キョン「俺の歌を聴け!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:光彦「灰原さんって何カップなんですか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 00:36:20.87 ID:nIxoERwL0

〜SOS団活終了後〜


キョン「バンド?」

みくる「はい!バンド組みませんか?」

キョン「なんか楽器出来んのかよ」

みくる「べ、ベースなら」

キョン「そうかい」

みくる「あの…ダメですか?」

キョン「ダメなんて言ってねえじゃねえか」

みくる「わぁ…ありがとうございます!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 00:40:25.00 ID:nIxoERwL0

キョン「はぁ…そんじゃ帰るか、じゃあな」

みくる「え、待ってください!バンドの打ち合わせを…」

キョン「二人で打ち合わせしてどーすんだよ」

みくる「そ、それはそうですけど…」

キョン「しばらくはメンバー集めだな、そんじゃあな」

みくる「あ、は、はい!さようなら!」

みくる(キョン君とバンド組んじゃった////)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 00:43:46.09 ID:nIxoERwL0

キョン「オーレーノウタヲーキーイーテー」タッタ

佐々木「おや、キョンじゃないか!久しぶりだね!」

キョン「よお、佐々木じゃねえか。そのしゃべり方は治ってねえのな」

佐々木「くつくつくつ、いいじゃないか。君こそ相変わらず歌を歌ってるんだね」

キョン「まあな」

佐々木「まだ時間はあるかい?久しぶりなんだ、そこの喫茶店にでも入らないかい?」

キョン「別にいいぜ」

佐々木「それじゃあ決まりだね」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 00:46:10.63 ID:nIxoERwL0

佐々木「…キョン、何か悩みでもあるのかい?」

キョン「なんで」

佐々木「眉間のしわ」クイックイッ

キョン「人の眉間いじんじゃねえよ」

佐々木「くつくつくつ、で、何を悩んでいるんだい?」

キョン「ああ、バンドを組んでな」

佐々木「バンド?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 00:48:46.45 ID:nIxoERwL0

キョン「バンドだよ」

佐々木「いいじゃないか、メンバーの仲が悪いのかい?」

キョン「メンバー自体がいねえんだよ」

佐々木「ほう」

キョン「まだギターとベースだけだ」

佐々木「ギターはキョンとして…ベースは?」

キョン「朝比奈みくる、知ってんだろ」

佐々木「朝比奈さん…か」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 00:54:15.57 ID:nIxoERwL0

佐々木(恋敵が好きな人と一緒にバンドか…これは阻止しないと後々…)

佐々木「キョン、君のバンドはあと何が必要なんだい?まさかギターとベースだけってことはないだろう?」

キョン「最低でもあと二つだな」

佐々木「あと二つ?」

キョン「ドラムとキーボードは欲しいところだ」

佐々木「キーボードか…僕はピアノやってたからキーボード得意だよ」

キョン「そうかい」

佐々木「キョン」

キョン「なんだよ」

佐々木「僕をメンバーに入れてくれないかい?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 00:57:45.85 ID:nIxoERwL0

キョン「楽器できんの」

佐々木「キーボードならね」

キョン「そうかい、じゃあ頼むことにするぜ」

佐々木「くつくつ、任せてくれ」

キョン「ああ、最高のバンドにしようぜ」

佐々木(朝比奈さんの思惑通りにはさせないよ)

キョン「っと、もうこんな時間じゃねえか。帰ろうぜ」

佐々木「ああ、そうだね」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:00:27.57 ID:nIxoERwL0

キョン「ヨゾラヲーカケルー」

佐々木「ねえキョン」

キョン「ん?」

佐々木「朝比奈さんとバンドはいつ組んだんだい?」

キョン「3時間くらい前じゃねえの?」

佐々木(早っ!)

キョン「トキメキートーホホエミーヲー」

佐々木(まあ、思い立ったら行動って言うしね…)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:04:19.97 ID:nIxoERwL0

佐々木「ここまででいいよ」

キョン「そうか?そんじゃあまたな」

佐々木「あ、ちょっと待ってくれないかい……はい、これ」

キョン「ああ、そういや連絡先聞いてなかったな」

佐々木「くつくつ、まあいいじゃないか。これで知ったんだ、帰ったら連絡くれるんだろうね」

キョン「ああ、そんじゃあな!」タッタッタ

佐々木(ふふ…キョンと一気に仲良くなれた気がするなぁ…)

佐々木「オーレーノウタヲキーケーバー」

佐々木(………この後なんだっけ?)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:09:58.51 ID:nIxoERwL0

〜キョンの部屋〜

キョン「お前がー風になるなーらー」ジャガジャガ

キョン「果てしないー空になりたーいー」ジャガジャガ

ピリリリリリリ  ピリリリリリリリ

キョン「電話…ったく、何」

ハルヒ「何じゃないわよ!あんた明日の放課後暇でしょ!?ちょっと残りなさい」

キョン「なんで」

ハルヒ「なんでじゃなくて!あんたに話があんのよ!」

キョン「今言えよ」

ハルヒ「い、今はちょっと…と、とにかく明日の放課後残りなさい!いいわね!」ブチッ

キョン「お、おい!…ったく、どーやったらこいつみたいに自分勝手な奴になるかね」

キョン「親のツラ拝んでやりたいぜ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:13:51.86 ID:nIxoERwL0

〜次の日  朝〜

キョン「ふぁあああ」バタン

ハルヒ「キョン!なんであんたは来るなりすぐ寝ようとするのよ!」

キョン「うるせえな!眠いから寝るんだろうが」

ハルヒ「なによ!だいたいあんたね…」



あの…かれを………

????「キョン君、二年の先輩が呼んでるわよ」

キョン「あん?」

ハルヒ「みくるちゃん?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:17:40.26 ID:nIxoERwL0

ハルヒ「みくるちゃんどうしたの?」

みくる「いえ、あの…キョン君にお話が」




キョン「なに」

みくる「新しいメンバーが見つかりましたよ」

キョン「ああ、言い忘れてたけどキーボードなら…」

みくる「いえ、大丈夫です。ドラムですから」

キョン「へ…これで本格活動できるな」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:23:14.81 ID:nIxoERwL0

みくる「じゃあ詳しいことは放課後…キーボードの方と会ってみたいですし」

キョン「楽しみにしてな、じゃあな」

みくる「はい!失礼します」



ハルヒ「……みくるちゃんなんだって」

キョン「あん?なんでそんなこと報告しなきゃいけねえんだよ」

ハルヒ「気になるじゃない!」

キョン「そうかい」バタン

ハルヒ「だからあんたは何で会話の最中に寝るのよ」グイグイ

キョン「うるせえな!ひっぱんじゃねえよ」

ハルヒ「顔、見て、話し、しなさいよ!」グイグイ

キョン「ったく、なんだよ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:25:25.53 ID:nIxoERwL0

ハルヒ「あんたみくるちゃんと付き合ってんの?」

キョン「なんで」

ハルヒ「じゃあ答えなさいよ、みくるちゃんなんだって?」

キョン「なんでもねえよ」バタン

ハルヒ「いーじゃない、けち!」グイグイ

キョン「だからひっぱんなっての!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:29:21.88 ID:nIxoERwL0

〜放課後  SOS団活動中〜


キョン「ヨゾラヲーカケルー」ジャガジャガ

古泉(ふむ…いつもと何か空気が違いますね)

みくる「〜〜〜〜〜」ルンルンルン

ハルヒ(イライライライラ)

古泉(なるほど、あの日ですか。女性も大変ですね)

ハルヒ(イライライライラ)

古泉(今はまだ彼の歌がかろうじて閉鎖空間を押しとどめていますが…)

キョン「モエルオーモイヲノーセテー」

古泉(歌が終わると同時に)

キョン「トツゲキラブハーット…と」ジャガジャン



ピリリリリリリ

古泉「バイトですね、失礼します」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:36:20.68 ID:nIxoERwL0

〜SOS団活終了後〜


キョン「ハルヒ、何のようだよ」

ハルヒ「あんたから話かけといてなによ」

キョン「お前が昨日電話で「放課後話がある」っていってたんじゃねえか」

ハルヒ「あ、ああ。そのことね/////」

キョン「熱あんのか」

ハルヒ「な、ないわよ!」

キョン「顔真っ赤だぜ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:42:26.21 ID:nIxoERwL0

ハルヒ「え、ウソ!?/////」

キョン「で、なんだよ」

ハルヒ(顔真っ赤!?自分でも火照ってるのわかるし/////)

キョン「おい、聞いてんのか!」

ハルヒ(やっぱりまだ告白は早いかな…昨日は勢いで電話しちゃったけど)

キョン「ったくどうやったらこんな至近距離で話きかねえ奴になんだよ、おい!ハルヒ!」

ハルヒ(でもキョンと付き合いたいな////)

キョン「おい!ハルヒ」

ハルヒ(付き合ったら…//////)

キョン「………お前ホントどしたの」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:45:49.27 ID:nIxoERwL0

キョン「おい、お前ホント大丈夫かよ」

ハルヒ「ふぇ!?」

キョン「意識ぶっ飛んでたんじゃねえのか?」

ハルヒ「え、あ、いや//////」

キョン「ったく、ホント大丈夫かよ」

ハルヒ「だ、大丈夫よ!話はまた今度でいいわ!じゃ、じゃあね」ダッタッタッタ

キョン「おい!急に走るt…」

キョン「あいつなんなんだよ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:50:34.29 ID:nIxoERwL0

キョン「すまねえな、ハルヒの野郎に呼ばれてたんだが…」

みくる「涼宮さんにですか?」

キョン「ああ、要件言う前に走って帰っちまったけどよ」

みくる「そうですか(涼宮さんキョン君のこと好きなんだろうな……)」

キョン「そんなことよりドラムはどこにいんだよ?」

長門「ここ」

キョン「お前いたの」

長門「いた」

キョン「そうかい、お前ドラムできるんだろうな?」

長門「任せて」ブイッ

キョン「宇宙人パワーはなしだぜ?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:55:02.12 ID:nIxoERwL0

長門「なぜ?」

キョン「歌はハートだからな、お前が変な力使うとお前のハートが伝わらねえよ」

長門「ハート?」

キョン「ああ、お前の気持ちだよ」

長門「私の気持ち…」

キョン「よく考えてみるんだな、そんじゃあキーボードの奴を駅前の喫茶店でまたしてあるんだ」

みくる「わあ!楽しみです!」

長門「とても楽しみ」

キョン「それじゃあ行こうぜ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 01:57:24.52 ID:nIxoERwL0

〜駅前 喫茶店〜

佐々木「キョン、ここだよ」

キョン「ワリい、遅くなっちまったな」

みくる「あ、佐々木さん!こんにちわ」ペコッ

長門「こんにちわ」ペコッ

佐々木「こんにちは朝比奈さん、長門さん」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 02:02:17.97 ID:nIxoERwL0

キョン「さて、ギターにベースにキーボードにドラムがそろったな」

みくる「一日でバンド作れちゃいましたね」

キョン「作る時間なんか関係ねえよ、大事なのは俺たちのハートだ。時間なんかじゃねえ!」

みくる(カッコいいなぁ//////)

佐々木(くつくつ、惚れなおすじゃないか/////)

長門(女は黙ってジンジャーエール)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 02:08:42.24 ID:nIxoERwL0

キョン「そんでだ、バンドの名前を決めようぜ、みんなのアイデアを出してくれ」

みくる「私はキョン君に決めてもらいたいです」

佐々木「これには僕も同意見だね」

長門「同じく」

キョン「なんでだよ」

みくる「名前なんてどうでもいいじゃないですか、大事なのはハートでしょ?」

キョン「みくる…そうだな、名前なんかどうだって…良くはないけど大事なのはハートだな」

佐々木「くつくつ、僕は知ってるよ。君が昔からバンドを作ったらつけようとしている名前があることをね」

キョン「なんで知ってんだよ」

佐々木「塾の帰り教えてくれたじゃないか」

キョン「そんなことあったか?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 02:15:40.08 ID:nIxoERwL0

佐々木「あったさ、今でも覚えているよ」

佐々木「「俺の熱いハートが伝わってお前らのハートが爆発するようなサウンドを作りたい!」って」

キョン「今思うとしたかもしれねえな」

みくる「素敵じゃないですか、私たちの熱いハートをぶつけましょうよ!」

長門「ぶつける」ビシッ

佐々木「ぶつけよう、僕たちの熱いハートを!」

キョン「…ああ、ぶつけてやろうぜ!俺たちの熱いハートを!」





キョン「俺たちのバンド名は「Fire Bomber」だ!」








そうして今日、ここで伝説のバンド「Fire Bomber」が結成された

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 02:22:44.87 ID:nIxoERwL0

〜次の日〜


佐々木「ああああああ!!!!!!!」

キョン「そうだ!ハートだ!熱いハートをぶつけるんだ!!!!」ジャガジャガジャガ

佐々木「あああああああ!!!!!!!!」

キョン「そうだ!!!!いくぜ!!!!」ジャガジャガジャガ

佐々木「にっじゅうよーじかーんうごめーくまちーをー!!!!」

キョン・佐々木「とぅなーいとぅなーい!かーけぬけるー!!!!」



みくる「気合い入ってますね…でもボーカルを佐々木さんには譲りませんよ」ギュイー

長門(ズダダダドダッタドドドッタカッカッカドドド)

みくる(長門さんのドラム凄い…負けてらんないな)

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 02:27:56.71 ID:nIxoERwL0

佐々木「つ…つかれるね…」ゼェゼェ

キョン「お前のハートがビンビン伝わってくる最高のサウンドだったからな」

佐々木「そ…そうかい(お礼をいう余裕もないよ)」ゼェゼェ

キョン「みくる!準備はいいか!」

みくる「は、はい!」

キョン「そんじゃあいくぜ」ジャガジャガジャガ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 02:32:17.35 ID:nIxoERwL0

みくる「さあはじまるぜさたでないっ!!!!!」

キョン「まだだ!もっと俺にハートをぶつけるんだ!!!」ジャガジャガ

みくる「ちょーしはどうだい!!!!!」

キョン「まだいける!ハートをぶつけろ!!!」ジャガジャガ



佐々木(朝比奈さんの歌声綺麗…けどハートなら負けない!)

長門(ドッドドカッカドンカッドンドンカドドッドドカカドズタタタタ)

佐々木(長門さん…ホントに情報操作していないの?)

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 02:38:24.20 ID:nIxoERwL0

〜時は流れ一週間後〜


キョン「聞いてくれ!俺達ボンバーの初ライブが決まった!」

佐々木「場所はどこだい?」

キョン「○○公園の特設ライブ会場、日曜日の夜7時だ」

みくる「初めてのライブですから…緊張しますね」

長門「緊張する」

佐々木「ふふ、みんなで頑張ろう」

キョン「俺たちの熱いハートをぶつけてやろうぜ!!!」

キョン「いくぜ!」

全員「ボンバー!!!!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 02:43:00.44 ID:nIxoERwL0

〜当日〜

みくる「え…」

長門「……」モグモグ

佐々木「お客さん…3人しかいない…」

キョン「別にいいじゃねえか」

みくる「でも…」

長門「………」モグモグ

キョン「俺たちのサウンドを聞いてくれる人がいる、それだけで十分だ」

佐々木「キョン…」

キョン「人数なんか関係ねえ、俺たちのサウンドを爆発させようぜ!」

長門「………」モグモグ

キョン「いくぜ!」

長門「………」ゴクン

全員「ボンバー!!!!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 02:46:03.40 ID:nIxoERwL0

佐々木(いざステージに立つと…)

みくる(足が…震える…)

長門(………冷え性?)

キョン(へ…待ちに待ったステージの上だ…)

キョン「そんじゃあ一曲目いくぜ!プラネット・ダンス!!!」ジャガジャガ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 02:49:32.80 ID:nIxoERwL0

キョン「さあはじまるぜさたでないっ!!!!」ジャガジャガ

キョン「ちょーしはどーだい!!!」ジャガジャガ

キョン「れすたんだっぷ!!!!」ジャガジャガ

キョン「ビートを感じるかいー!?」ジャガジャガ

佐々木・キョン「ノーモーワトゥンラブ!!!!」ジャガジャガ

佐々木・キョン「あいをーむだにすーるな!!!!」ジャガジャガ

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 02:58:04.07 ID:nIxoERwL0

〜ライブ終了後〜

キョン「初ライブの客は3人だったがお前らどうだった」

佐々木「最初は緊張したけどだんだん楽しくなってきたよ」ドキドキ

みくる「もっともっと歌いたいってなる…」ドキドキ

長門「同じく」

キョン「きっと今日の客にも俺たちのハートが伝わってるさ」

キョン「じゃあ帰ろうぜ」

佐々木「まって、せっかくボンバーの初ライブが終わったんだ。打ち上げぐらいしようよ」

みくる「そうですよ、うちあげしましょうよ」

長門「肉」

キョン「ったく、そんじゃあ行くか!」

長門「者どもついてこい」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 03:00:30.62 ID:nIxoERwL0

〜某焼肉店〜

????「本日は得々コース四名様でよろしいですか?」

キョン「ああ」

みくる「はい」

佐々木「お願いします!」

長門「うむ」



キョン「それじゃあ…いくぜ!」

全員「ボンバー!!!!」カチィーーーン

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 03:06:47.07 ID:nIxoERwL0

キョン「お、このカルビもらうz」

長門「さわんじゃねえ!」

キョン「お、おう…」

長門「これは私が焼いているやつ」

キョン「あ、ああワリいな…」

みくる「………」

佐々木「………」

みくる「………あ、すみません。チシャ菜ください!」

佐々木「私のもお願いします」

長門「ユッケ」

????「すみません当店ではユッケを扱っていないんですが…」

長門「なん…だと…」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 03:12:25.92 ID:nIxoERwL0

みくる「ふう、今日は楽しかったです」

佐々木「ああ、たまにはこういうのもいいものだね」

長門「満足」

キョン「ああ、明日からまた頼むぜ!そんじゃあな!」

佐々木「僕たちの家はこっちだから、じゃあまた明日」

みくる「おやすみなさい、それじゃあ佐々木さん行こっか」

キョン「さてそんじゃあ帰るとするか」

長門「待って」グイ

キョン「なんだよ」

長門「食べ過ぎて動けない、あなたの家で休ませてほしい」

キョン「ここからだとお前の家とそんなに距離変わんねえんじゃねえの?」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 03:17:52.58 ID:nIxoERwL0

長門「……そんなことはない」ゲプッ

キョン「ったく店員もびっくりしてたじゃねえか、自分の体積以上に肉を食う奴なんか世界になかなかいねえぞ」

長門(…誉められてる?)

長門(えっへん!)ピカン

キョン「なんで胸張ってんだよ、とにかく俺は帰るからn」

長門「動けない」グイグイ

キョン「動けないなら俺の家にもこれないだろ」

長門「気合」

キョン「気合い入れて自分の家に帰れよ、じゃあな」

長門「待って」グイッ

キョン「なんだよ」

長門「あなたがいくと私はここで取り残されてしまう、身の危険」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 03:22:05.19 ID:nIxoERwL0

キョン「…ったく、しゃーねーな」ズルズル

長門「何をしている」ズルズル

キョン「お前を家に運んでやってんだよ」ズルズル

長門「これは運ぶではない、引きずるという行為」ズルズル

キョン「うるせえな!ってか重いんだよ!」ズルズル

長門「今現在の体重は187s」ズルズル

キョン「そうかい」ズルズル

長門「…運んでくれて感謝する/////」ズルズル

キョン「引きずってんだよ!」ズルズル

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 03:25:47.97 ID:nIxoERwL0

キョン「お前ひとりでエレベーター定員オーバー」

長門「反省している」

キョン「そうかい、ならあそこの階段自力で昇れよ。じゃあな」

長門「待って」グイッ

キョン「なんだよ」

長門「ここに放置されると暴漢魔に襲われる危険性がある」

キョン「…あーもう!今回だけだからな!」ズルズル

長門「感謝の極み」ズルズル

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 03:30:22.09 ID:nIxoERwL0

〜長門の家〜

キョン「やっとついた…じゃあ帰るからな」

長門「上がっていって」

キョン「なんで」

長門「お礼がしたい」

キョン「動けねえ奴のお礼なんかいらねえよ」

長門「お、うごけるようになったー」ズドンズドン

キョン「ジャンプなんかしたら下の階のやつに迷惑なんじゃねえの?」

長門「下の部屋は朝倉涼子、問題ない」

キョン「そうかい、ってかジャンプ出来るんなら最初から一人で来いよ」

長門「分かったような気がする…」

キョン「あん?

