キョン「ブリックモール?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:つかさ「こなちゃんくさいよ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:13:42.18 ID:6l5dlpvZO

キョン「ブリックモール?」

ハルヒ「そ、ブリックモール。
先月駅の近くにできたの。もちろん一緒に行くわよね?


キョン「まてまて。
俺はそのブリックモールとやらがどういう場所なのかまだ知らんぞ。」

ハルヒ「はぁ、アンタって本当にこうゆうのに疎いのね。
先月すっごい話題になってたじゃない。」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:15:47.78 ID:6l5dlpvZO

キョン「あー、そう言えば谷口がなんか言ってたなあ。
喫茶店がどうとか、女の子がどうとか。
…とするとあれか、そのブリックモールって奴は喫茶店なのか。」


ハルヒ「違うわよ。
ショッピングモールよ、ショッピングモール。
あ、でもフードコートにある喫茶店はすっごい人気らしいわ。」

キョン「なるほど、なかなか面白そうじゃないか。」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:19:12.58 ID:6l5dlpvZO

ハルヒ「でしょ?
じゃあ、今週の日曜に駅前で待ち合わせね!
時間は…そうね、11時がいいわ。
いい、キョン? 遅れたら罰金だからね!」

キョン 「まだ行くとは言ってないんだが…」

ハルヒ「何よ、アンタに拒否権があると思ってんの?」

キョン「ですよねー」

キョン「(まぁ、どうせ朝比奈さんたちも一緒だろうからな。
ちょっと興味もあるし週末が楽しみだ。)

……………
…………
………

ハルヒ「やったー!!」ピョンッ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:22:17.72 ID:6l5dlpvZO

〜日曜・駅前〜

ハルヒ 「遅い!」

キョン 「まだ時間前だろ。
それに朝比奈さんたちもまだじゃないか」

ハルヒ「………!!
き、今日はみくるちゃんたちは来ないわよ」

キョン「なんだ今日朝比奈さん来れないのか…
それなら長門と古泉はまだなのか?」

ハルヒ「今日はその二人も来ないわ…!」

キョン「なに!? ってーと、今日は俺とハルヒの二人きりか!?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:25:34.17 ID:6l5dlpvZO

ハルヒ「そ、そうよ…。
何よ、あたしと二人じゃ不満なの?」

キョン「そりゃ、手綱の切れた馬の扱いなんて俺には……」

ハルヒ「…………グスッ」

キョン「い、いやっ! たまにこうやって二人きりで出かけるのも悪くないかもなっ!」

キョン「(コイツ、一体今日はどうしたってんだ…)」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:28:35.44 ID:6l5dlpvZO

〜ブリックモール:入り口〜

キョン「ほぉ…立派なもんだな」

ハルヒ「でしょ? あたしも最初に来たときはびっくりしちゃったわ」

キョン「それで今日はどうするんだ?
俺なんかを誘うくらいだし何か用があったんだろ?」

ハルヒ「ううん、今日は特にないわよ」

キョン「は? じゃあ、なんで…」

ハルヒ 「…なんだっていいじゃない。
キョンのことだからどうせ暇だろうって思っただけよ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:31:18.34 ID:6l5dlpvZO

キョン「そうかいそうかい。
そいつはどーも」

ハルヒ「そういう訳だから今日は適当にぶらぶらしましょ」ニコッ

キョン「ドキッ …お、おう」

キョン「(いかん…、なんの酔狂かハルヒが可愛く見える)」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:35:04.48 ID:6l5dlpvZO

〜フードコート〜

ハルヒ「はぁ〜、楽しかった!」

キョン「結構見応えあったな」

ハルヒ「ふふっ、それにしても…あの帽子はないわよね〜」

キョン「…バッ! あれはお前が無理やり…」

ハルヒ「結構ノリ気だったくせに」

キョン「お前がおだてるからだろ…!」

キョン「だいたい、お前は…」

ハルヒ「ねぇ、キョン」

キョン「…だから、俺がいつも…ってどうした、ハルヒ?」

ハルヒ「お腹減ってない?」

キョン「あー、もう結構いい時間だしな。
うん、減ってるな」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:38:34.27 ID:6l5dlpvZO

ハルヒ「それならここで一旦休憩しましょうよ。」

キョン「おっ、賛成。
それにしてもたくさん店があるなぁ…。
どうする、ハルヒ?」

ハルヒ「せっかくだから今話題の喫茶店がいいわね」

キョン「あぁ、この前話してた奴な」キョロキョロ

キョン「…って、あれ?
同じような喫茶店、二軒ないか?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:42:14.76 ID:6l5dlpvZO

ハルヒ 「あ、それね。
キュリオとファミーユっていうんだけど、どっちも甲乙付けがたいくらい人気らしいわ」

キョン「ほぉ、じゃあライバル店同士ってところか」

ハルヒ「そういうことね。
うーん、どっちにしようかしら」




由飛「口に入れれば〜♪
甘さ広がる〜♪
ブルーベリータルトのお客様〜♪」

キョン「…歌?」

由飛「作ってみればすっごく簡単〜♪
食べてみればとっても美味しい〜♪
シフォンケーキのお客様〜♪」

キョン「…あれって接客としてはどうなのよ」


ハルヒ「さ、さぁ…?」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:45:59.92 ID:6l5dlpvZO

