長門「チンポジがズレている…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「私と付き合ってほしい……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:15:46.40 ID:vgsZK3LC0

キョン「え…?ちんぽ…じ?」

長門「そう、チンポジ」

キョン「何故?」

長門「?」

キョン「何故解るんだ?それにズレてたらどうだって言うんだ長門」

長門「直すべき」

キョン「………?」

長門「直ちに直すべき」

キョン「お、おう…」ゴソ

長門「まつがよい」

キョン「なんだ」

長門「私に任せるべき」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:18:06.06 ID:vgsZK3LC0

キョン「いや、結構だ」

長門「遠慮はいらない」

キョン「大丈夫だ」

長門「聞いて」

キョン「何を…」

長門「私に任せるべき」

キョン「それさっき聞いた」

長門「万事任せるべき」

キョン「必要無い、自分でできる」

長門「推奨しない」

キョン「こんなのはな、こうチョイチョイと」

長門「待って、私に任せて」ガシ

キョン「すぐ終わる、離せ」ググ…

長門「いいから」グググ…

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:20:05.94 ID:vgsZK3LC0

キョン「うぐ…」ググ…

長門「いいから」グググ…

キョン「離してくれ…」グイグイ

長門「いいから」ググイグイ

キョン「しつこいぞ」グイ

長門「いいからいいから」グイグイ

キョン「いい加減に…しろっ!」

長門「!」


ドタッ


長門「…………」

キョン「…………」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:22:13.74 ID:vgsZK3LC0

キョン「わ、悪い…突き飛ばすつもりは…大丈夫か?長門…」

長門「………心配無い…それより…ちんぽじを…」

キョン「あ、あぁ…今体を捻った時に治っちまった…」

長門「……………」

キョン「………」

長門「………そう…」

キョン「ああ………」

長門「………」

キョン「…長門…」

長門「………何…」

キョン「何か…スマン」

長門「気にしないでいい」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:24:02.40 ID:vgsZK3LC0

長門「…帰る」

キョン「お、おう…」

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・

キョン「今日は俺達だけか…」モグモグ

妹「キョン君おしょーゆ取って〜」

キョン「ん」

妹「ありがとキョンく〜ん」

ガチャ

キョン「ん?母さん帰っ……て…」

長門「……」

キョン「うわあ!長門、何故ここに!?」

長門「ちんぽじ…」

キョン「…ッ」ゾク

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:25:34.40 ID:vgsZK3LC0

キョン「…な…何の用だ…」

長門「ちんぽじ」

妹「ちんぽじ?」

長門「そう、ちんぽじ」

キョン「妹に変な言葉を教えるな…何の用だ長門…」

長門「ちんぽじは大丈夫?」

キョン「大丈夫だ」

長門「問題無い?」

キョン「問題無い…」

長門「依然変わり無く?」

キョン「ああ」

長門「そう…」

キョン「なが…」

長門「帰る」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:27:50.95 ID:vgsZK3LC0

キョン「…帰っちまった…何なんだ?」

妹「キョン君お皿洗っちゃっていい?」

キョン「あぁ、ごちそうさま…」

妹「キョン君はお風呂洗ってね」

キョン「ああ」

・・・・・・・
・・・・

キョン「ふぅ…サッパリした…おい、風呂開いたぞ」

妹「………」

キョン「ん?お前がニュース見てるなんて珍しいな」

妹「……おふろっ」タタタ…

キョン「………?」

キョン「…ん?何か事故でもあったのか…?」

キョン「少量が空気中に流出…原発か何かかな…」

キョン「まあ、アナも緊迫した様子は無いし、大したことないんだろうな…」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:33:41.94 ID:vgsZK3LC0

キョン「さて…」ポチポチ

キョン「………」

キョン「つまらねえ番組ばっかだな…」

キョン「もう寝るかな…ん、チンポジが…」

キョン「…」クル

しーん

キョン「いないよな…長門…」

キョン「よ」モゾモゾ

キョン「よしと」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:35:56.66 ID:vgsZK3LC0

にゃーん!にゃーん!

キョン「ん?シャミセンか?」

キョン「どしたー」ガチャ

シャミセン「にゃーん!にゃーん!」

キョン「何鳴いてるんだ?」

シャミセン「にゃーん!」

キョン「天井の隅…?こえーな、おい落ち着け」

シャミセン「………」

キョン「おお、落ち着いた」

シャミセン「…」タタタッ

キョン「行っちまった…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:38:06.76 ID:vgsZK3LC0

キョン「さて、寝るか…」
・・・・・・・・・・
・・・・・・・


キョン(眠れねえ…)

キョン(やけに静かだな…)

キョン「……」

キョン(誰かに見られてるきがする…)

キョン(たまーにあるよな…こういうの…)

キョン(気のせいだろう…寝よう…)




長門「………」ジー…

キョン「zzz…」

長門「………」ジー…

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:40:44.48 ID:vgsZK3LC0

・・・・・・・・・・
・・・・・・・

キョンクンアサダヨ
キョンクンアサダヨ
キョンクンアサダヨ

キョン「ん…?」

タタタッ

キョン「うーん…朝か…」

キョン「…ん?何か…変だな…」



キョン「お、朝飯作ってくれたのか」

キョン「あれ?おーい、お前飯はー?」

                           もう食べたよー

キョン「ふうん…」

                                  いってきまーす

キョン「車に気をつけろよー」

キョン「……」モグモグ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:42:27.51 ID:vgsZK3LC0

キョン「…あれ?」

キョン「そう言えば今日は一度も妹の顔を見てないな…」

キョン「ま、そういう日もあるか」

キョン「ふぅ、ごちそうさま」

キョン「さて、学校行くかな…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:44:08.38 ID:vgsZK3LC0

キョン「ん、よう国木田」

国木田「キョン」

キョン「今日は一人か?」

国木田「違うよ」

キョン「違うって…一人だったじゃないか」

国木田「一人ではないよ」

キョン「まあ今はそうだな…」

国木田「……」

キョン「…?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:45:56.47 ID:vgsZK3LC0

キョン(何故か国木田が歩調を合わせてくれないな…)

キョン(機嫌が悪いのか…?)

キョン「なあ国木田」

国木田「な」

キョン「…」

国木田「に」

キョン「…?」

キョン「……あ、あぁ、俺宿題やって無かったんだ、先行くぜ」タタッ

国木田「うん」

キョン(何か朝から妙な感じだな…)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:47:26.84 ID:vgsZK3LC0

古泉「………」

キョン「お、よお古泉」

古泉「あぁ、おはようございます」

キョン「どうかしたのか?そんなとこ突っ立って…」

古泉「…何でもありません…いえ、あの…」

キョン「ん?」

古泉「何か妙じゃありませんか…?こう…なんとなく…」

キョン「……お前もそう思うか…?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:51:30.26 ID:vgsZK3LC0

古泉「ええ…昨日から、全てが妙な具合なんです…上手く言えませんが」

キョン「またハルヒかな…」

古泉「それが機関の方では何の問題も無いそうなのです」

キョン「そうなのか…じゃあ、まあ気のせいじゃないか?」

古泉「……そうは思いません…」

キョン「疲れてるんだろ」

古泉「…少し、調べてみようと思います」

キョン「本気か?」

古泉「ええ…涼宮さんには僕は早退したとでもお伝えください」

キョン「別に構わんが…」

古泉「では」シュピ

キョン「行っちまった…」



ドガッ

キョン「!?」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:54:18.70 ID:vgsZK3LC0

キョン「何の音だ…?」

キョン「古泉…!」ダッ


古泉「ぐは…ぐは…」ヒクヒク

キョン「うおおおっ古泉!大丈夫か古泉!」

古泉「車…ぐは…車…ぐは…」

キョン「撥ねられたのかッ!?しっかりしろ!そうだ、救急車…!」

阪中「呼んだのね」

キョン「警察…!」

岡部「呼んだ」

キョン「…! お前ら…いつからそこに…なんでそんな落ち着いて…」

阪中「…」トコトコ
岡部「…」トコトコ

キョン「おい! …クソッ、古泉、心配するな、きっと助かる!」

古泉「ぐは…おもいあた…ぐは…つるやさ…ぐは…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:56:53.87 ID:vgsZK3LC0

キョン「つるや…?鶴屋さんか?いや、もうしゃべるな!」

古泉「へんなニュース…ぐは…つるやざいば…けんきゅ…ぐは…」

キョン「解ったから喋るな!クソ、血がこんなに…」

ピーポーピーポー キッ

キョン「救急車…!」

キョン「こっちだ!早く!」

救命士1「任せてください」
救命士2「これは担架です」

キョン「お願いします!コイツを助けてやってください!」

救命士1「任せてください」
救命士2「これは担架です」

キョン「……?」

バタン ブロロロロ…ピーポーピーポー…

キョン「………」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 10:59:42.57 ID:vgsZK3LC0

キョン「…古泉…お前の予感は…正しかった」フラ

キョン「奇妙…いや、異常だ…」

キョン「誰も俺達に興味を示さない…」

キョン「目の前で人が撥ねられたんだぞ…」

キョン「何だこの静寂は…」

キョン「何だってんだ…」

キョン「鶴屋さん…いや、鶴屋財閥の研究…だと?」

キョン「変なニュース…?昨日のアレか…?」

キョン「………」

キョン「学校へいこう…」

キョン「鶴屋さんに…会わなきゃ…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:03:34.51 ID:vgsZK3LC0

キョン「2年…朝比奈さんのクラスは…クソ、何組だっけ…」

ガラッ

キョン「…………」



キョン「……何なんだ…」

キョン「どいつもこいつも黙って座って…」

キョン「おいっ」グイ

男子生徒「……」

キョン「何とか言えッ!」グイグイ

男子生徒「……」ガクンガクン

男子生徒「……」

キョン「ちっ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:07:05.91 ID:vgsZK3LC0

キョン「オラァ!邪魔すんぞっ!」ガラッ

キョン「…ん?」

キョン「朝比奈さん!」

キョン「てことは…」キョロキョロ

キョン「鶴屋さん…いないか…」

キョン「あの席だけ開いてるな…」

キョン「朝比奈さん!鶴屋さんは!?欠席ですか!?」

みくる「……」

キョン「朝比奈さんまで…?朝比奈さん!おいっ!」ペチペチ

みくる「……」

キョン「どうなってんだ!クソッ!!」ガンッ


みくる「……ふぇ」

キョン「!?」

みくる「ふええ〜…ふえええ〜…」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:09:33.88 ID:vgsZK3LC0

