故動揺したのです? 彼女の言うことを妄信したのですか? いつものあなたならもう少し注意深くことを運んでいますが」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:11:41.15 ID:pI6XN8M+0

キョン「それは……そうかもしれんが」

古泉「嫉妬、というやつですかね?」

キョン「なっ!? ちがっ……」

古泉「あなたもようやく自覚してくれたようでなによりですよ。我々の苦労も報われるというものです」

キョン「何を言っとるんだお前は!!」

古泉「そんなに焦らなくとも」

みくる「うふふ、キョン君、素直じゃないですね〜」

キョン「あ、朝比奈さんまで何を!?」

長門「………………」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:17:20.67 ID:pI6XN8M+0

キョン「し、仕方ないだろ! 一番近しい奴からいきなり自分の経験を語られて戸惑うのは当たり前で……」

古泉「戸惑ったんですか」

キョン「そ、そりゃそうだろうが! あいつがそんな経験をしてたなんていきなり聞かされた日には」

古泉「ですが、何人もの男性とお付き合いしていたことを聞かされた時、あなたは今ほど戸惑いましたか? 動揺しましたか?」

キョン「?!」

古泉「しなかったでしょう? それはあなたが涼宮さんのことをまだよく知らなかったからです。違いますか?」

キョン「さあな」

古泉「違うなどとは言わせませんよ? あなたはご自分でおっしゃったではないですか。涼宮さんのことを一番近しいと」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:22:51.97 ID:pI6XN8M+0

キョン「こ、言葉のあやだ!」

古泉「焦った時ほど本音が出るものです」

キョン「お前は……」

古泉「いい加減認めてはいかがですか? 僕としてはそうしていただけると非常に助かるのですが」

キョン「お前の苦労など知ったことか」

古泉「困りましたねえ。ですがまあ、僕も肩の荷が下りてほっとしていますよ」

古泉「涼宮さんのお相手を務めるには、僕ではやはり力不足ですしね」

キョン「勝手に話を進めるな」

古泉「んっふ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:27:47.24 ID:pI6XN8M+0

古泉「まあ、パズルのピースは収まるべきところに収まるものです」

キョン「なんのパズルだ」

古泉「おわかりでしょう? さて、ちょっとバイトに呼ばれたので行って来ますよ。今度はあちらが困ったことになっているようですので」

キョン「ハルヒがか? そういえば掃除なんてとっくに終わっている時間だが……」

長門「涼宮ハルヒなら、既に郊外に出た。帰宅したものと思われる」

キョン「あいつが? 団活を黙って休むなんて……」

古泉「誰かさんに誤解されたのが原因じゃないですか? それではまた」

パタン

キョン「おい古泉! ……ちっ」

みくる「涼宮さん、大丈夫でしょうか?」

長門「問題ないと思われる。彼がなんとかする」

みくる「そうですね! キョン君ならきっと大丈夫ですね!」

キョン「どういうことですか」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:34:21.80 ID:pI6XN8M+0

みくる「え? えへへ〜それはだって……ねえ、長門さん?」

長門「脈拍と体表温度が先ほどとは違った理由で上昇している」

キョン「なっ?! お、俺は普段と変わらんぞ!」

長門「明らかに違う。涼宮ハルヒの言葉が嘘と判明した時点で、感情を示す温度が安定した。これはあなたが安心したということ」

長門「次に古泉一樹にからかわれた時、あなたの体温と脈拍は急激に上昇。これは感情が喜の方向に昂ぶったから」

長門「あなたが涼宮ハルヒとそういう関係になる可能性に期待をもっている証拠」

キョン「……でたらめ言うな」

長門「でたら目ではない。私の能力はあなたも知っている通り」

キョン「…………」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:36:57.00 ID:pI6XN8M+0

みくる「期待してるんですか、キョン君?」

キョン「やめてくださいよ朝比奈さんまで……。俺は……いや、いいです。今日は帰りますよ」

みくる「帰っちゃうんですか?」

キョン「ええ、ここにいても今日はやることがなさそうですし。じゃあまた明日。長門も悪かったな」

長門「いい」

みくる「バイバイですキョン君♪」

パタン

みくる「…………」

長門「……・……」

みくる「よかったんですか?」

長門「何が」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:39:27.44 ID:pI6XN8M+0

みくる「キョン君のことですよぉ」

長門「あなたの言っている言葉の真意がわからない」

みくる「うふふ、わたしだって女の子なんですよ?」

長門「知っている。生物学的にも間違いなくあなたは女性」

みくる「そういうことじゃありませんよお! ……長門さん、嘘つきましたよね?」

長門「……なんのこと」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:43:01.69 ID:pI6XN8M+0

みくる「体温でわかるなんて、嘘ですよね?」

長門「何故そう思うの」

みくる「だって、そんなので私達のことがわかるんなら、今までの困ったこととかもっと簡単に解決できたんじゃないかなって思って」

長門「…………」

みくる「ね? 長門さんは、キョン君のこと大事にしてますもんね?」

長門「……あなたはたまに不思議なことを言う」

みくる「そうですかぁ? 乙女の勘だと思いますよ♪」

長門「……あなたはいいの」

みくる「え?」

長門「彼のこと」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:43:55.60 ID:pI6XN8M+0

>>59
別スレに書き込めばいいんだってさ
ちょっといってくるわ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:48:39.54 ID:pI6XN8M+0

みくる「ん〜、私は残念ですけど、どのみちこの時代では誰ともお付き合いはできませんから」

長門「…………」

みくる「まだそんなにキョン君のこと好きになってたわけじゃありませんから、いいんです」

長門「……そう」

みくる「ええ、だからこの時代であの二人が幸せになってくれれば。それで私の禁則事項も禁則事項になって禁則事項ですから」

長門「ならどうして泣いているの」

みくる「え? あれ? ……お、おかしいなぁ、私なんで泣いてるんでしょうね? あ、あははっ、恥ずかしいですぅ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:51:50.66 ID:pI6XN8M+0

長門「…………」

みくる「み、みんなには言わないでくださいね? ほんとどうして涙なんて……うくっ」

長門「お茶を、入れる」

みくる「ひくっ……。ご、ごめんなさ……うっく……ふぇぇ」

長門「…………飲んで」

みくる「ひっく……コク……ふぅぅ……ちょっとしょっぱいけど、おいしいです……」

長門「そう。ならいい」

みくる「……ありがとうございます、長門さん」

長門「……いい。誰かに飲んでもらうのもたまには」

みくる「はい……」

長門「…………」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:54:10.51 ID:pI6XN8M+0

キョン「ただいま……っと」

キョン妹「あ、おかえりキョン君! もうすぐご飯だよ!」

キョン「そうか。なら部屋で休むからあとで呼びに来てくれ」

キョン妹「わかった〜。ごっはん、ごっはん♪」

キョン「ふう……なんか疲れたな」

キィ パタン

キョン「俺が……あいつとの特別な関係を期待してる?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:55:27.50 ID:pI6XN8M+0

疲れた

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:15:42.88 ID:pI6XN8M+0

キョン「いや……いやいやいや、ないだろ」

キョン「どこにあいつを好きになる要素があったというんだ」

キョン「団活だなんだで振り回されて、あいつのはた迷惑な能力のせいで死に掛けたり……」

キョン「むしろ嫌いになる要素のほうが圧倒的に多いだろうが」

キョン「……まあ、あいつの言うことが嘘だってわかったときは安心したというか……」

キョン「いや、別にあいつが誰と何をやってようと俺には関係ないんだがな!」

キョン「……だったらなんで俺はあからさまに動揺したんだ」

キョン「くそっ、わからん……。いや、わからんわけじゃ……」

キョン「…………」

キョン「だあああああ! 考えてられるかこんなもん!! やめだ! 俺は思春期に悩む青少年か?!」

キョン「いや、思春期であることには間違いないんだがな」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:18:57.57 ID:pI6XN8M+0

翌日

キョン「あまり眠れなかったな……」

谷口「ようキョン。どうした? 顔色が悪いな」

キョン「おう、谷口か」

谷口「いや〜、昨日はまいったぜ」

キョン「何がだ?」

谷口「涼宮だよ、涼宮」

キョン「……あいつがどうかしたのか」

谷口「どうもこうも、お前も聞いてたじゃねーか」

キョン「何をだ」

谷口「あいつのセックス経験だろ。忘れたのか?」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:24:16.70 ID:pI6XN8M+0

キョン「そういや元凶はお前だったな」

谷口「あん? なんの元凶だ?」

キョン「なんでもねーよ。で? ハルヒがどうした」

谷口「いやよ、昨日の放課後涼宮に聞いてみたんだよ。あいつの経験した内容をよ」

キョン「……そうか」

谷口「俺が知らない凄いことってのに興味があってな。キョンは聞きたがらなかったから、俺一人で聞いてみたんだよ」

キョン「聞くなそんなこと……」

谷口「まあまあ。ほんとはお前だって興味あったんだろ? でよ……」

ハルヒ「ちょっとあんたら、なにこそこそ話してんのよ」

キョン・谷口「?!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:30:55.06 ID:pI6XN8M+0

ハルヒ「ちょっとそこの低脳。あんたキョンに何吹き込んでんの?」

谷口「別にふきこんでねーよ。つか低脳ってなんだこら」

ハルヒ「低脳は低脳でしょこの猿。そんなこともわかんないからあんたは脳細胞を無駄に死滅させていくのよ」

谷口「言わせておけばこのビッチが!」

ハルヒ「だれがビッチよミトコンドリア!」

谷口「お前以外に誰がいんだよ! 自分で言ってただろうが! 経験豊富だってよぉ!!」

ハルヒ「あ、あれは……!」

キョン「おいやめろお前ら。クラスの注目集めてるぞ」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:34:54.57 ID:pI6XN8M+0

ハルヒ「何よキョン! あんたこいつの味方するつもり?! あんたは団員なんだから問答無用であたしの言うことだけ聞いてればいいのよ!」

谷口「ほほ〜、さすがは経験豊富な涼宮様。女王さまプレイもお手のものですか」

ハルヒ「あんたいい加減に……」

キョン「谷口もやめろ。おいハルヒ、ちょっと来い」

ハルヒ「な、何よ! 引っ張らないでよ馬鹿キョン!」

キョン「いいから来い。おい谷口、お前も頭冷やしておけ」

谷口「ちっ……」

ハルヒ「どこに連れて行くのよ馬鹿キョン!! こら! 団長の話を聞きなさいってば!!」

キョン「あ〜はいはい。ちょいとお話をさせてもらえませんかね団長様」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:40:08.09 ID:pI6XN8M+0

ハルヒ「こんなところまで連れてきて何の話をするつもりなの、キョン」

キョン「いや、な。谷口なんかの安い挑発なんかに乗るなって」

ハルヒ「あの低脳が喧嘩吹っかけてくるからじゃない。このあたしに挑んでくるなんて生意気なのよ!」

キョン「あいつが馬鹿だってことはお前も知ってるだろう。いちいちまともに取り合ってたら時間の無駄だ」

ハルヒ「……なによ。随分あいつの肩をもつじゃない」

キョン「そういうわけじゃないがな」

ハルヒ「……ねえキョン」

キョン「なんだ」

ハルヒ「さっき、あいつと何話してたのよ。言いなさい」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:50:03.71 ID:pI6XN8M+0

キョン「別に……なんでもないが」

ハルヒ「嘘言うんじゃないわよ! 正直に言いなさい」

キョン「はぁ……。昨日のことだ」

ハルヒ「き、昨日のことって何よ」

キョン「お前のその……なんだ。経験についての話だ」

ハルヒ「なんであいつとあんたがそんな話をするのよ! 」

キョン「あいつがふってきたんだよ! 俺だって別にそんなことを話したかったわけじゃあない」

ハルヒ「そんなことってなによ! あたしのことをそんなこと扱いしていいと思ってるの、キョン!?」

キョン「どうしたら満足したんだお前は」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:53:16.43 ID:pI6XN8M+0

ハルヒ「あたしを満足させるなんてあんたにできると思ってるの? おこがましいわよ平団員のくせに!」

キョン「ああはいはい悪かったなあ」

ハルヒ「なんなのよその態度は! ……で?」

キョン「は?」

ハルヒ「は? じゃない! それであんたはどう思ったのよ!」

キョン「何をだ」

ハルヒ「だからあんたはキョンなのよ!」

キョン「意味がわからん」

ハルヒ「あんたはあたしのその……! そういう話を聞いて……ど、どう思ったのよ!」

キョン「どうもこうも……別に信じちゃいないが」

86 名前: ◆e1uSVm8EAw [] 投稿日:2010/08/10(火) 23:57:41.99 ID:pI6XN8M+0

ハルヒ「信じて……ない?」

キョン「ああ」

ハルヒ「あんたあたしの言うことを信じないって言うの?」

キョン「違うだろ。谷口の言うことだ」

ハルヒ「あ、ああそう……」

キョン「あいつは大体出鱈目を口にするしな」

ハルヒ「ま、まあそうね。じゃああんたはあたしのほうを信じてるのね?」

キョン「まあ、どちらかと言われればな」

ハルヒ「ならいいのよ。……ん? あれ? それはそれであんまり……」

キョン「ん? どうした」

87 名前: ◆e1uSVm8EAw [] 投稿日:2010/08/11(水) 00:02:08.52 ID:Wd0OsmiQ0

ハルヒ「なんでもないわよ馬鹿キョン!」

キョン「あまり馬鹿馬鹿いわれるのもいい気分じゃないんだが」

ハルヒ「う、うるさいわね! 口答えしないでよ!」

キョン「悪かったな。とにかくいいな? あいつにいちいち構ったってしょうがないんだから、ほどほどにしとけよ」

ハルヒ「言われなくたってわかってるわよ! と、ところでキョン」

キョン「なんだ」

ハルヒ「あんたあたしのほうを信じてるって言ったけど」

キョン「言ったな」

ハルヒ「き、昨日の朝のことは……」

キョン「ああ、あれか。大丈夫だ、もうわかってるから」

ハルヒ「わ、わかってるって……」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:07:57.80 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「まあ、さっきも言ったが俺は谷口よりはお前のほうを信じてるからな」

ハルヒ「え? あ、そう……? でも……」

キョン「昨日のことはもういいんだ。あいつにも蒸し返さないように言っておく」

ハルヒ「あ、え、ちょっと……」

キョン「じゃああとでな。先に教室に戻ってるぞ」

ハルヒ「ちょ、まって……」

ハルヒ「行っちゃった……。あれ? キョンはあたしのこと信じてるって言ってたわよね?」

ハルヒ「じゃあ谷口から何か耳に入っても、それが嘘だってわかってくれるってことよね」

ハルヒ「ん? でもそれじゃ、あたしから直接聞いたことは真実って認識するわよね……」

ハルヒ「え? ちょっとそれって……あれも信じちゃってるってことかしら……?」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:15:46.60 ID:Wd0OsmiQ0

団室

キョン「ふう。今日も朝比奈さんのお茶はうまいですね」

みくる「そうですか? ありがとうございます〜」

ハルヒ「……」チラチラ

キョン「ん? なんだなんか用か?」

ハルヒ「へっ? べ、別にあんたなんかに用は無いわよ! こ、古泉君を見てたのよ!」

キョン「? そうか。ならいいんだが」

古泉「おやおや。あまり見つめられると誰かさんの嫉妬で燃やされそうですね」

キョン「はっはっは。一体誰の嫉妬だろうな」

古泉「お分かりなのでは?」

キョン「よーし、今日は手加減一切無しだこの野郎」

古泉「おっと、やぶへびでしたか」


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:19:28.99 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「ん、ちょっとお茶を飲みすぎたか。すまん古泉、中断だ」

