こなた「・・・え?これって・・・告白ってやつ・・・かな?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:できたぞ新一!デロリアンじゃ!

ツイート

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 21:14:52.59 ID:ec/CJFil0

こなた「あっるーいて♪あっるーいて♪つっかーれた♪こっろー♪」テクテク

こなた「あっなーたがー♪アッイーテムー♪くっれーた♪あっのっひー♪」ガチャ

こなた「属性も……ん?なんだこれ」カサ

こなた「『泉こなたへ。今日の放課後、校舎裏に来てください」

こなた「……これは……」

こなた「ら、ラブレター……ってやつ?」

こなた「えー!」

つかさ「あ、おはよーこなちゃん」

かがみ「おっす、どうしたのよ?靴箱の前で奇声あげて」

こなた「あ、か、かがみ、つかさ……なんでもないよ」

かがみ「?」

こなた(ど、どうしよう……こんなんもらったの生まれて初めて)

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 21:19:46.46 ID:ec/CJFil0

ななこ「ナポレオンは日に3時間しか睡眠を取らなかったと言われ……」

こなた(あー……えー……ラブレター?えー……えー?)

こなた「……」カサ

こなた(何度読んでもラブレターにしか見えない……ハートで留めてあるし……)

こなた(いや、でも……私チビでオタだし……はっ)

こなた(これは……告白されてOKしたら「マジにしてやんのwwww」ってパターン……!?)

こなた(そういうのは中学の時もなかったけど、ありうる……)

こなた(あーどうすればいいんだよぉ)

ななこ「…ずみ……泉ー!!」

こなた「は、はいっ!ね、寝てませんよ!?」

ななこ「何も言うてへんがな……これわかるか?」

こなた「……わかりません」

ななこ「立っとれ」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 21:33:32.43 ID:ec/CJFil0

昼休み

つかさ「でさー、あり得ないほど臭かったのー」

みゆき「確かにそれはありますね」

かがみ「でも、あれってなんで臭いのかしらね?」

みゆき「あれはベータカロチンのシスチン結合がですね……」

こなた「……」

かがみ「こなた?」

こなた「ひゃい!な、何!?」

かがみ「あんた、ちょっと様子おかしいわよ?」

つかさ「え、そうだったの?私気付かなかった」

みゆき「そうですね……今朝から少しぼーっとしていらっしゃるようですが」

こなた「え……あー、いや、別になんでもないんだけどね……」モグモグ

かがみ「ちょっと、チョコ垂れてるわよ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 21:40:29.02 ID:ec/CJFil0

放課後

かがみ「おっすこなた。帰ろー」

こなた「ああ、ごめん。ちょっと用事があって……」ソワソワ

かがみ「……そうなの?……仕方ないわね。つかさ、みゆき、帰りましょ」

つかさ「うん、ちょっと待ってー」

こなた「じゃ、私これで……」

かがみ「……」

つかさ「お待たせー……お姉ちゃん?」

かがみ「つかさ、みゆき……気にならない?」

みゆき「気になる、ですか?」

かがみ「今朝からのこなたの様子……それにソワソワして用事があるって……」

つかさ「まぁ、確かに……」

かがみ「……よし!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 21:49:21.63 ID:ec/CJFil0

こそこそ

つかさ「お、お姉ちゃん……つけるなんてやめようよ、かわいそうだよ」

かがみ「今更よ……帰りたいなら帰っていいわよ」

みゆき「だ、大丈夫なんですか?こんなの」

かがみ「大丈夫じゃあないけど……こなたの様子も変だったし、もしかして変な事に巻き込まれでもしてたら……」

つかさ「えー……あ、こなちゃん止まったけど……」

かがみ「……校舎裏?こんなとこ何もないじゃない」

みゆき「辺りを見回していますけど……誰か待ってるんでしょうか?」

かがみ「誰か……?」

つかさ「うーん……昔のお友達と約束とか」

かがみ「いや、昔のお友達をわざわざこんなとこに呼ばないでしょ……」

みゆき「……まさか」

かがみ「何かわかったの?みゆき」

みゆき「いえ……なんでも」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:00:11.03 ID:ec/CJFil0