・・・・・・・・・・
・・・・・

キョン「つまり教室に入ったらみんな黙って前を向いて座っていたので…」

キョン「なんとなく同じように座っていた、と」

キョン「そこに鬼の形相をした男…まあ俺のことですが…」

キョン「いきなり入ってきて狼藉を働いたため…」

キョン「怖くて固まっていたと…」

みくる「えっ、ぐしゅ…ひんっ」コクリ

キョン「すいませんでした…」

みくる「怖かったよぅ…」

キョン「ほんとごめんなさい」

みくる「みんな一体どうしちゃったんですかぁ〜?」

キョン「わかりません…ただ、鶴屋さんなら…何か知ってるかも…」

みくる「鶴屋さんなら…あれ、朝見かけたのに…」

キョン「一緒に鶴屋さんを捜しにいきましょう」

みくる「は、はいっ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:12:11.01 ID:vgsZK3LC0

みくる「じゃあ、あの、わたし、早退します…」

教師「……」

みくる「ふええ〜…」ウルウル

キョン「んなもんいいから早く行きましょう」

みくる「あ、まって〜キョンく〜ん」


キョン「ところで、どこで鶴屋さんを見たんですか?」

みくる「旧校舎…旧校舎の前を歩いてました…」

キョン「そうですか…行ってみましょう」

・・・・・・・・・・
・・・・・・

キョン「いませんね…」

みくる「ごめんなさい…」

キョン「いえ、まあ見てから時間も経ってますしね…一度部室に行きましょうか」

みくる「うん…」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:14:40.78 ID:vgsZK3LC0

――部室――

ガチャ

??「ひいいいっ!」バタバタ

キョン「うわっ…この声は…」

みくる「涼宮さん!?」

ハルヒ「いやっ!いや来ないでええっ!」ブンブン

キョン「落ち着けハルヒ!俺だ!モノ投げぼがっ」ベキ

みくる「ひゃああ〜キョンく〜ん!」

ハルヒ「はぁ、はぁ…キョン…?」

キョン「痛ってえ〜…何しやがる!」

ハルヒ「キョンなの…?キョン…うえっ…ふえっ…ぶひっ…」

キョン「お前な、朝比奈さんに当たったら…うわっ」

ハルヒ「わああキョン!キョン!怖かったよう!」ガシッ

キョン「お、おい、ハルヒ…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 11:16:45.10 ID:vgsZK3LC0

ハルヒ「えっ…えぐ…よかった…無事だった…」

キョン(この調子じゃ古泉の事は言えないな…古泉…大丈夫なのか…)

ハルヒ「わああぁぁあああああん」ピャー

キョン「おい、しっかりしろよお前らしくない」

ハルヒ「だって、ひぐ、だってえ〜…」

キョン「朝比奈さんを見ろ、異変に気づいてなかったとはいえ落ち着いてるだろ?」

みくる「あはは…」

ハルヒ「ひっ…ぐす…ひっく…」

キョン「な?ほら、もう泣くな」ナデナデ

ハルヒ「あっ、あんた達、あいつが怖くないの?」

キョン「あいつ?……あいつって誰だ!?」

ハルヒ「……?あんた達、感じないの?どこかに居るのよ…近くにいるの!」

キョン「何を言って…」

ハルヒ「怖い!怖い怖い怖いよお!キョン、ここにいて?一緒にいてぇっ!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:19:12.75 ID:vgsZK3LC0

みくる「涼宮さん…」

キョン「ハルヒ、悪いがそれはできない」

ハルヒ「え…」

キョン「この怪異の鍵は鶴屋さんが持ってるんだ…俺は鶴屋さんを探さないといけない」

ハルヒ「ダメッ駄目よキョン!あいつに見つかったら…違う、きっともう見つかってる…」ブルブル

キョン「何にせよハルヒ、俺は鶴屋さんを探しに行く」

ハルヒ「行かないで!命令よ!行ったら死刑なんだから!」

キョン「心配すんな、ハルヒ…」

ハルヒ「やだよぅ…怖いよぅ…」グスグス

キョン「朝比奈さん」

みくる「はいっ」

キョン「ハルヒをお願いします」

みくる「はい…さ、涼宮さん?私が一緒ですよ?」ギュ

ハルヒ「うっう…みくるちゃん…ううぅ…」ギュー

キョン「ハルヒ、俺は必ず帰ってくるからな」ガチャ…

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:21:42.16 ID:vgsZK3LC0

――廊下――


キョン(さて…少し整理してみよう)

キョン(まず何かが起きていることは確かなようだ)

キョン(この異変はいつ始まった?)

キョン(昨日の放課後、長門の様子がおかしかった)

キョン(あの時点で、既に異変に巻き込まれていたんだろうか…)


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:23:55.27 ID:vgsZK3LC0

・・・・・・・・・・
・・・・・・・

キョン「…鶴屋さん…どこだ…」キョロキョロ

キョン「……」

キョン(では発端は?)

キョン(異変に気付いた古泉は、事態の究明を図ろうとする…が…)

キョン(…………古泉………)

キョン(古泉は言った…鶴屋財閥、研究、奇妙なニュース…)

キョン(鶴屋財閥の規模は知っている)

キョン(俺が知りようも無いってくらいデカイってことだ…)

キョン(色々な研究を手掛けていても不思議じゃない…)

キョン(研究…鶴屋財閥は何の研究をしていたんだ?)

キョン(…これは鶴屋さんに聞くしかないだろうな…)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:26:14.39 ID:vgsZK3LC0

キョン(古泉の言っていた変なニュース…)

キョン(思い当たると言えば、昨日のアレだ…)

キョン(事故か何かで何かが外に流出した…)

キョン(その何かが原因か?)

キョン(……)

キョン(ダメだ…放射能だろうがウイルスだろうが、こんなふうになった原因にはならんだろう…)

キョン(俺も朝比奈さんも何ともないし…ハルヒも…怖がってるだけだった…)

キョン(いや、それに古泉が言っていたのがあのニュースとは限らない…)

キョン(新聞はどうだ? 確か職員室にあるはずだ…とりあえず校舎に行くか…)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:29:36.35 ID:vgsZK3LC0

キョン(次は人だ…)

キョン(国木田、古泉、救命士の二人、阪中、岡部、2年の男、朝比奈さん、そしてハルヒ…)

キョン(まず国木田だ…何か心此処に有らずって印象だったな…)

キョン(しかし意思の疎通はできた)

キョン(救命士、阪中、岡部もそんな感じだったな)

キョン(常識的にやるべき事はやっていた)

キョン(古泉に対して阪中は救急車を呼んだと言っていたし…)

キョン(実際に救急車は来た…救命士も緊迫感は欠片も無かったが…)

キョン(手際が悪かったわけではない…)

キョン(………)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:31:23.26 ID:vgsZK3LC0

キョン(2年の生徒は…黙って前を見ていただけだったが…)

キョン(魂の抜けたようなツラだった…)

キョン(しかし、考えてみればあれは授業を受けていたから…?)

キョン(生徒も教師も居るべき所にいた…)

キョン(国木田達も今はああして黙って向かい合っているのか?)

キョン(そう言えば…黒板に妙な絵が描かれていた気がする…)

キョン(何なんだ…?あれ…)

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:33:10.09 ID:vgsZK3LC0

―新校舎―

キョン「…鶴屋さん…どこだ…?」


キョン(そして、古泉、朝比奈さん…)

キョン(二人は比較的まともだった)

キョン(二人は特別な人間だ…それが何か関係してるのか?)

キョン(古泉は超能力、朝比奈さんは未来のテクノロジーか何かで…)

キョン(ん…?)

キョン「あぁ、俺を忘れてた」

キョン(俺は普通の人間…だよな?)

キョン(俺もまともだよな…?)

キョン(うーん、振り出しに戻っちまったか…)

キョン(俺達三人に共通することが関係してるのか?)

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:35:54.88 ID:vgsZK3LC0

キョン(そして、最後にハルヒ…)

キョン(あいつの見せた反応は他の誰とも違っていた)

キョン(SOS団の連中によれば、あいつが最も特別な存在らしいが…)

キョン(そもそも願望を実現する力があるなら…)

キョン(あいつがあんな風に怯えるのは変だ)

キョン(ズバっと解決してもいいはずだ)

キョン(そう言えば、妙な事も言っていたな)

キョン(あいつが来る…?)

キョン(あいつって誰だ?)


『……?あんた達、感じないの?どこかに居るのよ…近くにいるの!』
『ダメッ駄目よキョン!あいつに見つかったら…違う、きっともう見つかってる…』


キョン「ま、ろくなもんじゃ無いんだろうな…やれやれ…」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:37:19.07 ID:vgsZK3LC0

キョン(やはり、今は鶴屋さんを見つけるしかないか…それと…)

キョン(できれば長門にも会っておきたい…)

キョン(昨日の時点でかなりおかしかったが…)

キョン(可能性は低いが、もしかしたらあの時みたいにヒントをくれるかもしれん)

キョン(朝倉みたいに襲ってくることも無いだろう…)

キョン(そう信じたい)


ムニュ


キョン「ん?」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:39:59.18 ID:vgsZK3LC0

男子生徒「」

キョン「おい、こんな所で寝るな」ツンツン

男子生徒「」

キョン「………」

キョン「死んでる」

キョン「ううっ……!?」

キョン「…………」

キョン(落ち着け…頼れるのは自分だけだ…)

キョン「はぁ、ふぅ……ええっと…」

キョン(喉仏に鬱血した跡…正面から絞め殺された…のか?)

キョン(今、こんなアグレッシブなことをする奴…誰だ?)

キョン(…)

キョン「こりゃ、覚悟って奴を据えてかないとな…」

キョン「うー…なんまんだぶなんまんだぶ…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:42:48.86 ID:vgsZK3LC0

キョン(…ん?廊下の角に…)

キョン(ぐうっ…)

キョン(こいつ、首が…折れてるのか…?)

キョン「!?」

キョン(こりゃあ…こいつ一人じゃないぞ…)

キョン(3、4…5人倒れてる…)

キョン(先に進むほど殺し方が酷くなってるな…)

キョン(しかしこの血の匂い…頭がおかしくなりそうだ)

キョン(いつ死んだんだ?)

キョン(…こういう時、体温を探るのがセオリーだが…)

キョン(とても触る気にはなれん…)

キョン(まあ、血の匂いが濃いってことは…)

キョン(つまりはそういう事なんだろうな…)

キョン(そして、死体が新しいってことは…)

キョン(殺人犯は、この先…近くにいるってことか…)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:45:04.13 ID:vgsZK3LC0

キョン「あー…怖いワケじゃない」

キョン「殺人犯なんぞ怖くは無い」

キョン「だが万が一、俺が死んだらハルヒ達が困るな」

キョン「うん、引き返そう」

キョン「誰も俺を責めまい…勇気ある撤退だ…」


            ギニャー……


キョン「……!!」

キョン「この声…」

キョン「…鶴屋さん……」

キョン「くそ……」

キョン「くそおっ!!」ダッ

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:47:48.25 ID:vgsZK3LC0

キョン「なんてこった!鶴屋さんが危ない!!」

        ぎにゃーっ!んにゃあああっ!