古泉「トイレですか? ちょうどいいですのでお付き合いしますよ」

キョン「ああ? なんでお前と連れションせにゃならんのだ気色悪い」

古泉「まあまあ、たまにはいいではないですか」

古泉「それに、涼宮さんのことで少しお話が……」ボソボソ

キョン「……二人分隣に立てよ」

古泉「んっふ。僕としてはすぐ隣に並びたかったのですが致し方ありませんね。それで手をうちましょう」

キョン「冗談に聞こえんから怖いんだお前は」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:30:31.88 ID:Wd0OsmiQ0

古泉「それで、あの後涼宮さんとは?」

キョン「ん、いつも通りだ」

古泉「いつも通り?」

キョン「ああ。昨日みたいに変にギクシャクした感じもない。相変わらずの口の悪さだな」

古泉「……何も変わったことは無かったんですか?」

キョン「変わったことか? そうだな、しいて上げれば……」

キョン「ああ、今朝谷口と少し口論していたな」

古泉「谷口君というと、ああ、彼ですね。どういった口論を?」

キョン「どうもこうも。昨日のやつだ。ハルヒが経験豊富だって語ったことについてあいつがちょっかいをな」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:34:06.80 ID:Wd0OsmiQ0

古泉「詳しくお聞かせ願えますか?」

キョン「? 別にかまわんが……」

………………

…………

……

キョン「とまあそういうわけだ」

古泉「なるほど。そういうことでしたか。これで納得しました」

キョン「何か問題があったのか?」

古泉「ええ。僕のバイトの関することなのですが。それにしても、あなたは気が利くようで利かない人なのですね」

キョン「なんの話だ」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:36:45.88 ID:Wd0OsmiQ0

古泉「涼宮さんにかけたあなたの台詞ですよ」

キョン「それのなにが問題なんだ」

古泉「本当に気付かないのですか?」

キョン「…………教えてくれ」

古泉「ふう……。全く、ご自分のこととなるとてんで鈍いのですね、あなたは」

キョン「悪かったな。さっさと言え」

古泉「わかりました。まずはバイトのことからお話するべきでしょうね」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:40:26.02 ID:Wd0OsmiQ0

古泉「今朝、一時間目が始まる前に機関から連絡がありまして」

キョン「例の神人ってやつか?」

古泉「ええ、昨日に引き続き出現しました。ですがいつもとは様子が違いまして」

キョン「どういうふうに?」

古泉「そうですね。状態としては、以前映画を撮りましたね? その時に現れた神人の状態と酷似していました」

キョン「ああ、全然暴れなかったっていう……」

古泉「そうです。ですが今回はそれと微妙に違いまして」

古泉「大人しい状態と暴れる状態を交互に繰り返していたのです」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:45:22.00 ID:Wd0OsmiQ0

古泉「体育座りでじっとしていると思いきや、突然思い出したかのように大暴れを始める」

古泉「日常でふとなんの前触れもなく過去の記憶を思い出したことは?」

キョン「なんだいきなり」

古泉「答えてください」

キョン「……そりゃあ何度かあるが」

古泉「それが誰にも言えない様な恥ずかしい記憶であった時、あなたはどう思います? またはどうなります?」

キョン「……思い出したくもない過去か。そりゃ、頭を抱えてごろごろ転がったりしたくなるだろうな」

古泉「ちなみにどんな思い出ですか?」

キョン「それは言う必要があるのか?」

古泉「んっふ、失礼。まあ、大体の方は同じような行動をとりたくなるでしょうね」

キョン「それが神人も同じだったと?」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:48:56.81 ID:Wd0OsmiQ0

古泉「そうです。涼宮さんは、何かとてつもなく恥ずかしいことを思い出したんでしょう」

キョン「それはまさかあれか?」

古泉「ええ、他に考えられません」

キョン「だが待て。恥ずかしい言動なんてあいつはしょっちゅうだろうが。それがなんで今更その程度で……」

古泉「簡単です。あなたが関わっているからですよ」

キョン「俺が? 俺がそれにどう関わっているんだ」

古泉「あなたは涼宮さんに信じていると言ったんでしょう?」

キョン「ああ、言ったが」

古泉「その一言が原因ですよ」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:55:12.62 ID:Wd0OsmiQ0

古泉「あなたも知っての通り、涼宮さんは他人からの一切の評価を気にしません」

古泉「ですから例えどのような噂や誹謗中傷の流言を広げられても気にも留めなかったでしょう」

古泉「ですが今回の場合、涼宮さん自らが経験豊富であると語り、またあなたが涼宮さんを信じていると発言してしまった」

古泉「あなたに信じて貰えるということは、いやむしろあなただけは彼女の味方をすると彼女が信じていたことは、映画撮影の時点で皆が知ったことです」

古泉「ですが今回はそれが仇となってしまった」

古泉「彼女は自分が処女であるのに、経験豊富であると言ってしまった。そしてあなたはその言葉を聞いていたのに、彼女を信じると言ってしまった」

古泉「ここに、齟齬が生まれました」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:59:44.29 ID:Wd0OsmiQ0

古泉「あなたに信じてもらえているのは嬉しい。ですが、そうすると自分の嘘も真実だとあなたに受け止められてしまう。その葛藤が今回の神人の行動に反映されているのです」

キョン「いやしかし、あれが嘘だというのは俺達は知っているじゃないか」

古泉「ええ、その通りです。ではそれを彼女に言えますか?」

キョン「何?」

古泉「涼宮さんに、あなたが処女でないことは知っている、だからあの言葉も嘘だとわかっている。そう言えますか?」

キョン「言えるわけがないだろう」

古泉「当然です。言えば何故それを知っているのかまで話さなければならない。それは我々の正体をばらすことになり、それを我々はのぞんでいません」


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 01:03:02.70 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「だったらどうしろというんだ」

古泉「さあ?」

キョン「随分無責任だな?」

古泉「おやおや、あなたに言われたくはありませんね。元はと言えば、今回の彼女の心の不調はあなたの不用意な一言のせいなのですが」

キョン「ぐっ……」

古泉「失礼、少しいじめすぎたようです。僕としても今の状態が続くのは好ましくありません。長門さんもそうでしょうしね」

キョン「どうすればいい」

古泉「簡単なことです」

古泉「涼宮さんと正面から向かい合って、話してみればいいんですよ」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 01:08:18.55 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「随分と簡単に言ってくれるじゃないか」

古泉「簡単なことと言ったはずですよ」

キョン「そりゃ言ったがな。だがその……なんだ。処女であることはわかってるなんて、どう伝えればいいっていうんだお前は」

古泉「そちらで考えて下さい、と言いたいところですが。今回は貸しにしておきます」

古泉「普通に話せばいいだけです」

キョン「普通に?」

古泉「ええ。涼宮さんが過去に男性とお付き合いしていたことはしっているんでしょう?」

キョン「そりゃまあな」

古泉「だったらそこから、セクハラにならない程度に聞き出せばいいではありませんか」

キョン「だからそれをどうやればいいんだと訊いてるんだろうが」

古泉「? わからないんですか? 普通に女性と話せる人間ならば簡単にできることだと思っていましたが……」

キョン「今、お前に対して本気の殺意を抱いたぜ」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:08:10.50 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「まあいい。なんとかやってみるさ」

古泉「失敗しないでくださいね」

キョン「わざと失敗してお前に苦労してもらうというのもいいかもしれん」

古泉「冗談としてうけとっておきます」

キョン「半ば本気だがな」

古泉「おやおや、怖いですね。これは謝っておいたほうがよさそうです」

キョン「いらん。とにかく、まずはあいつと話してみないとな」

古泉「そうしてください。できれば今日すぐにでも」

キョン「深刻なのか?」

古泉「そうとも言えるし、そうでもないとも言えます。ですが長引くといいことはないでしょうね」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:10:43.84 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「そうか。とりあえず部屋にもどるか」

古泉「そうですね。随分と長居をしてしまいましたし。皆さんが不審に思っているでしょう」

キョン「そういやそうだな。もう十分近く便所にいたことになるのか」

古泉「しかも僕と二人きりでしたからねえ」

キョン「気色悪い笑みを浮かべるな。さっさと戻るぞ」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:14:44.57 ID:Wd0OsmiQ0

ハルヒ「おっそい!! トイレにいつまでかかってるのよ二人とも!」

古泉「これは申し訳ありません。途中で先生に捕まってしまいまして」

ハルヒ「教師? 教師が古泉君になんの用だったのよ」

古泉「ちょっとしたクラスの野暮用ですよ。僕に頼みたいことがあったそうで」

ハルヒ「ふん、教師なんだからその程度自分でやりなさいってのよ。んで、なんでキョンまで遅かったのよ?」

キョン「俺か? 俺は……そう、なんだ。並んで話を聞いていて、席を外すタイミングをなくしちまってな。一緒に話を聞いていた」

ハルヒ「要領悪いわねあんたって」

キョン「ほっとけ。ん? 朝比奈さんと長門は?」

ハルヒ「帰ったわ」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:20:22.42 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「帰った?」

ハルヒ「そうよ。あんた達が帰って来るちょっと前かしら。有希が急に帰るって言い出して」

キョン「朝比奈さんは?」

ハルヒ「何故か有希が引っ張って行ったわ。珍しいこともあるもんよね」

キョン「お前は残ってたんだな」

ハルヒ「当たり前じゃない! あんたらがいつまでたっても戻って来ないから仕方なく待っててやったのよ! 団員には責任を持たなきゃならないのよあたしは!」

古泉「これはこれは、お手数をおかけして申し訳ありません」

ハルヒ「全くね。以後気をつけるように。いいわねキョン?」

キョン「なんで俺だけなんだ」

ハルヒ「古泉君は言わなくてもわかる男だからよ。あんたはあたしがちゃんと言ってあげなきゃわかんないでしょ? 感謝なさい」

キョン「それはどーも」

古泉「おやおや、羨ましい限りですね」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:26:51.97 ID:Wd0OsmiQ0

古泉「それでは僕も用事ができてしまったので、申し訳ないですが今日は……」

ハルヒ「あらそうなの? まあ仕方ないわね。三人だけ残っても仕方ないし、今日は終わりにしましょう」

キョン「ん、じゃあ帰るか」

古泉「…………」ドスッ

キョン「ぐおっ!」

ハルヒ「ん? なによキョン。いつにも増して変な声をあげて」

キョン「い、いやなんでもないから気にするな」

キョン「(何しやがる!)」

古泉「(言いましたよね? 話し合ってくださいと。何を帰ろうとしているんですか)」

キョン「(そうだが、今この場でか?)」

古泉「(ええ、僕は消えますのでよろしく。あのお二方もそのつもりで部屋を後にしたのでしょうから、期待にこたえてください)」

キョン「(だが心の準備というものがだな……)」

古泉「そういえばあなたは涼宮さんに何か話があったのでは? 時間もまだありますし、ゆっくりお話をどうぞ。ではまた明日」

キョン「なっ! おい古泉お前!」

ガチャ パタン

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:31:48.05 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「あの野郎……」

ハルヒ「話って……なによ」

キョン「うっ……いや、そのだな」

ハルヒ「……なんか言いたいことでもあるわけ?」

キョン「あ、ああまあ。ちょっとな……」

ハルヒ「歯切れが悪いわね……。男だったらもっとはっきり喋りなさいよ! ほら、何よあたしに話って! 聞いてあげるからさっさと言いなさい、キョン!」

キョン「お、おう……。あの、な。その、昨日のことなんだが」

ハルヒ「……ッ! き、昨日の何よ」

キョン「昨日の……朝のことなんだが」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:36:21.18 ID:Wd0OsmiQ0

ハルヒ「あ、朝の何よ! 朝ッたっていろいろあるでしょ! 朝のどれよ!」

キョン「ッ! 朝、お前が言ってたあれのことだ!」

ハルヒ「あれってどれよ!」

キョン「だから、あれはあれだ! おまえが谷口と話してたあれだ!」

ハルヒ「怒鳴んないでよ!! ていうかもっとはっきり喋りなさい! あれじゃわか……え? あれ?」

キョン「だから! お前が過去に付き合った男達とのせ……」

ハルヒ「んなああああああ!! 待ちなさい! ちょっと黙るのよキョン!!」

キョン「だからせっく……」

ハルヒ「黙れって言ってんでしょうがこの馬鹿ッ!!」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:39:56.58 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「なんなんだお前は!? はっきり言えと言ったり黙れと言ったり!」

ハルヒ「それ以上口を開いたらぶち殺すわよ」

キョン「…………はい」

ハルヒ「ちょっと……ちょっとだけ待ちなさい。今考えてるから」

キョン「何をだ」

ハルヒ「待てって言ってんでしょ待ってって言われたら黙って待ってればいいのよそれぐらい理解しなさいよ!」

キョン「……おう」

ハルヒ「…………フゥ」

キョン「…………」

ハルヒ「……………………」

キョン「……………………」

ハルヒ「いつまで黙ってんのよさっさと用件を言いなさいよこのノロマ!!」

キョン「なんなんだお前は!!」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:43:33.50 ID:Wd0OsmiQ0

ハルヒ「なんだとはなによ団長に向かって!」

キョン「お前が黙れと言ったから黙ってたんだろうが!」

ハルヒ「考えるから待てって言ったのよ! あたしは考えが終わったんだからあとはあんたが話せばいいでしょ!」

キョン「お前の考えがまとまったかどうかなんて気付かんわ! せめて一言言いやがれ!」

ハルヒ「団員なんだからそれくらい言われなくても気付きなさいよ!」

キョン「無茶言うんじゃねえ!」

ハルヒ「ハァッ……! ハァッ……!」

キョン「ゼェッ……! ゼェッ……!」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:49:47.07 ID:Wd0OsmiQ0

ハルヒ「埒があかないわね……」

キョン「誰のせいだ誰の」

ハルヒ「あんたあたしのせいだって言いたいわけ?」

キョン「あー、いい。蒸し返すのは無しだ。用件だけ言うぞ」

ハルヒ「最初ッからそうすればいいのよ」

キョン「(こいつ……もうめんどくせえ)あのなぁ! 聞きたかったのはお前が本当に経験豊富なのかどうかだよ!」

ハルヒ「は? へ……な、何をいきなりトチ狂ってんのよこの馬鹿キョン! 女の子に向かっていきなりなにほざいてんのよ!?」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:09:25.82 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「昨日の朝自分でそう言ってただろうが! 凄いことやり尽くしてるってなあ!」

ハルヒ「あ、あれは……その。そ、そう! そうよあたしくらいになるとそこらへんのレベルの女とは比べ物にならないくらいすごいのよ!」

キョン「へえ〜? そうかよ、団長様ともなるとそんなに経験豊富か」

ハルヒ「そうよ! それが何よ? あんたになんか関係あるのかしら?」

キョン「今日の朝、俺はお前に言ったな」

ハルヒ「な、何をよ」

キョン「谷口じゃなく、お前を信じるってな」

ハルヒ「ッ!」

キョン「いいのか?」

ハルヒ「……いいって何が」

キョン「今のお前の言葉を信じるってことだ。いいのか?」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:15:26.66 ID:Wd0OsmiQ0

猿くらってたわ

ハルヒ「い、いいも何も別に……本当の……ことだし……」

キョン「本当にか? 信じるっていったのは本気だぞ」

ハルヒ「それは……」

キョン「なあ、どうなんだ。今の言葉と昨日の言葉。本気にするぞ?」

ハルヒ「…………」

キョン「答えろよ」

ハルヒ「……さい」

キョン「なんだって?」

ハルヒ「……るさい。うるさいって言ったのよ馬鹿キョン!! このセクハラ男!!」

キョン「なっ……」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:18:53.02 ID:Wd0OsmiQ0

