古泉「メリークリトリス!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒ‥俺、朝比奈さんのこと」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 17:17:28.26 ID:C6NMLw2K0

古泉宅

古泉「いやー、今日はクリスマスだというのに寂しいですねぇ」

古泉「皆さんは今なにをやっているのでしょうか…」

古泉「ちょっとメールでも送ってみましょうか」

かちかち

ぴりりりり。ぴりりり

きょん「ハルヒ!朝比奈さんをおもちゃにするのはよせっ!クリスマスだからって調子に乗りすぎだおまえ!」

ハルヒ「うるさいわね!あたしがなにしてようと勝手でしょ!?」

キョン「おまえな…ってなんだ?携帯が…」ぱこっ

キョン「古泉からメールか…」

ぴっ

「メリークリトリス!」

キョン「……」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 17:21:26.72 ID:C6NMLw2K0

みくる「キョンくんケーキ切れましたよー!」

キョン「あ、はい。いいや…無視するか…」


古泉「あれ…返信がきませんねえ…今忙しいんでしょうか?」

古泉「一応もう一回送っておきますか」

かちかち

ぴりりりり!ぴりりり!

キョン「今度は誰だ…」ぱこっ

「メリークリトリス!」

キョン「……」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 17:25:24.33 ID:C6NMLw2K0

キョン「これは突っ込むべきなのか…」

ハルヒ「キョンあんたケーキ食べないの?もらうわよ」

キョン「食わないとは言ってないだろう」

ぴりりりり!ぴりりり!

「メリークリトリス!」

キョン「…」

ハルヒ「さっきからなに携帯いじってんのよ」

キョン「おわっ!おまえはみるんじゃない!」

ハルヒ「はぁ?」

キョン「うるさいしとりあえず返信しておくか…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 17:29:13.12 ID:C6NMLw2K0

古泉「返信がきませんねぇ…」

ぴりりり!ぴりりり!

古泉「おっ、きましたね!」

「メリークリトリス!←これを10回くらい声にだして読んでみろ」

古泉「…なにを言っているのでしょうか…?」

古泉「メリークリトリスメリークリトリス…ってあああ!!」

古泉「これはまずいですねぇ…僕のイメージが…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 17:32:23.09 ID:C6NMLw2K0

ぴりりり!ぴりりり!

キョン「ん」ぱこっ

「すいません。予測変換でした。困った携帯ですね^^」

キョン「…」

ハルヒ「ちょっと有希!ケーキ一人で食べすぎよ!!」

長門「…」

みくる「みんなでクリスマスっていいですねぇ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 17:37:34.34 ID:C6NMLw2K0

ぴりりりりり!ぴりりりり!

「いえ、普段僕はこんな言葉は使っていませんよ?勘違いしないで欲しいですね」

キョン(返信してないのに勝手に言い訳始めたぞコイツ…)

ぴりりり!ぴりりり!

「今、お暇ですか?」

キョン「…」ぴっぴっ

「悪いが今暇じゃないんだが」

ぴりりり!ぴりりり!

「わかりました。ではそちらに向かわせて頂きます」

キョン「…今から古泉くるってよ」

ハルヒ「えっ?そうなの?まあいいんじゃない?」

みくる「古泉くんもくるんですかあ!これで全員お揃いですね!」

長門「…」

キョン「はあ…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 17:42:51.48 ID:C6NMLw2K0

古泉「やあ。皆さんお揃いで」

ハルヒ「あ、古泉くんメリークリスマス!」

みくる「メリークリスマスですぅ」

古泉「ははっ。皆さんメリークリトリス!」

キョン「ぶふっ!!」びしゃー!!


ハルヒ「えっ…」

みくる「……」

長門「…」


古泉「……あ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 17:47:00.78 ID:C6NMLw2K0


古泉「い、いえ!違いますよ今のは!?携帯の予測変換が勝手に…!!」

キョン「…」

ハルヒ「…」

みくる「…」

長門「…」すたすた

キョン「あ、長門帰るのか?」

長門「…」こく

ばたん

ハルヒ「あ、じゃ、あたしも帰るわ!用事あったし!」

みくる「じゃ、じゃあ!わたしも」

ばたん


キョン「……」

古泉「ははっ…」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 17:50:36.09 ID:C6NMLw2K0

古泉「えーっと…」

キョン「……」

古泉「ははっ!じゃ、僕も帰りますか」

キョン「……」

古泉「じゃ、良いお年を!!」

ばたん


キョン妹「きょんくんメリークリトリス!!」

キョン「……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 17:55:38.86 ID:C6NMLw2K0

古泉宅

古泉「いやぁ…ついに新作を買ってしまいましたよ…オナホール…」

古泉「ま、今年は頑張ったので自分へのご褒美に!ってことで…」

古泉「では早速…うっ…」ぬる…

じゅぽっじゅぽっ

古泉「はぁっはぁっ!!」


古泉「ふんもっふ!!!」どぴゅっ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 17:59:43.63 ID:C6NMLw2K0

お正月

キョン「古泉の野郎…クリスマスのこと忘れないぞ…」

ぴっぴっ

ぴりりり!ぴりりり!


古泉「はぁっはぁっ!!」しこしこしこ

古泉「行きますよ!!新年の一発!!」

古泉「うっ…!!」どぷっ

ぴりりり!ぴりりり!