かがみ「……うぐ」

つかさ「お姉ちゃん、どうかした?」

かがみ「えーっと……ちょっと……お腹が」

つかさ「あー。お姉ちゃん1週間前からお通じきてな「つかさ!!」ご、ごめんなさい……」

みゆき「そ、それは我慢しない方がいいですよ……」

かがみ「う、ぐ……。そうね……ちょっと行ってくるわ」

ぎくしゃく

つかさ「お姉ちゃん、がに股……」

みゆき「しっ!誰か来ましたよ……」

おまえら「……」キョロキョロ

つかさ「……あ、C組の……」

みゆき「尾間さんですね……」

つかさ「あの人かな?こなちゃんに用事あるの」

みゆき「……やっぱり、そうでしたか」

つかさ「?どういう事?」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:07:41.30 ID:ec/CJFil0

みゆき「あの方……尾間さんですが……十中八九、泉さんに告白しに来てます……」

つかさ「え、こ、告白!?ってその……愛の……ってこと?」

みゆき「ええ。泉さんの様子が朝からおかしかったのも、きっとこのため……おそらく、靴箱にでも手紙が入っていたんでしょう」

つかさ「ふぇ〜、ゆきちゃん鋭いね……」

みゆき「いえ……あ、話しかけましたよ」


おまえら「ご、ごめん泉……待った?」

こなた「あ、いや……そんなには……」

おまえら「そうか……で、でな……今日泉をここに呼んだ理由なんだが」

こなた「う、うん」


みゆき「ここからだとよく聞こえませんね……」

つかさ「そだね」

かがみ「ふぃー、ただいまー」

みゆき「あ……」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:13:23.60 ID:ec/CJFil0

みゆき「か、かがみさん!少しあちらへ行きましょうか?」

かがみ「は?何よいきなり?」

みゆき「ほ、ほら、あそこに柊がありますよ!かがみさんの苗字ですよね?」

かがみ「だから何だってのよ……それよりこなたは?」

みゆき「いえ、その……」


おまえら「好きなんだーーーーっ!!!」


みゆき「」

つかさ「」

かがみ「……あ」

みゆき「あ、あの、かがみさん……」

かがみ「そ、そっか。そういう事か……」

つかさ「お姉ちゃん……」

かがみ「ごめん、私、帰る」ダッ

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:20:23.88 ID:ec/CJFil0

みゆき「か、かがみさん!」

つかさ「お姉ちゃん!」

みゆき「え、えーと……」キョロキョロ

つかさ「お姉ちゃん追いかけよ!」

みゆき「は、はい!」

タタタ

かがみ「……」トボトボ

つかさ「おねえちゃーん!!」

みゆき「かがみさん!」

かがみ「あ、二人とも……追いかけてきたの」

みゆき「それはそうですよ……」

つかさ「でも、お姉ちゃんがあんなにショック受けるとは思わなかったよ」

かがみ「……」

みゆき「……(無理もありませんか……)」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:31:45.56 ID:ec/CJFil0

翌朝

こなた「お、おっはよー、かがみーん」

かがみ「あ、ああ……おはよ」

つかさ「おはよ、こなちゃん。今日なんかご機嫌だね?」

こなた「んふふー、昨日ちょっとねー……ふふっ」

かがみ「……っ……」スタスタ

こなた「あ、ちょっとかがみー?……どうしたのかな?」

つかさ「あー……まぁ、その……ちょっとね」

こなた「ケンカでもした?」

つかさ「……いや……まぁ、そんなとこ」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:39:53.63 ID:ec/CJFil0

昼休み

こなた「でね、こないだ激レアのゲイ♂ボルグを拾ってねー」

みゆき「神話に出てくる槍ですね」

こなた「そーそー!さっすがみゆきさん、詳しいねー」

みゆき「神話の類は中学生の頃好きで、結構調べたんですよ」

つかさ「へー、神話かぁー。面白そうだね」

みゆき「そうなんです。ゲイボルグというのは……」

かがみ「……」モグモグ

こなた「……かがみ?」

かがみ「……なに」

こなた「そんなに黙々と食べてると太るよ?」むに

かがみ「……」

こなた「あれ、無反応。……ねーぇーかーがーみーんーかーまってよぉー」スリスリ

かがみ「っ……!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:44:30.09 ID:ec/CJFil0

バシーン!!

