キョン「ハルヒになってる…?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョンと付き合って涼宮さんの出方を見るよ」

ツイート

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:06:06.87 ID:feiKycjSO

キョン「朝比奈さんのせいで霞んじゃいるがおっぱい大きいな……」

キョン「全裸になってみたりしてだな」

キョン「ハッハッハ、あー、あー」

キョン「声が高くていまいち慣れん」

キョン「鏡、鏡と」

キョン「こ、これはすごい……んじゃないか?」

キョン「……いえーい」

キョン「……う、美しい体だ……!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:08:54.05 ID:feiKycjSO

キョン「これは……」

キョン「なかなか……」

キョン「……あっはーん?」

キョン「違うな、何かが違う」

キョン「……にひっ」

キョン「!」キュンッ

キョン「お、おお!、可愛い! まるでハルヒじゃないみたいじゃないか!」

キョン「あいつは随分と自分を無駄にしていたんだな……」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:11:24.18 ID:feiKycjSO

キョン「……ヤバい、息子が勃っt」

キョン「……息子がいないのか」

キョン「き、気分がモヤモヤする!! しかし解決方法がわからんっ!!」

キョン「うおおおおお!!」

キョン「ふぅ……」

キョン「まず服を着るかな……っと」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:14:06.48 ID:feiKycjSO

キョン「……ん?」

キョン「……どこだ」

キョン「どこにある?」

キョン「ブラジャーとおパンティをどこに仕舞っているんだあいつは……」

キョン「……無いじゃないか!」

キョン「ないぞ!?」

キョン「わからん、全然わからん」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:25:21.08 ID:feiKycjSO

ハルヒ母「ハルヒ、あなたいつまで寝て……」ガチャ

キョン「ひっ」

ハルヒ母「なんで全裸なのよ」

キョン「し、下着がどこにあるのか……」

ハルヒ母「寝ぼけてるの? 下着はベッドの下、早く着替えて下りてらっしゃい」

キョン「は、ハーイ」

ハルヒ母「…………」パタン


キョン「おぉー、パンツがいっぱいだ!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:31:23.14 ID:feiKycjSO

キョン「これをハルヒが毎日……」

キョン「黒だと!? けしからん!!」

キョン「む、紫とかあいつは馬鹿か!!」

キョン「やっぱり白だろ白、基本だろコレが」

キョン「……うーん、映えん」

キョン「まあいいか」

キョン「……ブラってどうやってつけるんだこれ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:35:56.77 ID:feiKycjSO

キョン「なんかAVとかじゃこう、背中に腕を回して……」

キョン「!、ん!?」

キョン「柔らかい、柔らかいぞ!」

キョン「関節がスゴい柔らかい!!」

キョン「おお、背中で合掌できるじゃないか!?」

キョン「脚もスゴいしなやかだ……」

キョン「フンッフンッ!!」ヒュッヒュッ

キョン「体が軽ーい!!」ピョンッピョンッ

キョン「これは暴れたくなる訳だ……ふむ」

キョン「さて、ブラ付けるか……」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:40:57.56 ID:feiKycjSO

キョン「ブラがキツいな……くそ」

キョン「本当にサイズ合ってんのか?これ」

キョン「……まあいい、制服〜っと」

キョン「なんか女装してる気分だな、はは」

キョン「おお、可愛い可愛い、俺可愛いなー……」

キョン「寝癖とかどうするか、女の髪のセットなんてわからないしな」ポリポリ

キョン「……」

キョン「おかーさーん!」トタトタトタトタ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:45:48.97 ID:feiKycjSO

ハルヒ母「?」

キョン「おかーさん?」

ハルヒ母「おかーさん?」

キョン「ま、ママ!」

ハルヒ母「フフ、なあに?」

キョン「寝癖治してくれないかしら?」

ハルヒ母「……」

ハルヒ母「いいわよ」ニコッ

キョン(……ハルヒ母に興奮してきた)

ハルヒ母「あなたの髪をいじるのも久しぶりね」

キョン「そ、そうね!」

ハルヒ母「……」

ハルヒ母「ハイッ、出来た」

キョン「あ……」

ハルヒ母「あら、なあに? 不服かしら?」
キョン「ポニーテールで宜しくお願いします」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:51:00.89 ID:feiKycjSO

キョン「う……わ」

ハルヒ母「フフ、今日も例の彼と何かあるの?」

キョン(俺は今絶世の美女のような気がする!!)

キョン「……はぇ?」

ハルヒ母「まあいいわ、早くご飯食べて学校行きなさい」

キョン「今日ご飯いらないっ!」

ハルヒ母「え?」

キョン「行ってきまーす!」

ハルヒ母「……ふふっ」

ハルヒ母「変なのー」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:55:15.41 ID:feiKycjSO

キョン「体がっ!」ピョンッピョンッ

キョン「軽いぜっ!」ピョンッピョンッ

キョン「ひょーう!」スッタカター

女生徒「クスクス」

キョン「あ……」

キョン「まあいいか、どうせハルヒだ」

キョン「はっはー!」ピョンッピョンッ

キョン「今なら誰にも負ける気がしないーっひょう!!」ピョンッピョンッピョンッピョンッ


古泉「」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:59:56.66 ID:feiKycjSO

キョン「ハァッ、ハァッ、腹減った……」

キョン「こいつの体燃費悪すぎだろ……」グュルルルル

キョン「お、谷口おっす」

谷口「WAWA!?」

キョン「んあ?」

谷口「な、なんだ涼宮!」

キョン「いや、だからオスって……あ」

谷口「あ、ああ、おっす」

キョン「忘れろ谷口!」

谷口「はぁ!?」

キョン「うっかりうっかりだな、ハハハ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 22:05:54.27 ID:feiKycjSO

キョン「えーっとあいつの下駄箱はーっと……」

キョン「ん?」

キョン「コレってラブレターじゃないか?」

キョン「うわー……顔は良いからな、こいつ」ムニムニ


女生徒「見て、涼宮さんが変な顔してるー」

女生徒「クスクス」


キョン「……変な注目度がある」

キョン「嫌われてる訳ではないが……」

キョン「だからと言って好かれているという訳でも……」

国木田「〜♪」シャカシャカ
キョン「あ、よう国木田!」
国木田「っ!? え?え?」
キョン「あ」

国木田「お、おはよう、涼宮さん」

キョン「……うん、おはよっ」

53 名前:ご飯食べる[] 投稿日:2009/10/22(木) 22:11:29.74 ID:feiKycjSO

キョン「……今気が付いたが俺ならこいつの好感度をうなぎ登りにさせる事ができるんじゃないか!」

キョン「あいつも友達が欲しかろう……」

キョン「よーしここは俺が一肌脱い」

男子学生A「オイ涼宮ァ」クッチャクッチャ

男子学生B「ツラぁ貸せや……」

男子学生C「ヒヒッ!」


キョン「……」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 22:12:56.06 ID:feiKycjSO

ハルヒサイドも書くよ

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 22:26:50.63 ID:feiKycjSO

男子学生A「ぐ……」

男子学生B「カヒッ…ヒューッ…カヒッ」

男子学生C「」


キョン「強い、強いぞハルヒ!」

キョン「一方的ッッッ!!」

キョン「圧倒的ッッッ!!」

キョン「正に無敵ッッッ!!」


朝比奈「」


キョン「でもやっぱりハルヒは嫌われてる奴には嫌われてるんだな……気をつけなくては」

キョン「教室いこーっと」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 22:30:37.75 ID:feiKycjSO

キョン「はよーっす」

阪中「おはようなのねー」

キョン「おう」

阪中「……?」

キョン「ふぅー、さてと……一限は現国か、ふむ」

キョン「腹減ったな……くそう」グュルリュリョリョリョリュー

キョン「……おやすみなさい」

キョン「zzz」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 22:34:04.72 ID:feiKycjSO

ハルヒ「zzz、zzん……むふーぁ」

ハルヒ「んー……〜っ!と」

ハルヒ「……」ポリポリ

ハルヒ「……ぁふっ」

ハルヒ「……」ポリポリ

ダダダダダダダ

キョン妹「キョン君朝ー!!」ガチャ!!

ハルヒ「ひぇっ!?」

キョン妹「とおっ」ピョンッ

ハルヒ「きゃあぁぁぁぁぁ!?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 22:37:54.29 ID:feiKycjSO

ハルヒ「え!? 妹ちゃん!?」

キョン妹「なーにー?」

ハルヒ「な、なんで」

キョン妹「朝ご飯だよ!」

ハルヒ「あ、うん……」

キョン妹「早く来てねー!」

ハルヒ「……うん、ん!?」

ハルヒ「キョンの部屋じゃない!?」

ハルヒ「ん!?ん!?」

ハルヒ「き、記憶が……ていうかあいつはどこ居んのよ」

ハルヒ「あ゛? あー、あー……なんか喉が変だわ……声も枯れてるし風邪ひい……」

ハルヒ「……あたし背伸びた?」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 22:41:42.56 ID:feiKycjSO

ハルヒ「あ゛ー……なんか変だわ」

ハルヒ「洗面所借りて顔でも洗って……」

キョン母「あら、やっと起きてきたわね」

ハルヒ「あ、すいませんお母様、さ、昨晩お邪魔しちゃったみたいで……」

キョン母「何言ってんのよ、早くキョンもご飯食べて学校行きなさい!」

ハルヒ「は、はあ……いや、私涼宮ハルヒで」

キョン母「朝から馬鹿な事言ってんじゃないの!ほらほら!」

ハルヒ「わっ、わっ!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 22:50:21.45 ID:feiKycjSO

キョン母「ほら、さっさとそのボケた顔洗ってらっしゃい!」

ハルヒ「は、はい」




ハルヒ「…………ん!?」

ハルヒ「ん!?ん!?」ペチペチペチペチ

ハルヒ「何これ!?」むいーん

ハルヒ「あたしキョンになっちゃったわ!」

ハルヒ「夢かしら!? うん、夢ね!!」

ハルヒ「よし、こうなったら今日は楽しむわよ!!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 22:53:33.60 ID:feiKycjSO

ハルヒ「おはよー妹ちゃん!」

キョン妹「おはよー!」

キョン妹「?、キョンくんおまた膨らんでるよ?」

ハルヒ「へ?」

ハルヒ「きゃぁぁぁ!? な、何よコレ!!」

ハルヒ「こ、このっ!直れ!!」ガスッ

ハルヒ「〜〜っ…!……っ!……〜っ!?」


キョン母「……あんた何してるのよ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:05:07.64 ID:feiKycjSO