長門「引きずりすぎて…すり減ったのかもな」

キョン(この野郎)

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 03:37:31.23 ID:nIxoERwL0

長門「これを見てほしい」

キョン「あんだよ…こ、これは…」ペラッ

長門「私の作った歌」

キョン「………いい歌じゃねえか!」ペラッ

長門「最高傑作」

キョン「タイトルはもう決まってんのか?」

長門「SWEET FANTASY」

キョン「いいじゃねえか、今度歌ってくれよ」

長門「それはボンバー用に作った曲、私が歌うものではない」

キョン「それでも一番ハートにこめて歌えるのはお前だ、お前のハートを聞かせてくれよ」

長門「………気が向けば」

キョン「そうかい」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 03:45:04.59 ID:nIxoERwL0

〜一週間後〜

佐々木「今日のライブの仕事は僕がとってきたよ」

キョン「そうかい、で、どこであるんだ?」

佐々木「シルバークラブってところさ」

キョン「シルバークラブ…?聞いた事ねえな」

みくる「どんなところなんですか?」

長門「…………」

佐々木「行ってみてのお楽しみってところさ」

ブロオオオオオオオオオ

佐々木「ちょうど迎えも来たみたいだし、そんじゃあ行こうか」

キョン「ああ」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 03:52:35.95 ID:nIxoERwL0

〜シルバークラブ〜

キョン「どいううことだよ」

佐々木「みての通りさ」

みくる(どう見ても老人ホーム)

長門(入れ歯もごもご)

キョン「佐々木!おまえ知っててこの仕事とって来たのかよ」

佐々木「いいじゃないか、君の歌を聞きたい人がいる限り、君は歌い続けるんだろ?」

キョン「……ったく、まあいいけどよ」

佐々木「くつくつ、君ならそう言ってくれると信じていたよ」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 03:59:51.43 ID:nIxoERwL0

キョン「じいちゃんばあちゃん元気かー!!!!」

キョン「いい歌ってのはなあ!じいちゃんもばあちゃんも!」

キョン「男の子も女の子も!世代も性別も超えて愛される歌だ!」

キョン「そんじゃあいくぜ一曲目!突撃ラブハート!」ジャガジャーン

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 04:05:00.80 ID:nIxoERwL0

キョン「そんじゃあ名残惜しいが最後の曲になっちまったな」

キョン「最後に歌うのは俺じゃねえ、この佐々木って奴だ」

佐々木「おじいさんおばあさん、今日はありがとうございました」

佐々木「今までは私たちのオリジナルだったので、最後はみなさんにとっても懐かしい歌で締めたいと思います」

佐々木「キョン、長門さん、朝比奈さん、準備はいいかい?」

キョン「ああ」

みくる「オッケーです」

長門「いつでも可」



佐々木「それじゃあ歌います」

ジャガジャーン

佐々木「愛・覚えていますか」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 04:10:50.90 ID:nIxoERwL0

佐々木「今あなたのこえがきこえーる、ここにおいでと」

ジャンジャンジャンジャン

佐々木「さびしさにまけそうなわたしに」

ジャンジャンジャンジャン

佐々木「今あなたのすがたがみえる あるいてくる」

ジャンジャンジャン

佐々木「おぼえていーますか、めがあったときを」

コノウタハ…  センジチュウニヨクキイタ  ナツカシイノウ

佐々木「おぼえていーますか、てとてがふれあったとき」

ワカガエッタヨウジャ  ナミダガトマランワイ

佐々木「あいらーぶゆーそー」

ワーワーワーワーワー

佐々木「今日は本当にありがとうございました!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 04:16:29.07 ID:nIxoERwL0

〜控え室〜

キョン「やるじゃねえか、佐々木」

佐々木「まるでアイドルになった気分だよ」

キョン「あのじいさん達にしたらお前は間違いなくアイドルだぜ」

佐々木「て、照れるじゃないか/////」

みくる(……いいなあ)

長門(今日は寿司がいいな)

みくる(長門さんは歌を歌いたいとかってないのかな?)チラッ

長門(肉…しかしまた肉というわけには…)ジュル

みくる(ヨダレ垂らしてた気がしたけど…気のせい?)

長門(食べ放題)

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 04:22:40.57 ID:nIxoERwL0

キョン「さて、ライブも終わったし帰るか」

長門「………」グイグイ

キョン「なんだよ、服伸びるじゃねえか」

長門「打ち上げは?」グイグイ

キョン「あれは最初のライブだからしたんだよ」

長門「今日はなし?」クイックイッ

キョン「無しだ、じゃあな」

長門(そんな………私の楽しみが…)



佐々木「長門さん、お先に」ポンポン

長門「頭をポンポンしないでほしい」

佐々木「どうしてだい」クツクツ

長門「…みじめになるだろうがぁ!」クワッ

佐々木「ひぃっ!!」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 04:25:39.19 ID:nIxoERwL0

〜その日の真夜中  キョンの家〜



キョン(…ん?なんか人の気配が…)

長門「勝手に入ってきた」ヌゥ

キョン「鍵かけてただろうが」

長門「解錠に42秒かかった」

キョン(犯罪じゃねえか)

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 04:29:28.66 ID:nIxoERwL0

キョン「でどしたの」

長門「…打ち上げ」

キョン「ったく今日はしねえって言ってんだろ、おやすみさん」ゴロン

長門「…寝る?」

キョン「寝るために俺はベッドに横たわってんだよ」

長門「じゃあ私も寝る」モゾモゾ

キョン「なんでベッドに入ってくるんだよ」

長門「ベッドは寝るためにある」

キョン「そうだけどよ」

長門「私は寝るためにベッドに入る、ここに矛盾は無い」

キョン「自分の家のベッドに入れよ」

長門「………」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 04:35:28.59 ID:nIxoERwL0

長門「つまりあなたは私に帰れと…そう言いたい?」

キョン「わかってんじゃねえか」

長門「こんな真夜中に暴漢魔に襲われたらどうする」ユサユサ

キョン「揺らすなよ」

長門「エマージェンシー」ユサユサ

キョン「ああもう!お前はどうしたいんだよ!」

長門「打ち上げ」

キョン「無理」

長門「添い寝」

キョン「自分の家で寝ろよ」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 04:39:17.42 ID:nIxoERwL0

長門「わかった……しかし帰り道襲われでもしたら…」

キョン「お前のとんでもパワーでなんとかなんだろ」

長門「一般の犯罪者など9mmの銃弾で返り討ち」

キョン「そうかい」

長門「Fire Bomberのドラム、長門有希が銃刀法違反で逮捕」

キョン「…………今日だけだぞ」

長門「感謝」モゾモゾ

キョン「おい!あんまりひっつくなよ」

長門「このベッドでは不可能」ユサユサ

キョン「ったく、次はねえからな」

長門「了解している」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 09:48:17.38 ID:nIxoERwL0

〜翌日 早朝〜

キョン「お前いつまで寝てんの」ユサユサ

長門「ガアアア!!!!………ゴオオオオ!!!!」

キョン「うるせえな!いびきかいてんじゃねえよ」ユサユサ

長門「…………おはよう」

キョン「よう、さっさと仕度して帰れよ」

長門「了解」

キョン「ったく………おまえがー」カリカリ

長門「………新曲?」

キョン「ああ、今作ってるとこだよ」

長門「楽しみ」

キョン「そうかい、いいからさっさと帰れよ」カリカリ

長門「二度寝する」バタン

キョン(この女)

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 09:55:23.64 ID:nIxoERwL0

〜学校〜

キョン「オマエガーカゼニナルナーラー」

ハルヒ「あんた最近ご機嫌じゃない」

キョン「そうかい」

ハルヒ「……バンド楽しいの」

キョン「まあな」

ハルヒ「ふーん」

キョン「一度聞きに来いよ、俺たちのハートがビンビン伝わってくるぜ」

ハルヒ「………気が向いたらね」

キョン「そうかい、ハゲシイアマオートニ」

ハルヒ(佐々木…か、やっぱり付き合ってるのかな?)

ハルヒ(私じゃなくて他校の生徒だもん…なんで私を誘わないのよ!)

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 09:58:56.42 ID:nIxoERwL0

〜昼休み〜

キョン「んじゃ、部室にでも行って一眠りするか」

ハルヒ「キョン、ちょっといい」

キョン「なんだよ」

ハルヒ「…次のライブいつなのよ」

キョン「まだ未定だぜ」

ハルヒ「そ、そうなんだ……」

キョン「用事はそれだけか?じゃあな」タッタッタ

ハルヒ「あ、どこ行くのよ!」

キョン「部室で寝てくるんだよ!」

ハルヒ「あ、ちょっと…って行っちゃった…」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 10:04:29.90 ID:nIxoERwL0

鶴屋「おや、キョン君じゃないかい?」

みくる「あ、キョン君だ」

キョン「よお」

鶴屋「こんな時間にこんな場所で…ああ、もしかして部室かい?」

キョン「誰かさんのせいで寝不足だったからな」



長門「ぶえっくしゅい!」



鶴屋「そうかいそうかい、大変だったねえ」

みくる(誰だろ……彼女かな?)

鶴屋「ところで今日の放課後、団活が終わったらちょっといいかい?」

キョン「どしたの」

鶴屋「それは放課後のお楽しみっさ!」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 10:15:24.79 ID:nIxoERwL0

キョン「そうかい、そんじゃあまた放課後な」

鶴屋「ああ、楽しみにしとくにょろ!そんじゃっさ」

みくる「また放課後」



〜部室〜

キョン「お前一人で何やってんの」

古泉「将棋です」

キョン「なんで」

古泉「暇だからですよ」

キョン「そうかい」

古泉「ええ、暇だからです」

キョン「悪いけど寝させてもらうぜ」

古泉「どうぞお寛ぎください」

キョン「ああ」バタン

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 10:18:23.85 ID:nIxoERwL0

パチッ

パチッ

キョン(うるせえな)

パチッ

パチッ

キョン「なあ古泉」

古泉「なんでしょう」

キョン「お前友達いねえのか」

古泉「な、なぜ!!!」

キョン「なんで真昼間に一人将棋なんかやってんだよ」

古泉「そ、それは…」

キョン「詰将棋やれ…よ…」バタン

古泉(……寝ましたか)

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 10:21:33.39 ID:nIxoERwL0

古泉(しかし、友達がいないのバレルとなると…)

パチッ

パチッ

古泉(非常にまずいですね)

キョン「パチパチうるせえっての!寝れねえじゃねえか!」

古泉「あ、こ、これはすみません」

キョン「ったく、将棋くらい相手してやるよ」

古泉「キョン君………」

キョン「なんだよ」

古泉「ありがとうございます/////」

キョン「顔真っ赤だぜ、熱あんじゃねえのか?」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 10:24:48.01 ID:nIxoERwL0

キョン「……」ゴチン

古泉「!!!!!」

キョン「熱はねえみてえだな」

古泉(おでこが…////)

キョン「どしたのお前」

古泉「い、いえ…」

キョン「そんじゃさっさと始めようぜ」パチッ

古泉「ええ」パチッ

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 10:29:47.89 ID:nIxoERwL0

〜放課後  団活終了後〜

バタン

ハルヒ「ちょっとキョン!あんた今かr」

鶴屋「やっほー!キョン君いいかい?」

ハルヒ「……別にいいけど」

鶴屋「そうかい、そんじゃ借りるっさ!じゃあこっち」

キョン「ああ、昼間言ってた話か」

鶴屋「君たちボンバー、来月この街で大きなイベントがあるっさ」

キョン「あの野外ライブとかのか」

鶴屋「そうにょろ、そこに出てみないかい?」

キョン「別にいいけどよ」

鶴屋「なら決まりっさ!手続きとか面倒事はまかせるといいっさ!」

キョン「そんじゃ頼むぜ」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 10:34:51.63 ID:nIxoERwL0

ハルヒ「…鶴屋さんなんだって?」

キョン「あん?なんだよ」

ハルヒ「だから鶴屋さんなんだってって聞いてるの!」

キョン「うるせえな!耳元で大声出すんじゃねえよ!」

ハルヒ「だって………気になるじゃない」

キョン「ったく、来月の野外ライブに出てみないかって話だよ」

ハルヒ「来月の…あのイベントの?」

キョン「ああ」

ハルヒ「そこにあんたたちのバンドが出るのね!?」

キョン「だから言ってんじゃねえか」

ハルヒ「……わかったわ、それじゃあね!」ダッタッタッタ

キョン「なんだったんだよあいつ」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 10:40:46.05 ID:nIxoERwL0

みくる「あの、キョン君。そろそろ練習に行きませんか?」

長門「彼女が待っている」

キョン「そうだな、んじゃ行こうぜ」

〜練習場〜

佐々木「やあ」

キョン「よう」

みくる「こんにちわ」

長門「おっす」

佐々木「先に練習してたよ、ところでキョン」

キョン「あんだよ?」

佐々木「来月この街で大きなイベントがあるだろ?そこのライブに申込をしたいんだけど…」

キョン「ああ、その件についてなんだが〜〜〜〜〜ってわけだ」

佐々木「そうかい、鶴屋さんなら大丈夫だよ」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 10:41:53.50 ID:nIxoERwL0

みくる「それじゃあ練習始めましょう」

佐々木「そうだね、じゃあまずは…」

キョン「なあ、そろそろ決めとこうぜ」

みくる・佐々木「?」

キョン「ボーカルだよ」

みくる・佐々木「!!!!!」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 10:51:03.05 ID:nIxoERwL0

キョン「ちなみにボンバーが今まで作った曲はこれだぜ」

突撃ラブハート
http://www.youtube.com/watch?v=Kypeab2LAlc&feature=related

HOLY LONELY LIGHT
http://www.youtube.com/watch?v=01l6ftkMRAU&feature=related

Planet Dance
http://www.youtube.com/watch?v=YrJbONBSy5A&feature=related

SWEET FANTASY (長門作・未発表)
http://www.youtube.com/watch?v=VKxL8VekX8g&feature=related

MY SOUL FOR YOU
http://www.youtube.com/watch?v=fiVVeGArGJ4&feature=related



番外(佐々木が老人ホームで歌った歌)
愛・覚えていますか
http://www.youtube.com/watch?v=LUa2IqqTfXI


キョン「みんな一度は聞いてみてくれ!ボンバー!!!」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 10:56:08.04 ID:nIxoERwL0

佐々木(ついにこのときが…朝比奈さんには負けない!)

みくる(佐々木さんには負けたくない…でも佐々木さんライブで歌ったことあるし…)

キョン「そんじゃあ始めようぜ、長門、準備頼む」

長門「任されよ」

〜準備中〜

〜準備完了〜

キョン「そんじゃあまずは佐々木からだ!お前のハートを俺にぶつけてくれ!」

佐々木「じゃあいくよ…「HOLY LONELY LIGHT」だ!」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 11:00:33.16 ID:nIxoERwL0

ジャガジャガジャガジャガ

佐々木「ああああああああああ!!!!!!!!!!!!」

ジャガジャガ

佐々木「にっじゅうよーじかーんうごめーくまちーをー!!!!!」

ジャガジャガ

佐々木「とぅなーいとぅなーい!!!!!かーけめぐるー!!!!!!」

ジャガジャガ



みくる「すごい…(佐々木さんのハートがビンビン伝わってくる)」

キョン(佐々木の熱いハート…俺たちに伝わってきてるぜ!)

長門(ズドッガッカズドズドズドカッドン)



佐々木「ふーりむくな!!!!べいびるーっくばーっくあげーん!!!!!いえっええい!!!!!!!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 11:04:37.02 ID:nIxoERwL0

キョン「最高のサウンドだったぜ」

佐々木「本当かい?」

キョン「ああ、お前の熱いハート…ちゃんと伝わってきた」

佐々木(うれしいな/////)

キョン「そんじゃ次はみくるだな」

みくる「は、はい!がんばります!!!」

〜準備中〜

〜準備完了〜

みくる「それじゃあ私のハートを…いまからぶつけます!」

キョン「ああ、特別熱いの頼むぜ!」

みくる「いきます!突撃ラブハート!!!!!」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 11:13:40.67 ID:nIxoERwL0

ジャガジャガジャガ

みくる「れっつごーつーきぬけよーおーぜー」

ジャガジャガジャガ

みくる「よぞらをかけるらぶはー!!!!もえるおーもいをのーせてーえー!!!!」

ジャガジャガ

みくる「なんおくこーねんのかなったっえっも!!!!とつげきらぶはーーーーっと!!!!!」

ジャガジャガ



佐々木(素晴らしいサウンドだね…熱いよ朝比奈さん)

キョン(燃えるじゃねえか)

長門(ここ暑苦しい)

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 11:28:26.08 ID:nIxoERwL0

キョン「みくる…おまえの熱いハート…俺にビンビンきたぜ」

みくる「どうでした?」

キョン「最高だ!」

佐々木「ああ、すごくよかった」

キョン「燃えてきやがったな!そんじゃあ俺も歌うか」

佐々木「キョンはメインボーカルじゃないか」

キョン「新曲作ってきたからな、一応俺のサウンドをお前らの胸にぶつけてやるよ」

みくる「キョン君の熱いサウンド聞かせてください」

キョン「ああ、長門。準備頼む」

長門「了解」

〜準備中〜

〜準備完了〜

キョン「そんじゃあいくぜ!新曲は「SEVENTH MOON」だ!!!!」

http://www.youtube.com/watch?v=vj7cux9ddWE

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 11:34:08.15 ID:nIxoERwL0

ジャガジャガジャガ

キョン「むらっさっきーのぱのーらまー」

ジャガジャガジャガ

キョン「つーらぬくしゅーてぃんすたー!!!!!」

ジャガジャガジャガ

キョン「きこえってくーるあのめーろでぃー!!!!」

ジャガジャガジャガ


佐々木(スゴい…カッコいい//////)ドキドキ

みくる(ふぇえ……//////)ドキドキ

佐々木(なんて熱いハートをぶつけてくるんだい//////)ドキドキ

みくる(胸のときめきが…//////)ドキドキ

長門(むーねーのどーきーどーきー)

キョン「だっけさーーー!!!!!!!」

ジャガジャン

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 11:42:04.09 ID:nIxoERwL0

キョン「どうだい?俺のサウンドは」

佐々木「最高さ(正直惚れなおしたよ/////)」ドキドキ

みくる「言葉にできませんよ…(どうしよう…まともに顔見れない//////)」

長門「グッジョブ」

キョン「ありがとよ、んでお前らボーカル…どっちがいいと思う」

佐々木(朝比奈さんの熱いハートは素晴らしかった…僕じゃキョンの足を引っ張りかねない)

みくる(佐々木さんの歌…素敵だったな…私じゃキョン君の足を引っ張っちゃう)

佐々木・みくる「朝比奈さんで」「佐々木さんで」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 11:49:51.69 ID:nIxoERwL0

佐々木・みくる「あ……」

キョン「………まあ無理に決めなくてもいいか」

長門「歌によってボーカルを変えるという手段もあり」

キョン「そうだな、お前らもそれでいいか?」

佐々木「ああ、かまわないよ」

みくる「はい!」

キョン「そんじゃ決まりだな」

長門「では練習再開」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

長門「練習終了」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 12:02:02.26 ID:nIxoERwL0

キョン「そんじゃあ、今日も練習終了だな」

長門「腹ぺこ」

佐々木「そうだね、僕もおなかすいたよ」

みくる「私もおなかすきました」

キョン「じゃあ飯でも行くか」

長門「肉がいい」

みくる「肉ですか?わたしファミr」

長門「肉」

佐々木「僕もパスt」

長門「肉」

キョン「俺はホットドッ」

長門「肉」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 12:05:27.28 ID:nIxoERwL0

〜某焼き肉店〜

長門「得々コース×4で」

????「はい、わかりました」

長門(肉!肉!)

長門「肉」

佐々木「僕はご飯中と…わかめスープで」

みくる「私はチシャ菜とサラダと…」

????「分かりました、すぐお持ちします」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 12:18:25.32 ID:nIxoERwL0

ジュゥゥゥゥゥ

佐々木「それにしても長門さんってホントお肉好きだよね」

みくる「開始10分でもう8人前は焼いて食べてますからね」

佐々木(それにしても焼けるの速くないかい?)

みくる(情報操作してるんじゃないですか?火力だけ強めるとか…)

長門(バクバクバクバクバクバクバク)

佐々木「見事な食いっぷりだね、見てて清々しいよ」

キョン「俺は胸焼けしてきたけどな」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 12:23:49.02 ID:nIxoERwL0

佐々木「そうかい?でも…」

長門「網」

????「はい!すぐ交換します!」

みくる(ふぇ〜開始10分で網交換ですか…)

長門「肉追加で」

????「カルビ10人前でよろしいですか」

長門「よろしいです」

キョン「まだ食うのかよ」

長門「肉は力の源」

キョン「そうかい」

みくる「あ、ビビンバお願いします」

????「かしこまりました」

佐々木「僕はクッパで」

長門「でっていう」

佐々木「長門さんの想像するクッパとは違うと思うよ…」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 12:29:08.07 ID:nIxoERwL0

長門「今日は腹八分目」

佐々木(70人前は一人でいったんじゃないのかい?)