みゆき「あ……っ!!」

つかさ「え!?」

こなた「へ……え?」

かがみ「……何よ、私の気持ちも知らないで」

こなた「え……えええ?」

かがみ「べたべたって……彼氏としてりゃいいでしょ!!」

こなた「か、彼氏?」

かがみ「…あ……っ!!」タタタ

みゆき「あ、あー……やっぱりこうなりましたか……」

こなた「え、ええ?私さっぱりわからないんだけど?」

つかさ「えーと……じ、実はね、昨日……」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:50:31.48 ID:ec/CJFil0

こなた「え、つけてたの?」

みゆき「すいません……」

つかさ「お姉ちゃんがこなちゃんの様子おかしいからって言ってね……」

こなた「むむ……どこまで見てた?」

みゆき「えーっと……会話してて……いきなり尾間さんが『好きなんだーーーーっ!!!』と絶叫したところまで」

つかさ「うん……それ以外は聞こえなかったよ」

こなた「え……あーあー。なるほどね。……くふふ」

みゆき「……?」

こなた「えっとねー、あれ別に愛の告白でもなんでもないよ?」

みゆき「え、そ、そうなんですか?」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:52:47.52 ID:ec/CJFil0

昨日

おまえら「ご、ごめん泉……待った?」

こなた「あ、いや……そんなには……」

おまえら「そうか……で、でな……今日泉をここに呼んだ理由なんだが」

こなた「う、うん」

おまえら「……一目見た時から……」

こなた「……」

おまえら「泉の使ってる下敷きが欲しくてたまらなかったんだ!!」

こなた「……え……?え?下敷き?」

おまえら「そうそう、下敷き。あのいつも使ってるやつ」

こなた「あー……エヴァの?」

おまえら「そうだよそれそれ!な、譲ってくれないか?」

こなた「……はぁーっ」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:57:16.36 ID:ec/CJFil0

おまえら「ん?どうした?」

こなた「……告白されるのかと思って、すごくドキドキしてたのに」

おまえら「な、こ、告白!?」

こなた「だってだよ!靴箱にハートで封をしてある便箋で『放課後校舎裏』とか書いてあったら誰でも思うでしょ!!」

おまえら「……あー……確かに……」

こなた「あーもう、ドキドキし損だよ」

おまえら「すまんな」

こなた「……てか、そんなにアレ欲しかったの?普通に言えばよかったのに」

おまえら「えー、だってお前、俺あれじゃん?リア充じゃん?そんな俺がエヴァの下敷き欲しいなんて恥ずかしくてみんなの前じゃ言えないだろ」

こなた「(どこもリア充に見えないんだけど……)……やっぱあげない」

おまえら「えーなんで!」

こなた「私だってアレ大事なんだよー」

おまえら「……なぁ泉……俺はな……アスカが……好きなんだーーーーっ!!!」

こなた「……えー」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 23:00:13.19 ID:ec/CJFil0

こなた「と、いうわけ。結局下敷きはあげなかったけど」

みゆき「そ、そうだったんですか……」

こなた「……あれ。でも、それとかがみがあんなに機嫌悪いのって関係あるの?」

つかさ「……こなちゃん……気づかないんだね……」

こなた「え」

みゆき「わかりませんか?」

こなた「え?どういう事?私に先に彼氏ができたのが嫌だったってこと?」

みゆき「……はぁー」

こなた「そんなに巨大なため息つかなくても……」

つかさ「いるよね……自分に関する色恋沙汰にはとことん鈍い人って」

こなた「……自分に関する色恋沙汰?て……まさか……」

みゆき「……そういう事ですよ」

こなた「え、えーっ!」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 00:57:19.76 ID:xbfwmWjL0

