橘「ここに隠れてるとは…」 キョン「人のベッドで何をしている」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門にスイッチ…?」

ツイート

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 18:50:42.75 ID:PIxvTuLy0

橘「………」

キョン「おい」

橘「………」

キョン「もうバレてるぞ」

橘「………」

キョン「…出てこい」

橘「よく見破りましたね…」

キョン「玄関に靴が揃えて置いてあったからな…」

橘「………抜かったのです…」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 18:56:54.71 ID:PIxvTuLy0

橘「でもベッドの下にいるとよく解ったのですね…褒めてあげるのです…」

キョン「お前、たまに思ってること声に出しちまうことあるだろ…」

橘「…………たまに……出てました?」

キョン「思いっきりな…正直ビビった」

橘「そうでしたか…まあそれは置いといて…」

キョン「出ようか」

橘「……ややっ…水着のお姉さんの本発見なのです…」

キョン「………」

橘「キョンさんも男の子ですねえ…」

キョン「………」

橘「中身見ちゃうのです…ん…?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 19:01:27.88 ID:PIxvTuLy0

橘「キョンさん…」

キョン「なんだ」

橘「懐中電灯とか無いのですか?暗くてよく見えないのです…」

キョン「何様だ…」

橘「あれ?いいんですか?キョンさんの弱み、握ってるのですよ?」

キョン「仕方ねえ…ここ置くぞ」コト

橘「お手数かけるのです…よっ」

キョン「かかったな」ガシ

ズルズルズルズル…

橘「ひゃあ!」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 19:05:16.08 ID:PIxvTuLy0

橘「離すのです!離すのです!」ピチピチ

キョン「暴れるな…鰹かお前は…」

橘「キョンさん秘蔵の一冊がどうなってもいいのですか!」

キョン「ヤンジャンだぞ…それ…」

橘「あ…」

キョン「探してたんだ」

橘「……」

キョン「じゃ、帰ろっか…」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 19:13:12.21 ID:PIxvTuLy0

橘「帰るのです…でもその前に…」

キョン「まだ何かあるのか?」

橘「引っ張られた時、何かに引っ掛けて怪我しちゃったのです…」

キョン「なに!?悪かった、そんなつもりじゃ無かったんだが…」

橘「ずうずうしいお願いなのですが…絆創膏とかあったら分けて欲しいのです…」

キョン「ちょっと怪我の具合を見せてくれ」

橘「あう…場所が場所なので…自分で貼るのです…」

キョン「すまない…ええっと…確かこの辺に…」ガサガサ…

キョン「あった…橘、コレで…」

橘「………隙だらけなのです…」

キョン「…………」

キョン「………出てこい…」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 19:19:36.58 ID:PIxvTuLy0

橘「……キョンさん…」

キョン「なんだ」

橘「今日のキョンさん、テンション低いのですね」

キョン「疲れてるから早く寝たいんだ…」

橘「私は気にしないでください」

キョン「そうもいくか」

橘「………」

キョン「………」ピッピッピ…

橘「どこにかけたですか?」

キョン「佐々木んとこだ…引き取ってもらう」

橘「佐々木さんなら家族で旅行に行ってるのです」

キョン「…」プツ

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 19:25:13.78 ID:PIxvTuLy0

キョン「要求は何だ…」

橘「流石キョンさん、話が早いのです」

キョン「佐々木側に付け…か?…そういう後が面倒なのは御断りだ」

橘「どんなならいいんですか?」

キョン「すぐ片付く要求だ」

橘「…………」

橘(今日一緒のおふとんで寝てもいいですか…)

橘「えと…」

キョン「言うだけ言ってみろ」

橘「あの…」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 19:33:13.77 ID:PIxvTuLy0

キョン「早くしてくれないか」

橘「いっ……おふ………こっち側に付けってことなのです!これが要求なのです!」

キョン「はぁ…」

橘「………?」

キョン「いい加減にしろよ橘…」

橘「………ぅ…」

キョン「出てこい」

橘「……いやです…」

キョン「出てきなさい」

橘「……叱る?」

キョン「怒らないから出てこい」

橘「……絶対怒るのです、だから出ないのです…」

キョン「橘ぁッ!!!」

橘「!!!!!」ビクーン!!