行間間違えたorz


キョン「ところであれってどっちの店の娘なんだ?」

ハルヒ「えっと、あの制服はたぶんファミーユね」

キョン「ちょっと面白そうだしファミーユにしようぜ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:50:11.73 ID:6l5dlpvZO

〜ファミーユ前〜

明日香「いらっしゃいませー」

キョン「へー、どのケーキも美味しそうだな…って全品200円!?」

明日香「はい。 当店では全品200円でご提供させていだいています。
当店自慢のシェフの自信作ばかりですから大変お得ですよ。」ニコッ

キョン「(ちょっと年上かな?
可愛い人だなぁ…)ってあたぁ!?」

キョン「おいハルヒ、いきなりつねるなって」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:53:05.01 ID:6l5dlpvZO

ハルヒ「…何よ、キョンが可愛い店員さんに鼻伸ばしてるが悪いんじゃない」ボソッ

キョン「ん? なんか言ったかハルヒ?」

ハルヒ「な、なんでもないわよ!」カァッ

明日香「(ふふっ、初々しいカップルだなあ。)」

キョン「わかった、わかったって!
だからこれ以上暴れんなよ」

ハルヒ「うるさーい!」ポカポカ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:56:12.27 ID:6l5dlpvZO

明日香「(わたしもいつかてんちょと…キャッ)」

キョン「…さん、あの…店員さん?」

明日香「…って、わわっ
は、はい…いいがいたしますか?」

キョン「店内って席空いてますかね?」

明日香「大丈夫ですよ。
今ご案内いたしますね」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 01:59:10.98 ID:6l5dlpvZO

明日香「かすりさーん、お客様ー!!」

明日香「こちらからどうぞー」

キョン「あ、ハイ」

キョン「ほらっ、ハルヒ。
いつまでも俺をサントバッグにしてないで入るぞ」

ハルヒ「ゔー」ポカポカ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 02:03:06.27 ID:6l5dlpvZO

カランカラーン

かすり「いらっしゃいませー
二名様ですね?」

キョン「あ、ハイ」

かすり「二名様ご案内いたしまーす」

かすり「こちらへどうぞー」

かすり「オーダーが決まったら店内の者にお申し付けくださいね。
ごゆっくりどうぞー」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 02:06:23.73 ID:6l5dlpvZO

キョン「へぇ、雰囲気のいい店だなぁ」

キョン「店員と制服も可愛いし…って、あだっ!」

ハルヒ「……………フンッ」

キョン「ったく…、一体どうしたんだよ今日は」

ハルヒ「…知らないっ」プイッ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 02:11:32.08 ID:6l5dlpvZO

かすり「仁くん仁くん」

仁「もう、なんですか?かすりさん」

かすり「さっきご案内したお客様を見て見て」

仁「あのカップルがどうしたんです?」

かすり「男の子の方が他の美少女に目移りするもんだから女の子の方怒っちゃって」

仁「明日香ちゃん以外もう美“少女”って年じゃな………うげっ」

かすり「ちょっと! そこつっこむとこじゃないよね!?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 02:14:47.59 ID:6l5dlpvZO

かすり「それにしても女の子はめちゃくちゃ可愛いのに、男の子の方はほんっっっと冴えないねぇ…
まるで仁くんとリカちゃんみたい」

仁「なっ!? ほっといてくださいよ!!
っていうか、忙しいんだから働いてください!」

かすり「はいはーい。
そう言えば仁くん」

仁「もう、なんですか!?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 02:18:28.74 ID:6l5dlpvZO

仁「もう、なんですか!?」

かすり「さっきから恵麻さんが呼んでるけどいいの?」

恵麻「仁(じん)くーん、ちょっとお願い〜」

仁「ちょっ!? それを早く言ってくださいよ!!」

仁「うわっ、姉ちゃん今行く今行くから!」ダッ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 02:21:10.39 ID:6l5dlpvZO

キョン「むくれてんなよ…な? 奢ってやっから」

ハルヒ「…………うん」

キョン「注文決まったか?」

ハルヒ「……コクッ」

キョン「よし。 あ、店員さーん!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 02:24:11.52 ID:6l5dlpvZO

由飛「はーい」

キョン「(おっ、さっき歌ってた人だ)」

由飛「ご注文お決まりですかー?」

キョン「えっと、この半熟オムライスとコーヒーとシフォンケーキをお願いします」

ハルヒ「あたしはカルボナーラとオレンジタルトとコーヒー」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 02:27:23.58 ID:6l5dlpvZO

