古泉「すごい吹雪ですね・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「綾波明日映画見に行こうよ!」アスカ「はぁ!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:17:39.93 ID:SmQCYsNV0


ビュォオオオオオオオ

キョン「そうだな・・・なんで急に・・・」

古泉「そういえば涼宮さん、南極物語見てましたね」

キョン「南極物語は泣いた、男泣きだ」

古泉「ええ、そうですよね。僕も泣きましたよ」

キョン「特に氷が割れて犬が沈むシーンなんか特にな」クッ

古泉「まあ見たことないんですが」

キョン「殴るぞ」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:19:13.85 ID:SmQCYsNV0


キョン「どうせ朝比奈さんたちが来ないんだし俺は帰るぞ」

古泉「待って下さいよぉ、ダーリン!」

キョン「寒い寒いよおかあさん」

古泉「コート貸します?」

キョン「いらね」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:20:43.37 ID:SmQCYsNV0

キョン「じゃあな古泉」

古泉「どうせなんですから一緒に帰りましょう」

キョン「嫌だふざけんな」

古泉「機関の車でお送りしようと思ったのですが」

キョン「お前最高だな」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:21:48.29 ID:SmQCYsNV0


古泉「もしもし、森さんですか?ええ、ええ・・・そうなんです、吹雪で・・・」

キョン「森さんか・・・」

古泉「ええ、そう・・・えっ!?ちょ、待って下さいそんな・・・!」

キョン「ん?どうした?」

古泉「今吹雪でダルいって・・・」

キョン「お前は俺を怒らせた」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:22:34.40 ID:SmQCYsNV0


古泉「すごい吹雪ですねー!!」

キョン「そうだなー!」

古泉「なんかテンション上がりませーん!?」

キョン「朝比奈さんが一緒ならばな!何故お前なんだ!!?」クワッ

古泉「そういえば涼宮さんたちどうなったんでしょうねー!?」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:23:50.67 ID:SmQCYsNV0


ハルヒ「なんかワクワクするわね!吹雪よ!」

みくる「これじゃあ家に帰れませんねぇ・・・」

長門「・・・」ペラッ

ハルヒ「喫茶店で雪凌ぎだなんてワクワクしない!?」

みくる「長門さん、なに読んでるんですかぁ?」

長門「野菜と魚雷の共存についての本」

ハルヒ「(´・ω・`)」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:25:09.29 ID:SmQCYsNV0

キョン「じゃあな古泉。」

古泉「あ、ずるいですよ!家につくだなんて!」

キョン「ははは、精々雪被って帰るんだなー!!」

古泉「く、あなたは最低だ!」

キョン母「あらおかえりキョンくん。お友達?大変、上がって行きなさいな!」

キョン「お、おふくろ!?」

古泉「ではお言葉に甘えて!」ニヤ

キョン「てんめええ・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:26:07.11 ID:SmQCYsNV0


キョン母「ふふ、キョンくんったらイケメンのお友達を持って幸せね!」

古泉「いやあ、イケメンだなんて・・・そんな事実・・・」テレテレ

キョン母「まあキョンくんの方が格好よくて素敵だけれど」

古泉「・・・」

キョン「ざまあ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:27:06.46 ID:SmQCYsNV0


古泉「あなたの部屋ですか?」

キョン「そうだよ。」

古泉「キョンくんのの臭いがするね!」

キョン「きもいし臭いって言うな」

古泉「ちなみに妹さんは・・・」

キョン「部屋でシャミと遊んでんだろ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:28:14.85 ID:SmQCYsNV0


キョン「いいか、止んだら帰れよ、マジで帰れよ」

古泉「帰りますよ」

キョン「間違っても居心地がいいからって住み着くなよ」

古泉「僕は春巻じゃないんですから」

キョン「ったく・・・」

古泉「・・・」ゴソゴソ

キョン「お前はなにをやってるんだ」バコッ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:29:02.86 ID:SmQCYsNV0


古泉「いえね、健全な高校生なんですからアレのひとつやふたつ・・・」

キョン「エロ本か?残念だが妹が部屋を漁るからな。コンビニの立ち読みだけだ」

古泉「いえ、ダッチワイフですよ」

キョン「持ってねえよそんなもん」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:29:57.43 ID:SmQCYsNV0