ハルヒ「こ……これが金的……っく」

キョン母「馬鹿やってないでさっさと学校行きなさいよー、あたしももう出るから」

キョン妹「行ってらっしゃーい!」

ハルヒ「い、行ってらっしゃい」

キョン妹「じゃあキョンくん、わたしも行ってくるね!」

ハルヒ「いってらしゃい〜」ヒラヒラ


ハルヒ「復活!」

ハルヒ「さて、と……」

ハルヒ「……何しようかしら?」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:11:34.67 ID:feiKycjSO

ハルヒ「……」モグモグ

ハルヒ「……お皿洗っておいた方がいいわよね……なんとなく」

ハルヒ「〜♪」カチャカチャ

ハルヒ「ふー、キョンの部屋行こっと」




ハルヒ「……ちょっと散らかってるわ、全く」

ハルヒ「あの馬鹿は自分の身の回りの世話も……」ブツブツ

一時間後

ハルヒ「何あたしは夢の中で掃除してんのよ!?」

ハルヒ「危なかったわ……リアルすぎてもう現実かと……」

ハルヒ「ていうかこれだけリアルなら夢ももう現実よ、現実ももう夢みたいなもんよ!」


ハルヒ「キョンのエロ本探ししよーっと」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:15:55.73 ID:feiKycjSO

ハルヒ「……無い」

ハルヒ「有り得ないわ!」

ハルヒ「……やっぱりあれかしら、夢だからあたしが知らない事までは想像出来ないのかしら」

ハルヒ「外行ってしたい事も無いし……」

ハルヒ「……ふぁー〜……っふ」

ゴトッ

ハルヒ「あ、携帯」

ハルヒ「……メールチェーック」パカ

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:21:04.68 ID:feiKycjSO

ハルヒ「古泉くん古泉くん古泉くん谷口古泉くん谷口谷口国木田国木田国木田古泉くん谷口国木田国木田谷口谷口古泉くん古泉くんみくるちゃん
みくるちゃん谷口みくるちゃん有希谷口古泉くん古泉くんみくるちゃん有希国木田国木田有希みくるちゃんみくるちゃん古泉くん古泉くん有希谷口国木田国木田谷口有希みくるちゃん
佐々木佐々木佐々木佐々木佐々木佐々木佐々木佐々木佐々木佐々木佐々木みくるちゃん古泉くん佐々木……」


ハルヒ「…………」

ハルヒ「…………」ムカッ

ハルヒ「……あたしもキョンとメールしよっかな」

90 名前:>>87女の彼氏に対する勝手なメールチェックは実は(ry[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:25:07.31 ID:feiKycjSO

ハルヒ「鏡、鏡」

ハルヒ「……」ジーッ

ハルヒ「……ハルヒ」

ハルヒ「アハハ」

ハルヒ「……涼宮キョン」

ハルヒ「ちょっと変だわ」

ハルヒ「あー、あー」

ハルヒ「ごほん……」

ハルヒ「ハルヒ、す、す」

ハルヒ「……ふぅーっ」

ハルヒ「散歩行こ」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:28:50.65 ID:feiKycjSO

キョン「zzzふがっ」

キョン「んむー……ん?」

キョン「もう昼飯か……ていうか俺は?」

キョン「国木田ー」

国木田「なに?」

キョン「キョンは?」

国木田「キョンなら休んだみたいだね、なんでだろ」

キョン「……ふーん」


谷口「おい、今日の涼宮おかしくないか?」

国木田「なんか親しみ深い雰囲気だよね、うん」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:35:13.00 ID:feiKycjSO

キョン「ぜーんーいーんーぶーしーつーにーしゅーうーごーうー!……っと」カチカチ

キョン「送信」ティロリロリン

キョン「さてと、購買で何か買ってくか」


キョン「おばちゃん、チョコチップメロンパンと野菜ジュース」

キョン「……な!? あいつ一文無しかよ!!」

キョン「高校生なのかこいつは……」

女生徒「はい、涼宮さんっ」

キョン「んぇ?」

女生徒「この前のお礼!」

キョン「あ? え?」

女生徒「いいからいいから!」

キョン「お、おお、ありがと」

女生徒「ねえ、良かったら一緒に食べない?」

キョン「……うん」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:41:28.00 ID:feiKycjSO

女生徒A「初めましてー」

女生徒B「わ〜生涼宮さんだぁ〜」

女生徒「これ、友達のAとBね!」

キョン「は、はじめましてー」

女生徒「あの時は痴漢から助けてくれて本当にありがと!」

キョン「え!?」

女生徒A「変態露出狂にソバットかますなんてさっすが涼宮さんだよねぇー!」

キョン「あは、は……」

女生徒B「わーほんとに可愛い〜ふわふわ〜」

キョン「ふひゃっ!?」

女生徒「じ、実は前から知り合いたいと思ってたんだけどさ! あの、えと」

女生徒A「あたしもあたしもー、メアド教えてー」

女生徒B「わ〜い、赤外線ーピッ」ティロリン

キョン「あ、どもー」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:45:01.01 ID:feiKycjSO

女生徒「じゃーねー!」
女生徒A「またメールするねー!」
女生徒B「ばいば〜い」フリフリ

キョン「じゃ、またー」フリフリ

キョン「……」フリフリ

キョン「……なんだあいつ、変な人気があるもんだな」

キョン「まあ俺がわざわざ世話するまでも無いって事か……」

キョン「うん、いい傾向じゃないか」

キョン「……部室だ部室!」スッタカ

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:49:31.75 ID:feiKycjSO

古泉「ええ、僕も今朝涼宮さんがぴょんぴょん跳ねながら登校する所を……」

朝比奈「わたしも涼宮さんが不良の人三人と『野良犬相手に表道具は用いぬ』、とか言って中庭で闘ってるの見ました〜!」
朝比奈「キョンくんは……」

古泉「どうやら今日は登校していないみたいですね……」

長門「……」ペラッ

キョン「おっはよー!みんな!」バタン!!

古泉「!」

朝比奈「!」

長門「……」

106 名前:お風呂入る[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:54:27.42 ID:feiKycjSO

キョン「実はみんなに聞いて欲しい事があるのよ」

古泉「おや、楽しみですね」

キョン「いい加減その嘘臭い笑いやめたら? 超能力者の古泉くん?」

古泉「」

朝比奈「そ、それで聞いて欲しい事っていうのは」

キョン「未来から来たあなたなら知ってるんじゃない? 未来人のみくるちゃん?」

朝比奈「」

キョン「宇宙人の有希もちょっと位反応したらどう? 異常事態じゃない?」

長門「…… …  …」ペラッペラペラッ、ペラッ

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 00:49:31.77 ID:1O76a6dyO

キョン「……っはっはっは!」

古泉「!?」

長門「……」

朝比奈「!!」

キョン「冗談だ、冗談」

朝比奈「ふぇー?」

古泉「ふむ、なるほど……どういう事ですか?」

キョン「さあな、俺にもさっぱりだ」

朝比奈「あ、キョンくんー!」

キョン「そうですよ朝比奈さん」

162 名前:良い風呂であった[保守どうも] 投稿日:2009/10/23(金) 00:54:26.07 ID:1O76a6dyO

キョン「朝起きたらこうだったんだ」

朝比奈「ふぇー、涼宮さんがキョンくんの口調で喋ってます」

古泉「やはり涼宮さんの力でしょうか」

キョン「さあな」

長門「情報統合思念体にも観測できていなかった」

キョン「すごい焦りようだったな」

長門「……不覚」

古泉「あなたの体はどこに?」

キョン「さあな、今朝から見てない、ついでにこの体の中身も見てない」

朝比奈「やっぱり涼宮さんがキョンくんの体に入ってるんでしょうかねぇ」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:00:38.44 ID:1O76a6dyO

キョン「ふっふっふ、それより見ろ古泉」

古泉「なんですか?」

キョン「この美しさを」

古泉「……あなたは一体何を、それは涼宮さんの体であってあなたが誇れるものでは」

キョン「まあ聞け、古泉」

古泉「なんですか」

キョン「確かにこの体はハルヒのだ、だがしかしハルヒではこの体の美しさを完璧に魅せこなしていない」

古泉「……」

キョン「しかしその点俺は完璧にこの肉体の美しさを把握し魅せこなしている……」

キョン「つまり、この体を一番巧く操れるのはこの俺だ!」バァァン

古泉「……」

朝比奈「ふぇー?」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:05:11.91 ID:1O76a6dyO

古泉「だから戻りたくないと?」

キョン「いやそういう事じゃない、正直ポニーテールを堪能できて満足だ」

朝比奈「なんか確かにいつもより可愛い雰囲気ですねぇ〜」

キョン「ハハッ、照れますね」

古泉「ジョークはほどほどにして、早急に元に戻る手段を模索しましょう」

キョン「どうやってだ?」

古泉「……が、頑張ってですよ」

キョン「な……あ、朝比奈さん」

朝比奈「頑張ってくださぁい」

キョン「……長門!」

長門「……頑張って」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:10:43.11 ID:1O76a6dyO

キョン「OMG」

古泉「今回ばかりはどうしようも……しかしこちらでもしもの為にあなたの体を探しておきます」

キョン「おい、もしもってなんだ、どういう事だオイ」

古泉「あははははははははは」

キョン「オイ、古泉おい、わらってんじゃねえ」

古泉「あなたの肉体が死体になっていた時の事を考慮してですね」

キョン「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

朝比奈「なんだか斬新な涼宮さんですぅ〜」

長門「安心していい」

キョン「長門……」

長門「あなたの肉体が死体になっている可能性は極めて低いと思われる」

キョン「そうか」

長門「恐らくあなたの肉体には涼宮ハルヒが入って居る……よって容易に接触を計るべきではない」

175 名前:↑容易じゃなくて不用意ね[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:15:44.60 ID:1O76a6dyO

キョン「そいつは何故だ」もぞもぞ

長門「涼宮ハルヒに安易に刺激を与えるのは危険、混乱を招く必要がある」

古泉「確かに」

キョン「難しいな……ばったり会っちまう可能性があるだろ」もぞもぞ

長門「問題が発生すれば知らせる」

キョン「有り難い」もぞもぞ

古泉「……先程から何をしているのですか?」

キョン「あぁ、いやちょっとな」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:20:29.13 ID:1O76a6dyO