キョン「どこだ!?鶴屋さん!」


                     ああーっ!あああああっ!


キョン「どこなんだ、鶴屋さん!せめて生きていてくれ!」


    「ぎにゃあああっ!にょろ!にょろ!」


キョン「! ここかっ!」

ガラッ

キョン「鶴屋さん!!今助け……ま……」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:49:57.89 ID:vgsZK3LC0

鶴屋さん「はあっ、はあっはぁ、死ね!死ぬにょろ!」ザクッザクッ

学生「」ビクンビクン

キョン「……」

鶴屋さん「ぎにゃああああああっはっは!にょろ!」ザクザクザク

学生「」


キョン「……」

鶴屋さん「はあー、はあー、痛い!?ねえ痛い!?何とか言うっさ!」

キョン「……」

鶴屋さん「はぁ、はぁ、はぁ…はぁ……ふー…」

キョン「……」

鶴屋さん「あれ?」

キョン「……」

鶴屋さん「誰かなっ?」クルリ

キョン「……」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:52:05.42 ID:vgsZK3LC0

鶴屋さん「おんやあ?」

キョン「……」

鶴屋さん「やぁやぁ、キョン君じゃないか!」

キョン「……」

鶴屋さん「そだ、キョン君も殺せば、少しは…」ユラリ

キョン「……」

鶴屋さん「いっちょ殺ってみるっさ!」

キョン「……」

鶴屋さん「いくよっキョン君!」ダッ

キョン「……」

キョン「……ッ!!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:54:00.27 ID:vgsZK3LC0

バキッ

鶴屋さん「に゛ゃっ」ズシャッ

キョン「は―っ、は――っ、は――っは―――っ……」ガタガタ…

鶴屋さん「あう…キョン君…?」

キョン「はー、はー……なにやってんだあんた…」

鶴屋さん「キョン君、もしかして、まだまともなのかい…?」フラ

キョン「近づくなッ!!」

鶴屋さん「いや〜、よかったにょろ〜…」ポタ…ポタ…

キョン「あんた…何てことを…」

鶴屋さん「あ、ねえキョン君、一応、いっこ聞いていいかい?」ゴシゴシ…

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:56:07.45 ID:vgsZK3LC0

キョン「動くな…動くなよ……」ガクガク…

鶴屋さん「怖いかい?」

キョン「…?」

鶴屋さん「怖いかい?世界がこんなになって」

キョン「…怖いね」

鶴屋さん「おほっ♪いいねえいいねえ…あたしは怖くないっさ」

キョン「あんたがイカレてるからだ…」

鶴屋さん「キョン君は手厳しいねっ!でもね、みんなイカレた世界では…」

キョン「…」

鶴屋さん「おかしいのはどっちかなっ♪」

キョン「……鶴屋さん…」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:57:18.52 ID:vgsZK3LC0

鶴屋さん「ね、キョン君…今、怖くないって言ったけど、ホントはねっ」

キョン「……」

鶴屋さん「とっても怖いっさ!」

キョン「そうは見えないがな」

鶴屋さん「怖くない…怖くないのが怖いっさ」

キョン「?」

鶴屋さん「取り返しが付かないことすれば怖いかなって思ったけど…」

キョン「……」

鶴屋さん「どっこい、全然怖くなくて困ってたにょろ!」

鶴屋さん「わっかるかな〜?わっかんないよねえ〜♪」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 11:58:24.99 ID:vgsZK3LC0

キョン「解るかよ…狂人のアタマなんぞ」

鶴屋さん「たはー…つれないねっ」

キョン「けっ」

鶴屋さん「あ、もしかしてキョン君、あたしがキミの事襲うと思ってるんかい?」

キョン「まーな…」

鶴屋さん「あっはっは!しないしない!安心するっさ!」

キョン「どうだかね…」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:00:30.87 ID:vgsZK3LC0

鶴屋さん「ねぇねぇキョン君、そういやあたしに何か用かい?」

キョン「…聞きたいことがある」

鶴屋さん「何でも聞いとくれっ?」

キョン「この異変…いや、それは後だ…何故殺した」

鶴屋さん「怖くないから」

キョン「なんだって?」

鶴屋さん「人を殺したら少しは怖いかな、て思ったっさ」

キョン「頭が痛くなりそうだ…」

鶴屋さん「不安なんだよねっ♪恐怖が無くなりかけて、自分が消えてく感覚が」

キョン「本当に頭が痛くなってきた…」

鶴屋さん「さっきはね、人気者のキョン君を殺せば、もっと取り返し付かないから怖いかな?って」

キョン「もういい…やめろ」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:02:27.30 ID:vgsZK3LC0

鶴屋さん「キョン君大丈夫かい?」

キョン「あんたよりはな…」

鶴屋さん「あっはっは、言うねえ!」

キョン「じゃあ、次が本題だ…この異変について、知ってることを教えて欲しい」

鶴屋さん「おっ?おおっ?このあたしにかいっ?」

キョン「あんたんちの研究施設のことは知ってるぞ」

鶴屋さん「んん〜っ、キョン君、流石だねっ!核心に迫ってるよっ」

キョン「じゃあ俺が聞きたいこと、解るよな…話せ」

鶴屋さん「んっふっふ…情報を引き出すのが上手いんだねっ!」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:04:57.81 ID:vgsZK3LC0

鶴屋さん「そうさねえ…あたし達が研究してたのはね、人類を新しいステージに押し上げるモノだよ」

キョン「…」

鶴屋さん「上手くいけば、世界中がみーんなハッピーになったにょろ!」

キョン「上手くいけば…ね」

鶴屋さん「上手くいけば、めがっさ画期的な次世代…いんや、高次元エネルギーを精製できるんさ!」

キョン「御立派なこった…それで?出来たのか?」

鶴屋さん「にょろ…それがねえ、ちょ〜っと手違いがあったにょろ」

キョン「昨日の流出のニュースか」

鶴屋さん「あったり!」

キョン「何があった」

鶴屋さん「研究所で仲間のロジャー博士が『アレ』に感染しちゃったんさ」

キョン「アレに?感染?」

鶴屋さん「感染?ん〜感染というか…汚染というか…浸食というか」

キョン「具体的に…感染するとどうなるんだ?」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:07:48.49 ID:vgsZK3LC0

鶴屋さん「難しい質問だねっ」

キョン「言ってみろ」

鶴屋さん「まず、認識するんさ」

キョン「何を」

鶴屋さん「アレを」

キョン「アレって何だ?」

鶴屋さん「…例えるならイノセンス…」

キョン「…?」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:09:52.03 ID:vgsZK3LC0

キョン「鶴屋さん?」

鶴屋さん「にょろ?ああ、えっとね、そいで職員の間で感染が広がったっさ!」

キョン「……」

鶴屋さん「いやぁ、興味深いデータがめがっさゲットできたっさ」

鶴屋さん「驚いたことに、アレは物理的な感染経路を持たないにょろ!」

鶴屋さん「距離も気流も関係なし!」

鶴屋さん「何で今まで制御出来てたんだろうねっ?」

鶴屋さん「数分で世界の至る所まで拡大しちゃったっさ!」

鶴屋さん「そして…」

キョン「…そして?」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:11:33.55 ID:vgsZK3LC0

鶴屋さん「純粋無垢な存在が全てを支配する・・・」

キョン「鶴屋さん…?」

鶴屋さん「すべてであって一部である。無限であり、なおかつ0でもある…ブツブツ…」

キョン「だっ…大丈夫…ですか…?」

鶴屋さん「キョン君…アレは…恐ろしい…恐ろしいまでに…優しい…」

キョン「……」

鶴屋さん「いつもあたしと共にいた…あたしはそれに気づいた…気づいていなかったあたしは気づいた」

キョン「……」

鶴屋さん「あたしは嫌だった…恐怖を失って凄く後悔した…でも…今は幸せ…」

キョン「う……」

鶴屋さん「アレがいる…一緒にいる…人と人では不可能な繋がりが可能になった」

キョン「うう…」ガタガタ

鶴屋さん「アレはどこにでもいる…あれは一つじゃない…でも…唯一の存在…あたし達が気付かなかっただけで…いつも傍に」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:22:20.82 ID:vgsZK3LC0

キョン「はぁ…はぁ…」ガタガタ

鶴屋さん「ああ…もう怖くない…怖くないことも怖くなくなった…」

キョン(聞くな…意思を強く持て…ッ)

鶴屋さん「全て解った…物質…空間…時間…存在…虚無…心…」

キョン(戯言だ…ッ!妄想だ…ッ!)

鶴屋さん「彗星の軌跡に浮かび上がる八文字の約束…ボソボソ…」

キョン「!!!」ギクリ

鶴屋さん「ね、キョン君もすべての真実に触れてごらん。大丈夫、怖くないから…あたしも一緒についていくから」

キョン「…あ…」

鶴屋さん「ねえ…一緒に真理の棺の鍵を受け入れて…」

キョン「……うわああああああっ!」ダッ…


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:25:27.80 ID:vgsZK3LC0

・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・

キョン「はぁ、はぁ…」

キョン「…………」フルフル

キョン(誰かがいた)

キョン(鶴屋さんじゃなかった…人じゃなかった…)

キョン(怖え…何なんだちくしょう…)

キョン(鶴屋さんはもうダメだ…)

キョン(長門…長門はどこだ…)

キョン(長門を探しに…)

キョン(ダメだ…心が折れそうだ…)

キョン(人に…だれでもいい、生きた人間に会いたい…)

キョン(一度、部室にもどろう…)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:27:38.02 ID:vgsZK3LC0

キョン「………」トボトボ…

キョン(幾つか解ったことがある…)

キョン(やはり発端は鶴屋財閥の手掛けた研究所の事故だった)

キョン(鶴屋さんが『アレ』と呼ぶモノに感染すると…)

キョン(あんな風な悪魔的お花畑になっちまうわけか…)

キョン(鶴屋さんは…物理的な感染経路を持たないと言っていた…)

キョン(世界中が感染した、とも…)

キョン(あり得ない…あるわけがない…)

キョン(俺はマトモだ…ハルヒも…朝比奈さんも…)

キョン(…今のところは…な)

キョン(早く何とかしないと…古泉も長門もいない今…俺が…)

キョン(俺に出来ること…何か…)

キョン(いや、もういい…)

キョン(今は…ハルヒに会いたい…朝比奈さんの淹れたお茶が飲みたい…)

キョン(少し、横になりたい…)

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:36:57.40 ID:vgsZK3LC0

ガチャリ…

キョン「……」

キョン「ふっ……」

キョン「ふふっ……」

キョン「いねえ……ふふふ…」

キョン「どこ行った…ハルヒ…朝比奈さん…」

キョン「まったく…あいつら…と…きたら…」

キョン「ほんと…しょうがねえな…ぐふっ」

キョン「う…ううう…ふぐっ…うっうっ…」

キョン「1分…うぐっ…ふ…ひっ…」

キョン「1分だけだ…そしたら…探しにいくから…」

キョン「うお…おぐ…ひっ…ううっ…」

キョン「俺が…えぐっ…迎えに行くからな…」

キュン「ううううーっ…うっ、うううっ…」

・・・・・・・・・・
・・・・・・・

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:40:43.61 ID:vgsZK3LC0

――SOS団部室――

・・・・・・・・・・

キョン「……」

キョン「…すー………はー………」

キョン「…よし」

キョン(二人が部室から出た…)

キョン(俺と別れて約1時間、何かあったのか?)