みゆき「はぁー……」

こなた「な、何、その今頃気づいたの、みたいなため息は」

みゆき「その通りなんですけど」

こなた「い、いつから?」

つかさ「2年生の途中くらいからかなぁ……?あからさまになってきたのは」

こなた「あ、あからさま?」

みゆき「あからさまに……とまでは言いませんが、顕著にはなっていましたね」

こなた「全然気づかなかった……ど、どんな風に顕著に?」

みゆき「泉さんの姿を見つけると、目に見えて嬉しそうでしたよ?」

つかさ「こなちゃんの家に遊びに行く時はとっても楽しそうだったしね」

こなた「うーん……」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 12:11:54.52 ID:xbfwmWjL0

みゆき「とにかく、追いかけて誤解を解いた方がよろしいのでは?」

つかさ「そうだよ。お姉ちゃん、昨日からずっと落ち込んでたんだよ?」

こなた「……そ、そだね。行ってくるよ」


みゆき「……行きましたか。……つかささん、うまくいくと思いますか?」

つかさ「うーん、どうだろ。でも、こなちゃんもお姉ちゃんの事は嫌いじゃないよね?」

みゆき「嫌いということはないでしょう……私が思うに、むしろ好き寄りかと」

つかさ「好き寄りかぁ……ね、ゆきちゃん」

みゆき「なんですか?」

つかさ「うまく行くといいね?」

みゆき「そうですね……私も……」

つかさ「私も?」

みゆき「あ、いえ……(自分の色恋沙汰には疎い人って、つかささんもそうなんですけどね……)」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 12:23:33.51 ID:xbfwmWjL0

こなた(まさかかがみんがそういうアレとは……)

こなた(……とりあえずC組に行ってみるかな)テクテク

ガララ

こなた「え……と」キョロキョロ

みさお「お、ちびっ子、どうしたー?」

こなた「あ、みさきち。かがみん知らない?」

みさお「柊?ちびっ子と一緒じゃないのか?毎日毎日昼休みになるとお弁当抱えて嬉しそうにB組に行ってるし」

こなた「それが、ちょっとケンカしちゃって……どっかに行っちゃったんだ」

みさお「はぁ、ケンカ?柊がちびっ子とケンカとはな……柊はほんとにちびっ子大好きっ子なのに」

こなた「あはは、いや、その……まぁ、色々ありまして」

みさお「まぁ、何にせよこっちには戻ってきてないぜ。中庭とか探してみれヴぁ?」

こなた「そっか。ありがと」


みさお「……くそー、やっぱり柊はちびっ子の物なのか」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 12:30:59.32 ID:xbfwmWjL0

中庭

こなた「は、は、は……」タタタ

こなた「ふぃー……ここにも、いないか……」キョロキョロ

こなた「あ、峰岸さん。峰岸さーん!」

あやの「あ、えーと……泉ちゃん」

こなた「えっとね、かがみ知らない?」

あやの「へ、いつも一緒にいるじゃない?それこそ通い妻みたいに毎日毎日行ってるし」

こなた「あー、まぁ、その、ちょっとケンカしちゃってね」

あやの「ケンカ……柊ちゃんが泉ちゃん相手に本気で怒ることあるんだね……」

こなた「うん……。どこか行っちゃったから、居場所知らないかなって」

あやの「中庭には来なかったよ。屋上なんかは探した?」

こなた「そっか。……屋上か、行ってみるよ。ありがと」タタタ

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 12:40:48.89 ID:xbfwmWjL0

屋上

こなた「かがみ!」バタン

かがみ「こ、こなた!助けて!」

みさお「ふふふ……来たか……」

あやの「遅かったね?泉ちゃん」

こなた「な、みさきち、峰岸さん!?一体何を……」

かがみ「こなた、後ろぉ!」

つかさ「遅いッ!!」

ドス

こなた「ぐ……っぁ……な、何これ……私のお腹から……包丁……?」

ドサ

かがみ「こ、こなたぁー!!」

つかさ「……私のお姉ちゃんをとろうとするからこうなるんだよ?あはっ」

こなた(なぜ……こんなことに……なってしまった……が……ま……)