みくる(こないだと比べると確かに少ないですけどね)

佐々木(こないだは明らかに体積超えてたから…)

キョン「長門、満足したか」

長門「満足」

キョン「そんじゃあ帰ろうぜ」

長門「うむ」

佐々木「それじゃあ、ここでね」

みくる「おやすみなさい」

長門「おやすみ」

キョン「じゃあな!気をつけて帰れよ」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 12:36:19.02 ID:nIxoERwL0

〜真夜中  キョンの家〜

ユサユサ  ユサユサ

キョン「ん……」

長門「ぬぅ」ユサユサ

キョン「なんでここにいんだよ、揺らすんじゃねえ」

長門「おなかすいた」ユサユサ

キョン「コンビニ行けばいいじゃねえか」

長門「コンビニ不味し」ユサユサ

キョン「そうかい、じゃあ我慢しな」

長門「肉」ユサユサ

キョン「さっき食ったばっかじゃねえか」

長門「足りない」ユサユサ

キョン「知るかよ、俺は寝みいんだ、じゃあな」

長門「肉」ユサユサ

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 12:57:22.49 ID:nIxoERwL0

キョン「我慢しろよ」

長門「肉」ユサユサ

キョン「今から肉食おうったって無理だぜ」

長門「…吉野家がある」ユサユサ

キョン「行って来いよ」

長門「ついてくるセオリーを希望します」ユサユサ

キョン「何言ってんだよ」

長門「ついてこなければあなたはずっと揺れ続ける」ユサユサ

キョン「ああもう!行きゃいいんだろ行きゃ!」ガバッ

長門「行く」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 13:00:13.44 ID:nIxoERwL0

〜吉野家〜


キョン「はぁ、牛丼大盛り、玉、つゆだくで」

長門「つゆだけで」

キョン「何食いに来たんだよ」

長門「肉」

キョン「肉だけくってどうすんだよ」

長門「ユニーク」

キョン「別に」

長門「そう、彼と同じものを5つ」

????「はい、少々お待ちください」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 13:06:25.79 ID:nIxoERwL0

キョン「ったく、それ喰ったら帰れよ」バク

長門「もちろん」バクバクバク

キョン「そういや、お前なんでドラムできんの。情報操作とか言わないよな」バクバク

長門「私たちには元々音楽という概念が無かった」バクバク

キョン「へえ」バクバク

長門「音楽を学ぶために情報思念体は私に「ゆードラムやっちゃいなよ」と命令を下した」バクバク

長門「それが私とドラムの出会い」バクバク

キョン「それでなんでみくるに勧誘されたんだよ」バク

長門「私はごく希にゲーセンでドラムをする。そこを見られた」バクバク

キョン「そうかい」

長門「……ごちそうさま」ゲプッ

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 13:11:18.09 ID:nIxoERwL0

長門「私もあなたに聞きたいことがある」

キョン「なんだよ」バクバク

長門「なぜ私や佐々木を名字で呼ぶのに対し、朝比奈みくるは呼び捨てなのか」

キョン「………さあな」バクバク

長門「答えたくない?」

キョン「別に呼び方なんてどうでもいいじゃねえか」

長門「では私のことを「有希お嬢様」と…」

キョン「長い」

長門「そう、残念」

キョン「そんじゃ帰るか」

長門「ごちそうさまです」ペコッ

キョン「……奢らねえからな」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 13:14:32.14 ID:nIxoERwL0

〜帰り道〜

長門「ここまででいい」

キョン「そうかい、じゃあな」

長門「待って」

キョン「なんだよ」

長門「次のライブは成功させる、絶対」

キョン「へへ、あたりめえじゃねえか!俺たちのサウンドを聞かせてやろうぜ!」

長門「御意」

キョン「そんじゃあな!」

長門「また明日」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 13:18:03.64 ID:nIxoERwL0

古泉「おや、キョン君じゃないですか」

キョン「古泉?なんでこんなところにいんだよ」

古泉「バイトの帰りです」ムフッ

キョン「そうかい、頑張れよ」

古泉「あなたはこんな真夜中に何をしていらっしゃるのですか?」

キョン「ああ、長門と飯食ってた」

古泉「ほう…長門さんとは仲がよろしいので?」

キョン「さあな」

古泉(ふむ…)

キョン「じゃあ俺帰って寝るから」

古泉「おや、引き止めて申し訳ありません。それではまた」

キョン「ああ」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 13:52:27.84 ID:nIxoERwL0

古泉「長門さんと…食事ですか…」

古泉(うらやましい限りです)

森「古泉?あんたまだいたの?早く帰りなさい」

古泉「ええ、すぐに帰りますよ」

森「なんかあったの?」

古泉「ふふ…恋に障害はつきものってことですよ」

森「?」

古泉(長門さん…)

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 14:11:40.55 ID:nIxoERwL0

〜次の日〜

キョン「ふぁあああああ」

ハルヒ「あ、キョン!あんた今日もバンドの練習?」

キョン「そうだけどよ」

ハルヒ「私も見に行ってもいい?」

キョン「なんで」

ハルヒ「べ、別にいいじゃない!」

キョン「俺はいいけど他の奴に聞いてみな」バタン

ハルヒ「なんでいつも話の最中に寝るのよ!」

キョン「眠いから寝るってなんかい言わせるんだよ」

ハルヒ「そんなのいいわけじゃない!」

キョン「そうかい」(zzz zzz)

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 14:18:49.97 ID:nIxoERwL0

ハルヒ「起きなさいよ!」グイグイ

キョン「なんだよ」

ハルヒ「だから行ってもいいかって聞いてるんじゃないの!」

キョン「だから俺は構わねえって言ってんだよ、他のやつに聞いてみな」

ハルヒ「何よそれ」

キョン「何が」

ハルヒ「あんたリーダーのくせにそんな決定権もないの!」

キョン「はあ?」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 14:24:09.43 ID:nIxoERwL0

キョン「リーダーは俺じゃねえよ」

ハルヒ「え、嘘?だって」

キョン「創始者はみくるだ、名義もリーダーはみくるだぜ」

ハルヒ「……で、でもこないだ「一度聴きに来いよ」って」

キョン「ライブに来いって言ったんだよ」

ハルヒ「……わかったわよ」

キョン「お前どしたの」

ハルヒ「なんでもないわよ!!!!」プイッ

キョン(変な奴)

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 14:47:46.85 ID:nIxoERwL0

〜放課後 SOS団部活中〜

キョン「オマーエーニイーツー」ジャガジャガ

古泉「おや、新曲ですか?」

キョン「ああ、今作っている最中だ」カリカリ

古泉「ラブソングですか?」

ハルヒ・みくる「!」

キョン「まあそんなもんだな」カリカリ

古泉「ほう、誰に対してのです」

キョン「なんだよ」

古泉「あなたのラブソングを聞きたい人は多いと思いますからね」

キョン「ラブソングじゃなくて俺の歌を聴きたいんだよ」カリカリ

古泉「ふふ、そうですね」

キョン「サブマリンストリートデー」ジャガジャガ

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 14:52:05.86 ID:nIxoERwL0

みくる(ラブソングかぁ…誰に対してのだろ…)

ハルヒ「そういえばみくるちゃん」

みくる「は、はい」

ハルヒ「あなたバンドのリーダーなんでしょ?」

みくる「は、はい!そうですけど」

古泉「おや、朝比奈さんがリーダーだったんですか」

みくる「え、ええ」

ハルヒ「今日練習見に行ってもいい?」

みくる「ふぇ!?」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 14:58:20.23 ID:nIxoERwL0

みくる「あ、わ、私はいいですけど…」

長門「練習見に来たい?」

ハルヒ「行きたいわ」

長門「だが断る」

ハルヒ「なっ…」

長門「私たちがしているのは練習、あなたに見せるのは本番」

ハルヒ「なんでよ!」

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「何よ!」

キョン「俺たちは本番のために練習してんだ、本番で俺たちのハートをぶつけるためにな」

ハルヒ「……」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 15:04:35.62 ID:nIxoERwL0

ハルヒ「何よそれ」

キョン「練習のハートじゃお前の心に響かねえ、俺は本番でハートを響かせたいんだ」

ハルヒ「…………」

キョン「俺の熱いハート、楽しみにしといてくれ」

ハルヒ「…うん////」カァァァ

みくる(絶対涼宮さんキョン君のこと好きだよね…)

古泉(見せつけてくれますね、ま、彼はその気ではないようですがね)ムフッ

長門(肉)

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 15:11:57.80 ID:nIxoERwL0

〜団活終了〜

〜練習開始〜

〜練習中〜


佐々木「キョン、練習終わったらちょっと買い物に付き合ってほしい」

キョン「いいけどよ、何買うんだ」

佐々木「ちょっとね、荷物持ちは必要だろ」クツクツ

キョン「ったく雑用はSOS団だけにしてもらいたいぜ」

佐々木「それじゃあ練習に戻るよ」

キョン「ああ」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 15:18:07.70 ID:nIxoERwL0

〜練習終了〜

佐々木「それじゃあキョン、行こうか」

キョン「ああ、じゃあなお前ら」

みくる「え…キョン君佐々木さんとどこか行くんですか…?」

キョン「買い物の荷物持ちだとよ」

みくる「あ、じゃあわたs」

佐々木「じゃあ行こうかキョン!じゃあね、朝比奈さん!」グイグイ

キョン「お、おい、ひっぱんなよ!じゃあなみくる!」

みくる「しもついて……(行きたかったな………)」

長門「彼と買い物に行きたかった?」

みくる「……グスッ」コクッ

長門「私に任せるといい」

みくる「長門…さん?」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 15:22:33.60 ID:nIxoERwL0

〜某ショッピングモール〜

佐々木「あった、これこれ」

キョン「なんだよこれ」

佐々木「オルゴールの元さ」

キョン「?」

佐々木「オルゴールを作るのに必要な材料だよ」

キョン「オルゴール作るのか?」

佐々木「じゃないとこれは買わないだろう?」

キョン「まあな」

佐々木「それじゃあ買ってくるから、入口付近にいてくれないか」

キョン「あいよ」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 15:26:16.36 ID:nIxoERwL0

〜入口付近〜


????「げっ」

キョン「あん?」

????「なんであなたがこんなファンシーな店にいるんですか」

キョン「…あんた誰?」

????「橘です!橘京子!」

キョン「………そうかい、じゃあな」

橘「……それだけですか?」

キョン「なんだよ」

橘「前みたいに歌わないんですか?」

キョン「俺は歌いたいときに歌うんだよってか前ってなんのことだよ」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 15:36:25.57 ID:nIxoERwL0

橘「前って…ほら、あなたのところの未来人を誘拐した時の…」

キョン「てめえ!あの時のガキか!!!」

橘「思い出してくれたみたいですね」

キョン「ああ、てめえよく俺の前に姿を出せたな!」

橘「私の目的は涼宮ハルヒののうr」

キョン「うるせえ!」

橘「……どうやら話を聞いてはもらえないようですね」

キョン「もうてめえらにはみくるに指一本触れさせねえ!とっとと消えな!」

橘「嫌です…といったらどうします?」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 15:40:06.86 ID:nIxoERwL0

橘「また歌を歌いますか?まだ私のハートにはあなたの歌がひびいてはいませんよ?」

佐々木「橘さん、そこまでにしてくれないかい」

橘「佐々木さん…佐々木さんとご一緒だったんですか?」

キョン「だったらなんだよ」

橘「別になんでもありませんよ」

佐々木「橘さん」

橘「………帰ります」



佐々木「すまないね、うちの者が」

キョン「お前は悪くねえじゃねえか」

佐々木「そう言ってくれるとありがたいよ、とりあえずどこか違う店に入らないかい?」

キョン「そうだな」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 15:47:33.26 ID:nIxoERwL0

〜喫茶店〜

佐々木「気を悪くしないでくれ」

キョン「別に悪くしちゃいねえよ」

佐々木「……あの時彼女を殴ったのは仕方ないことだよ」

キョン「俺は歌で解決したかったんだよ!」

佐々木「………」

キョン「どんなにダメな奴だろうと…ハートはある!俺のハートをぶつけたかっただけだ!!!」

佐々木「………キョン」

キョン「………すまねえな」

佐々木「橘さんにもいつか君の思いは届くよ」

キョン「………」

佐々木「それはあと何回後かわからないけど」

佐々木「彼女に歌を聞かせてハートをぶつけよう、僕たちのサウンドを!!!」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 15:51:53.26 ID:nIxoERwL0

〜そして時は流れる〜



〜野外ライブ当日  特設会場〜

キョン「いよいよ出番だな!」

佐々木「ああ、緊張するね」

みくる「ドキドキです…」

長門「客いっぱい」

キョン「へへ、俺たちのサウンドを聴かせてやろうぜ!」

佐々木「そうだね!」

みくる「はい!」

長門「うむ!」


????「それじゃあ「Fire Bomber」さん、準備お願いします」


キョン「それじゃあ行くぜ!」

全員「ボンバー!!!!!」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 15:58:00.09 ID:nIxoERwL0

〜特設会場〜

ハルヒ「あ、キョン達だ!」

ハルヒ(この花束…渡せるかな…)

古泉「おやおや、ずいぶんと緊張してますね」ジィィィィ

ハルヒ「あ、古泉君ずるい!私にも双眼鏡貸してよ」

古泉「んっふ、そうおっしゃるとおもってもう一つ用意してあります」

ハルヒ「ありがと」

古泉「ん?あの客席の最前列にいる子供の後姿…見たことありますね…」

ハルヒ「あ、有希だわ!」

古泉「ほう…素晴らしい」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 16:01:00.51 ID:nIxoERwL0

〜ステージ〜

キョン「そんじゃあ行くぜ!俺達「Fire Bomber」でプラネット・ダンス!!」

ジャガジャガジャガジャガ

キョン「さあ始まるぜサーデナイ!」

ジャガジャガジャガ

キョン「ちょーしはどーだい!!!」

ジャガジャガジャガ

キョン「れすたんだっぷ!!!!!(あいつは…橘!?)」

ジャガジャガジャガ

キョン「びーとをかんじるかいーーー!!!(いい機会だ、俺の歌をぶち込んでやるぜ!!!)」

ジャガジャガジャガ

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 16:18:58.61 ID:nIxoERwL0

橘「………」

ノーモーワトゥンラブ!アイヲームダニスールナ

橘(………なんでですか)

オマエダケヲー ダーレカガミツメテルーハズ-

橘(佐々木さん………)

エブリバーディー

橘(楽しそう………)

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 16:24:34.47 ID:nIxoERwL0

橘「…こちら橘、作戦実行要請」

?「了解」

橘「では、朝比奈みくる確保へお願いします」


キョン「うおおおおおお!!!!!!!」ジャガジャガジャガジャガ

佐々木「うああああああああ!!!!!」ジャガジャガジャガ

????「演奏を中断しろ!」

キャー!キャー!テロリストヨー!ニゲロー!

キョン「なんだよてめえら!」

????「うるさい」ガッ!

キョン「ぐっ………」バタッ

佐々木「キョン!!!っつ」

????「おとなしくしてください」ガシッ

佐々木「離せ!」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 16:28:16.80 ID:nIxoERwL0

長門「うおおおおおお!!!!!!」ボカァ

????「ぐっ…はやく連れて行け!」

みくる「ふぇええええ!!!!!!」

長門「どいて」ボカ

????「それは出来ん!」

長門「どけ!」ビシッ

みくる「ふぇえ!!!!キョン君!!!キョン君!!!!!」

佐々木「朝比奈さん!!!!」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 16:30:37.47 ID:nIxoERwL0





古泉「朝比奈さんの行方は?」

森「…ダメだったわ」

古泉「そうですか…ぼくが現場にいながら…」

森「あなたを責めても仕方ないわ、対策を練りましょう」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 16:35:15.01 ID:nIxoERwL0

佐々木「謝ってもしかたないよね」

キョン「おまえ…知ってたのか…」

佐々木「知ってたら止めたさ」

キョン「じゃあなんで謝るんだよ」

佐々木「……ごめん」

キョン「あやまる必要ねえじゃねえか」

佐々木「…………」

キョン「だが、お前に悪いという気持ちがあるなら協力して欲しいことがある」

佐々木「なんでもしよう」

キョン「あとは古泉と長門だな」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 16:43:51.07 ID:nIxoERwL0

〜機関本部〜


ピリリリリリリ  ピリリリリリリ

古泉「キョン君、あの場にいながらすみm………え」

森「彼から?」

古泉「はい、はい…分かりました」

森「電話…なんだったの?」

古泉「…作ってほしいものがあるそうです」

森「作って欲しいもの?」

古泉「それは…………なんですけど」

森「…わかったわ、彼のいうものを至急作ります」

古泉「お願いします」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 16:49:06.05 ID:nIxoERwL0

佐々木「どうだった?」

キョン「なんとかなりそうだ、あとは長門だな」



〜長門の家〜

長門「迂闊…」

ガシャン  ズドン  ボキッ

朝倉「長門さん、やつあたりはその辺に…」

長門「うるさい!ほっておいて!」

朝倉(ビクッ!)

ピリリリリリ  ピリリリリリリ

長門(…彼から)

長門「………何」

長門「………検索にはあと20時間はかかる、敵の妨害を感知」

長門「………了解した」

長門「………」ニヤァ

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 16:54:18.75 ID:nIxoERwL0

キョン「よし、長門もオーケーだ」

佐々木「…でも本当にいいの?」

キョン「ああ、みくるはまだ無事なはずなんだろ?」

佐々木「…たぶんね」

キョン「前は橘の顔面にこぶしを叩きこんじまったが…今回は歌で…俺のハートをあいつに叩き込んでやるぜ」

佐々木「ああ、絶対に成功させよう」

キョン「あたりまえだ」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 17:21:45.53 ID:nIxoERwL0

〜次の日  SOS団部室〜

ピリリリリリリ ピリリリリリ

キョン「古泉か、頼んでいたものは?」

古泉「機関総出で徹夜で作りましたよ」

キョン「そうかい、そんじゃあこっちに送ってくれ」

古泉「わかりました、それでは」

キョン「…長門」

長門「検索完了、場所は○○」

佐々木「ここからだと1時間ってところかな」

キョン「そんじゃあ行くか、みくる救出作戦だな」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 17:24:09.14 ID:nIxoERwL0

〜現場〜

キョン「ここか」

佐々木「じゃあ手筈どおりに頼むよ」

古泉「大丈夫です」

長門「彼は任せて」

森「妨害に関してはわれわれにお任せください」

佐々木「それじゃあ行ってくるよ」

キョン「気をつけてな」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 17:27:31.84 ID:nIxoERwL0

橘「佐々木さん!?なんでここに!?」

佐々木「なんでって、人質の顔を拝みにさ」

みくる「え…?」

佐々木「君をダシに涼宮ハルヒを誘拐、そして力は僕に入る…」

橘「佐々木さん…やっとその気に」

佐々木「気が変わってね、やはり恋敵は少ないほうがいい」

みくる「だましてたんですか…?」

佐々木「これも僕の恋のためだ…ごめんね」

みくる「……ひどい」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 17:31:19.73 ID:nIxoERwL0

橘「………佐々木さん、何たくらんでいるんです?」

佐々木「どういう意味だい?僕は」カツカツ

橘「動かないでください!動いたらいくら佐々木さんでも…」

佐々木「いくら僕でも…どうするんだい?」カツカツ

橘「くっ………」

佐々木「そんなに警戒しなくてもいいじゃないか」カツカツ

橘「でも……」

佐々木「キョンと近づくためにバンドに潜入したようなもんさ、あのバンド自体に未練はないよ」

橘「………本当なんですね?」

佐々木「本当さ」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 17:34:24.80 ID:nIxoERwL0

橘「………信じます」

佐々木「そうかい?ありがと」

橘「では、この朝比奈みk」

佐々木「えい!!!」ペチャ

橘「……どういうつもりですか」

佐々木「ただのスキンシップさ」

橘「スキンシップでなんで噛み終わったガムを私の耳の裏にひっつけるんですか…ってとれない…?」

佐々木「僕の作戦完了だね」ニヤ

橘「まさかこれ…」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 17:37:29.14 ID:nIxoERwL0

バンッ

キョン「よくやったじゃねえか佐々木!!!!」

みくる「キョン君!!!」

橘「なんであなたたちが!外の護衛は!?」

古泉「我々機関の者が相手しています。それにしてもよくもやってくれたものです」

橘「くっ………」

古泉「生きて帰れると思うなよ!!!!このくそガキ!!!!!」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 17:51:07.15 ID:nIxoERwL0

キョン「古泉、落ち着け」

古泉「ええ、落ち着いていますよ」

橘「私は強いですよ?」

キョン「ああ、だからこうするんだよ」ジャガジャガジャガ

橘「う!!!この音どこから…まさか!?」

佐々木「特製ガム型スピーカーさ、機関の人たちに作ってもらった」

キョン「これで前回みたいに途中退場はできねえな」

橘「………」

キョン「俺の歌を聴け!」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 17:57:22.11 ID:nIxoERwL0

〜戦闘中〜

キョン「おーれーのうたをきーけーばー」ジャガジャガ

橘(攻撃しようにも…あの宇宙人と機関のクソ虫があいつを護衛して手が出せない)

キョン「簡単なこーとさーあー!!!!」ジャガジャガジャガジャガ

橘(うう……この歌……逃げないと……)バッ

佐々木「どこに行くんだい?」

橘「佐々木…さん…どいて…ください…」

佐々木「まだ歌の最中じゃないか」

橘「ぐっ…これのどこが…」

佐々木「僕の好きな人の歌から逃げようなんてダメだよ」

橘「…どかないと、撃ちます」カチャ

佐々木「僕を撃つのかい?撃てるのかい?」

橘「……くっ」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 18:01:03.52 ID:nIxoERwL0

〜そして時は流れ   3時間後〜


橘「本当にすみませんでした」ペコッ

キョン「どうだ?俺のハート、お前の胸に響いたろ?」

橘「はい」

古泉「あなたのしたことは謝っても許されるものじゃありません」

森「では彼女の身柄は我々機関が」

佐々木「待ってください」

古泉「なんでしょう」

佐々木「橘さんは…橘さんに、彼の歌は届きました」

森「………」

佐々木「もう一度だけ…もう一度だけ彼女にチャンスをあげてもらえないでしょうか?」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 18:07:31.17 ID:nIxoERwL0

森「……いいでしょう」

古泉「森さん!!しかし」

森「上司に歯向かうの?」

古泉「いえ、そういうわけでは…」

橘「本当にごめんなさい」

古泉「……はぁ、キョン君、あなたはどう思います?」

キョン「許してやれよ、いがみ合ったって何もはじまりゃしねえよ」

古泉「…そうですね」

橘「え?本当に?」

古泉「彼の言う通りいがみ合っても仕方ないですから、しかし…次はありませんよ」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 18:10:57.91 ID:nIxoERwL0

長門「一件落着」

佐々木「そうだね」

古泉「それじゃあ我々はこれで」

森「失礼します」

キョン「ああ、いろいろすまねえな」

橘「本当にご迷惑をおかけしました」

長門「…腹減った」

みくる「そうですね、それじゃあご飯にでも行きますか。もちろん橘さんも」

橘「え…?」

みくる「私たち…友達でしょ?」

橘「……うん!」

佐々木「ふふふ…」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 18:15:35.62 ID:nIxoERwL0

〜某焼肉屋〜


長門「得々コース×5で」

????「5…ですか?」

長門「5」

????「かしこまりました」

佐々木「それじゃあ橘さん、遠慮しないで食べて」

みくる「今日は仲直りのお祝いだから」

キョン(あと、みくるの救出祝いもかねてな)