由飛「ご注文承りました。
ご注文繰り返させていただきますね」

由飛「半熟オムライス、カルボナーラ、ブルーベリータルト、チョコレートケーキ、ダージリンがお二つでよろしかったでしょうか?」


ハルキョン「…………いえ、全然よろしくないです」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 02:30:25.47 ID:6l5dlpvZO

由飛「…あれ? でもこっちもオススメですよ?」

キョン「いや、そうでなくて」

由飛「でも一度試してみるってのはいいがですか?」ニコッ

ハルキョン「えっと…えっ?」

キョン「(な、なんだ…このウェイトレス)」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 02:32:53.72 ID:6l5dlpvZO

すいません
中途半端ですが書き溜めがなくなったので今日はここまでです
スレが残っているようなら明日の夜に再度投下します
初めてでまったく勝手が解らない状態でしたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました
それではお休みなさい

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 22:27:32.77 ID:6l5dlpvZO

遅くなってすいませんでした
ただ今より書き溜めの分だけ投下します

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 22:30:15.62 ID:6l5dlpvZO

由飛「いかがいたしましょうか?」ニコニコ

キョン「はぁ、もうそれでいいです」

キョン「ハルヒもいいよな?」

ハルヒ「なによ! そんなの…」

キョン「ハルヒ、ここは素直に折れろ。」ボソッ

ハルヒ「(えっ!? ちょっ…顔が近っ)」カァッ

キョン「たぶんこの人は俺たちがどう足掻いても勝てない人種の人間なんだろう」ボソッ

キョン「ハルヒ、いいよな?」ニコッ

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 22:33:27.44 ID:6l5dlpvZO

ハルヒ「(まともに顔が見れない…)コクッコクッ」カァッ

由飛「かしこまりました〜。
それではしばらくお待ちください」




由飛「オーダー入りまーす!
半熟オムライス、カルボナーラ、ブルーベリータルト、チョコレートケーキ、ダージリン二つお願いしまーす!!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 22:37:21.28 ID:6l5dlpvZO

仁「…って、平然とオーダー入れてんじゃねぇよ!!」ゲシッ

由飛「いった〜い!
ちょっと、仁!? なんでいきなりチョップするのよぉ…」

仁「うるせぇ!
お前またお客様を丸め込んだだろ」

由飛「で、でも本当にオススメなんだもん!」

仁「そんなことは俺が一番よく分かっとる!
もし、ま〜姉ちゃんのお菓子にケチ付ける奴が居たら、俺が店から叩き出してやるわ!!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 22:40:05.47 ID:6l5dlpvZO

由飛「…相変わらずのシスコンっぷりですね、かすりさん」ボソッ

かすり「そうね。
でも、仁くんだから仕方ないのよ」ボソッ

仁「聞こえてますが、お二人さん?
ほらほら、遊んでないでさっさと仕事してください
じゃないと減給されても文句言えませんよ」

由飛・かすり「店長おうぼー」

仁「それが嫌だったら働いてください。
あ、それと由飛は後でお客様に謝っておくこと、いいな?」

由飛「はぁーい」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 22:43:38.44 ID:6l5dlpvZO

キョン「変なウェイトレスだったな」

キョン「でも不思議と腹は立たないんだよなぁ…なんでだろ?」

キョン「…って、どうしたハルヒ?
さっきから静かだけど…」
ハルヒ「う、ううん!
な、なんでもないわ」

ハルヒ「(この男は…、何であたしばっかりドキドキしなくちゃいけないのよぉ」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 22:46:46.91 ID:6l5dlpvZO

キョン「なんか今日のハルヒ、本当に変だぞ?
いつもより大人しいし…何か変なもんでも食ったか?」

ハルヒ「…なっ!?
ちょっとキョン、いくらなんでもそれは――」

由飛「お待たせしましたー
カルボナーラと半熟オムライスです」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 22:53:21.88 ID:6l5dlpvZO

キョン「あっ、オムライスこっちです」

由飛「はい、どうぞー
熱いのでお気をつけくださいねー
カルボナーラはこちらですね」

ハルヒ「あ、ハイ」

由飛「先ほどは誠にすいませんでした。
アフターティーの方はサービスさせていただきますので」

キョン「あ、いや…どうも。
(そりゃ、アレじゃどやされるわな)」

由飛「それとオムライスの似顔絵サービスはいかがですか?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 22:56:19.91 ID:6l5dlpvZO

キョン「似顔絵?」

由飛「はい♪
当店では半熟オムライスをご注文なさった方に無料で、ケチャップ似顔絵のサービスを行っております」

キョン「へぇ、面白そうだなぁ。
じゃあ、それもお願いします」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 22:59:11.60 ID:6l5dlpvZO

由飛「かしこまりましたー。
あ、せっかくなんで彼女さんの似顔絵にしておきますねー」ニコッ

ハルヒ「彼女って……そんな」カァッ

キョン「彼女って、ハハッ
そんなんありえないっすよ
(ったく、なんつー要らん気遣いだ…)」

ハルヒ「(な、なによぉ…!!
ちょっとくらい気にしたっていいじゃないっ!!
何でこんなに平然としてる訳ぇ…!!)」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 23:02:36.74 ID:6l5dlpvZO

