キョン「逆に、国木田の財布はバリバリであって欲しいのだが」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「雨激しくなってきたな」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 08:24:47.95 ID:OPVs53HcO

キョン「最近バリバリなる物が流行っているらしい」

古泉「んっふ、何ですかそれは」

キョン「デートや買い物の時に、彼氏にマジックテープの財布で支払われるとなんか嫌だとか」

古泉「それでバリバリ……くだらないですねぇ」

キョン「でも、国木田がバリバリってやると可愛くて勃起すると思うのだが」

古泉「…………」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 08:26:34.10 ID:OPVs53HcO


古泉「意味が全くわかりません」

キョン「想像してみろ古泉。例えばだ」

………

……



国木田『あ、今日は僕が支払うよ』

キョン『いいよ国木田。俺が支払う』

国木田『でも、いつもキョンに奢ってもらってるし……』

キョン『おいおい。支払いは男がやるもんだ』

国木田『でも……悪いよキョン』



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 08:27:18.14 ID:OPVs53HcO



古泉「ちょっと待って下さい」

キョン『そんな事は無いさ国木田……』

古泉「ちょっと、待って、下さい」

キョン「なんだ古泉」

古泉「国木田君も男ですよね?」

キョン「何を言っているんだお前は。頭がおかしいのか?」

古泉「おかしいのは貴方ですよ」

キョン「国木田は『男』じゃなくて『男の子』だろうが」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 08:28:22.22 ID:OPVs53HcO

古泉「……それは何が違うんですか?」

キョン「そこから説明しないといけないのか?
駄目だな古泉。お前は全っ然駄目だ」

古泉「人の台詞をパクらないで下さいよ……」

キョン「わかりやすく説明してやる。谷口は『男』だろう?」

古泉「はい」

キョン「国木田は『男の子』だ」

古泉「…………」

キョン「…………」

古泉「……説明終わりですか?」

キョン「え?」

古泉「え?」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 08:34:56.17 ID:OPVs53HcO

キョン「ここまで言ってもわからないのか?」

古泉「わかる訳ないでしょう……ええっと、貴方も谷口君も国木田君も僕も同年代ですよね?」

キョン「今更何を言っているんだ」

古泉「この中で『男』は?」

キョン「俺とお前と谷口」

古泉「国木田君は?」

キョン「さっきから『男の子』だと言っているだろう……しかもただの『男の子』じゃないぞ?可愛い『男の子』だ。
国木田がどれくらい可愛い『男の子』かと言うとだな。あれは今から」

古泉「もう良いです。何となくわかりましたから……で、そんな国木田君の財布がバリバリであって欲しいと。そう言いたいんですね?」

キョン「うむ」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 08:43:42.75 ID:OPVs53HcO

古泉「国木田君の財布を見た事ないんですか?」

キョン「無いな」

古泉「友人でしょう?」

キョン「中学の頃から、いつも俺が奢っているからな……」

古泉「……見せて貰えば良いじゃないですか」

キョン「えー」

古泉「えーってなんですか」

キョン「ちょっと怖い」

古泉「怖いとは?」

キョン「もし、国木田の財布がバリバリ以外だとしたら俺は……」

古泉「…………」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 08:51:10.31 ID:OPVs53HcO

古泉「もし、バリバリ以外の財布を仕様しているのだとすれば、貴方がプレゼントしてあげれば良いじゃないですか」

キョン「何をだ」

古泉「バリバリの財布ですよ。ブランド物で使いやすいバリバリの財布も結構ありますし……」

キョン「はぁ……古泉」

古泉「ちょっと、何ですかその冷めた目は」

キョン「お前は本当に駄目だな。全っ然駄目だ。何もわかっちゃいない」

古泉「…………」

キョン「バリバリの財布をプレゼント出来るのは、母親だけだ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 09:19:18.75 ID:OPVs53HcO

古泉「意味がわかりませんよ」

キョン「ブランド物なんて言っている、お前の方が意味がわからない」

古泉「やれやれ……貴方が望む物が僕にはさっぱりですよ」

キョン「お前にはまだ早い」

古泉「……で、いつ確認するんですか?」

キョン「何を確認するんだ」

古泉「国木田君の財布ですよ」

キョン「……確認するの?」

古泉「ここまで来たら、確認せずにはいられませんよ。
貴方が嫌だと言っても、僕一人で確認して来ますが……」

キョン「待て。待つんだ古泉!?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 09:35:18.26 ID:OPVs53HcO

………

……



キョン「……どうしても、今確認するのか」

古泉「ええ。休み時間も残り少ないですしね」

キョン「…………」

古泉「……別に、国木田君の財布がバリバリじゃなくても良いじゃないですか。
それで可愛い『男の子』では無くなる訳ではないでしょうに」

キョン「確かにそうだが……しかしだな」

古泉「現実から目を背けるのは貴方の悪い癖ですよ。覚悟を決めて下さい」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 09:44:16.11 ID:OPVs53HcO



