橘「特売品一人一個なので付き合ってください」キョン妹「うん」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「眼窩姦したいわね。佐々木さんとかどう?」

ツイート

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 00:01:28.07 ID:N8POZloE0

妹「トップスのチョコレートケーキがいいな」

橘「ぶちころすぞ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 19:14:06.71 ID:N8POZloE0

キョン「オイ待て」

橘「なんですかキョンさん、居たのですか」

キョン「どこに行くつもりだ」

橘「隣町ですけど」

キョン「じゃあ電車使うよな」

橘「もちろんなのです!」

キョン「…………」

〜〜〜〜〜ホワンホワン〜〜〜〜〜〜
妹「京子ちゃんここどこ?」

橘「あれえ?」

不審者「フヒ、お嬢ちゃん達、飴いるかい?」

妹・橘「いるー♪」

不審者「お菓子屋さんに連れてってあげるよフヒ」

妹・橘「いくー♪」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キョン「……俺も行く」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 20:17:57.61 ID:N8POZloE0

橘「え、し、仕方ないですね、じゃあ一緒にいくのです」

キョン「うむ…で、お目当ての品は何なんだ?」

橘「ティッシュペーパーなのです!240円のティッシュが、なな、なんと!199円で…

キョン「待て」

橘「なんですか」

キョン「それ…得なのか…?」

橘「え?だって240円が199え…

キョン「電車で行くなら切符も買うんだろ」

橘「……」

キョン「40円浮かせるために切符買うのか?」

橘「……41円なのです…」

キョン「同じだ」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 20:24:52.70 ID:N8POZloE0

妹「おっ買いもの♪おっ買いもの♪」

橘「…あ…う…」

キョン「やれやれ…ほれ、行こうぜ」

橘「え?」

キョン「このチラシを見ろ…ティッシュなら近所のスーパーで229円で買える…」

キョン「あいつに説明してやれ…少しはお前の顔も立つだろ?」

橘「きょんさん…!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 20:26:14.49 ID:N8POZloE0

おし まい

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 20:53:06.63 ID:N8POZloE0

妹「得したね!!」

橘「そ、そうなのです!出来る女はとわ私のことなのです!!」

キョン「はーはーは、大した奴だよ…」

橘「ところでキョンさん何買ったですか?」

キョン「昼飯の材料だ。今日俺達だけだからな」

橘「材料?キョンさん料理できるのですか?」

キョン「簡単なものならな」

橘「私もできるですよ!卵焼きとか目玉焼きとか!あとおにぎり!」

キョン「卵だけじゃねーか…正直お前には火も包丁も触らせたくないな…」

橘「どういう意味ですか!!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 21:00:50.17 ID:N8POZloE0

キョン家

キョン「さて、おっぱじめるかな」

橘「……」モジモジ…

キョン「ん?どうかしたか?」

橘「あのう…私、そろそろ帰るのです…」モジモジ

キョン「何か用事でもあるのか?」

橘「え…と、特にないですけど…」モジモジ

キョン「ああん?じゃあ喰ってけよ」

橘「え?いいのですか?」

キョン「材料は三人分買っちまったしな…もしかして遠慮してるのか?」

橘「え、あ、そ、そういうわけでは……じゃ、じゃあ頂くのです!」

キョン「折角だから作り方覚えてけ」

橘「はいなのです!!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 21:07:53.57 ID:N8POZloE0

