ハルヒ「キョン!AVを撮るわよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サザエ「カツオォ、あたしで童貞捨てちゃいなさいよ。」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 15:44:24.59 ID:8lKsITOL0

キョン「はあ?」

ハルヒ「AVを撮ってSOS団の活動費を稼ぐのよ!」

古泉「これは・・・」

朝比奈「嫌な予感がしますぅ〜」

長門「・・・」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 15:47:30.89 ID:8lKsITOL0

ハルヒ「だってウチにはこんなに素晴らしい素材が居るのよ」

朝比奈「ふぇ、私ですかぁ〜」

ハルヒ「ベビーフェイスのグラマー女子高生よ!これは高値がつくに決まってるわ!」

キョン「お前はいつの時代の人間なんだ・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 15:55:52.60 ID:8lKsITOL0

古泉「んふ、確かにそそられる煽りですねぇ」

ハルヒ「古泉くんもそう思うでしょ?」

古泉「ロリ顔で巨乳と聞いて勃起しない男子は、多分、日本には存在しないのではないのでしょうか」

朝比奈「ふぇ〜」

古泉「僕のもホラ、こんな風に」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 15:58:13.30 ID:8lKsITOL0

長門「古泉一樹の股間に立派なチンコを確認」

ハルヒ「すごっ・・・」

朝比奈「ひぃん・・・」

キョン「じゅるり」

古泉「んふっ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:00:03.79 ID:8lKsITOL0

ハルヒ「これほどの素材を見逃してたなんて・・・」

朝比奈「へ?」

ハルヒ「このおちんちんみくるちゃんかすむすごいでかい」

キョン「おいハルヒ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:01:56.66 ID:8lKsITOL0

ハルヒ「ちんちんがみくるちゃんよりすさまじいそざい、パアー」

キョン「おい、言葉になってないぞ」

ハルヒ「パアー、パアー」

キョン「ハルヒ!」

古泉「んふっ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:03:42.92 ID:8lKsITOL0

キョン「ハルヒ!大丈夫かおまえ言葉になってないって!」

ハルヒ「は!」

ハルヒ「いけない、興奮しちゃってたわ」

朝比奈「鈴宮さん・・・」

長門「・・・」くみくみ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:06:51.84 ID:8lKsITOL0

ハルヒ「決めたわ!ホモAVを撮るのよ!」

古泉「それはいいですね」

古泉「僕のこの立派なイチモツは、やはり男性のソレと絡んでこそ映えるというものです」

長門「ん・・・・ぁ・・・・」くみくみ

朝比奈「じゃあ私はエッチなことされないですみますかぁ?」

キョン「そうみたいですね、残念です」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:11:36.87 ID:8lKsITOL0

長門「あ!あ!あ!あ!」クチュクチュ

ハルヒ「ちょっと有希、オナニーならトイレでしなさいよ」

長門「してにあい」

キョン「どうした?長門が噛むなんてめずらしいな」

長門「なにもしてない」くみくみ

キョン「してないって・・・本当にしてないのか?」

長門「コクリ」くみくみ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:13:41.61 ID:8lKsITOL0

ハルヒ「してるじゃない」

長門「してない」クチュクチュ

ハルヒ「嘘!さっきからマンコいじってるじゃない」

長門「・・・」クチュ・・・

長門「マンコいじってない」

ハルヒ「今止めただけでしょ!」

長門「いじってない」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:15:58.90 ID:8lKsITOL0

古泉「まあまあ、長門さんなんてどうでもいいじゃないですか」

ハルヒ「はぁ?」

古泉「んふ、もっと僕のちんこを見てください」

ハルヒ「それもそうね」

古泉「ホラ、さっきより大きくなりましたよ」

ハルヒ「すごっ・・・」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:16:53.90 ID:8lKsITOL0

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:19:56.29 ID:8lKsITOL0

古泉一樹は、勃起しすぎると爆発する性癖の持ち主でした

鈴宮ハルヒは、その爆発に巻き込まれて死んでしまいたいと願っていました

朝比奈みくるは、ハルヒに押しつぶされてしまいました

長門有希はオナニーに夢中で、痙攣しながら吹き飛びました

そして

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:23:03.34 ID:8lKsITOL0

キョン「なんでみんな先にいっちまうんだ・・・」

墓前の花は何も答えない

キョン「俺は、いつまでたってもひとりなのか・・・?」

花は決して言葉を発することはない

キョン「俺は・・・」

キョン「いつか皆と笑いながら一緒に死にたかった・・・」

「そんなこと言わないで」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:25:43.01 ID:8lKsITOL0

声が聞こえた気がした

懐かしい、部室で聞いていたいつもの声

「んふ、あなたはまだ生きていなければならないのですよ」

「キョン君にはきっと、生かされる理由があるんですよ」

「パアー、パアー」

「貴方が死ぬべき時間はまだ先の話」

キョン「みんなの、声・・・?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:28:34.46 ID:8lKsITOL0

キョン「涙なんて、持ち合わせてないはずなんだがな」

大粒の涙が頬から零れ落ちた

零れ落ちた涙はやがて湖を作り、川となって山を下っていく

川は母なる海へと続く

海は生命を育む

キョン「俺は、何があっても生き続けてやるさ」

キョンは、世界になった

         −Fin−

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 17:09:06.48 ID:8lKsITOL0

澪「だってウチにはこんなに素晴らしい素材が居るんだぞ?」

梓「えぇ、私ですか!?」

澪「ベビーフェイスの猫耳女子高生だぞ!これは高値がつくに決まってる!」

田井中「お前はどこの世界の住人だ・・・」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「桃鉄やるわよ!」