古泉「え?普通持ってますよ」

キョン「普通じゃねえよ」

古泉「まさかあなた・・・オナホマスターですか?」

キョン「オナホもねえよ。」

古泉「あなたインポですか?それともホモで・・・」

キョン「どっちも違うわ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:30:54.65 ID:SmQCYsNV0


古泉「そういえば・・・なんでレズがよくてホモが駄目なんですかね」

キョン「知らん。そして何故それを聞く、まさかお前ガチで・・・」

古泉「違います。ただ思っただけですよ」

キョン「しかしレズもホモも俺はちょっとな。あれで萌える奴はすごい」

古泉「つまり僕も凄いんですね」

キョン「近寄るなホモ野郎」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:31:45.50 ID:SmQCYsNV0


古泉「馬鹿!」ペチッ

キョン「いってえ!てめえなにしやがる!」

古泉「ホモと腐男子は違うんですよ!ホモはホモ、腐男子は腐男子!わかりますか!?」

キョン「わかった、わかったから落ち着け!」ドガッ

古泉「うほっ!いたっ・・・ったいですよ!」

キョン「おら、落ち着け!オラッ!!」ガッシボカ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:32:54.13 ID:SmQCYsNV0


キョン「ふう、ふう・・・落ち着いたか?」

古泉「・・・・・・僕一発だけでしたよね?」

キョン「すまん。落ち着かせることで必死だった。まあお前のパンチ赤ちゃんより痛くなかった」

古泉「まじですか。」

キョン「俺でも神人倒せるかもしれんな」

古泉「・・・凡人のクセに」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:33:59.88 ID:SmQCYsNV0


古泉「今日のあなたは暴力的ですね。まさかそういうご趣味でも?」ヒリヒリ

キョン「だまれ。なんかお前の顔見てると殴りたくなる」

古泉「イケメンとフツメンの違いでしょう」

キョン「しね」ガッシボカボカ

古泉「オウ!顔はやめてええええ!唯一あなたに勝っているものなんですから!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:34:57.85 ID:SmQCYsNV0


キョン「確かにお前顔はいいけどな」

古泉「そうでしょう」

キョン「字汚いしイケメンのクセにモテないがな」フフン

古泉「悔しいです!!」クワッ

キョン「やめとけ、まじでその顔すごいぞ。鏡見るか?」

濃い泉「やめときます」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:35:55.33 ID:SmQCYsNV0


キョン「ちなみにチョコ、いくつもらったんだ?」

古泉「え?エイプリルフールにですか?」

キョン「いやバレンタインに決まってるだろ。」

古泉「バレンタインには貰ってませんがエイプリルフールにもらいました。」

キョン「なんだ、集団で間違えるか普通?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:36:49.10 ID:SmQCYsNV0


古泉「いえね、告白されてチョコ貰った後に嘘でした、と」

キョン「これにはターゲットも苦笑い」

古泉「号泣ですよ」

キョン「すまん」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:37:56.11 ID:SmQCYsNV0


古泉「大体あなたはいくつ貰ったんです?」

キョン「SOS団の女子からと、阪中とかクラスの女子数名から。
あと佐々木たちからと、何故か朝倉と黄緑さんだ。全部義理だがな」

古泉「あの、死んでください」

キョン「なんでだよ」

古泉「(僕のほうがイケメンのハズだ僕のほうがイケメンのはずだ。・・・ですよね?)」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:39:21.34 ID:SmQCYsNV0


古泉「僕イケメンイケメンイケメンソウメンイウメン」

キョン「さっきからブツブツうるさいぞ」

古泉「ま、まあ僕も全校生徒から貰いましたけどね」

キョン「へえ」

古泉「・・・・・・」ムカッ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:40:18.38 ID:SmQCYsNV0


キョン「それはそうと止まないな・・・」

古泉「僕、友達の家に泊まるの初めてなんですよ」

キョン「泊まる気満々じゃねえか」

古泉「いいじゃないですか、たまには男二人で」

キョン「むさ苦しいだけだろ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:41:11.83 ID:SmQCYsNV0


