アスカ「シンジ、もうすぐ18歳だけど誰と籍入れる気?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「艦娘達にご褒美を与える?」 【安価】

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/24(土) 17:36:31.37 ID:lerrxYYe0

アスカ「あちこちでヤリまくってたって、日本で正妻にできるのは一人なんだから」

シンジ「分かってるよ」

アスカ「とーぜん、私?」

シンジ「……」

アスカ「ちょっと。なんで黙るのよバカ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/24(土) 17:47:11.10 ID:lerrxYYe0

シンジ「だって、そんなの簡単に決められるわけないだろ」

アスカ「ふん。スケベなことしまくっといて責任取らない男ってサイテー」

シンジ「とにかく、近いうちにきちんと決めるから」

アスカ「この間もそう言ってたじゃない」

シンジ「う……ど、どっちにしても、全員ちゃんと僕が養うから待ってよ」

アスカ「遺産とエヴァの手当でお金だけはあって良かったわねーバカシンジ」

シンジ「はぁ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/24(土) 17:58:21.83 ID:lerrxYYe0

シンジ「少し出かけてくるね」

アスカ「あ、こら逃げる気!?」

シンジ「本買いに行くだけって」

アスカ「どうだか……じゃあ行く前に、んっ」スッ

シンジ「……悪態つくくせにアスカってすぐ甘えてくるよね」

アスカ「あんたがえっちな事ばっかり教え込んだせいじゃない。胸もこんなおっきくなっちゃったし」

むぎゅ

シンジ「……ゴクッ」

アスカ「早くしないと、出かける時間なくなっちゃうわよ?……ぁっ、ン」



シンジ「行ってきまーす」

アスカ「ふ、ぁ……♥」ピクピク


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/24(土) 18:07:04.72 ID:lerrxYYe0

テクテクテク

シンジ(アスカはああ言うけど、最初の頃はアスカに誘われたり押し倒されることが多かったよな……)

シンジ(アスカ以外も)

シンジ(でも結局、それを受け入れて、正直嬉しく思ってたのは僕だ)

シンジ「はぁ……」

シンジ(入籍できるのは一人って……どうしよう)

マナ「あ、シンジー!」

シンジ「っ」ビクッ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/24(土) 18:14:36.40 ID:lerrxYYe0

マナ「こんにちは。どこ行くの?」

シンジ「本屋に。マナは?」

マナ「ヒトカラ行こうと思ってたんだけど、やっぱり本屋」

シンジ「え」

マナ「そのあと、時間あったらカラオケつきあって。ね?」

シンジ「う、うん。いいよ」

マナ「えへへ」スッ

シンジ(こうやって、女の子と腕組んで歩くのも普通になっちゃったな)

テクテクテク

レイ「……碇君」

シンジ「っ」ビクッ

マナ「あ。綾波さん、やっほー」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/24(土) 18:27:35.74 ID:lerrxYYe0

シンジ「こ、こんにちは。綾波」

レイ「……どこに行くの?」

マナ「デート♥」

シンジ「いや。まぁ、その。本屋とカラオケに」

マナ「綾波さんも一緒に来る?」

レイ「ええ」スッ

マナ「今日も両手に花だねーシンジ。もう慣れちゃった?」

シンジ「そんなことないよ」

シンジ(……両側から腕組まれて歩くのは、いつまで経っても恥ずかしい……)

レイ「……」ムニッ

マナ「それでね、前にそこの店で……」ムニュ

シンジ「……」ドキドキ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/24(土) 18:35:47.49 ID:lerrxYYe0

マナ「それで、何の本買うの?」

シンジ「化学の問題集。前の使いきったし」

マナ「わ。またそーやって真面目ぶる」

シンジ「そんなんじゃないよ。化学はわりと好きだからそればっかりやっちゃうんだ」

マナ「あ! シンジ、エッチの指南書あるよ。あれ買わない?」

シンジ「マナ……女の子がおっきな声でそれは」

レイ「……碇君には必要ないわ」

マナ「そっか、シンジすっごく上手だもんね? じゃあ……子育ての本とか」

シンジ「!?」

マナ「ほら。いつ誰が妊娠しちゃうか分からないから、こっちは必要かもよ」

レイ「そうね」

シンジ「……ゼハー、ゼハー、ゼハー」

57 名前:>>31から[sage] 投稿日:2012/03/24(土) 20:03:09.79 ID:4nD/fCtM0

カラオケ―

店員「時間はどうなさいますか?」

マナ「1か2かな」

シンジ「あまり長くは……」

マナ「じゃ、1時間半でお願いします」

シンジ「……」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/24(土) 20:14:45.37 ID:4nD/fCtM0

バタン

マナ「席、シンジは私達の間ね!」

レイ「……飲み物、何を頼むの?」

シンジ「僕はウーロン茶」

マナ「レモンスカッシュお願い」

レイ「了解」

ガチャッ

レイ「―――ウーロン茶、紅茶、レモンスカッシュを」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/24(土) 20:16:04.48 ID:4nD/fCtM0