由飛「あれ…?
勘違いでした…?
それでは、ご本人のお顔でよろしいですかー?」

キョン「うーん…、そうだなぁ…。
よしっ、せっかくなんでツレの方で」

ハルヒ「……………!!」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 23:05:28.17 ID:6l5dlpvZO

由飛「かしこまりましたー。
少々お待ちくださいねー」
スイスイスイッ

キョン「うおっ…はえーな。
それに巧い…」

由飛「あ、お名前の方伺ってよろしいですか?」

ハルヒ「は、ハイ!
涼宮ハルヒです。」

由飛「ハルヒ様ですね?
はーるーひっと…」

由飛「ごゆっくりお召し上がりくださーい」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 23:08:26.12 ID:6l5dlpvZO

キョン「ははっ、こりゃすげーな!
短時間なのにしっかり特徴捉えてるよ。
特にこの目元なんてそっくりだ」

ハルヒ「自分でもビックリだわ…
確かによくできてるわね」
キョン「よしっ、いつまでも眺めても仕方がないし食おうか。
ちょっと勿体無い気もするけど」

ハルヒ「そ、そうね。 食べましょ!」

ハルヒ「(勿体無いって…)」カァッ

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 23:11:19.69 ID:6l5dlpvZO

キョン「うおーっ! 美味ぇ!!!
何だこのオムライスは…」

ハルヒ「えっ!? ホント?」

キョン「ちょっと食うか?
ほれ、アーン…なんつって」

ハルヒ「ドキッ…………あーん」

キョン「………………え? マジ?」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 23:15:15.62 ID:6l5dlpvZO

風呂に入ってくるのでここで一旦止めます
需要があるかどうか分かんないですが、後程残りもあげます

先ほど言い忘れましたが保守してくれた方々ありがとうございました

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 23:48:43.68 ID:6l5dlpvZO

ハルヒ「は、早くしなさいよ! 待ってるんだから…!」

キョン「お、おう…。 ほれ」

ハルヒ「はむっ」モグモグ

キョン「ど、どうだ…?」

ハルヒ「何よコレ…。
すっごい美味しいじゃない!」

キョン「だろ!? だろっ!?」

ハルヒ「うん。 こんなオムライス初めてだわ…。
卵がふわっふわのとろっとろで…」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 23:52:34.56 ID:6l5dlpvZO

明日香「やっぱりてんちょのオムライスは大好評だね!」

仁「そりゃ、卵の貴公子と言われたこの俺にかかればな…!」





キョン「チキンライスは普通だけどな」

ハルヒ「そうね、チキンライスは普通だわ」





明日香「卵“だけ”はね……。」ジト-

仁「だって、卵料理以外面倒なんだもん」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/09(月) 23:55:24.29 ID:6l5dlpvZO

………………
…………
……


キョン「ぷはー、食った食った」

ハルヒ「カルボナーラも美味しかったけど、あたしもオムライスにすればよかったわ」

キョン「ははっ、そうだな。
まぁ、また今度こようぜ

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:00:04.41 ID:+nUrUmu2O

ハルヒ「……………えっ!」ドキッ

キョン「今度は皆でさ。
朝比奈さんたちも連れてきて驚かせてやろうぜ」

ハルヒ「(……皆、ね。)
うん、そうね。」

キョン「それじゃ、そろそろ食後のデザートにしようか。
あの、すいませーん」

由飛「はぁーい!」タッタ

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:03:35.08 ID:+nUrUmu2O

キョン「そろそろアフターティーとケーキをお願いします」

由飛「かしこまりましたー。
少々お待ちくださいねー」タッタ


…………
………
……

由飛「お待たせしましたー。
こちらダージリンになりま………きゃあっ!!」ガッシャーン

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:07:25.24 ID:+nUrUmu2O

キョン「うっわ…びっしょびしょ…」

由飛「も、申し訳ございません、お客様!
ただ今拭くものをお持ちいたしますっ!
少々お待ちくださいっ!!」ダッ

ハルヒ「派手にやられたわねー」

キョン「ははっ、まあたまにはこういこともあるさ」

ハルヒ「(たまには…ねぇ。
さっきから散々なのは気のせいかしら)」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:10:49.48 ID:+nUrUmu2O

タッタッタッ

由飛「お待たせしました!
ちょっと失礼しますねー」

キョン「えっ、いやちょっと…!
自分で拭きますからいいですって…!
(さ、流石に股間は…)」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:13:55.97 ID:+nUrUmu2O

由飛「いえ、わたしの責任ですからっ!」フキフキッ

キョン「(は、ハルヒぃ〜)」ジッ

ハルヒ「……………プイッ
(何よ何よ!! デレデレしちゃって…!)」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:17:26.21 ID:+nUrUmu2O