古泉「はい?」

キョン「なんかブラを上手く付けれなくてな」

古泉「なっ、ブ、ブラってあなた……」

キョン「ちょっと窮屈なんだ」

朝比奈「あぁー、もしかしたらちゃんと付けれてないのかもですねぇ」

キョン「そうかも知れません」

朝比奈「慣れてない人にはよくあるんですよぅ、ちょっとキツかったり……」

キョン「ちょっと見てもらえませんか?」

朝比奈「いいですよ〜」

キョン「じゃあ」バッ

古泉「ちょっ、ちょちょ、ちょまっ」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:25:47.06 ID:1O76a6dyO

キョン「ああ古泉、居たのか」

古泉「もう少し気を遣って下さい、涼宮さんの体なんですよ?」

キョン「まあいいじゃないの」

古泉「よくありません、では僕は外でお待ちしています」

キョン「おー、すまんな」

パタン

古泉「……」

朝比奈『じゃあ早速〜』

キョン『お願いします、朝比奈さん』

朝比奈『はい、あぁ、やっぱりですねぇ』

キョン『へ?』

朝比奈『ここが、ちょっとですね』

キョン『わ、わ!』

朝比奈『えいっ、えいっ』

キョン『ちょ、まっ』

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:29:51.34 ID:1O76a6dyO

古泉「……」

キョン『おお、確かにピッタリですね』

朝比奈『可愛いですよ〜』

長門『……』

キョン『どうしたんだ?長門』

長門『……私も見て欲しい』

朝比奈『いいですよぉ』

長門『最近……少し窮屈になったと思った』

朝比奈『あ、やっぱりちょっと付け方変ですねぇ〜』

長門『』

キョン『まぁ……な』

朝比奈『よいしょ、よいしょ』
長門『』
朝比奈『どうですか?』

長門『……ジャストフィット』

古泉「……」ずずずっ

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:34:19.40 ID:1O76a6dyO

キョン『……ドンマイドンマイ』

長門『……』

朝比奈『それにしても柔らかい雰囲気の涼宮さんっていいですねぇ〜』

キョン『ははっ、あいつはちょっとツンケンしてる所がありますからね』

朝比奈『可愛いですぅ〜』

キョン『……なんですか?』

朝比奈『ぎゅぅ、ってしていいですかぁ?』

キョン『なんと』

朝比奈『実は前から涼宮さんに抱きついたりしてみたかったんですけどちょっと怖くて〜』

キョン『ウェルカム』


古泉「……」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:41:19.62 ID:1O76a6dyO

朝比奈『じゃあ前から失礼しますね……』

キョン『どうぞ』

朝比奈『ぎゅぅ〜』

キョン『うほっ』

朝比奈『ふぇ?』

キョン『あ、いえ、どうぞ』

朝比奈『あったかいです〜』

キョン『……え』

朝比奈『……』

キョン『ちょ、朝比奈さ』

朝比奈『……』

キョン『どこ触って、ちょ、朝比奈さん、朝比奈さん!?』

朝比奈『涼宮さん可愛いですぅ!』

古泉「あのすいませんもういいですかねぇ!?」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:46:33.17 ID:1O76a6dyO

朝比奈「ちょっとしたスキンシップですよぅ」

キョン「なんか女の子のスキンシップって行き過ぎてません?」

朝比奈「あのくらい普通ですよ?」

キョン「えー……」

朝比奈「でも涼宮さんそういうの慣れてなさそうですし……」

キョン「俺の方が慣れてませんよ」

古泉「まあその話はその辺で、今は解決策の方です」

キョン「そうは言ってもだな、そもそも接触したら危ないんじゃ」

古泉「んふっ、この前の白雪姫作戦も使えませんしね」

キョン「……」

古泉「涼宮さんの顔でそう睨まないでください、正直チビりそうです」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:50:00.60 ID:1O76a6dyO

長門「今は様子見を推奨する」

キョン「まあそうなるだろうな」

古泉「歯がゆいですが、手が無いのも確かです」

朝比奈「あ、そろそろ予鈴ですよ?」

キョン「そうですね、それじゃ」

朝比奈「はぁい」

古泉「それでは、『お身体を大切に』」

キョン「イヤミなヤツだ」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:58:06.95 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「……本当に夢かしら?」トコトコ

ハルヒ「もしかして本当にあたしとキョンが入れ替わってたり……」

ハルヒ「はぁ……まさかね」

きゃぁぁぁ!

ハルヒ「!」



露出狂「うぃーはーwwwwwwwwwww」

「変態っ!変態っ!変態っ!変態っ!変っっ態っっ!!」

露出狂「はっぽぬいけろんぷwwwwwwwwwww」

ハルヒ「またアンタか、死ねこの……とりゃ!」

露出狂「あぎょ」
露出狂「うぃべろんぱwwwwwwwwwww」

ハルヒ「逃げんなコラァ!!……チッ」

ハルヒ「あの、大丈夫ですか?」

橘「は、はい、ありがとうございま……げっ」

ハルヒ「え?」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 08:12:27.94 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「げっ、て言われても」

橘「あ、危ない所を助けて頂き感謝します」

ハルヒ「いえ、まあ……」

ハルヒ(誰だったかしら?)

橘「さ、さ佐々木さんからあなたには出来るだけ懇意にするように言われています!」

ハルヒ「そうですか」

橘「はい」

ハルヒ「……」

橘「……」

ハルヒ「……?」

橘「なので先程のお礼も兼ねてあなたを私達のお茶にお招きしたいと思うのです」

ハルヒ「……私『達』?」

橘「あ、組織とは関係ないお茶会ですよ?」

ハルヒ「組織?」

橘「はい?」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 08:20:12.32 ID:1O76a6dyO

橘「どうしたんですか?」

ハルヒ「いや、えーと……まあいいや、あたしもご一緒させてもらうわ!」

橘「……お、オカマさんですか?」

ハルヒ(き、キョンってどういう喋り方だっけ)

ハルヒ「んふっ、面白そうですね」

橘「物真似でも始めたんですか?」

ハルヒ(……あいつどんなだっけ、印象が薄すぎるわ)

245 名前:おはよう[] 投稿日:2009/10/23(金) 08:25:07.67 ID:1O76a6dyO

ハルヒ(脳みそ足りてなさそうで……)

ハルヒ(女の子大好きそうで……)

ハルヒ(……あと所々微妙にほんのちょっと優しい感じかしら)

ハルヒ「あー、冗談だ、俺もご一緒させてもらおう」

橘「どうぞです、きっと佐々木さんもお喜びになります」

ハルヒ「げっ」

橘「げっ?」

ハルヒ「あ、いや、佐々木さんも来るのか……あはは、わーい」

橘「……そのノリはなんですか?」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 08:31:00.64 ID:1O76a6dyO

佐々木「やあキョン、先週ぶりだね」

ハルヒ「先週!?」

佐々木「おや、僕の記憶違いかな?」

ハルヒ「あ、いや……確かにその通りだ、うん」

佐々木「くっくっく、どうしたんだい? 様子が変だよ?」

橘「今日は最初から変なのです」

周防「―――――――」

ハルヒ(誰だろ、この子)

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 08:41:15.12 ID:1O76a6dyO

佐々木「しかしキョン、君が痴漢を撃退するとはね」

橘「まるでムエタイの選手の様な見事なハイキックがですね、痴漢のこめかみをずぱー!っと打ち抜いたのです!」

佐々木「ハハハ、それはすごいね」

佐々木「大事な友人を助けてくれた事に僕からも謝辞を述べさせてもらうよ……正直惚れ直したよ、キョン」

ハルヒ「ほ、惚れ!?」

佐々木「くっくっく、もちろん友人としての意味さ……男女として、の方を期待していたのかい?」

ハルヒ「な!?」

佐々木「あはは、冗談だよキョン、冗談さ」

ハルヒ「な、なんだ冗談か……あ、あはは、は」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 08:46:54.90 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「なんだ冗談かー……」イライラ

佐々木「つまらないジョークだよ」

ハルヒ「ほんとつまらない」イライラ

佐々木「えっ……」

ハルヒ「あ……いや、あはは、すまん、冗談だ」

橘「……ところで話は変わりますが、こっち側に来てくれませんか?」

ハルヒ「へ?」

橘「涼宮ハルヒは間違っています! 私達にはあなたが必要なのです!!」

ハルヒ「はぁ!?」



254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 08:58:12.68 ID:1O76a6dyO

ハルヒ(いきなりあたしを否定した上に告白!?)
橘「ですから涼宮ハルヒを捨ててですね!」
ハルヒ「ちょっと、どういう意味よそr」

佐々木「橘さん!!」

橘「あぅ……」

佐々木「……今日は仕事の話はしないって言ってたのは嘘?」
ハルヒ「?」
橘「ご、ごめんなさい佐々木さん……」

佐々木「……謝るべき相手は私だけじゃないでしょ?」

橘「……すみません、キョンさん」

ハルヒ「あ、ああ……構わない」

佐々木「いいかい、橘さん? 私は今日あなたと仕事とは関係なくお茶を楽しめると思って期待していたんだよ?」

橘「しゅ、しゅみません佐々木」

佐々木「それをこんな形で裏切ってくれるとは……正直失望させてもらうよ」

橘「あぅあぅあぅあぅ」

佐々木「約束を違えればその人の信頼は大きく削がれる事になる……あなたはそれにも気が付かなかった?」

橘「ご、ごべんなさい、ひっく」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 09:03:02.96 ID:1O76a6dyO

橘「う、うぅ……ぐす」

佐々木「……すまないね、キョン」

ハルヒ「あ、あぁ……」

佐々木「今日は折角お茶に招いたのにこんな事になってしまって……」

ハルヒ「いや、気にするな」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 10:40:08.75 ID:1O76a6dyO

佐々木「僕も本当に今日は楽しむつもりで来ていたんだ……」

ハルヒ「ま、まあそんないじめてやるな、な?」

橘「ぅ……」

佐々木「場も白けてしまったし……今日はここまでにしよう」

橘「すいません……」

ハルヒ「ああ」

橘「あ、あの……」

佐々木「……」

橘「さ、佐々木さ……ご、ごめ、ひっく」

佐々木「……私は今少し機嫌が悪いんだ」

ハルヒ「お、おい佐々木さん」

佐々木「……ん?」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 10:50:25.78 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「あ、いや……」
佐々木「まあ、ここはキョンに免じて許そう」
橘「佐々木さぁぁぁぁ〜〜ん!」
佐々木「全く、やれやれだよ」
ハルヒ「あ、あはは」

