ハルヒ「誰でも良いから殴りたいわ・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:川内「昼戦で敵を殲滅しそこねたよー!」提督「と、いうことは」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:23:13.99 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「キョンあたり殴っとこうかしら」

みくる「・・・・あ、あの涼宮さん」

ハルヒ「なぁにみくるちゃん」



みくる「何でモヒカンなんですか?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:24:34.82 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「ああ、ちょっと美容院で失敗しちゃって」

みくる「そうですか・・・あ、もしかしてそれでイライラしてr」

ハルヒ「違うわよ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:27:14.46 ID:M0qmXLGt0

みくる「え?」

ハルヒ「イライラなんてしてないわよ?」

みくる「え、ええ!?じゃあ何で殴りたいって・・・」

ハルヒ「別に理由なんて・・・・あっキョン発見」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:29:37.59 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「でやぁっ!!」ビュッ

キョン「ふおぉっ!?」サッ

ハルヒ「チッ!上手く避けたわね・・・」

キョン「どどどうしたハルヒ!!いきなり飛び掛るな!」ドキドキ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:31:06.25 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「別にいいでしょ!殴らせろ!」

キョン「つかお前、何でモヒカn」

ハルヒ「そぉい!」ビュッ

キョン「ほっふう!」サッ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:33:06.79 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「フン、連続で避けるなんて・・・流石だわキョン」キリッ

キョン(モヒカンで言われても・・・)

みくる(モヒカンが風で揺れてる・・・)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:35:31.76 ID:M0qmXLGt0

ガチャ
古泉「遅くなりm・・・・えっ?」

ハルヒ「こんにちは古泉君」ニコッ

古泉「あ、はい・・・・」(モヒカン凝視)

キョン「・・・古泉、ちょっと良いか」

古泉「えっ・・・分かりました」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:38:03.98 ID:M0qmXLGt0

【部室前】

キョン「あれは何だ」

古泉「あれとは・・・その、モヒカンですか」

キョン「絶対、お前なら何か知ってるだろ、古泉」

古泉「いえ・・・僕もたまげましたから」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:42:57.87 ID:M0qmXLGt0

古泉「最近は、彼女の心もずいぶん穏やかでしたよ」

キョン「ハルヒパワーじゃあ無ぇって事か」

古泉「・・・念のため、機関に連絡を取ってみます」

ガチャ
長門「・・・・・・・・・」

キョン「おお長門、良いところに」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:45:09.13 ID:M0qmXLGt0

キョン「教えてくれ、あのハルヒの珍妙な髪型はどうしたんだ?」

長門「・・・・昨日、彼女は美容院に行った」

キョン「じゃあ、自らあの髪型になったって事か?」

長門「違う」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:47:47.58 ID:M0qmXLGt0

長門「彼女は、ただ髪を軽くしてもらうつもりだった」

長門「しかし、カットしている時」

キョン「カットしてる時?」

長門「彼女は寝てしまった」

キョン「って事は、頭がガクーンと揺れて髪を一気にジョキっと・・・」

長門「違う」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:48:39.55 ID:M0qmXLGt0

長門「彼女は夢を見た」

キョン「・・・・夢?」




長門「北斗の拳の夢」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:50:17.81 ID:M0qmXLGt0

キョン「・・・・分かった、大体予想がついた」

長門「そう」

キョン「・・・つまり、アイツはアレだろ、ヒャッハーって感じのヤツを夢で見て・・・」

長門「そういうこと」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:51:57.06 ID:M0qmXLGt0

長門「その後、彼女は起きて驚いた」

キョン「そりゃそうだよな、モヒカンになってt」

長門「違う」

キョン「は?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:54:14.88 ID:M0qmXLGt0

長門「彼女は――――」





長門「ペガサス昇天ミックス盛りになっていた」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:57:29.79 ID:M0qmXLGt0

キョン「・・・・・!」

古泉「ペガサス昇天・・・・!?なんてヒドイ真似を!!」

長門「彼女は泣き崩れた」

キョン「・・・・・よせ」

長門「軽くしてもらうつもりだったのに、ますますモッサリした自分の髪を」

キョン「もうせよ長門ッ!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 12:59:10.54 ID:M0qmXLGt0