由飛「お客様? お怪我の方はありませんでしたか?」ギュッ

キョン「えっ、ちょ…!!(手柔らか…ってか、結構デカいな)」

由飛「大丈夫でしたか?」ギューッ

キョン「は、はい! 大丈夫です……って、痛ッ!
(ちょっと待て! なんて力してやがる、この女!!)」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:21:06.05 ID:+nUrUmu2O

由飛「そうですかぁ…お怪我がなくてよかったです」

キョン「(いやいやいや、今怪我してるって! 現在進行形ですっげーダメージ受けてるって!!)」

ハルヒ「……ちょっと、アンタいつまで手握ってんのよ」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:24:25.95 ID:+nUrUmu2O

キョン「………!!
んなこと言ったってこれ外れな………」

ハルヒ「言い訳はいいわよっ!!
そうよね! あたしみたいな女より可愛いウェイトレスさんに握って貰う方がいいわよね!!」

キョン「って、えーッ!!
何コレ!? 何で俺怒られてんの!?
(ってか、いい加減離せよ、オイッ!)」ギューッ

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:29:28.10 ID:+nUrUmu2O

ハルヒ「ふんっ! アンタみたいなニヤけた奴もう知らない!
………あたしもう帰る。
ずっとそうやって握り合ってたらいいじゃないっ!!」ダッ

キョン「おいっ! ちょっと待てハルヒ…………!!」



明日香「あれ?
ちょっ、お客様!?」


カランカラーン


キョン「あいつ…泣いてた?」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:32:34.40 ID:+nUrUmu2O

仁「いい加減離してやらんか、このアンポンタン」ポカッ

由飛「あいたっ!
ちょっとぉ〜、何すんのよ仁ぃ…」

仁「いや、いい加減空気ぐらい読めよと」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:37:59.49 ID:+nUrUmu2O

とりあえず今日の書き溜めはここまでです
ホント遅筆で申し訳ないです
とりあえず今からもう少し書く予定なので、筆が進めば上げるかもしれませんが期待はしないでください
読んでる層は狭そうですが、もう少しお付き合いいただけたら嬉しいです
また、カトレアは出すタイミングが難しい状態ですが、ちゃんと登場はさせる予定です
お付き合いいただきありがとうございました

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 23:36:38.00 ID:+nUrUmu2O

ただ今より投下します
自分に力がないため、至らない点も多いと思いますが、よろしくお願いします

保守してくれた方々はどうも

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 23:38:53.34 ID:+nUrUmu2O

板橋「いや〜、派手にやったねぇ、君」

キョン「はぁ……。
(誰だこのオッサン)」

板橋「あ、ボクは板橋と言います。
店長やってます、向かいの」

キョン「あ、店長さんでしたか。
すいません、お騒がせして……って向かい?」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 23:41:30.11 ID:+nUrUmu2O

板橋「そうそう、向かいのキュリオの店長なの、ボク。」

キョン「はぁ、でも店長なのにこんなとこでサボってていいんすか?
しかも、こっちはライバル店って聞いてたんですけど。」

キョン「いいのいいの、ボクなんか居なくてもチーフが全部やってくれるから」

キョン「(な、なんて無責任な…。
ご祝儀様です。 顔も知らぬチーフさん…。)」





玲愛「………クシュンッ」

瑞奈「何? 玲愛、風邪?」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 23:44:51.37 ID:+nUrUmu2O

玲愛「ううん、大丈夫よ」

瑞奈「気をつけなよ?
アンタ昨日も廊下で高村さんと言い合いしてたでしょ? 一時間も」

玲愛「うっ…でもアレは高村が……」

瑞奈「はいはい、アンタたちが仲良いのは知ってるから」

玲愛「ちょっ!? バッ…仲良くなんか…」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 23:47:54.25 ID:+nUrUmu2O

瑞奈「はぁ〜、わかったって。
(そう思ってるのは本人たちだけなのになぁ…)」

玲愛「なんか腑に落ちないわねぇ…」

瑞奈「き、気にしすぎだって!」アセッ

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 23:50:27.04 ID:+nUrUmu2O

玲愛「そういえば店長は?」

瑞奈「さぁ? さっきまた、ふらふらっと出てったからお向かいさんに居るんじゃない?」

玲愛「ったく…あのボンクラ店長は。
いいわ、わたしが呼んでくる」




板橋「…………ブルッ
なんか急に寒気が」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 23:53:41.97 ID:+nUrUmu2O

仁「お客様先ほどは申し訳ありませんでした………って、板橋店長!?
また、来てたんですか?」

板橋「うん、自分の店に居ても退屈だからね」

仁「また花鳥にどやされても知りませんよ?
まったく…って、こんなこと言ってる場合じゃなかった。」

仁「お客様、先ほどはうちの従業員が失礼いたしました。
お連れ様が帰ってしまわれたみたいで…」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 23:56:19.55 ID:+nUrUmu2O

キョン「いや、いいんすよ。
いきなり怒り出したアイツが悪いんで」

スッ

かすり「ちょっと、少年。
さすがにそれは酷いんでないかな?」

キョン「………え?」

仁「ちょっと、かすりさん。
こっちは俺に任せて仕事して…」

かすり「しゃらっぷ! いいから、仁くんは黙ってなさい!!」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 00:00:03.85 ID:+nUrUmu2O