長門「肉」

橘「うう……グスッ……本当に…今まで……すみませんでした………グスッ」

キョン「橘」

橘「はい」

キョン「いい面構えになったじゃねえか」

橘(///////)

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 18:22:42.66 ID:nIxoERwL0

橘「あ、あのキョンさん!」

キョン「ん?」

橘「あ、あの…え、えと…//////」

佐々木(この反応…)

みくる(まさか……)

キョン「どうしたよ」

橘「あ、ま、また歌を…聞かせてくれませんか?」

キョン「言うじゃねえか!いつでも俺の歌をお前のハートに叩き込んでやるよ!」

橘「あ、ありがと//////」

長門(憎さ余って可愛さ100倍とはまさにこのこと)モグモグ

みくる・佐々木(また恋敵が…)

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 18:29:48.77 ID:nIxoERwL0

長門「肉追加」

橘「あ、このカルビもらいますね」

長門「さわんじゃねえ!!!」

橘「ふぇ!!!!」ビクッ

長門「それは私が生肉から育ててきたこんがり肉G」

橘「こ、こんがり肉G…?」

長門「自分の肉は自分で焼く」

橘「は、はい(長門さんってこんなに怖かったんだ…)」

キョンみくる佐々木(誰もが通る道だな・ですね・だね)

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 18:41:12.56 ID:nIxoERwL0

長門「バクバクバクバクバクバク」

橘「な、長門さん…食べすぎじゃあ…」

キョン「そいつはいつもそんなんだよ」

佐々木「すみません!クッパとわかめスープお願いします」

みくる「私にはチシャ菜とサラダで」

橘「わ、私は…このぜんまいで」

ピクッ

キョンみくる佐々木(ホルモンは…無い・です・わ)

長門「バクバクバクバクバク」

橘「あとビビンバも!」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 18:50:40.49 ID:nIxoERwL0

キョン「腹いっぱいになったな」

長門「今日は食べた」

佐々木「おっともうこんな時間じゃないか。朝比奈さん、帰ろうか」

みくる「はい、それじゃあみなさん、おやすみなさい」

橘「あ、あの待ってください」

長門「うむ」

橘「本当にすみませんでした、特に朝比奈さんには二度も…」

みくる「橘さん…もう終わったことじゃない」

橘「ですけど」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 18:54:27.19 ID:nIxoERwL0

みくる「私たち友達でしょ?もう気にしていないわ」

橘「朝比奈さん…」

佐々木「橘さんの悪いところはいつまでも引きずるところだね」クスクス

橘「佐々木さん…」

長門「いい喰いっぷりだった」

橘「長門さん…」

キョン「今度お前のハートを聞かせてくれりゃあチャラだぜ」

橘「キョンさん//////」

佐々木「それじゃあ僕たちはこれでね」

みくる「橘さん、またね」

橘「はい!また!」

長門「私も帰る、それじゃ」

橘「はい!おやすみなさい!」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 19:00:45.02 ID:nIxoERwL0

キョン「俺も帰るか、じゃあな」

橘「はい!おやすみなさい!」

キョン「あいよってお前家どこ」

橘「ふえ?」

キョン「お前まだガキンチョじゃねえか、送ってってやるよ」

橘「ガキじゃありません!」

キョン「ガキはみんなそういうんだよ」

橘「ぶぅ〜」

キョン(みくると若干キャラかぶってねえか?)

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 19:04:59.29 ID:nIxoERwL0

橘「家には…帰れません」

キョン「あん?なんで」

橘「朝比奈さんを逃がしたあげく…一緒に食事までしましたから」

キョン「じゃあどーすんだよ」

橘「とりあえずは野宿の予定です」

キョン「…ったく、とりあえず俺の家に来いよ」

橘「ふぇ?いいんですか!?」

キョン「一部屋しかねえから俺と相部屋になっちまうけどな」

橘「あ…でも…私を始末しに来たらキョン君の身に危険が…」

キョン「ガキが変な気を使ってんじゃねえよ」

橘「ガキじゃありません!」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 19:18:34.51 ID:nIxoERwL0

キョン「そうかい、そんじゃさっさと行こうぜ」

橘「あ、ありがとうございます/////」

キョン「ガキが気にすんじゃねえよ」

橘「ガキじゃありません!」

キョン「そうかい」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 19:22:10.73 ID:nIxoERwL0

〜キョンの家〜

キョン「おい橘」

橘「は、はい」

キョン「お前風呂どうすんの」

橘「え、借りてもいいんですか?」

キョン「ベッドに焼肉のにおいこびりつくのは勘弁だからな」

橘「あ、す、すいません。それじゃあお言葉に甘えて…」

キョン「ああ、使い方はわかるか?浴槽で泳ぐなよ、ひとりで髪洗えんのか?」

橘「子供じゃないんですから大丈夫です!」

キョン「そうかい」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 19:27:36.41 ID:nIxoERwL0

橘(朝まで敵対してた人の家のお風呂に入るなんて変な感じですね)ブクブク

橘(キョンさん本当に許してくれてるのかな?)ブクブク

橘(まさか寝込みを襲われたり…というか今覗かれでもしたら)

キョン「おい橘!」

橘「な、なんですか!?そ、そんな、覗きなんて!」

キョン「何言ってんだよ、着替えここ置いとくぞ」

橘「え?着替え?」

キョン「焼き肉くさい服で寝るつもりかよ、勘弁してくれ」

橘「あ、すみません…ありがとうございます」

キョン「この服洗っとくからな」

橘「あ、何から何まですいません」

キョン「ガキが気にすんなっての」

橘「だからガキじゃないですってば」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 19:40:18.66 ID:nIxoERwL0

〜10分後〜

橘「キョンさん、上がりました…って」

橘(私の下着がない!?)

キョン「着替えそこに置いてあるからな」

橘「キャッ!み、みないでくださいよ//////」

キョン「ガキが色気づくんじゃねえよったく」

橘「はぁ…で、私の下着どこにやったんですか?」

キョン「洗ってるぜ」

橘「な、なんで洗うんですか!」

キョン「うるせえな!一度脱いだのまた穿く気だったのかよ」

橘「裏返せばまだはけます!」

キョン「きたねえな」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 19:45:11.52 ID:nIxoERwL0

キョン「とにかくさっさと服着ろよ」

橘「あ、はい/////」




キョン「じゃあ俺入ってくるからさっさと寝てろよ」

橘「わかってます、おやすみなさい」

キョン「じゃあな」

橘(これが彼の部屋ですか)マジマジ

橘(ふむ、楽譜にポスター…誰でしょう?)

橘「リン・ミンメイ?」

橘(聞いたことありませんけど…ずいぶん前のポスターですね)

橘(あ、ギター…そういやライブの邪魔しちゃいましたね)

橘(……みんな楽しみにしてただろうな)

橘(終わったこといっても仕方ないか、もう寝よ)

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 19:49:34.41 ID:nIxoERwL0

橘(…寝れない)

橘(……私組織に消されちゃうのかな)

橘(朝比奈さんを逃がしたあげく一緒にご飯まで食べに行ったんだもんね)

橘(……怖いな)ブルブル

キョン「なに痙攣してんだよ」

橘「ふぇ?ってなんて格好してるんですか!!!!!」

キョン「何って風呂上りの基本じゃねえか」

橘「だってトランクス一枚だけって/////」

キョン「ガキが色気づいてんじゃねえっての、さっさと寝ろよ」

橘「…寝れないんです」

キョン「あん?」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 19:57:46.39 ID:nIxoERwL0

橘「もしかしたら私…殺されるかもしれません」

キョン「………」

橘「今も狙われてるとしたら…怖くて…怖くて…」

キョン「ったく、橘、ベッドに寝転がれ」

橘「は、はい」ゴロン

キョン「目を閉じて深呼吸しろ」

橘(スーハースーハー)ドキドキ

キョン「おまえがーかぜになるなーらー」

橘「え?」

キョン「なんで目を開けんだよ」

橘「え?だってキスとかするんじゃ…」

キョン「何言ってんだよ」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 20:02:19.84 ID:nIxoERwL0

橘「え?じゃあなんで…」

キョン「寝れねえガキには昔から子守唄って言うじゃねえか」

橘「ガキじゃないです!」

キョン「どっちでもいいから目を閉じて深呼吸してろ」

橘(………)

橘(スーハースーハー)

キョン「はてしないーそらになりたーいー」

橘(歌…上手ですね)スーハースーハー

キョン「はげしいあまおーとにーたちすくーむーときーはー」

橘(なんだか落ち着いてきました)スーハースーハー

キョン「ぎたーをかきなーらしーこころをーしずーめよおー」

橘(子供扱いの上の子守歌ですか…)

キョン「かむぴーぽーしーんじてほーしいー」

橘(……悪くないですね)

キョン「いますーぐーわからなくていいかーらー」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 20:17:39.11 ID:nIxoERwL0

〜翌日 早朝〜


橘(zzz zzz)クゥクゥ

キョン(ココニークルートオモイーダースー)カリカリ

ピーンポーン

キョン「?(来客の予定なんかなかあったか?)」

ピーンポーン

キョン「まさか…橘の組織の野郎どもか!」

ピーンポーン

キョン「へ、くだらねえマネすんじゃねえよ」ポチッ

ギュイーーーーン

????(なぜ玄関に急にスピーカーが…)

キョン「てめえら!橘には指一本触れさせねえぜ!!!俺の歌を聴け!!!!!」ジャガジャガジャガジャガ

????「ぐっ…くそ!撤退だ!」ダッタッタ

キョン「おい!最後まで聞いていきやがれ!!!ったく、行っちまいやがった」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 20:19:59.06 ID:nIxoERwL0

橘「…組織の者が来たんですか?」

キョン「起きのか、どーしてお前のところの組織は人が歌ってる最中に帰るんだよ」

橘「すみません」

キョン「ま、お前には俺のハートが通じたからな。あいつらにも必ず通じるさ」

橘「…そうですね」

キョン「そんじゃあ朝飯にしようぜ」

橘「はい!お手伝いします!」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 20:30:09.05 ID:nIxoERwL0

〜朝食中〜


キョン「ほら、さっさと食おうぜ」

橘「スゴイですね…」

キョン「何が」

橘「こんなに綺麗なサンドイッチ見たことないです」

キョン「食い物なんざ胃にはいりゃ全部いっしょだろ」

橘「見た目は大事ですよ」

キョン「そうかい」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 20:36:08.06 ID:nIxoERwL0

〜学校〜

キョン「ふぁあああああ」

ハルヒ「キョン!ライブの時大丈夫だった!?」

キョン「お前いたの」

ハルヒ「テロリストがでたって…私は古泉君に逃がしてもらえたけど」

キョン「よかったじゃねえか」バタン

ハルヒ「寝てないで話聞いてよ!」グイグイ

キョン「全員無事だって」

ハルヒ「なんでそう私との会話を嫌がるのよ!」

キョン「別に嫌がってなんかねえよ」

ハルヒ「じゃあなんでそういつもいつも寝るのよ!」

キョン「うるせえな!眠いから寝るって何回言わせんだよったく」

ハルヒ(イライライライラ)

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 20:40:16.03 ID:nIxoERwL0

〜昼休み〜

みくる「あ、キョン君」

鶴屋「キョン君!?けがは大丈夫だったかい?鶴屋さん心配したにょろ」

キョン「怪我?」

鶴屋「あのテロリストの時っさ!キョン君の後頭部殴るなんて許せないっさ」

キョン「そうかい」

鶴屋「それで君たちボンバーにいいお知らせっさ!」

キョン「いいお知らせ?」

鶴屋「そうにょろ!鶴屋家は今度レコーディング会社を設立することになったっさ」

キョン「まさか…」

鶴屋「うちでデビューしてみないかい?」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 20:43:11.96 ID:nIxoERwL0

キョン「いいのか!?」

鶴屋「ただし、デビューするにも面接はあるっさ!」

キョン「面接?」

鶴屋「面接といっても社長…ってか私のお父さんに歌を聴かせることっさ」

キョン「おもしれえじゃねえか」

鶴屋「前から社長はボンバーの歌を聴きたいって言ってたにょろ!」

みくる「がんばりましょうキョン君!」

キョン「ああ!」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 20:48:12.50 ID:nIxoERwL0

鶴屋「おっと、先生に呼ばれていたにょろ…それじゃあ失礼するっさ!」

キョン「おう」

みくる「……キョン君」

キョン「ん?どうした」

みくる「橘さん…あれからどうしたんですか?帰ってから気づいたんだけど…自分の家なら組織にばれてますよね?」

キョン「俺の家にいるぜ」

みくる「……え?」

キョン「帰れねえから野宿するつもりだったみてえだし、ガキをほっとくわけにもいかねえからな」

みくる「…それじゃあ一夜を共にしたってことですか?」ギリッ

キョン「ベッド占領されたからな、おかげで徹夜だっての」

みくる「あ、そうなんですか」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 21:34:32.90 ID:nIxoERwL0

キョン「そんじゃあ俺は今から昼寝しに部室行くからな」

みくる「あ、はい、それじゃあまた」

キョン「ああ」

みくる「あ、キョン君!」

キョン「あん?」

みくる「今日バンド練習終わったら「二人で」お食事に行きませんか?」

キョン「別にいいけどよ」

みくる「本当ですか?なにかリクエストがあれば…」

キョン「ホットドッグだな」

みくる「ホットドッグですか…?さ、探しておきます。それじゃあ////」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 22:14:01.41 ID:nIxoERwL0

〜SOS団部室〜

キョン「…なんでいんの」

森「それはこちらのセリフです、ここは部室ですよ?」パチッ

キョン「俺は寝に来たんだよ」

古泉「そうですか、ベッドは占領されたみたいですね」パチッ

キョン「なんで知ってんの」

古泉「機関の情報網です」パチッ

キョン「そうかい」

森「どうです?橘京子はまた何かしら行動を起こしそうですか?」

キョン「なんともねえよ…ってかなんでここの制服着てんだよ」

森「似合ってます?」

キョン「似合ってんじゃねえの?」

森「もう!///////」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 22:25:42.30 ID:nIxoERwL0

キョン「んでここで何してんだよ」

森「古泉と情報交換をしつつ将棋を嗜んでおります」

キョン「…橘をこれからどうすんだよ」

古泉「そこは僕たち機関の管轄外ですから」

森「間違っても「今は」橘さんを尋問しようなんて思っていません、まあ上は橘さんを交換材料に組織との和解を考えているようですが」

キョン「まるで橘を犠牲にするみてえな言い方じゃねえか」

古泉「おや、そう聞こえましたか?」

キョン「……違うのか?」

古泉「僕たちは駒ですから」

森「上の命令に従うだけです」

キョン「そうかい」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 22:32:08.02 ID:nIxoERwL0

キョン「じゃあ橘はどうなってもいいって思ってるってことか」

古泉「そうは思いません、しかし、僕たちが彼女を支援する立場に立つことが無いのは確かです」

キョン「橘になにが起こってもお前らは静観するってことかよ」

森「端的にいえばその通りです」

キョン「今朝…橘の組織の者が俺の家にきた」

古泉「ほう」

キョン「橘を始末しにだ!」

森「………それで?」

キョン「なんとも思わねえのかよ!あいつの命が狙われてんだぜ!?」

古泉「それは彼女が自らまいた種です」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 22:37:14.46 ID:nIxoERwL0

キョン「古泉…てめぇ!」

古泉「僕たちは何もできないんですよ!」

森「………」

キョン「お前らが何もしねえなら……橘は俺が守る」

古泉「……なぜ?彼女は朝比奈さんを誘拐したんですよ?」

キョン「ぐだぐだ言ってんじゃねえ!みくるを誘拐したクソ野郎だったとしてもあいつはあいつだ!!!!」

森「それは…そうですけど」

キョン「俺とあいつはハートが通じたんだ!そんなやつを見殺しにできるかよ!」

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 22:46:05.55 ID:nIxoERwL0

森「そうですか…」

古泉「………」

キョン「…ったく、ここで言い合ったってなにも解決しねえな」

古泉「…そうですね」

キョン「とにかく組織の連中から橘には指一本触れさせねえ」

森「どうしてそこまで彼女を?ハートが通じたからですか?」

キョン「なんでって…あんなガキを見殺しに出来るかよ!」

森「そうですか…(私より年上じゃなかったっけ?)」

古泉「そうですね…(彼より年上だった気が…気のせいですよね)」

キョン「ガキは笑って遊んでんのが一番なんだよ」

古泉「おっしゃる通りです(黙っておくか)」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 22:58:10.21 ID:nIxoERwL0

〜放課後  SOS団活動中〜

キョン(zzz zzz)

ハルヒ(キョンが団活中に寝るなんて珍しいわね)

キョン(zzz zzz)

みくる(やっぱり橘さんのせいで寝れなかったのかな?…キョン君のためにも橘さん引き受けようかな…)

長門(全方面から愛され小悪魔的ファッション?)ペラッ  ペラッ

古泉(昼休みは邪魔してしまいましたからね)

キョン(zzz zzz)

ハルヒ(黙ってたらカッコいいのに//////)

みくる(寝顔…カッコイイ/////)

長門(ユニーク)ペラッ  ペラッ

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 23:07:41.59 ID:nIxoERwL0

〜バンド練習中〜

〜バンド練習後〜

みくる「それじゃあキョン君、行きましょうか」

佐々木「おや、朝比奈さんキョンと出かけるのかい?」

みくる「はい、キョン君と「二人で」食事に行くんです」

佐々木「そ、そうかい(二人で…やけに大胆じゃないか)」

キョン「んでホットドッグの置いてある店は見つかったのか?」

みくる「はい!それじゃあ佐々木さん、また明日」

キョン「じゃあよ」

佐々木「じゃあね(今回は譲るけど…次は僕だよ)」

長門「腹ぺこ」グゥー  グイグイ

佐々木「そ、袖をひっぱらないでくれるかな」

長門「肉」

佐々木(………)

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 23:15:55.27 ID:nIxoERwL0

〜某軽食レストラン〜

みくる「ここの軽食…というか料理は全部おいしいんですよ」

キョン「結構メニュー充実してんじゃねえか」

みくる「はい!」

キョン「そんじゃ…このドイツソーセージのホットドッグで」

みくる「私はDセットの紅茶でお願いします」

????「かしこまりました、少々お待ちください」

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 23:22:21.47 ID:nIxoERwL0

〜食事中〜

みくる「今日キョン君の家に行ってもいいですか」モグモグ

キョン「なんで」モグモグ

みくる「橘さんのことが気になって…」モグモグ

キョン「そうかい、じゃあ遠慮せずに来いよ」モグモグ

みくる「はい!」

キョン「そうだ、帰りあいつの飯買って帰ってやんねえと」

みくる「……ずいぶん世話を焼くんですね」

キョン「あいつはガキだからな、みくるを二回も誘拐したのは上に洗脳されてたからだろ」

みくる(あれ?橘さんって確か2x歳じゃ…)

キョン「ガキを使うなんて許しちゃおけねえな」

みくる(………黙っておこう)

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 23:28:27.11 ID:nIxoERwL0

〜キョンの家〜


橘(お腹すいたなぁ…)

橘(部屋のお掃除終わったし…)

橘(キョン君まだかな…)

ピンポーン

橘(あ、キョン君帰ってきた!)

