古泉「それにつけても」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「あれっ?鶴屋さん、どうしたんですか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 23:45:52.48 ID:jongqAto0

古泉「セックスしたいですよね」

キョン「そうだな」

古泉「女性器に男性器を入れる。たったこれだけの事なのですが」

キョン「その『たった』が難しいんだよな」

古泉「全く、困ったものです」

キョン「やれやれだな」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 23:46:38.40 ID:jongqAto0

古泉「SOS団には三人の女性がいますよね」

キョン「ああ」

古泉「女性器三つに男性器二つ。充分だと思うんですが」

キョン「数的にはな」

古泉「ああ。セックスしたい」

キョン「俺もしたいな、セックス」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 23:47:31.64 ID:jongqAto0

古泉「頼んでみましょうか」

キョン「誰に」

古泉「涼宮さんに」

キョン「殺されるぞ」

古泉「ですかね」

キョン「確実にな」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 23:48:41.64 ID:jongqAto0

古泉「朝比奈さんはどうでしょう」

キョン「正直したい」

古泉「ですよね」

キョン「でも断られるだろうな。それも泣きながら」

古泉「強姦はちょっと」

キョン「そうだな。和姦がいいな」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 23:50:21.57 ID:jongqAto0

古泉「長門さんは如何です?」

キョン「長門か……あいつはな」

古泉「駄目ですか?」

キョン「いや、可愛いとは思うんだが。何か妹みたいな感じがしてな」

古泉「あー、それ分かります。だからしたいんですよね」

キョン「……近親相姦願望を語ってんじゃねえよ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 23:51:51.69 ID:jongqAto0

古泉「妹と言えば、貴方の妹さん」

キョン「それがどうした?」

古泉「セックスさせてもらえませんかね」

キョン「……まあ、お前なら兄妹ではないから近親相姦ではないが」

古泉「是非、お願いします」

キョン「今度、話しておいてやる」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 23:53:11.50 ID:jongqAto0

古泉「オナニーしてますか?」

キョン「毎日な」

古泉「オカズは涼宮さんですか?」

キョン「いや。もっぱら朝倉だ」

古泉「あ、殺されかけたっていう」

キョン「あのスリルを思い出しながらするんだ。たまらんぞ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 23:54:48.44 ID:jongqAto0

古泉「僕のオカズは何ですかって?」

キョン「聞いてねえけど聞いてやる」

古泉「森さんが多いですね」

キョン「そうなのか」

古泉「大人の色気ってやつです」

キョン「森さんとセックスしてえ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 23:56:56.24 ID:jongqAto0

古泉「鶴屋さんって非処女ですかね」

キョン「どうだろな。もてるだろうし」

古泉「でも、意外と貞操は守りそうですよ」

キョン「だな。ビッチっぽくはないな」

古泉「『お姉さんに任せるっさ!』とか言って筆下ろししてくれませんかね」

キョン「処女に筆下ろしを任せるのか?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 23:58:35.78 ID:jongqAto0

古泉「ああ! セックス! セックス!」

キョン「叫ぶな」

古泉「貴方も叫びましょうよ! セックス!」

キョン「……セックス! セックス!」

古泉「セックス! セックス!」

キョン「セックス! セックス!」

長門「……うるさい」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:00:27.58 ID:KW3SJ3jA0

長門「さっきからうるさい」

キョン「悪い。古泉が興奮してな」

古泉「僕のせいですか」

キョン「まあ、俺も叫んだしな」

古泉「二人が悪いということで」

キョン「セックス」

長門「……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:01:58.18 ID:KW3SJ3jA0

長門「そんなにセックスがしたいの?」

古泉「セックス」

キョン「セックス」

長門「なら、朝倉涼子を再構成するから、頼んでみればいい」

キョン「セックス?」

古泉「セックス!」

長門「とりあえずまともに喋って」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:03:34.30 ID:KW3SJ3jA0

朝倉「あら? 私、再構成された?」

長門「彼らの願いを聞いてあげて」

古泉「セックス!」

キョン「させて!」

古泉「くだ!」

キョン「さい!」

朝倉「……」

長門「セックスがしたいそう」

朝倉「そう……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:05:24.77 ID:KW3SJ3jA0