佐々木「キョン、後で僕にこの埋め合わせをさせては貰えないかい?」

ハルヒ「え」

佐々木「だめ……かい?」
ハルヒ「か、歓迎するぜ」
佐々木「……よしっ」
ハルヒ「……」

佐々木「今晩またメールするよ」

ハルヒ「ああ、うん」

佐々木「じゃあ、また」
橘「さようならー」
周防「―――――――」

ハルヒ「じゃーねー」


橘「……私の事ダシにしました?」

佐々木「くっくっく、何のことかな?」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 10:55:26.04 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「……くそう、女狐め」トコトコ

ハルヒ「策士よ、策士の目だったわ!」

ハルヒ「あんなんじゃキョンなんてコロッと転がっちゃうに決まってるじゃない!!」

ハルヒ「……ま、まあ、別に、うん」

ハルヒ「それが何か?みたいな話なんだけど?」

ハルヒ「……ん?」

はふっ、はふっ

ハルヒ「お肉屋さんの前に居るあの人は……確か夏の合宿で……」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 11:00:17.30 ID:1O76a6dyO

森「はふっ、はふっ、もぐもぐ」

ハルヒ「こんにちわ」

森「え? ふわっは!?」ビクン

ハルヒ「え?」

森「あ、お、お久しぶりです!」

ハルヒ「お久しぶりです、夏以来ですね」

森「え?夏?」

ハルヒ「え?」

森「……あれ……え?」

ハルヒ「えーと、この辺に住んでたんですね!」

森「あ……え? はぁ、この前ウチに来ませんでしたっけ?」

ハルヒ「……は?」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 11:17:46.65 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「そ、そうでしたっけ」

森「そうじゃないですか」

ハルヒ「あ、あは、あはは」

森「ふふ、おかしいです」

ハルヒ「今日はお休みですか?」

森「はい、最近おかげさまで涼宮さんの機嫌がよろしいみたいなので……」

ハルヒ(……あたしの?)

森「ありがとうございます」

ハルヒ「いえいえ」

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 13:09:32.78 ID:1O76a6dyO

ハルヒ(あたしの機嫌で休みになるってどんな仕事よ)

森「あのぅ、キョンさんは今日学校では?」

ハルヒ「あぁ自主休校ですよ、自主休校」

森「だ、ダメじゃないですか!」

ハルヒ「え」

森「学校にはちゃんと行かなきゃダメです、そもそも学生の本分は勉強であってですね……」

ハルヒ「す、すいません」

森「……でも、まああなたにも息抜きが必要ですよね、すいません、偉そうな口きいちゃって」

森「お礼にメンチカツ奢ってあげます」

ハルヒ「あ、ども」

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 13:20:07.55 ID:1O76a6dyO

森「私お肉屋さんのメンチカツが大好きでですね、仕事中でもたまにここ寄っちゃうんですよ……〜〜」テクテク

ハルヒ(プライベートの森さんは案外おしゃべりなのね)テクテク

森「それでこの前同僚が結婚するらしいんですけどやっぱり焦るべきでは無いと思うんですよ……〜〜」

ハルヒ(いいお天気ー)もぐもぐ

森「そろそろマンション買おうかなって思ってて、やっぱりペット可のマンションがいいですよね……〜〜」

ハルヒ「はふはふ」

森「ほら、このパンフレットに載ってるシーズー?っていうんですか?この子がすごい可愛くって……でもアイリッシュ・ウルフハウンドっていう子も可愛いいんですよねぇ……〜〜」

ハルヒ「……ふわぁぁ……っふ」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 13:26:31.77 ID:1O76a6dyO

森「あ、お昼済ませました?」

ハルヒ「いえ、まだですけど?」

森「私もまだなんで、久しぶりにウチで食べませんか?ご馳走しますよ?」

ハルヒ「なん……だと……?」

森「あれ、用事入ってましたか?」

ハルヒ「い、いえ別に」

森「じゃあ決まりですね! ついでにこれから買い物に行っちゃいましょう!」

ハルヒ「ま、まさかキョンと森さん付き合って」

森「へ?」

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 13:37:38.90 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「あの……」

森「なんですか? あ、にんじんにんじん」

ハルヒ「俺達って付き合ってましたっけ?」
森「へ?」
ハルヒ「……え?」

森「あ、ああの、えと、そそそそういった間柄ではありませんがあ、ぁああなたがそうしたいならわわわわ私も仕事上もやむもめまみ」

ハルヒ「アメリカジョー〜ク」

森「……なんだアメリカジョークですか、はあ」

ハルヒ「そうです」

森「あ、そういえばナプキンも切れてたかな……」

ハルヒ「へ」

森「ちょっと持ってきてくれませんか?」
ハルヒ「」
森「……?」

ハルヒ「いや、あの」

森「あぁ、ソフィのはだおもいです」

ハルヒ「あ、同じですね……ってそうじゃなく」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 13:53:25.93 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「けぷ」

ハルヒ「うぅー、お腹が苦しいわ」

ハルヒ「彼氏でもない男を気軽に部屋に上げるし、男に自分の生理用品買いに走らせるし、部屋の中に下着ぶら下がってるし、家の中だと下パンツいっちょだし」

ハルヒ「……キョンだから?」

ハルヒ「ま、まあね! あいつ男を感じさせないのよ、フェロモンが足らないんだわ!」

ハルヒ「……ご飯美味しかったなー」

ハルヒ「こんな美味しい手料理食べさせられたらキョンみたいなアホは犬よりも簡単に餌付けられて……まあ、だからなに?って話なんだけど」

ハルヒ「でも料理が上手いのはいいお嫁さんの条件よね、やっぱり」

ハルヒ「……お姉さんの魅力かー」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 13:59:07.65 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「お部屋をいい匂いにするのは出来る女っぽいわね、なんとなく」

ブロロロロ

ハルヒ「……わー黒い車の列だ、ヤクザね、きっと」

ガチャ

「お嬢、午後からは会議が入って」

「分かってるよ」

「お嬢、例の件ですが」

「ああ……例の件、ね」

ハルヒ「あ」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 14:07:14.76 ID:1O76a6dyO

「ん?」

「あっれあれ〜!?」

「お、お待ち下さい、お嬢!」

鶴屋「キョンくんじゃないっかいっ?」

ハルヒ「こんにちわ、鶴屋さん」

鶴屋「こんな時間にうろついてどうしたんだいっ? 学校は?」

ハルヒ「自主休校ですよ、はは」

鶴屋「ふふん、キョンくん不良にょろ〜、でもたまにはいいんじゃないっかなっ!」

ハルヒ「そういう鶴屋さんはどうしたんです?」

鶴屋「あ、あたしかいっ? え〜っとそうだね……んー〜……ちょっと野暮用だよっ」

345 名前:今晩9時頃[] 投稿日:2009/10/23(金) 14:13:47.61 ID:1O76a6dyO

黒服「お嬢、そろそろお時間が……」

鶴屋「んー、今日のお仕事は終わりっ!」

黒服「」

鶴屋「鶴屋さんはめがっさ大事な用が入ったんさ!」

黒服「」

鶴屋「君達も家に帰って寝ていいよっ、社長命令っさ!」

黒服「し、しかし……」

鶴屋「ん? 返事が聞こえないよっ?」

黒服's「めがっさにょろにょろ!!」

鶴屋「じゃぁー解散っ!」

鶴屋「さて、あたしたちも行くよキョンくんっ!」

ハルヒ「ちょ、え、どこにですかっ!?」

鶴屋「ふふーん、鶴屋さんとでぇとにょろ!」

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 21:09:39.37 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「で、デートですか!?」

鶴屋「……お姉さんとデート嫌かな?」

ハルヒ「いや、ていうかさっき重要そうな話が」

鶴屋「そんなのいいにょろっ! キョンくんとのデートの方が大事な用事さっ!」

ハルヒ「キョン……大事……」

鶴屋「どうしたにょろ?」

ハルヒ「い、いや……別に」

鶴屋「元気がないね?」

ハルヒ「そんな事は……」

鶴屋「お姉さんの豊満な胸を貸してあげようか?」

ハルヒ「け、結構です!」

鶴屋「つれない事は言いっこ無しっさ!」

ハルヒ「!?」

鶴屋「頭ってのは抱きしめてると安心するにょろ〜」ポン、ポン

ハルヒ「」

441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 21:16:45.06 ID:1O76a6dyO

鶴屋「みくるにも良くハグはするけど、男の子は男の子の匂いがするねっ!」

ハルヒ「っ!」

鶴屋「おっ、とっと?」ヨロ

ハルヒ「あ、危ない!」スッ

鶴屋「チャンスにょろっ!」バッ

ハルヒ「」

鶴屋「くんかくんか」

ハルヒ「」

鶴屋「落ち着くにょろ〜」すんすん

ハルヒ「」

鶴屋「……?、あわわっ!?」

ハルヒ「え……きゃっ!?」

鶴屋「キ、キョンくんおいたはダメっさ!」

ハルヒ「す、すいませんすいません! こ、んなもの!!」ガッ
鶴屋「キョンくんっ!?」
ハルヒ「っー――――――――――っくはぁ!?」

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 21:28:08.75 ID:1O76a6dyO

鶴屋「鶴屋さんも調子に乗り過ぎちゃったよ……ごめんね?」

ハルヒ「ァオァオ………」

鶴屋「えーと……お、お姉さんが撫でてあげようかっ?」

ハルヒ「鶴屋さんっ!」

鶴屋「じょ、冗談にょろっ!」



鶴屋「もうお昼ご飯は済んだのかい?」
ハルヒ「ええ」

鶴屋「そっかぁ……デザートは?」
ハルヒ「あ、えと、まだ……ですけど……」

鶴屋「あたしはお昼まだだけどお腹に入ればなんでも同じだよねっ」
ハルヒ「え?」

鶴屋「この前仕ご……友達と遊んだ時に行った美味しいお店があるんさ、一緒に行かないっかな?」

ハルヒ「え、と……甘い物は好きですけどちょっと無駄肉が……」
鶴屋「にく?」

ハルヒ(……いやこれ夢じゃない)
ハルヒ「ガッツリいかせてん頂きます」

鶴屋「鶴屋さんにお任せにょろっ!」

447 名前:↑無駄な「ん」[>>445] 投稿日:2009/10/23(金) 21:35:59.39 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「お、美味しいです!」

鶴屋「へへへっ、喜んで貰えてめがっさ嬉しいよっ」

鶴屋「店員さーん」

鶴屋「これとこれとこれと、あとこれもよろしくねっ」

アッー!