キョン母「お風呂入っちゃいなさいよー」

キョン「おう。」

古泉「では一緒に・・・」

キョン「死ね。」バキッ

古泉「今の結構痛かったです」

キョン「そうかい」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:42:50.22 ID:SmQCYsNV0

キョン「何故古泉と風呂なんか・・・朝比奈さん朝比奈さん朝比奈さん」ブツブツ

古泉「責めるならご自分のお母様を責めてくださいよ。それとあまり名前呼び続けてるとヌいてるみたいですよ」シャコシャコ

キョン「もういいよお前・・・」

古泉「え?僕がオカズですか?」ゴシゴシ

キョン「なんか今日のお前うざい」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:44:19.74 ID:SmQCYsNV0


古泉「今日はオールナイトですよ!」

キョン「うるさい。妹はもう寝てんだよ」

古泉「さーせんっした」テヘッ

キョン「今日のお前本当なんなの?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:47:00.12 ID:SmQCYsNV0


古泉「夜といったら恋バナですよ」

キョン「そうかい。」

古泉「実は僕・・・長門さんが好きなんです!きゃー言っちゃった言っちゃった」キャッキャッ

キョン「(きめえ)ふーん」

古泉「ちょっと、僕が暴露したんですからあなたもホラ!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:49:26.16 ID:SmQCYsNV0


キョン「俺は特にいないな」

古泉「またまたぁ〜そう言っちゃって!本当は誰が好きなんです?」

キョン「いねえって」

古泉「恥ずかしがらないで下さいよ!誰が好きなんですか?」

キョン「だからいないっての」

古泉「そう言っちゃって本当はいるくせに!誰なんですか?」

キョン「(うぜえ)」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:51:40.64 ID:SmQCYsNV0


古泉「いたた・・・なにも本気で殴ることないじゃないですか」ニューヒリリ

キョン「だってうざいもんだからつい」

古泉「もう!ノリ悪いんですから!」プンプン

キョン「(なんだろうこのうざさ)」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:53:51.57 ID:SmQCYsNV0


その頃
みくる「長門さん、厨房借りれたんでお茶淹れて来ましたよ」

長門「すまない」ズズズ

みくる「どうですかぁ?」

長門「・・・暖かい」

ハルヒ「みくるちゃん!あたしにも!」

みくる「すみませぇん・・・お茶葉が二人分しか貰えなかったんですぅ」

ハルヒ「・・・そう・・・」ショボーン

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:56:17.10 ID:SmQCYsNV0


古泉「枕投げたいかーい!!」

キョン「今妹が寝てるッつってんだろ!!」バキィッ

古泉「ジョセフッ!!いたいですよ・・・」

キョン「うるさいんだよお前」

古泉「あなたも十分うるさいのでは・・・」

キョン「黙れ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 23:58:24.88 ID:SmQCYsNV0


古泉「乾電池を発動!」

キョン「ふん、甘い。オレンジジュースだ!」

古泉「そうくると思ってましたよ・・・わりばし!」

キョン「なん・・・だと・・・!?じゃあこのリコーダーは使えない・・・くそ!」

古泉「それに加えて輪ゴム!」

キョン「な!?光コンボ!?」

妹「キョンくーん・・・うるさいよー・・・」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:00:22.87 ID:RvHQAf0p0

キョン「くだらねえ遊びで白熱しちまった」

古泉「そうですか?僕は面白かったんですけど」

キョン「もういい寝るぞ。明日学校なんだ」

古泉「えええー?」

キョン「寝ろって」

古泉「はーい」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:02:12.23 ID:RvHQAf0p0


古泉「なんて・・・寝ると思いましたか・・・」

キョン「グーグー」

古泉「彼はすっかりグッスリですね・・・ふふふ・・・悪戯してやりましょう」キュッキュッ

古泉「髭が生えてますよーwww目開いたまま寝てるよこの人wwwww」

古泉「・・・・・・くだらないですね」ポイッ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:04:30.27 ID:RvHQAf0p0


古泉「そうだ。きっとクローゼットの中とかにオナホが・・・」ゴソゴソ

古泉「ん?なんですかこれは・・・」

古泉「低温蝋燭、鞭、マウスボール・・・ひいっ」ゾクッ

古泉「まさか彼がこんな趣味だったなんて・・・」ガタガタ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:07:20.06 ID:RvHQAf0p0