キョン(書き置きも無い、すぐに戻るつもりだったか…)

キョン(書いている場合ではなかった、という考えかたもできる)

キョン(どちらにせよ、二人に何かあったのは確実だ…)

キョン(鶴屋さんのような危険な人物に襲われた…?)

キョン(いや、部室にそういった形跡は無い…)

キョン(やはり自分達の意思で…?)

キョン(とにかく、ここに居ても始まらん)

キョン(探しながら考えよう)


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:44:45.74 ID:vgsZK3LC0

――廊下――

キョン(今、考えうる最悪の状況…)

キョン(鶴屋さんと二人が鉢合わせしたら…)

キョン(あの超人鶴屋さんに襲われたら…)

キョン(落ち着け…客観的に考えろ…)

キョン(言いたかないが、鶴屋さんはもう死んでいるようなものだった)

キョン(最後に見せたあの表情、もう恐怖を求めて殺戮を起こすような感じではなかった)

キョン(もっと、こう…)

キョン(……)

キョン(そうだ、あそこには死体が転がってたんだ)

キョン(あの惨状を見たら、流石に普段のハルヒでも近づかないだろう)

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:47:35.55 ID:vgsZK3LC0

キョン(今、俺がすること…出来る事は…)

キョン(当然、ハルヒ達の保護だろう…)

キョン(しかし、それは事態の解決にはならない)

キョン(やはり長門だ)

キョン(この期に及んで長門頼りってのも情けない限りだが…)

キョン(………)


キョン「………!」

キョン「…う…ううっ…そうだ…」


キョン(長門がいなかったらどうする…?)

キョン(長門は学校にいるのか?いたら何故出てこない?)

キョン(やはり長門はもう…)

キョン(…………)

キョン(大人しくチンポジを直させていたら…別の結果があったんだろうか…)


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:50:57.28 ID:vgsZK3LC0

キョン(他に…他に誰か…)

キョン(喜緑さん…いや、あの人は在学してるかも判らんしな…)

キョン(古泉の同僚…探し様が無い…)

キョン(朝倉………俺は馬鹿か…)

キョン(……誰か…)

キョン(…………)

キョン(…………情けねえ…)

キョン(誰かに頼ってばかりじゃねえか…)

キョン(俺は…無力だ…)

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:53:45.49 ID:vgsZK3LC0

キョン「……」

キョン「ん?」

キョン「耳鳴り…か?」


キョン(何か聞こえる…)

キョン(風か?)

キョン(いや、遠くから聞こえる潮騒みたいな…)

キョン(微かだが…何だこれ…)

キョン(鶴屋さんに会ってから…なんだか…頭が痛いな…)

キョン(うう…二人が心配だ…)


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 12:59:00.56 ID:vgsZK3LC0

――庭――

キョン「どこだ…」

キョン「ハルヒ…」

キョン「朝比奈さん…」

キョン「長門…」

キョン「……!」

キョン「長…門…?」

     __,,,..::-ーーァ''
    ,r‐´.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヾ、
  /イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:l
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:f゙i:.:|リ!
   l∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,人l:.l ノ ポショポショポショ…
     ヽト::;i、:/ ,ゝ!'   __
    r:r'''゙ ゙'゙'''ー-<ニ,y''゙゙゙ ̄l.||
    .l i      //:.`ヽ  l||
    | l       i l: : : : :l r-'`、
   .| l      l l : : : : :l  〉 }
   l. ゙ー‐-- .__,,j .|: : : : :.ヾ⌒〈
   }ー──---=': : : : : : :ヽ.:ノ


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:01:13.83 ID:vgsZK3LC0

キョン「良かった、長門!」

長門「……」



キョン「……?」

キョン「長門…?」

長門「…ボソ……ボソボソ……」

キョン「そんな…なぁ、長門…」

長門「……ボソ…nasi…ポソ…tana…」

キョン「う…うううっ…何か言ってくれ…こっち向いてくれ…長門」
キョン(頭痛が…何だ…?)

キョン「なが…

長門「…」クルリ

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:05:59.92 ID:vgsZK3LC0

キョン「……………」

キョン「うあ」

キョン「うわわっ…」

キョン「うわ゛あああああああああっ!!」

キョン「わ゛――――――――――っ!!!」ダッ



キョン「はぁっはぁっはぁっはぁっ…」ダダダダ…

キョン(何だアレ!?何だアレ!?何だアレ!?)

キョン(長門の顔が…!長門の顔が…!何だアレ、何だアレは!)

キョン「うぶっ、ぐっ」ズシャ…

キョン「おうえっげほっ、うぼろろろろ…」ゲロゲロ

キョン「はぁっはぁっはぁっ…顔が…長門の顔が…蜂の巣みたいに…うぷっ」

キョン「ぉろろろろろ…おえっ、ペッ、はぁ、はぁ、う…うぅ…おろろろろ」バシャバシャ…


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:10:46.49 ID:vgsZK3LC0

キョン「はぁ、はぁ…ひぃ…ひぃ…」

キョン「長門…長門ぉおお…!」

キョン「ちくしょおお…長門が…長門…」

キョン「あんな姿になっちまった…っ」

キョン「長門、おうおおぉ…」

キョン「う…うっうっ…う―っ、う―――――っ」


キョン「うう…誰だ…ッ」

キョン「誰がこんなことを…ッ」

キョン「長門をあんな酷い目に遭わせやがって…」

キョン「許さねえ……」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:13:51.32 ID:vgsZK3LC0

――新校舎・廊下――

バキッ  ダンッ  パリーン

キョン「オラァッ!」ガシャーン

キョン「どこだ!誰の仕業だァッ!」ドゴーン

キョン「出てこいッ勝負しろコラァ!!」ガキーン

キョン「殺してやるっ!八つ裂きにしてやるっ!」ガシャーン

キョン「殺してみろッ俺はここだッ」ガンッガンッ

キョン「ハァ――ッハァ――ッ」

キョン「出てこいよ…殺せよ…」

キョン「ううううう…」ガクリ…

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:16:44.85 ID:vgsZK3LC0

キョン「うう…ううう…」

キョン(駄目だ…まだ俺には…)

キョン(やることが残ってる…)

キョン(ハルヒ…朝比奈さん…)

キョン(今、行くから…)

キョン(行って安心させてやらなきゃ…)

キョン(それでどうにかなるってワケじゃないが…)

キョン(俺にできるのは、もうそれだけなんだ…)


キョン「………」フラリ

キョン「…………」

キョン「…また…潮騒が聞こえる…」

キョン「何か…頭も…痛い…さっきより…」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:18:35.43 ID:vgsZK3LC0

――教室・4組――

ガララッ

キョン「ハルヒ」

キョン「朝比奈さん」

キョン「どこだ」

キョン「…ここもいないか」

キョン「ふふ…」

キョン「次だ…」

キョン(頭、いてえ…)

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:20:49.54 ID:vgsZK3LC0

――教室・5組――

ガララ

キョン「ハルヒ」

キョン「朝比奈さん」

キョン「ふふ…いない…」

キョン「いいさ…次だ…」

キョン「………ん…?」

キョン「ここ、俺のクラスか…」

キョン「ふふ…よう、谷口…ハルヒ見なかったか?」

谷口「ボソボソボソボソボソ…」

キョン「…?」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:23:54.83 ID:vgsZK3LC0

キョン「谷口…?」

谷口「ボソボソボソボソ…」


キョン(何か呟いてる…?)

キョン(…落ち着いてよく見ると…)

キョン(みんな何かを呟いている…)

キョン(潮騒の正体はこれか…)

キョン(う…何だ?頭痛が強くなってきた…)

キョン(谷口、何て言ってるんだ…?)

キョン(聞き取れない…)

キョン(口元に耳を近づければ…)

グイィッ

キョン「!!!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:26:39.83 ID:vgsZK3LC0

――廊下――

ズルズルズルズル…

キョン「うわあああああっ!!」

キョン(引っ張られ…引きずられてる…!)