長門「・・・・・・分かった」

キョン「お前だって、辛いはずだ」

長門「・・・・ッ」ポロッ

キョン「大丈夫だ・・・今だけ泣いて良いぞ、長門」

長門「・・・っう、ふぇぇぇん」ポロポロ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:05:10.62 ID:M0qmXLGt0

説明しよう―――ペガサス昇天ミックス盛りとは!!(読み飛ばし可)

200X年・・・人類の科学の進歩により、新たな生物が誕生した
その名は『スイーツ(笑)』
人間のメスのような体をしており、人語を話し知能もあった
そこまでは良い・・・科学の進歩の立証なのだから
しかし、やっかいなのは・・・その生物の、ある『習性』にあった


人間の髪を、増毛させるのである

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:07:28.30 ID:M0qmXLGt0

この言葉を聞いて、喜ぶ者もいるだろう・・・髪の後退した、世のお父様方よ
そう、ただ増毛するだけなら良い・・・




人の頭の首が、支えきれる範囲まで

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:10:54.66 ID:M0qmXLGt0

・・・もうお気づきだろう
そうだ、あのスイーツ共は・・・『首が支えきれる限界を超えるまで』増毛させる
更に、その髪を・・・立たせるのである
恐らく、一番被害の少ない者でも、2M超は立つだろう
立派なお髪様が

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:15:31.22 ID:M0qmXLGt0

髪の重さによって、首を折る
そんな光景―――
貴方には、耐えられるだろうか?

被害が続出する前に、人類は生物達を捕獲しようとした
しかし・・・もう遅かった
彼ら・・いや、彼女らには人並みの知能があり・・・そして、人のメスの姿
彼女らは人間社会に紛れ込んだのだ

捕獲は―――出来なかった

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:16:55.84 ID:M0qmXLGt0

そして彼女らの崇高な知能は―――『ある場所』を拠点にすることにした






そう、『美容院』である

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:20:26.97 ID:M0qmXLGt0

彼女らは美容院にて、その増毛技術を更に強化した
急速に立つ、髪のタワー
急速に死んでいく、人々

いつしか人はこれを、『ペガサス昇天ミックス盛り』と名づけた

どこの美容院に、スイーツが潜んでいるのか
いつ、ペガサス昇天ミックス盛りにされるのか
そうして、現在に至る―――

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:21:41.78 ID:M0qmXLGt0

キョン「・・・長門の親も、スイーツの手によって死んだ」

古泉「・・・僕の祖父も・・・・・」




キョン「そして、俺の妹も」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:24:20.34 ID:M0qmXLGt0

古泉「・・・・・え?」

キョン「ハルヒもきっと、耐え切れなかったのだろう・・・首的な意味で」

古泉「いや、ちょっと」

キョン「ペガシー(ペガサス昇天ryをする人々)になるくらいだったら、モヒカンになr」

古泉「待ってくださいよ」


古泉「貴方の妹さん、今日学校から帰ってきてましたけど」

キョン「お、飛行機雲」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:27:37.45 ID:M0qmXLGt0

古泉「・・・・・・・・」

キョン「・・・・そろそろ大丈夫か、長門」

長門「ぐすっ・・・・」

長門「・・・・っ」コクン


キョン「・・・・くそっ!俺らは―――アイツらを止める事は・・・出来ないってのか!」

古泉「・・・・・・・」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:29:00.12 ID:M0qmXLGt0

ガチャ
ハルヒ「・・・・話は聞かせてもらったわ」

「「「!?」」」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:31:20.86 ID:M0qmXLGt0

キョン「は・・・ハルヒ」

ハルヒ「そう、私のこのモヒカン・・・昨日、アイツらの襲撃によってのものよ」

古泉「やはりですか・・・・!」

ハルヒ「・・・落ち着いて古泉君、せっかくの良い顔が台無しよ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:32:51.06 ID:M0qmXLGt0

キョン「ハルヒ、俺は―――」

ハルヒ「・・・・アイツらに、復讐したいんでしょう」

キョン「そうだ」

ハルヒ「・・・・あたしだって、今からぶん殴りに行きたいわ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:34:32.80 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「・・・でも、良いのよ」

キョン「なっ・・・どうしたハルヒ、い、いつものお前らしくないぞ!」





ハルヒ「急いで美容室出た後、警察に電話したから」

キョン「あ、そっすか」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:36:41.49 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「でも、やっぱ殴っとくべきだったかしら」