古泉「嫌なものを見ましたね・・・次はベットの下の奥のほうを棒で・・・ん?」

古泉「なんでしょうこれは・・・えーと・・・」

古泉「・・・ロープ・・・だと・・・?」

古泉「寝よう寝よう。僕は今夜何も見なかったぞ。おやすみなさーい」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:09:02.05 ID:RvHQAf0p0

翌朝
せいしゅん、きーんしー!!
青春禁止、青春禁sカチッ
キョン「うーん・・・もう朝か・・・」

古泉「それ目覚ましですか・・・」

キョン「そうだが?」

古泉「すいません夢精しちゃったんでちょっと顔洗ってきてくれませんか?」

キョン「死んでくれよまじで・・・」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:10:56.02 ID:RvHQAf0p0


キョン「人の家で夢精とか・・・もうぜってえアイツ家に入れない」

キョン「顔でも洗うか・・・」チラッ

キョン「・・・ん?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:13:04.82 ID:RvHQAf0p0


古泉「いやあ、夢精なんて久々ですね・・・後で機関の経費で弁償しましょう」

古泉「彼のパンツ勝手に拝借して・・・あ、制服どうしよう・・・」

キョン「てめえ古泉ぃいいいいい!」

古泉「きゃっ!まだパンツ変えてません!」ポッ

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:14:20.74 ID:RvHQAf0p0


キョン「人の顔に落書きしやがって!!」ガッシボカ

古泉「すいませんすいません!忘れてました!!」

キョン「もう絶交だ!」

古泉「それだけは!それじゃあ僕友達居なくなっちゃいます!」

キョン「・・・・・・すまん」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:15:13.72 ID:RvHQAf0p0


ぶっちゃけもう書きだめない。
終わりでいいよな

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:19:02.40 ID:RvHQAf0p0


じゃあ出来るとこまで書く。
結構遅くなるがまあ見守っててあげて

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:21:11.88 ID:RvHQAf0p0


古泉「朝からタコ殴りだなんて酷いですよ」

キョン「お前が全面的に悪い」

古泉「んもう」プンスカ

古泉「(そういえば・・・昨日のクローゼットの中身・・・触れるべきでしょうか)」

キョン「ほら急いでメシ食えよ」

古泉「ういーっす」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:23:19.92 ID:RvHQAf0p0


キョン「早く食えよ」

古泉「はーい」ムシャムシャゴクン

キョン「お、食い終わったな」

古泉「すいませんおかわり」

キョン「黙れ、行くぞ」ペチッ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:24:49.30 ID:RvHQAf0p0


キョン「お前のせいで遅刻ぎりぎりじゃねえか!!」

古泉「すいません!」

キョン「それにその食パンはなんだ!?」

古泉「まあ見ててください」スタタッ

古泉「遅刻遅刻ゥ〜!」タッタッタッ

キョン「なにがしたいんだあいつは」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:26:57.69 ID:RvHQAf0p0


キョン「おい、古泉!そんな走ると・・・」

古泉「(あの曲がり角・・・!)」キラーン

古泉「ぎょっ」ドンッ

キョン「あああああ!?古泉がトラックに跳ねられたあああ!!?」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:30:10.14 ID:RvHQAf0p0


古泉「いったぁい・・・もう!パンが落ちちゃった!」

キョン「心配して損した」

運転手「さーせんしたぁーww大丈夫ッスかぁー?wwww」

古泉「なにすんのよぅ!」

運転手「オカマwwww近寄るなwwwwwイカくせえwwwwww」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:32:01.23 ID:RvHQAf0p0


運転手「バッハハーイwwwww」ブオーン

古泉「ということをしたかったんです」

キョン「そうかい。それよりお前血とイカの臭いが混じって悪臭をかもし出してるぞ」

古泉「ああ、ファブっておきますよ」シュッシュッ

キョン「ううん、フローラルな香り」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:35:10.74 ID:RvHQAf0p0