ガチャ

橘「お帰りなs」

????「橘京子、お前を連れていく」

橘「え……」

フシューー

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 23:42:09.97 ID:nIxoERwL0

キョン「そんじゃあ帰るか」

みくる「はい、お供します」

キョン「土産も買ったしみくるも来るし、橘喜ぶぜ」

みくる「……キョン君、橘さんのこと好きなんですか?」

キョン「なんで」

みくる「だって食事中もバンドとかSOS団の話じゃなくて橘さんのことばっかりじゃないですか」

キョン「まあな」

みくる「……橘さんのこと好きなんですか?」

キョン「ガキに恋心抱いたりなんざしねえよ」

みくる(……2x歳って情報なんだけどな)

キョン「…ガキなのに組織にいいように使われてたんだ…」ギリッ

みくる(…キョン君より年上だったと思うんだけど…だまっとこ)

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 23:51:29.31 ID:nIxoERwL0

〜キョンの家〜


ガチャ

キョン「橘!飯買ってきたぜ…っていねえじゃねえか」

みくる「あれ?なんか変な置手紙が…ってキョン君!」



「迷惑掛けて本当にすみません、お世話になりました  橘 京子」



キョン「……なんでだよ」

みくる「キョン君…泣かないで」

キョン「ガキが…俺の心配じゃなくて自分の心配をしろよ…」グスッ

みくる「キョン君、橘さん見つけてあげましょうよ!きっと心細いはずですよ」

キョン「みくる…そうだな、家でなんてくだらねえことしてるガキは見つけ出してやらねえとな!」

みくる「そうですよ!(年上ですけどね)」

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 23:56:58.52 ID:nIxoERwL0

キョン「そんじゃ探しにいk……」

みくる「どうしたんですか?」

キョン「…拉致の可能性あるよな」

みくる「あ!そうか!私を解放した時の」

キョン「ったく、組織の野郎ども…なんでガキ一人執着すんだよ!」

みくる「キョン君…(2x歳だけど…)」

キョン「橘…なんとかして助け出さねえと…」

キョン(機関は絶対動かねえし………あっ)

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 00:01:22.14 ID:nIxoERwL0

〜某焼肉店〜

長門「バクバクバクバクバクバク」

佐々木「…………まだ食べるのかい?」

長門「止められねえ止まらねえ」

佐々木「そう」

ピリリリリリ  ピリリリリリ

佐々木「電話だ…珍しい人からだね」

佐々木「やあキョン、電話どうしたんだい?」

佐々木「え…あ、ああ、いるにはいるけど…」

佐々木「ああ、電話つながらなかったの焼肉屋にいるからじゃないかな?二人で来ているんだ、よかったら君もいっしょn」

佐々木「え!?橘さんが!?…わかった長門さん代わるよ」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 00:05:38.62 ID:RoW9PiNt0

長門「何用?」

長門「…………そう、了解した」モグモグ

長門「食後にサーチすr……今すぐは推奨できない」モグモグ

長門「………5回………4回………」モグモグ

長門「………3回」モグモグ

長門「………わかった、検索開始」モグモグ

長門「結果が出たら連絡する」ブチッ

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 00:09:28.02 ID:RoW9PiNt0

キョン「焼き肉食べ放題3回で検索してくれるってよ」ソワソワ

みくる「…ずいぶん高くつきましたね」

キョン「橘の命にくらべりゃ安いもんじゃねえか」ソワソワ

みくる「キョン君、そわそわしてもしかたないですよ」

キョン「そんなことはわかってんだけどよ」

みくる「そうだ!こないだのラブソングはできたんですか!?」

キョン「こないだのラブソング?」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 00:15:30.45 ID:RoW9PiNt0

みくる「ほら、歌ってたじゃないですか。完成したんですか?」(>>176です)

キョン「まだだけどよ」

みくる「じゃあ、橘さんのこと考えながら続き作ってあげてください!」

キョン「あ、ああ」

みくる「橘さんきっと喜びますから!(今回は特別ですよ!)」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 00:25:01.83 ID:RoW9PiNt0

〜3時間後〜

キョン「できた…」

みくる「本当ですか!?」

キョン「ああ、俺のハートがビンビン伝わってくると思うぜ」

みくる「きっと橘さんも喜びますよ(いいなぁ…私へのラブソングも作ってほしいな……ってなんて不謹慎なこと考えてんだろ)」

ピリリリリリ  ピリリリリリリ

キョン「長門!橘のいる場所はわかったのか!?」

長門「場所は私が案内する」ゲプッ

キョン「そうかい、んじゃ今からそっちに合流する!頼んだぜ!」ガチャ

キョン「みくる!さっさと行くぜ!」

みくる「はい!(ゲップ聞こえたような…)」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 00:35:51.08 ID:RoW9PiNt0

〜合流〜

〜橘の居場所〜

長門「間違いなくここにいる…しかし、気をつけて」

佐々木「もしかして…」

長門「ばれている、確実に」

みくる(佐々木さんが組織の人にガム型スピーカーをひっつけて、彼が歌う今回の作戦……)

長門「今回も私は攻撃に回れない、情報操作であなたたちへのダメージを最小限にするのが限界」

佐々木・みくる「ゴクッ」

キョン「そんなの関係ねえ…いくぜ!」

キョン「ガキが危険な目にあってんのに俺たちが命を張らねえなんてことはできねえ!!!」

キョン「行くぜ!」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 00:42:07.41 ID:RoW9PiNt0

バダン

キョン「橘!無事か!」

????「おやおや、これは御一行様ではないですか…なにしにここへ?」

橘「キョン君…みんな…」

????「京子は返しませんよ」

キョン「返すか返さねえかは好きにすりゃいいじゃねえか」ジャガジャガ

????「なんだとぉ?」

キョン「てめえらがどんな選択肢を選ぼうと俺は橘を助けるってきめてんだよ!」ジャガジャガ

????「こいつ…」

キョン「どうこう言ったってなんもかわりゃしねえんだよ!!!俺の歌を聴け!!!!!!」ジャガジャガ

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 00:47:06.15 ID:RoW9PiNt0

橘「キョン君…」

キョン「佐々木!撃て!」

佐々木「ふっ!」バシュ バシュ バシュ バシュ

????「なんだこれは…?」

佐々木「ガム型スピーカーさ」

????「スピーカー…だと?」

キョン「橘!」

橘「キョン君…」

キョン「俺のハート…もう一度お前にも、こいつらにも響かせてやるぜ!!!!」ジャガジャガジャガ

キョン「いくぜ!サブマリンストリート!!!!」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 00:54:37.88 ID:RoW9PiNt0

キョン「お前にいつ…出会えるのだろう?」ジャガジャガ

橘(あ…ラブソング/////)

キョン「さぶまりんすとりーとで…つぶやっく俺は今日も」ジャガジャガ

橘(もしかしてこの歌…私のために?)

キョン「おまーえーにあーいーたーいー!!!!!!」ジャガジャガ

橘(///////)

????「くっ…このサウンドは…」

????「逃げるしかない」ダッ

長門「どこへ逃げる?」ヒュン

????「くっ…どいてくれ!(いつの間に目の前に)」

長門「橘京子を解放して」

????「京子を?」

長門「橘京子を完全に組織から離脱、そして今後一切関与しないと誓って」

????「………独断では無理だ」

長門「そう」ピカッ

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 01:00:32.63 ID:RoW9PiNt0

キョン「長門!何してやがる!力じゃ何も生まれねえ!」

長門「両手足の動きを一時的にとめただけ、口は動く」

????「か、体が…」

長門「体よりもこれからのことを心配したほうがいい、どうする?橘京子を離脱させる?関与しない?」

????「……わ、わかった。なんとか上に説得してみよう」

長門「そう、じゃあ約束」

????「約束?」

長門「嘘ついたら…内臓は―れつ、ゆびきった(情報操作完了)」

????「わ、わかってる」

長門「なら安心…こちらは片付いた。あとは橘京子を連れて帰るだけ」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 01:08:57.66 ID:RoW9PiNt0

キョン「このさびーしーさーわかちーあえるー」ジャガジャガ

橘(人質なのに…胸が高まってきます/////)ドキドキ

キョン「おーまえーをーずーっとー」ジャガジャガ

橘(キョン君のハートが…伝わってきます/////)ドキドキドキドキ

長門「こうなったら彼は止められない」

佐々木「……だね(いいなあ橘さん、キョンにラブソング歌ってもらえるなんて)」

みくる「………(私に歌ってほしかったな…)」

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 01:20:11.71 ID:RoW9PiNt0

キョン「ゆめのなかーでみたー」ジャガジャガ

橘(キョン君…わざわざこんなところまで…)ドキドキ

キョン「美しいおまえーのー」ジャガジャガ

橘(なんできたのでしょう…)ドキドキ

キョン「瞳にうつるにーじをっ」ジャガジャガ

橘(もしかして…この歌みたいに私のこと…)ドキドキ

キョン「いつかいっしょにみーたーいー」ジャガジャン

橘(好き…だったらいいな//////)ドキンドキン

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 01:27:37.59 ID:RoW9PiNt0

〜橘救出完了〜

〜キョンの家  夜〜


橘「あの歌…とてもよかったです」ピコピコ

キョン「そうかい」

橘「はい!」ピコピコ

キョン「長門にちゃんと礼をいっとけよ、お前が完全に組織抜けられたのはあいつのおかげなんだからな」

橘「わかってます」ピコピコ

キョン「組織もお前みたいなガキ使うなんて酷いとこじゃねえか」

橘「ガキじゃありません!」

キョン「ガキはみんなそう言うんだっつーの」

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 01:34:13.85 ID:RoW9PiNt0

橘「……キョン君は」

キョン「あん?」

橘「子供は嫌いですか?」

キョン「なんで」

橘「いえ…聞いてみただけです」

キョン「別に嫌いじゃねえよ、そんなことよりお前それ死ぬんじゃねえの?」

橘「ふぇ…ああ!」ピコピコ

キョン「あーあ、そんじゃ約束通りゲームーオーバーになったんだから寝ろよ」

橘「うう……閃光玉さえ…閃光玉さえ切れなければ……」

キョン「ガキはとっくに寝る時間だぜ」

橘「ガキじゃないですってば!」

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 01:38:46.08 ID:RoW9PiNt0

橘「あと一回だけ!あと1回だけお願いします!」

キョン「ダメだっつーの、さっさと寝ろよ」

橘「うぅ…リオレイアなんかに……」

キョン「子守唄歌ってやるから」

橘「寝ます」ゴロン

キョン「素直なガキじゃねえか」

橘「ガキじゃないです!」

キョン「そうかい」

橘「………あの、キョン君」

キョン「なんだよ」

橘「子守唄のリクエストしてもいいですか?」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 01:49:05.84 ID:RoW9PiNt0

橘「今日歌ってくれた…あのサブマリンストリートをもう一度…」

キョン「……ったく、しゃーねーな」

橘「ありがとうございます/////」

キョン「おまーえーにいーつー」

橘「キョン君…それ完成したのって、私を助けてくれる時ですか?」ドキドキ

キョン「なんで」

橘「気になるじゃないですか!」ドキドキ

キョン「まあそうだけどよ」

橘「そ、それじゃあ歌詞の意味も………」ドキドキ

キョン「さあな」

橘「教えてくださいよー!」

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 10:35:56.40 ID:RoW9PiNt0

キョン「うるせえな!さっさと寝ろよ!」

橘「気になって眠れないじゃないですか…」

キョン「ったく、寝ねーんじゃ子守唄はなしだ」

橘「ぶぅ…寝ます」

キョン「おまーえーにいーつー」

橘(ドキドキ)

キョン「であえるのだーろー」

橘(ドキドキ)

キョン「さぶまりんすとりーとでーつぶやっくーおれはきょーおーもー」

橘(ドキドキ)



夜は更けていく

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 10:41:20.37 ID:RoW9PiNt0

〜真夜中〜

キョン(zzz zzz)

橘「うぅ〜ん…」ゴソッ

橘「あれ?キョン君は…って床で寝てたんですか…」

キョン(zzz zzz)

橘「キョン君、キョン君」ユサユサ

キョン「ん…どうした橘、便所なら一人で行けよ」

橘「トイレぐらいひとりで行けます!」

キョン「じゃあなんで起こしたんだよ」

橘「なんで床でねてるんですか?一緒にベッドで寝たらいいじゃないですか」

キョン「おまえ…」

橘「そ、その…一緒のベッドくらいなんともないですから/////」

キョン「自分の寝相分かってて言ってんのか?」

橘「ふぇ?」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 10:45:59.92 ID:RoW9PiNt0

キョン「よく見てみろよ」

橘「え…」

キョン「最初に寝てた位置と頭逆じゃねえか」

橘「す、すみません//////」

キョン「そんな狭いベッドでよくそんな寝返りできるな」

橘「///////」

キョン「ってわけだ、じゃあな」ゴロン

橘「あ、あの!私が床で寝ます!」

キョン「ガキが変な気使うんじゃねえよ」

橘「ガキじゃありません!」

キョン「そうかい」

橘「本当に…ベッド使ってていいんですか?」

キョン「そう言ってるじゃねえか」

橘「…あ、ありがと//////」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 10:49:26.74 ID:RoW9PiNt0

キョン「じゃあ寝るから」

橘「あ、あの!」

キョン「なんだよ!」

橘「え、えと」

キョン「どしたのお前、変なもんでも食ったのか?」

橘「ち、違います!」

キョン「じゃあなんだよ」

橘「で、ですから…」

キョン「あん?」

橘「そ、その…トイレに…」

キョン「行けよ」

橘「つ…ついてきてください…/////」

キョン「怖いんじゃねえか、ったくほれ、さっさと行くぜ」

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 10:56:20.93 ID:RoW9PiNt0

〜次の日〜

キョン「ふぁあああああ」バタン

ハルヒ「キョン!今日こそ一緒に帰るわよ!」

キョン「そんな暇ねえよ」

ハルヒ「今日はSOS団の活動中止!」

キョン「なんで」

ハルヒ「一緒に帰るからに決まってるでしょ!」

キョン「ったく、そんなんで不思議なんか見つかんのかよ」

ハルヒ「だ、だから帰りに一緒に探そうっていってんのよ!課外活動よ!課外活動!」

キョン「そうかい」

ハルヒ「だから一緒に来なさい!」

キョン「ったく、別にいいけどよ」

ハルヒ(やった〜!!)

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 10:58:23.70 ID:RoW9PiNt0

キョン「言っとくけどバンドの練習までだからな」

ハルヒ「分かってるわよ」

キョン「ほんとに分かってんのかよ」

ガラガラ

あの………彼を…………

????「キョン君、先輩が呼んでるよ〜」

キョン「おう…ってあんた何やってんだよ」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 11:02:33.09 ID:RoW9PiNt0

森「まあいいじゃないですか、こんにちは涼宮さん」

ハルヒ「こんにちわ(誰?キョンのバンド仲間?)」

キョン「で、なんの用だよ」

森「これを渡しておこうかと思いまして」ポイッ

ハルヒ「…噛み終わったガム?」

森「そんなもの渡しませんよ、キョン君なら使い方わかりますよね?」

キョン「ああ」

森「それは彼女を守るためにお使いください、私たちができるのはこれくらいですから」

ハルヒ(彼女?)

キョン「こんなことして大丈夫なのかよ」

森「みつからなければどうということはありませんから」

キョン「そうかい、ありがとよ」

ハルヒ(…彼女?)

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 11:07:05.22 ID:RoW9PiNt0

森「それでは…あ、キョン君」

キョン「なんだよ」

森「制服にあってます?」

キョン「ああ」

森「//////」

ハルヒ(何赤くなってんのよ!)イライラ

森「それじゃあ失礼します」ダッタッタ

ハルヒ「今の人…だれ?」

キョン「なんだよ」

ハルヒ「なんであんたがあんなに可愛い人と仲いいのよ!」

キョン「うるせえな!なんだよさっきから!」

ハルヒ「あの人とあんたの関係を聞きたいの!」

キョン「なんでんなこと言わなきゃなんねえの」

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 11:10:14.99 ID:RoW9PiNt0

ハルヒ「気になるじゃない!」

キョン「ったく、古泉のバイト先の上司だよ」

ハルヒ「え?古泉君の…?」

キョン「そう言ってんじゃねえか」

ハルヒ「なんであんたと知り合いなのよ」

キョン「忘れたよ、んなこと」

ハルヒ「………彼女って」

キョン「あん?」

ハルヒ「あんた彼女いんの」

キョン「お前どしたの」

ハルヒ「だって今の人…彼女がいるって…」

キョン(そんなこと言ってたか?)

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 11:31:33.14 ID:RoW9PiNt0

キョン「……ああ、橘のことか」

ハルヒ「…いるんじゃない」

キョン「ああ、俺の家にガキを一人預かっててな」

ハルヒ「ガキ?」

キョン「ガキ」

ハルヒ「?」

キョン「なんだよ」

ハルヒ(…子供が彼女?)

ハルヒ「あんたロリコンなの?」

キョン「なんでだよ」

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 11:39:13.19 ID:RoW9PiNt0

〜放課後〜

ハルヒ「団員全員に連絡はしたし…それじゃあキョン、行くわよ!」

キョン「あいよ」



〜ショッピングモール〜

ハルヒ「あ、あそこの噴水は不思議がありそうね」タッタッタ

ハルヒ「ほら!泉に小銭が入ってる!不思議よ!」

キョン「そうかい」

〜神社〜

ハルヒ「縁結び…すいません!これひとつください!」

????「ありがとうございます」

キョン「何買ってんだよ」

ハルヒ「が、学業祈願よ/////」

キョン「そうかい」

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 11:46:05.68 ID:RoW9PiNt0

〜河川敷公園〜

ハルヒ「ほら、アヒルがいる!」

キョン「そうだな」

ハルヒ「子供が凧揚げしてるわ…懐かしいわね」

キョン「この時期にかよ」

ハルヒ「面白いんでしょ、いいじゃない子供なんだから」

キョン「まあな(凧揚げ…か)」

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 11:49:52.51 ID:RoW9PiNt0

〜ハルヒの家の前〜

ハルヒ「送ってくれてありがとう////」

キョン「けっきょく不思議は見つかんなかったけどな」

ハルヒ「いいじゃない、そんなにすぐに見つかったら面白くないわよ」

キョン「そうだな」

ハルヒ「えへへ/////」

キョン「そんじゃ、練習あるからよ。じゃあな」タッタッタ

ハルヒ「また明日ね!」バイバーイ

ハルヒ(今日は楽しかったわね…また誘ってみよ/////)

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 11:57:42.93 ID:RoW9PiNt0

〜バンド練習中〜

〜練習後〜

みくる「みんな聞いてください、ついに私たちボンバーが…」

全員「?」

みくる「デビューすることになりました!!!」

佐々木「本当かい!?」

みくる「鶴屋さんのレコーディング会社からデビューさせてくれるって」

キョン「社長に歌聞かせるんじゃなかったのか?」

みくる「鶴屋さんのお父さん(社長)が「娘がそれほど薦めてくるバンドなら聞く必要はない」って」

長門「それは楽しみ」

キョン「でもまだボンバー作って2か月くらいだぜ?よくオッケーしてくれたな」

みくる「鶴屋さんは昔から音楽に長けていたらしいんです!娘の耳は信じるってことだと思いますよ」

キョン「へへ、燃えてくるじゃねえか」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 12:00:51.29 ID:RoW9PiNt0

みくる「収録日は明日だそうですけど…」

キョン「また急な話だな」

みくる「はい、なんでも早くデビューさせたいとかで…どうしてもだめなら変更も可能らしいですけど…」

長門「私は問題ない」

佐々木「僕もだよ」

みくる「私も大丈夫です」

キョン「決まりだな、そんじゃあいっちょやったるか!」

全員「ボンバー!!!!!」

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 12:40:14.64 ID:RoW9PiNt0

〜キョンの家〜

橘「あ、おかえりなさい!」

キョン「よう…って何やってんだよ」

橘「見ての通り料理です!居候の分際で家事もできないでは話になりませんから!」

キョン「そうかい」

橘「できたらお呼びします/////」

キョン「じゃ、頼んだぜ」




キョン「キーヅーイターラーハシリーダシテタノサー」ジャガジャガ

橘(彼の歌を聴きながら料理か…)ジュウ

キョン「リユウーナンテーシラナーイ」ジャガジャガ

橘(新曲…ですかね?聴いたことないですけど)

http://www.youtube.com/watch?v=ChKJog2FsJc

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 12:45:21.66 ID:RoW9PiNt0

橘「失敗しちゃいました…」

橘(こげこげの料理…)

キョン「別にいいんじゃねえの」

橘「で、でも…これ食べれません…」

キョン「胃にはいりゃ全部一緒だっての」

橘「で、でも」

キョン「パクッ」モグモグ

橘「キョ、キョン君!」

キョン「なかなかうまいじゃねえか」モグモグ

橘「あ、ありがと/////」

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 12:50:31.58 ID:RoW9PiNt0

〜食後〜

キョン「そんじゃあ洗い物やっといてやるから風呂入ってこいよ」

橘「あ、ありがとうございます//////」

キョン「着替えはそこな」

橘「は、はい!」

キョン「オマエガーカゼニナルナーラー」カチャカチャ

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 12:54:30.93 ID:RoW9PiNt0

橘(いいお湯です)ブクブク

ハゲシイアマオートニー

橘(彼の歌を聞きながらお風呂もいいですね/////)

ギターヲカキナーラシー

橘(…一緒に入ってくればいいのに)

ココロヲーシズーメヨーオー

橘(でもこれって同棲ですよね/////)

カムピーポー

橘(キョン君私のことどう思ってるのかな/////)

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 12:57:45.97 ID:RoW9PiNt0

橘「お風呂あがりましたー」

キョン「おう、そんじゃあ入ってくるからよ」

橘「はい!どうぞごゆっくり!」



キョン「さっぱりしたぜ」

橘「えい!えい!」ピコピコ

キョン「まだ起きてたのかよ、ガキはさっさと寝ろよ」

橘「ガキじゃないですってば」ピコピコ

キョン「そうかい、ゲームオーバーになったら寝ろよ」

橘「わかってますよ」ピコピコ

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 13:02:27.78 ID:RoW9PiNt0

橘「ああ!」

キョン「ゲームオーバーだな、約束通り寝ろよ」

橘「せっかくアサクサのパズルクリアしたのに…」シュン

キョン「ゲームくらいで落ち込んでんじゃねえよ」

橘「うう…イヨマンテ装備しとけばよかった…」

キョン「いいからさっさと寝ろよ」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 13:13:02.65 ID:RoW9PiNt0




橘「キョン君」

キョン「なんだよ」

橘「今日は…その」

キョン「なに」

橘「う、歌ってはくれないんですか」

キョン「子守唄か?ったく…おまえがーかぜになるなーらー」

橘「///////」

キョン「はてしないーそらになりたーいー」

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 13:19:37.30 ID:RoW9PiNt0

〜真夜中〜

長門「ぬぅ」

橘「…………きゃああああああああ!!!!!!!!」バタバタバタバタ

キョン「うるせえな!なんだよ!」

橘「ゆ、幽霊」ダキッ

キョン「なんでいんだよ」

長門「解錠に38秒かかった」ぬぅ

キョン「犯罪じゃねえか」

長門「前回より進歩」ぬぅ

橘「そ、そんなことより懐中電灯を自分の顔に当てるのやめてください!怖いです」ギュウウ

長門「申し訳ない」ぬぅ

橘「やめてくださいよ!」ギューーー

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 13:21:56.14 ID:RoW9PiNt0

カチッ

キョン「ほら、電気ついたんだから離れろよ」

橘「え…あ、す、すみません/////」パッ

キョン「ったく、で、長門は何しにきたんだよ」

長門「肉」

橘「肉?」

長門「吉野家…つれてって」

橘「………」

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 13:31:08.82 ID:RoW9PiNt0

〜吉野家〜

キョン「牛丼大盛り、玉、つゆだくで」

橘「私は…牛皿と…味噌汁と…あと、サラダで!」

長門「つゆだけで」

橘「どんな斬新な頼み方してるんですか…」

長門「…彼と同じものを5つ」

????「かしこまりました」

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 13:36:49.49 ID:RoW9PiNt0

〜食事中〜

長門「橘京子」バクバクバクバクバク

橘「はい」モグ

長門「私たちボンバーはデビューする」バクバクバクバクバク

橘「本当ですか?」モグ

キョン「ああ」モグモグ

橘「なんで教えてくれなかったんですか?」モグモグ

キョン「言ってなかったか?」モグモグ

橘「聞いてません!」モグ

長門「牛丼大盛り、玉、つゆだくを5人前追加で」バクバクバクバクバク

キョン「………」

橘「………」

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 13:49:45.42 ID:RoW9PiNt0

〜外の道路〜


長門「満腹」チッチッ

キョン「そうかい」

橘(吉野家で5万円分食べる人初めて見ました)