キョン「その方が良いz」




みくる「キャアアアアアアアア――――!!!」

「「「「!!!」」」」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:39:03.76 ID:M0qmXLGt0

ガチャ!
ハルヒ「みくるちゃん!!」

みくる「ひっ・・・・ひぃぃ」モッサリ

ハルヒ「か、髪が・・・・!」

キョン「落ち着いてください朝比奈さん!首を折ります!今すぐ寝てください!」

みくる「は、はぃぃ・・・!」ゴロン



みくる「あ、痛くない・・・」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:41:03.76 ID:M0qmXLGt0

すいません、ここまでの流れ確認

キョン・古泉部室出る

長門部室出る

ハルヒ部室出る

みくるボッチ

みくる、何者かに昇天盛られる

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:43:19.59 ID:M0qmXLGt0

キョン「窓もドアも閉まっていた・・・じゃあ、誰が」

みくる「分かりません・・・気づいたら、こんな髪型に」

ハルヒ「私の団員に手を出すなんて―――許さないわ!」

長門「・・・・・」チョイチョイ

キョン「・・・何だ長門」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:44:44.43 ID:M0qmXLGt0

長門「犯人の特定に成功」

キョン「おおっ!だ、誰だ!?」




長門「朝倉涼子」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:47:30.16 ID:M0qmXLGt0

キョン「なっ・・・・だ、だってアイツは宇宙人じゃ」

長門「・・・仕方ない、貴方に全てを話す」

キョン「え?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:52:26.90 ID:M0qmXLGt0

長門「対有機生命体コンタクト用ヒュー」

キョン「宇宙人で良い」

長門「・・・宇宙人も、スイーツの知能の高さには警戒していた」

長門「私達に匹敵するその知能―――」

キョン「待て、スイーツには俺らと同じくらいの知能しか―――」

長門「・・・本当は違った。もうお前めんどくさいから黙れ」

キョン「あ、はい」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:53:54.09 ID:M0qmXLGt0

長門「私達に匹敵するその知能―――そう」




長門「私達の中に紛れこんでも、気づかない知能レベル」

キョン「!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:55:38.43 ID:M0qmXLGt0

キョン「つまり、宇宙人間でも俺らと同じことになってたって訳か・・・」

長門「そういうこと」

るみゃ「そーなのかー」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 13:59:43.21 ID:M0qmXLGt0

キョン「けど、そこらへんは宇宙的パワーでドカーンと行かなかったのか?」

長門「情報統合思念体にかかれば、スイーツ達を一度に消滅させる事も可能」

キョン「・・・じゃあ、何で」



長門「冬コミの原稿で忙しいらしい」

キョン「ああ、うんもういいや」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:02:25.58 ID:M0qmXLGt0

キョン「まあ、結論的には朝倉が犯人な訳だ・・・」

長門「ウッカリ彼女を監視し忘れていた。私の非。許して」

キョン「ああ、うん許さねえよ」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:06:53.79 ID:M0qmXLGt0

長門「私も乙女ロードで買い物があって・・・」

キョン「黙れ腐女子」

長門「・・・・・・」グスン

キョン「・・・・ん?お、おいハルヒは?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:08:24.76 ID:M0qmXLGt0

古泉「・・・・あれ?居ません」

みくる「涼宮さんなら、今部室を出て行かれましたけど・・・」

キョン「!?・・・いやな予感がするッ!おい古泉、長門!行くぞ!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:10:20.00 ID:M0qmXLGt0

【屋上】

朝倉「ふふ・・・私の力にかかれば、こんなものよ」

朝倉「さて、次は誰を・・・・」

ガチャ!
ハルヒ「・・・・朝倉ぁぁぁ!!」

朝倉「!?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:12:49.54 ID:M0qmXLGt0

朝倉「驚いたわ・・・まさか、貴女が来るなんて」

ハルヒ「アンタが驚こうが何しようが知らないわよ!・・・みくるちゃんの髪を、今すぐ戻しなさい!」

朝倉「いやよ」

ハルヒ「このッ・・・!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:15:01.80 ID:M0qmXLGt0

朝倉「せぇっかく素敵な髪型になったのに、何で戻さなきゃいけないわけ?」

ハルヒ「アタシたち人類にとっちゃあ、素敵でも何でもないわよ!」

朝倉「ふぅーん、美的センスが無いのね」

ハルヒ「るっさい!相沢さんに頼んでここから突き落とすわよ!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:16:46.40 ID:M0qmXLGt0

朝倉「まあ良いわ・・・」

朝倉「じゃ、次は貴女を盛っちゃおうかしら」ダッ

ハルヒ「!!」ビクッ

ハルヒ(だ、誰か助k・・・!)