ハルヒ「信じるっていったくせになに疑って質問してんのよ!」

キョン「い、いやそれは……」

ハルヒ「信じるっていうんなら一から百まで全部最初から信じなさい!」

キョン「ま、待てハル……」

ハルヒ「そもそもあんた達団員はあたしのことを疑うなんて許されないのよ! あたしが経験豊富っていったら豊富なの!!」

キョン「ッ!! ……ほー、そうかよ」

ハルヒ「そうよ! 文句なんて言わせないわよ!」

キョン「そーかそーか。あーはいはいわかりましたよ!」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:24:40.53 ID:Wd0OsmiQ0

ハルヒ「何がわかったってのよ! 言いなさいよ!」

キョン「お前が色んな男をとっかえひっかえして俺には想像もできないようなすんごい行為をしてるってことですよぉ!」

ハルヒ「……ッ。わかったんならいいのよ最初からそう言ってんだから信じなさいよ!」

キョン「へーへー信じますよ? 俺は平団員だからな? 団長様の言うことは全部信じちゃいます信じますっと」

ハルヒ「な、なんなのよその態度は! キョンのくせに生意気よ! け、経験ないあんたは豊富な経験をもつあたしを尊敬して敬いなさい!!」

キョン「はっ。そうだな。あー、経験豊富なハルヒ様はすごいもんですなあ? 俺みたいな素人には全く理解できないようなもの凄いプレイをしってるんだろうな」

キョン「はー、凄い凄い。尊敬するぜ。ある意味な」

ハルヒ「あ、ある意味ってどういう意味よ! ちょっとキョン!?」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:28:59.97 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「いや別に? よくまあそんなことを臆面もなく話せると思ってな? 普通そういうのは黙っておくものだと俺は思ってたんでな」

ハルヒ「け、経験もないあんたに何がわかるのよ……」

キョン「わからんな。俺にはな〜んにもわからん。お前とは違うしなあ」

ハルヒ「っこの……あんた……」

キョン「ん? なんだ? 経験豊富な団長様? 何か?」

ハルヒ「あんた信じてないわね……」

キョン「いいやあ? 信じてるさ。さっき信じるって言っただろ。お前はもの凄いプレイをしてる……ぷっ……経験豊富な女だって信じて……プフーっ……クスクス」

ハルヒ「……こッ、こんの!!」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:32:48.06 ID:Wd0OsmiQ0

ハルヒ「いいじゃない……いい度胸じゃない……」

キョン「ん? 何か言ったか?」

ハルヒ「証明してやるわよ!」

キョン「はあ?」

ハルヒ「あたしの言ってることが真実だってあんたに証明してやるわよ!」

キョン「いやいや、別にいいぞ? 俺はちゃんと信じてるって言ってるだろうが」

ハルヒ「嘘よ! あんた絶対馬鹿にしてるわ、あたしにはわかるんだから!」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:37:47.10 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「無理するな」

ハルヒ「誰が無理してんのよ! 無理してんのはあんたよ包茎のどーてー馬鹿キョン!」

キョン「んなっ……だ、誰がほ」

ハルヒ「あら? さっきから自分で何回も言ってたじゃない。経験がないって」

キョン「ぐっ……。た、確かに経験はねえよ! ああ童貞だ! だが包茎じゃねえぞ! 」

ハルヒ「あ……違うんだ。ってそんなことはどうでもいいのよ! 大体あんたが包茎じゃないなんて証明できるの? できないでしょ?」

キョン「な、それを言うかお前は……」

キョン「だったらお前が経験豊富だってどうやって証明するんだ?! ほんとはヴァージンだったりしてなあ?」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:41:21.68 ID:Wd0OsmiQ0

ハルヒ「ちっちっち、違うわよ何言ってんのよでたらめ言うんじゃないわよホウテイキョン!!」

キョン「なんだその意味不明な呼び名は」

ハルヒ「童貞と包茎とキョンを合わせたのよ! あんたに相応しいわ!」

キョン「こ、この見栄っ張りがしょうもないあだ名つけやがって……」

ハルヒ「だれが見栄っ張りよ!?」

キョン「お前以外に誰がいるんだよ?! どうせ後に引けなくなって本当は処女なのに経験豊富とか言ってんだろうが!!」

ハルヒ「な、ち、違うわよ! あんたのほうこそ包茎のくせに見栄張ってんじゃないわよ!」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:46:19.56 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「見栄じゃねえよ!」

ハルヒ「あたしだって見栄じゃないわ!」

キョン「だったら証明してみやがれ!」

ハルヒ「さっきからそうするって言ってんでしょ記憶力のかけらもないわね相変わらず!」

キョン「っほー? だったらどうやって証明するんだ? 言ってみろよ? ん? ん?」

ハルヒ「くっ……! あ、あんたこそ包茎じゃないって証明してみせなさいよ!」

キョン「望むところだこの野郎!!」

ハルヒ「あたしだって望むところよ! あんたを相手に証明してやるんだから!! あたしのテクニックであっというまにダウンさせてやるわ!!」

キョン「上等だ! お前のほうこそ俺のを見てびびるなよ?! 壊れたってしらんぞ!」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:51:28.04 ID:Wd0OsmiQ0

ハルヒ「こ、こわ……そんなに……」

キョン「なんだ? びびったのか? 見慣れてるんだからビビルのも変な話だなあ?」

ハルヒ「はぁ? このあたしがなんであんたの粗末なもので脅えるのよバッカじゃないのっていうか馬鹿だったわね」

キョン「後悔すんなよ?」

ハルヒ「あんたこそ、快楽のあまり泣いて縋っても二度と面倒なんてみてやらないんだからね」

キョン「…………」

ハルヒ「…………」

キョン「勝負だな」

ハルヒ「ええ、勝負ね」

ハルヒ「場所は明日追って伝えるわ。最後の安寧をせいぜい楽しみなさい。逃げてもいいけどね」

キョン「誰が逃げるか。お前こそ覚悟しておけよ」

ハルヒ「ふんっ!」

キョン「けっ!」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:54:48.49 ID:Wd0OsmiQ0

キョン「ただいま」

キョン妹「キョン君お帰り〜。ご飯は」

キョン「部屋にいるからできたら呼んでくれ」

ガチャ パタン

キョン「…………」

キョン「なにをやっとるんだ俺は」

キョン「うおおおおおおおおお!! アホか! アホなのか!? ああアホだよこん畜生!!」

キョン「何がどうしてハルヒとそうする話になるんだ!! あああああああああああああああああ!!! うわあああああああああああ!!!」

キョン妹「キョン君がおかしくなってる……」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:55:50.60 ID:Wd0OsmiQ0

おやすみなさい

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 04:04:33.25 ID:Wd0OsmiQ0

翌日

キョン「殆ど眠れなかったな……」

谷口「よーうキョン! 昨日にまして顔色がわりーぞ?」

キョン「……てめーが、てめーが余計なことをしなけりゃ!!」

谷口「うお!? な、なんだキョン! いきなり何を……」

キョン「全部てめーのせいだ畜生!!」

谷口「よくわからんが悪かった! 落ち着けぇ!!」

ハルヒ「……朝っぱらからうるさい。黙りなさい」

キョン「……」ピタッ

谷口「ゲホッゲホッ! な、なんだってんだ一体……」

キョン・ハルヒ「黙れ」

谷口「……はい」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 04:08:30.90 ID:Wd0OsmiQ0

ハルヒ「キョン」

キョン「なんだ……」

ハルヒ「あんた顔色悪いわよ」

キョン「お前も健康そうには見えんがな」

ハルヒ「あたしのことはどうでもいいでしょ。そんなことより……」

キョン「ああ、昨日の話か。……なあハルヒ。あれな」

ハルヒ「今日が勝負よ。団活は特別に休み。放課後着いて来なさい」

キョン「本当にやるんだな……」

ハルヒ「あたりまえよ。……逃げるんじゃないわよ? 逃げたら一生ホウテイキョンだからね」

キョン「イラッ)逃げねえよ。お前こそ泣くなよ?」

ハルヒ・キョン「…………ふんっ」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 09:45:45.32 ID:Bga/VcWl0

放課後

ハルヒ「さあ行くわよキョン。着いて来なさい」

キョン「あ、ああ」

モブ「あれ? 涼宮さん掃除は?」

ハルヒ「……谷口! あんた代わりにやってなさい!」

谷口「ああ? なんで俺が」

ハルヒ・キョン「やれ」

谷口「……はい」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 09:48:50.01 ID:Bga/VcWl0

テクテク

キョン「で? どこに行くんだ」

ハルヒ「うっさいわね。あんたは黙って着いてくればいいのよ」

キョン「せめてどこかくらいは教えてもらいたいもんだな」

ハルヒ「なによ、不安なの? まあホウテイキョンだから仕方ないけど」

キョン「なっ……別に不安なんかじゃないがな!」

ハルヒ「だったら黙ってればいいじゃないの」

キョン「ちっ……。あ、そういえばお前、あいつらに団活休みってちゃんと言ったのか?」

ハルヒ「あ……忘れてたわ……」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 09:54:16.94 ID:Bga/VcWl0

キョン「おいおい、お前らしくないな」

ハルヒ「う、うっさいわね! 今日のことで頭が一杯で忘れてたのよ!」

キョン「ほう……頭が一杯……ねえ」

ハルヒ「あ……ち、違うわよ! 別にあんたとことに悩んでたわけじゃないんだから!」

キョン「悩んでたのか?」

ハルヒ「……っ違うって言ってんでしょ!! どうやってあんたを昇天させるか考えてただけよ!」

キョン「でかい声で妙なことを言うんじゃない」

ハルヒ「口答えはいいからさっさと皆に伝えて来なさい! あたしは下駄箱で待ってるから!!」

キョン「……へいへい」

ハルヒ「……今からすることは言うんじゃないわよ!」

キョン「あーはいはい」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 09:57:49.89 ID:Bga/VcWl0

団室

キョン「とういうわけで今日は休みだ」

古泉「あなたはもう少し分別のある方だと思っていましたが、評価を改めなければならないようですね」

キョン「言うな。俺もわけがわからん」

朝比奈「うう……キョ、キョン君と涼宮さんが……ふ、ふ、二人で……はわわわ」

キョン「いや朝比奈さん、ない、無いですって。あれは売り言葉に買い言葉で流れ的につい」

古泉「でも今からそれをしに行くんですよね?」

キョン「お前は黙っていろ」

長門「…………」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 10:01:31.94 ID:Bga/VcWl0

包茎+童貞+キョン=ホウテイキョン

古泉「しかしこれはこれでチャンスかもしれませんね」

キョン「なんのだ」

古泉「以前から言っているでしょう? あなたには早々に涼宮さんと結ばれてほしいと。あるいはその覚悟を決めてほしいと」

キョン「さあな。言われたかそんなこと?」

古泉「忘れたとは言わせませんよ? まあ今回のことはあまりに急というか、順序をすっ飛ばしすぎですが。その経緯も問題といえば問題ですね」

キョン「お前のためにやってるわけじゃないがな」

古泉「それはもう。あなたが自主的にやってくれていることです」

キョン「嫌味な野郎だな」

古泉「んっふ」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 10:04:20.13 ID:Bga/VcWl0

古泉「ですがあえて言わせて戴きますよ。おめでとうございます、と」

キョン「めでたくもなんともねえよ」

古泉「いいではないですか。涼宮さんは容姿もスタイルも全校でもトップクラスなのですから。羨ましいかぎりです」

キョン「なら……」

古泉「代わる気はありませんがね」

キョン「…………」

みくる「キョ、キョン君!」

キョン「あ、はいなんですか朝比奈さん」

みくる「わ、私からも言わせてください! お、お、おめでとうございましゅ!」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 10:10:43.07 ID:Bga/VcWl0

キョン「いやおめでとうって……」

みくる「いえ、おめでたいんです。きっとこれでいいんですよ」

キョン「……俺とハルヒがこうなることがですか?」

みくる「勿論です! 涼宮さんは素直じゃないから……だからこれで、きっと……よ、よかったんですよぉ……」

キョン「本当にそう思ってるんですか?」

みくる「はい!」

キョン「未来側もそれでいいと?」

みくる「……はい! 私もこうなって嬉しいんです! う、嬉しくて……だから、その……ぐすっ……ふ、ふぅぅ」

キョン「え、あ、朝比奈さん?! なんで泣いて……」


209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 10:15:33.83 ID:Bga/VcWl0

みくる「え? な、泣いてなんて……あれ? おかしいですね……。私なんで泣いてるんでしょう?」

キョン「…………朝比奈さん」

みくる「ご、ごめんなさい……私、私……お、お幸せにぃ!!」

キョン「え、あ、朝比奈さん!」

バタン!!

キョン「なんで……」

古泉「言ったでしょう? あなたはご自分のことにてんで鈍いと」

キョン「古泉?」

古泉「朝比奈さんのことはおまかせ下さい。あなたは涼宮さんのことだけを考えていればいい」

キョン「んなこと言ったってな、お前……」

古泉「これは冗談ですが」

キョン「あ?」

古泉「埋めや増やせやしてもいいんですよ? バックアップは機関にお任せください」

キョン「おまっ、何を!」

古泉「冗談と言ったでしょう? では、報告を楽しみにしてますよ」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 10:19:05.29 ID:Bga/VcWl0

キョン「……なあ長門よ」

長門「……なに」

キョン「あれ、朝比奈さんの本心だったと思うか?」

長門「私にそれを知る術はない」

キョン「温度でわかるんじゃなかったのか」

長門「……朝比奈みくるのことは観察していないのでわからない」

キョン「そうか……」

長門「そう」

キョン「未来のことなんて、訊いても禁則で何も言えないはずだったのにな」

長門「……あなたは今からのことだけ考えればいい」

キョン「でもな、泣いてたんだぞ?」

長門「古泉一樹がなんとかする。こういう場合の彼の対処法は適切。それは信頼してもいい」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 10:23:06.09 ID:Bga/VcWl0

キョン「お前はどう思う。これでいいと思うか?」

長門「これで、とは?」

キョン「今から俺とハルヒがやろうとしていることだ。本当にハルヒが今日これからのことを望んでいるのか?」

長門「逆に質問する。あなたは何故これが涼宮ハルヒが望んだことだと考えているのか」

キョン「それは……あいつのへんてこな力がまた……」

長門「今回に限り、彼女の周りで特異な情報フレアは観測されていない」

キョン「つまり?」

長門「あくまで自然な出来事であるということ」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 10:33:35.10 ID:Bga/VcWl0

キョン「普通とは……」

長門「どこにでもいる男女のどこにでもある関係、と言える」

キョン「じゃあ……」

長門「自然の流れならば、その流れに任せてみるべき。下手な小細工は却って不安定な状況をもたらして危険」

キョン「それが情報統合思念体とやらの見解か?」

長門「情報統合思念体は今回の出来事を歓迎している」

長門「あなた達二人が結合しようとしまいと、その際に観測できるであろう情報フレアは非常に有益であるとの予測がなされている」

キョン「結合っていうな。生々しいから」

長門「けれどそれが……行為……の結果」

キョン「まあそうなるんだが。いや、そうならないようにはしたいと思うが……」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 10:39:45.70 ID:Bga/VcWl0