長門「では私はここで帰る」

キョン「ああ、じゃあな」

橘「おやすみなさい!」

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 13:56:31.94 ID:RoW9PiNt0

キョン「そんじゃあ俺らも帰るか」

????「あ〜君君、こんな時間になにしてんだ」

キョン「…吉野家の帰りだよ」

????「この子供は君の妹かい?」

キョン「違げえよ」

橘「ちょ…お巡りさん!彼は…」

????「どうも怪しいな…ちょっと署まで来てもらおうか」

森「お待ちなさい」

????「なんだ君は…ってどこかで見たことある顔だな…」

森「森園生と申します」

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 14:00:57.84 ID:RoW9PiNt0

????「森…ってまさか」

森「うちの父がお世話になっております、こちらの二人は私の親戚です」

????「し、しかし…」

森「職務質問のは当然だと思いますが…身分は私が保証します。それとも私の保証では信頼できませんか?」

????「い、いえ。そういうわけでは…」

森「この親戚二人には私と父からきつく叱っておきますので」

????「わ、わかりました。では、本官はこれで…」

森「ふぅ…まったく、何をやっているんですか」

キョン「なんでここにいんの」

376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 14:08:16.21 ID:RoW9PiNt0

森「ご報告に参りました」

橘「ご報告?」

森「組織から機関宛てに使者が来まして」

橘「使者?」

森「橘京子を見逃すと」

橘「じゃあ私の…」

森「身の安全は保障されましたよ」ニコッ

キョン「よかったじゃねえか」

森「長門さんにお礼を言っておいたほうがいいですよ」

橘「長門さんに?」

377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 14:15:52.14 ID:RoW9PiNt0

森「長門さんが組織幹部に情報操作をしかけたみたいで」

キョン「情報操作?」

森「ええ、それを解除するのと交換条件に橘京子の身柄を保証すると」

橘「そうですか……ちなみに情報操作って何をしたんですか?」

森「同調です」

キョン「同調?」

森「情報操作された幹部は、長門さんが食べた分と同じ量を食べるたことになります」

橘「え…と、つまりどういうことでしょう?」

森「長門さんが10人分焼肉を食べたら幹部も10人分焼肉を食べたことになります」

キョン「それって…」

森「食べてもいないのに満腹状態、慢性的な胸やけ、体積以上の嘔吐などが見られたようです」

橘(うわぁ…)

森「さらに幹部はこの2、3日で20s体重が増えたそうです」

キョン(あんだけ食ってりゃな)

379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 14:29:20.42 ID:RoW9PiNt0

橘「と、ところで森さんは警察に御親戚でもいるんですか?あのお巡りさん森さんのこと知ってるみたいでしたけど」

森「あれ?言ってませんでしたか?」

キョン「何をだよ」

森「私の父は警視総監ですよ」

橘(すごっ!)

キョン「すげえな」

森「ふふ…それじゃあ帰りましょう、家までお送りしますよ」

キョン「そうかい、そんじゃ頼むぜ」

橘「また職質されたら困りますもんね」

380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 14:33:28.94 ID:RoW9PiNt0

〜キョンの家〜

キョン「よかったじゃねえか」

橘「はい!長門さんに感謝です!」

キョン「ちゃんと礼言っとけよ」

橘「もちろんです!」

橘「あ…でも組織がもう私を狙ってないなら…」

キョン「あん?」

橘「新しい住処を探さないといけませんね」

キョン「なんで」

橘「なんでって…もう組織は追ってこないじゃないですか」

キョン「そうだな」

橘「だから私がここに残れる理由なんて…」

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 14:36:04.75 ID:RoW9PiNt0

キョン「……お前家族は」

橘「え?」

キョン「家族はいねえのかって聞いてんだよ」

橘「…いません」

キョン「じゃあここに残れよ」

橘「…いいんですか?」

キョン「ガキを追い出して一人暮らしさせるわけにはいかねえだろ」

橘「ガキじゃありません!」

キョン「ガキはみんなそういうんだよ」

橘「じゃ、じゃあお言葉に甘えて…」

キョン「だからガキがそんなに気を使うなっての」

橘「ガキじゃありませんってば!」

384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 14:48:49.92 ID:RoW9PiNt0

橘「あ…でも…」

キョン「あんだよ」

橘「明日、前住んでいたマンションに荷物取ってこないと…」

キョン「そうかい」

橘「あ、そんなに私物は多くないですよ?ゲームがいくつかと服くらいですから」

キョン「別にいいよ、んなもんくらい」

橘「あ、ありがとうございます」

キョン「遠いのか?」

橘「ふぇ?」

キョン「遠いのかって聞いてんだよ」

橘「3駅くらい離れたところですけど…」

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 14:54:30.36 ID:RoW9PiNt0

キョン「ったく、ガキが一人で遠出すんじゃねえっての」

橘「ガキじゃありませんってば!」

キョン「ついてってやるって言ってんだよ」

橘「え、いいんですか!?」

キョン「迷子になられちゃ困るからな」

橘「どうしてそう子供扱いするんですか!」

キョン「ガキじゃねえか」

橘「ガキじゃないです!」

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:00:14.31 ID:RoW9PiNt0

〜次の日〜

キョン「そんじゃ学校行ってくるけど勝手に出歩くんじゃねえぞ」

橘「は、はい!」

〜学校〜

ハルヒ「あ、キョン!今日もSOS団の活動中止よ!」

キョン「わかった」

ハルヒ「だから今日も不思議探索に行くわよ!」

キョン「今日はダメだ」

ハルヒ「なんでよ!?」

キョン「橘の荷物取りに行かなきゃなんねえからな」

ハルヒ「橘?」

388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:05:58.04 ID:RoW9PiNt0

キョン「前にも言ったじゃねえか、ガキを預かってるって」

ハルヒ「ああ、聞いた気がするわね」

キョン「そういうことだ、じゃあな」バタン

ハルヒ「ちょ…起きなさいよ」グイグイ

キョン「ひっぱんなっての!なんだよ!」

ハルヒ「私も行・く・わ!」グイグイ

キョン「なんで」

ハルヒ「人手がいるでしょ!」グイグイ

キョン「服とゲームだけだからいらねえよ」

ハルヒ「好意は素直に受け取りなさいよ!」グイグイ

キョン(zzz zzz)

ハルヒ「ちょっと聞いてるのキョン!キョン!!」グイグイ

キョン(zzz zzz)

390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:09:20.92 ID:RoW9PiNt0

〜放課後〜

キョン「ふぁあああ、そんじゃ帰るか」

〜校門前〜

橘「な…なんですか…」

谷口「お嬢ちゃん可愛いねぇ〜何してるの?」

橘「キョ、キョン君を待っているんです」

谷口「キョ、キョンだと!?」

橘「?」

谷口「そ、そうか!じゃあな!!!」ダッタッタ

橘「?」

橘(なんだったんでしょう?)

391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:13:55.16 ID:RoW9PiNt0

キョン「橘!なんでここにいんだよ!」

橘「あ、キョン君!迎えに来ました!」

キョン「ったく、ガキがこんなところまで来んじゃねえよ」

橘「ガキじゃないですってば!」

ハルヒ「キョン、その子が橘さん?」

橘(げっ…涼宮ハルヒ!)

キョン「おまえ何でここにいんだよ」

ハルヒ「今からふ、不思議探しに行くところよ!」

キョン「そうかい、じゃあな」

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:15:31.82 ID:RoW9PiNt0

ハルヒ「ちょ…待ちなさいよ!」

キョン「なんだよ」

ハルヒ「荷物運ぶの手伝ってあげt」

橘「大丈夫です」

ハルヒ「………でも人ではあったほうg」

橘「大丈夫です」

ハルヒ「………でm」

橘「大丈夫です」

ハルヒ「………」

橘「それじゃあ行きましょうかキョン君」

キョン「ああ、じゃあなハルヒ」

ハルヒ「…………」

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:20:10.68 ID:RoW9PiNt0

〜橘の家〜

橘「え〜っと…服はこれとこれとこれと…3着あればいいですね」

キョン「意外と広いんだな」

橘「9、3畳ありますから」

キョン「そうかい」

橘「ゲームは……よしっ、キョン君オッケーです!」

キョン「………ゲームばっかじゃねえか」

橘「こ、これは必要なものなんです!」

キョン「まあいいけどよ」

橘「それじゃあ早速帰りましょう!」

キョン「そうだな」

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:25:01.12 ID:RoW9PiNt0

〜キョンの家〜

キョン「そんじゃあ今日は収録だから行ってくるぜ」

橘「はい!お気をつけて!」

キョン「晩飯は買ってきてやるからもう出歩くんじゃねえぞ」

橘「子ども扱いしないでください!」

キョン「そうかい、じゃあな」

橘「はい!いってらっしゃい!」

398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:28:11.43 ID:RoW9PiNt0

〜収録現場〜

「Fire Bomberさん!お願いします!」

キョン「行くぜ!プラネット・ダンス!」ジャガジャガジャガ

キョン「さあはじまるぜさたでないっ」ジャガジャガ

キョン「ちょーしはどーおだいっ!」ジャガジャガ

レスタンダップ ビートヲカンジルカイー

鶴屋「父さん、どうにょろ?」

ココハソラトブパーラダーイス

????「ふむ…いいじゃないか」

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:33:59.20 ID:RoW9PiNt0

〜収録後〜

佐々木「いい感じだったね」

キョン「ああ、俺たちのハートがビンビン伝わる出来になったな」

みくる「はい!」

長門「打ち上げ」

佐々木「そうだね、打ち上げに行こうか!」

長門「肉」

キョン「俺はパスだ」

佐々木・みくる「え?なんd」

長門「なあああぜええええ!!!!!!」ガシッ

佐々木・みくる「!」

長門「肉肉肉肉肉ぅぅぅぅぅ!!!!!」ユッサユッサ ブンブン

みくる「ふぇええええ!!!!!」

佐々木「長門さん!キョンの首がもげるからストップ!!!!!ストップだってば!!!!」

長門「肉ぅぅぅ!!!!!」

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:39:42.55 ID:RoW9PiNt0

〜30分後〜

佐々木「え?キョンの家に橘さんが?」

みくる「だって…もう組織から解放されたんじゃ…」

長門「肉ぅぅぅ」シュン

キョン「だからってガキを一人暮らしさせるわけにはいかねえだろ」

佐々木「え?橘さんはにじゅうh」ガシッ

みくる「佐々木さん禁則事項です!」

長門「打ち上げ…焼き肉…」シュン

佐々木「………」

みくる「………」

キョン「お前らだけで行ってこいよ」

佐々木「そういうわけにはいかないさ」

402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:45:06.36 ID:RoW9PiNt0

佐々木「そうだ!橘さんもつれてきたらいいじゃないか!」

みくる「そうですよ!」

キョン「いいのかよ?ボンバーの打ち上げだぜ?」

佐々木「人数は多いほうが楽しいさ」

みくる「そうですよ、ね、長門さん」

長門「……橘京子が来たら…焼き肉?」ウルウル

キョン「まあ、そうなるな」

長門「連れて来い!」

キョン「ったく、そんじゃチ○ジャに予約の電話いれといてくれ」

佐々木「僕がやっておこう」

キョン「んじゃ連れてくるから、チフ○ジャの前集合な」

長門「うい!」エッヘン

みくる(そのモノマネなんで今やるんですか…)

長門「長門のお腹すいてますよ!」エッヘン

403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:48:04.10 ID:RoW9PiNt0

〜某焼き肉店前〜

みくる「あ、来ました」

佐々木「お〜い!こっちだよ」

橘「すみません、遅くなりました!」ペコッ

佐々木「しかたないさ、急に呼び出したんだからね」

長門「それじゃあ入る」

キョン「ああ、そうだな」

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 15:55:53.65 ID:RoW9PiNt0

〜某焼き肉店内〜

長門「得々コース×5」

????「かしこまりました!(一人増えたのかな?)」



みくる「それじゃあ…ボンバー!!!」

全員「ボンバー!!!!」

キョン「今日の収録は最高だったな!俺たちの熱いハートがビンビン伝わるんじゃねえか!?」

佐々木「そうだね」クツクツ

みくる「発売が楽しみですね」ニコニコ

長門「楽しみ」バクバクバクバクバクバクバクバク」

406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 16:00:12.50 ID:RoW9PiNt0

>>404それは俺じゃないwwwww

佐々木「ところで橘さん、なぜキョンの家にいるんだい?」

橘「ふぇ!?そ、それは」

佐々木「組織の危険は去ったじゃないか」

橘「え、えと…」

キョン「俺が引き留めたんだよ」

佐々木「それは知ってるけど…」

キョン「佐々木…お前俺にガキを家から追い出して一人暮らしさせろってのかよ」

佐々木「だから橘さんはにじゅうはt」

みくる「禁則事項ですってば!」モガモガ

キョン「あん?」

長門「カルビ10人前追加」バクバクバクバク

407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 16:05:52.79 ID:RoW9PiNt0

橘「そういえば長門さん」

長門「10人前追加、何?」バクバクバクバク

橘「あの…ありがとうございました」

長門「?」バクバクバクバク

橘「組織の幹部に情報操作してくれたおかげで…」

長門(?)バクバクバクバク

橘「長門さんの情報操作を解除するかわりに私を解放してくれましたから」

長門(あ…まだ解除してなかった)バクバクバクバク

橘「本当にありがとうございました!」ウルウル



????「か、体が重くて…おえぇぇぇぇぇ」
????「おえぇぇぇぇぇ…」
????「うぅ……胸やけが…うぷっ」
????「体が…重くて…うごかないっ…」

408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 16:12:59.07 ID:RoW9PiNt0

長門「満腹」

キョン「それじゃあそろそろ帰るか」

橘「はい!それじゃあみなさんお休みなさい!」

佐々木「待ってくれ!」

キョン・橘「?」

佐々木「僕も今日は君たちの家に泊まりたいんだけど(幼児体型にはキョンを渡さないよ)」

みくる「私も泊まりたいです!(幼児体型にはキョン君を渡しません!)」

キョン「お前らどしたの」

佐々木「君の家がどんなのか気になってね」

キョン「今日はダメだ」

佐々木・みくる「!!!!」

409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 16:17:33.60 ID:RoW9PiNt0

キョン「橘がいるからな」

佐々木「…それってどういうことだい?(まさかキョン…橘さんを…)」

みくる「…キョン君(橘さんのこと…)」

橘(キョン君///////)

キョン「ガキは寝かせなきゃいけねえからな」

佐々木・みくる(……)

橘「ガキじゃないですってば!」

キョン「そうかい、とにかくお前らが来たら橘いつまでたっても寝ねえだろ」

佐々木「………」

みくる「………」

橘「子供じゃないんですから寝ますよ!」

キョン「ガキじゃねえか」

橘「ガキじゃありません!」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 16:20:20.46 ID:RoW9PiNt0

佐々木(どうやらキョンは…)

みくる(橘さんを子どもとしか見てないみたいですね…)

ガキハミンナソーイウンダヨ!

佐々木「朝比奈さん、帰ろっか」

リッパナレディージャナイデスカ!

みくる「そうですね」

ソウカイ

長門「私も帰る」ゲプッ

ダイタイキョンクンノ

412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 16:35:28.07 ID:RoW9PiNt0

〜キョンの家〜

〜橘入浴中〜

〜橘入浴完了〜

〜キョン入浴中〜

〜キョン入浴完了〜

キョン「さっぱりしたぜ」

橘「そういえばCDはいつ発売なんですか?」ピコピコ

キョン「来週だってよ」

橘「そうですか!」ピコピコ

キョン「ああ、楽しみにしてな。ガーっと熱いハートを感じれるぜ!」

橘「はい!絶対買います!」

キョン「そうかい、そんじゃゲームオーバーになったら寝ろよ」

橘「分かってますよ」ピコピコ

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 16:40:19.42 ID:RoW9PiNt0

サアハジマルゼサーデナイッ

橘(ピコピコ)

ヨゾラヲーカケルーラブハーット

橘(ピコピコ)

オマーエーニアーイーターイ

橘(!)

橘(この歌…あの時のラブソング…)

橘「……あ!」

キョン「ゲームオーバーだな」

橘「ずるいです」

キョン「あん?何が?」

橘「その歌歌われたら…聞き入っちゃうじゃないですか!無効です無効!」

キョン「さっさと寝ろよ、明日すりゃいいじゃねえか」

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 16:54:02.75 ID:RoW9PiNt0

橘「むぅ…せっかく大水源までいったのに…」

キョン「そうかい」

橘「部品だってあと4つだったんですよ!?」

キョン「知らねえよ」

橘「青以外水におぼれて死んじゃうんです…でも赤じゃないと倒しにくいし…」

橘「死にかけたら一人だけ転送してたすかるなんて…取り残された子たち可哀そうです!」

キョン「いいから寝ろよ」

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 16:58:03.99 ID:RoW9PiNt0

〜時は流れ〜

〜次の週  収録現場〜

鶴屋「Fire Bomberのファーストシングル、プラネット・ダンスの順位だけど…」

佐々木「どうだったんですか?」

鶴屋「初登場127位だったさ」

みくる「そんな…」

佐々木「僕たち…頑張ったのに…」

キョン「別にいいじゃねえか、まだこれからだぜ」

長門「まだまだ売れる」

キョン「ああ、落ち込むこたあねえよ」

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 17:00:14.24 ID:RoW9PiNt0

〜キョンの家〜

橘「お帰りなさい!順位はどうでした!?」

キョン「初登場127位だとよ」

橘「そ、そうなんですか…こ、これからもっともっと売れますよ!」

キョン「あたりめえじゃねえか!」

橘「そうですよ!それじゃあご飯にしましょう!」

キョン「ああ」

橘「今日のメニューは………」

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 17:04:40.80 ID:RoW9PiNt0

〜学校〜

ハルヒ「キョン!あんたたちのCD買ってあげたわよ!」

キョン「そうかい、あんがとよ」バタン

ハルヒ「なによ!それだけ!?」

キョン「なんだよ」

ハルヒ「もっと「ありがとう、お嬢さん」とか「僕の歌を聴いてくれて心から感謝するよベイビー」とかないわけ?」

キョン「うるせえな、お前どしたの」

ハルヒ「もう!なんでもないわよ!」

キョン「そうかい」

ハルヒ(なによ!この態度!)

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 17:10:01.54 ID:RoW9PiNt0

〜次の週  収録現場〜

鶴屋「聞くにょろ!順位があがったさ!」

みくる「本当ですか?」パァ

佐々木「で、何位になったんだい?」

鶴屋「126位にょろ!」

みくる「126位…ですか…」

キョン「いいじゃねえか、この調子だと125週後には1位だぜ」

長門「その通り」

佐々木・みくる「………うん」

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 17:13:58.91 ID:RoW9PiNt0

〜キョンの家〜

橘「そうですか…126位…でも、徐々に順位は上がっていってますね!」

キョン「ああ」

橘「そ、そういえば聞きたかったんですけど…」

キョン「あん?」

橘「キョン君はどうしてそんなに歌を歌うんですか?」

キョン「どういう意味だよ」

421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 17:18:04.04 ID:RoW9PiNt0

橘「……初めて私と出会った時のこと…覚えていますか?」

キョン「ああ」

橘「あの時私は朝比奈さんを誘拐しました」

キョン「そうだな」

橘「キョン君は私にいいましたよね?「暴力なんかじゃ解決しねえ」って」

キョン「………ああ」

橘「私に向って歌を歌ってましたよね、よく覚えています」

キョン「………そうかい」

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 17:20:20.46 ID:RoW9PiNt0

橘「でも私は暴力をふるいました」

キョン「………」

橘「抵抗できない朝比奈さんの頭に銃を突き付けたりもしました」

キョン「………そうだったな」

橘「それでもあなたは歌を歌っていた…なんでですか?」

キョン「リン・ミンメイ」

橘「?」

キョン「リン・ミンメイって知ってるか?」

424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 17:25:27.36 ID:RoW9PiNt0

橘「あのポスターの人ですよね?」

キョン「ああ、お前みたいなガキは知らねえかもしれねえけどな」

橘「ガキじゃありません!」

キョン「リン・ミンメイは歌手だよ」

橘「歌手?」

キョン「……第二次世界大戦の最中にな、歌で戦争を終わらせた英雄だよ」

橘「歌で戦争を…」

キョン「歌はハートだ、リン・ミンメイのハートは世界中に伝わった」

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 17:29:36.03 ID:RoW9PiNt0

橘「…………」

キョン「最初は馬鹿にされたさ、「戦地で歌を歌うなんて馬鹿げてる」「歌なんかで戦争は終わらない」ってな」

橘「…………」

キョン「けどリン・ミンメイは戦争を終わらせた」

橘「でもそれは…」

キョン「ああ、結果論かもしれねえ。歌なんか関係なかったのかもしれねえ…でも戦争は終わったんだ」

橘「………」

キョン「俺はリン・ミンメイが歌で戦争を終わらせたと信じている」

橘「………」

キョン「だから暴力なんかじゃねえ、俺は俺のハートで争いを無くしたいんだよ」

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 17:34:40.19 ID:RoW9PiNt0

橘「でも…暴力相手に歌は…」

キョン「暴力は暴力しか生まねえ!復讐は復讐しか生まねえ!」

橘「そうですけど…」

キョン「歌は歌を生む、争いもいがみ合いも歌で解決できんだよ!」

橘「キョン君…」

キョン「だから俺は歌を歌い続ける、何があってもだ」

キョン「これが俺が歌を歌い続ける理由だよ」

橘「素敵です」

キョン「あん?」

橘「そうですよね!きっと歌で解決できますよね!」

キョン「あたりまえじゃねえか」ニカッ

橘「えへへ/////(キョン君やっぱりかっこいいな////)」

428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 17:37:12.13 ID:RoW9PiNt0

キョン「そんじゃあ寝るか」

橘「はい!」

カチッ

橘「あの…キョン君」

キョン「なんだよ」

橘「子守唄…歌ってくれませんか?」

キョン「ったく、しゃーねーな」

橘「えへへ/////」

キョン「おまーえにいーつー」

橘(お休みなさい////)

429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 17:40:24.05 ID:RoW9PiNt0

〜次の日〜

〜SOS団活動中〜

〜SOS団活動終了〜

〜バンド練習〜

〜バンド練習終了〜

〜キョンの家〜

キョン「帰ったぜ…っていねえじゃねえか」

キョン「ガキがこんな時間までどこいってんだよ」

キョン「ったく」

430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 18:00:37.91 ID:RoW9PiNt0

〜30分後〜

キョン「もう8時じゃねえか」

キョン「いくらなんでも遅すぎやしねえか?」

〜さらに30分後〜

キョン「ったく、どこで道草くってんだよ」

キョン「……探しに行くか」

〜1時間後〜

キョン「どこにもいねえじゃねえか」

キョン「こころあたりある場所は一応全部回ったが…」

キョン「いったん帰るか」

ピリリリリリ ピリリリリリ

キョン「どうした?」

長門「すぐに学校にきて、緊急事態」

キョン「緊急事態…まさか!」ダッタッタ


431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 18:05:44.52 ID:RoW9PiNt0

〜北高  門〜

キョン「なんだよこれ…」

キョン(警察に野次馬…それに…救急車まで?)