鶴屋「にょろ?」

店長「しゃ、しゃしゃ」

ハルヒ「んむ?」もぐもぐ

店長「社ちょグパンッ」

ハルヒ「」もぐもぐ

店長「」

鶴屋「……あまりの美味しさにモンブランも空を飛ぶにょろっ」

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 21:46:58.75 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「鶴屋さんは……」もぐもぐ
鶴屋「にょ、にょろーん」

ハルヒ「社長だったんですね」もむもむ

鶴屋「……引かないかい?」

ハルヒ「なんでですか?」
鶴屋「い、言い訳を聞いては」
ハルヒ「なんで言い訳が必要なんですか?」

鶴屋「イヤミな奴かと思われたら、あ、あたしは」

ハルヒ「カッコイいじゃないですか」

鶴屋「へ?」

ハルヒ「あまり踏み込んだ事は聞きませんけど、凄いと思います」もぐもぐ
鶴屋「そう……かな」
ハルヒ「ええ、素敵ですよ」
鶴屋「へっ?」

ハルヒ「イヤミな奴だ、なんて思う奴がいたらあたしがぶっ殺してきますよ」もむもむ
鶴屋「あ、う……えと、あの、う、なんか、嬉しいっさ」

ハルヒ「だから、安心してください」
鶴屋「にょろ?」

ハルヒ「鶴屋さんは素敵な女性です」
鶴屋「あわわわわ」

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 21:57:34.01 ID:1O76a6dyO

鶴屋「ちょ、ちょっと、お、おおお花摘みに行ってくるっさ!」

ハルヒ「?、どうしたのかしら……?」もぐもぐ

ハルヒ「……あ、完璧に忘れてたわ……これ下手したら告白に受け取れない事もないじゃない!?」

ハルヒ「……まあ……いっか、どうせ夢だしね!」

ハルヒ「あまーいっ」もぐもぐ


鶴屋「もしもし? あ、あたしっさ!」

鶴屋「……え? そんな事は今問題じゃないにょろ!」

鶴屋「うちって、お、お婿さん……え?許婚?」

鶴屋「いや……うん」

鶴屋「顔」

鶴屋「……」パタン


鶴屋「めがっさやったーぁ!」

463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 22:09:27.74 ID:1O76a6dyO

鶴屋「し、しつれいしたにょろ」

ハルヒ「おかえりなはーい」もぐもぐ

鶴屋「えー、こほん」

ハルヒ「……ん」ムズムズ

鶴屋「ちゅ、つ、ちゅるや家としましてはっ!」

ハルヒ「ぅー」モゾモゾ

鶴屋「きょ、きょんくんをだねっ!」

ハルヒ「〜〜」ムズムズ

鶴屋「お、おでゅっ、ひ、舌噛んだっさー!!」

471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 22:14:15.80 ID:1O76a6dyO

鶴屋「あーっもうっ!」

ハルヒ「ちょ……」ムズムズ

鶴屋「キョンくん!」ガッ

ハルヒ「は、はひっ!?」ビクンッ

鶴屋「キョンくんはあたしのお婿さんになっ……」

ハルヒ「〜〜」

鶴屋「……どうしたにょろ?」

ハルヒ「と、トイレ行かせてくださひ」

鶴屋「」

ハルヒ「すぐ戻りますっ!」スッタカ

鶴屋「」



ハルヒ「あわわわわ」

ちょ、あなた!!

ハルヒ「間違えたっ!」

478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 22:21:02.54 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「ふ、ふぃ〜……えっと……」カチャカチャ

ハルヒ「よいしょ」

ハルヒ「」ポロン

ハルヒ「な、何コレ!?」プルン

ハルヒ「触るの?触るの?コレを?」プルン

ハルヒ「ひ……ぎ……お、おしっこでちゃう……」

ハルヒ「んっ」

ショワワワワワワワワ

ハルヒ「わ、わわわわわわっ、め、命中精度が!」

ハルヒ「と、とぶ!! とびちるわ!!」ショワワワワワワワワ

ハルヒ「……はふぅ〜〜」ショワワワワワワワワ

ハルヒ「なんかエイリアンみたい」ショワワワワワワワワ

ハルヒ「……」プルン、プルンッ

ハルヒ「……なかなか悪くないわね、簡単に済むし」カチャカチャ


ハルヒ「〜♪」ジャバジャバ

490 名前:ご飯[] 投稿日:2009/10/23(金) 22:35:47.25 ID:1O76a6dyO

鶴屋「」
鶴屋「やっぱりダメっさ……」
鶴屋「まず自分で起業した会社くらい成功させるんさっ!」

鶴屋「そして自信が付いたあたしはキョンくんの肩を抱き寄せ囁くにょろ……」
鶴屋「……んふ……ふふふ」

鶴屋「そして会社の株を全て売り払ったお金全てでキョンくんに婚約指輪を……」
鶴屋「……パー〜フェクト!」ガタッ!

ハルヒ「!?」ビクンッ

鶴屋「あ」

ハルヒ「えーと、何の話でしたっけ?」

鶴屋「……ふふ、なんでもないっさ」

ハルヒ「?」
鶴屋「ただ……」

ハルヒ「んふ〜♪」もぐもぐ

鶴屋「待ってて欲しいにょろ……あたしが、あたしに自信が付くまで……」

鶴屋「三年、いや二年で十分っさ!!」

鶴屋「めがっさやる気にょろにょろーっ!!」
ハルヒ「ん〜?」もぐもぐ

514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 23:03:28.32 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「ふはー、ごちそうさまでしたー」

鶴屋「いい食いっぷりさ! や、やっぱり鶴屋家を背負って立つ男は食いっぷりも見事じゃないとね!」

ハルヒ「?」

鶴屋「じゃあ会計はこれで」スッ

ハルヒ「ぶ、ブラック!」

鶴屋「アァーエッ!」

ハルヒ「……?」

鶴屋「……ん?」

ハルヒ「なんですか?」

鶴屋「あっはははは!」

ハルヒ「へ? え、えへへへへ?」

516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 23:06:33.19 ID:1O76a6dyO

鶴屋「さて次……は……おっとと」

ハルヒ「わ、大丈夫ですか?」

鶴屋「全然大丈夫っさ」

ハルヒ「……顔が真っ青ですけど」

鶴屋「う……ちょっと緊張が解けて……」

ハルヒ「病気ですか!?」

鶴屋「い、5日ほど……」

ハルヒ「……え?」

鶴屋「5日ほど寝てないにょろ」

524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 23:15:45.52 ID:1O76a6dyO

鶴屋家
――鶴屋部屋
鶴屋「ごめんね……せっかくのデートが……」

ハルヒ「い、いえ」

鶴屋「その上膝枕までしてもらっちゃって」

ハルヒ「……いえ」

鶴屋「へへへへへ」
鶴屋「はぁ〜……」

ハルヒ「眠いんですか?」

鶴屋「……ちょっとね」
ハルヒ「どうぞ」
鶴屋「ん……」

鶴屋「……キョンくんは……必ず……あたしの手に」

鶴屋「……鶴屋家……家訓…だからー……」

鶴屋「……zzz」
ハルヒ「……」


ハルヒ「お邪魔しました」
「あら、もうお帰りに?」
ハルヒ「はい」

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 23:27:00.78 ID:1O76a6dyO

ハルヒ「……」トボトボ

ハルヒ「はぁー……」

ハルヒ「……あーあ」

ハルヒ「なんだこれ……」

ハルヒ「なんだこれー!」ウオー

ハルヒ「……出来るお姉さん、か」

ハルヒ「もう……」

ハルヒ「あー!」

ハルヒ「あぁー!」

ハルヒ「はぁ……」

534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 23:35:04.48 ID:1O76a6dyO

キョン「zzz」

キョン「zzz」

キョン「ダメだ、午前中寝過ぎてもう寝れん」

キョン「……授業でも受けるか」

キョン「ふんふ〜♪」パラパラ

キョン「……ん!?」

キョン「お、おお……」

キョン「あいつのノートまるで頭が良い人間の書いたノートじゃないか」

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 23:41:52.06 ID:1O76a6dyO

キョン「すごい、すごいぞ! 教科書にカラーペンで線がひいてある!」

教師「……涼宮ぁ」

キョン「は、はい」

教師「静かに、な」

キョン「……はい」


キョン「はー、授業は全然わからん」

540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 23:48:10.19 ID:1O76a6dyO

「きりーつ」

「きょーっけー」

「れーぇ」

「っしゃたー」

教師「したー」

キョン「したー」

キョン「ふー終わった終わった」

キョン「なんか腹痛い気がするな」

キョン「……うんこしに行こ」

キョン「……んお!?」

キョン「朝比奈さん朝比奈さん朝比奈さん朝比奈さん長門ー!!」

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 23:56:35.01 ID:1O76a6dyO

谷口「な、なんだ涼宮……急に騒ぎだして」

キョン「うっさい谷口! お前は呼んじゃいねぇ!」

谷口「なぁ!?」

阪中「どうしたのね?」

キョン「阪中!」

阪中「え?」

キョン「〜〜でだな」

阪中「……どうしよう?」

キョン「どうしようね」

阪中「まずその……血をどうにかするのね」

キョン「どうやって?」

阪中「ど、どうやってって……ん〜?」

546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 00:01:54.38 ID:bDOmDHfqO

朝比奈「鶴屋さん今日はお休みなのかなぁ……」

ピロン

朝比奈「あ、涼宮さんからメール……」パクン

朝比奈「……えー」


長門「……」

ヴヴ、ヴヴ、ヴヴ

長門「……」パクン

長門「……」

長門「……」ガタッ

教師「な、長門さん? いまHR中で……」

長門「……トイレ」

教師「あ、はい」

長門「……すぐ戻る」

教師「は、は〜い」

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 00:09:00.97 ID:bDOmDHfqO

キョン「うぇ……なんか気持ち悪い感触が……」

阪中「だ、大丈夫なのね?」

キョン「まあ気分は悪いが体調は案外……」

キョン「長門……たすけて……」

ガラッ

国木田「あ、長門さんが来たよ、涼宮さん」

キョン「長門ぉぉぉぉ!」

長門「§ΦωΦ§≪ттψψ⇔⇔Å♭」

キョン「ん?」

長門「椅子と下着は綺麗にした」

キョン「ありがたい」

長門「……これを」スッ

谷口「そ、それはっ!?」

国木田「谷口、うるさいよ」

キョン「タン……ポン……」

555 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 00:12:43.68 ID:bDOmDHfqO

キョン「いや、これはちょっと……」

長門「そう」

谷口「な、長門さんはいつもそれなのか?ハァハァ」

長門「……」

国木田「谷口、キモいよ」

キョン「セイッ!」パァン!