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 12:44:27.33 ID:xbfwmWjL0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こなた(とかいう展開になったりして)タタタ

こなた(我ながらいろいろと失礼な妄想だなぁ)タタタ

こなた「はぁ……これが確か屋上の扉だったよね……」

こなた「……」ガチャッ

こなた「……あ……かがみ」

かがみ「……」

こなた「あ、あのさ……昨日、見てたんだよね?」

かがみ「……ごめん」

こなた「いや、それは」

かがみ「いいの……わかってるから。八つ当たりして悪かったわね」

こなた「や、そうじゃなくて」

かがみ「でもさ……ちょっと聞いてくれる?」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 12:50:22.70 ID:xbfwmWjL0

こなた「だ、だから」

かがみ「聞いてよ……」

こなた「……わかったよ。でも、その後で私の話も聞いてよ」

かがみ「うん……あのさ……私、こなたの親友だよね?」

こなた「……当たり前じゃん」

かがみ「でも……これ言ったら、もう親友じゃいられなくなると思う」

こなた「……それを……言う気なの?」

かがみ「もう、我慢できない……ていうか……もう、遅いんだけど……」

こなた「……」

かがみ「あの、あのね……私、こなたの事好きなの。大好き」

こなた「……え?これって……告白ってやつ……かな?」

かがみ「……そう。友達としてじゃなくって、恋人として好きだった」

こなた「だった?」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:08:36.94 ID:xbfwmWjL0

かがみ「そうよ、だったの。だからもう、忘れなさい」

こなた「……なんで?」

かがみ「なんでって……そりゃ、アンタには彼氏が」

こなた「いないよ、そんなの」

かがみ「え……」

こなた「まぁ、私の話も聞いてよ?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

かがみ「……」

こなた「というワケだったんだよ」

かがみ「……ふぇ」ポロポロ

こなた「ちょ!?いきなり泣き出すかな!?」

かがみ「だ、って……なんか……」ポロポロ

こなた「……安心した?」

かがみ「……うん」ポロポロ

こなた(かわいすぎるっ!)ズギュウウウウウウウウウウウン

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:16:09.37 ID:xbfwmWjL0

かがみ「で、でも……その……こんな告白したら……もう友達じゃいられないわよね……」

こなた「……そうだね……」

かがみ「……」ポロポロ

こなた「だってそれ以上になるもの」

かがみ「へっ?」

こなた「親友以上恋人以上ってやつだよ、かがみん」

かがみ「え、で、でも、こなた百合っけはないって、前に」

こなた「あー……いやー、まぁ、あの場はそういう空気だったからさ」

かがみ「……え……え」

こなた「まだ信じらんないかな……?……かがみん、ちょっとかがんで」

かがみ「?……はい」

ちゅ

かがみ「ちょ……」

こなた「信じた?」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:21:25.94 ID:xbfwmWjL0

かがみ「……うん」ポロポロ

こなた「全く、泣いてばっかし……そんなに私とちゅーできたの嬉しかった?」

かがみ「バぁカ……でも、うん……すごく嬉しい」

こなた「そ、そんなにストレートに言われると照れるなぁ」

かがみ「……」ギュー

こなた「ちょ……暑いよ、かがみん」

かがみ「そうね……」ギュー

こなた「離さないの?」

かがみ「離したくない」ギュー

こなた「……くふふ」

かがみ「う、うっさいわね……」ギュー

こなた「……私も離されたくないよ」

かがみ「……こなた」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:27:29.17 ID:xbfwmWjL0

♪キーンコーンカーンコーン

かがみ「あ、ヤバ……」スッ

こなた「……あ」

かがみ「授業始まっちゃう!いこ、こなた」

こなた「そ、そだね……」

こなた(もうちょっとしててもよかったのに……)