佐々木「キョン!何やってたんだい!」

長門「橘京子が人質にとられた」

キョン「どういうことだ」

森「警察の調べでは買い物途中に脱獄囚に人質にとられたみたいです」

キョン「長門、お前の力で…」

長門「だめ、許可が下りない」

みくる「すぐに助けださn…え?」

キョン「みくる、どうした?」

みくる(そ…そんな…)ヘタッ

433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 18:09:17.67 ID:RoW9PiNt0

キョン「みくる!どうしたかって聞いてんだよ!」

みくる「キョン君…橘さんを助けに…」グスッグスッ

キョン「あたりまえじゃねえか!」

古泉「森さん…彼に任せますか?」

森「下手に犯人を刺激できないわ」

キョン「じゃあどうすんだよ!」

古泉「朝比奈さん、答えてください」

みくる「グスッ…グスッ…」

古泉「これは…決定事項ですか?」

みくる「グスッ…」コクッ

435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 18:13:00.70 ID:RoW9PiNt0

古泉「では、キョン君が橘さんを助けに行くことも規定事項ですか?」

みくる「グスッ…グスッ…」コクッ

森「……わかったわ、キョン君」

キョン「ああ」

森「ではこちらへ」

キョン「みくる、泣くんじゃねえよ」

みくる「グスッ…グスッ…」

キョン「橘を助け出してきてやるからな」

みくる「グスッ…グスッ…」

森「キョン君、行きましょう」

キョン「ああ!(待ってろよ橘!)」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 18:16:43.94 ID:RoW9PiNt0

〜北高内部〜

橘「離してください!」

????「うるせえ!」

橘「グッ…あんたなんかに…」

????「黙ってろ…クソッ!こんなところに逃げ込んじまった…」

橘「おとなしく投降したらどうです?」

????「うるせえって言ってんだよ!」ガシッ

橘「うぅ…」

????「いっそこのガキ殺して新しい人質でもとるか…」

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 18:20:14.98 ID:RoW9PiNt0

キョン「待て!」

橘「キョン君!」

????「なんだてめえは!」

キョン「さっさと橘から手を離しやがれ!」

????「あんだと?てめぇ…」カチャ

橘「銃…」

????「近づくとコイツの頭ぶち抜くぜ」カチャ

橘「キョン君…私のことはいいですから早くここから!」

キョン「ガキがなに言ってんだよ!」

橘「キョン君…」

441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 18:23:54.10 ID:RoW9PiNt0

????「近づくんじゃねえぞ!」

キョン「ここから一歩も動かねえよ」

????「へ…ビビりやがったか!情けねえなあ!ヒャハハハハハハ!!!!!」

キョン「情けねえかどうかはてめえが決めるんじゃねえ…俺が決めるんだよ!」

橘「キョン君…」

キョン「拳銃なんざくだらねえぜ!」




キョン「俺の歌を聴け!」ジャガジャーン

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 18:27:54.96 ID:RoW9PiNt0

キョン「あああああああああ!!!!!!!!!」ジャガジャガジャガジャン

????「なんだこいつ!?」

キョン「二十四時間うごめーくまちーをー」ジャガジャガジャガ

????「なんで歌ってやがる…」

キョン「トゥナーイトゥナーイ!かーけめぐるー!」ジャガジャガジャガジャガ

????「なんで歌ってるか聞いてんだよ!!!!!」



カチャ



橘「キョン君!危ない!!!!!」




パァン

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 18:34:29.47 ID:RoW9PiNt0

キョン「あ…」

橘「ゲフッ…」ドサッ

キョン「橘ぁあああああ!!!!!!」

????「う、打っちまった…」

森「キョン君!今の銃声は…橘さん!?」

キョン「橘!おい!橘!!!」

????「あ、当てるつもりはなかったんだ!し、信じてくれ!」

森「すぐに救急車を!!!」

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 18:38:28.82 ID:RoW9PiNt0

キョン「橘…てめぇ!!!」

橘「う…キョン…君」

キョン「橘…お前…」ガバッ

橘「暴力は…暴力を」プルプル

キョン「喋るんじゃねえ!すぐに救急車が来てくれる!」

橘「復讐は…復讐を…」プルプル

????「お、終わりだ…俺はもう終わりだぁあああ!!!!」

キョン「わかってる…だからしゃべるな!」

橘「歌って…くれませんか?」

449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 19:04:15.27 ID:RoW9PiNt0

キョン「え…」

橘「サブマリン…ストリートを…」プルプル

キョン「ああ、歌ってやるさ…だから」

橘「は…はやく歌って…ください…」プルプル

キョン「おまーえーにいーつーであえるのだーろー」

橘(キョン君…あなたとはいろいろありましたね…)

キョン「さぶまりん…すとりーと…でー」

橘(声震えちゃってるじゃないですか…)

キョン「呟くぅ…俺はきょ…も…」ポロポロ

橘(泣いてるんですか…?そんなんじゃハートが伝わってきませんよ…)

キョン「果てしない…さばくをー…さまよう…ふたりー…」ポロポロ

橘(泣かないでキョン君)

キョン「あなが…あいてーいるぅ…おれのこころーにはー」ポロポロ

橘(大好きです………ガクッ)

キョン「おまーえーにあーいーたーいー!!!!!!!」ポロポロポロ

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 19:07:56.87 ID:RoW9PiNt0

〜病院〜


キョン「橘…」

????「容体は厳しい状況ですが…なんとかやってみます」

森「そうですか…」

古泉「くっ………」

みくる「グスッ…グスッ…」

長門「………」

佐々木「キョン、外で待ってよう」

キョン「ああ」

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 19:11:36.58 ID:RoW9PiNt0

〜待合室〜

佐々木「きっと橘さんは大丈夫さ」

キョン「ああ…」

古泉「ええ…」

森「だといいのだけれど…」

長門「………」

みくる「グスッ…グスッ…」

佐々木「みんな、そんなに暗くなってちゃ橘さんだって笑顔になれないよ」

キョン「ああ…」

古泉「ええ…」

森「そうね」

長門「………」

みくる「グスッ…グスッ…」

455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 19:15:21.35 ID:RoW9PiNt0

バタン

????「橘京子さんのご家族のかた!」

キョン「どうした!」

????「すぐに病室へ!声をかけてあげてください!!!」

キョン「ああ!!」

バタン

みくる「うぅ…グスッ…グスッ」

長門「………」

古泉「そんな…」

森「………」

佐々木「だ、大丈夫さ!あの橘さんが銃弾ひとつで…大丈夫…さ…」

456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 19:19:34.29 ID:RoW9PiNt0

みくる「グスッ…うぅ…グスッ…」

長門「…………」

みくる「うぅ…グスッ…っ」ガタン

長門「答えろ未来人!」ギリギリ

古泉「な、長門さん!落ち着いてください!」

森「朝比奈さんを壁に押し付けても無意味です!」

佐々木「長門さんやめて!」

みくる「くっ…うっ…」

長門「最初から知っていたな!なぜ言わなかった!」

みくる「ゲホッ…」

古泉「やめてください!(剥がれない!)」

森「長門さん!朝比奈さんが死んじゃいます!やめなさい!」

457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 19:24:04.52 ID:RoW9PiNt0

長門「………っつ!」バッ

みくる「ゲホッゲホッ」

古泉「大丈夫ですか朝比奈さん…」

森「長門さん!やつあたりは!」

長門「答えて、あなたは橘京子が死ぬことをいつ知った」

古泉・森・佐々木「!!!!」

佐々木「そ、そんな…」ヘタッ

古泉「あ、あのしぶとい橘さんが死ぬなんて…そんなはずないですよ」

森「………」

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 19:28:50.47 ID:RoW9PiNt0

長門「答えて」

みくる「ゲホッゲホッ…ごめんなさい」

長門「答えて」

みくる「ごべんなざい…」ボロボロ

長門「答えて」

みくる「ごべんなざい…」ボロボロ

長門「…答えて」

みくる「ごべんなざい…うぅ…」ボロボロ

長門「答えろ!ぶち殺すぞヒューマンが!!!!!」ガバッ

森「やめなさい!!!!」バシッ

長門「答えろ!なぜ言わなかった!」

古泉「いま朝比奈さんを責めてもなにも変わりません!」

長門「答えろ!朝比奈みくる!!!!」

460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 19:35:48.91 ID:RoW9PiNt0

〜病室〜

キョン「……橘、聞こえるか?」

橘「…………」

キョン「お前がーかぜになるなーらー」

橘「…………」

キョン「果てしないー空になりたーいー」

橘「…………」

キョン「激しい雨音にたちすくーむーときーはー」

橘「…………」

????「23時46分…」

キョン「ギターをかきなーらし心をしずーめよおー」

????「……ご臨終です」

462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 19:39:39.13 ID:RoW9PiNt0

〜次の日  キョンの家〜

キョン「一気に広くなっちまったな…」

キョン「ったく、どれだけゲーム置いて逝ってんだよ」

キョン「……わりぃな、勝手にやるぜ」



463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 20:02:12.16 ID:RoW9PiNt0

キョン「なかなか難しいじゃねえか、このモンスターハンターってやつは…」

キョン「リオレイアだったか?お前が倒そうとして無理だったの」

キョン「………歌で戦いを終わらせる…か」

キョン「お、笛なんて武器あんじゃねえか、勝手に使うぜ」

キョン「協力プレイもできるんだな…面白いゲームじゃねえか」







キョン「…一度くらい誘えよ」

464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 20:08:39.27 ID:RoW9PiNt0

キョン「リン・ミンメイのようにはいかねえな」

キョン「橘」

キョン「俺は歌でお前を助けられなかった」

キョン「けど俺は…俺達「Fire Bomber」は歌を歌い続けるぜ」

キョン「お前に対するハート…歌にして世界に…いや、銀河中に響かせてやるさ」

キョン「そこで見ていてくれ」

キョン「俺達「Fire Bomber」の活躍をよ!」

465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 20:14:22.76 ID:RoW9PiNt0

〜そしてときは流れ〜

〜5年後  収録現場〜

鶴屋「ボンバーも5シングル連続1位にょろ!」

鶴屋「さすがこの鶴屋さんの見込んだだけのことはあるっさ!」

キョン「いいからさっさと始めようぜ」

みくる「そうですよ」

佐々木「今日は新曲だったよね?」

長門「うむ」

キョン「ああ、橘への歌だ」

みくる「橘さん聞いてくれますかね?」

佐々木「案外照れくさがってるかもしれないよ」

長門「橘京子の性格では間違いなく顔を真っ赤にする」

キョン「そうかい」

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 20:16:35.64 ID:RoW9PiNt0

キョン「そんじゃ歌うか」

みくる「はい!」

佐々木「ああ!」

長門「任せろ!」

鶴屋「準備はオーケーかい!?そんじゃあいつでもオーケーさ!!」

キョン「そんじゃいくぜ!」

キョン「俺たちの新曲―――――」

467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 20:23:57.29 ID:RoW9PiNt0

〜次の日  墓地・橘の墓前〜

キョン「よお、久しぶりじゃねえか…元気してたか?」

キョン「今日は新曲作ったからその報告にな」

キョン「ったく、この曲作んのに5年もかかっちまったぜ」

キョン「分かってるかもしんねえが、お前への歌だ」

キョン「恥ずかしいかもしんねえけど聞いてくれよ」ジャガジャガ

キョン「そんじゃいくぜ!」

キョン「俺の歌を聴け!」

http://www.youtube.com/watch?v=-v9e_awCLok

「完」

〜ご愛読ありがとうございました 1先生の次回作にご期待ください〜

470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 20:28:39.11 ID:RoW9PiNt0

読んでくれた人ありがとー!!!!
本当はラストにハルヒか佐々木かみくるを殺そうとしたんだけど
いや、ボンバー的にはやっぱりハルヒのほうが良かったのか…

納得いかねえラストかもしれませんがご勘弁を!!!!

何か質問とかある?

474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 20:35:50.57 ID:e2cWgkWWO

>>470のばかぁ…

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 20:39:58.54 ID:Ce2pmrBv0

>>470にコンセントレイト+マハ乙ダイン

質問はないけど
暇なときでいいのでペルソナ4×ハルヒのSS書いてくださいおねがいします
というか普通にアトラスもののSSが見てみたい

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 20:46:20.98 ID:fOiCJ8/U0

もしハルヒ殺してたらまずかった思う
話に全然絡んでないから
学校でキョンと話すとき以外めったに出番ないもん・・・

いきなり脱獄囚が出てきて、それが原因で橘死んじゃうのは
いきなりすぎて変な感じがした、かな
歌で解決しないことの例として出したんだとは思うけど

479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 20:59:16.77 ID:RoW9PiNt0

>>474
なんで俺は怒られてんだよwwwwwww

>>476
一回P3のアイギスが古泉の代わりに転校してきたやつかいたけど30ぐらいで落ちたんだぜ!
気が向いたらP4で頑張ってみる!
熊かりせちーでがんばろうかな


>>477
最初は
1、古泉に殺される
2、組織に殺される
3、その他に殺される

で考えてたからなりゆきで出しちまったんだぜ…

いま読み返すと確かにいきなりすぎたかも…

478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 20:50:21.14 ID:dLLJRQRe0

乙、下手したら前スレ>>29で終わってたのか

480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:01:03.35 ID:ng/RGzl+P

バサr・・・じゃなかったキョンの鈍感さに佐々木とかがやきもきするのを書いてくれるとありがたい
殺すとか無しでほんわかと

482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:03:11.17 ID:RoW9PiNt0

>>478
一度打ち切りになったからなwwwwww

>>480
そんじゃあ後日談的な感じでもいい?
かまいたち見たいにはならんと思うしwwwww

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:06:10.64 ID:ng/RGzl+P

>>482
がんばって書いてくれ

484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:13:44.07 ID:RoW9PiNt0

>>483  おっしゃ!暇だし書いてみる


佐々木「キョン」

キョン「ん?」モグモグ

佐々木「ギターの弾き方を教えてほしくてね」

キョン「別にいいけどよ」モグモグ

佐々木「僕も弾き語りをしてみたいんだ」

キョン「そうかい、そんじゃあm」モグモグ

佐々木「いや、そのホットドック食べてからでいいよ」

キョン「ああ、すまねえな」ゴクン

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:16:44.20 ID:RoW9PiNt0

>>484の続き

キョン「喰い終わったぜ」

佐々木「ああ、それでギターを借りてもいいかい?」

キョン「構わねえぜ」

佐々木「よっと…意外と軽いんだね」ジャガジャガ

キョン「持ち方違ってんぜ」サワッ

佐々木「え?(手を握って//////)」

キョン「どしたの」

佐々木「へ?」

キョン「顔真っ赤じゃねえか」コチン

佐々木(///////)

キョン「熱はねえみてえだな」

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:19:52.13 ID:RoW9PiNt0

>>486の続き

佐々木「だ、大丈夫だから/////」

キョン「そうかい」

佐々木「で、どうやったら巧く引けるんだい?」

キョン「まず持ち方から違げえんだよ」

佐々木「キョンはいつもこうじゃないか」

キョン「違げえっての、こーやってこうすんだよ」ダキッ

佐々木「キョ、キョン!(後ろから手をまわして/////)」

キョン「あんだよ」

佐々木「い、いや、なんでもない/////」

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:23:27.41 ID:RoW9PiNt0

>>487の続き

キョン「お前ほんとにどしたの」

佐々木「なんでもないってば!(顔が近いよ/////)」

キョン「そうか」

佐々木「そうだよ」

キョン「そんじゃ続けるぜ、んで手をこの位置に持ってきて」

佐々木「あ、ああ!」ビクン

キョン「そんなに緊張すんじゃねえよ」

佐々木「き、緊張するさ!しかたないじゃないか!」

キョン「弦はそう簡単に切れたりしねえから」

佐々木「…君はわざと言っているのかい?」

キョン「あん?」

佐々木「い、いや。なんでもないよ!」

佐々木(……鈍感)

485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:15:39.49 ID:gTxw6dyuO



俺はお前のために●を手に入れたんだぜ
遠慮はいらねえ、またお前のハートで震わせてくれ

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:24:42.57 ID:RoW9PiNt0

>>483
こんなんでおk?

>>485
お前の熱いハート、俺にちゃんと届いてるぜ!

489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 21:24:27.66 ID:fOiCJ8/U0

後日談的ってことは、橘死んでるの?
それとも死んでない設定で書いてる?

491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:26:12.70 ID:RoW9PiNt0

>>489
一応死後ってことで…
でも短編だからあんまり関係ないかと…

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 21:26:30.64 ID:4mpMW28/0

>>1前スレから見てたよー
乙ですた!

じ、次回作に期待なんかしてないんだからねっ////

493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:28:44.35 ID:RoW9PiNt0

>>492
ありがとー!!!
たぶん次書くとしてもキョン(熱気バサラ)かもしれん…

暖かく見守ってほしいんだぜ!

497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:54:41.49 ID:RoW9PiNt0

あ、あと元ネタ書いてなかった!
>>81長門「なん…だと…」 ←ブリーチの名言
>>88長門「分かったような気がする…引きずりすぎて…すり減ったのかもな」 ←FF7ACの薬中
>>103長門「一般の犯罪者など9mmの銃弾で返り討ち」←P3のアイギス(ドラマCD編)
>>144長門(むーねーのどーきーどーきー) ←ハイロウズの名曲
>>154長門「でっていう」←某任天堂の恐竜
>>160長門「ついてくるセオリーを希望します」←葛葉ライドウVSアバドン王の凪
>>187キョン「もうてめえらにはみくるに指一本触れさせねえ!とっとと消えな!」 ←P3の順平
>>222長門「それは私が生肉から育ててきたこんがり肉G」←モンスターハンター
>>311橘「うう……閃光玉さえ…閃光玉さえ切れなければ……」←モンスターハンター
>>365橘「せっかくアサクサのパズルクリアしたのに…」←真・女神転生3
>>395橘「9、3畳ありますから」←>>1の部屋の広さ
>>414橘「むぅ…せっかく大水源までいったのに…」 ←ピクミン
>>458長門「答えろ!ぶち殺すぞヒューマンが!!!!!」←HELLSINGのアーカード

たぶんこれで全部?

494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:37:41.59 ID:AJeiCwcl0

>>1
次は俺の朝倉さんメインでよろしく頼むぜ
今回も楽しかったよー
おつかれさまぁ!

495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 21:38:07.75 ID:4mpMW28/0

>>493
バサr・・キョンさん大人気だったしねw

ちなみにかまいたちは不発気味だったけど個人的にチャレンジ精神旺盛だと思ったよ
なにせマクロス7(熱気キョン) in ハルヒ in かまいたちの夜だしね。

496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 21:50:18.45 ID:gTxw6dyuO

モンハンでバサラky…なんでもねぇよ

499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 22:00:20.33 ID:RoW9PiNt0

>>494
よし、ちょっと待ってろよ!

>>495
かまいたちはゲームやりながら俺の選んだ選択肢によってキャラが動くって感じでやってたんだけど…
官能編にいったのがまずったのか…かまいたちでやるからまずったのか…

次もしやるとしたら…


>>496
俺のMHP2GのキャラはBASARAなんだぜ!

