佐々木「僕はサンタクロース」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「メリークリスマス、キョン」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 00:15:36.49 ID:/wXcIlj00

キョン「悪い、遅れた。待ったか?」

佐々木「やぁ、キョン。僕も今k・・・いや、ここはあえて正直に言わせてもらうかな。30分ほど待ったよ。くつくつ」

キョン「う・・・すまん。・・・お詫びに何かおごろう。何がいい?」

佐々木「ではお言葉に甘えようかな。気になる新作があるんだ」

キョン「またあのケーキ屋か?本当に好きなんだな」

佐々木「くつくつ。これでも一応女の子なんでね」

キョン「わかっているさ。・・・ん?」

佐々木「どうしたんだい?」





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 00:24:04.71 ID:/wXcIlj00

キョン「見てくれ、佐々木!雪だぞ、雪!」

佐々木「くつくつ。意外だな。君が雪でそんなにはしゃぐとは思わなかったよ、キョン」

キョン「俺もキャラじゃないのは重々承知さ。だが昔から好きなんだよ、雪。冬が好きってわけじゃないがな」

佐々木「なるほど、意外とロマンチストなんだね」

キョン「その言われ方は思いのほか恥ずかしいからやめてくれ」

佐々木「くつくつ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 00:49:24.30 ID:/wXcIlj00

二人でよく通ったケーキ屋。そこで君をまた発見した。

今年でもう何回目?いつまでもファッションは変わらないね。

茶色のコート。毛糸のニット。

全部があの日と一緒。

キョン「うー・・・寒い。寒すぎる」
キョン「だいたい冬はコタツでゆっくりするもんだ」


そして君の隣には・・・


ハルヒ「もう、ジジくさい奴ねぇ」


新しい恋人。



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 00:52:13.98 ID:/wXcIlj00


ハルヒ「あんたには若さがないのよ!若さが!」

キョン「お前がエネルギッシュすぎるんだ。それに・・・」

ハルヒ「それに、何よ?」

キョン「・・・冬は・・・嫌いなんだよ」

ハルヒ「!あ・・・」

キョン「・・・」

ハルヒ「・・・ごめん」

キョン「・・・いや、俺が悪かった。すまん」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 00:56:16.62 ID:/wXcIlj00


去年の12月末。君はまだ泣いていたんだ。


急にいなくなる僕はただ最低だった。


夜空には輝くオリオン座。もう涙も飲み込んだ。


君はそっちの世界で自分の幸せを描いて。



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 00:59:35.29 ID:/wXcIlj00


二人を祝うかのように輝くイルミネーション。


一年に一度聖なる夜。街に流れるきよしこの夜。


降り出しそうな夜空の下。君の姿を探したんだ。



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 01:12:40.60 ID:/wXcIlj00

ハルヒ「・・・」

キョン「ぷっなんて暗い顔してんだよ」

キョン「似合わなすぎる。しおらしいハルヒなんて・・・いや、いいな」

ハルヒ「!な、何よ!このエロキョン!バカキョン!」

キョン「・・・前言撤回だ。やっぱそっちの方がハルヒっぽくていいぞ」

ハルヒ「〜〜っ、この・・・バーカ!」

キョン「む・・・まだ言うか」

ハルヒ(本当にバカよ・・・そんな元気ないくせに、あたしのことまで気にして・・・)



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 01:21:05.30 ID:/wXcIlj00

キョン「どうしたハルヒ?」

ハルヒ「・・・なんでもないわよ。バカキョン」

キョン「ならいいが気分が悪ったら、ちゃんと言うんだぞ?」

キョン「あとそのバカ一点張りやめてくれ。いい加減へこむから」

ハルヒ「ん、ありがと。バカ」

キョン「・・・なぁ、俺ってそんなバカなのかな」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 01:31:51.86 ID:/wXcIlj00



ハルヒ「あー、買ったー!歌ったー!遊んだー!」

キョン「なんでお前はそんなに元気なんだ・・・俺はもうヘトヘトだ」

ハルヒ「だらしないわねぇ・・・ん?あ!」

キョン「・・・雪、か」

ハルヒ「・・・」

キョン「?ハルヒ?」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 01:43:07.77 ID:/wXcIlj00