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 19:42:54.99 ID:PIxvTuLy0

キョン「何しにきたんだ?俺を怒らせに来たのか?そうなんだな?」

橘「あ…ちが…」ブルブル

キョン「もう知らん、勝手にしろッ!」

橘「ぁぅ…そんな…つもりは…ごめ…ごめ…なさい」ビクビク

キョン「何だって!?ハッキリ言えッ!言えよッ!」バンッ

橘「!!!…………ぁぅぅ〜…」ガタガタ

キョン「解った…好きなだけそこにいろよ…俺は漫喫に行くからな…じゃあな」

橘「…ま…って…まっ……て…出……ます……行か……な…い」カクカク…

バタンッ!!

橘「……………」


橘「…………」



橘「ふぇ…ひっ…ぇひぇ…う゛え゛えええ〜…」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 20:33:00.44 ID:PIxvTuLy0

橘「うっうっう…うっく…うっう…」フルフル

何しにきたんだ?俺を怒らせに来たのか?そうなんだな?
もう知らん、勝手にしろッ!
何だって!?ハッキリ言えッ!言えよッ!
解った…好きなだけそこにいろよ…俺は漫喫に行くからな…じゃあな



橘「あっううぅうう〜……ぶわぁあああ〜…はう…はうぁあ〜…」ブワー

キィ…

妹「あのぅ……」

橘「ふえ?」

妹「けんか?」

橘「ぐすっ…いいえ…私が悪いのです…私が…私…なんであんなこと…しちゃ…うえぇ〜…」

妹「あのね、えとね、きっとキョン君、じきに帰ってくると思うの」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 20:35:44.98 ID:PIxvTuLy0


橘「えぐっ…ひぐ…なんでそう思うのですか?」

妹「昔あたしが悪戯してキョン君の工作壊しちゃったときもね、ああやって出てっちゃったの…」

橘「………ひっく…」

妹「でもね、あたしが泣きながら壊した工作をね、できるだけ元通りにしようとしてたらね」

妹「キョン君たら、いつの間にか帰ってきててね、あたしの頭をね、優しくぽこってやって、もうするなよ…って…」

妹「それで、あたしがもうしないよって言ったらね、買ってきたシュークリームくれるの。そういうひとなの」

橘「だって…それは…あなたが身内だからなのです…私は違うのです…きっと…嫌われ…ぐひっ…ひぃぃ〜ん」

妹「みうちだからわかるのです!安心無用なのです!」

橘「不安なのです…不安なのです…」




モノカゲ
キョン(ぬうぅ…奴め…余計なマネを…)

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 20:42:12.53 ID:PIxvTuLy0

妹「ここでゆっくりしてるといいよ!じゃあね」

橘「…でもぉ……」

ガチャ

妹「!!」

キョン「…」

妹(遅いよー!キョン君のカノジョ?)ジェスチャー

キョン(違う)

妹(来てくれると思ってたよ〜)

キョン(ほっとけ…)

妹(シュークリーム買った?あたしのぶんもある?)

キョン(それなんだが…)

妹(鮭おにぎり!?何考えてるのキョン君!)

キョン(これしかなかったんだよ…)




橘「きっと私がいる限り帰ってこないのです…もう帰ろう…」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 20:47:44.22 ID:PIxvTuLy0

ガチャ…

橘「!!」

妹「!!」

キョン「…」

妹「ごゆっくりっ」ピュー

橘「……あっ…」

キョン「……」

橘「………あ…う…」

キョン「…………」

橘「さよならなのですっ」

キョン「まてい」ガシ

橘「…………」

キョン「何か言うことあるんじゃないか?」

橘「ごめんなさい…なのです…」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 20:50:07.51 ID:PIxvTuLy0

キョン「はぁ…まあ入れよ…」

橘「でも〜…うぅ〜…」

キョン「飯食ってないんだろ?食ってけよ…」

橘「はい…」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 20:59:56.95 ID:PIxvTuLy0