ズルズルズルズル…

キョン「誰だ!やめろっ!うわっ!わああああああっ」

ズルズルズルズル…

キョン「ひいいっ、嫌だ!よせっ!頼む!ぎゃああああっ」ドタッ

キョン「うぐっ」

キョン「はっ、はっ、はぁっはぁっはぁっ…」

キョン「はぁー、はぁー、何だ!?何なんだ!?」


??「うふふ…だーれだ?」


キョン「うわああっ!離せっうわあっ」バキッ

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:30:52.25 ID:vgsZK3LC0

??「ぶべらっ!酷いキョン君!」

キョン「はぁはぁはぁはぁはぁ…朝…倉…?」

朝倉「YES!I am!」チッチッチ

キョン「あ…はは…朝倉…あさく…ら…」

朝倉「お久しぶり…待たせちゃったわね」

キョン「朝倉!」ガバッ

朝倉「きゃっ」ドタ

キョン「朝倉!朝倉ァ!!うううっ、うおっ、ぐふっ、ううっ、うう―――っ」

朝倉「ちょっと、どこ触って…んっ、あっ…」

キョン「朝倉…ぐしっ…良かった…俺…おれ…」

朝倉「…クス…キョン君、一人でよく頑張ったわね…」ナデナデ


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:34:50.03 ID:vgsZK3LC0

キョン「ううっうっう…」グスグス…

朝倉「いい子いい子」ナデナデ

キョン「……」

キョン「……コホン」スッ

朝倉「あれ?もうおしまい?もっと甘えてもいいのに」

キョン「すまん…取り乱しちまったな…」////

朝倉「仕方ないわ…事態が事態だもの…ほら、涙拭くから動かないで?」フキフキ

キョン「いいって…自分でやるから…」

朝倉「いいから…」フキフキ

キョン「うう…今のは忘れてくれ…」

朝倉「うふふ…もう大丈夫そうね」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:37:26.47 ID:vgsZK3LC0

キョン「ああ…そうだ朝倉!長門が!長門がおかしくなっちまったんだ!何とかならないか!?」

朝倉「それは…」

キョン「頼む!もうお前しか頼れる奴がいないんだ!長門を助けてやってくれ!このとおりだ!」

朝倉「あのね、キョンく…」

キョン「俺に出来ることなら何でもする!こっちだ!長門、今助けてやるからな!」グイグイ

朝倉「待ってってば!刺し殺すわよ!!」

キョン「ひいっ」ビクーン


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:40:46.91 ID:vgsZK3LC0

朝倉「まったくもう…長門さんは大丈夫よ」

キョン「え?いやだってお前長門は…」

朝倉「あなたが遭遇したアレは…あんっ」

キョン「?」

朝倉「きゃんっ、ちょ、くすぐったい…んんっく」モジモジ

キョン「お前まで…おかしくなっちまったのか?」

ニョキ

長門(小)「……」

キョン「……」

長門(小)「私から説明する」

キョン「ぎゃああああああああああっ!!んなあああっ!?」

朝倉「もう…ブラがズレちゃったじゃない…」モゾモゾ

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 13:43:33.12 ID:vgsZK3LC0

キョン「ななな、なーなーなー…長門!」

朝倉「長門さん、起きたのね」

長門(小)「…」コクリ

キョン「長門なのか…?お前なのか!?」

長門(小)「心配掛けた」

キョン「長門…あ、ダメ、また泣きそう…」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 14:47:03.02 ID:vgsZK3LC0

長門(小)「昨日、日本の某所において、ある異変が起きた」

キョン「鶴屋財閥の研究所か…」

長門(小)「そう」

キョン「それで?」

長門(小)「未だかつて無い現象が確認された…物質でもエネルギーでもない…強いて言えば空間に近いモノ」

キョン「……?」

長門(小)「情報統合思念体にもそれが何か解らなかった…私は直ちに解析を試みた…」

キョン「何だったんだ?」

長門(小)「不明…解析に取り掛かった瞬間、強力な精神汚染に晒された」

キョン「精神汚染…?鶴屋さんも同じような事を言ってたな」

長門(小)「そう…私は速やかに汚染された部分を情報ごと自ら分断した…残ったのがこの体」

キョン「えらくちっこくなったな…」(かわいい)

長門(小)「32分の1」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 14:50:12.41 ID:vgsZK3LC0

長門「昨日私の言動がおかしかったのは、分断した汚染された方の肉体が自律して行動していたため」

キョン「ああ…確かにエキセントリックだった…」

長門「あなたに何か迷惑を掛けたりしなかった?」

キョン「えー、あー…」

キョン「……放課後の部室で迫られた…」

朝倉「きゃああ〜♪なーがとさんだ〜いた〜ん♪」

長門「…」

朝倉「いたたた、髪引っ張らないで!ごめんごめん!!」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 14:56:39.81 ID:vgsZK3LC0

キョン「……そう言えば…今さらなんだが…」

キョン「何で朝倉がいるんだ…?」

朝倉「何よ!いたっていいじゃないのよ!お邪魔虫ってわけ!?」プンスカ

キョン「茶化すなよ…朝倉」

長門「…」

長門「順を追って説明する」

長門「私に残された情報操作能力は僅かだった」

長門「能力も肉体も、これでは制限が掛り過ぎる」

長門「今こそバックアップの出番だと思った」

長門「私は時間をかけて情報思念体にアクセスし、何とか朝倉涼子の再構成の許可を得た」

キョン「その情報思念体とやらはどう見てるんだ?」

長門「…今は大混乱に陥っている…精神汚染が広まる前に接触できたのは幸運意外なにものでもなかった」

キョン「そうか…続けてくれ」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 15:01:34.61 ID:vgsZK3LC0

長門「今言ったように、情報思念体の混乱で朝倉涼子の再構成は私が行う必要があった」

長門「この体に残された力で再構成するのには長い時間が掛った」

長門「彼女には無駄な肉が付き過ぎている…」

朝倉「な、何よその目は…」

長門「別に」

キョン「はは…」

長門「完了したのは数分前」

長門「間に合って良かった」

長門「彼女には精神汚染を引き起こすワードを認識できないようプログラムしてある」

長門「精神汚染にも少しは耐性を発揮できるはず」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 15:05:07.23 ID:vgsZK3LC0


キョン「そうか…ところでそのワードってのは一体何だ?」

長門「この異変のシンボルの名前…決して聞いてはいけない…口にしてはいけない」

キョン「もしかして谷口達が呟いていたのは…」

長門「そう…直接聞けば即座に汚染される」

キョン「じゃあ…俺は相当危険な行為を知らずに行ってたのか…助けてくれたんだな、ありがとう、朝倉」

朝倉「ふふん、まぁね♪」


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 15:08:40.16 ID:vgsZK3LC0

キョン「…そうだ、なあ、古泉がどうなったか知らないか?」

朝倉「車に撥ねられて病院に搬送されたのは知ってるわ…でも今の私達は彼の安否は確認できないの」

キョン「そうか…」

長門「でも、心配はいらない」

キョン「何故だ?」

長門「人はそう簡単に死なない」

キョン「……」

長門「……」

キョン(…俺を慰めてくれてるのか…)

キョン「ありがとな、長門」ナデナデ

長門「…いい」グリングリン

朝倉「あんっ、ちょっとキョン君!だめっ…」////

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 15:12:39.83 ID:vgsZK3LC0

キョン「うわっ!悪い…そんなつもりじゃ無かったんだが…」

朝倉「もう…エッチ…ズルイ人…」////

キョン「と、ところで鶴屋財閥は一体何の研究をしていたんだ?」

長門「恐らく何らかのきっかけでアレの存在に気付き、有効利用を模索していたと思われる」

キョン「アレね…お前は何だと思ってるんだ?」

長門「…何事にも始まりはある…自我の発生、生命の誕生、宇宙開闢…」

キョン「スケールがでかいな」

長門「違う…それら以外の時空で発生した現象…今までに無い概念」

キョン「はあん?」

長門「例えば…この宇宙を時間も含めて正方形とする」

キョン「?」

長門「その正方形の四方の線を中心に向けて進めると…」

キョン「線は余るが正方形はどんどん小さくなるな」

長門「そう…対の線は重なって十字になり、面積は0になる」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 15:16:17.41 ID:vgsZK3LC0

キョン「まあ…そうだな」

長門「しかしそれで終わりではない」

キョン「ほう…」

長門「線は対の線を超え、真逆の正方形を作る」

キョン「そう…だな、うん、確かに」

長門「それを宇宙レベルで想像してほしい…何かのはずみで両方の世界が重なった」

キョン「うーん…」

キョン(突然世界が縮み、俺達を…何もかも押し潰して一点に集束し…)

キョン(ゼロを超えて…俺だったモノを含めた全てが拡散していく…)

キョン(それがこの世界に出現した…?)

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 15:19:13.50 ID:vgsZK3LC0

「…例えるならイノセンス…」
「純粋無垢な存在が全てを支配する…」
「すべてであって一部である。無限であり、なおかつ0でもある…」
「いつもあたしと共にいた…あたしはそれに気づいた…気づいていなかったあたしは気づいた」
「アレがいる…一緒にいる…人と人では不可能な繋がりが可能になった」
「アレはどこにでもいる…あれは一つじゃない…でも…唯一の存在…」
「あたし達が気付かなかっただけで…いつも傍に」
「全て解った…物質…空間…時間…存在…虚無…心…」                                           チリーン

キョン(これは…この符合は…いや、そんな馬鹿な…)

キョン(他にも何か言ってたな…ええと…)

キョン(彗星の軌跡に浮かび上がる八文字の約束………?)

キョン(その後…鶴屋さんは何かを……何か………ぐッッ!!!)

キョン「ぐああっ!!」

朝倉「キョン君!!」

キョン「あ…た…まが…痛い…」

長門「…」

朝倉「キョン君!キョン君しっかりして!」オロオロ

キョン「ううう…大丈夫だ…治まってきた…」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 15:23:21.03 ID:vgsZK3LC0

キョン「うう…何なんだ…」

長門「…その頭痛は…う…」

キョン「どうした?」

長門「申し訳ないが…後は朝倉涼子に…聞いて欲しい…」

キョン「え…」

長門「時間…この体は…燃費が……悪い…」

朝倉「長門さんはね、本当はこうして話してるだけで相当の負担を負ってるのよ」

キョン「そうなのか?」

朝倉「32分の1だもん…私達にだって限界はあるわ」

キョン「そうだったのか…すまなかった、長門」

長門「…いい」ウトウト

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 15:27:30.89 ID:vgsZK3LC0

朝倉「だからね、こうして定期的に、人で言う睡眠状態になっちゃうんだ」

キョン「そうなのか」

長門「朝倉…涼子は…心配…ない…もうあなたを攻撃…すること…ない…」

キョン「……」ジー…

朝倉「な、なによぅ」

キョン「…わかった。後は俺達に任せて、ゆっくり眠ってくれ」

長門「…」コクリ

長門「また…ぶし…つ…いっしょ…に………」モゾ…

キョン「お休み…長門」

長門「……ん」モゾモゾ



朝倉「…………」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 15:33:58.53 ID:vgsZK3LC0

キョン「よし、じゃあ引き続きハルヒ達を探そう」

朝倉「……」

キョン「朝倉、二人の居場所とか解るか?」

朝倉「ねぇ、キョン君」

キョン「ん?どうした?」

朝倉「あのね、とっても言いにくいことなんだけど…」

キョン「どうした?……まさかもう二人は…」

朝倉「ううん…違うの…」

キョン「何だよ」

朝倉「この異変…納める術が無いのよ…」

キョン「………」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 15:37:26.16 ID:vgsZK3LC0