古泉「この通りです」

キョン「俺も俺も」

朝倉「土下座までする?」

キョン「言われれば全裸で踊りもするが」

朝倉「私、そんなの見たくない」

古泉「僕の皮オナニーでも御見せしましょうか?」

朝倉「もっと見たくない」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:07:15.71 ID:KW3SJ3jA0

古泉「とにかく、僕らはセックスがしたい。ただそれだけなんです」

キョン「変な欲望や悪意は無い、童貞を脱却したいだけなんだ」

朝倉「有機生命体の考える事って良く分からないわ」

キョン「セックスしたら分かる」

古泉「セックスしなかったら分かりません」

朝倉「この人たち大丈夫?」

長門「手遅れ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:08:27.83 ID:KW3SJ3jA0

古泉「セックス!」

キョン「セックス!」

古泉「セックス!」

キョン「セックス!」

古泉「セックス!」

キョン「セックス!」

長門「何とかして」

朝倉「嫌よ……このインターフェイス、処女だし」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:10:04.56 ID:KW3SJ3jA0

古泉「処女……初物ですね」

キョン「俺たちで経験しないか?」

古泉「こうみえてもテクニシャンでしてね」

キョン「童貞だがな」

古泉「これはこれは」

キョン「ははは」

朝倉「どうすればいいの、これ?」

長門「セックス」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:11:55.78 ID:KW3SJ3jA0

朝倉「……ま、いいわ。何事も経験が大切だしね」

古泉「セックス!?」

キョン「セ、セックス!」

朝倉「とりあえず日本語で喋って」

キョン「あ、ああ……。でも、いいのか?」

古泉「そうですね。まさか本当にセックスできるなんて……」

キョン「今日はセックス記念日だな」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:13:45.73 ID:KW3SJ3jA0

朝倉「で? セックスってどうやるの?」

古泉「え?」

キョン「え?」

朝倉「知識はあるんでしょう?」

キョン「ネットとかで……」

古泉「エロ本とかで……」

長門「保健体育でしか……」

朝倉「何で長門さんが混じってるの!?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:15:38.32 ID:KW3SJ3jA0

古泉「つまり。男性器を女性器に入れるんです」

キョン「挿入こと」

古泉「あ、前戯ってのもするそうです」

キョン「前戯?」

古泉「挿入の前の準備段階です」

キョン「お前、頭いいな」

古泉「お褒めに預かり恐縮です」

朝倉「大丈夫なの?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:17:24.10 ID:KW3SJ3jA0

古泉「前戯……キスや、クンニなどですね」

キョン「キキキ、キッス?」

古泉「……ええ。ハードル高いですね」

キョン「なんたって童貞だからな」

古泉「童貞ですからね」

朝倉「ふぅん。まずはキス、か」

 チュッ チュッ

朝倉「こんなもんかしら?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:19:08.48 ID:KW3SJ3jA0

古泉「あああうううあああ」

キョン「ふうううあああかかか」

古泉「キ、キスされました」

キョン「く、唇にだぞ、おい!」

古泉「ひゃっほぉい!」

キョン「キスだキスだぁい!」

朝倉「なにこれ」

長門「……読書中。話しかけないで」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:21:07.98 ID:KW3SJ3jA0

朝倉「で? 次はどうするの?」

古泉「ふふふ、服を脱ぐんですよ、服を」

キョン「き、着たままでするのもあるが」

古泉「馬鹿っ!」

 バシーン!

キョン「ってぇ! 何すんだよ、古泉!」

古泉「童貞が、そんな高望みしてどうするんですか!」

キョン「! ……悪い。調子に乗ってたようだ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:22:57.54 ID:KW3SJ3jA0

古泉「とりあえず脱ぎました」

キョン「俺も脱いだ」

長門「私も」

キョン「お前は何で脱ぐ?」

長門「好奇心」

古泉「興味があるのはいいことです」

朝倉「私は脱ぐの?」

キョン「そうだろ?」

古泉「多分、そうです」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:24:34.36 ID:KW3SJ3jA0

朝倉「全部脱いだわよ」

古泉「これが……生の女性の裸……」

キョン「妹とは、全然違う……」

長門「……」

古泉「おっぱいが、揺れてます」

キョン「陰毛は、濃いんだな」

古泉「眉毛が濃いですから」

キョン「関係あるのか?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:26:39.79 ID:KW3SJ3jA0