長門「何故。そうなることに抵抗はないはず」

キョン「あるに決まってるだろうが」

長門「……よくわからない。男性はそういう……行為……を、喜ぶものだと文献で知った」

キョン「その文献がどういうものか大いに知りたいところではあるな」

長門「この国によくあるもの」

キョン「ふうん? なあ長門」

キョン「お前はさ、俺とハルヒが仮にだぞ。仮にその、そういう結果になっちまったとして、どう思う」

長門「どうも思わない」

キョン「何か感じたりしないか?」

長門「……感じない。その必要がない」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 10:47:34.99 ID:Bga/VcWl0

長門「私は只のヒューマノイドインターフェイスにすぎない。涼宮ハルヒを観察するだけ」

長門「あなたの質問の意図も不明。現状では私の意見など必要としないはず」

キョン「まあ、そういわれりゃその通りなんだが……。なんというか不安でな、かなり」

長門「私にはあなたの不安を取り除くことは不可能。敵対的な外的要因からあなたを守ることはできても、あなたの心理的不安要素の排除はできない」

キョン「……そうでもないぞ?」

長門「どういうこと」

キョン「結構お前の一言に救われてきたからな、俺は」

キョン「背中を押してくれると言うか。お前が後ろに控えていてくれるってのもでかいがな」

長門「…………」

キョン「だが長門の言う通りだな。今回は自分で蒔いた種みたいだし、俺がなんとかするしかないんだよな」

キョン「すまんな長門、つい甘えちまった」

長門「……いい」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 10:54:11.38 ID:Bga/VcWl0

長門「もう行って。これ以上の時間の浪費は涼宮ハルヒに不審を抱かせる」

キョン「ああそうだな。はぁ、行くか」

キョン「じゃあ、また明日な、長門」

長門「…………」コクリ

キョン「…………お?」

キョン「長門……?」

長門「なに」

キョン「いやその……袖、俺の掴んでるぞ」

長門「…………誰が」

キョン「お前が」

長門「……これは私が意図したことではない」

キョン「いや、そうは言っても実際お前が掴んでるわけだが」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 11:10:10.76 ID:Bga/VcWl0

キョン「…………」

長門「…………」キュッ

キョン「懐かしいな」

長門「この状況のこと」

キョン「ああ、あっちの長門も……ああ、ハルヒが消えた時のだが」

キョン「その時のお前も、こうしてな。その時の上目遣いがなんともカワ……あ、いや、なんでもない」

長門「かわの続きは」

キョン「いや……」

長門「言って。中途半端は許されない」

キョン「……一回だけ言うぞ。可愛かった……と、思った」

長門「…………そう」

キョン「おう……」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 11:11:53.12 ID:Bga/VcWl0

さる食らうんで、雑談歓迎。モチベあがるしね! 俺が立てたスレじゃないし!
てか今猿だった

長門「腕を出して」

キョン「なんだいきなり」

長門「いいから」

キョン「? ……ほれ」

長門「カプッ)」

キョン「うおう!? な、長門?」

長門「あなたに不可視フィールドを張っておいた。この後涼宮ハルヒにも触れておいて。それで二人の監視は事実上不可能になる」

長門「我々は常に誰かの監視下にある。忘れないで」

長門「もう行って」ドンッ

キョン「お、おい長門」

長門「早く行って」グイグイ

キョン「わ、わかったから押すなって。じゃあな、長門。色々とすまんな」

長門「最後までフォローは、する」

パタン

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 11:13:56.05 ID:Bga/VcWl0

長門「まだ、エラーが残っていた……というの」

長門「違う。この心拍の高まりは只の不調。この体の不調」

長門「あとで調整しなくてはならない」

長門「そうすれば元に戻る。いつもと変わらず、彼らを監視する」

長門「そう、それだけ。それが私が存在する理由」

長門「……これは、ただのエラー。エラーにすぎない」

長門「……でも、もう少し。少しだけ」

長門「…………何故だか、気持ちが、いいから。これが心地いいことだと、私は知っている」

長門「痛いのは、ほんの少し……。これはきっと、彼女の感覚、だから」

長門「エラーの修復は、もう少し後で……」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 11:21:42.05 ID:Bga/VcWl0

キョン「待たせたな」

ハルヒ「待たせすぎなのよこの馬鹿キョン! あんた団活が休みって伝えるだけのことに何時間かけるつもりよ!!」

キョン「何時間もかけとらんだろうが。せいぜい十分だ」

ハルヒ「あたしを待たせるって事は同じ意味よ! 次回の罰ゲームはあんたに決定だからね!」

キョン「ああはいはいわかってるって」ポンポン

キョン「(これでいいのか? まあ長門の言うことだから信じても大丈夫だろうが)」

ハルヒ「?! な、ななな、なによあんた、なに気安く人の頭触ってんのよこの変態!」

キョン「気にするな、ちょっとしたまじないだ。だいたいこれからもっと凄いことしようって奴が、この程度で名に言ってやがる」

ハルヒ「っ! 物事には順序ってもんがあるのよ! キョンのくせに主導権握ろうとするんじゃないわよ!」

キョン「へいへい、すいませんでしたね」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 11:39:13.12 ID:Bga/VcWl0

キョン「で? その順序でいくとまずはなにをするんだ?」

ハルヒ「それはっ……」

キョン「その場所に着いてからか?」

ハルヒ「ふ、ふん! そうよ? その場所についてから手取り足取り教えてあげようじゃない!」

キョン「お手柔らかに」

ハルヒ「ま、まああんたは初めてだから? 今から準備しておくのもいいかもね! ほらっ」

キョン「? なんだ、その手は」

ハルヒ「つ、繋いであげるって言ってんのよ! いいから黙って握りなさいよ!」

キョン「……ここから始まってんのか」

ハルヒ「あんたの緊張をほぐしてやるって言ってんのよ!団長のありがたい心遣いでしょうが!!」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 11:42:43.35 ID:Bga/VcWl0

キョン「じゃあ、お言葉に甘えて」 ぎゅっ

ハルヒ「ッ!!」

キョン「…………」

ハルヒ「…………」

キョン「早く行かないか?」

ハルヒ「い、今行こうと思ってたとこよ! こ、これもプレイの一環……そ、そうよ、焦らしってやつよ!」

キョン「校門から焦らしとは随分気の長い話だな」

ハルヒ「黙りなさい! い、行くわよ!」

キョン「(もう他の奴らには見えてないのか? もし見られてたら相当恥ずかしいんだが……仕方ないか)」

キョン「(見られてないことを祈ろう。頼むぞ長門)」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 11:46:43.81 ID:Bga/VcWl0

古泉「ふむ、監視対象を逃したと?」

森「ええ、彼が涼宮さんの頭に触れたとたん、監視が不可能になりました」

古泉「長門さん……でしょうか?」

森「その可能性が高いわね」

古泉「気を利かせた、とみるべきでしょうか?」

森「そんなことをして彼女にメリットは? 情報の独占かしら」

古泉「いえ、恐らくですが彼女も監視はしないでしょう」

森「何故そう言えるのかしら?」

古泉「さあ? なんとなくです。どちらにせよ僕らに打つ手はありませんしね」

森「全く……仕方ないわね。撤収します」

古泉「んっふ。彼女もまた、SOS団の一員ですしね」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 11:53:34.82 ID:Bga/VcWl0

キョン「(気まずいな……)」テクテク

キョン「(さっきから一言も喋りやがらねえ)」

キョン「(かといってなにを話せばいいかもわからん)」

キョン「(どうしたもんかね)……はぁ」

ハルヒ「ピクッ)なによ、なにため息なんかついてるのよ。言いたいことがあるならはっきり言いなさい」

キョン「いや別に」

ハルヒ「なによ。今更怖気づいたって遅いんだからね!」

キョン「そういうことじゃなくてだな……」

ハルヒ「だったらなんだっていうのよ?」

キョン「その、な。お前の手、結構気持ちいいよな」

ハルヒ「バッ……!」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 11:58:36.04 ID:Bga/VcWl0

キョン「なんだかんだで女の子っぽいというか……小さくて柔らかいし、お前って結構体温高いのか? あったかいよな」

ハルヒ「キョッ、バッ、コッ……」

キョン「すまんが日本語で喋ってくれるか」

ハルヒ「この馬鹿キョン!!!」

キョン「ぐあっ! 耳元でいきなり叫ぶんじゃねえ!!」

ハルヒ「ああああああんたが変なこと言うからでしょうが!」

キョン「お前がなんか言えって言ったから答えただけだろうが!」

ハルヒ「……ッ! 手繋ぐの終わり! あんたは後ろ着いてきなさい!!」

キョン「なんだてっていうんだお前は」

ハルヒ「手が……そうよ! 手が汗ばんで気持ち悪いから終わりなのよ! ここまで繋いであげたことに感謝なさい!!」

キョン「ああ、ありがとうございました……(疲れるやっちゃ)」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 12:02:41.87 ID:Bga/VcWl0

キョン「で、だ」

ハルヒ「…………」

キョン「ここが目的地か?」

ハルヒ「そうよ。何か文句でもあるの?」

キョン「ここってさ……ラブホだよな」

ハルヒ「他にどう見えるのよ。一流料亭になんてどう考えても見えないじゃない」

キョン「まあそうなんだがな。……制服で入るのか?」

ハルヒ「それの何が悪いの」

キョン「普通そういうのって通報されたりしないか」

ハルヒ「平気でしょ。どうせこういうところは客さえくれば細かいとこは気にしないわよ。あ、入るわよ」

キョン「あ、ああ。(まあ長門の力があるから平気か)」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 12:07:22.21 ID:Bga/VcWl0

キョン「ふうん。中はこういう風になってるのか……」

キョン「結構部屋の種類もあるんだな」

ハルヒ「うろちょろするんじゃないわよ恥ずかしいわね」

キョン「ああ、すまんな」

ハルヒ「部屋は……うん、あったあった。ここに入りたかったのよね」 ピッ ガチャン

キョン「へえ、そうやって鍵が出てくるんだな。初めて知った」

ハルヒ「ふふん、あたしにぬかりはないわ。初めてはここがいいってちゃんと調べてきた……」

キョン「調べて?」

ハルヒ「……はっ、初めてのあんたにはこういうところでリードしてあげないとね!!」

キョン「……そりゃどうも」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 12:11:28.07 ID:Bga/VcWl0

キョン「エレベーターで他の客に出くわすってあるのか?」

ハルヒ「さあ……じゃなくて! だ、大丈夫よ! ホテルだってそれくらいの配慮はするわ!」

キョン「そうだといいな」

ハルヒ「そうに決まってるでしょ! ほら、着いたわよ。さっさと降りる!」

キョン「へいへい」

ハルヒ「部屋は……ここね。じゃあ入るわよ? いいわね?」

キョン「早くあけろ。廊下で他人に出くわしたくないもんでな。しかも制服で」

ハルヒ「ちょっとは緊張しなさいよ! あたしなんか……」

キョン「お前は? ちなみに俺は緊張で一杯一杯だが」

ハルヒ「なんでもないわよ!! 」 ガチャン

キョン「おお……」

ハルヒ「うわああ……」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 12:14:44.57 ID:Bga/VcWl0

キョン「なんというか……きらびやかだな」

ハルヒ「……そうね」

キョン「こういうのってあれか? お姫様の部屋みたいっていうのか?」

ハルヒ「まあ、そんな感じよね……」

キョン「お前こういう部屋が好きなのか」

ハルヒ「そうよ……って違うわよあんたに合わせて初心者用の可愛らしい部屋選んだだけよ!」

キョン「俺は別に可愛くなくてもいいんだが」

ハルヒ「あたしが……ッ。 なんでもないわよ!!」

キョン「お前はさっきから何を一人で切れてるんだ」

ハルヒ「切れてないわよ! あんたがくだらないことばっかり訊いてくるから怒ってるだけよ!」

キョン「それを切れてるというんだろうが」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 12:20:22.53 ID:Bga/VcWl0

キョン「え〜っと……」

ハルヒ「なによ」

キョン「いや……このあとどうすりゃいいんだと思ってな」

ハルヒ「あんたそんなことも知らないの?」

キョン「経験が無いって言っただろうが! 何度も言わせるな」

ハルヒ「へ、へえ〜そう。じゃあ約束どおりあたしが教えてあげるわよ」

キョン「……できるもんならな」

ハルヒ「何か言った?!」

キョン「何も。で、どうすればいい」

ハルヒ「そ、そうね、えーっと……。! そ、そうよ! まずはキョン! あそこに座りなさい!!」

キョン「あそこって……そのお姫様ベッドの上にか」

ハルヒ「そうよ! あ、靴は脱ぎなさいよね。汚いんだから」

キョン「なんか映画のワンセットみたいだな。回転しそうだぜ」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 12:33:54.46 ID:Bga/VcWl0

キョン「どれ……おお、なんだこれものすごい柔らかいぞ」

ハルヒ「え、そうなの? ちょっと私にも座らせなさいよ」

キョン「お前は来たことあるんじゃないのか」

ハルヒ「ッ!? こ、この部屋は初めてなのよ! いいからそっちつめなさい!」

キョン「全く……」

ハルヒ「どれどれ? お、きゃっ! あはは! 凄いじゃないこれ、ほんとに柔らかいわ! う〜ん、うちにもほしいわねこれ。もって帰ろうかしら」

キョン「できるわけなかろうが。お前の部屋はどんだけ広いんだ」

ハルヒ「いずれ世界を統べればこれくらい楽勝よ! う〜ん、気持ちいい〜」ゴロン

キョン「いつからSOS団は世界を統べる組織になったのやら……うおっ!!」

ハルヒ「? 何よキョン」

キョン「(パンツが……水色の縞かよ)なんでもない」

ハルヒ「なんでもないならなんで……あ! あんた見たわね!」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 12:39:04.38 ID:Bga/VcWl0

キョン「ち、違う見えたんだ!」

ハルヒ「同じことよ! なに勝手に見てんのよこの変態!」

キョン「変態じゃねえ! ていうか今更何言ってやがる、男子の前で散々着替えてきただろうが!」

ハルヒ「そ、それとこれとは違うわよ!」

キョン「どう違うんだよ! 大体経験豊富なくせにパンツ見えたくらいで騒ぐな!!」

ハルヒ「開き直ってるんじゃないわよ馬鹿キョン! そ、それに言ったじゃないの、順序があるって!」

ハルヒ「いきなりあんたにパンツ見せたら理性が外れて襲い掛かってくるからあとで見せるつもりだったのよ!」

キョン「パンツごときで野獣になるか! 決め付けるんじゃねえ!」

ハルヒ「あたしのパンツがごときですって?! 言ってくれるじゃない!! だったらもっとじっくり見せてやるわよ!」バッ!

キョン「おまっ!」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 12:46:48.71 ID:Bga/VcWl0

キョン「なにスカート捲り上げてやがる! 下ろせ!」

ハルヒ「ふっふ〜ん? なあに? キョンってば。パンツごときとか言ってたくせに、いざそれを目の前にして腰がひけたのかしら?」

キョン「ち、違う!」

ハルヒ「違うなら見てみなさいよ。ほらほら、ただしまだ見るだけなんだからね? 触ったらぶち殺すわよ」

キョン「くっこの……上等だ。見てやろうじゃねえか! 動くんじゃねえぞ!」

キョン「…………ゴクリ」

ハルヒ「…………ン……」

キョン「変な声あげるな!」

ハルヒ「あんたこそ生唾飲む音響かせるんじゃないわよ! 大体なんでそんな近いのよ!」

キョン「お前がじっくり見ろって言ったんだろうが!」

ハルヒ「あんたの息が当たってなんだかくすぐったいのよ! どうしてくれんのよ!!」 ガスッ!!