谷口「腿がっ、腿がぁっ!!」

キョン「うちの団員を変な目で見るな」


560 名前:長門は利便性を追求したあまりセルフ非処女[その方がそれっぽい] 投稿日:2009/10/24(土) 00:17:45.69 ID:bDOmDHfqO

朝比奈「涼宮さぁ〜ん」パタパタ

キョン「朝比奈さん!」

谷口「うぉぉぉ! 校内ランカーが三人も一つの教室にぃぃぃ!!」

国木田「谷口うるさいよ」

朝比奈「はぁ、はぁ、ふぅ」

キョン「すいません、お呼びたてして」

朝比奈「いえ〜、えと……はい、どうぞ」

キョン「……? なんですか、このポーチ」

朝比奈「あ、や、ここで開けないでください〜!」

谷口「興奮してきた」

国木田「谷口キモいよ」

561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 00:22:00.85 ID:bDOmDHfqO

キョン「じゃあちょっくら行ってきますね」

朝比奈「いってらっしゃぁい」

長門「……」

教師「おい、お前ら自分の教室に帰れ」


キョン「しっかしこれ、俺にどうしろと……」スルスル

キョン「……ん?」

キョン「んー〜……」

キョン「どうやって使うんだ、コレ」

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 00:29:13.29 ID:bDOmDHfqO

キョン「謎だ……謎過ぎる」



キョン「すいません」

朝比奈「付け終わりましたか?」

長門「……」

キョン「いや、実はですね……付け方がどうにも」

朝比奈「ぁあ〜そっかぁ」

長門「……」スッ

キョン「いや、それは遠慮する」

朝比奈「じゃあ私が付けてあげますよ」

キョン「え?」

朝比奈「私が、その、付けてあげようかと」

キョン「……いえ、遠慮します」

朝比奈「え〜なんでぇ〜?」

567 名前:処女は抵抗あるじゃん、タンポン[] 投稿日:2009/10/24(土) 00:34:04.91 ID:bDOmDHfqO

キョン「だって絶対色んな所触るじゃないですか」

朝比奈「え〜さわりませんよぉ〜」

キョン「長門」

長門「私はタンポン派」

キョン「……万事休すか」

長門「……朝倉涼子なら」

キョン「げ」

長門「ナプキン派」

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 00:38:10.83 ID:bDOmDHfqO

長門「いい?」

キョン「……」チラッ

朝比奈「私がやってあげるのに……」

キョン「……いいぞ、やってくれ」

長門「……三分後」

キョン「三分?」

長門「三分経ったら廊下に」

キョン「あ、ああ」

長門「見てはいけない」

キョン「……」

長門「……絶対に」

パタン

キョン(……な、なんのマネだ……竜ちゃんか?)

573 名前:生理中は湯船には浸からないよ[] 投稿日:2009/10/24(土) 00:47:08.01 ID:bDOmDHfqO

ガラッ

朝倉「はぁ!?」

長門「そういう事」

キョン「朝倉……」

朝倉「アラ、久しぶりね、キョン君……いえ、涼宮さん?」

キョン「よせよ」

朝倉「それで? ナプキンの使い方が分からないって?プププ」

キョン「男が知ってる方が異常だろ」

朝倉「いい? 基本は膝の上に広げて置いておくのよ」

キョン「ふざけるな朝倉」

577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 00:53:53.30 ID:bDOmDHfqO

―――――

朝倉「どう? できた?」

キョン「ああ、出来たが……やれやれ、面倒くさいな」

朝倉「女の子のエチケットよ!」

キョン「そうか、ありがとうな朝倉、もう消えていいぞ」

朝倉「ちょちょちょちょっと!」

キョン「いいぞ、長門」

長門「……」

朝倉「ちょっと待ってぇぇぇぇ!!」

長門「……何」

朝倉「あ、ありがとう長門さん……」

長門「用件は?」

朝倉「じ、実はね? 情報統合思念体に戻ってから暇だったんでるるぶ読んでたんだけど、そこに載ってた温泉が」

キョン「長門、いいぞ」
長門「……」
朝倉「ちょ、ちょっとまっ」

585 名前:大丈夫でしたね[お風呂] 投稿日:2009/10/24(土) 01:07:46.45 ID:bDOmDHfqO

キョン「ふぅ、さて……ん?」

キョン「……ああ、朝のラブレターか……誰がこの女にラブレターなんぞ」カサカサ

―――――――――――
拝啓

秋の夜長が感じられる今日この頃……(ry

………とさせていただきます。

草々
―――――――――――

キョン「ふむ、よくわからんがおかしい人間じゃなさそうだな」

キョン「時間は……おっと、あと五分か」

キョン「夕焼け空の屋上で告白とはキザな野郎だよ、全く」

616 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 02:20:07.96 ID:bDOmDHfqO

キョン「よっ、はっ、ふぅ」

キョン「時間は……ちょうどだな」

キョン「……なんか緊張してきた」

キョン「告白、か……」

キョン「……よし」

ギィィィ……

キョン「……っていねえじゃねえかオイ!」

621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 02:30:28.24 ID:bDOmDHfqO

キョン「まだ来てないのk」

「あ、あのっ」

キョン「おぅわっ!?」ビクン

女生徒X「涼宮……ハルヒ、さん」

キョン「は、はい」

女生徒X「待ってました! ずっと、ずっとあたし……!」

キョン「」

キョン(告白かと思って屋上に行ったら何故か同性から泣いて抱きつかれた、という……理解できん、予感はするが理解できん)

キョン「ま、まさかこの手紙……」

女生徒X「は、はい、わたしですっ!」

キョン「は、ははは……マジでか」

女生徒X「あ、あの、わたし、あの日暴漢に襲われかかっていた所を涼宮さんに助けて頂いた日からずっと涼宮さんを想っていましたっ!」

キョン「あいつは正義のヒーローか何かか……」

女生徒X「それで……あの……も、もしよかったら、おお、お、お付き合いさせていただいても!」

キョン「」

624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 02:39:16.38 ID:bDOmDHfqO

キョン(本当に居たんだこういう人)

女生徒X「よ、良かった! お付き合いして頂けるんですねっ!?」

キョン「……え?」

女生徒X「嬉しいです、わたし嬉しいです……ずっと涼宮さんを想ってきたのが報われたかと思うと、わたし」

キョン「え、ちょ……」

女生徒X「わ、わたし嬉しいです、この毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日お手紙出してきたのがやっと読んで頂けたのかと思うと……」

キョン「……は?」

女生徒X「ずっと待ってたんですよ? 毎日お手紙出してたから何時来てくれるのかと思って毎日毎日この屋上で毎日待ってたんですよ?」

キョン「な、何を」

女生徒X「毎日毎日嬉しいです、涼宮さんは毎日毎日毎日見てました、涼宮さんも毎日幸せですか? 毎日毎日毎日毎日嬉しいです?」

キョン「ちょ……なんだ……?」

女生徒X「助けてもらった6ヶ月前から、毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日見てました」


キョン(正直もう逃げたいです)

625 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 02:43:31.82 ID:bDOmDHfqO

女生徒X「毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日
毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日嬉しいです?」

キョン「く、来るな……」

女生徒X「毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日
毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日
毎日毎日毎毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日待ってました」

キョン「す、すまん! 謝るからゆるしてくれ!」

631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 02:51:26.76 ID:bDOmDHfqO

「毎日毎に」

少女は急に呪詛を呟くの止めると、床に前のめりに倒れて微動だにしなくなった。
少女の首筋には映画でよく見るような小さな注射器の様な物が刺さっている。

そして俺は少女が倒れる寸前、クラッカーの様に乾いた音が鳴ったのを聞いていた。

音の聞こえた給水タンクの方を睨み付けると、給水タンクの裏から夕焼けに染まった赤いシルエットがもったいぶって出て来て、それから言った。


古泉「こんな事もあろうかと」

キョン「俺はまだ何も聞いちゃいないぞ」

634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 02:59:53.54 ID:bDOmDHfqO

古泉「彼女が言っていたのは本当ですよ、涼宮さんが彼女を危機から救ったのも含めてね」

キョン「ハルヒはそんな頻繁にこんな目にあってるのか?」

古泉「まさか」

キョン「どういう意味だ?」

古泉「涼宮さんは現在進行形で良くも悪くも不思議なものを惹きつけています、しかし彼女自身は悪い方の不思議は望んではいない、といった所ではないでしょうか」

キョン「なるほどな……」

古泉「んふ、納得いっている所失礼ですが毎日そう何度も同じ内容の手紙を送ってくる人間がいたらまあ当然避けるでしょうけどね、涼宮さんに同性愛の性質も無いようですし」

キョン「……なぜ言わなかった、言われていたら俺もこんな手紙は捨てていたぞ」

古泉「だから言ったじゃないですか」

古泉「こんな事もあろうかと……ってね」

キョン「セイッ!」ビシィッ

古泉「腿がっ!?」

637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 03:08:01.86 ID:bDOmDHfqO

キョン「今日は散々だった……」

キョン「しかしハルヒは人気者なんだな、良い意味でも悪い意味でも」

キョン「……そんなに悪い気はしないな」

キョン「不良とケンカは止めてほしいが」

キョン「……まあ、ハルヒもハルヒで大変だって事か」

638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 03:12:52.20 ID:bDOmDHfqO

ハルヒ「……つまんない」

ハルヒ「なんでキョンが……キョンの癖に」

ハルヒ「つまんないぃー!」

ハルヒ「おかあさん」

ハルヒ「……キョン」

ハルヒ「……目が覚めたらまずキョンにメールして」

ハルヒ「……夜は佐々木さんからのメールを妨害するためにメールして」

ハルヒ「家帰ろ」

ハルヒ「おかあさんのご飯が食べたいなー」

695 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 12:37:22.89 ID:bDOmDHfqO

佐々木「やあ」

ハルヒ「さ、佐々木……」

佐々木「こんばんわ」
ハルヒ「こんばんわって……う、うちの前で何してんだ?」

佐々木「何、ちょっと話したいことがあってね」

ハルヒ「あ、あぁ」
ハルヒ(昔馴染み女から夜遅くにお話、ね……どこまでも生意気だわ、キョンの癖に)

佐々木「……」

ハルヒ「……?」

佐々木「……キョン」

ハルヒ「え?」

佐々木「あ、いや……うん」

佐々木「君は本当にキョンなのかい?」
ハルヒ「……へ?」
佐々木「自分でも可笑しい事を言っているのは分かってるよ、そんな顔で見ないでくれ」

ハルヒ「う、うん」

佐々木「ましてや知己の顔を忘れている訳でもないさ、ただ今の君は僕にそう思わせる程違和感に溢れているという事さ……昼のあの短時間でそれに感じ得るくらいにね」
ハルヒ「う……」

700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 12:47:54.79 ID:bDOmDHfqO

佐々木「しかし君がキョンなのは確かだ……それでも今の君からはどこか違った臭いがする」

ハルヒ「臭い!?」スンスン

佐々木「違うよ、そういう事じゃない、もっと感覚的なものさ……空気、というか雰囲気というか」

ハルヒ「そ、そうかな?」

佐々木「しかもその違和感さえ僕には覚えがある、どこかで確か……ダメだうまく思い出せない」

ハルヒ(……もしかしなくてもバレてる?)