朝倉「二人とも、股間が凄い事になってるわね」

古泉「うわっ……ガチガチです」

キョン「お前、皮被ってるのな」

古泉「貴方は小さいですね」

キョン「平均だよ! お前がでかいんだよ!」

古泉「……喧嘩はよしましょう。セックスです」

キョン「……ああ、セックスだ」

朝倉「二人同時にできるものなの?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:28:36.88 ID:KW3SJ3jA0

古泉「! ……それは」

キョン「3Pとかは聞いた事があるが」

古泉「初心者の童貞である僕たちでは」

キョン「危険だな」

古泉「ここはジャンケンで順番を決めましょう」

キョン「最初はグー」

長門「……なんて凄いオーラの量」

朝倉「ハンター、早く再開するといいわね」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:31:16.11 ID:KW3SJ3jA0

キョン「勝った! 勝ったぞ! ゴンさん、ありがとう!」

古泉「左手を使ってくるとは……完敗です。どうぞお先に」

キョン「あ、ああ。あ、朝倉しゃん、俺が最初だ」

朝倉「そう。じゃ、指示をお願いね」

キョン「ふひっ! えと、まず、キッスをだな」

朝倉「さっきしなかった?」

キョン「ももも、もう一度するの! 舌を入れるの!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:33:57.88 ID:KW3SJ3jA0

朝倉「ん……むにゅむにゅ……むぐ」

キョン「ねろねろねろねろねろ……」

古泉「……たまりません」

長門「何故、陰茎をしごいてるの?」

古泉「辛抱たまりません」

キョン「……ぷ、はあ。はあ……」

朝倉「ふう、ふう……」

キョン「あの、おっぱい触っていいですか?」

朝倉「うん」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:36:27.89 ID:KW3SJ3jA0

キョン「何だよこれ……柔らかすぎる……いい匂い……」

古泉「はあ、はあ、はあ」

キョン「ち、乳首吸うから!」

朝倉「ひゃい!」

キョン「ちゅっちゅっ! ねろねろ! ぐるんぐるん!」

朝倉「ちょっ、あん! 何か……だめっ!」

古泉「ふう……彼は何をしてるのでしょうか」

長門「セックス」

古泉「馬鹿馬鹿しい」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:39:59.02 ID:KW3SJ3jA0

朝倉「……何だか、身体が、熱い」

キョン「はっはっ、あ、足を、開いて」

朝倉「……ん……こう?」

キョン「これが……朝倉の……」

朝倉「何だか、恥ずかしい? こんな感情初めて……」

キョン「毛が濃いけど、ピンク色だ……」

古泉「長門さん、面白い本あります?」

長門「週刊セックスの新刊」

古泉「あ、それはもう読みました」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:42:35.22 ID:KW3SJ3jA0

朝倉「これ……から、どうするの?」

キョン「こ、こここ。ここに、俺の、このこれを、入れ、入れる」

朝倉「そう……。あの、キョンくん」

キョン「ななななななな、なに?」

朝倉「……優しく、してね?」

キョン「ふもぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっっ!」

長門「私の女性器は、どう?」

古泉「長門さん。女性が裸でいるもんじゃありませんよ」

長門「……」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:44:49.13 ID:KW3SJ3jA0

キョン「て、てかてか光ってる……ぬるぬるしてる……」

朝倉「うん……」

キョン「こ、ここに、こう……」

朝倉「んあっ」

キョン「あ、大丈夫か?」

朝倉「ちょっとびっくりしただけ」

キョン「そ、そうか」

古泉「涼宮さんと朝比奈さん、遅いですね」

長門「そう」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:47:04.93 ID:KW3SJ3jA0

キョン「んじゃ、朝倉……お邪魔しますっ!」

朝倉「んっ」

 つぷっ……

キョン「あっあっ、あああああああっ!」

朝倉「えっ?」

キョン「あああああああああ……ふう」

朝倉「え?」

キョン「……朝倉。お前なにやってんだよ」

朝倉「はい?」

古泉「彼女達にメールいれましょうか」

長門「遅すぎる」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:49:38.70 ID:KW3SJ3jA0

キョン「素っ裸で、足開いて……このビッチめ」

朝倉「え? でも、あれ?」

キョン「長門。朝倉をどうにかしてくれ」

長門「構成を解除する」

朝倉「ちょっ、酷い! 入れてもないのに! キョン君の早ろ……」

 シュウウウウ……

キョン「服、着るか」

長門「全裸は恥ずかしい」

キョン「ああ。全くだ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:52:35.85 ID:KW3SJ3jA0