キョン「グハッ!!」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 13:13:27.39 ID:Bga/VcWl0

キョン「いきなり顎を蹴るとはどういう了見だおい!」

ハルヒ「ううううううっさいわね! いいからあんたはさっさとシャワー浴びてきなさいよ! さっさと行け!!」

キョン「いてっ、こらっ、物を投げるな! わかった、行くから!」

ハルヒ「なら早く行きなさいのろま!!!」

キョン「覚えてろよ!」

ガチャ バタン

ハルヒ「はぁはぁ……ああもう! キョンのくせにキョンのくせにキョンのくせにいいいい!!」

ハルヒ「あたしをドキドキさせるなんて何様のつもりよ!」

ハルヒ「……なんでスカート捲り上げたのよあたしは!」

ハルヒ「息、あったかくてくすぐったいのよ……馬鹿キョン」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 13:17:10.96 ID:Bga/VcWl0

キョン「いてえ……。クソ、ハルヒの奴、いきなり蹴りやがって……」

キョン「あいつから見ろといったくせに、なんなんだ一体」

キョン「……あんなにマジマジと女性のパンツを見たのは初めてだ……」

キョン「とりあえずシャワー……浴びなきゃ駄目なのか? 面倒なことになりすぎだ」

キョン「なんで風呂場が前面鏡張りなんだここは……」

キョン「妙に気恥ずかしい」

キョン「…………」

キョン「あいつ、なんかいい匂いしたな……」

キョン「ってそうじゃないだろうが!! あほか俺はアホかああああ!!!」ガンガン

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 13:22:32.88 ID:Bga/VcWl0

飯行ってタンスよ

(ガンガン)

ハルヒ「ん? うるさいわね……絶対キョンだわ。何をしてるのよあいつは」

ハルヒ「どうしてこんなことになっちゃったのかしら」

ハルヒ「なんでキョンとラブホテルなんかに……」

ハルヒ「……あたしのせいね。売り言葉に買い言葉で、こんなことになるなんて」

ハルヒ「ああ、もう! なんで正直に言わなかったのよあたしの馬鹿! 経験なんてあるわけ無いじゃない!」

ハルヒ「でもそのお陰でキョンと……」

ハルヒ「ハッ! いや、別にッ!キョンとかどうでもいいんだけど! ま、まああれよ! 団長たるものセックスの経験くらいしておかないと!」

ハルヒ「そうじゃないと他の団員に示しがつかないもの! そう、キョンを相手に選んだのはたまたまよ、たまたま! 別にキョン以外の誰かだって……誰かだって……」

ハルヒ「…………」

ハルヒ「やっぱり……キョンでよかったのかしら……」

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 13:29:52.14 ID:Bga/VcWl0

ハルヒ「いや別にキョンじゃなきゃやだとかいいとか好きとかじゃなくて」

ハルヒ「へ? え? 好き? ……まさか! 違う違う! キョンのことなんか好きじゃないんだから! そ、そうよ! あたしはそんな精神病はもう卒業したんだから!」

ハルヒ「キョンがあたしを先に好きになるべきであって、あたしから先に好きになってちゃ駄目なのよ!」

ハルヒ「は? あ、違う違う! あたしは別に好きになる必要なんか……必要なんかないのよ!」

ハルヒ「でもキョンが好きになってくれるなら……あああこれも違う! これじゃ好きになってもらったら嬉しいみたいじゃないの!」

ハルヒ「もう分けわかんないんだから! 考えるのはやめやめ! 今から……そう、今からのことを考えるのよ!」

ハルヒ「今から……今からキョンと……」

ハルヒ「カァァァァァァ)ッ!!」 バフバフッ!! ゴロゴロゴロゴロ!!

 カシャン

ハルヒ「ん? 今何か落ちたわね。……何かのボタン?」

ポチ

ハルヒ「ひあっ……!!」

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 13:33:14.29 ID:Bga/VcWl0

ハルヒ「きゃあああああああ!!」 グルン!

ハルヒ「え? え? 何今の? 今鏡の向こうが透けてキョンが……裸のキョンの……」

ハルヒ「マジック、ミラー?」

ハルヒ「…………」チラッ

ハルヒ「ッ! ッ! ッ!」

ハルヒ「あ、あ、あ、お、おち、おち……キョンの……キョンのおおおお!!」

ハルヒ「やあああ! 駄目、無理! もう駄目ええええ!!」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 13:36:31.44 ID:Bga/VcWl0

キョン「静まれ、鎮まれ俺とリトル俺」

キョン「このままでは本当にハルヒと……」

キョン「ああ! なんで膨らむんだこん畜生!」

キョン「駄目だ、もう考えがまとまらん。このまま流れに任せるしかないのか……」

キョン「いや、それが一番楽か。もう何をするにもまともに考えられん」

キョン「……出よう」

キョン「どうすればいいんだ。タオルを巻くべきか。それともパンツとシャツでいくべきか……」

キョン「いや、流石にタオル一枚はやる気まんまんに見えてちょっとな……」

キョン「パンツとシャツでいいか……」

ガチャ

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 13:39:45.95 ID:Bga/VcWl0

ガチャ

ハルヒ「ビクッ)あ……」

キョン「あがったぞ……」

ハルヒ「そ、そぉ……じゃあ次あたしはいるからあんた適当に待ってて」スタスタ

キョン「お、おお。なあハルヒ」

ハルヒ「何も言わないで。いいから黙ってて」

キョン「え……」

ハルヒ「それとあんたそこらへんのボタンいじるんじゃないわよ! 絶対よ! いじった痕跡があったら警察呼ぶからね!!」

ガチャ バッターン!

キョン「ボタンだと?」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 13:46:42.50 ID:Bga/VcWl0

キョン「これか……」

キョン「ご丁寧に髪の毛で巻いてあるな。使ったらすぐわかるって寸法か」

キョン「一体なんのボタンだ? お、部屋の設備の取り説が」

キョン「マジックミラー……。あいつ、見たな」

キョン「見られた、のか? お、俺のビッグになったリトル俺をみられたってのか……」

キョン「トラウマになりそうだぜ……。いや、すでにこの状況がトラウマ級だが」

キョン「どうすれば……この後本気でどうすればいいんだ」

キョン「あいつが処女だってことを知ってるって言えばいいのか。いやだがどうやって?」

キョン「長門が宇宙人とか古泉や朝比奈さんのことも言うのか? 俺がジョン・スミスだって言えば信じるだろうが……」

キョン「こんなしょうもないことに切り札を使えるわけがないだろうが!」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 13:50:59.00 ID:Bga/VcWl0

ハルヒ「キョンの……おっきかった……」

ハルヒ「おっきかったおっきかったおっきかった……」

ハルヒ「あ、あんなものどうしたらいいのよ……ていうか本当に入るの? キョンが言ってたこと本当だったんだ……」

ハルヒ「おっきくて……びっくりしたわよ。っていうかあれって包茎じゃないのかしら? そもそも包茎ってなんなのよ」

ハルヒ「こんなことならもっとあっちの勉強しておくんだったわ……」

ハルヒ「はっ! あ、あたし臭くないかしら? 緊張して汗くさかったらキョンに嫌われ……」

ハルヒ「だから違う! 嫌われるとかじゃなくて匂いとかあたしのプライドが許さないだけよ!」

ハルヒ「毛、毛は大丈夫よね……腋は、よし。腕も足も、よし」

ハルヒ「こ、ここは……? これって普通なのかしら……」

ハルヒ「キョン、引かないわよね?」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 13:54:55.74 ID:Bga/VcWl0

ハルヒ「う、いいえ! 引かせないわ! 絶対に引かせないんだから!」

ハルヒ「ちゃ、ちゃんとあたしの素晴らしさを隅々まで見せ付けて……見せつけ……すみずみ……」

ハルヒ「わああああああああああん!!!」 ガンガン

(ガンガン)

キョン「なんだ? うるさいなハルヒの奴」

キョン「あいつも緊張してるってこったろうが……っていうか俺はこのままベッドに座ってりゃいいのか? ……わからん」

ガチャ

キョン「ビクッ)」

ハルヒ「お、おまたせ……」

キョン「ははははやかったなああ?」

ハルヒ「そ、そうかしら? 別に普通よ?」

キョン「そ、そそ、そうか」

ハルヒ「っそそ、そうなのよ」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 14:16:07.83 ID:Bga/VcWl0

さるくらった

キョン「えっと……」

ハルヒ「な、何よ、何背中向けてるのよ。こっち見なさいよ……」

キョン「い、いいのか?」

ハルヒ「あたしが見ろって言えば見ていいのよ!!」

キョン「あ、ああ、じゃあ……」クルン

キョン「ぶっ……!」

ハルヒ「なに吹いてんのよ! ちゃんと見なさいよ!」

キョン「だ、だっておま、お前、何でタオル一枚なんだよ!」

ハルヒ「お風呂上りはいっつもこうなのよ! そ、それにこういう場所ではこれが普通なんでしょ?! あんたがおかしいのよ!」

キョン「そんなことは知らん! そんな普通は聞いたこともないわ!」

ハルヒ「え? あ、そうなの……? っじゃなくて、これが普通なのよ! マジマジと見つめるんじゃないわよ!!」

キョン「お前が見ろといったんだろうが!」

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 14:22:41.44 ID:Bga/VcWl0

ハルヒ「うるさいうるさいこの馬鹿キョン! 口答えするんじゃないわよ!」

キョン「!いい加減にしろよハルヒ!」 ドンッ!

ハルヒ「きゃっ……!」ドサッ

キョン「お前はなんでもかんでも自分勝手すぎるんだよ!」

ハルヒ「な、なによ……」

キョン「見るなって言ったり見ろっていったり、黙れといったり何か言えと言ったり……」

ハルヒ「あ、あんたが……」

キョン「俺がなんだっていうんだ!」

ハルヒ「あんたがヤラシイ目で見るのが悪いのよ!」

キョン「そうさせてんのはお前だろうが!」

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 14:27:43.42 ID:Bga/VcWl0

ハルヒ「あたしのせいだっていうの?!」

キョン「事実そうだって言ってんだろうが!!」

ハルヒ「あんたがやらしいのはあんたのせいでしょうが!」

キョン「俺がそうなるのはお前がそういう格好をしてるからだろ!」

ハルヒ「あ、あたしの格好の何が悪いのよ!」

キョン「おまえにそんな格好されたら我慢できるわけないだろうが! 俺だって男なんだよ!」

ハルヒ「は? え?」

キョン「お前は自分の容姿に自覚持ってんだろうが! だったらそれを見た男がどういう反応するかぐらい考えやがれ!」

ハルヒ「あ、あたしの容姿って……あ、あんたはどう思ってんのよ!」

キョン「可愛いとおもってるに決まってんだろうが!!」

ハルヒ「え……」

キョン「あ……」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 14:32:32.45 ID:Bga/VcWl0

ハルヒ「…………」

キョン「…………」

ハルヒ「……ねえ」

キョン「すまん」

ハルヒ「なんで謝るのよ」

キョン「いや、なんとなくだな……」

ハルヒ「だからあんたはキョンなのよ」

キョン「面目ない」

ハルヒ「全く……ん」

キョン「? 何だその手は」

ハルヒ「引っ張って起こしてよ」

キョン「あ、ああ」グイッ

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 14:37:30.44 ID:Bga/VcWl0

ハルヒ「しょっと……」ハラリ……

キョン「あ」

ハルヒ「あ」

ハルヒ「ッ!!! み、見たわね!!」

キョン「い、いや、見たこともないことはないが見てなくもないな!!」

ハルヒ「見てないわけ無いでしょ馬鹿キョン! このッ!!」 グッ

キョン「うおお! ぼ、暴力はよさんかハルヒ!! ……! ……?」チラッ

キョン「……殴らない、のか?」

ハルヒ「こ、今回だけよ。感謝なさい……。だ、誰にも見せたことなかったんだから……」

キョン「……俺が初めてか?」

ハルヒ「そ……あ、ち、違う! あんたなんか百人目よ!! そうよ! 記念すべき百人目のあたしの胸を見た男よ! だから感謝しろっていってんのよ!!」

キョン「…………」

ハルヒ「何よその目は!!」

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 14:39:40.44 ID:Bga/VcWl0

ID:pX4xOMgK0
宣伝嵐だって?

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 14:45:05.29 ID:Bga/VcWl0

キョン「なあハルヒよ」

ハルヒ「な、なによ!」

キョン「もう止めようぜ」

ハルヒ「こ、ここまできて怖気づいたわけ? あんたって相当のへたれね!」

キョン「そうじゃない。嘘をやめようといっとるんだ俺は」

ハルヒ「だ、誰が嘘をついてるっていうのよ……」

キョン「わかってるだろ? 自分でも無理があるってことが」

ハルヒ「わかんないわよ!」

キョン「そうか?」 スッ ピタ

ハルヒ「ビクンッ)ひゃっ……!」

キョン「な?」

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 14:49:50.29 ID:Bga/VcWl0

ハルヒ「なってなによ……」

キョン「少しほっぺたに触れただけで、経験豊富な女が目を瞑って驚くか?」

ハルヒ「そ、それは……あんたがいきなり触ったから……!」

キョン「じゃあもう一回ゆっくり触るか?」

ハルヒ「や、やってみなさいよ!」

キョン「…………」スッ サワサワ

ハルヒ「プルプル)……くぅ……」

キョン「震えてるぞ、ハルヒよ」

391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 15:41:25.25 ID:Bga/VcWl0

ハルヒ「震えてなんかないわよ!」

キョン「そうか? ……顔真っ赤だぞ」

ハルヒ「ッ! 見るんじゃないわよ馬鹿キョン!」 バッ

キョン「隠さなくてもいいだろうが……」

ハルヒ「ううぅ〜……。見るなって言ってんのよ……」

キョン「ハルヒ、俺の手を握ってみろ」

ハルヒ「? なんで……」

キョン「いいから、ほれ」 きゅっ

ハルヒ「え、あ……」

キョン「な? わかるか?」

ハルヒ「うん……あんたも震えてるじゃないの……」

キョン「まあ、恥ずかしながらな」

ハルヒ「だっらしないわねぇ」

キョン「お前が言うな」

ハルヒ「ふふっ」

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 15:51:15.46 ID:Bga/VcWl0

キョン「俺だってな、そういうお前を前にして恥ずかしいし緊張してるしどうしていいかわからん」

ハルヒ「そうは見えないけど」

キョン「日ごろ培われた自制心ってやつだ。お前のおかげでもあるがな」

ハルヒ「あたしの? まあ、団長としてあんたを育ててはきたけどね!」

キョン「その格好で胸をはるな! またタオルが落ちるだろうが」

ハルヒ「あんた人を褒めて胸を見ようとするなんて最低ね!」

キョン「違うだろうが! 別に見たくてほめたわけじゃない!」

ハルヒ「あら、もう見たくないの?」

キョン「うっ……それは……まあ別だ」

ハルヒ「……スケベ」

キョン「なんとでも言え……」

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 15:57:11.89 ID:Bga/VcWl0

キョン「とにかくだ。もう自分が経験豊富だなんて嘘はやめろ。お前を貶めるだけだ」

ハルヒ「なんで嘘って決め付けてるのよ。あたしがヴァージンだって証拠でもあるっていうの?」

キョン「それは……(長門から聞いたなんて言えんしな)ない」

ハルヒ「ないならなんで……!」

キョン「俺が、お前という人間を知ってるからだ」

ハルヒ「え?」

キョン「俺がお前とどれだけの時間を過ごしてきたとおもっとるんだ」

キョン「自慢じゃないが、お前とは学校中の誰よりも長い時間一緒にすごしてきたんだぞ?」

キョン「俺がただお前と一緒にいるだけだと思ったか?」

キョン「ちゃんとお前のことを見てきたつもりだ、ハルヒ」

403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 16:01:51.82 ID:Bga/VcWl0

ハルヒ「み、み、見てきたってあんた……ストーカーだったの!?」

キョン「どうしてそうなる! お前という人間が知りたかったからだ! いやらしい意味じゃない!」

ハルヒ「冗談よ……。っていうか恥ずかしいことを恥ずかしい格好で真顔で言わないでよね……」

キョン「格好はお互い様だ。恥ずかしい台詞だってことも自覚しとる」

ハルヒ「……その恥ずかしいキョンは、あたしを見てどういう人間だと思ったのかしら?」

キョン「そうだな。まず外見だが……はっきりいってそこらの女じゃ太刀打ちできんくらいの容姿だよな」

ハルヒ「それは自覚してるわよ。あんたがそういうこと言うのって初めてよね」

キョン「今まではそれを口にしたら負けのような気がしてな」

ハルヒ「ふぅん……まあいいわ。他には? 容姿以外で」

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 16:05:24.61 ID:Bga/VcWl0

キョン「性格は最悪だな」

ハルヒ「ふんッ!」 ドスッ!!