かすり「あの娘の態度見てホントに何にも思わなかったの?」

キョン「え、いや…確かにいつもより変だなとは思いましたけど」

かすり「はぁ、端から見てたわたしでもわかったのに…」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 00:04:00.87 ID:fMO1K5RXO

キョン「わかったって何が…」

かすり「うわぁ…うちの仁くん並みににぶい人なんて初めてみた…」

仁「えっ…! えっ…!?」

かすり「いいわ、お姉さんが指南してあげる」

キョン「(何だってこんなことなったんだ…)」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 00:07:27.23 ID:fMO1K5RXO

風呂入ってくるのでここで一旦止めます
一応最後まで書けているので、よかったらもう少しお付き合いください
いろいろツッコミどころがあると思われますが、細かいところはスルーで…
先回りですいません

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 00:38:19.86 ID:fMO1K5RXO

…………
………
……

キョン「って、訳でいきなり怒って帰ってしまって。
もう俺には何がなんやら」

女性陣「ハァ………
(でも、何でだろう…他人事とは思えないのは)」

由飛「とにかくこれは君が悪い」


明日香「そうだよ。
女の子は明らかにサインだしてるんだもん」

キョン「そうなのかなぁ…
(っていうか、従業員全員集まってるみたいだけどいいのか?)」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 00:42:43.58 ID:fMO1K5RXO

かすり「そうなんだって。
とにかくまずは謝ること!」

キョン「謝るっつってもしばらく口も聞いてくれない気が…」

恵麻「それなら、甘いものを食べさせてあげたらいいんじゃないかしら?」

仁「いや、それで機嫌が直るのは姉さんだけだから」

恵麻「仁く〜ん、ちょっとぉ!」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 00:45:34.90 ID:fMO1K5RXO

明日香「かすりさん!
やっぱり経験豊富なかすりさんしか頼れる人が居ないよぉ」

かすり「え!? えーと…や、やっぱり誠意を見せるべきかな…?
ほ、ほらっ、女の子の方だって本音では君を待ってるはずなんだから」

キョン「うーん…でもなぁ…」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 00:48:34.49 ID:fMO1K5RXO

由飛「まだ吹っ切れない?」

キョン「いや、ハルヒが俺を…って、やっぱりイマイチ実感湧かないっていうか」

恵麻「そんなことないわよ。
わたしだってやっぱり好きな人が他の人デレデレしてたら嫌だもの…。
その女の子が怒っちゃうのもわかるわ」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 00:53:24.18 ID:fMO1K5RXO

板橋「仁くん、女の子ってホント他人の色恋沙汰とか好きだよねぇ」

仁「なんか姦まし過ぎて入っていけないですよね
姉さんまでティーンズに混じってキャッキャッ言っちゃって…
もういい年なのに」

板橋「…それ、恵麻さん聞いたら怒るよ?」

仁「………内密で」

板橋「黙って上げてもいいけど、それならいい加減恵麻さんをボクにくれないかな?」

仁「今すぐ自分の店に帰れ」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 00:57:24.65 ID:fMO1K5RXO

恵麻「………それでね、仁くんったら。
修学旅行の朝にね、玄関で『お姉ちゃん、行かないで。行っちゃやだよ〜』ってか細い声で…キャーッ!!」

明日香「あ゙…また、始まった」

かすり「恵麻さんの弟自慢…はぁ」

キョン「(えっと、何コレ…?)」

由飛「ははは……いつものことだから気にししないでねー」

キョン「………い、いつも?」




板橋「ひゅーひゅー、仁くん愛されてるねぇ」

仁「ま〜姉ちゃん!
ストップ! ストーップ!!」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 01:00:25.82 ID:fMO1K5RXO

…………
………
……

かすり「とにかく君はちょっと女の子の気持ちを考えなさ過ぎ!
そもそも、君が…」

カランカラーン

玲愛「すいませーん!
店長引き取りに来ましたー………って、そんなとこに集まって何やってるの?」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 01:03:18.16 ID:fMO1K5RXO

…………
………
……

玲愛「なるほどねぇ…。
ま、そんなのどう考えても君が悪いわよね」

キョン「は、はぁ…。
(また、増えた…)」

玲愛「だいたい喧嘩なんかしててもいいことないわよ?
自分だって、相手だって気分がよくないし」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 01:06:08.64 ID:fMO1K5RXO

板橋「カトレア君がそれを言うかなぁ…」ボソッ

由飛「玲愛ちゃん、いっつも仁と喧嘩してるもんねぇ〜」ボソッ

玲愛「わたしのことはほっといてください!
あとカトレア言うな」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 01:10:01.23 ID:fMO1K5RXO