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:18:01.06 ID:M0qmXLGt0

「いやああああああああああああああああああああああッッ!!」


「「「!!!」」」

古泉「上から聞こえました!」

キョン「屋上か・・・!行くぞ!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:19:26.95 ID:M0qmXLGt0

ガチャ
キョン「ハル――――」

ハルヒ「きょ・・・・きょ、ん・・・・・」モッサリ

キョン「――――――」



朝倉「っは、アハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:21:35.65 ID:M0qmXLGt0

朝倉「王子様登場ってワケ!?くっだらなーい!!あっははは!!!」

キョン「・・・・・ハルヒ、横になれ」

ハルヒ「あ、うん・・・」ゴロン

朝倉「茶番も良い所だわ!!」

キョン「大丈夫か?」

ハルヒ「うん、ありがと・・・」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:23:33.70 ID:M0qmXLGt0

朝倉「・・・・・・ちょっと」

キョン「ゆっくり休め、今は」

ハルヒ「うん、うん・・・・・」グスン

朝倉「無視してんじゃないわよ、ええ!?」

キョン「何か食べたいもの、あるか?」

ハルヒ「大丈夫・・・」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:25:24.00 ID:M0qmXLGt0

朝倉「・・・・もう良いわ」

朝倉「マトモに会話も出来ないヤツなんて、うっざい」

朝倉「次はキョン君、あなt―――」ダッ



ガシッ
朝倉「・・・え?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:27:14.81 ID:M0qmXLGt0

キョン「・・・・・・・誰が」

朝倉「え、ちょっ、やだ」ググッ

キョン「誰が、うざいって?」

朝倉「離し・・・」グググ



キョン「虚雲流裏奥義―――――」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:29:02.16 ID:M0qmXLGt0









キョン「半藤拳」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:30:34.78 ID:M0qmXLGt0

カッ!

古泉「うおっまぶし!」

長門「二人が太陽のように輝いている・・・」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:31:55.44 ID:M0qmXLGt0

シュウウ・・・・

古泉「ようやく発光が終わりましたね・・・」

長門「!」


朝倉「がっ・・・げほっ・・・!」

キョン「・・・所詮、この程度か」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:33:21.32 ID:M0qmXLGt0

朝倉「ぐっ・・・・な、なんで」

朝倉「なんで、とどめを刺さないのよ・・・・ッ」




キョン「・・・お前も、この地球で生きる者だからさ」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:35:01.03 ID:M0qmXLGt0

朝倉「・・・・・・ッ!!」

古泉「なんという、寛大な精神・・・」

長門「キャー抱いてー」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:36:35.47 ID:M0qmXLGt0

朝倉「・・・ふぐっ、うぅうッ」ポロポロ

長門「・・・・・」ナデナデ

朝倉「うう、うぅぅう・・・!」ボロボロ

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:39:24.74 ID:M0qmXLGt0

キョン「・・・・ハルヒとみくるの頭を、元に戻してくれるか?」

朝倉「・・・・うん」


ハルヒ「ぐ、ううっ・・・・」シュルル

キョン「おお、元のセミロングに・・・」

ハルヒ「・・・・もうペガシーはこりごりだわ」

キョン「ははっ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:42:08.41 ID:M0qmXLGt0

朝倉「朝比奈みくるの髪も戻しておいたわ」

キョン「そうか・・・ありがとう」

朝倉「・・・・じゃあ、私はこれで」スッ


古泉「行ってしまわれましたね・・・一体、彼女はどこにいk」

長門「朝倉涼子の移動ルートを確認。彼女はローソンに行く」

古泉「・・・・・」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:43:35.18 ID:M0qmXLGt0

