朝倉涼子「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方をみるわ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:浜田「松本さんは夏休みを15000回繰り返した事があるそうですが」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/03(水) 18:57:58.49 ID:R6nQNPKE0

キョン「えっ?殺す…?」

朝倉「そうよ。あなたには死んでもらうわ」

キョン「おっおい!冗談はよせ!」

朝倉「本気よ。そういうわけだから死んで――」

キョン「許せ、朝倉!」

ギュッ

朝倉「ふぇっ!?」

朝倉「ちょ、ちょっと!いきなり抱きしめるなんてどういうつもりよ!」

キョン「どうだ。これで俺を殺すことができんだろ」

朝倉「やだ!離してよ!」

キョン「ダメだ。お前を絶対離さない!」ギュッ

朝倉「!?」ドキッ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/03(水) 19:06:26.23 ID:R6nQNPKE0

朝倉「ど、どうしてよ…」

キョン「当たり前だろ。離した瞬間、また俺を殺そうとするんだろ?」

朝倉「そんなことないわ。もうあなたを殺そうとしないわ。だから離してちょうだい」

キョン「悪いが信用できんな。断わる」ギュッ

朝倉「そ、そんなに強く抱きしめちゃだめ…」

キョン「強く抱きしめないと俺の手元から離れてしまうだろ」

朝倉「そうだけど…こんなのダメよ…」

キョン「(んっ?朝倉の奴、なんか様子が変だな?)」

キョン「(なるほど、俺を油断させて殺そうって魂胆だな。その手に乗るか)」

キョン「悪いがもっと強く抱きしめさせてもらう」ギュッ

朝倉「ええっー!?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/03(水) 19:14:42.12 ID:R6nQNPKE0

朝倉「か、顔が近いわ…」

キョン「しょうがないだろ。我慢しろ」

朝倉「だって…」

キョン「だってもクソもあるか。いいから大人しくしてろ」

朝倉「私の胸がその…あなたの身体に当たってるし…」

キョン「あっいや、すまん!べつにそういうつもりでは」

朝倉「なら離してもらえる?」

キョン「それは無理だ」ギュッ

朝倉「こ、このままずっと私を抱きしめるつもりなの?」ドキドキ

キョン「お前が殺すのを諦めてくれるまではな」

朝倉「諦めるわ。だからもう離して…お願い(じゃないと私、あなたのことを…)」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/03(水) 19:28:18.33 ID:R6nQNPKE0

キョン「う〜ん…(確かにこのまま一生抱きしめるわけにもいかんしな)」

朝倉「あなたをもう二度と殺そうとしないから。ねっ?だからお願い」

キョン「よ、よーし。いいだろう。お前を解放する」

朝倉「ほんと?」

キョン「ああ、ただし変なマネをするなよ」

朝倉「分かったわ」

キョン「……よし、これでお前はもう自由だ」

朝倉「(ほっ、なんとか解放されたわ。危ないからナイフもしまわないと…)」

キョン「おっおい!そのナイフをどうするつもりだ!」

朝倉「えっ?危ないからポケットに入れようと…」

キョン「嘘つくな!そいつで俺を殺そうとしたんだろ!」

朝倉「違うわ!もうあなたを殺さない――ふえっ!?」

ギュッ

キョン「やっぱりお前は信用ならん。このまま離さないぞ」

朝倉「(こ、今度は後ろから…!!)」ドキドキ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/03(水) 19:35:49.19 ID:R6nQNPKE0

キョン「クソ、危うく殺されるとこだったぜ」

キョン「だが今度は絶対、お前を離さないからな!」

朝倉「あなたの誤解よ…」

キョン「ダメだ!朝倉、お前を死んでも離さない」ギュッ

朝倉「(な、なんで胸がドキドキするのよ〜!)」

キョン「んっ?どうした?顔が赤くなってるぞ」

朝倉「な、なんでもないわ。ええ、大丈夫よ」

キョン「そうか…変な奴だな。――んっ?」

朝倉「こ、今度は何かしら…?」

キョン「お前を抱きしめて分かったんだが…朝倉、お前っていい匂いがするな」

朝倉「!?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/03(水) 19:43:39.04 ID:R6nQNPKE0