朝倉「長門さんだってそれは解ってるはず」

キョン「…じゃあ…何で…」

朝倉「長門さん、あなたの事を相当信頼してるみたい」

キョン「長門が…?」

朝倉「きっとあなたなら何とかしてくれると思ったんじゃないかしら」

キョン「そうか…朝倉、俺は長門の期待に応えたい。何とか方法は無いのか?」

朝倉「さっきも言ったように…方法は無いの…」

キョン「そんな…お前達には世界を改変する能力もあるんだろ?」

朝倉「私達の力…涼宮さんの力を利用したとしても、正確な比較じゃないけど…蟻と像…それ以上…」

キョン「そんな…」

朝倉「蟻の力じゃ象の心臓に喰らい付いても象は殺せない…蟻は象に気付きもされずに踏み潰される…」

キョン「……」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 16:22:59.96 ID:vgsZK3LC0

朝倉「私はね、キョン君」

キョン「………」

朝倉「長門さんには申し訳ないけど…あなた達が汚染される前に、人でいる間に…その…」

キョン「死なせる…か?」

朝倉「…うん…だって、それしかもう…」

キョン「………」

朝倉「………」

キョン「お前、いつか言ってたよな」

朝倉「やらないで後悔するより、やって後悔するほうがいい?」

キョン「なんだ、解ってるんじゃないか…」

朝倉「キョン君ならきっとそう言うと思ってた」


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 16:28:31.32 ID:vgsZK3LC0

キョン「…ま、礼は言っておくぜ…朝倉」

朝倉「余計なお節介だったみたいだけどね」

キョン「まぁな…」

朝倉「でも…もしもの時は…やっぱり私に任せて」

キョン「……」

朝倉「私ね、これでもあなたを殺そうとしたこと、少し後悔してたんだ」

キョン「そうなのか?」

朝倉「うん…変わっていく長門さんを見てるとね…そう思うの」

キョン「そっか」

朝倉「だからね、あの日の償いに…あなたが消える前に…私がこの手で…」

キョン「殺そうとした償いが俺を殺すこと…か…皮肉だな」

朝倉「ロマンチックでしょ?」

キョン「そうだな…だがそれには及ばねぇよ」

朝倉「そうみたいね…行こう?」

キョン「ああ…精々足掻いてやるさ…」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 16:31:46.42 ID:vgsZK3LC0

キョン「ハルヒ達の居場所は解ってるのか?」

朝倉「ちょっと待って…今探してるの…移動はしてないみたい…」

キョン「場所は?」

朝倉「待って……く…走査網が途切れる…」

キョン「問題でもあるのか?」

朝倉「長門さんのお陰で精神汚染ワードを認識しなくなってるの」

キョン「そんなこと言ってたな」

朝倉「困ったことに、セフティが働いて汚染媒体に接触した瞬間、走査線がキャンセルされちゃうのよ」

キョン「という事は…」

朝倉「そう…汚染媒体は予想以上の密度で存在してるってわけ」

キョン「なんと…」

朝倉「…うう…んんー……」

キョン「頑張れ!いけ!朝倉!」

朝倉「ちょ、うるさい……いた!二人とも発見したわ!屋上よ!」

キョン「でかした!行こう!」


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 16:35:41.29 ID:vgsZK3LC0

――廊下――



キョン「屋上への階段はこの先だな…」

朝倉「待ってキョン君!」

キョン「どうした?」

朝倉「いる…」

キョン「いるって何が?」

朝倉「アレよ…教室から滲み出てる」

キョン「道理で頭痛が酷いわけだ…だが、ここを通らないと屋上には行けないぞ」

朝倉「……そうね…でも回り道…は…無理みたいだし…」

キョン「ここまで来て…くそっ…頭が痛い…」

朝倉「…………」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 16:39:34.96 ID:vgsZK3LC0

朝倉「キョン君」

キョン「いい案でもあったか?」

朝倉「無いわ」

キョン「じゃあ何だ」

朝倉「いい案が思いつかないの……」

キョン「おい朝倉、冗談は…」

朝倉「強行突破しか無いの……」

キョン「えっ?」




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 16:42:32.54 ID:vgsZK3LC0

朝倉「キョン君、よく聞いて」

キョン「何だ…」

朝倉「頭痛がするんでしょ?」

キョン「ああ…いつかの二日酔いみたいな…」

朝倉「それね、涼宮さんが無意識下であなた達…SOS団を守ってる反動なのよ」

キョン「そうだったのか…」

朝倉「直接汚染媒体に接触しない限りは効果はあるわ」

朝倉「でもね、この先は涼宮さんが張った障壁の耐久力を上回る汚染媒体が渦巻いてる」

キョン「じゃあどうするんだ…クソ、確かに頭が割れそうに痛い…」

朝倉「聞いて…この先、何があっても真っすぐ進むって約束して」

キョン「ううう…」

朝倉「耳を塞いで、目を閉じて…怖がっちゃ駄目…受け入れちゃ駄目…」

キョン「はぁ…はぁ……」

朝倉「できれば頭痛も無視して」


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 16:45:24.71 ID:vgsZK3LC0

キョン「うう…無茶言うな…」ズキズキ

朝倉「常に何か考えてて…アレは意識の虚無を好む傾向があるの」

キョン「…それしか無いのか…解った…やってみる…」

朝倉「よろしい…はいコレ」

キョン「何だコレ…」

朝倉「耳栓よ」

キョン「お前らにしちゃ随分原始的だな…」キュポキュポ

朝倉「まあね」


キョン「よし…行こう」

朝倉「そうね…キョン君、手を出して」

キョン「え?なんだって?」

朝倉「あー…うん、聞こえてないんだったわね…結構結構」

キョン「?」

朝倉「私が手を引くから、着いてきて」※ジェスチャー

キョン「お、おお…よろしく頼む」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 16:48:40.79 ID:vgsZK3LC0

キョン(一体何が起きるんだ…?)

キョン(おっと…それは考えまい…別の事…別の事…)

キョン(……古泉は大丈夫だろうか…)

キョン(長門は大丈夫と言ってくれたが…)

キョン(けっこう酷い怪我だったぞ…?)

キョン(まあ意識はしっかりしてたから…)

キョン(ま、大丈夫だろう…)

キョン(それより…)

キョン(あいつのことだから看護婦にチヤホヤされるんだろうな…)

キョン(お見舞いにでも行ってやるか…)

キョン(油性ペン持って…)

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 16:51:08.93 ID:vgsZK3LC0

キョン(朝比奈さん…)

キョン(あの人、普段はハルヒに弄られてばっかりで頼り無いけど…)

キョン(怯えたハルヒに付き添ってる姿は…)

キョン(こんな時に何だが…健気でよかったな…)

キョン(きっと今頃…)

キョン(ハルヒを抱いて恐怖に耐えてる…)

キョン(俺がなんとかしてやらにゃあ…)


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 16:53:49.69 ID:vgsZK3LC0

キョン(しかし…)

キョン(朝比奈さんにハルヒを任せたのは正解だった…)

キョン(あの人に狂っちまった鶴屋さんを見せずに済んだ…)

キョン(鶴屋さん…)

キョン(汚染され、恐怖を失って…怖かったろうな…)

キョン(結果はどうあれ…)

キョン(鶴屋さんは鶴屋さんで…流出の責任を感じて…)

キョン(どこかから来る異変に孤独に立ち向かっていたんだろ…?)

キョン(俺はあなたを信じてますよ…)

キョン(こんなことが無かったら…今も元気に笑ってたのに…)

キョン(可哀想に…後は俺達に任せてください…)

212 名前:お待たせしました[] 投稿日:2009/12/27(日) 18:46:23.18 ID:vgsZK3LC0

キョン(長門…そういやお前、今朝倉の胸の間で寝てるんだろ…?)

キョン(いいな…ちょっと代われ…)

キョン(お前の片割れに会った時…)

キョン(俺は本気で絶望したよ…)

キョン(何もかも放り出して自殺でもしてやろうかとも思ったさ…)

キョン(まったく…心配掛けさせやがって…)

キョン(しかしお前は本当に頼りになる…)

キョン(お前の顔を見ただけで…)

キョン(ああ、俺はまだやれるんだ、やらなくちゃって思ったよ…)

キョン(お前はいつだって俺に力をくれる…)

キョン(これからも宜しく頼む…)

キョン(あとで朝倉の寝心地とか聞いたら怒るかな…)

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 18:51:07.41 ID:vgsZK3LC0

キョン(しかし朝倉…お前はそんなに俺を殺したいのか…)

キョン(ここまで来ると運命みたいなモノを感じるな…)

キョン(お前、さっき俺を殺そうとした償いがしたいって言ったよな…)

キョン(その時は…)

キョン(頼む…)

キョン(俺を殺すのはお前を置いていねーよ…)

キョン(しかし…こいつは場の空気を読まないっつーか…)

キョン(俺を気遣ってくれたんだろうが…)

キョン(いい子いい子、なでなで、とは何事だ…)

キョン(プニプニした手の平しやがって…)

キョン(俺に償いがしたい、だと…?)

キョン(この異変を乗り切ったら、見てろよ…)

キョン(もっと有意義な償いをしてもらうかな…)

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 18:53:26.20 ID:vgsZK3LC0

キョン(ハルヒ…お前、らしくないんじゃねーか…?)

キョン(何が見えたか知らんがオドオドしやがって…)

キョン(普段は不思議不思議言っときながらなんてザマだ…)

キョン(団長だろ…)

キョン(お前団長様だろが…)

キョン(最後に見たのがお前の泣き顔だなんてゴメンだぜ…)

キョン(長門も朝倉も方法は無いとか言ってたが…)

キョン(俺はな、お前がいれば何とかなると思ってるんだ…)

キョン(一緒にこの危機を乗り切ろう…)

キョン(そしたらまたいつもの不思議探索だ…)

キョン(たまには同じ班になれるといいな…)

キョン(ああ…ハルヒに会いたい…)

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 18:56:34.39 ID:vgsZK3LC0

――廊下・階段前――

朝倉「キョン君…着いたわ…」

キョン「?」

朝倉「着いたわよ…もう耳栓はいらない…」キュポ

キョン「おお、そうか…どうだ、何てこと無かったぜ!」

朝倉「流石キョン君ね…」

キョン「目も開けていいか?」

朝倉「待って…ここ…この階段を…手すりに沿って上がって…」

キョン「朝倉…?」

朝倉「私…ここまで…」

キョン「朝倉ッ!?」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 18:59:42.08 ID:vgsZK3LC0

朝倉「ダメッ!まだ目を開けないで…!」

キョン「朝倉!どうした!?」

朝倉「あは…予想以上に…浸食されちゃった…」

キョン「お前…だってお前…!!」

朝倉「涼宮さんの真似して…キョン君と長門さんに…防護障壁を張ってたら…」

キョン「お前…何で…」

朝倉「目…開けちゃダメ…ね?」

キョン「何で…何で…俺が至らなかったのか!?」

朝倉「ううん…浸食が…思ったより…激しくて、このままじゃ…みんな持たなかった…」

キョン「…そんな…嘘だろ…?」

朝倉「い…いまの…キョン君なら…アレの中でも…暫らくは…平気…」

キョン「朝倉!」

朝倉「お願い…見ないで…見られたくない…」

キョン「朝倉ぁ…ッ!!」

朝倉「これ…長門さん…持ってて…もうじき…起きる…」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 19:03:44.09 ID:vgsZK3LC0

朝倉「これ…から…残った力…全部…更に…障壁…張る…二人分なら…」

キョン「もう大丈夫だ!後は俺に任せろ!な!?」

朝倉「何があっても…前に…手すり…離さないで…まだ…目…開けないで…」

キョン「俺はいい!お前の分を残しておけ!!」

朝倉「やらないで…後悔…より、やっ…て…後……悔…」

パリーン…

キョン「朝倉?」


ダンッ!