玲愛「とにかく、今大事なのは君自身の気持ちじゃないのかな?」

キョン「俺の…気持ち……?」

玲愛「そう、君の気持ち。
相手がどう考えてるか、じゃなくて君がどうしたいか…そこが大事なんだと思うの」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 01:13:32.53 ID:fMO1K5RXO

玲愛「君は、その女の子と仲直りしたい?
喧嘩したままでいい?」

キョン「(俺の気持ち…。
アイツと今日一緒過ごして…うん、楽しかったな。
それに…可愛かった)」

キョン「…………!!」カァ

玲愛「それにね…素直になれるときになっておかないと、後々後悔するわよ」チラッ

由飛「(玲愛ちゃん……)」

キョン「俺……アイツのとこに行ってきます」ダッ

カランカラーン



玲愛「がんばれ……男の子」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 01:17:03.21 ID:fMO1K5RXO

仁「いやぁ…、花鳥のおせっかいもここまで来ると侮れねぇな」

明日香「でも、説得力あったよね」

仁「そりゃ…アイツ自分のこと棚に上げて………」

花鳥「高村ァァ………!!
何、勝手なことばっかり言ってんのよぉ…!」

仁「ヒィィィィ……!?」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 01:20:42.72 ID:fMO1K5RXO

…………
………
……

かすり「とにかくあの子たち上手くいくといいねー」

仁「そうですねー……?」

恵麻「仁くん、どうかした?」

仁「いや、なんでも。
(さっきから何か忘れてるような…まぁ、いいか)」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 01:23:44.85 ID:fMO1K5RXO

カランカラーン

瑞奈「すいませーん、うちの玲愛来てませんかー?」

仁「あ、川端さん。
来てますよ、ついでに板橋店長も」

瑞奈「あのー、それはそうと…」

仁「…………?」

瑞奈「お客さん、さっきからすっごい待ってるみたいなんですけどいいんですか?」

全員「……………!!」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 01:26:43.36 ID:fMO1K5RXO

仁「って、うわぁぁぁっ!!!
(これかーっ!!さっきから引っ掛かってたのは!)」

明日香「あーっ!!
す、すいませんお客様!
ただ今伺います!!」

恵麻「きゃーっ!!
オーブンほったからしだったわ!!」

かすり「わわっ…!
今すぐご注文お伺いたしまーす!!」

由飛「すいませーん!!
今からお持ちいたしますー!!」

玲愛「あたしとしたことが…!!
ごめん、瑞奈! すぐ戻るわ!!」

板橋「ははっ、皆大変だなー」

玲愛「店長も来るんです!!」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 01:29:56.17 ID:fMO1K5RXO

…………
………
……

〜駅前・噴水〜

キョン「………ハァッハァッ
(ハルヒの奴…一体どこに)」

キョン「(今の俺なら迷わず口にできるはずだ)」

キョン「(くそっ!
どこに居るんだよっ!!)

キョン「………!!
(あっ、あそこのベンチ…)」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 02:07:21.96 ID:fMO1K5RXO

…………
………
……

キョン「ハアッ…ハアッ……よっ!」

ハルヒ「何よ……今更」

キョン「いや、たまたま目に入ったもんで」

ハルヒ「…………フンッ
すぐに追ってこないで、どうせあの喫茶店でデレデレしてんたんでしょ!?」

キョン「…………ハルヒ」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 02:11:31.86 ID:fMO1K5RXO

ハルヒ「な、なによ…!?
こんな時間まで放っておいて…あ、あたし…なんてどうでも…いいんでしょ…!?」グスッ

キョン「いや、俺は……」

ハルヒ「うるさいっ!
何にも聞きたくない…聞きたくないよぉ……グスッ
あたしばっかり楽しみで、あたしばっかりドキドキしてバカみたいじゃない…グスッ。
…すっごく……グスッ…惨めじゃない…グスッ」

キョン「…………きだ」

ハルヒ「…………え」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 02:15:38.85 ID:fMO1K5RXO

キョン「………好きだっ、好きだ、好きだ!!」

ハルヒ「……ちょっと、何それ…意味わかんない」

キョン「…………俺は…、お前が好きだ」

ハルヒ「何よ、それ……。
同情…? これ以上あたしを惨めにして、どうしたいっていうのよ!」

キョン「同情なんかじゃない!!
俺、とある人に言われて気付いたんだ…自分の本当の気持ちって奴に」

ハルヒ「………嘘よっ!
そんなの信じられない!」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 02:19:44.83 ID:fMO1K5RXO

キョン「…………嘘なんかじゃない!!」

スッ

ハルヒ「………………!!
(えっ……あたし今…、キス…してる……?)