古泉「ゲームでもしますか」

キョン「ああ。なにする?」

古泉「将棋……オセロ……チェス……軍戯……」

キョン「どれもやり飽きたな」

古泉「じゃ、じゃんけんで」

キョン「ふっ……俺に勝てるとでも?」

 バタン

みくる「遅れてすみません。すぐ着替えますので、あの……」

キョン「どうぞ」

古泉「御気になさらず」

みくる「で、でも」

長門「今の彼らなら、害はない」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:54:09.74 ID:KW3SJ3jA0

みくる「ふえええ」

 ヌギヌギ

キョン「……朝比奈さんって、さ」

古泉「いいおっぱいしてますね」

キョン「……セックス」

古泉「次は僕ですよ」

キョン「交渉は任せた」

古泉「ええ。泥舟に乗ったつもりでいてください」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:57:01.35 ID:KW3SJ3jA0

古泉「あの、朝比奈さん」

みくる「ふええ!? は、はい?」

古泉「不躾で申し訳ありませんが、僕らとセックスしませんか?」

みくる「セッ……え? ゲ、ゲームか何かですか?」

古泉「いえ、性行為のことですが」

キョン(いいぞ、古泉!)

みくる「ふえ……うえええええええええんっ!」

古泉「なっ! 何で泣くんですか?」

長門「朝比奈みくる。落ち着いて」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 00:59:27.47 ID:KW3SJ3jA0

長門「彼らは、セックスがしたいだけ」

古泉「そうです。セックスです」

キョン「セックス!」

みくる「……」

キョン「童貞は、朝比奈さんに捧げると決めてたんです!」

古泉「僕もです!」

長門「貴女の思考をいじってもいい。でも、できればしたくない」

長門「彼らとセックスをしてあげて」

みくる「……はい。分かりました……」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:02:00.24 ID:KW3SJ3jA0

古泉「では、朝比奈さん。そのまま下着を脱いで下さい」

みくる「……」

 シュルシュル……

キョン「でか! 生でみるとマジ、でっか!」

古泉「すごいボリュームですね」

 ボインボイン

みくる「……はやく、済ませてください」

古泉「ふふ……僕のテクニックを味わっても、そう言ってられますかね?」

キョン「童貞だけどな」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:04:16.62 ID:KW3SJ3jA0

みくる「やあ……古泉くん、そんなとこ……」

古泉「ふふ……まだまだですよ……ねろねろ」

キョン「何かあいつ、手馴れてるな」

長門「週刊セックスの通りにやってるだけ」

キョン「雑誌の受け売りかよ」

長門「しかし朝比奈みくるには効いている」

キョン「その雑誌、読ませてくれ」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:07:05.83 ID:KW3SJ3jA0

古泉「朝比奈さんは、毛が薄いんですね……」

みくる「やあ! もう!」

古泉「では……挿入致しますよっ!」

 ズブリ! グイッ! パンパンッ

みくる「いたっ! いたいっ! 古泉くん、いたいっですっ!」

古泉「我慢してください! 誰だって最初は痛いのですっ!」

キョン「なあ、長門」

長門「なに?」

キョン「古泉……穴を間違えてるよな?」

長門「そう。あそこは肛門」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:09:55.87 ID:KW3SJ3jA0

古泉「はっ、はっ、出ますっ! 出ますよ朝比奈さん!」

みくる「いたいよぉ……いたいよぉ……」

 ドビュルビュルビュルッ!

古泉「ふう……。朝比奈さん。どうもありがとうございました」

みくる「ぐすっ……うえええん」

キョン「なあ、古泉」

古泉「はい?」

キョン「お前、ケツの穴に入れてたぞ」

古泉「なん……だと……」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:12:11.72 ID:KW3SJ3jA0

キョン「どうする? もう一回、ちゃんと女性器に入れとくか?」

古泉「いえ。もう充分出しましたので」

キョン「そうか。じゃ、次は俺だな」

古泉「くれぐれも間違えないように」

キョン「間違えるか。朝倉ではっきり見てるわい」

古泉「そうですか。あ、長門さん、服を着て下さいよ」

長門「……分かった」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:14:02.32 ID:KW3SJ3jA0