キョン「何の音だ…朝倉…どこだ?」

キョン「……風…?」

キョン「窓…割れ…」

キョン「嘘だろ…?」

キョン「朝倉……」

キョン「朝倉ァアアアアアッ!!!うわああああああっ!!!」


228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 19:08:24.25 ID:vgsZK3LC0

――階段踊り場――

キョン「うう…くっ…ふぐっ…」

キョン「嘘じゃねーか…ぐふっ…」

キョン「おれっ…をっ…殺すって…」

キョン「ふっう…朝倉…嘘つきクソまゆ毛…うう…」

キョン「何で…何もできない俺に…ぐふっ」

キョン「お前…力全部使ってって…馬鹿だろ…」

キョン「力…無いのに…飛び降り…て…」

キョン「うううっ…俺のために…俺なんかのために…」

長門「その言い方は適切ではない」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 19:13:34.10 ID:vgsZK3LC0

キョン「長門…グス…起きたのか…」

長門「彼女は貴方に賭けた」

キョン「馬鹿だ…解決の方法は無いって…自分で言ってたじゃねーかよ…」

長門「彼女も変わりつつあった…彼女は…」

キョン「でも…死んじまった…朝倉が…俺のせいだ…ううう…」

長門「彼女は貴方の掌から希望を感じ取った…だから賭けた」

キョン「くぅうう…ぐふっ…」

長門「貴方は彼女の想いに応える義務がある…」

キョン「…グシ…」

長門「彼女は貴方の悲しむ顔は見たくないはず…」

キョン「…わかったよ…」

長門「私も貴方のそんな顔を見るのは…とても辛い…」

キョン「わかったって…ありがとよ」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 19:18:21.58 ID:vgsZK3LC0

――屋上への扉――


キョン「長門…」

長門「…?」

キョン「策はあるか?」

長門「…無い」

キョン「そうか…俺もだ」

長門「やれる事をするべき…私はそれを受け入れる」


235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 19:21:48.23 ID:vgsZK3LC0

キョン「…なあ、長門」

長門「?」

キョン「朝倉の即席ベッドはどうだった?」

長門「…温かかくて…心地よかった…」

キョン「お前がそんなこと言うとはな…ははっ」

長門「私は正確に答えただけ…貴方の方こそ、変」

キョン「そうか?いいことを教えてやろう…男なんてな、皆そんなもんだ」

長門「…私は…よく解らない…」

キョン「俺達にはまだまだ知らないことや不思議なことが沢山残ってるんだな」

長門「?」

キョン「ここで終わらせるワケにゃいかねーな」

長門「…私も読みかけの本の続きが気になる」

キョン「そりゃ由々しき事態だな…精々足掻いて、ダメだったら思いっきり悔しがろうぜ!行くぞ!」

245 名前:クトゥルーってなんぞや 神話?[] 投稿日:2009/12/27(日) 20:08:51.05 ID:vgsZK3LC0

――屋上――


バガンッ

キョン「オラァアアッ!ハルヒーッ!お前待ってろって言ったろがッ!!このバカッ!」

キョン「…って、空が…何だあの模様は…まるで…」

長門「あそこ」


ハルヒ「みくるちゃん!みくるちゃんっ!」グググ…

みくる「痛い痛い痛い痛い呼んでるっ!呼んでますぅ!来る!来るう!」ジタバタ

ハルヒ「みくるちゃんダメッ!行っちゃダメ!耳を傾けないで!!」ギュー…

みくる「離してえええっ痛い痛いよう!もう嫌ぁ!許して涼宮さんッ!楽にしてえっ!」ビクンビクン

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 20:14:54.99 ID:vgsZK3LC0


キョン「長門!これは一体…」

長門「涼宮ハルヒは能力を全開にして私達を守っている…」

キョン「朝比奈さん滅茶苦茶苦しそうだぞ!」

長門「涼宮ハルヒと朝比奈みくるに張られた障壁の振動」

長門「朝比奈みくるには涼宮ハルヒ一人分の障壁しか無い」

キョン「だから俺達は平気なのか…どうすればいい!?」

長門「……」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 20:21:16.80 ID:vgsZK3LC0

ハルヒ「みくるちゃん!しっかりして!グス…みくるちゃ…」

ハルヒ「…!」

ハルヒ「…キョン…?」

ハルヒ「キョン!もうっ、遅いじゃない!!」

ハルヒ「みくるちゃん!キョンが来てくれたわ!ね?もう大丈夫だから!部室にもどりましょ?ね?」

みくる「あひぃいいいいいぁああああああああ〜…」ヒクンヒクン


長門「まずい」

キョン「何だ!?」

長門「涼宮ハルヒが貴方を確認し、安心しつつある…」

キョン「どういうことだ?」

長門「障壁が消える」

キョン「な…に…?」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 20:28:26.87 ID:vgsZK3LC0

みくる「あは…あはぁ…頭…痛くなくなった…」

ハルヒ「みくるちゃん!?ダメよ!戻ってらっしゃい!」

みくる「痛くないの…きもちいい…きもちすぎて…何もかんじない…めをとじるとみえる…なつかしい…」

ハルヒ「いやああああああっ!!」



長門「う」

キョン「長門!?」

長門「障壁が消えた…一瞬で…私も…浸食…あふ…この体では…」

キョン「長門ッ!!」

長門「捨てて…下に…投げ捨て…ああ…くる…きた…もう…そこまで…」

キョン「馬鹿野郎!できるかっ!」ギュ

長門「すてて…すてて…すててて…て…」ポロポロ



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 20:35:42.18 ID:vgsZK3LC0

ハルヒ「うえあぁぁああ〜…キョン、えぐっ、キョン〜えうえぇ〜…」ポロポロ

キョン「ハルヒ…あぎっ!!」ズシャッ

ハルヒ「キョン…うそ、あああキョン、キョンが、あああああああ…」

キョン「いででででっ!頭がッ!ぐあああっ!割れるッ!ぐおおあっ!ごっ!がっ!」

ハルヒ「はへ…へははは…あはっ、あはは…キョン、何で…?何でこんなことに…」

キョン「うぎゃあああああああっ!ごあああああああああっ!」ゴロゴロ

長門「すてて…はや…すて…すへへ…いななな…」ポロポロ

みくる「じゅんすいで、みゃくらくなく、しかしちからづよい…そしてさびしげなこどものころのゆめに…」ニコニコ


ハルヒ「あ、ああ…あああ…あっ、あっ…」

ハルヒ「あ…ああっ………ふぁーん…ああ―――ん、ああ――――ん!」ピャー

ハルヒ「きょんが〜みんなが〜、あ――ん、おかあさーん、あーん…」ジュワワ…

ハルヒ「おとうさぁーん、ああーん、きょん、きょん〜こわいよ〜」チョロロロ…

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 20:42:05.71 ID:vgsZK3LC0

キョン「があああっは、ルヒ…ィッ…いぎいいああああっ、ぐうううううっ」
キョン(痛ぇ…死にそうに…でも、意識はハッキリしてる…ッ!朝倉、お前なのかッ!お前が守ってくれてるのかッ!?)

キョン「ひいっ、ひいってえ、うう、んがっ、んが、長門ッ!」

ガシッ

長門「すてすてすて…もやめ…すき…すき…すて…たがひん…あがひん…」ビクンビクン

キョン「るせッ…来いっ、うがっいで、いでぇええ…」

長門「すき、ずと、いし、お、に、いあい…かふぁ…」ポロポロ

キョン(俺にできること…ッ!朝倉がくれた時間ッ!)

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 20:48:35.82 ID:vgsZK3LC0

キョン「ハル…お前も…こっち、来いっ」グイ

ハルヒ「あ――ん、あああ―――ん、もういやあ〜、やぁなのぉ〜」ズリリ

キョン「くそっ、痛ってええええっ!来いッ!いいから来いッ!」
キョン(あと少しだ、もう少しの辛抱だぞ、ハルヒ…)

ハルヒ「ああーん、わあ―――ん、きょんが怒るー、ごめんなさーい、びぃい〜…」ズリ ズリ

キョン(せめて…っせめて、一緒に…最後、みんなで…一緒に…)

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 20:55:13.81 ID:vgsZK3LC0

キョン「おあっ」ブンッ

ハルヒ「んにゃぅ」ドテ

キョン「ぎっ」ポイ

長門「すてっ」ポテ

みくる「すべてであって一部である。無限であり、なおかつ0でもある…tanas

キョン「うるせえっ!」

キョン「これでみんな一緒だ…みんな、もう怖くないからな…?俺が今、楽にしてやるからな…?」


ハルヒ「ああ〜ん、痛いよぅ、きょんのばか、ばかあぁ、ああ――ん」

キョン「はは…ぐっ、も、もう大丈夫…だぞ…?ハルヒ…」

ハルヒ「ほんと?もうおわり?こわいのおわるの?」

キョン「終わる…もう終わるんだ…ハルヒ、目を閉じてくれ…」

キョン(まずはハルヒ…お前から…)

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 21:01:08.54 ID:vgsZK3LC0

ハルヒ「こう…?はやくしてね?」

キョン(心配するな…苦しいのは少しの間だから…)

    『やらないで後悔するより、やって後悔するほうがいいじゃない?』

キョン(そうだ…俺に出来る事…人でいられる間に…)

キョン(俺がこの手で…)

キョン(ハルヒの首を…)

キョン(…………ッ)

    『彼女は貴方の掌から希望を感じ取った…だから賭けた』

キョン(そうだ!殺れッ…楽にしてやれッ…)

    『貴方は彼女の想いに応える義務がある…』

キョン(俺しかいないんだッ!終わらせてやれっ!)