橘「〜♪」ニコニコ

キョン「御機嫌だな」

橘「そ、そんなこと無いのです!」

キョン「そうか?…まあいいか、まずは材料の確認だ」

橘「はいっ!!」

キョン「これから作るのは茄子とトマトのスパゲティーだ」

キョン「まず茄子、細い物を選んだ…三人分なら3本もありゃ十分だろうな」

キョン「トマトピューレだ。一缶で足りる」

キョン「そしてトマト。2個でいい」

キョン「あとは家にある調味料でいいだろう」

キョン「

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 21:13:45.64 ID:N8POZloE0

キョン「最初に茄子を輪切りにする…厚さは1pくらいがいいな…」

橘「秋茄子は姑に食わせろ…ですね?」

キョン「そういうブラックなジョークはよせ…」

キョン「で、輪切りにした茄子の表面に塩を振る…」

橘「味付けですか?」

キョン「それもある…だが目的は水分を抜くためだ」

キョン「竹ざるの上に並べて、キッチンペーパーを被せる…暫くすればタオルが水分を吸ってくれるって寸法だ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 21:21:55.98 ID:N8POZloE0

キョン「じゃあ水を抜く間に次行くぞ」

キョン「トマトピューレを鍋に移して熱を加えながら味付けだ」

キョン「ケチャップと胡椒、あとはコンソメでも入れとけ」

橘「大雑把ですね…」

キョン「簡単なって言ったろ?あ、塩はいらないぞ、茄子に付いてるからな」

キョン「橘、味見してみろ」

橘「ちょっと薄いかもなのです…」

キョン「そのくらいがいいんだ…トマト切ってくれるか?」

橘「はい…どうやって切ればいいですか?」

キョン「適当に切っていいぞ。どうせ少し煮るから」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 21:26:30.63 ID:N8POZloE0

橘「ううう…キョンさ〜ん、少し潰れちゃいました…」

キョン「だから適当でいいんだって…うん、煮詰まってきたな」

キョン「橘、茄子の具合はどうだ?」

橘「水分が抜けてヘタってるのです!」

キョン「頃合いか…茄子投入!!」

橘「茄子投入!!」

キョン「後は弱火でクタクタやればいいか…」

橘「このトマトどうするですか?」

キョン「あとあと」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 21:33:06.67 ID:N8POZloE0

キョン「スパを茹でるぜ!!」ビシッ

橘「茹でるのです!!」バシッ

キョン「スパを茹でたぜ!!」バン!

橘「茹でたのです!!」ドン!

キョン「あとはもう簡単だ、さっきのフライパンに入れて絡めるだけ」

橘「だからこのトマトどうするですか!!」

キョン「そうだった、ソースと絡んだら入れればいい」

橘「ほいさ」ポトポト

キョン「あとはトマトが熱を帯びたら完成」

橘「できたのです!!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 21:41:53.63 ID:N8POZloE0

キョン「橘、お前にはデザート作りを命じる」

橘「えっ?…無理なのです…」

キョン「異常に簡単なヨーグルトの作り方を授けてやる」

橘「そ…そんなことができるのですか!?」

キョン「そこに器に入った牛乳とレモン汁があるだろう」

橘「ややっ…いつの間に…」

キョン「まぜろ」

橘「割合はどのくらいで…」

キョン「割合?考えたことも無い…牛乳に入れるのだ」

橘「…う〜…ややっ!キョンさん!牛乳がドロドロになったのです!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 21:44:55.23 ID:N8POZloE0

キョン「はい完成。あとは好みで砂糖でも入れとけ」

橘「不思議なのです…味もヨーグルトっぽい…」

キョン「もう妹呼んでいいぞ、お昼にしよう」

橘「はいなのです!!お〜い!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 21:55:19.71 ID:N8POZloE0

キョン「どうだ?」

橘「美味しいのです!薄味をトマトの酸味が補っているのです!」

キョン「そいつは良かった」

妹「京子ちゃんのヨーグルトもおいしいよ」

橘「えへへ…」

妹「ねえこのあとどうする?」

キョン「俺は昼寝でも…」

橘「みんなでお出かけしたいのです!ねぇキョンさん行きましょうよ〜」

キョン「やれやれ…しかたねえな…」

妹「わーい!」

おし まい

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/26(月) 22:05:54.73 ID:N8POZloE0

オチがでてこなかったぜ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ねえみくるちゃん」