キョン「ぐほっ……!」

ハルヒ「あんた今この雰囲気でそういうこと言う?!」

キョン「そ……そういうところが……駄目なんだお前は」

ハルヒ「どういうところよ!」

キョン「話を最後まで聞かないで突っ走るところだ……」

キョン「まあ言ったところで聞かないというのもわかったが……」

ハルヒ「あっ、あんた達がぐずぐずしてるからあたしが率先して色々やってんじゃないの!」

キョン「ものは言い様ってか」

ハルヒ「あんですって?!」

キョン「なんでもないです」 

409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 16:10:28.00 ID:Bga/VcWl0

キョン「まあ、お前の自己中なところに惹かれてたってのも事実ではある」

ハルヒ「なんかひっかかる言い方するわね、あんた」

キョン「まあ聞け。わかってるかもしれんが俺は優柔不断なところがあるからな。まっすぐ自分のしたいことをするお前が眩しかったかもしれん」

ハルヒ「ふ、ふん。しれん、じゃなくて眩しかったんでしょ? 正直に言いなさいよ」

キョン「そうだな、眩しかった」

ハルヒ「ッ! あ、あんた恥ずかしいのよキョン! キョンのくせに! キョンだから!」

キョン「ああ、恥ずかしい格好してるから、今更なにも恥ずかしくなくなったからな。だから正直に話せるぞ?」



412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 16:15:53.87 ID:Bga/VcWl0

キョン「なあハルヒ、手を握っていいか」

ハルヒ「はあ? あんたいきなり何言って……」

ぎゅっ

ハルヒ「ちょ、ちょっと! 誰が握っていいなんて……」

キョン「なんかお前が逃げちまいそうでな。こうしておきたかったんだ」

ハルヒ「に、逃げたりなんか……まあ、あんたがそうしたいっていうなら別に……握ってればいいじゃない……の」

キョン「じゃあ握ってるさ。それでなハルヒ。おまえはかなり意地っ張りだよな」

ハルヒ「そんなこと……」

キョン「そんでかなりの負けず嫌いだ。そして見栄っ張りだ」

ハルヒ「負けるのは嫌いよ。だから勝負は勝つまでやらなきゃ駄目なのよ……。見栄は……あたしは見栄なんて張らなくたって別に……」

キョン「ははっ、そういうところが見栄っぱりで負けず嫌いっていうんだ。違うか?」

ハルヒ「ち、違うわよ! 何優しげな目でみつめてんのよキョンのくせに!」

455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 17:23:31.01 ID:cc8SiZAI0

キョン「今回のことは俺が悪かったんだよな。お前のことちゃんとわかってるつもりだったのに、売り言葉買い言葉で引けなくなっちまった」

ハルヒ「うぅ〜。決め付けてんじゃないわよ……」

キョン「だけどなハルヒ。さっきお前が震えたとき気付いたよ。やっぱりこのままその……続けるのはまずいってな」

キョン「こういうのはさ、勢いっていうか、やっぱ喧嘩の延長でするもんじゃないってな」

キョン「だから、な? お互い素直に……っていうか俺は最初から経験が無いってばらしてたが。お前も……」

ハルヒ「ねえキョン」

キョン「ん? なんだ」

ハルヒ「あたしが負けず嫌いだって言ったわよね」

キョン「ああ。そうだろ」

ハルヒ「そうよ。だから今もそうなの」

キョン「何が……」

ハルヒ「だからあんたに言われっぱなしって言うのが我慢できないの」

キョン「お前は何を言ってるんだ」

459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 17:27:12.34 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「あんたはあたしのことを知ってる。ちゃんと見てたって言ったわね」

キョン「言ったが」

ハルヒ「あたしだってちゃんとキョンのこと見てたし知ってたんだからね! 知ったんだから!」

キョン「何を……」

ハルヒ「いっつもみくるちゃんの胸ばっかり見てた」

キョン「うっ」

ハルヒ「有希には妙に優しくて、そのくせ困ったらなんかいっつもこそこそ相談してた」

キョン「それは……」

ハルヒ「古泉くんのことはうっとうしそうにしてたくせに、目で合図してなんかわかりあってたじゃない!」

キョン「目でわかりあったとか気持ち悪いこと言うな」

ハルヒ「いやだって言いながらあたしの言うこともちゃんと聞いてくれてたわ」

ハルヒ「孤島に行ったときも、あたしのこと守ろうとしたわよね」

ハルヒ「みくるちゃんのことで口論になった時だって、結局キョンから折れてくれたわ」

460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 17:28:25.84 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「……今だから言うけど、ほんとは結構……きつかったんだからね」

キョン「何がだ」

ハルヒ「キョンが口きいてくれなかたことよ!」

ハルヒ「あたしは……あたしは自分から謝るとか苦手だから、キョンから声をかけてくれてほっとしたのよ……」

キョン「そうだったのか」

ハルヒ「そうよ! あんたこれ皆に言ったら死刑よ!」

キョン「言わん。誓って俺の心にしまっておく」

ハルヒ「ほんとに? そのにやけ面信用できないんだけど」

キョン「ん? ああ、嬉しくてな。ついにやけただけだ」

ハルヒ「はあ? きもいわよ」

キョン「そう言うな。お前がそうやって正直に弱音を吐いてくれたことが嬉しかったんだからな。勿体無くて他の奴らには教えられん」

ハルヒ「ばっ、バッカじゃないの……ほんと馬鹿キョンよ」

キョン「ああ、馬鹿かもな」

461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 17:29:12.47 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「……それで、あんたは」

キョン「おう」

ハルヒ「キョンは、結局あたしに優しいから、甘やかすから、ついあたしも調子に乗っちゃうのよ……」

キョン「お前の暴走は俺のせいか」

ハルヒ「そうよ! あんたが優しいから悪いのよ! だから安心してあたしは馬鹿なことしちゃうのよ! 責任取りなさい!!」

キョン「理不尽だな」

ハルヒ「わかってるでしょ! あたしはこういう女なの! 理不尽で自己中でわがままで……い、意地っ張りなのよ!」

キョン「知ってるさ、ハルヒ」

ハルヒ「なんで余裕の顔なのよ! むかつくのよキョンのくせに!」

キョン「仕方ないだろ。もうわかっちまったんだから」

ハルヒ「だったら……だったら! 言いなさいよ! ちゃんと言ってくれなきゃあたしは素直になれないんだから!」

キョン「意地っ張りで負けず嫌いだからな」

ハルヒ「そうよ!」

463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 17:30:54.68 ID:cc8SiZAI0

キョン「まあ、そういう性格に関わらず、こういうのは男からって相場が決まってるもんだ」

キョン「ハルヒ、俺はお前のことを信じてるぞ。そしてな、お前のそういう難しい性格も破天荒な行動も全部含めて、お前が好きだ」

ハルヒ「だからあんたは言い方に含みがあるのよ!」

キョン「今更こういう性格は変えられんな」

ハルヒ「シンプルにいいなさいよ! 回りくどいのは好きじゃないのよあたしは!」

キョン「好きだハルヒ。お前はどうだ?」

ハルヒ「ッ! あ、あた、あたしは……」

キョン「はっきりするのがお前の信条だろ?」

ハルヒ「……っ! す、好きよ! キョンが好きよ! 悪い? 悪かったわね! あたしがあんたを好きで何か文句あるの?!」

キョン「なんでけんか腰なんだ……」

ハルヒ「す、好き! キョンが好き! 大好き! も、文句なんて言わせないんだから! あたしがあんたを好きなことは天地がひっくり返っても     変わらないんだから!」

ハルヒ「キョンが隣にいてくれなきゃ、いやなのよ!!」

ハルヒ「はぁっ……はぁっ……。う……ふぅ……好き、なんだからぁ……キョン……」

467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 17:33:26.41 ID:cc8SiZAI0

キョン「信じるって言っただろうが」

ハルヒ「じゃあ……じゃあ……」

キョン「両思いだ、ハルヒ。ちゃんと隣にいてやる。いや、いさせてくれるか、団長?」

ハルヒ「あ、当たり前よ……! キョンは平団員その1なんだから! SOS団の最初の団員なんだから! ずっとあたしの隣にいなきゃ駄目なん    だから!」

キョン「約束するさ。ずっとお前の隣にいるってな」

ハルヒ「うぅ、キョン! キョン!!」 ガバッ

キョン「おっと……!」

ハルヒ「……命令よ! ちゃんとあたしをギュって抱きしめなさい! いいって言うまでずっと抱きしめてなきゃ死刑よ!!」

キョン「はいはい、団長様」

ぎゅ……

471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 17:47:54.01 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「……もっと」

キョン「……」ぎゅうっ

ハルヒ「ん……も……っと……」

キョン「……」ぎゅううう

ハルヒ「もっともっと……ぎゅって……」

キョン「苦しくないのか?」

ハルヒ「……苦しいくらいが、いい。苦しいくらいじゃないと……キョンが感じられないでしょ……」

キョン「そ、そうか? じゃあ」 ぐぎゅうううううううううう

ハルヒ「くっ……あっ……」

キョン「あ、す、すまん! 締めすぎだったな!」 ぱっ

ハルヒ「いいって……言ってるのよ。馬鹿キョン」 ぎゅううううう

キョン「くおお……」

474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 17:58:58.21 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「な、なに死にそうな豚みたいな声出してんのよ! びっくりするじゃないの!」

キョン「お前が悪い……」

ハルヒ「なんであたしが」

キョン「お前が胸を押し付けるのが悪い」

ハルヒ「あっ!」 バッ

キョン「気付いた途端離れるなよ。ちょっとショックだったぞ」

ハルヒ「うるさい変態! あまりにも気持ちよくて忘れてたのよ!」

キョン「気持ちよかったのか」

ハルヒ「きっ! もちよく、なんか!!」

キョン「俺は幸せだったがな」

ハルヒ「っっっ! あ、あたしだって幸せだったわよ! 悪い?!」

キョン「いや、お互い幸せなら悪いことなんてないだろう?」

ハルヒ「ま、まあそうだけど……。なんか釈然としないわね」

キョン「ハルヒ、もう一回」

ハルヒ「……ん」ぎゅう……

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:02:48.36 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「あ……」

キョン「ん? どうした」

ハルヒ「ちょっと待って。キョンは後ろ向いてなさいよ」

キョン「? ああ」

ごそごそ

キョン「もういいか?」

ハルヒ「ん、もうちょっと……っと。いいわよ」

キョン「なんだったんだ? ……それは」

ハルヒ「ちょうどそこにゴムがあったからね。どう? 本当はもっと長いほうが似合ったんだろうけど」

キョン「やっぱりお前は最高に似合うな、ポニーテール」

ハルヒ「そうかしら? ……だったら、これはキョンと二人っきりの時だけするようにしようかしら」

キョン「どうしてだ? 俺は他の奴にも見せびらかしたい気持ちで一杯なんだが」

ハルヒ「あ、あんたが特別ってことよ! わかりなさいよそれくらい!」

482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:06:43.04 ID:cc8SiZAI0

キョン「……特別か」

ハルヒ「特別よ……」

キョン・ハルヒ「…………」

ハルヒ「ねえ、キョン」

キョン「ん?」

ハルヒ「あの……その、ね?」

キョン「なんだ? 言ってみろ。できることはかなえてやりたいから」

ハルヒ「じゃ、じゃあ言うけど!」

ハルヒ「キョンはあたしにとって特別なのよ」

キョン「……おう」

ハルヒ「……あんたにとってあたしはどうなの?」

キョン「そりゃもう特別すぎるくらい特別だ」

ハルヒ「だ! ……だったら、その、頂戴……」

キョン「何をだ」

ハルヒ「……特別の、証、とか……」

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:12:16.97 ID:cc8SiZAI0

キョン「証って……」

ハルヒ「りょ、両想いよね、あたし達」

キョン「お、おう、そうだな」

ハルヒ「それって、こ、恋人ってことよね!」

キョン「そうなるな」

ハルヒ「なら……なら! 恋人ならあれするでしょ当然! あれが証なのよ!」

キョン「キス……か?」

ハルヒ「コクコク)……!!」

キョン「ハルヒ、こっち来いよ」

ハルヒ「うん……」

キョン「目、つぶれよ」

489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:16:57.47 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「ん……」

キョン「ゴクリ……」そ〜

ハルヒ「ちょっとまって!!」

キョン「うおっ! なんだいきなり!」

ハルヒ「待って、心の準備をさせなさい」

キョン「心の準備ってお前……」

ハルヒ「仕方ないでしょ! 初めてなんだから! キスだってしたことないわよ!」

キョン「え?」

ハルヒ「何その反応……あんたまさか」

キョン「いやまて違う! 俺だってそうだ!」

ハルヒ「嘘ね。あんた今嘘ついたわ。わかるっていったでしょ? 正直に言わないと踏み潰すわよ」

キョン「何を?! いや待て足を振り上げるな! わかった、言うから!」

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:20:40.66 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「言いなさい、誰としたのか。みくるちゃん? 有希? それともまさか……こ、古泉君?」

キョン「なんで団員限定なんだ。……笑うなよ?」

ハルヒ「笑うような相手なの?」

キョン「いや、状況がだ。……夢の中だ」

ハルヒ「はぁ?」

キョン「夢の中でした(ということにしておこう)」

ハルヒ「……誰と」

キョン「……ハルヒと」

ハルヒ「…………」

ハルヒ「あっそ……。ふ、ふぅん? あ、あんたもだったんだ……」

キョン「え? なんだって?」

ハルヒ「なんでもないわよ馬鹿キョン! それくらいなら許してあげるから感謝しなさい!」

498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:30:52.19 ID:cc8SiZAI0

パンツは履いたほうがいいんじゃないかな


キョン「ありがとうございます」

ハルヒ「じゃあ、ちゃんとあたしにキスしなさい。夢じゃなくて本物のあたしに」

キョン「そうするさ」

ハルヒ「あ、待って」

キョン「今度はなんだ」

ハルヒ「その、いきなり唇とかじゃなくて……あの、最初はおでこ、とか……」

キョン「かまわんが……何かこだわりでもあるのか」

ハルヒ「ちょっとこわ……あっ、ちがっあのね! そう、順番よ! 順序なのよ! キスも順序よくしなきゃ駄目なの!」

キョン「そうなのか」

ハルヒ「あたしがそうといったらそうなのよ! だから最初はおでこにしなさい!」

キョン「わかった」

503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:34:54.33 ID:cc8SiZAI0

キョン「いくぞ……」

ハルヒ「き、きなさい!」

キョン「雰囲気でないな……」

ハルヒ「な、何よ! あたしのせいだって言うの!?」

キョン「いや、ハルヒらしいがな」

ハルヒ「だ、だったら早く……」

ちゅ……

ハルヒ「はや……あ、ん……」

ちゅ ちゅぅ

ハルヒ「くぅ……ん……」

キョン「次は……?」

ハルヒ「ほ……ほっぺに……」

ちゅぅ

ハルヒ「く……ひぃん……」

504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:35:56.51 ID:cc8SiZAI0

エロありか無しか
安価>>509

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/11(水) 18:37:09.57 ID:PeEW2XK1P

ありありありありありありあり!