ハルヒ「ちょっ……いきなり何を……」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 02:23:38.15 ID:fMO1K5RXO

キョン「人から言われるまで全然気付かなかったけど……いんや、どこか意地張ってたのかもかもな。
気付かない振りをしていただけかもしれない。
お前のことをな…可愛いって、そう思ってる自分が居たんだ。

キョン「それに気付いたら、止まんなくなった。
何にも考えずに飛び出して…、お前を探してた」

ハルヒ「…………グスッ……最低」

キョン「そうかもな。
でも…、そんな最低な俺だけど…、もう一度チャンスをくれないか?」

ハルヒ「…………なによ」

キョン「………俺の彼女になってくれ」

ハルヒ「………………」カァ

ハルヒ「………フンッ
考えといてあげるわ」グスッ

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 02:27:52.88 ID:fMO1K5RXO

…………
………
……

〜マンション・ベランダ〜

カチャッ

ジッ

仁「ふぅ………、不味っ」

玲愛「そんなに不味いなら吸うの辞めたらいいじゃない。
1日に1本だけっていっても身体によくないのは変わらないのよ」

仁「こっちにもいろいろ訳があんだよ。
(そう…、いろいろな)」

玲愛「ふーん…。」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 02:31:17.28 ID:fMO1K5RXO

玲愛「ねぇ…、今日の子のことなんだけど」

仁「…ん?」

玲愛「上手く…いったかな?」

仁「さあな。
ま、上手くいってるといいけどな」

玲愛「うん……」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 02:37:10.03 ID:fMO1K5RXO

仁・玲愛「………………」

仁「花鳥」

玲愛「……なに?」

仁「由飛と……仲直りしとけよ」

玲愛「…………うん」

仁「そうそう、素直が一番。
誰かさんみたいにいつまでもウジウジしてても仕方がないしな!」

玲愛「…なっ! ちょっ――」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 02:41:14.69 ID:fMO1K5RXO

仁「んじゃ、お休みー
素直になれよ、ウジウジ!」

ガラガラ

玲愛「高村ァァァ!!
人が殊勝にしてれば好き放題言ってくれて……!」







トントントントントントン

玲愛「高村っ!!!
早くここを開けなさいっ!!
今ならまだ優しくしてあげるから!!」

仁「げっ、こっちまで来やがった……」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 07:33:06.48 ID:fMO1K5RXO

…………
………
……

明日香「いらっしゃませー…あ、こないだの」

キョン「先日はどうも」

ハルヒ「…………」ギュッ

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 07:36:09.54 ID:fMO1K5RXO

…………
………
……

仁「へぇ…じゃあ、付き合うことになったんだ」

キョン「ええ、おかげさまで」

かすり「ふふん、別れたらこんな可愛い彼女一生できないかもよ〜
だから、ずっとその手離しちゃダメだぞ」

キョン「はいっ、そのつもりです」ギュッ

ハルヒ「………………」カァ

キョン「あ、それとこれ…この前のお代……」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 07:43:51.50 ID:fMO1K5RXO

…………
………
……

キョン「ほらっ、ケーキも美味いだろ、ココ」

ハルヒ「うん。
美味しいわ」

キョン「だろ?
やっぱり今度は朝比奈さんたちも……」

ハルヒ「ダーメ。
……次もあたしと二人きりなの」

キョン「…………お、おう」カァ

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 07:47:49.95 ID:fMO1K5RXO

仁「上手くいったみたいでよかったな」

由飛「そうだねぇ…ん?」

仁「どうかしたか?」

由飛「いやぁ、差し詰わたしって、あの二人にとって恋のキューピッドなのかなぁ〜って!」

仁「調子に乗るな。
バカもの」ゲシッ

由飛「いった〜い!
だから、店長チョップは辞めてってばぁ」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 07:56:06.01 ID:fMO1K5RXO

…………
………
……

カランカラーン

明日香「ありがとうございましたー」

キョン「ごちそうさまでした。
また、…………二人で来ます」ギュッ

ハルヒ「……………」

仁「うん、待ってるよ」

キョン「………ハルヒ、行こっか
花鳥さんにもお礼言わないと」

ハルヒ「…………うん」

仁「…………!!」フリフリ



里伽子「仁………?」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 07:59:00.15 ID:fMO1K5RXO

仁「あ、里伽子。
いらっしゃい」

里伽子「あの子たち…誰?」

仁「うーん……、新しい常連様…かな?」

里伽子「ふーん」

仁「あ、そうそう。
今度のクリスマス商戦のことなんだけど……」

仁「だから、1日に姉さんちに集まってさ…そう、作戦会議」

仁「頼む! お前の力が必要なんだよ、里伽子ぉ!!」

里伽子「もう、しょうがないなぁ、仁は」



〜Fin〜

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/11(水) 08:09:34.00 ID:fMO1K5RXO

ここまでお付き合いいただきありがとうございました
こんな駄文ですが、少しでも楽しんでいただけたのなら幸いです

客視点からのパルフェを書いてみたかたったので、分かりやすい様にハルヒとキョンを持ってきたのですが不評みたいで
まあ、そういう自分もパルフェのキャラを書いてる方が楽しかった訳ですが

あんまり活躍させられなかったキャラが居たのが心残りです
特に明日香ちゃんとか


ともかく、いつかまた機会があればよろしくお願いします
ありがとうございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:夕張「できましたよ提督! 天才艦娘建造ドックです!」