古泉「おや、あの方からのようですね」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 18:04:01.18 ID:C6NMLw2K0

「クリスマスのことはもう忘れてやるからどこかで埋め合わせしろ」

古泉「ほう…では僕の機関が経営している温泉にでもいきましょうか」

「お前と二人でじゃないからな。皆でだぞ」

古泉「ははっ…了解しました」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 18:07:13.52 ID:C6NMLw2K0

そして当日

キョン「よおハルヒ」

ハルヒ「古泉くんまだきてないの?」

キョン「ああ、そうらしいな。ここで待ってろと自分でいったくせになんなんだあいつは…」

みくる「すみませーんお待たせしましたー」

キョン「おはようございます朝比奈さん」

長門「…」

キョン「長門も来たか。後は古泉だけだな」

・・・・・・・・・・・

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 18:12:45.70 ID:C6NMLw2K0

キョン「遅いなあいつ…」

ハルヒ「本当にここって言ったの?」

キョン「そのはずだが…」

みくる「でも古泉くんのことだから…」

長門「…」

ぷっぷー!

キョン「…!」

「お乗りください。」

ハルヒ「タクシー?随分と贅沢じゃない」

キョン「いや、呼んだ覚えはないが…」

みくる「きっと古泉くんじゃないでしょうか?」

ハルヒ「そうかもね。乗ってって言われたし一応乗ってみようじゃない」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 18:17:36.01 ID:C6NMLw2K0

ばたん!

ぶろろろろろ…

ハルヒ「…動きだし始めたわね。どこに向かってるのかしら」

キョン「知らん」

みくる「な、なんか怖いですぅ…」


運転手「……」(ははっ、皆さん運転しているのが僕だとは気づいていないようですね…!)

長門「…」(助手席)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 18:24:08.37 ID:C6NMLw2K0

ぶろろろろ

ハルヒ「それで温泉はどこにあるの?」

キョン「確か古泉の話じゃ東北の方だとか言ってたが…」

みくる「と、遠いぃですう…」

ハルヒ「なにそれ!どれだけ時間かかるのよ!」

キョン「5時間で済めばいい方じゃないか?」

ハルヒ「なによそれ!古泉くんは今なにやってるのよ…!」

運転手(古泉)(うわぁ…僕の麗しの長門さんが助手席に…)

ベクトル↑

古泉(まずいですね…オナニーしたくなってきました…)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 18:31:02.65 ID:C6NMLw2K0

ぶろろろろろろ

古泉(ふふっこんなこともあろうかとオナホールはばっちり持ってきたんですよね!)

ごそごそ

長門「…」

古泉(しかも今回は機関が開発した新型オナホール。スーパー粘着吸引オナホール!)

ごそごそ

長門「…」

古泉(ここで試しに使ってみますか…!)

ごそごそ

長門「…」

古泉(装着!!)ぬるん!

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 18:35:21.55 ID:C6NMLw2K0

ぶろろろろ

古泉「うわぁ…これはすごすぎますよ…」きゅうう

古泉「はぁっはぁっ…もう息が…切れて…」

がたがた

キョン「…あの、朝比奈さん」

みくる「はい?」

キョン「なんか車体揺れてません?」

みくる「え?」

がたがた

古泉「はぁっはぁっ…!」しこしこ

みくる「…」

キョン「…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 18:41:42.73 ID:C6NMLw2K0

キョン「なんか既視感が…」

みくる「…」

説明しよう!
古泉はこの間部室で長門の姿を見て欲情し、オナホールマニアである古泉は持参のオナホールでオナニーを始めたのであった!
しかし、キョンとみくるのフォローによりハルヒには気づかれるなく事態は終わったのであった!

キョン「いや、まさか古泉なわけないでしょう…」

みくる「で、ですよねー…流石に未成年ですし運転なんか…」

古泉「ふ、ふ、ふんもっふ!!!!」どぴゅっ!!


キョン・みくる「………」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 18:45:36.29 ID:C6NMLw2K0

ぶろろろろ…

キョン「あ、あ、あ、朝比奈さんっ!!」

みくる「きょ、きょきょ、キョンくんっ!!」

ハルヒ「なに?どうしたの皆」

キョン「い、いや…なんでもない」

ハルヒ「……?狭いんだからどたばたしないでよね」

キョン(ど、どうします?)

みくる(ど、どうって…どうしようも…!)

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 18:52:32.85 ID:C6NMLw2K0

キョン(こ、こいつマジでなに考えてやがる!!)

みくる(あうー匂いがぁ…)

くんくん

ハルヒ「…なんか臭いんだけど…」

古泉「ふんもっふ!!」どぴゅっどぴゅっ

キョン「そ、そうか?」

みくる「匂いなんてしますかー?」

ハルヒ「するわよ!臭いなんてもんじゃないわ!」

キョン(車内だから誤魔化しきれないか…)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 18:55:20.57 ID:C6NMLw2K0

キョン「す、すまん…!多分俺の持ってきたするめいかが…」

ハルヒ「じゃ窓から捨てるからだしなさいよ!」

キョン「す、すまん。今捨てたんだ…」

ハルヒ「じゃあなんで匂いするのよ!」

みくる「ふえええ…」

ハルヒ「もう我慢できないわ!こんな車に乗せた古泉くんに文句言わなきゃ!」

キョン「な、ちょっと待て!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/07(土) 19:04:33.35 ID:C6NMLw2K0

キョン「待てハルヒ!」

ハルヒ「うるさいわね!」

ぷるるるる。ぷるるるる…

キョン(古泉…!!出るなよ!!絶対出るなよ!?)

みくる(古泉くん…!今だけでいいからそれに夢中になってて!!)


ぴりりりり!ぴりりり!

古泉「ふう…おや?」

古泉「携帯が鳴ってますね。」

キョン(出るな!!)

ぴっ


古泉「はい古泉です」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 23:10:56.70 ID:C6NMLw2K0

ごめんなさい。すっかり冷めてしまいますた



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「――――さあ、零崎を始めよう」