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:37:30.34 ID:cc8SiZAI0

>>509
i got it

515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:42:45.39 ID:cc8SiZAI0

キョン「……次は?」

ハルヒ「……く……」

ハルヒ「クチ……び……」

くちゅう……!

ハルヒ「ふむぅ……!! ん……ぷぁ……らぁ……」

ちゅ……くちゅ……

ハルヒ「やぁ……ら……えぇ……」

キョン「ぷはっ……はぁ! はぁ!」

ハルヒ「あ、たし……唇って……言ってな……ふぅっ……んぁ……」

キョン「我慢なんてできるか……」

ハルヒ「舌……はいっひゃ……」

ぐちゅう……

ハルヒ「ふぁああ! ……ん……ぷぅ……らぇぇ……!」

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:52:46.52 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「キョン……や……怖いって言ったじゃないの……」

キョン「お前が可愛いのが悪い。こんな格好なのが悪い。お前が……お前がハルヒだから……」

ハルヒ「あたしの……せい……?」

キョン「そうだ……おまえだから、俺は……」

ハルヒ「……じゃあ……あたしが責任取らなきゃ……駄目じゃないの」 ニコッ

キョン「っ!! ハルヒ! 好きだぁ!!」 ガバッ!

ハルヒ「あ、きゃあ!キョン! やだ、怖い、恥ずかしい! 見ないでよ馬鹿キョン!!」

キョン「無理だ、見る。お前の全部を見る。見せてくれ、ハルヒ」

ハルヒ「ば、ばかあ……だったら……もっと優しくしなさいよぉ……」

キョン「ハル……ヒ……?」



521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:53:48.46 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「ちゃんと……さっきみたいに……優しいキョンじゃなきゃ嫌なのに……」

キョン「お、俺は……すまん、ハルヒ」

ハルヒ「……う……キョン……キョン」

キョン「言ってくれ……。お前がして欲しいことを。全部、気持ちを込めて優しくするから……」

ハルヒ「じゃあ、じゃあもう一回……抱きしめてよ……背中からぎゅって……優しく抱いてよ」

キョン「ああ……」

きゅっ……

ハルヒ「あ……キョンの心臓……すごく鳴ってるわよ……」

キョン「おまえのもな、ハルヒ……」

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:54:58.53 ID:cc8SiZAI0

すんません、エロちょっとむずいんですが・・・
やっぱこういう形式だと擬音使わないと表現できないです

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 18:58:32.73 ID:cc8SiZAI0

期待には答えたかったんですけど、やっぱ当初の予定通りにしま


531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 19:01:43.37 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「もうちょっと、このまま……」

キョン「ん……」

ハルヒ「キョン……上着脱ぎなさいよ」

キョン「え? いやしかしだな」

ハルヒ「あたしもタオル取るから、ね?」

キョン「……わかった」 ヌギ

ハルヒ「…………」パサ

キョン「背中、綺麗だな」

ハルヒ「馬鹿なこと言ってんじゃないわよ……」

532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 19:06:39.32 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「もう一回抱きしめなさい……」

キョン「おう……」 ぎゅ

ハルヒ「ん……あったかい、わよね」

キョン「そう、だな」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「ちょっと上向きなさい。腕はゆるめて」

キョン「え? あ、ああ、こうか?」

ハルヒ「えいっ!」くるん

キョン「え? なっ! お前! あ、当たってるだろうが!」

ハルヒ「何よ。嬉しくないわけ? 正面から抱き合えばちゃんと顔が見れるじゃないの」

キョン「そうだが! そうじゃなくて!」

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 19:12:12.48 ID:cc8SiZAI0

キョン「これは凶悪だぞ、ハルヒよ……」

ハルヒ「我慢しなさいよ?」

キョン「拷問か! お、お前の胸とか、ち、乳首……とか! 素肌であたっとるんだぞ!」

ハルヒ「あ、あたしだって我慢してるんだから、キョンだって我慢しなさい!」

キョン「お、俺の我慢とお前の我慢は違うだろうが!」

ハルヒ「あんた優しくするっていったじゃない! だったら……だったら我慢くらいして見せてよ……」

キョン「くっ……上目使いは卑怯だぞハルヒ……」

ハルヒ「キョ、キョンが我慢してくれるなら! あたしだって恥ずかしいし怖いけど……が、我慢してみせるから……」

キョン「ハルヒ……」

ハルヒ「だ、だから……お願いよ、キョン。今日はここまでで……」

540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 19:18:08.33 ID:cc8SiZAI0

キョン「くう……これは過去最大の試練だな……」

ハルヒ「あ、あたしだってこんなの初めての試練よ!」

キョン「ば、馬鹿暴れるな!」ぎゅう!

ハルヒ「ひゃん! え? ちょ、何急に強く抱きしめて……や、何よこれ! お、お、お腹に! 何か!」

キョン「言うな! 無理だ! それ以上は抑えられん!」

ハルヒ「だだだだってこれこのキョンのあのあれ……な、なんてもの人にくっつけてるのよ!!」

キョン「お前が暴れるとこすれるんだよ! 動くな! じっとしてろ! 頼むから!」

ハルヒ「ひっ!? あ、熱いんだけど!キョンの体より体温高いんじゃないのこれ大丈夫なの?!」

キョン「大丈夫だから動くな! 触ろうとするな! 余計なことをするなあああ!!」

557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 19:46:20.74 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「あ? ちょ、なんで湿って……」

キョン「汗だ! 断じて汗だ! それ以外の何者でもないからそれ以上は深く追求するな後生だ!」

ハルヒ「汗? ここも汗ってかくものなの?」

キョン「追求! するなと! 言っとるだろうが! そこも一応皮膚ってことで納得しろ!」

ハルヒ「キョ、キョンがそこまで言うなら……」

キョン「よーしいいか? 動くなよ? じっとしてろよ? 決して、触ろうとするなよ?」

ハルヒ「わかったわよ……。まあどうせキョンにきつーく抱きしめられてるから動けないけどね。くふふ」すりすり

キョン「はぁう! む、胸元にすりすりも可愛い顔も禁止だぁ!!」

559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 19:51:41.11 ID:cc8SiZAI0

キョン「ぜーっ。ぜーっ」

ハルヒ「ちょっとキョン、大丈夫?」

キョン「この状態で大丈夫と尋ねてくるおまえは相当な鬼だな……」

ハルヒ「な! し、心配してあげてんでしょうが! あたしの好意をなんだと思ってるのよキョンのくせに!」

キョン「好意とは時に残酷なものなんだ、ハルヒよ……」

ハルヒ「何遠い目をしてんのよ……」

ハルヒ「ま、まあいいわ。落ち着いたみたいだし……」

キョン「ああ、さっきよりはな……。暴走の心配もなくなったぜ……」

ハルヒ「なんの暴走かはあえて聞かないでおくわ。……それで、だけど」

キョン「おう、なんだ……」

ハルヒ「え? あ、その、この後って……どうしたらいいのかしら?」

キョン「は?」

ハルヒ「だ、だって! いつまでも抱き合ってるわけにはいかないじゃない! そりゃ、この状態が嬉しいのは確かだけど……」

560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 19:55:08.35 ID:cc8SiZAI0

キョン「ああ、そういやそうだな……。このまま一晩明かすとか、俺の精神が持たんしな」

ハルヒ「なんだか身の危険を感じるわね……。そ、それじゃあ! 一旦終わりってことで……」

キョン「ん、そうだな」

ハルヒ「あの、さ!」

キョン「どうした」

ハルヒ「最後にその……してほしいこととか、したいことって、あるかしら?」

キョン「それは勿論せ」

ハルヒ「セックスとかエッチなこと以外よ!」

キョン「…………」

ハルヒ「あからさまに残念そうな顔するんじゃないわよ変態!」

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:05:11.51 ID:cc8SiZAI0

キョン「だったら……キス、がいいな」

ハルヒ「そ、そう? それくらいならあたしも別に……」

キョン「ハルヒの胸に」

ハルヒ「っ! 馬鹿言ってんじゃないわよ! 調子に乗りすぎよキョンのくせに!!」

ハルヒ「それに! え、エッチなことは無しって言ったじゃないの! あんたの脳みそは鳥なのかしら?!」

キョン「それくらいのご褒美はほしいんだが」

ハルヒ「なんでよ!」

キョン「我慢したからだ」


566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:09:29.87 ID:cc8SiZAI0

キョン「お前が怖がるから、もの凄く、それはもう人生でここまで我慢したことはあっただろうか? というくらい我慢した」

ハルヒ「……なんでそんなに我慢したのかしらね」

キョン「お前が大事だからに決まってるだろうが」

ハルヒ「……キスの時は危なかったじゃない」

キョン「……それはすまなかった」

ハルヒ「で、それがなんでその……あたしの胸にキスすることに繋がるのよ」

キョン「予約だ」

ハルヒ「はあ?」

キョン「ハルヒがちゃんと俺とのことを大丈夫って思える日が来たときのための、予約だ」

キョン「あとは、お前が俺の恋人になったって証拠を残したい」

キョン「だから、ハルヒの胸にキスマークをつけたい」

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:12:09.38 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「……臆面もなくよくそんなこと言えるわね……ばか」

キョン「今のばかは優しかったな。じゃあいいのか?」

ハルヒ「そんなふうに言われたら断れないじゃない! いいからさっさとしなさいよ!」

キョン「じゃあ……ちょっと離すぞ」

ハルヒ「ん……言っとくけど、乳首見たら殺すわよ」

キョン「気をつけます」

キョン「いくぞ?」

ハルヒ「…………」

ハルヒ「……・ん……」

569 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:15:54.88 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「プルプル)……ハ……や……」

ハルヒ「んっく……ふぅ……ちょ……キョン……」

キョン「…………」

ハルヒ「いつ……ぁ……まで? ……吸うの……」

ハルヒ「やぁぁ……も……ダメ…………だって……ば……」

ハルヒ「……だ……めだって……い……ぃいかげんに……」

ハルヒ「し、しなさいこのエロキョン!!」 ゴスッ!

キョン「ごふぅ……!」

ハルヒ「な、長いのよ! いつまで吸ってんのよ! 信じられないわねこのばか!」

キョン「だからって脳天にエルボーをかますとは思わなかったがな……」

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:20:51.06 ID:cc8SiZAI0

キョン「しかし堪能した。柔らかくていい肌触りだった。いつかあれを自由にできるわけだ」

ハルヒ「何を言ってんのよあんたは!」

キョン「ほれ、見ろよ」

ハルヒ「?」

ハルヒ「あ……なんか、もの凄くいやらしいわねこれ……」

キョン「ハルヒが俺の恋人になった証拠だな。そこを見れるのは俺だけなわけだ」

ハルヒ「なによそれ……」

キョン「ん? 何がだ」

ハルヒ「キョンばっかり証拠残してるんじゃないわよ! あたしだって証拠残してやるんだから! キョンはあたしのだって刻んでやるわよ!」

キョン「え? ちょ、ハルヒ? うおお!?」

575 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:24:36.55 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「ん〜〜〜〜〜!!」

キョン「いてえ! おいハルヒ! それは吸ってるのか? なんでか無性に痛いんだがなぁ?!」

ハルヒ「だあってまふぁい! 」

キョン「す、吸うだけ! それだけでいいんだ! 噛む必要はないんだハルヒ! ぎゃあああああああ!!!」

…………
……


キョン「ちょっと血が出てきた」

ハルヒ「いいじゃない。それだけ強くあたしの恋人って証明されてるってことだから」

579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:31:19.08 ID:cc8SiZAI0

キョン「胸に絆創膏とか恥ずかしいよな……」

ハルヒ「あ、あたしだって着替えの時気をつけなきゃならないんだからね! 同罪よ同罪!」

キョン「ん、まあな」

ハルヒ「……ふふっ」

キョン「さってと、そんじゃあ帰るとしますか」

ハルヒ「そうね! 今日はもう終わり! 着替えて帰るわよ、キョン!」

キョン「切り替えが早いな」

ハルヒ「それがあたしの美徳でもあるのよ! さあ、わかったらさっさと着替えなさい!」

キョン「その前にシャワー浴びてきていいか?」

ハルヒ「いいけど……そんなに汗なんてかいたの?」

キョン「まあな。緊張した汗とか、その他の汗とかもろもろな……。そんなに時間はかからんからちょっと待っててくれ」

ハルヒ「仕方ないわね……なるべく早く終わらせるのよ?」

キョン「おう」

582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:35:22.78 ID:cc8SiZAI0

ザアアアアアアアアアア

キョン「……ふゔッ!……ふぅ」

…………
……


ハルヒ「キョンの服の匂い……くふふ……」

ハルヒ「…………きょ〜ん、君♪」

ハルヒ「…………」

ハルヒ「なんてねなんてね! ふふっ! ふふふっ!!」

ハルヒ「もう、恋人なんだからね! ずっと、隣にいさせてやるんだからね、キョン!」

585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:43:13.24 ID:cc8SiZAI0

キョン「待たせたな、ハルヒ」

ハルヒ「別に。キョンに待たせられるのはもう慣れてるわ」

キョン「そりゃ面目ない」

ハルヒ「いいわよ別に。早く着替えちゃいなさい。あたしは後ろ向いててあげるから」

キョン「おう、すまん」

キョン「…………」もぞもぞ

キョン「なあ、あいつらになんて言おうか」

587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:50:17.17 ID:cc8SiZAI0

ハルヒ「別にいつも通りでいいじゃない」

キョン「いいのか?」

ハルヒ「うちは恋愛禁止なんてしてないわ。そういうのは団員の自由意志よ。無論あたし達もね」

キョン「そんなもんか……」

ハルヒ「そうよ。だからいう必要も無し。だからって団活中にキョンといちゃいちゃなんてしないわよ?」

キョン「そういうところはきっちりしてそうだしな、お前は」

ハルヒ「そうよ。でもまあ、二人きりの時は……か、考えなくも、ないわね!」

キョン「(ま、古泉には明日辺り詳しくきかせろとせがまれるんだろうがな。適当にあしらうとするか)」

キョン「そうだな。二人きりの時はぜひ甘えてくれ」

ハルヒ「ッ! の、望むところよ! めちゃくちゃ甘えてやるんだから覚悟しておきなさい!」

キョン「へいへい。楽しみに待っててやるさ」

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:54:01.64 ID:cc8SiZAI0

…………
……


キョン「駅まで送っていく」

ハルヒ「当然よ! か、かれしっ! なんだからそれぐらいしなさい!」

キョン「ふむ、なら彼氏らしく手を繋いでいくか」

ハルヒ「えっ? え、ええそうね! はいっ!!」

キョン「手をあげてどうする。こうだろこう」

きゅ

ハルヒ「……ッ。…………ん」

キョン「今度は離すなよ」

ハルヒ「離さないわよ……絶対」

キョン「そうか。俺もだ」

591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 20:57:20.57 ID:cc8SiZAI0