キョン「じゃあな古泉。(クラスが違うって最高)」

古泉「あ、もしもし森さんですか?ええ、はい。」

キョン「ん?なにしてんだお前」

古泉「急遽あなたと同じクラスになりました。」

キョン「てめええええ!!」

古泉「いいじゃないですか!きっと涼宮さんが望んだんです!」

キョン「お前目の前で思い切り電話してたじゃねえか!!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:37:43.88 ID:RvHQAf0p0


ハルヒ「キョン!遅かったわね・・・ってなんで小泉くんがいるの?」

古泉「今日だけこちらのクラスでお勉強するんでちゅよー。わかりましゅかー?」

キョン「おま、なにしてんだ小泉」

古泉「古泉ですよ。あなた絶対わざとでしょう」

ハルヒ「ふーん・・・楽しそうじゃない!!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:39:47.76 ID:RvHQAf0p0


ハルヒ「やっとつまんない授業が終わったわね!」

キョン「(授業中ずっと古泉がうるさくて集中できなかった)」

古泉「それでは部室に行きましょうか」

ハルヒ「そうね!なんか今日は新鮮だったわ!」

キョン「(俺にとってはいつもより鮮度が落ちていたがな)」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:41:03.77 ID:RvHQAf0p0


古泉「今日はオセロをやりましょう」

キョン「ああいいぞ」

ハルヒ「みくるちゃん!あっついお茶お願い!」

みくる「お断りでしゅ」

ハルヒ「えっ?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:43:22.23 ID:RvHQAf0p0


古泉「ふむ・・・」パチッ

キョン「(馬鹿だこいつ)」パチッパチパチパチ

古泉「ああ!ずるいですよ!イケズ!」

キョン「うるさい。勝負は非常なんだよ」

ハルヒ「あの・・・お茶・・・」

みくる「なんでしゅか?聞こえません」

長門「・・・」ペラッ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:45:14.54 ID:RvHQAf0p0


古泉「なんてことだ・・・負けた・・・」

キョン「いいこと教えてやるよ小泉。板のスミからスミへとワープなんてないぞ」

古泉「ガッデム!じゃあ今度はオセロしましょう!」

キョン「今やっただろ、違うのにしろよ」

古泉「はーい」

キョン「馬鹿だな」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:47:11.98 ID:RvHQAf0p0


古泉「ではお話しましょう」

キョン「ふざけんな。お前と話してると疲れる」

古泉「え〜?そうやってまた照れ隠しするぅ♪」

キョン「きもい」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:49:09.08 ID:RvHQAf0p0


古泉「じゃあ・・・長門さんに告白でもしてこようかな〜」チラッチラッ

キョン「勝手にしろ」

古泉「・・・ほ、本当にしてこようかなー」チラッチラッ

キョン「わかった、話し聞くからこっちチラチラみるな。うざい」

古泉「じゃあ恋バナでもしましょうよ」

キョン「ほんっと好きだなお前」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:51:06.06 ID:RvHQAf0p0


古泉「では長門さんに告白してきます」

キョン「え、本気だったのか」

古泉「じゃあちょっと行ってきます」

キョン「(宇宙人はどんな反応するんだかな)朝比奈さん、おかわりください」

みくる「はぁい」

ハルヒ「・・・・・・のどかわいた」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:53:31.88 ID:RvHQAf0p0


古泉「好きです長門さん!!」

キョン「いや部室で告白するのかよ!せめて連れ出せよ!!」

長門「ごめんなさい」

キョン「おおーっと!まさかのごめんなさいだー!」

古泉「なんでもしますから!!」

長門「無理」

古泉「お願いします!!」

キョン「しつこい、しつこいぞ古泉ー!!」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:55:43.98 ID:RvHQAf0p0


長門「何故なら、私は宇宙人だから」

ハルヒ「まじで!?」

古泉「実は僕は超能力者です」

ハルヒ「まじで!?」

みくる「お察しの通り、未来人ですよ」

ハルヒ「まじで!?」

キョン「俺は邪気眼使いだ」

長門古泉みくるハルヒ「まじで!!?」


おしまい

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/07(月) 00:57:38.80 ID:RvHQAf0p0


日曜日というイライラ感から立てたスレに付き合ってくれてサンクス。
支援サンクス。

お前らも早く寝ろよ、おやすみ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サトシ「アイリスじゃ勃たねえ!デント尻出せ」デント「またなの?」