ハルヒ「ちょ!みくるちゃんが意識不明の重体よ!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「ねえ、シンジ。キスしよっか」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:15:49.38 ID:9K6WLzhf0

長門「一刻も早く病院に運ばないと命が危険」

キョン「な、なんだって!?一体どうしてそんなことになったんだ!?」

長門「頭部に傷がある。相当なショックを与えられた可能性がある」

古泉「それは大変ですね・・・」

キョン「早く運ばねえと大変なことになっちまう!!」

ハルヒ「でも・・・ちょっと待って!」

キョン「ん?どうした?一刻を争う事態なんだ!
    くだらないことだったら承知しないぞ!?」

ハルヒ「なんでみくるちゃんは全裸なの?」

キョン「!!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:17:58.59 ID:9K6WLzhf0

キョン「た、確かに……」

長門「原因は不明」

キョン「…はっ!!」

キョン「古泉!!まさかお前ッ!!」

古泉「な、なんですか!?僕は何も知りませんよ!?」

ハルヒ「そうよキョン!古泉くんはそっちじゃないでしょうが!」

長門「」コクリ

キョン「それもそうか」

古泉「皆さん?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:21:02.61 ID:9K6WLzhf0

キョン「となると今一番大事なことは……」

長門「一刻も早く朝比奈みくr」

キョン「朝比奈さんの服を探すことだな!」

ハルヒ「あらキョン!今日は冴えてるわね!」

キョン「なーに、大したことはないさ」

ハルヒ「あ、でもその前に少しお茶しない?
    あたしのど乾いちゃったわ」

古泉「そうですね。僕も少しのどが渇いてきました」

キョン「それなら仕方がないな。腹が減っては戦はできぬというし」

長門「…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:24:15.42 ID:9K6WLzhf0

キョン「よーし!お前ら席に着け!」

ガタタッ ガタッ

キョン「…」

ハルヒ「…」

古泉「…」

キョン「…」

古泉「…?」

ハルヒ「……ちょっとみくるちゃん!!何してんのよ!?早くお茶!!」

ハルヒ「あっ!!」

キョン「どうしたハルヒ?」

ハルヒ「みくるちゃん倒れてるじゃない!!」

古泉「これはこれは、僕としたことが」

キョン「そうだった!忘れちまってた!!じゃあ誰がお茶淹れるんだ!?」

ハルヒ「そんなのあんたに決まってんじゃない!!さっさとしなさい!」

キョン「やはりそうなるか、へいへい」ガタッ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:27:28.41 ID:9K6WLzhf0

キョン「ズズーッ……ふぅ」

古泉「落ち着きますね」

ハルヒ「そうねー…」

キョン「朝比奈さんのお茶には劣るが、今回は割といい出来だと自負している」

ハルヒ「あんまり調子乗ってんじゃないわよ」

古泉「でも、確かに美味しいですよ、これ」

キョン「だろう?お茶っ葉に家の庭の草使ったからな」

ハルヒ「」ブッ!!

ハルヒ「ゲホゲホッ!!な、なんですって!?」

キョン「冗談だ」

ハルヒ「びっくりさせないでよね!もう!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:30:53.19 ID:9K6WLzhf0

古泉「しかし」

キョン「ん?どうした古泉」

古泉「僕たちは、何か大切なものを忘れているような…」

ハルヒ「何?」

古泉「なんでしょうか、忘れてしまっているのですぐには答えられません」

キョン「なんだ?気になるじゃねぇか」

古泉「そもそも何故お茶を飲み始めたんでしょう?」

ハルヒ「のどが渇いたから?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:48:41.16 ID:9K6WLzhf0

キョン「そうか!!」

ハルヒ「何?どうしたの?」

キョン「長門のお茶がねぇじゃねぇか!!」

古泉「おやおや」

長門「わたしは別に構わない…それより朝h」

ハルヒ「ちょっと何してんのよみくるちゃん!!有希がかわいそうじゃない!!」

キョン「ちょ、ちょっと待て!全てを朝比奈さんのせいにするのはどうかと……え?」

キョン「あ、朝比奈さん!?!?」

ハルヒ「ちょっと!!全裸で何してるのよ!?」

古泉「これだ、忘れてたのこれだ」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:52:59.83 ID:9K6WLzhf0

キョン「長門!!朝比奈さんに一体何があったってんだ!?」

長門「頭部を強打し、意識不明の重体」

ハルヒ「な、なんですって!?」

キョン「大変じゃねぇか!!」

長門「一刻も早く運ばないと、命に危険がある」

ハルヒ「それは大変!!キョン!!早く運びなさい!!!」

キョン「ちょ、ちょっと待てハルヒ!!」

ハルヒ「何よ!!急な事態なのよ!?しょうもないことだったら承知しないから!!」

キョン「思うんだが……何故朝比奈さんは全裸なんだ?」

ハルヒ「……キョン、あんた素晴らしいわ。誰もが見落としていたところに気がつくなんて!!
    SOS団「探偵」の役職を与えてもいいくらいねっ!!」

キョン「そりゃどうも」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:55:56.85 ID:9K6WLzhf0