佐々木「……こんな事言うのは自分でも恥ずかしいんだが、アレかい?」

佐々木「まさか宇宙から来た何らかの植物が君に成り代わってしまったとか……」

ハルヒ「ぅえ!?」

佐々木「あはは、冗談さ、この前そういう映画を見たんだ」

ハルヒ「な、なんだ」

佐々木「でも僕達、とりわけ君はそういう危険に晒される可能性があるのは確かじゃないか……立場上、ね」

ハルヒ(……?)

704 名前:携帯がだね、予測変換がだね、あのね、そのね[] 投稿日:2009/10/24(土) 12:59:35.12 ID:bDOmDHfqO

佐々木「あの映画を見た時ね、正直僕は怖かったよ」

ハルヒ「た、立場って……?」

佐々木「そんな事が起きるのは有り得ないとは分かってる、有り得ないとは分かっていても……それでも、もし」

佐々木「そう考えると寒気がしたよ……あはは、まるで僕のキャラじゃないけどね」

ハルヒ「う、うん……」

佐々木「例えばの話だがキョン、君がもし……もし何かに成り代わっていてしまったとして、そうしたら僕はどうすればいい?」

ハルヒ「……え?」

佐々木「君を周防さんや長門さんに頼んで消してもらえばいいのかい? それとも機関や組織が処理するのに任せておけばいいのかい?」

ハルヒ「……有希に?」

佐々木「ぼ、僕はそんなの嫌だよ、キョン……」

ハルヒ「えと……」

佐々木「君がこの世から消えてしまうくらいなら僕も死を選ぶ」

706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:07:00.18 ID:bDOmDHfqO

ハルヒ「……」

佐々木「……ちょ、ちょっと話がそれてしまったね、忘れてくれ」

ハルヒ「あ……うん」

佐々木「本題に入らせてもらおう、こほん」

ハルヒ(……この子おかしな子だったのかしら)

佐々木「キョン……君は一体誰なんだい?」

ハルヒ「え」

708 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:17:00.17 ID:bDOmDHfqO

キョン「行きはよいよい帰りは怖いっていうのは『行きは道に迷わないが帰りは迷う』って意味だったか……?」

キョン「夜に住宅街で迷うというのがこれほど恐ろしいとは思わなんだ」

キョン「どこを見ても家々家々」

キョン「似たような十字路と似たような突き当たり」

キョン「これは最早現代日本のラビリンス……」

キョン「……」テクテク

キョン「……」ギュルリュルュグギギギィゥクルッポー

キョン「腹、減ったー!」

キョン「ヘルプミー古泉ー!」

715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:28:13.56 ID:bDOmDHfqO

ブロロロロキィィー
バタン
キョン「……」
古泉「古泉です」
キョン「やはりな」

古泉「仕事ですから」

キョン「便利なもんだ、いつでも向こうから来てくれる上にどこまでもタダでゆったりフワフワな座席付きのタクシーを呼べるとは」

古泉「あははは、残念な事に彼女がそれを使えるようになる事はありえませんが」

キョン「その点は同情しよう」

新川「行き先は涼宮様のお宅で?」
古泉「よろしくおねがいします」

キョン「わー、ふっかふかだ」

古泉「はしたないですよ」
キョン「別にいいじゃねえか」

古泉「大股開いて座らないで下さい」
キョン「別にいいじゃねえか」

古泉「見えてます」
キョン「古泉くんのエッチ!」べー

古泉「……不覚にもきゅんっとしてしまった……中身はあなたなのに……」
キョン「そんなに落ち込まなくても別にいいじゃねえか」

716 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:34:08.99 ID:bDOmDHfqO

キョン「おお、ここだここだ、こんな外観だった」

新川「それでは失礼させて頂きます」

キョン「ありがとーございましたー」

ガチャ

ハルヒ母「ハルヒ?」

キョン「オゥ……」

ハルヒ母「た、タクシーで帰ってきたの?」

キョン「は、はははは、そんなまさか一文無しなのに」

720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:53:09.33 ID:bDOmDHfqO

ハルヒ母「随分遅かったわねぇ〜」

キョン「ちょっと道に迷っ」

ハルヒ母「……ん?」

キョン「……てた子供を家に送り届けて!」

ハルヒ母「ふぅ〜ん」

キョン「……」

ハルヒ母「まあいいわ」

ハルヒ母「早く制服着替えちゃいなさい、今日は酢豚!」

キョン「酢豚か」

ハルヒ母「嬉しくないの?」

キョン「や、やったー!酢豚大好きー!」

ハルヒ母「……」

キョン「……?」

ハルヒ母「んふふふふ〜」

キョン「え、えへへへへ?」

721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:54:11.39 ID:bDOmDHfqO



753 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 15:12:29.60 ID:bDOmDHfqO

キョン「おいしいな〜」ぱくぱく

ハルヒ母「そう?」

キョン「う、うん」

ハルヒ母「ねえハルヒ?」

キョン「うん?」

ハルヒ母「なんかあなた朝から変よねぇ?」

キョン「な、何が?」

ハルヒ母「だって自分のパンツの場所わかんなかったり、急にママっ子になったり」

キョン「ね、寝ぼけてて〜……」

ハルヒ母「髪だって毎日私がやってるのに?」

キョン「」

ハルヒ母「ハルヒ」

キョン「は、はい?」

ハルヒ母「酢豚おいし?」

キョン「ぜ、絶品です……」

756 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 15:18:51.62 ID:bDOmDHfqO

キョン(助けてっ古泉ー)

ハルヒ母「あなたは誰なのかしらねぇ?」

キョン「ふぽっ」

ハルヒ母「あら、玉ねぎが」

キョン「す、すいま」

ハルヒ母「ん?」

キョン「ひ……」

ハルヒ母「んん〜?」

キョン「か、顔近……」

ハルヒ母「……子供の隠し事は母親にはバレるものなのよ?」

キョン「こ、子供にもプライバシーを……」

ハルヒ母「無視よ!」

キョン「お、お……いや……あたしは……」

761 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 15:27:55.66 ID:bDOmDHfqO

キョン「涼宮っ! ハルヒですが何か!?」
佐々木「へっ!?」ビクン!

キョン「っておぅわ佐々木ぃぃぃ!?!?」
佐々木「きょ、キョン……かい?」

キョン「あ、ああ……俺だが」

佐々木「……く、くくく」

キョン「ん? と、ところでなんの話を」

佐々木「よかったー!」

キョン「うおっ!?」

佐々木「キョンっ!キョン〜っ!!」スリスリ

キョン(控えめながら確かな双丘がデンジャー)

佐々木「ぼ、僕は……僕はキョンがボディをスナッチされてしまったのかと、うぅ」
キョン「一体なんの話だ」

佐々木「いいんだ……いいんだよ」

キョン「いや佐々木、ちょ、まっ……」

佐々木「……もう少しこのままで居させてくれないかい?」

キョン「……あぁ」

770 名前:[] 投稿日:2009/10/24(土) 15:43:06.73 ID:bDOmDHfqO

ハルヒ母「ねぇねぇ誰なの〜?」むにむに

ハルヒ「あよあよあよ〜」

ハルヒ「……ひぇっ!?」

ハルヒ母「あれ?」

ハルヒ「ぉ、おかあひゃん? か、かおはなひて」

ハルヒ母「あら、ごめんね?」

ハルヒ「……あれ?」もぐもぐ

ハルヒ母「どうしたの?」

ハルヒ「なんか……あたし寝てた?」もぐもぐ

ハルヒ母「起きてたけど……酢豚おいし?」

ハルヒ「え? う……うぇ、すっぱい」

ハルヒ母「んふふー、変なの〜」

783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 17:07:41.24 ID:bDOmDHfqO

ハルヒ「あたし今日学校行ったっけ?」

ハルヒ母「行ってたわよ?」

ハルヒ「……変な夢見てた気がする」

ハルヒ母「ん?」

ハルヒ「キョンになってブラブラする夢」

ハルヒ母「ふぅ〜ん」

ハルヒ「んー?何か良いことあった?」

ハルヒ母「別に?」

ハルヒ「顔緩んでるわよ?」

ハルヒ母「ママ今日不思議な体験しちゃったわ〜」

ハルヒ「ずるい!」

784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 17:09:58.76 ID:bDOmDHfqO

ハルヒ母「ねぇハルヒ?」

ハルヒ「んー?」もぐもぐ

ハルヒ母「ママって呼んで?」

ハルヒ「や、やだ」

ハルヒ母「いいじゃない!」

ハルヒ「やだ」

ハルヒ母「むぅ……あ、キョン君ね」

ハルヒ「ふぷっ!?」

ハルヒ母「あら、にんじんが」

785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 17:11:26.80 ID:bDOmDHfqO