キョン「お前、何のシャンプー使ってるんだ?」クンクン

朝倉「らめぇー!髪の毛の匂に嗅いじゃだめー!」

キョン「うなじからもいい匂いがするような…」クンクン

朝倉「やだやだ!うなじの匂いも嗅いじゃだめ!」

キョン「この状態だ。自然といい匂いが入ってくるんだからしょうがないだろ」

朝倉「だったら私を離せばいいじゃない!」

キョン「それは無理だ。お前に殺されたくないからな」ギュッ

朝倉「ううっ…」

キョン「すまんな、朝倉」ボソッ

朝倉「!?」ドキッ

朝倉「(耳元で囁くなんて卑怯だわ…)」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/03(水) 19:55:08.05 ID:R6nQNPKE0

キョン「お前さっきからどうしたんだ?顔が赤いぞ」

朝倉「大丈夫だから…(誰のせいだと思ってるのよ!)」

キョン「そうか…あんまり心配させるなよ」ボソッ

朝倉「だから耳元で囁いちゃダメなの!」

キョン「えっ?ああ、なんかすまん」

朝倉「もう!いい加減にしないと怒るわよ」

キョン「それは困る!頼むから大人しくしてくれ!」ギュッ

朝倉「いや!もう離して!」

キョン「ダメだ!絶対にお前を離さない!!」

ガラガラ

谷口「ういっ〜す」

キョン・朝倉「!?」

谷口「えっ?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/03(水) 20:07:29.63 ID:R6nQNPKE0

谷口「キョンが朝倉を抱きしめてる…」

キョン「谷口、これはだな、その…」

朝倉「(これは離れるチャンスだわ)」

谷口「お前らそういう関係だったのかよ」

朝倉「違うの!キョンくんがいきなり抱きしめてきたのよ!」

谷口「マジかよ!キョン、てめぇ!」

キョン「落ち着け!これには訳があるんだ!」

谷口「うるせー!羨ましいことしやがって。兎に角、朝倉から離れろ!」

キョン「こ、断わる」ギュッ

朝倉「ひゃっ!?」

谷口「キョン、どういうつもりだ」

キョン「(どういうつもりも何も、離したら殺されるんだよ)」

国木田「谷口、忘れ物はあったかい……キョン!?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/03(水) 20:18:42.18 ID:R6nQNPKE0

国木田「キョンが朝倉さんを!ふ、二人はそういう関係なのかい!?」

谷口「違う違う。キョンの奴が無理やり朝倉を抱きしめたんだとよ」

朝倉「そうなの!私を離してくれないのよ」

キョン「お前のせいだろ!」

国木田「キョン…君が朝倉さんを好きだってことは分かったよ」

キョン「(えっ?何言ってるんだ、こいつ?)」

国木田「けどね、強引に抱きつくのはいただけないな…」

谷口「そうだぞ!さっさと朝倉から離れろ!」

キョン「ダメだダメだ!俺は絶対にこいつから離れないぞ!」ギュッ

国木田「キョン、君はそんなに朝倉さんのことを…」

女子1「ねぇねぇ、誰か教室に残ってる…えっ!?」

女子2「きゃ〜朝倉さんとキョンくんがラブラブしてるー!」

男子「なんだと!」

キョン「(おいおい、なんでクラスの連中が集まって来るんだよ…)」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/03(水) 20:27:44.71 ID:R6nQNPKE0

谷口「キョン、これでもまだ朝倉から離れないつもりか!」

キョン「もちろんだ…(俺の命がかかってるんだ)」

男子1「この野郎!朝倉さんから離れろ!」

男子2「そうだ!そうだ!」

キョン「なんと言われようとも俺はこいつから離れるつもりはない」ギュッ

朝倉「(あわわああ…彼と身体が密着してる)」

国木田「キョン、君の気持ちは分かるけど…」

ハルヒ「あんたたち教室の前で何してるのよ?」

キョン「げっ!ハルヒ!」

ハルヒ「んっ?――ちょっと!このエロキョン!あんた何してるのよ!」

キョン「ち、違うんだ!ハルヒ!」

ハルヒ「うるさい!いいからさっさと離れなさいよ!」

キョン「こ、断わる」

ハルヒ「!?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/03(水) 20:30:51.35 ID:R6nQNPKE0

世界が、崩壊した。





――END――



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「昨日彼氏とキスをした」