キョン「ほら、あいつから聞いただろ…そういうことだ」

橘「シュークリームだと聞きました…」

キョン「文句つけるな…食わんのか?」

橘「頂くのです…」

キョン「……橘…」

橘「あい…」モクモク

キョン「さっきは大声あげて悪かった…疲れててな…」

橘「悪いのは私なのです…調子こきすぎたのです…」モクモク

キョン「何せハルヒが『キョンの脳内麻薬を出す』とか言い出してな…バキを貸したのが間違いだった…」

橘「………」モクモク

橘「…………」

橘「ふぇえええ〜…」ブワ

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 21:04:32.76 ID:PIxvTuLy0

キョン「突発的に泣き出すなよ…」

橘「だっで…いつものキョンさんだから…安心したら……ごめんなさい〜」

キョン「あ〜あ〜、悪かった…ほれ鼻水拭け」

橘「あんなに怒鳴るなんて酷いのです!酷いのです!」

キョン「眠くてイラついてたんだよ…悪かったって…」

橘「嫌われたかと思っちゃいました…」

キョン「嫌われるようなことすんなよな…」

橘「あい…」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 21:09:50.67 ID:PIxvTuLy0

橘「ご馳走様でした…今日はもう帰りますね…」

キョン「送ってくぞ」

橘「すぐそこの駅なので大丈夫なのです」

キョン「駅?電車あるのか?」

橘「はうっ…終電逃したのです…」

キョン「仕方ないな…泊まってくか?」

橘「…………」

キョン「どうすんだ?」

橘「……断ったら私のこと、嫌いになりますか?」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 21:20:11.11 ID:PIxvTuLy0

キョン「あん?…いや…別にそんなことは無いが…」

橘「じゃあ…お言葉に甘えさせてもらうのです…」

キョン「そうしとけ…じゃあ客室に布団を…」

橘「キョンさんの部屋がいいって言ったら…嫌いになりますか…?」モジモジ

キョン「何?」

橘「………」

キョン「…そんなことも…無い…」

橘「一緒の…おふとんで…寝たら……」

キョン「おいおい…」

橘「嫌いになりますかぁ…!?」

キョン「汚いぞ橘………解ったよ…そんな泣きそうな顔すんの止めてくれ…」

橘「キョンさんの弱点を発見なのです!ざまあみろなのです!これからちょくちょく使わせてもらうのです!あははっ」

キョン「コイツ…やっぱり放り出しておけば良かったかな…」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 21:30:29.56 ID:PIxvTuLy0

橘「キョンさん…」ドキドキドキ

キョン「んー…」

橘「なんでそんなに平然としてるのですか…?」ドキドキドキ

キョン「なにがー…」

橘「何がって……女の子と同じお布団なのですよ……?」ドキドキドキ

キョン「しょっちゅう妹が潜り込んでくるからかな……もう寝ろよ…」

橘「歳を考慮するのです!あの子は小学生なのです!」ドキドキドキ

キョン「言動を見る限り大差ないね……俺もう寝るぞ…」

橘「………」ドキドキドキ

橘「………キョンさん…もっとそっち行ってもいいですか…」バクンバクンバクン…

キョン「んー…」

橘「ゴクリ…では…」モゾモゾ

橘(ひゃあああああ!!)

橘(ひゃああああああああああああ!!)

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 21:43:38.22 ID:PIxvTuLy0

橘(ひゃあ……ひゃあ……)

橘(だいぶ落ち着いてきたのです…)

橘(キョンさんに嫌われずに済みました…安心なのです…)

橘(キョンさんは厄介な男性なのです…不安にさせたり安心させたり…)

橘(今だって…こうして服の端をつまんでいるだけで…それだけで凄く安心するのです…)

橘(眠くなってきたのです…眠る前に…今後の課題は…)

橘(嫌われないだけじゃなくて…好きにさせるどりょくを…むにゃ…)

橘(いつか…いつの日か…)

キョン「うーん…」ゴロリ…ギュ…

橘(ひゃあ!!)

              おし まい

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/19(月) 21:59:48.87 ID:PIxvTuLy0

森さん佐々木朝倉橘は虐げて輝く

長門をいじめるな



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「蘭のツノが回転をはじめた」