【部室】

みくる「ふぇぇ〜、良かったですぅ」

ハルヒ「みくるちゃんも戻ったし、一件落着ってとこかしら」

キョン「・・・・いや、まだだ」

ハルヒ「え?」



キョン「本当の黒幕は、この中にいる」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:47:24.67 ID:M0qmXLGt0

古泉「く・・・・黒幕が、この中に!?」

キョン「ああ・・・そうだ」

ハルヒ「アンタには、そいつが誰だか分かっているの・・・!?」

キョン「でなきゃ、こんな事言わねぇよ」




コナン「バーロー」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:48:33.95 ID:M0qmXLGt0

キョン「・・・・・・・・さあ、全部吐いてもらうぜ」








キョン「妹よ」

「「「「!!」」」」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:50:26.56 ID:M0qmXLGt0

ペラッ

古泉「か、壁紙がめくれて――――」

妹「・・・・てへっ、いつから知ってたの?」

キョン「お前が、俺の家に転がり込んできたときからだよ」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:51:28.07 ID:M0qmXLGt0

妹「・・・あーあ、前々からキョン君は食えないヤツだと思ってたよ」

キョン「そうか、ありがとう」

妹「・・・・本当、カッコイイよ」

キョン「・・・・」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:53:33.21 ID:M0qmXLGt0

妹「・・・・でも、もう遅いよ・・・・この部室のどこかに、爆弾をセットしちゃったんだから」

「「「「!!」」」」





キョン「知ってるよ」ブラーン

妹「!?」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:55:20.25 ID:M0qmXLGt0

妹「そ、そんな・・・」ガクッ

キョン「さあ妹よ、覚悟は良いか?」スッ

妹「・・・・最後に」

キョン「何だ」

妹「最後に、名前で呼んで」



キョン「だが断る」



半 藤 拳 ! !

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:56:21.44 ID:M0qmXLGt0

カッ!




キョン「・・・悪は滅びたか」

長門「抱いてー」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 14:59:30.83 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「妹さん、泣いてたわよ・・・」

キョン「・・・・知ったことか」スッ

ハルヒ「・・・・・」ぐっ


古泉「キョン君、今機関から連絡が入りました」

キョン「何?」

古泉「スイーツ達が、どんどん消滅していってるらしいいです」

キョン「・・・そうか」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 15:44:11.51 ID:M0qmXLGt0

はい、というわけで書きます。なんかスイマセン

ハルヒ「そうそう私がモヒカンになってて、ついつい忘れてたけど」

キョン「何だ」

ハルヒ「遊園地のチケット5枚あるからってあれ?」

ミクル「?どうしたんですか?」

ハルヒ「無い・・・!無いのよ!」

ハルヒ「チケットがなああぁぁーーい!!」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 15:51:14.53 ID:M0qmXLGt0

朝倉「くっそーグリルチキンが売り切れてるとは・・・!」トボトボ


【部室】

キョン「いつから無くなってたんだ」

ハルヒ「分からないわよ!気づいたら・・・」

キョン「つまり今まで出てきた中に犯人がいるのか」

古泉「一体誰何でしょうか・・・」

ハルヒ「あんなハイテンションになってたけど、別に関係無かったわ
    どうせ当日買えばいいんだし」

キョン「いったい誰が・・・」




109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 15:58:56.41 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「当日買うからもういいわよキョン」

キョン「犯人を捜すぞ!」

ハルヒ「?だからもういいってば!」

ミクル「なんかキョン君の様子が変じゃないですか?」ボソッ

古泉「・・・もしかしたらまたハルヒパワー的な何かが起きたのかと」

みくる「またハルヒパワー的な何かなんですか。でもキョン君はそういうの大丈夫なんじゃないんですか?」

古泉「おかしいですね彼だけとは・・・」

長門「眠い」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:02:53.28 ID:M0qmXLGt0

キョン「今まで出てきたヤツの誰かだ!」

ハルヒ「だから!もういいってば!」

ミクル「あわわ・・・これじゃあキョン君がきちg」

古泉「それ以上は言っちゃいけないかと」

長門「お腹すいた」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:11:56.40 ID:M0qmXLGt0