かがみ「じゃ、こなた……また後でね」

こなた「うん」

ガララ

みゆき「遅かったですね、泉さん。どうでした?」

こなた「いやぁー、ふふふ、その、まぁね?……付き合うことになった、みたいな」

みゆき「……やっとですか。おめでとうございます」

つかさ「おめでとー!」

こなた「やっとって、まぁ……確かに、私は鈍感だったみたいだね……」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:30:12.39 ID:xbfwmWjL0

こなた「かがみを探してたら、みんな『一緒じゃなかったのか』だし……」

こなた「ケンカしたって言ったら『柊が泉とケンカするなんておかしいな』だし……」

みゆき「周りから見ればそうでしょうね……。見ただけで大好きなのわかりましたから」

つかさ「そだねー、こなちゃんと一緒にいるときのお姉ちゃんが一番生き生きしてるもん」

こなた「なんか、照れるね……本人だけじゃなくて周りからも大好きなのまるわかりとか言われると」

ガララ

ななこ「おらー、席着けー!」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:34:54.91 ID:xbfwmWjL0

放課後

こなた「んーっ、終わったーっ!」

ガララ

かがみ「おっすみんな、帰ろー」

みゆき「あ、すいませんかがみさん。私、今日はちょっと用事が……」

つかさ「そうなの?じゃあ……「つかささん」……あ、そうか……私もちょっと今日は用事が」

かがみ「ん、二人でどっか行くの?」

みゆき「そんなとこですよ。では、失礼します。行きましょう、つかささん」

つかさ「うん。こなちゃん、お姉ちゃん、じゃあねー」


こなた「……気利かせてくれたね」

かがみ「気?……え、もしかしてもう話したの……?」

こなた「話すも何も……かがみんが私の事大好きでたまらないって教えてくれたの二人だし」

かがみ「へ、え?き、気づいてたの?」

こなた「曰く、丸分かりだったそうで」

かがみ「そ、そんなにあからさまだったのかしら……」カァァ

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:37:23.21 ID:xbfwmWjL0

てくてく

かがみ「……ねぇ、こなた」

こなた「なぁに?かーがみん」

かがみ「わざとらしいな……手、繋がない?」

こなた「あ……う、うん、いいよ」ゴシゴシ

かがみ「ありがと……」キュ

こなた「……へへへ」

かがみ「……ふふふ」

こなた「……あ、アレ尾間くんだ」

おまえら「……」テクテク

かがみ「ほんとだ」

こなた「……かがみん、ちょっと待ってて?」

かがみ「ちょ、どうしたの?」

タタタ

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:40:38.11 ID:xbfwmWjL0

こなた「尾間くーんっ」

おまえら「ん……?おお、泉。どうした」

こなた「うん、ちょっとお礼がしたくてね」ガサゴソ

おまえら「は、お礼?」

こなた「お礼。はいこれ」スッ

おまえら「ちょ、これ、え?下敷き……くれんの?」

こなた「そそ、あげる」

おまえら「でも、大事なんじゃないのか?」

こなた「まぁねー。でも、尾間くんのおかげでもっと大事な物に気づいたからさ」

おまえら「はぁ……?」

こなた「まぁ、キューピッドってとこかなー」

おまえら「よくわからんが……まぁ、そういう事ならありがたくもらうわ……あー、アスカかわええのう」

こなた「じゃー、またね」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:56:00.22 ID:xbfwmWjL0

タタタ

こなた「おまたへー」

かがみ「何話してたのよ?……まさか、未練があるとか」

こなた「それはないよ」

かがみ「じゃあ、なによ」

こなた「まぁ、私たちのキューピッドにお礼をねー」

かがみ「……あー、まぁ、そうね……あの人のおかげでこうなれたワケだし……」

こなた「うん。ね、かがみ?」

かがみ「なに?」

こなた「ちゅーしてよ」

かがみ「……ふふ。お安い御用よ、お姫様」

ちゅ

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:56:47.30 ID:xbfwmWjL0

終わった
続き書いてくださいお願いします!バイトの面接行ってくる!!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「佐渡島ハイヴ……ですか……?」 ミサト「えぇ。そうよ」