キョン「静かだな」

ハルヒ「……そうね」

キョン「お前とこういう感じで帰る日がくるとはな」

ハルヒ「あたしだって……考えたこともなかったわよ。最初は」

キョン「いつから考えてた?」

ハルヒ「……あんたはいつからなのよ」

キョン「わからん」

ハルヒ「ふふっ。なによそれ。はっきりしなさいよ」

キョン「気付いたら、こうなりたいって思ってたからな」

ハルヒ「あたしだってそうよ……」

キョン「そうか」

ハルヒ「……うん」

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 21:02:39.26 ID:cc8SiZAI0

キョン「ポニーテール」

ハルヒ「うん?」

キョン「ほんとに人前ではしないんだな」

ハルヒ「言ったでしょ。と、特別な人の前でしかしないって……」

キョン「その特別な人ってのは誰だったかな?」

ハルヒ「ッ! ……ッ! ……ッ!!」

キョン「いて、痛いって、叩くな! 」

ハルヒ「あんたが馬鹿な質問するからよ!」

キョン「悪かった」

ハルヒ「…………」

ハルヒ「…………ンよ……」

キョン「ん?」

ハルヒ「だから! 特別な人はキョンだって言ってんのよ! この馬鹿キョン!」

597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 21:07:52.07 ID:cc8SiZAI0

キョン「…………」

ハルヒ「…………」

ハルヒ「なんか言いなさいよ!!」

キョン「ん……真っ赤になったハルヒも可愛いもんだと思ってな」

ハルヒ「っ馬鹿にして!!」

キョン「してないぞ? 俺の特別もな、ハルヒ、お前だけだ」

ハルヒ「……なっ! ……あっ……そ。よ、よかったじゃない……」

キョン「ああ、お前でよかったよ」

ハルヒ「……あたしも、あんたでよかったわよ……ん……」

そうして、俺はハルヒの柔らかな唇に、ほんの少しの間だが自分の唇を触れ合わせたわけだ
                                                                 END

617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 21:22:39.39 ID:cc8SiZAI0

正直最後だれたんで適当に終わらせた。乙かれ

628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 21:34:42.56 ID:cc8SiZAI0

分岐で考えるとやっぱ>>219か・・・ふむ

639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 22:27:58.84 ID:cc8SiZAI0

私のブレザーもブラウスも、はだけられている。

ブラウスの下、必要性があったかはわからないが、かつてのバックアップである朝倉涼子が必要であると進言し、そのまま惰性で着用していた
矯正下着も、今は部屋の汚れた床の上。そこがもともとの在り処であったかのように打ち捨てられていた。

ベージュ色と呼ばれる色彩のそれは、リノリウムの色合いと不思議に相性がよかった。

はだけられ露わになった私の胸元。基準とした同年代の女性に比べると大分貧相なその胸の部分に、彼は自らの顔を埋めている。

彼――地球人の個体で、監視対象たる涼宮ハルヒからは、キョンと呼ばれている――は、執拗に私の乳頭部を舌でなぶっていた。


645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 22:35:41.05 ID:cc8SiZAI0

彼の呼吸音が、私の胸元から響いてくる。それはとても荒々しく、センサーを走らせるまでもなく、彼が興奮していることを如実に表している。

舌が、私の突起を舐める。そのたびに、彼の唾液がしたたる音が、二人きり(私を人と同一視するのならば、だが)の部屋と私の耳の奥との両方に響いた。

何故彼が私の乳頭部を赤子のように舐めまわしているのか。その経緯を思い出す。

『長門、お前はどう思う――』

確か、そんな感じの事を言っていたのではないか。うまく思い出すことができない。

過去の記録を、しかもただの数十分前の記録を正確に思い出せないなど、私にあってはならぬことだ。

だが現に私はそれを思い出せずにいる。きっと、頭部の奥から滲むように感じ出したこの熱のせいではないだろうか。

その熱が、私に正常な思考を働かせることを拒絶しているのだ。

これは、深刻なエラーと言えるかもしれない。

646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 22:40:47.03 ID:cc8SiZAI0

それでも私は、なんとか過去の断片を拾い上げる。

ああ、そうだ。彼は私に尋ねたあと、さらに質問を重ねたのだ。

『俺は、どうしたらいいんだ』

私はどう答えただろうか。

彼が何に悩んでいたかは知っていた。男性と女性の生殖行為。その経験がないのに、涼宮ハルヒと行為に及ぶことを恐れていたのだ。

知識としてなら、彼もそれが不足していたというわけではないだろう。要は、経験が無いことが不安だったのだ。

だから、私は彼にこう言ったのだ。

「私で、試せばいい」

と。

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 22:48:25.66 ID:cc8SiZAI0

私に与えられた任務からすれば、この行為はグレーゾーンというやつだ。

涼宮ハルヒの監視。彼女に関する行動に対してのみ、彼への助力をする。

直接的には涼宮ハルヒにも彼にも手を出してはならないのだ。

だから私は考えた。それまでの経験で、考えるという行為を覚えた私は、発想を逆転させた。

私が手を出さなくても、彼が私に手を出せばそれは問題にはならないのではないか。

そうしてわたしは自らの行動を容認し、彼に対して胸元を開いて見せた。

「私で、試せばいい」

「あなたが、そうしたいと望むのなら」

その言葉と一緒に。

651 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 22:54:09.52 ID:cc8SiZAI0

それでも彼が何もしてこようとしなければ、それでよかった。

私は彼を涼宮ハルヒの元へと送り出し、その後の動向を監視するだけなのだから。

だが、彼は私の胸元に手を伸ばした。私のブラウスをむりやり剥ぎ取り、ボタンを飛び散らせた。

下着を荒々しく引きちぎり、床に投げ捨て、私の上半身を露わにした。

そうして左手で私の右の乳房を力一杯握り潰し、左の乳房にむしゃぶりついた。

普段の彼からは予測もできない行動だ。

一体何が、かれの獣欲をそこまで昂ぶらせたのだろう。

653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 23:00:51.61 ID:cc8SiZAI0

そうして今、彼は私の肉体を弄んでいる。涼宮ハルヒではなく、私の肉体をだ。

統合思念体につくられた、人を模した人ではないこの肉を。

私は何もしていない。彼に対して、何もしていない。

彼の神経系を操作することも、きっとしていないはずだ。

きっと。はず。おかしい。そんな不正確な言語で表現するなど、私にあってはならない。

では私は彼に何かしたというのだろうか。私が意識しない私が、彼の何かを操作したというのか。

では私は私は私はエラー・エラー・エラー・思考強制ブロック・深刻なエラーを検出・思考ルーチンを縮小

最低必要メモリを残して強制凍結・処置完了・以後、命令あるまで待機・・・・・・

655 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 23:05:51.84 ID:cc8SiZAI0

「長門……これ……」

私は私の個体識別記号を呼ばれて意識を明瞭化する。一時的に挙動が制限されていたらしい。

声の方に視線を移すと、彼が、キョンと呼ばれる地球人が、己の性器を取り出し、私の眼前に露出させていた。

彼の下半身の衣類は取り払われ、上半身だけがこの学校の制服を纏っているというアンバランスな立ち姿だった。

「それを……どうするの」

私は彼の性器に視線を固定したまま、尋ねる。

「舐めてくれ」

彼は、荒い息をつきながらそう命令した。

656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 23:14:54.49 ID:cc8SiZAI0

躊躇うことなく、私は彼の性器を舐めた。不思議と抗うことができなかったからだ。

私が舐めているものがなんなのか、私ははっきりと理解していた。

私達ヒューマノイドインターフェイスは、人類の人体構造をしっかりと把握していた。それは必要な最低限の知識だったからだ。

だから、自分が嘗め回しているものがなんなのか理解できていたのだ。その上で、彼の求めに応じた。

そこにはなんの疑問も躊躇もなかった。彼が望んだから。それだけが、行為の理由でありすべてだった。

亀頭とよばれる部分を丁寧に舐め上げる。そのたびに彼の性器が驚いたように脈動し、血液を充填させた海綿体はますます膨張した。

尿道からカウパー液がこぼれ落ちようとする。それを舌先で丁寧に舐め掬い、口内に含み、唾液と共に飲み込んだ。

彼のカウパー液は、彼の体温をそのままに湛えて私の喉を流れ落ち、胃袋へと到達した。

744 名前: ◆e1uSVm8EAw [] 投稿日:2010/08/13(金) 00:06:50.22 ID:PpDOEggV0

>>656から

その微かな温かさが私の胃壁をなぞったとき、不思議な充足感が腹部を包む。

それは、私がこの肉体を得てから初めて知る感覚。

食物や飲料を摂取した時の満足感とは違った、下半身からじわりと広がってくる熱。情動。

「……もっと欲しい」

儚くも一瞬で消えてしまったその充足感を再び味わいたい。

その欲求は猛烈な勢いで私の思考全てを覆いつくし、自分が何を言ったのかも理解せぬまま、私は再び彼の性器に舌を伸ばした。

「なが……と……」

彼が苦しそうに私の名を呼ぶ。

私はそれに返事をせず、丹念に彼の性器を舐め回した。

亀頭の先は勿論、先端から伸びる筋に沿って陰嚢まで舌を這わせ、そのまま一息にもう一度亀頭まで舐め上げる。

747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/13(金) 00:14:04.60 ID:PpDOEggV0

「うぁ……っ!!」

そうすると彼は小さく息を漏らすように悲鳴をあげ、性器をびくりと痙攣させるのだった。

その拍子に先端からカウパー液が滴る。私はそれを手のひらで受け止め、舌先でそっと口に含む。

先ほどの充足感が、再び私の下腹部を包んだ。

足りない。まだ足りない。もっと、ほしい――。

彼の性器に目をやると、まだカウパー液がこぼれそうになっていた。

躊躇などみじんもせずに、舌全体を使って舐め上げた。

それを私の胃に流し込む度充足感を得ることができたが、それに比例するように、私の下腹部が帯びている熱もあがっていくようだった。

もどかしい。舌先だけでは、私が満足するほどの量は得られない。しかしこれ以上の量を得るためには、私は何をすればいいのか。

「どうしたら、いいの」

750 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 00:21:51.72 ID:PpDOEggV0

>>739
わかりやすいっすか……?

そんな疑問が、口をついて出てしまった。

「長門……?」

彼が耳ざとく私の言葉を聞きとめた。

「これ以上どうしたらいいのか、わからない」

私にもわからないことはある。普段なら、そういったことは自ら調査して解答を得る。

しかし、今はとてもそんなことをする気になれなかった。人間ではない私が『その気にならない』というのもおかしな話だ。

それに、彼になら隠すことなく素直に尋ねることができた。

「……これが、もっと欲しい。どうすればいいのか、教えて欲しい」

脈動を続ける性器を傷つけないよう優しく両手で包み、彼の顔を下から見上げて尋ねてみた。

「これって……」

性器を握りしめる私を見下ろしながら、彼が生唾を飲むのがわかった。

教えて欲しい。言ってほしい。どうすればいいのかを。

「あなたの、精液」

752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 00:31:59.57 ID:PpDOEggV0

言って欲しい。あなたがどうして欲しいかを。

それは私の願いなのか。こんなにもあからさまに自分の欲求を伝えたことは無かった。

そうすることが許される立場ではなかったし、そうすることがないよう自分を律してもいた。

だが、今はそんなことはどうでもよくなっていた。

私は彼の性器を握り、頬を寄せ、血管の脈打つ感触を肌の表面に感じながら言った。

「命令、して」

754 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 00:38:47.33 ID:PpDOEggV0

私がそう口にした瞬間、彼の表情が一変した。気だるそうないつもの彼とは違う。

普段は温厚で人当たりがよさそうな笑みを浮かべていた口元が、嗜虐的という表現がぴったりに、方側に吊り上がる。

彼の右手が私の頭部を押さえ込む。そのまま私の髪の毛を少しだけ引っ張り上げて、彼は口を開いた。

「口を開けろ、長門」

それは、彼が初めて一方的に私に下した命令だった。

言われるがままに、私は口を開く。

この段階にきて、私は気付く。彼が何をしようとしているかを。

しかし抵抗する気は無かった。むしろ、喜々としてその行為を受け入れようとしている自分がいる。

感じてしまったのだ。彼に命令された瞬間、私の全身を流れた電気信号を。

755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 00:44:03.25 ID:PpDOEggV0

命令されれば淡々とそれをこなすのが私達だ。そこに感情も意思も介在する余地はない。

だが、今だけは違った。そこには確かになんらかの感情の昂ぶりがあった。

それが正確になにであるかは、考える必要はない。ただ、彼に命令されたことを全て受け入れたいとしか、今は感じていない。

私は彼の性器に開いたままの口を近づける。

もう数センチで彼の性器を含もうかという距離になって、掴まれたままだった頭部が不意に前方に引き寄せられ、私の口内に彼の性器が無理矢理侵入してきた。

私の口内で、彼の性器が脈動する。

彼は私の頭部を左右から押さえ込み、そのまま前後に振り始める。

その動きに合わせて、同じように性器が私の口内で前後する。

私の舌は口から出て行こうとするそれを逃がさぬように絡み、唇もそれを上下から挟み込む。

喉の奥深くに進入しようとした時には、抵抗することなくそれを迎え入れた。

756 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 00:49:20.06 ID:PpDOEggV0

息が苦しい。激しく前後する彼の性器に口内が塞がれ、呼吸がままならない。それでも私はそれを含むことをやめなかった。

彼の体温を体の内側で直接感じる。それはとても至福であったのだ。

苦しさのあまり半開きになった私の口から、だらしなく唾液が垂れ落ちる。

頭上からは、彼の荒々しい呼吸音が降ってくる。

私の口内は既に唾液がとめどなく溢れ、それが彼の性器に絡み、ぴちゃぴちゃと水を打つ音が一定のリズムで室内に響いていた。

ふと意識した時、私は彼の腰に両手を回し、自分から頭を振っていた。

耳を澄ますと、彼の故呼吸音以外に、もう一人分の呼吸音が混ざっていることに気付く。

なんのことはない。この部屋にいるのは、彼と私だけ。そう、それは私が発してる音だった。

彼はもう私の頭を軽く押さえてるだけで、途切れ途切れの息を頭上で吐いていた。

758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 00:59:33.53 ID:PpDOEggV0

私の両手は彼の腰周りをなぞるように上下にまさぐっていた。意識してやったことではない。だがやめる必要も無い。

それを意識してからは、むしろ激しく彼の臀部をまさぐり始めた。

彼の性器を嘗め回すこともやめない。私はもっとあれが欲しかった。早く出してほしい。それ以外考えることをやめた。

一旦口から離れた彼の性器を観察する。

私の唾液にまみれた彼の性器はぬらぬらと表面をてからせ、どれが私の唾液でどれが彼のカウパー液なのか判然としない。

体液が混ざりあい絡み合い、蛍光灯の光を妖しく反射する。

亀頭は先ほどよりも激しく膨張し、今にもはちきれんばかりに膨らみを増していた。

「長門……」

彼が切なげに声を上げる。それだけで私は理解した。彼が求めているものを。

私はそれを鼻先で、両の頬で、顔全体にこすりつけ撫でつけ、大きく香りを吸い込んでから

再び、熱を帯びた口内に迎え入れた。

759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 01:00:25.57 ID:PpDOEggV0

おやすみなさい
お前らも早く寝たほうがいいよ! いい夢を!!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ついに等身大キョンフィギュアを注文してしまった……」