古泉「一体どうすればいいんでしょうか・・・」

みくる「エアプレーンスピンぐらいやれば正気に戻るかしら・・」

長門「それはやり過ぎ。でも何かの衝撃を与えれば元に戻る可能性がある」

古泉「本当ですか!長門さん!」

長門「・・・多分」

古泉「そうと分かれば片っ端からプロレス技かけましょう!」

みくる「頑張ってください!」

長門「炒飯つくろう」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:28:03.77 ID:M0qmXLGt0

古泉「では行きますよ!そぉおぉい!」ヒュッ

キョン「うおっ!」サッ

古泉「さすがですね」ヒュッ

キョン「いつもハルヒにやられてるからな!」サッ

古泉「これではどうでしょう」

キョン「!」

古泉「エターナルフォースブリザードオオォォ!」ドーン

キョン「チッお前が使えたとは・・・!」

キョン「ル・ラーダ・フォルオルゥウウゥゥゥ!」ドーン

ハルヒ「え?何コレ?」

みくる「・・・」ズズ・・・

長門「ぐー」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:37:28.53 ID:M0qmXLGt0

ここから俺

古泉「ハァッ・・・・ハァッ」

キョン「フフ・・・どうした?息が上がっているぞ」

みくる「よーしよし有希にゃーん、オヤツよー」

長門「にゃーん」スリスリ

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:42:15.63 ID:M0qmXLGt0

古泉「ハァァ・・・・ウッ!」ビリビリ

キョン「なっ・・・こ、古泉の服が・・・!!」

古泉「フフ・・・キョン君、君は何か勘違いしてたみたいですね」

キョン「え・・・?」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:43:09.57 ID:M0qmXLGt0






古泉「僕こそが、本当の親玉なんですよ・・・・」






117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:44:55.25 ID:M0qmXLGt0

キョン「・・・・・・え、え?」ガクガク

古泉「妹ちゃんは全くの一般人ですよ・・・まさか、あそこまで気持ちよく騙されるとはね」ククッ

キョン「う、あ」ブルブル

ハルヒ「待ちなさいよ!」

古泉「・・・・はい?」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:46:42.98 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「キョン、しっかりして!」

キョン「は・・・・・・・・はるひ」

ハルヒ「アンタは、こんな事で崩れるようなタマじゃないでしょ!」

キョン「・・・・・・だが、俺は」

ハルヒ「立って!立つのよジョンスミス!」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:48:29.38 ID:M0qmXLGt0

キョン「・・・・・・・俺は」

キョン「俺は最低なんだ・・・俺は・・・・」

ハルヒ「違う!アンタは最高よ!」


長門「涼宮ハルヒ」

ハルヒ「何!?今いいとこなのに!」

長門「言われたとおり、核弾頭を用意した」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:49:43.17 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「あ、そうなの。ありがと」

ガチャ
ハルヒ「これってどうするんだっけ?」

みくる「確か適当な衝撃を与えれば・・・」

ハルヒ「あーそんなかんじ」

キョン「ヒャッホー!」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:50:36.53 ID:M0qmXLGt0

古泉「え、皆さん待っ」

ハルヒ「何?」

古泉「・・・本気ですか?」

ハルヒ「うん」

古泉「・・・・・・」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:51:38.80 ID:M0qmXLGt0

キョン「オーイエ!イッツファンタスティックピーポォ!」

古泉「・・・・・・」



ハルヒ「よいしょ」ガンッ!

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:52:52.23 ID:M0qmXLGt0

                            __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:53:45.92 ID:M0qmXLGt0

次章!

涼宮ハルヒの憂鬱、新展開!

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:54:43.58 ID:M0qmXLGt0

加速する情熱!

ハルヒ「アタイ、実はユーの事がラブキャッチなんやねん」

キョン「は?」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:56:10.08 ID:M0qmXLGt0

加速する子孫繁栄本能!