ハルヒ「な、なんでいきなりキョンの話が出るのよ!」

ハルヒ母「酢豚好きかも」

ハルヒ「へ、へぇ〜」

ハルヒ母「あら、ママ今まで間違った事言った事あるかしら?」

ハルヒ「……」

ハルヒ母「あ、キョン君にお弁当とかあげたりしないの?」

ハルヒ「だ、だからキョンはそういうのじゃ!!」

ハルヒ母「男は胃袋から握るのが」

ハルヒ「わ、わかったわよ!……わかってる!!」

789 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 17:16:17.10 ID:bDOmDHfqO

キョン「もしもし、古泉くん?」

古泉『』

キョン「あたしなんかキョンの体になっちゃったんだけど」

古泉『』

キョン「何か知らない?」

古泉『あ、またドッキリですね? んふ、僕も流石に二度も同じ手をくらう訳には』

キョン「古泉くん、何言ってるのよ」

古泉『』

キョン「……ぷ、ぷはははははは!!」

古泉『うわー!うわー!!ビビりましたよ!もうやめて下さいよ!!』

796 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 17:26:03.46 ID:bDOmDHfqO

古泉『それで、何か問題はありませんか?』

キョン「ああ、何故かちょっと胸焼けがするくらいしか」

古泉『涼宮さんが夢の中だと思って甘いものでも大量に食べたんじゃないですか?』

キョン「なんとまあ、正直吐きそうだ」

古泉『んふ、涼宮さんも甘いもの好きな女の子の面を持っていたという事です』

キョン「わざわざ夢の中で食べるようなタイプか?」

古泉『女性は多かれ少なかれ常に美しく在りたいと思うものですよ……特に好意を抱いている人の前では、ね?』

キョン「流石イケメンはいう事が違うな、女の事が良くわかってる」

古泉『……フゥー、思いはいつも上手く伝わらないものですねぇ』

キョン「何キャラだ、それは」

古泉『とにかく、無事で何よりです』

キョン「ああ」

古泉『おやすみなさい』
キョン「おやすみ」

799 名前:電池が危険だ[ごめんなさい] 投稿日:2009/10/24(土) 17:37:00.17 ID:bDOmDHfqO

古泉「……」prrr

古泉「……」prrr

古泉「……」prrr

古泉「……」prrr

ガチャ

森『……はい』

古泉「休暇中申し訳ありません」

森『なにか……ふわぁ……っふ……用?』

古泉「いえ、報告までに」

森『なあに?』

古泉「本日彼と涼宮さんの入れ替わり現象が確認されま」
ガタタッ
森『』

古泉「……森さん?」
ガチャ、プー、プー
古泉「森さん!?」

873 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:26:27.86 ID:bDOmDHfqO

キョン「学校には来なかったんだ、いくらハルヒと言えどそんな大それた事はしまい……」

谷口「おーッス」

キョン「よう谷口」

谷口「昨日なんで休んだんだ?」

キョン「バカなお前にはわからんだろうがな、この世には風邪というものがあってだな」

谷口「おいおい冗談よせよキョン、お前が風邪をひいたって? ありえん、知ってるかキョン? バカは風邪を」

鶴屋「おっはよーぅキョンく〜ん!」

キョン「おうふ!?」

谷口「つつつつ鶴屋さんがキョンなんぞにハグってるぅぅぅう!?!?」

876 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:27:54.36 ID:bDOmDHfqO

キョン「お、おおおちつけ谷口、ハグは欧米じゃ日常的挨拶でだな」

鶴屋「照れる事は無いっさ! キョンくんは大切なあたしの未来のお婿さんなんだからねっ!」

谷口「」

キョン「」

鶴屋「んはーっ! 今日もキョンくんいい匂いにょろ〜」

キョン「今日もハイテンションですね」

鶴屋「もう限界バリバリっさ! なんてったって目標があと一年に縮んだんだからねっ!」

キョン「目標?」

鶴屋「そうにょろ! あと一年……いや一年以内には婚約指輪、いや籍を……えっへへへへ」

キョン「?」

877 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:29:09.01 ID:bDOmDHfqO

鶴屋「という事でキョンくんは首をなが〜くして待ってるにょろ! お姉さんはめがっさにょろにょろな未来の為にちょーっと頑張ってくるからさっ!」

キョン「え?未来?」

鶴屋「そんじゃあね、キョンくん!」

キョン「はぁ……」

谷口「意味が……意味がわからん」

キョン「俺もだ」

谷口「うるさい死ね!」

キョン「なんだとこの野郎!! そんなもんこうだ!」

谷口「ぎゃー!」

883 名前:書きだめ切れた[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:32:26.61 ID:bDOmDHfqO

鶴屋「キョンくん忘れ物だよっ」

谷口「のWA゛ー!?」ビクン

キョン「忘れ物? いや俺忘れ物は」






鶴屋「にひひっ」

キョン「」

谷口「WA……WA!……WA゛ー!!」

鶴屋「こ、今度こそじゃあねっ」

谷口「皆さぁぁぁん!! キョンがチュウされましたー!!キョンがチュウゥゥゥ!!」

キョン「ば、バカやめろよせ小学生かお前はっ!」

888 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:35:49.41 ID:bDOmDHfqO

キョン「あいつ何しやがった……」


キョン「ちす」ガラリ

国木田「おはようキョン、1日ぶりだね」

谷口「皆さぁぁぁん! キョンが朝あの鶴屋さんにちゅ」

キョン「えぇい黙らんか!」

谷口「うごっ」

国木田「え? なになに谷口、僕だけにこっそり教えてよ」

谷口「キョンがなー」コソコソ

キョン「やめんか国木田」

デッデケデケデデデ

キョン「ん、メールが…佐々木か」カチカチ

宛先:佐々木
件名:昨日の埋め合わせの件だけど

キョン「……埋め合わせ?」カチ

891 名前:ご飯食べながらだからちょっと[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:41:35.61 ID:bDOmDHfqO

本文
良かったら週末家に来ない?
丁重におもてなしさせていただくよ
その後キョンに見て欲しいものがあるんだ

じっくりたっぷりね

キョン「……?」

キョン「……」カチカチ、prrr

佐々木『電話して良かったのかい?』

キョン「ああ、まだHRは始まらん」

『誰ですか?』

佐々木『幸いこっちも教師が遅れてるみたいだ』

キョン「それで埋め合わせってのは……」

『佐々木さん誰ですかー?』

『声男だし、佐々木さんのカレシじゃね!?』
『そうです、佐々木さんの彼氏です』
『ウッソ、マジ? こんにちはー』
『え?彼氏ってマジなの?』
『マジですよ、昨日の夜抱き合ってるの見ましたからね!』

900 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:48:37.70 ID:bDOmDHfqO

『なんで橘見てんだしwwwマジパネェwwwwww』
『よーし良い子だ橘ー!なでなでしてやろーぅ!』
『えへへー』

『え……佐々木さん待っ』
『昨日はまぐれなのです! ほんとにまぐ』
『……あ゛ー!ブッ、プー、プー


キョン「……」パタン
デッデケデケデデデ
キョン「……」パクン

宛名:佐々木
件名:
添付:
本文
週末は私と熱い一夜のアバンチュールをレッツトゥナイ!

キョン「」
デッデケデケデデデ

件名:さっきのは僕じゃない
添付:
本文
消去しておいてくれ
詳細は後日

キョン「……結局なんだったんだ?」

913 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:55:55.50 ID:bDOmDHfqO

ハルヒ「はよ」
キョン「おす」

ハルヒ「きょ、キョン?」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「どうかしら?」

キョン「何が?」

ハルヒ「……」

キョン「……?」

ハルヒ「……はぁ」グイッ

キョン「あ、ポニーテールやめちゃうのか?」
ハルヒ「!」
キョン「似合ってんのにな……」

ハルヒ「ほんと!?」

キョン「え!?あ、あぁ」

ハルヒ「ほんとにほんとね!?」

キョン「だからそうだって」
ハルヒ「〜〜〜〜っ!」
キョン「……なんだこいつ」

923 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 21:01:13.19 ID:bDOmDHfqO

国木田「ねえねえキョン、この前言ってたアルバム入れてきたよ」

キョン「おぉ、サンキューな」

国木田「一番最後が僕のオススメ」

キョン「ちょっと聴かせてもらう」

国木田「どうぞ、僕はトイレ行ってくるよ」

キョン「行ってらー」

キョン「……〜♪」

ハルヒ「……!」

ハルヒ「キョン!!!!」

キョン「うおぉっ!?」

ハルヒ「あたしも聴く!!……たいんだけど……」

キョン「ああ、じゃあイヤホン片方、ほれ」
ハルヒ「……あ、あははは」
キョン「本格的におかしいなお前」

930 名前:減速プリズン[] 投稿日:2009/10/24(土) 21:04:39.87 ID:bDOmDHfqO

ハルヒ「キョン」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「……あ、あたしもキョンとメールとかしたい」

キョン「?、すればいいだろ」

ハルヒ「いつでも?」

キョン「ああ」

ハルヒ「……へへへ」

ハルヒ「あ!」

キョン「さっきからなんだ……」

ハルヒ「あと、あ、ああたしにももっと優しくしなさい」

キョン「こ、これ以上か!?」

ハルヒ「もっともっとするの!」

キョン「はいはい」

942 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 21:10:28.04 ID:bDOmDHfqO

谷口「あ゛ー!!キョンが今度は涼宮とイチャこいてるぞぉぉぉぉ!!!!」

キョン「やれやれ……ハルヒ、お前だけで聴いていいぞ、俺は後で」

ハルヒ「ダメ!」

キョン「……は?」

ハルヒ「……べ、別にいいじゃない?」

キョン「まあ、お前が良いなら」

谷口「」

ハルヒ「……」

キョン「ハルヒ、近くないか?」

ハルヒ「近くないわ」

キョン「そうか」

ハルヒ「……こ、こほん」

キョン「なあ、ハルヒ? やっぱりこれどう見ても近いっていうかむしろ密着」

ハルヒ「い、いいの!!」

948 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 21:16:23.40 ID:bDOmDHfqO

―――――

キョン「長門、いいぞ」

長門「……」

朝倉「ちょ、ちょっとまっ!」

朝倉「きゃぁぁぁぁあああ!!!!」






ボチャーン

朝倉「あーぁ……せっかく再構成されたのに……」

朝倉「長門さんも融通効かないなー……」

朝倉「ん……?」

朝倉「あれ!? こ、この臭いは!!」


朝倉「温!!泉!!っだー――!!!」




951 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 21:18:28.77 ID:bDOmDHfqO

糸冬
NHK



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「やっべ・・・ジャイ子を妊娠させちった」