ハルヒ「キョン・・・」

キョン「どうした?」

ハルヒ「あのね、キョン。あたし、昨日夢をみたのよ」

ハルヒ「夢の中で誰かがあたしにお願いをするの」

キョン「・・・」

ハルヒ「『明日1日だけでいい』『あなたの力を自分にあずけてほしい』って」

キョン「!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 01:52:49.78 ID:/wXcIlj00

ハルヒ「あたし怖かった。あたしにはその人が何を言ってるのかわからなかったから」

ハルヒ「でも、その人は必死だった。だから、あたし『いいわ』って言ってあげたの」

ハルヒ「あたしね、この雪ってその人が降らせてくれたんじゃないかと思うの」

ハルヒ「『あたしの力』ってのがよくわからないけど・・・あたしはそんな気がする。ううん、絶対そう!」

ハルヒ「ね、キョン。どう思う?」

ハルヒ「キョン?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 01:57:41.39 ID:/wXcIlj00


ねぇ、キョン。


あれから君と別れてずいぶん経つけど、元気でやってるかい?


ハルヒ「キョン?」

キョン「・・・っ・・・」

突然君の前からいなくなって、毎日すごく辛い思いをさせたお返しに神に頼んだ白い雪。


今は幸せそうな君と、今の彼女にプレゼント。



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 02:03:52.70 ID:/wXcIlj00

キョン「・・・うっ・・っ・・」ポロポロ

ハルヒ「キョン・・・」


僕はサンタクロース。


夜空の上からいつだって見守ってる。


僕が大好きだった君と君が大好きな彼女のために、真っ白な雪をプレゼント。


二人が寄り添えるように。


僕のことはもう忘れて、君は今の幸せを抱きしめて。

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 02:08:23.75 ID:/wXcIlj00

ハルヒ「・・・少しは落ち着いた?」

キョン「あぁ・・・我ながらみっともなかったな」

ハルヒ「いつものことじゃない」

キョン「・・否定できんのがつらいとこだな」

ハルヒ「ぷっ何よそれ」

キョン「・・・ハルヒ」

ハルヒ「何よ?」

キョン「ありがとな」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 02:15:35.46 ID:/wXcIlj00

ハルヒ「!・・・べ、別にいいわ。それより寒くなってきたわね、そろそろ帰りましょ」

キョン「・・・」

ハルヒ「?どうしたの?空なんか見上げて」

キョン「・・いや、何でもないさ」

ハルヒ「まさか星空がきれいだ、とか柄にもないこと言うんじゃないでしょうね?」

キョン「・・・知らなかったのか?俺は意外とロマンチストなんだぞ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 02:19:55.73 ID:/wXcIlj00


今宵はクリスマス。きらめくクリスタル。


君は振り向かず、通りすぎるはずだったのに。


ふいに空を見上げた。一瞬目と目が合った気がした。


僕はサンタクロース。


天国の方からいつだって祈っているよ。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/30(月) 02:26:22.69 ID:/wXcIlj00


君からこぼれた涙の数だけ笑顔が訪れるように。


真っ白な雪をプレゼント。


ちょっとだけ寂しいけれど、また来年のクリスマスも遠くから君を見守っているよ。


Silent night Holy night.

Silent night Holy night.


佐々木「僕はサンタクロース」

(完)

30 名前:[] 投稿日:2009/11/30(月) 02:33:36.25 ID:/wXcIlj00

支援さんくすです。いざ見てみると非常に短いですが一応終わりです。

初めてSSかいたんだけどアレだね、支援とか本気で嬉しくて死ねますね。



33 名前:[] 投稿日:2009/11/30(月) 02:50:52.35 ID:/wXcIlj00

ちょw画面が歪んでみえないぜw>>31>>32ありがとう!

ちなむと元ネタはファンモンの「ぼくはサンタクロース」って歌。

この歌の歌詞をちょっといじっただけの自己満SSでしたが読んでくれた人いてくれてよかった。

「ぼくはサンタクロース」よかったら聞いてみてください。名曲です。

もっと話広げれたらなぁ・・・orz



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「父さん!綾波っぽいあの子とセックスさせろ!」