古泉「んふ、僕達二人っきりになってしまいましたね」

長門「そう」

古泉「・・・・長門さん、実は」

長門「近寄らないで」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:57:28.48 ID:M0qmXLGt0

加速する真実

佐々木「皆から佐々木佐々木ばっかり呼ばれる・・・本当はボク笹川なのに・・・」

キョン「おーい、佐々木ー」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:58:44.72 ID:M0qmXLGt0

そして・・・・・

ハルヒ「キョン・・・アンタに話があるの」

キョン「何?」



ハルヒ「アタシ、実は男なのよ」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 16:59:27.84 ID:M0qmXLGt0

次週、全てが明かされる





長門「次週を待てにゃーん」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:00:58.16 ID:M0qmXLGt0

ハイ、というわけでお疲れ様でした
最初っから何書くか決めてないまま書いてしまったので、かなり紆余曲折ありましたが・・・
まあ、終わりよければ全て良しというかね


長門「にゃーん」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:02:08.61 ID:M0qmXLGt0

いやあ、個人的には古泉が長門をハグして「好きです!」と言った後キャメルクラッチかけられる
シーンが好きです

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:08:22.55 ID:M0qmXLGt0

支援してくれた皆様
訳分からんと鼻で笑ってくれた皆様
澪大好きな皆様
本当にありがとうございました

・・・・まあ、何というか
この後予定はあるんですが、まだまだ時間もあるし
あまりにもヒマなので、お題頂ければと思います

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:14:03.20 ID:M0qmXLGt0

・・・・じゃ、もうアレなんで
第2章逝きますか

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:15:15.46 ID:M0qmXLGt0

佐々木「くすん、もう生きていけない・・・」

橘「どうしたんデゲスか?」

佐々木「あ、たっちゃん・・・」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:16:35.75 ID:M0qmXLGt0

佐々木「ボクの名前を言ってみて」

橘「シャギ様」

佐々木「ちゃうねん」

橘「冗談デゲス。佐々木さんデゲしょう?」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:17:19.23 ID:M0qmXLGt0

佐々木「それもちゃうねん!」

橘「は?」




佐々木「ボク、笹川なんだよ・・・!!」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:19:24.35 ID:M0qmXLGt0

橘「はあ?」

佐々木「もうね、こないだキョンに会ったやろ?」

橘「デゲス」

佐々木「キョンも佐々木佐々木言うとったやん」

橘「デゲスね」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:21:00.41 ID:M0qmXLGt0

佐々木「ほんでな、ウチ言ったんねん」

橘「牛丼食いてー」




佐々木「ウチ、本当は笹川やねんて・・・!」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:21:43.09 ID:M0qmXLGt0

橘「で?」

佐々木「え?」

橘「オチは?」

佐々木「・・・・・・・・」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:23:07.19 ID:M0qmXLGt0

北校

キョン「ひひひっほーい!今日も赤点だぜベイベー!」

ハルヒ「ヴァカね」

キョン「そういうお前の答案用紙は?」チラッ

ハルヒ「97点」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:25:51.32 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「そういやあたし、男なのよ」

キョン「うっさい!今から勉強すんねん!!話しかけんなや!!」

ハルヒ「・・・・・・そう」クスッ

ハルヒ(ふふ、キョンも成長したわね・・・)


『空気』
キョン「この漢字なんて読むんだ?」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:27:21.16 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「そういや有希は?」

キョン「るせぇ!」

ハルヒ「きゃっ!ご、ごめんなさいッ☆」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:29:00.46 ID:M0qmXLGt0

長門「ベイビーボーイ」ヒョコッ

ハルヒ「私はここにいるよってワケね、パーソナニスト長門」

長門「オウケーベイベー」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:30:51.92 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「古泉君は?」

長門「牧場に郵送しておいた」

ハルヒ「そう」



『空気』
キョン「から・・・くう・・・・けでいいや」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:33:08.61 ID:M0qmXLGt0

みくる「ふぇぇ〜」オロオロ

ハルヒ「どったのみくるちゃん」

みくる「今ドアの前に、変なスマイルの男の人が・・・」

ハルヒ「あ、分かった分かった分かっちゃった!古泉君でしょ!」

みくる「当たりですぅ。はい飴玉」

ハルヒ「えへへー」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:34:41.73 ID:M0qmXLGt0

古泉「まさか北海道とは・・・予想外でした」

キョン「古泉クサッ!離れろよ!!」

古泉「オウケーベイベー」



長門「次は津軽湾に沈めておこう」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:36:35.09 ID:M0qmXLGt0

佐々木団

佐々木「誰かボクを、笹川って呼んでよおおおおおおっ!!」わっ

九曜「――――――」

佐々木「あ、くーにゃん!くーにゃんは呼んでくれるよねっ!」



九曜「佐々木」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:38:31.85 ID:M0qmXLGt0