古泉「と、とにかく!このままでは朝比奈さんが少し哀れです」

キョン「そうだな!」

ハルヒ「となると……」

長門「朝比奈みくるの生命活動が著しく低下しt」

ハルヒ「まずはみくるちゃんの服を探すべきだわ!!
    キョンみたいな野蛮な生物がいるのに全裸だなんて死んだ方がマシよ!!」

キョン「おいおい!なんだよその言い方は!!」

ハルヒ「いいからさっさと探してきなさい!!」

古泉「行きましょう!!」

キョン「…っち、しょうがねぇなぁ」

ガチャリ

タッタッタッタ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:59:09.94 ID:9K6WLzhf0

ハルヒ「みくるちゃん!しっかりしなさい!!みくるちゃん!!」ユサユサ

長門「…」

ハルヒ「もう!!何やってんのよあの二人は!!
    既に30分は経ってるわよ!?服の一つくらいさっさと見つられないのかしら!!」

ガチャリ

ハルヒ「あ!帰ってきたわ!!」

キョン「いや〜、フィーバーだったな」

古泉「そうですね、まさか1000円で入るとは……運がいいものです」

キョン「ハルヒ!飯行こうぜ!パチンコで2万勝ったぞ!!」

ハルヒ「あんたら!!!!服は!?!?!?!?」

キョン「ん?」

古泉「はい?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:02:01.11 ID:9K6WLzhf0

ハルヒ「みくるちゃんの服よ!!!!!!」

キョン「朝比奈さんの服?」

古泉「どうかされたのでしょうか…?」

ハルヒ「もういいわあんた達!!あたしが行ってくるからそこで待っときなさい!!!!」

キョン「舞っとくだと?」

ハルヒ「そうよ!!」

ハルヒ「だらしないあんたらは、帰ったら死刑だから!!」

キョン「お、おい!ちょ!ハルヒ!!!」

古泉「困りましたね…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:05:29.89 ID:9K6WLzhf0

キョン「ハァ……ハァ……」

キョン「もう、限界だ……何時間舞えというんだあいつは……」

古泉「さすがの僕も……疲れてきましたね」ウィーン、ガシャン、キュイン、ウィーン

キョン「しかし驚きだな……お前のロボットダンス、めちゃくちゃキレがいいじゃねぇか」

古泉「そうですか?」チュイーン、パヤパヤパヤパ、ギャーーーーーーーーー、マメマメマメマメ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:09:34.19 ID:9K6WLzhf0

キョン「あーもう我慢できん!!」

キョン「ハルヒのやつは何やってんだ!?!?」

キョン「古泉!!電話かけてみろ!!」

古泉「はい」

prrrrrrr prrrrrrr

古泉「あ、涼宮さんですか?僕です」

古泉「え?いや、はい僕でs、いえいえ!は?ちょ、ちょっと!!」

古泉「涼宮さん!?涼宮さん!?」

キョン「おい、どうした?」

古泉「切られてしまいました……
   『あんたまだそんな詐欺やってんの?もう古いわよ!!あたしを引っかけようなんざ百年早いわ!!』
   だそうです」

キョン「あいつ……
    貸せっ!!俺がかけなおす!!」

古泉「お願いします!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:13:00.65 ID:9K6WLzhf0

キョン「ハルヒ!!俺だ!!」

ハルヒ『ああキョンね、何よ』

キョン「何よじゃねぇだろうが!!
    今どこにいる!?」

ハルヒ『どこって、家にきまってるじゃない』

キョン「はぁ!?お前!!朝比奈さんの服はどうした!?」

ハルヒ『みくるちゃんの服?なによそr………っは!』

ハルヒ『……えへっ☆』

キョン「今すぐ来い!!!!いいな!!!」ブツッ

キョン「あの馬鹿野郎!!」

古泉「とりあえず涼宮さんの到着を待ちましょう!!」

長門「もう手遅れ」

キョン「ん?何がだ?」




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:16:29.33 ID:9K6WLzhf0

古泉「手遅れとは?」

長門「朝比奈みくるの生命活動停止を確認」

キョン「な、なんだって!?!?」

キョン「どうして早くそれを言わなかった!!!」

古泉「お、落ち着いてください!!長門さんを責めても朝比奈さんはもうもどりません!!」

長門「!!」

キョン「どうした!?」

長門「奇跡。朝比奈みくるが活動を再開した」

キョン「うおー!!!よかった!!よかった!!」

ハルヒ「お待たせ!!」ガチャッ ズンッ!!