みくる「えっぐっ、えっぐ……」

キョン「朝比奈さん、大丈夫ですか?」

みくる「……キョンくん……次は、キョンくんですか?」

キョン「はい。嫌ならいいんですよ」

みくる「いえ……いいんです、わたしは、もう……」

キョン(まだ処女ですよ貴女は)

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:17:30.60 ID:KW3SJ3jA0

キョン「じゃ、おっぱい揉ませてくださいね」

みくる「はいぃ……」

キョン「うっほ! でっけ! 手の平に収まらねえ! 凄え!」

みくる「ち、乳首をちょこちょこ弄るのはやめてくださぁい……」

キョン「たまんね! そうだ! 朝比奈さん、パイズリお願いしていいですか?」

古泉「それは! 危険です! 朝倉さんの二の舞になりますよ!」

キョン「なあに、男は度胸、何でもしてみるものさ」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:20:53.43 ID:KW3SJ3jA0

みくる「……胸の谷間に、キョンくんの……を挟んで……こうですか?」

キョン「はい。これでしごいて下さい」

みくる「はい……」

 ギュム

キョン「あああああああああああああああああああああああああっ!」

 ドビュルビュルビュルビュルビュルッ!

古泉「あー、少し乳圧が強くなっただけで……」

キョン「ふう、ふう……」

みくる「え? あ、あの」

キョン「朝比奈さん、早く着替えてください、ハルヒが来たら大変ですよ?」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:22:56.75 ID:KW3SJ3jA0

みくる「……ぐしゅっ」

長門「朝比奈みくる。落ち込まないで」

キョン「……結局、童貞は卒業出来なかったな」

古泉「ですね。なかなか、うまくはいかないものです」

キョン「世の中のリア充ってのが羨ましいぜ」

古泉「まったくです」

キョン「やれやれ」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:25:06.12 ID:KW3SJ3jA0

ハルヒ「さっきから見てたけど、あんたたち要領悪すぎ!」

キョン「な! ハルヒ!」

古泉「一体、いつ、どこから?」

長門「始めっから団長席に座っていた」

キョン「何だってー!」

古泉「驚愕の事実」

キョン「ハルヒ! じゃあ、セックスさせてくれよ!」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:27:51.56 ID:KW3SJ3jA0

ハルヒ「そうさせてあげたいのは山々なんだけどね」

古泉「何か問題でも?」

キョン「お前なら二本同時にとかいけそうじゃないか?」

ハルヒ「そうじゃなくって。あたし、実は男の娘だったのよ!」

キョン「なん……だと……」

古泉「機関も知らないこの事実!」

ハルヒ「ほら、おちんちん」

 ビィィィィィンッ!

キョン「古泉の三倍はある……!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:31:19.67 ID:KW3SJ3jA0

ハルヒ「ま、アナル処女くらいなら貰ってあげるわ」

古泉「貰って……?」

キョン「やばい! 俺たちのケツの穴を狙ってやがる!」

古泉「逃げましょう!」

長門「……」

キョン「ちょっ、長門! 通せ!」

みくる「……っ!」

古泉「朝比奈さん、通してください!」

ハルヒ「……逃げ場は、ないわよぅ……!」

 アーーーーーーーーーッ

 アーーーーーーーーーッ

 アーーーーーーーーーッ

 アーーーーーーーーーッ

 アーーーーーーーーーッ


 …………。

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 01:38:32.41 ID:KW3SJ3jA0

―次の日―

古泉「それにつけてもセックスしたいですよね」

キョン「そうだな」

古泉「……お尻、痛いですね」

キョン「三十回はやられたからな」

古泉「考えたんですが、長門さんに頼むのはどうでしょう?」

キョン「もう妹っぽいとか言ってられないか」

長門「断る」

キョン「え……何でだよ!」

長門「昨日は全裸にまでなったのに、二人とも何もしなかった」
長門「私にもプライドはある」

古泉「……貴方がいけないんですよ。長門さんを蔑ろにしたから」

キョン「お前だって手をつけなかっただろ!」

ハルヒ「うるさい! またヒィヒィ言わせるわよ!」

キョ泉「ごめんなさい!」

 【Cherry End】

148 名前:南部十四朗 ◆pTqMLhEhmY [sage] 投稿日:2010/07/15(木) 01:40:40.83 ID:KW3SJ3jA0

 酷い文ですね、これは。
 しかし、それにつけてもセックスしたいですよね
 皆様お休みなさい。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「今年は阪神が頂いたも同然ね!」