佐々木「もういい!北校行って皆に聞いてくるから!藤原死んでろ!」

藤原「はいご主人様!」

佐々木「いってちまちゅ!」バタンッ

橘(噛んだ・・・)

九曜(ぷよぷよ買いたい―――)

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:40:04.39 ID:M0qmXLGt0

北校

ハルヒ「この漢字の読み方?」

キョン「ああ、教えてくれ」つ空気

ハルヒ「簡単よ、エアースプラッシュマスター」

キョン「その手があったか!」


ガチャ
佐々木「ちゃーっす!!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:42:10.23 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「ん?あ、ささちぃ」

佐々木「笹川だよ!」

みくる「佐々木さんですぅ」

佐々木「笹川!!」

キョン「佐々木」

佐々木「さーさーかーわー!!」

古泉「おお、これは長門さん並に貧乳プリチー・・・なんだ佐々木か」

佐々木「・・・・・・」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:43:56.10 ID:M0qmXLGt0

佐々木「もう良い・・・たっちゃんもくーにゃんも馬糞原も呼んでくれない・・・」

佐々木「死のう・・・・」


ボカッ!
佐々木「!?」

ハルヒ「甘ったれるんじゃねえ!!」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:46:02.73 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「御米食べろ!」

みくる「死んじゃ駄目です!」

キョン「イ`」

長門「学校であった怖い話知ってる人いない?」

古泉「ワリオ」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:47:11.14 ID:M0qmXLGt0

佐々木「う、うあっ・・・・」ボロッ

佐々木「こ、こんなボクでも、生きて、いいのかなぁ・・・」ボロボロ

長門「にゃーん」

ハルヒ「生きるのよ!」

長門「みぃみぃ」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:54:24.26 ID:M0qmXLGt0

佐々木「ありがとう皆の衆よ・・・・」グスン

キョン「帰れよ」

佐々木「え?」



キョン「帰れっつってんだよ・・・・・『新たなる神・ソードマーダー』」

佐々木「は?」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 18:59:31.23 ID:M0qmXLGt0

キョン「俺の故郷を潰した事・・・忘れちゃいねえだろうな」

佐々木「いや、知らん・・・」

古泉「んっふ」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 19:01:16.79 ID:M0qmXLGt0

規制怖い・・・

みくる「ふぇぇ〜wwwwwwww」

長門「いい加減止めて欲しいwwwwwwww」

ハルヒ「これが帝国の力だwwwwwww」

佐々木「え・・・・み、みんな落ち着いてよぉっ!」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 19:03:26.99 ID:M0qmXLGt0

キョン「しゃーねぇなあ・・・・おーい長門!核!」

長門「核!じゃなくて核をくださいでしょっ」

きょん「はいはーい」

長門「ハイは一回!」

ガチャ
ハルヒ「はい、2回目〜」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 19:04:34.09 ID:M0qmXLGt0

ハルヒ「誰か棒持ってない?」

古泉「レッドボゥルなら・・・」ふよふよ

ハルヒ「じゃそれでいいわ」

佐々木「ままま待って!どうしたのさ!」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 19:06:09.27 ID:M0qmXLGt0

佐々木「そ、それ核だよね・・・・」

ハルヒ「そうよ」

佐々木「正気なの!?」

ハルヒ「カオスマズィック!」

長門「核融合炉にっさぁ〜」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 19:07:09.47 ID:M0qmXLGt0

佐々木「ま、待―――――――」






ハルヒ「あらよっと!」ガンッ

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 19:08:00.32 ID:M0qmXLGt0

                            __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 19:09:03.03 ID:M0qmXLGt0

次号、最終章








涼宮ハルヒの参拝








177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 19:09:49.29 ID:M0qmXLGt0

あれから、2年
彼らは――――

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 19:11:54.41 ID:M0qmXLGt0

それは、幸福か
それとも狂気か

ハルヒ「キョン、好きなの、ねえキョン」

キョン「ハルヒ可愛いよハルヒ」

長門「きめえ・・・」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 19:13:08.02 ID:M0qmXLGt0

何度だって想い続けて

古泉「長門さんハアハア・・・・・」ジュルリ

古泉「長門さんのパンツをベロベロチュッチュしたいよぉぉ」

長門「きめえ・・・」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ヲタ「長門を嫁にしてみた」