マナ「ねぇねぇシンジ」

シンジ「なに?」

マナ「今日、私スカート短いでしょ?」ススッ

シンジ「そ……そうだね」

マナ「えへへ。部屋だし暗いし、脚が気になったらいつでも触っていいから♥」

シンジ「マナ。前にも言ったけど、カラオケでそーいうことはダメだって。カメラも付いてるし」

マナ「……つまんないの。なら、一曲上手に歌えたらご褒美にキス」

シンジ「え」

レイ「決定ね。曲、入れるわ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/24(土) 20:28:06.95 ID:4nD/fCtM0

シンジ「あのさ二人とも。僕の話は?」

レイ「碇君はイヤなの?」

シンジ「嫌っていうかマナーとしてどうかなって……」

マナ「ヤじゃないなら素直になろ。ンっ」

チュッ

シンジ「ちょっとマナ、まだ一曲も歌って無……んん!?」

マナ「ちゅぅ……だって1時間半ずっとシンジとキスしたいもん。いいよね?」

シンジ(う。か、かわいい……けど)

マナ「しんじぃ。ん、ちゅっ、ン」

レイ「碇くん……私も」

チュゥ、チュッ、チュゥ

シンジ「ぁう……あ、わ」

マナ「ねえ。やっぱり脚も触りたくならない?」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/24(土) 20:32:28.96 ID:4nD/fCtM0

シンジ「――――――はぁ」

マナ「ン……♥」ポー

レイ「……ハァァ」トロン

シンジ「そろそろ時間だから出ないと。立てる?」

マナ「ダメ……もっと」

シンジ「ごめん、帰って夕ごはん作らないといけないから」

レイ「いかりく……」

シンジ「ホントごめん! 追加料金分もここに置いて行くから、ゆっくりしてて!」

バタン



シンジ(なにやってるんだ、僕は)

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/24(土) 20:44:39.51 ID:4nD/fCtM0

スーパー―――

シンジ(何作ろうかな。最近は野菜も高いから)

マヤ「あれ、シンジ君?」

シンジ「あ。マヤさん」

マヤ「夕食の買い出し? ひょっとして、相変わらず食事はシンジ君が用意してるの?」

シンジ「ええ、まぁ。ミサトさんは相変わらずですし」

マヤ「もう……だから私の所に来ればいいのに。そしたら全部私が面倒見てあげる」

シンジ「ははは」

マヤ「シンジ君に色々教えてもらったから、随分料理も上達したのよ? 今度一回食べに来てみて」

シンジ「いいんですか? じゃあ……マヤさんの空いてる日にお邪魔させてください」

マヤ「ふふ。シンジ君だったら、いつだって邪魔なんかじゃないわよ」

シンジ「……」

マヤ「なんだったら今夜でもいいし……泊まっていっても」

シンジ「きょ、今日は遠慮しておきます。まだ宿題もあるし」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/24(土) 20:58:02.76 ID:4nD/fCtM0

ブロロロ…

シンジ「すみません、送っていただいて」

マヤ「気にしないで。シンジ君に他人行儀にされるほうが悲しいんだから」

シンジ「……ありがとうございます」

マヤ「ほらまた」

キキッ

マヤ「あーあ、もう着いちゃった……」

シンジ「助かりました。遅くなるところだったから」

マヤ「ううん、タイミング良くてよかった。シンジ君も免許は取ってみたら? もうすぐ18歳になるんだし」

シンジ「18歳……」

マヤ「? 私、ヘンなこと言った?」

シンジ「え。い、いえ全然。それじゃ……」

マヤ「あ、待って」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/24(土) 21:08:19.87 ID:4nD/fCtM0

マヤ「ね……」グイッ

シンジ「マヤさん?」

マヤ「どうせだったら……他人行儀じゃないお礼、ください」

シンジ「あの。た……例えば?」

マヤ「ふふ。シンジ君は、何分かだけじっとしてくれてればいいから」

ジーッ、ズル

シンジ「!?」

マヤ「あぁ……シンジくんの……はぁ、んむ」

シンジ「うっ」ビクッ

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/24(土) 21:15:20.43 ID:4nD/fCtM0

チュプ、チュク、レロレロッ

マヤ「ん、ぁん、ちゅぅぅ♥」

シンジ「ハァ、ハァ」

マヤ「あ……ぴくぴくしてる」

シンジ「マヤさ……ぅ」

マヤ「このまま、口に出して。お願いだから。ン、ん」

シンジ「くぅ、ぁぁっ」



プシュッ

シンジ「ただいま」

アスカ「おっそい!!! どこほっつき歩いてたのよこの馬鹿っ」

シンジ「まぁ……色々と。すぐご飯にするから待ってて」

マリ「楽しみぃ」

シンジ「あれ?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/24(土) 21:22:31.14 ID:4nD/fCtM0

シンジ「マリさん!? いつ日本に?」

マリ「ちわっす。今日パラシュートで落っこってきた」

シンジ「またそんな」

アスカ「まったく。あんたがいないせいで私が話相手させられてたんだから」

マリ「アスカちゃんは冷たいなあ」

シンジ「日本に来るなら事前に知らせてくれれば、もっといい物作る用意したのに」

マリ「あ、いいよいいよ。私の食べる分さえあればさ」

シンジ「ありますよ。それは大丈夫です」

マリ「わーい。わんこ君の料理は久しぶりだにゃあ」

シンジ(そうだ……後でマリさんに相談してみようかな)



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:レナ「 (^q^)あっぎょーーーーwwwwwwwwwwwwww」