ガラッ

古泉「こんにちは国木田君」

国木田「古泉君?珍しいね。僕に用かい?」

キョン「国木田……」

古泉「んっふ、用って訳ではないんですがね……国木田君、ちょっと財布を見せて貰えませんか?」

国木田「財布?」

古泉「ええ。皆がどのような財布を仕様しているか、彼と話をしていまして。
因みに僕の使っている財布はこれです」

キョン「俺の財布はこれだ」

古泉「それで、国木田君の財布は……おや?どうしました?」

国木田「…………」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 09:52:31.00 ID:OPVs53HcO



国木田「僕の財布は……皆に比べたらちょっと」

古泉(ま、まさか)

国木田「笑わないでよ?僕にとっては……」

キョン(バリバリフラグ!?)

国木田「大事な財布なんだよ?」

キョン「……え?」

国木田の財布は

黄色で長い財布だった。

古泉「金運アップ……ですか」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 10:05:25.41 ID:OPVs53HcO

国木田「うん。この財布はね」

キョン「国木田あああぁあぁあぁあっ!?」

古泉「!?」

国木田「ちょっとキョン!?何をするんだよ!?」

キョン「こんなオバサン臭い財布……お父さんは認めませんっ!?」

国木田「意味がわからないよ!やめてよキョン離して!この財布は……」

キョン「そぉいっ!」

バリバリッ

国木田「あ……」

国木田の黄色い長い財布は、安物らしい音をさせて綺麗に引き裂かれた。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 10:07:20.06 ID:OPVs53HcO



キョン「よし……国木田お前に似合う財布はだな」

ポタッ

キョン「えっ?」

国木田「ひどい……ひどいよキョン……」ぽろぽろ

古泉「……国木田君?」

国木田「ぐすっ……この財布は……ひっく……亡くなったお婆ちゃんが僕に……」

キョン「…………」

古泉「…………」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 10:29:23.09 ID:OPVs53HcO



キョン「く、国木田、違うんだこれは」

国木田「ぐすっ……もういいよ……」

キョン「あ……」

国木田は引き裂かれた黄色い財布を鞄に入れ、泣きながら教室を出ていった。

古泉「……これは完全に嫌われましたねぇ」

キョン「…………」

古泉「で、どうするんですか?」

キョン「……屋上」

古泉「は?」

キョン「国木田に嫌われた……もうこれは死んで詫びるしか」

古泉「ちょっと落ち着いて下さい」

キョン「止めるな古泉……俺はもう生きていけない……」

古泉「長門さんがいるじゃないですか」

キョン「!!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 10:31:44.87 ID:OPVs53HcO

古泉「長門さんなら簡単に直せるんじゃないですか?
ついでに記憶の改竄も……」

キョン「長門おおおおおぉぉおぉおっ!!!!!」

古泉「……やれやれ、忙しい人ですねぇ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 10:35:07.89 ID:OPVs53HcO

………

……



古泉「と、まぁそんな訳でして。長門さんに頼んで無事に終わりました」

森「ふむ……貴方も苦労しますね古泉」

古泉「んっふ、もう慣れましたよ……あ、すいません珈琲のおかわりを」

店員「かしこまりました」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 10:43:00.81 ID:OPVs53HcO

森「で、その荷物は?」

古泉「バリバリが頭から離れなくて……つい買ってしまいました」

森「スニーカー、ね……」

古泉「バリバリはサイド部分だけですがね。
あ、森さん持っていましたよね?バリバリのスニーカー」

森「その言い方はやめなさい……あれは戦闘の練習に良いんですよ。靴紐を気にしなくていいから」

古泉「森さんらしいですねぇ」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:17:14.18 ID:OPVs53HcO

古泉「まぁ、そんな感じで。今日の経過報告は以上です」

森「平和で良いです事……あら?」

新川「おや、これは奇遇ですね。任務中ですか?」

古泉「新川さん?どうしてここに」

新川「美味しい珈琲を提供してくれる店があると聞きましてね」

古泉「それでわざわざ……?」

森「新川らしいわね」

新川「噂通り、なかなかの味でした。ここの店主は、珈琲と言う物ををわかってらっしゃる」

古泉「確かに美味しいですが……」

森「新川は昔から珈琲にはうるさいから」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:18:26.59 ID:OPVs53HcO


新川「ゆっくり味わってもらえれば、違いはわかるでしょう。
私は先になりますが……そうだ。支払いは私がして置きましょう」

古泉「いえ、そんな」

新川「まぁ、気になさらずに」バリバリ

古泉「あ」

森「あ」

新川「おや、どうされましたか二人共?」



59 名前: ◆HLR2b16n72 [] 投稿日:2009/10/21(水) 13:02:35.85 ID:OPVs53HcO

もう考えつかん

終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アガサ「できたぞ新一、犯罪者を殺すスイッチじゃ」