500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 22:04:05.02 ID:RoW9PiNt0

>>494

朝倉「Fire Bomberが売れ出してからはや5年…」

朝倉「毎回ライブには足を運んでいるけど…」

朝倉「この花束渡せないわね…」

キョン「あん?おまえ…」

朝倉「あ、キョ、キョン君!」

キョン「よ、よお!(誰だ?)」

朝倉「久しぶりね!いつもライブに行ってるわよ」

キョン「そうかい、あんがとよ(ファン?それにしちゃあフレンドリーな野郎だな)」

504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 22:11:28.14 ID:RoW9PiNt0

>>500の続き

朝倉「さ、最近出したremember16っていい歌ね!なんか高校1年の時を思い出しちゃった」

キョン「そうかい、あんがとよ」

朝倉「そういえばキョン君たちがバンド始めたのも高校1年の時だったよね?」

キョン「ああ」

朝倉「あ〜あ、サイン貰っておけばよかったなぁ…」

長門「眉毛」

朝倉「あ!長門さん!お久しぶりね!」

長門「久し振り」

朝倉「高校から全然変わってないじゃない!」

長門「そう」

506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 22:16:33.29 ID:RoW9PiNt0

>>504の続き

〜20分後〜

朝倉「それでねそれでね!あの国木田君が…」

長門「そう」

〜さらに20分後〜

朝倉「谷口君が痴漢でね…」

長門「……そう」

〜さらにさらに20分後〜

朝倉「まいっちゃうよねー、でさ……」

長門「………そう」

〜さらにさらにさらに20分後〜

朝倉「というわけなの、あ、そうだ」

長門「なに」イライラ

朝倉「あなたにじゃないわよ、キョンk…っていないじゃない!」

510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 22:20:37.15 ID:RoW9PiNt0

>>506の続き

長門「話長すぎ、彼は帰って行った」

朝倉「ええ!また花束をわたs」

長門「黙らっしゃい!!」

朝倉(ビクッ!)

長門「あなたの話が長すぎて彼は帰った」

朝倉「じゃあこの花束かれにわたs」

長門「あ゛あ゛!?」ギロッ

朝倉「………さなくていいわ」

長門「そう、それじゃ」

朝倉「ええ…」

朝倉(これ…いつ渡せるんだろ…)

(終わり)

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 22:21:10.43 ID:xaXNQeHf0

>>499
>‎かまいたちはゲームやりながら俺の選んだ選択肢によってキャラが動く
なんと言うマルチタスクw

まぁ官能編はアレだったかもね。
やった事無い人は置いてけぼり気味だったし。

既にあるストーリーに沿って作るより>>1のスタイルだったら設定だけ混ぜて後は好き勝手にやればいいんじゃね?
実際に今回も途中以降はハルヒのストーリーまったく関係なくなってたけど面白かったんだし。

512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 22:24:21.34 ID:AJeiCwcl0

>>510
切ねぇ、切なすぎるぜ・・・
この恋は実らんのか

513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 22:27:27.72 ID:RoW9PiNt0

>>511
本当は学校の文化祭に出るってやろうとしたけどどんなんか覚えてなかったwwww
かまいたちはホントは「陰陽編」か「わらべ唄編」にしたかったんだぜ!

>>512
朝倉の恋を実らせるのはおれの技量じゃ無理wwwww

515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 22:51:00.69 ID:latav7AFO

もしも橘が生きてたら的なパラレルは…難しいかな…

519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 23:00:42.66 ID:RoW9PiNt0

>>515のリクで>>429の続き

〜橘蘇生編〜

橘「お、重たい…」

キョン「ガキがこんな時間まで何やってたんだよ」

橘「ガキじゃないです!」

キョン「ったく、で、その大荷物なんだよ」

橘「残りのゲームです!」

キョン「ゲーム…これ以上増やすのかよ」

橘「ここに置かせてもらっているものは売り払いましたから」

キョン「そうかい」

橘「それじゃあ晩御飯の支度しますね!」

521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 23:04:40.64 ID:RoW9PiNt0

橘「えーと…カボチャを…」ソワソワ

キョン「おまえがーかぜになるなーらー」ジャガジャガ

橘「え…と、人参を…」ソワソワ

キョン「…作んなくてもいいぜ」

橘「え…何でですか…もしかして私の料理…」

キョン「やりたいんだろ」

橘「ふえ!?」

キョン「ゲームやりてえんだろって言ってんだよ」

橘「え、いいんですか!」

キョン「ったく、今日ぐらい飯作ってやるっての」

橘「あ、ありがとうございます」パァーー

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 23:10:51.41 ID:RoW9PiNt0

キョン「この材料…豚汁か」

橘「えい!えい!」ピコピコ

イクゼ ボウズ!

キョン「ったく」

橘「えい!」ピコピコ

ソコー!イヌッコロ!

キョン「こうしてみると普通のガキだな」フゥ

橘「いけー!私のレクス達!」

524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 23:14:09.25 ID:RoW9PiNt0

〜食事完成〜

キョン「そんじゃ食おうぜ」

橘「す…すごいです」

キョン「そうかい」

橘「食べるのがもったいないです…」

キョン「見とれんのは勝手だけどよ」

橘「は、はい!」

キョン「冷めるぜ」

橘「あ、いただきます!」ズズッ

キョン「お、おい!そんな一気にのんだr」

橘「熱っ!」

キョン「……やけどすんぜ」

525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 23:18:22.05 ID:RoW9PiNt0

橘「うぅ……(舌がヒリヒリする…)」

キョン「ったく、ちったあ考えりゃあわかんだろ」

橘「うぅ……(痛い……)」

キョン「どれ、みせてみな」スッ

橘「え、は、はい…(ベロみられるって恥ずかしいな/////)」ベロッ

キョン「大丈夫だな、冷凍庫にアイス入ってるからそれでも食ってろよ」

橘「アイス!?アイスあるんですか!?」

キョン「お、おう」

橘「いいんですか!?本当に!?」

キョン「あ、ああ。一つだけだぜ」

527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 23:22:55.72 ID:RoW9PiNt0

〜食後〜

〜橘入浴中〜

橘「いいお湯です…」ブクブク

橘「以前アニメで「お風呂は命の洗濯」という単語をききましたが…」ブクブク

橘「……いいお湯です」ブクブク

橘「さて、髪を洗いましょうか」シュコシュコ

橘「?」シュコシュコ

橘「シャンプーが無い…」シュコシュコ

橘「あの!キョン君!」

ガラガラ

キョン「どしたの」

橘「ひ、ひやああああああ!!!!!!」ザブン

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 23:26:59.88 ID:RoW9PiNt0

キョン「なんだよ!うるせえな!」

橘「急に開けないでください!(裸見られた//////)」

キョン「ガキが色気づいてんじゃねえよ」

橘「ガキじゃないですってば!」

キョン「そうかい、で、どしたの」

橘「あ、シャンプーが切れたんです」

キョン「湯を入れて中身とかしゃあいいじゃねえか」

橘「それだけじゃ足りないんです」

キョン「足りるだろ……どおりで最近減るの速いと思ったぜ」

531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 23:29:46.81 ID:RoW9PiNt0

橘「す、すみません」

キョン「だいたいお前ボディーソープとかシャンプーとか使いすぎじゃねえのか?」

橘「ご…ごめんなさい」

キョン「ったく、お前洗うの下手なんだろ」

橘「…ごめんなさい」シュン

キョン「ったく」ジャー シャカシャカ

橘「何やってんですか」

キョン「見りゃわかんだろ、シャンプー溶かしてんだよ」

橘「そうですか…(怒ってるんだろうな…)」

534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 23:34:11.88 ID:RoW9PiNt0

キョン「ほら、さっさと来いよ」

橘「ふぇ?」

キョン「頭洗ってやるって言ってんだよ」

橘「え…ええ!?で、でも髪を男性にさわらせるなんて…そんな////////」

キョン「そうかい、そんじゃこの薄めたやつで頑張れよ」

橘「この量じゃ無理ですよ…」

キョン「だからやってやるっていってんだろうが」

橘「へ、変なところ触らないで下さいよ/////」

キョン「はいはい」

橘「しかたなくなんですからね///////」

キョン「そうかい」

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 23:39:32.72 ID:RoW9PiNt0

〜シャンプー中〜

キョン「おまえがーかぜになるなーらー」ワシャワシャ

橘(気持ちいい//////)

キョン「果てしないーそらになりたーいー」ワシャワシャ

橘(えへへ//////)

キョン「そんじゃ流すぜ、眼つむってな」ジャーーーー

橘「わっ…」ザバン

キョン「な、洗えたろ?」

橘「は、はい!」

キョン「そんじゃ次はリンスだな」シュコシュコ

橘「ふぇ?」

キョン「ほら、頭だせよ」

橘「は、はい!(エヘヘ/////)」

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 00:01:14.82 ID:TdZKoenI0

橘「あの…キョン君」

キョン「ん?」ワシャワシャ

橘「歌のリクエスト…していいですか?」

キョン「サブマリン・ストリートか?」ワシャワシャ

橘「は、はい!」

キョン「おまーえーにいーつーであえるのだーろー」ワシャワsyワ

橘(ドキドキ)

キョン「ほら、流すぜ」ジャーーーーーー

橘「わっ…」

キョン「ほら、少量で済んだじゃねえか」

橘「は、はい」

キョン「ったく、しばらくシャンプーの練習だな」

橘「え…それって(一緒に入るってことかな//////)」

キョン「ガキンチョは手がかかるぜ」

橘「ガキじゃないです!」

540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 00:03:30.77 ID:TdZKoenI0

〜橘入浴完了〜

〜キョン入浴中〜

〜キョン入浴完了〜

キョン「まだ起きてんのかよ」

橘「もうすぐ寝ます!」ピコピコ

キョン「ったく、ゲームオーバーになったら寝ろよ」

橘「はい!」ピコピコ

541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 00:07:02.32 ID:TdZKoenI0

橘「ああ!…死んじゃった…」シュン

キョン「そんじゃあ寝ろよ」

橘「はい…でもあそこでホワイトライダーなんて無理ですよ!」

キョン「あん?」

橘「こっちはモー・ショボーとアークエンジェルしかいないのに…ディアが使えないなんて」

キョン「なんの話だよ、いいからさっさと寝ろ」

542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 00:11:28.57 ID:TdZKoenI0

〜時は流れる〜

〜1ヶ月後  収録現場〜

鶴屋「ボンバーのみんな!新しい仕事にょろ!」

佐々木「新しい仕事?」

鶴屋「聞いて驚くっさ!」

長門「………」

鶴屋「なんと…俳優・女優デビューっさ!」

キョン「どういうことだよ」

鶴屋「うちの会社に東○シネマズからオファーが来たっさ!」

長門「オファー?」

544 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 00:17:29.70 ID:TdZKoenI0

鶴屋「そうっさ!その名も「リン・ミンメイ物語」っさ!」

鶴屋「主人公のリン・ミンメイ役にに選ばれたのはみくるにょろ!」

みくる「ふぇ!?わ、私ですか!?」

鶴屋「そうっさ!向こうからはロリっぽく子供っぽいのがほしいって条件だったにょろ!」

佐々木「子供っぽくてロリっぽい…」

みくる(それ私よりも…橘さんのほうが…)

鶴屋「どうだいみくる!やってみるっさ!」

みくる「え、でも私よりも適任が…」

佐々木「鶴屋さん、それはボンバーのメンバーが条件なんですか?」

鶴屋「そんなことないっさ!ロリっぽいのだったらいいらしいっさ!」

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 00:21:27.85 ID:TdZKoenI0

佐々木「それならもっと適任が…」

キョン「あん?なんで俺みんだよ」

鶴屋「いや…キョン君はちょっと」

みくる「あ、そうじゃなくて…キョン君の家に住んでいる子なんですけど…」

長門「ロリっ子」

鶴屋「みくるよりロリっ子かい?」

佐々木「間違いなく」

鶴屋「ふむ…おもしろそうっさ!」

みくる「キョン君、お願いできますか?」

キョン「あん?」

548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 00:27:36.41 ID:TdZKoenI0

〜キョンの家〜

キョン「帰ったぜ」

橘「あ、おかえりなさってみなさん!お久しぶりです!」

佐々木「久しぶりだね」

みくる「こんばんわ」

長門「オッスおら長門有希」

鶴屋「やあやあ!噂にたがわぬロリっ子じゃないかい!?」

橘「な、なんですか?」

鶴屋「ふむふむ…これはいけるっさ!」

橘「え?え?」

佐々木「実はね橘さん……」



549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 00:29:41.49 ID:TdZKoenI0

橘「………はあ」

鶴屋「やってくれたらうれしいにょろ!もちろんそれなりにお金は出るっさ!」

橘「お金が…(そういえばやりくりしていた貯金もそろそろ尽きてきましたから………)」

橘「キョン君…やってみてもいいですか?」

キョン「好きにすりゃいいじゃねえか」

橘「そ、それじゃあ鶴屋さん、お願いします!」ペコッ

鶴屋「よし!決まりっさ!!」

550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 00:33:31.98 ID:TdZKoenI0

〜撮影当日〜

キョン「おい京子」

佐々木・みくる(京子…だと…)

橘「は、はい」ブルブル

キョン「ったく、ビビってんのかよ」

橘「ビ…ビビってなんか…/////」

キョン「そうかい」

橘「あ、あの…」

キョン「あん?」

橘「い、いつもの…お願いできませんか…?」ドキドキ

佐々木・みくる(いつもの…だと…)

キョン「ったく」

551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 00:37:02.08 ID:TdZKoenI0

キョン「おまーえーにいーつーであえるのだーろー」

橘(ドキドキ)

キョン「サブマリンストリートでーつぶやっくー俺はきょーおーもー」

佐々木(これは不味いね…)

みくる(佐々木さんじゃなく橘さんが一番のライバルですか…)

キョン「おまーえーにあーいーたーいー」

橘(えへへへへ////////)

佐々木・みくる(イライライライラ)

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 01:03:31.51 ID:TdZKoenI0

????「それじゃあ撮影はいりますので橘さんお願いします!」

橘「は、はい!それじゃあ行ってきます!」

キョン「ああ、頑張れよ」

橘「は、はい!頑張ります!」トテトテ

佐々木(………)イライライラ

みくる(………)イライライラ

長門(イラッ☆)

558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 01:07:47.82 ID:TdZKoenI0

〜撮影中〜

橘「今あなたの声が聞こえる…ここにおいでと…」

鶴屋「こ…これは…」

橘「寂しさに…負けそうなわたーしに…」

佐々木「きれい…」

みくる「ふぇえ…」

長門「すばらしい」

キョン「やるじゃねえか」

橘「おぼえていーますかー」

559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 01:11:49.85 ID:TdZKoenI0

〜撮影終了〜

橘「ど、どうでした?」

キョン「お前の熱いハートがビンビン伝わってきたぜ」

橘「ほ、本当ですか!?」

キョン「ああ」

佐々木「スゴイじゃないか!僕たちも負けてはいられないね」

みくる「そうですね、橘さんとっても素敵な歌でしたよ」

橘「あ、ありがとうございます(えへへ///////)」ポリポリ

長門「グッジョブ」

橘「は、はい!」

佐々木(長門さんのコメントって稀に返事に困るんだよね…)

560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 01:15:44.14 ID:TdZKoenI0

〜打ち上げ〜

〜キョンの家〜

橘「あの、キョン君」

キョン「あん?」

橘「いつもの…いいですか?」

キョン「だめだ」

橘「え…なんで…」

キョン「今日はお前のハートを俺に聞かせてくれ」

橘「え…でも私…自分の歌なんかないです…」

キョン「京子、歌に大切なのは自分の作った歌だからとかそんなんじゃねえ」

橘「で、でも…」

キョン「ハートだよ、ハートがあればどんな歌でも最高の歌になるんだ」

橘「キョン君…」

キョン「京子、聞かせてくれ。お前のハートを!」

561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 01:18:17.29 ID:TdZKoenI0

橘「今あなたのこえがきこえーる、ここにおいでとー」

キョン(へ、やるじゃねえか)

橘「寂しさに…負けそうなわたーしに…」

キョン(ハートにビンビン伝わってくるぜ)

橘「きのうまーで…なみだでくもってたー」

キョン(……いい歌が作れそうだ)

橘「おぼえていーますか?」

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 01:23:36.27 ID:TdZKoenI0

〜真夜中〜


ガチャ


キョン(ん……ったくまた長門かよ)

キョン「また吉野家か?いいかげん一人で行けよ」

シーン…………

キョン「あれ?気のせいか…」ガバッ

……エテイー………カー………

キョン(この歌声は…京子か?)

………メガアッタ………キヲー……

キョン(こっそり練習ってわけかい)

………アイラー………ソー………

キョン(ったく…俺に気を使ってんのかよ)

………ヒトリー………ジャナーナイー………

キョン「…いい歌が書けそうだぜ」カキカキ

565 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 01:28:27.94 ID:TdZKoenI0

〜それから1か月後  真夜中〜


橘(……キョン君寝ました?)ジィーーー

キョン(zzz zzzz)

橘(寝てますね…そーっと…そーっと…)

キョン(…………)

ガチャ

橘「さて、今日も張り切って歌いましょうか!」

橘「今あなたのこえがきこえーる、ここにおいでとー」

橘「寂しさに…まけそおなーわたーしをー」

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 01:33:39.74 ID:TdZKoenI0

橘「さて、そろそろ戻りますか」

ガチャ

キョン「よお、お帰り」カリカリ

橘「ふえ!?お、起きてたんですか!?」

キョン「ああ」カリカリ

橘「す、すみません…起こしてしまったみたいで」

キョン「気にすんじゃねえよ」カリカリ

橘「な、何を作っているんですか?」

キョン「新曲だよ」カリカリ

橘「新曲…ですか?」

568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 01:35:09.76 ID:TdZKoenI0

キョン「ああ、お前をイメージしたな」

橘「え…?私を…イメージ///////」

キョン「言っとくけどまだ歌わねえぜ」

橘「えー、聞かせてくださいよ!」

キョン「ダメだ」

橘「ケチッ!」

キョン「そうかい、そんじゃガキはさっさと寝な」カリカリ

橘「ガキじゃありませんってば!」

キョン「ガキはみんなそう言うんだよ」カリカリ

569 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 01:39:32.25 ID:TdZKoenI0

〜時は流れ  ライブ当日〜

〜ライブ中〜

〜ライブ終盤〜

キョン「てめえら!俺たちの熱いハート!ビンビン伝わってきたか!?」

ボンバー!!!!!

キョン「そんじゃ!なごり惜しいが最後の曲いくぜ!」

エエー!!!

キョン「へ、ありがとよ!!そんでだ!!!みんな聞いてくれ!この歌は…ある少女を題材にした歌だ!」

シーン

橘(まさか…)

579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:10:06.58 ID:TdZKoenI0

キョン「その少女はよ!歌が大好きなんだ!!!」

佐々木(橘さんがうらやましいね…僕にも歌を作ってくれないかな)

キョン「でも家の中じゃ歌えねえ!家族を起こしちまうからな!」

みくる(いいなぁ…橘さん)

キョン「でもその家族はその少女は歌が好きなことを!!!!」

長門(…………)

キョン「そんじゃあ!いくぜ!」

橘(キョン君//////)

キョン「俺の歌を聴け!!!!」

ボンバー!!!!

http://www.youtube.com/watch?v=9rRTYj6qz7g

(完)

581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:13:45.21 ID:TdZKoenI0

>>573
すまねえマジの誤爆したwwwwww
最後の最後で猿ったから変なスレ見てたんだぜ!!!!


>>515のリクエストで
〜橘蘇生編〜やったけど内容的に微妙?

なんか質問ある?

582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:16:14.07 ID:H9rqXz2/P

乙っした!

>>581
フラグ回収は本家マクロス7と同じでやらないのか?

584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:18:52.86 ID:TdZKoenI0

>>582
古泉君の恋とかだろ?
一応古泉はキョンが好き………とみせかけて長門狙いだったりとか
ハルヒを花束の少女的な位置にもっていきたかったりとかしたかったけど…

グダグダになりそうだったから回避したんだぜ!

ってかもうグダグダだけどな!

583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:17:47.54 ID:xavZPnVnO

フラグ回収は危険だと思う
仲間でFAじゃね?

585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:21:31.38 ID:TdZKoenI0

>>583
このスレたてた時は一応みくるエンド狙いだったんだけど…
なぜか橘エンドになっちまったぜ…

佐々木はフェイント、長門はネタキャラ、ハルヒはうざく、みくるは可愛くいこうとしたけど無理だった…

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:22:44.59 ID:xavZPnVnO

橘の夢の中
モンハン2G

ないかなぁ

587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:24:21.10 ID:TdZKoenI0

>>586

橘の夢の中でモンハン2Gやるってこと?
2Gはやったことないから無理なんだぜ!

588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:24:43.07 ID:xavZPnVnO

>>585
みくる可愛くは失敗かも?
個人的には表舞台のウザ役かと思った

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:27:19.81 ID:TdZKoenI0

>>588
前スレはみくるエンドっぽかったからいける気がしたんだ!
可愛くいくなら佐々木・ハルヒ・橘かな?
長門とみくるは無理っぽ

589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:26:02.12 ID:xavZPnVnO

>>587
何に限るわけじゃなくて、そういうファンタジーが見たかったり

592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:29:31.47 ID:TdZKoenI0

>>589
ふむ…夢物語的な感じ?
モンハンじゃなくてメガテンならいけそうなんだけど…けっこうメガテンって知名度あんの?

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:45:04.91 ID:xavZPnVnO

そんな略し方があるのか
結構知名度高いと思う

596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 02:50:56.89 ID:TdZKoenI0

>>595
そう?そんじゃあ気が向いたら今度書いてみる!!!!
んじゃなんも質問とかリクとかなさそうなんで俺は寝るんだぜ!!

ちなみに橘のイメージは俺の妹なwwwwww
まじ「ガキじゃない!」ってキレんのwwwカワええwwwwww

んじゃまたキョン(熱気バサラ)たてると思うけどよろしくっちゃ!!!


みんな!読んでくれてマジサンクス!!!!
支援保守してくれてありがとー!!!!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンそのカレー食べちゃだめ!それは有希のうんこよ」