ハルヒ「ん?なんか踏んだわ」

キョン「あ、朝比奈すわぁぁぁぁああああん!!!!!!!!」

長門「奇跡。朝比奈みくるの生命活動停止を確認」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:19:25.19 ID:9K6WLzhf0

キョン「ハルヒ!!!てめぇ!!!」

ハルヒ「ちょ、みくるちゃん!!!大丈夫!?」

ハルヒ「大丈夫です〜(裏声)」

ハルヒ「何よ!びっくりしたじゃない!」

キョン「なんだよ長門。朝比奈さん生きてるじゃねぇか」

長門「…」

古泉「一安心です」

キョン「いやー、よかった」

キョン「ところで古泉」

古泉「はい、なんでしょう?」

キョン「ずっと気になってたんだが、お前なんで女生徒用のブレザー着てんだ?」

古泉「はい?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:22:28.19 ID:9K6WLzhf0

古泉「えぇ!?な、なんで僕はこんなものを!?」

キョン「俺が知るかよ!!誰のだよそれ!気色悪いから早く脱げ!!」

古泉「か、かしこまりました!!」

ハルヒ「古泉くん……」

古泉「違うんです!!違うんです!!」クネクネ ヌギヌギ

古泉「やっと脱げました!」

キョン「お、お前パンティーはいてんぞ?」

古泉「ひえぇぇええ!?摩訶不思議!!」ヌギヌギ

ハルヒ「古泉くん……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:24:53.77 ID:9K6WLzhf0

キョン「おま!!このブレザー!!タグのところに「朝比奈みくる」って書いてあるぞ!?」

ハルヒ「なんですって!?!?」

古泉「違うんですって!!」

ハルヒ「何が違うのよ!!」

キョン「いや!今はそれどころじゃねぇ!!早く朝比奈さんにこの服を着させてあげるんだ!!」

ハルヒ「え、ええ!!わかったわ!!」

キョン「俺達二人は外で待っておく」

ハルヒ「ええ!!着替えが完了したら呼ぶわ!!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:27:15.86 ID:9K6WLzhf0

キョン「ふぅ……ようやく一段落したな」

古泉「そうですね」

キョン「目的である朝比奈さんの服を見つけることもできたし」

古泉「ええ、今日の団活はこれにて終了、といったところでしょうか」

キョン「そうだな、今日はなんだか疲れちまった」

古泉「奇遇ですね、僕もです」

ハルヒ「いいわよ!!」

キョン「お、お呼びだ」

古泉「ええ」

ガチャリ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:30:27.53 ID:9K6WLzhf0

ガチャリ

キョン「いやー、疲れたな」

ハルヒ「ちょ、ちょっと古泉くん!!!!」

古泉「はい?」

ハルヒ「どうして全裸なのよ!!!早く服着なさいよね!!」

古泉「あ、これはこれは、僕としたことがとんだ失態を……っは!」

キョン「ん?どうした?」

古泉「僕の制服がありません!!」

キョン「なんだって!?今度はお前の制服がないのか!?」

ハルヒ「こうなったら3人で探しに行くわよ!!」

キョン「おお!!」&古泉「ええ!!」

ガチャバタン

長門「…」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:34:24.26 ID:9K6WLzhf0

長門「あの3人には任せていられない」

長門「3人が騒いでいる間に、わたしはどうしてこのような事象が発生したのか
   情報収集に努めていた」

長門「結果、判明した事実がある
   それを今からあなたたちの脳に伝達する作業に入る」

長門「これからお送りする光景は、1時間前の文芸部室
   朝比奈みくるの真実がそこにある」



みくる「ふぅ……なんだか疲れちゃった
    SOS団内では気を使うばかり。クラスではまだマシだけど、未来からの指令を守るために決まった行動を取らなきゃいけないし
    どうしてわたしはこんなに不幸なんだろう」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:37:42.77 ID:9K6WLzhf0

みくる「一度でいいからハメを外してみたいな……」

みくる「……」

シーン

みくる「……」

みくる「……うひひっ」

みくる「うひひひっ!うひょ!うひょおひょうひょよー!!!!!」ガタタッ

みくる「いえーーーーーーーー!!!!!」

みくる「こんなもん着てられっかァ!!!!」ヌギヌギジタバタ

みくる「ひゃっほーーーーーーーーーーーう!!!!!!!」ツルッ

みくる「あ」ドゴンッ!!

みくる「……」

シーン……………………



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:39:49.36 ID:9K6WLzhf0

古泉「ふぅ〜、今日はなんだか早めに到着してしまいましたね」

ガチャリ

古泉「おや?
   あ、朝比奈さん?」

みくる「……」

古泉「反応が無いですね……」ゴクリ

古泉「脱ぎ捨てられた服」

古泉「誰もいない部屋」

古泉「んっふ」

終わり


最後ダレちゃった
ありがとう



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督のお引越し〜GOOD BYE!〜