キョン「うわああああああっ!!!」


266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 21:09:37.69 ID:vgsZK3LC0

・・・・・・・

ハルヒ「?」

ハルヒ「きょん?まだ?」

ハルヒ「きょん、どしたの…?」

キョン「できるかよぉっ!そんなことぉッ!」

ハルヒ「きょん、どうしたの?なかないで…」

キョン「ハルヒ…うう…」ガシッ

ハルヒ「?」ガシ

キョン「うう…おうぅ…えぐ…」

ハルヒ「きょん、ないちゃだめ…」

キョン(情けねえ…俺…こんな泣き虫だったっけ…?)

ハルヒ「いいこいいこ…」ナデナデ

キョン「………!」

キョン(朝倉…お前か……?お前は俺達に、生きろと言ってるのか…)


269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 21:17:34.56 ID:vgsZK3LC0

ハルヒ「ねぇねぇ、こわいのおわったら、またふしぎさがしできる?」

キョン「グス、ああ、ああ、できるさ…」

ハルヒ「やたぁ、えへ、あのおにいちゃんさがせる?」

キョン「はぁ、はぁ、え?」

ハルヒ「ふしぎなおにいちゃん!いっしょにせん引いた!」

キョン「…ハルヒ…」

ハルヒ「ずっとさがしてるの!なまえは…」

キョン「そいつの名は…」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 21:23:29.92 ID:vgsZK3LC0




「「ジョン・スミス…」」



ハルヒ「……」

ハルヒ「…え?」

キョン「ハルヒ…聞いてくれ、ジョン・スミスは俺なんだ」

ハルヒ「きょん…?」

キョン「俺がジョン・スミスなんだ…」

ハルヒ「……………」

キョン「本当なんだぜ…」

ハルヒ「…………」

キョン「今まで隠してて…悪かった…」

ハルヒ「…………」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 21:27:07.60 ID:vgsZK3LC0



ハルヒ「………………」



ハルヒ「……本当にそうだったら…素敵ね…」




278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 21:34:42.64 ID:vgsZK3LC0

・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・


キョン「…ん?」ムクリ

キョン「ここは…」

キョン「また…俺の部屋か…」

キョン「す――――――……」

キョン「はぁ―――――――……」

キョン「…やれやれ…」

キョン「ハルヒが上手くやったのか…」

長門「そうではない」

キョン「うわっ!長門!」ビクーン



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 21:42:16.65 ID:vgsZK3LC0

キョン「いたのか…脅かすなよな…お、体が戻ってるな」

長門「確かに当面の危機は去った」

キョン「ハルヒが解決してくれたんだろ?」

長門「異変は収まった…しかし解決という言い方は正しくない」

キョン「まぁ古泉は重傷、鶴屋さんも少なくとも7人殺してるからな…それに…朝倉…」

長門「その点は問題ない…いまは異変の一週間ほど前の時間にいる…」

キョン「じゃあ一週間後に、また?」

長門「あの現象は時間の概念が当てはまらない…しかしいずれ再び起きる」

キョン「………鶴屋財閥の研究所か…?」

長門「違う…鶴屋財閥はアレの影を追っていたに過ぎない」

長門「アレは何物の干渉も受けず、突然現れる…」

キョン「じゃあ何時起きるってんだ?」

長門「解らない」

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 21:50:00.26 ID:vgsZK3LC0

キョン「何か打つ手は無いのか?」

長門「言ったはず…今この瞬間も、何らかの切っ掛けであの現象が起きても不思議ではない」

キョン「不思議でないって…どうすりゃいいんだよ…」

長門「あなたは心配いらない…貴方が生きている間は大丈夫」

キョン「それだって確証は無いんだろ?」

長門「無い…しかし…」

キョン「しかし?」

長門「今あなたが心不全を起こす確立も、隕石が直撃する確立も、確かにある」

キョン「そりゃあ…まあ…」

長門「そういうこと…例えるなら私達は、砂漠の蟻」

キョン「また蟻か…お前らも含めてか?」

長門「そう…砂漠で行われる兵器実験に巻き込まれた蟻」

キョン「チンケなもんだ…」

288 名前:(´・ω・)もうそれっぽい説明をデッチ上げるの疲れたお…[] 投稿日:2009/12/27(日) 21:56:31.20 ID:vgsZK3LC0

長門「そうでもない」

長門「蟻が持つ高度な社会性、居住システムは人間の興味を引く」

長門「兵器実験で知らずに蟻を焼くのは人間…蟻に興味を示すのも人間」

長門「涼宮ハルヒが発現させた改変能力があの現象に唯一の干渉をした結果…」

キョン「解った、いや、俺の頭ではイマイチ理解できないことが分かった」

長門「……」

291 名前:(´:ω:)有希ちゃんにも間違いはあるんよ… >>286[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:02:57.96 ID:vgsZK3LC0



キョン「そんな顔するなよ…」

長門「……」

キョン「お前、実は説明するの好きだったりするのか?」

キョン「要するにな、いつ地球が爆発するかは解らない…5分後かもしれない」

キョン「じゃあどうする?みんなで下向いてビクビクしてるか?」

キョン「違うね…地球が爆発するなら、爆発する日まで楽しく生きるのが人間だ」

キョン「今生きてるなら、その人生を精一杯生きればいい」

キョン「そんなとこだろ?」

長門「……概ね…」

キョン「お前、一々回りくどいんだよな…」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:09:34.27 ID:vgsZK3LC0

長門「………」

キョン「ま、そういうこった…ああ、何かメチャクチャ疲れてるのを今認識した…」

長門「そう」

キョン「長門、俺はもう寝るぞ」

長門「そう」

キョン「ああ」

長門「……」

キョン「……」

長門「……」

キョン「あの…寝たいんですけど…」

長門「そう」

キョン「あー、家まで送ろうか?」

長門「……」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:14:41.73 ID:vgsZK3LC0

長門「貴方は私に礼を言うべき」

キョン「ながと?」

長門「貴方は私の要求を聞くべき」

キョン「はぁ」

長門「布団に入れて」

キョン「何を?」

長門「私を」

キョン「んん?」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:17:58.52 ID:vgsZK3LC0

長門「私と言う個体は貴方の布団で睡眠を取りたがっている」

キョン「ああ、じゃあ俺は床で…」

長門「待ってほしい」

キョン「ん?」

長門「一緒に寝るべき」グイ…

キョン「おい…ちょっと…」グググ…

長門「いいから」グイグイ

キョン「おま…待て…」グググ…

長門「いいからいいから」ググイグイ

キョン「長門…お前…まさか…」

ボフッ

キョン「…………」

長門「…………」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:21:37.35 ID:vgsZK3LC0

キョン「お前、まさかまた…嘘だろ?またアレが起きるのか!?」

長門「…」

キョン「お前、言ったじゃないか…心配いらないって…」

長門「何を言っているのか解らない」

キョン「とぼけるなッ!…また俺のチンポジをどうこうする気かッ!?」

長門「…っ」ビク

長門「ちんぽじ…?意味が…よく解らない…」

キョン「しらばっくれるなッ!!」

長門「!」ビク

長門「…私はただ、貴方と一緒…に…眠りたいだけ…朝倉涼子の胸…で、眠ったように…」オドオド

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:23:20.53 ID:vgsZK3LC0

キョン「………」

キョン「………はぁ――…よっこらせ」ボフッ

長門「何か気に障ったのなら許して欲しい…」

キョン「いや…」

長門「今の発言は撤回する、だから」クイクイ

キョン「いやいや、スマン、俺の早とちりだ…気にするな」

長門「本当に怒っていない?」クイクイ

キョン「怒ってない怒ってない…服を引くな」

長門「そう」

キョン「朝倉の服の中で寝たのが気に入ったのか?」

長門「……」

長門「…」コクリ

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:28:51.67 ID:vgsZK3LC0

キョン「そーかぁ…」

長門「…」ソワソワ

キョン「だがダメだ」

長門「!?」ガーン

長門「なぜ?」

キョン「何でって…そりゃ…おめえ…」

長門「納得のいく理由が知りたい」

キョン「おおう…食い下がるな…えっとだな…うーんと…」

キョン「そうハルヒ!こんなことが奴にバレタらまた厄介なことになるぞ?」

長門「何故?」

キョン「そりゃーアイツはお前に過保護なとこがあるからな…」

長門「つまり涼宮ハルヒの監視下なら問題ない」

キョン「何でそうなる…」

長門「'()&%$&'*`PT&G$…」

キョン「ばかまておまちょまて!」

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:30:12.64 ID:vgsZK3LC0

ハルヒ「…すぅ…すぅ…」スピー…

キョン「oh…」

長門「転送した」

キョン「そーだな…」

長門「つめて…」グイグイ

ハルヒ「んにゅー…」

キョン「あっバカ、起きる、起きちまう…」オロオロ

長門「ふぅ」

長門「私が真ん中でもいい?」

キョン「はぁ…好きにしろ…」

長門「そう」モゾモゾ

長門「……」

長門「……」ポンポン

キョン「やれやれ…」

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:31:55.45 ID:vgsZK3LC0

ハルヒ「…スピー…」

長門「……」

キョン「………」

キョン(これでやっと…や〜っと…一件落着か…)

キョン(正直言って今回は酷過ぎた…)

キョン(酷過ぎて全部夢だったのかも…とか思っちまうな)

キョン(…彗星の軌跡に浮かび上がる八文字の約束…か…)

キョン(もう頭痛も無いな…しかし…)

キョン(今回は何とか凌いだようだが…)

キョン(アレが、また何時か起きるのか…?)

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:33:08.63 ID:vgsZK3LC0

キョン(…………)

キョン(俺が考えてもしょーがねえ…か…)

キョン(それより見ろよ…この二人の愛らしい寝顔…)

キョン(当面の課題は…)

キョン(ハルヒが起きた時に…どう…言い訳するか…だな…)

キョン(ま…いいか…)

キョン(アレに比べりゃ…楽なもんだ…)

キョン(おやすみ…ハルヒ、長門…)





おし まい



324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:44:20.70 ID:vgsZK3LC0

初書き溜めでした
やっぱ向いてないわ…

テーマはtanasinnです
tanasinnには勝てるはずない
コレを大前提として書いてた

クトゥルーの話は良い収穫でした
今度色々読んでみたいです

330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:49:24.58 ID:vgsZK3LC0

      ____
     /∵∴∵∴\
    /∵∴-‐∵'''ー∴\
   /∴.-=・=-  -=・=-|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |∵∵/  | |  \ | < tanasinn
   |∵ /    (・・)    |  \_________
   |∵ |   ト‐=‐ァ'  |
    \|   ` `二´ /
      \____/



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「パンツではないから恥ずかしくない」