キョン「俺は梓が好きだ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「近寄らないでもらえますか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:34:58.82 ID:/E+/I71hO

後は任せた。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:35:36.24 ID:0kLS6XI80

        /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                    ┏┳┓
.       /.:::::::::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .   ┏━━━┓┏━━━┫┃┣┓  ┏┓
       '.:::::::::/::::::::::::/:::::::|:::::::::::::::::::::}:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::i   .   ┣━━━┫┗━━┓┣┻┫┃  ┃┃
     l::::::::/::::::::::::/」:::::::{::::::::::::::::::/ハ:::::::∧::::::::::::::::::::l::::::::::|    ┗━━┓┃      ┃┃  ┃┃  ┃┃┏━━━┓
      i::::::/::::::l:::::i´八::::∧:::::::::::::/-‐|::::/. ハ::::::::::'::::::ト.、:::}_       ┏┛┃    ┏┛┃  ┗┛  ┃┃┗━━━┛
      i:::::::::::::::l:::::|   ∨ ∨::::::/  |::/  ヽ }:::::/:::::::!:::::::/:::::ヽ    ┏┛┏┛  ┏┛┏┛    ┏━┛┃
     ∧::{:::::::八:::|ァ==ミ  ::::::/   j/    ハ!/:::::::::|///::::::::::::.   ┗━╋┓  ┗┳┫      ┣━┳╋━┓
.    /::∧ト、:::::::|Kl rし.::ハ   ∨  xァテミメ.ノ::|::::::::::::|//ハ::::::::::::::    ┏┛┗┳━┛┗━┓┏┛  ┗┛  ┗┓
   /::/:::::i:::::ヽ::ゝ V:::::゚ノ        rし.:::::}ヽ刈:::::::::从::/∧:::::::::::::.     ┣    ╋┓┏┓┏┛┃            ┃
.  /::/::::::::|:::::::::ト  ,,,          ヽ:::゚ソ  ノイイ:::::/   ',:::::::::::::. .   ┃┃┃┣┛┗┛┗┓┃            ┃
  i::::::::::::从::::::::j       '    ,,,     /::::::::::::/    l::::::::::::::l . ┃┃┃┣━┓┏━┛┗┓        ┏┛
  |:::::::::::/ハ::::人                  /::::::::::::/     l::::::::::::::l  ┃┃┣╋━┛┗━┓  ┗┓    ┏┛
  |::::::::::'  ',:::::::::`ト .    、          .イ::::::::::::/      l::::::::::::::l . ┗┫┃┗━┓┏━┛    ┗┓┏┛
  |:::::::::!   V:::::::::l斗へ、          .イヘ|::::::::::/        l::::::::::::::l   ┗┛    ┗┛          ┗┛
  |:::::::::i  /}:::::::八: : : :/ヽ. __   <    ノ:::::::/\        !::::::::::::::l
  |::::::::::V: : ∧::/: : : : :/  }       /イ:::/: : : :\    j:::::::::::::::!
  ',::::::::/: : //∧: : : : :,′        /: :ノイ: : : : : : :\  ,:::::::::::::::∧
   ∨/: :.://∧∧: : : i`ヽ       / : : : : : : : : : : : /〉 /::::::::::::::/ }

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:36:40.35 ID:6iJxIhA80

 i゙ /:/ .i:::::l::::::::::/l:::::/ |::ト;:::::::::::::::::::::::::l:::::.ヽ:::::::::::::::::l::::::l::::::::l`ヽ、.  \
 |./.:.:/   .l:::::|::::;;;;_i |:::/  |::|.ヾ、::::::::::::::::::::ト;:::::|ヽ:::::::_;;ィ|!:::::l::::::::l   l:ヽ、 /
 ゙ー,ァ゙   |:::::|:::::::::l`l'''ト、 |::l ヽ`''、:::::::::::::l.ヽ;::l_,,>f´::::::|i;:: |::::::::|   |;;;;j.,/
  /(._   l::::::l::::::::::l l:|. `'ヾi、  \ \::::::::;lィ'i´!  i:::::::::| |::|::::::::::l  { ヽ、
. / /`iヽ,|::::::::|::::::::| __l|____ヽ,\  \ ヽ:/::レl;|__,l:::::::| .|;l:::::::::::| ,イiヽ, .〉
/ ./:::l |:|:::::::::|i::::::Ki゙f::::iiii::''Tミ     ヽ `夊T'''iiiii::li;::|>i}!:::::::::::l}イ |:l:::i∨   あんた、ツインテ萌えだったのね?
ヽ. {::|:| |::|::::::::::ト、:::| ゙わ::;;;;::リ         わ::::::::;;ハリ./|:::::|::::::l::|  |:!:::!
 `|::|:| |:::l::::::::::l::|ヽ{. ゞ=''"'         ゙ゞ=='彳   |::::l::::::l::::l  |:|:::l
  |:::|l:| |_;;;l::::::::l::l, ゙ヽ         l            l::::l:::::;il__:|/l|::::|
  |::l .゙i'-{ |l;::::::::l::l、                     ,イ:::!:::::,!.l .|~i、|.|:::l
  .|:l. レ゙l::::l l;::::::::l:|.ヽ                 ./リ::/::::/ l:::l .|. V::リ
  ヾ/  l:::l l;::::::::l|.  \        ´ `      / /::/::::/ .|::i゙ l  |:/
   i.  |:::l トi;::::::'l.   `i、          ,,ィ゙   /::;':::::/ l::l l .j
   .l   !:::| l ヽ;:::i     l,,__`''ー 、 __ ,, '''´ _l   /;:イ::::/  l:リ / /
    ヽ   !:::l | ヽ;:l     | `''ー、   ,,ィ''´l   /' /:/  /:'./ /


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 21:37:10.54 ID:2Dy8SMNK0

憂が好きだというべきだったな

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:38:43.07 ID:K7Zgn5nK0

ハルヒ「…キョン、それ、ゴキブリ…」

カサカサ

キョン「何言ってんだ!ハルヒ!!!これはあずにゃんだ!!!」

みくる「ひっ!?こっち近づけないでください〜!」

古泉「…落ち着いてください、あなたがあずにゃんと呼ぶ、それは…ゴキブリです、目を覚ましてください!」

キョン「…お前等何言ってやがる!これはあずにゃんなんだ!!」

カサカサ

長門「…それはゴキブリ…あずにゃんはただの幻覚」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:41:08.06 ID:6iJxIhA80


          〆 /!-‐l:::l :::::/!::::::l:::::::::::::::::::::',:::: ! : : l ', : :l ヽ、__/:',
         ト、// |-‐::!::| :::::! l :::::|'i::::::::::::::::::::i:::::l゙i ┛┗ ! ,>',:::: | ビキビキッ
         /´:::ゝ、i〉 :::::!:it::、_i i::::::i \::::::::::::::!:_;|- ┓┏ !イiヽヽ: |
           i .::/ //∧ :::| ! \ !`ヾ、:ヽ. \::::/i|ム‐|、i:/!:: | ! ', ヽヽ!
           | / !/ i::::〉:::ト:! ,ィ≠ミ:ヽ` 丶   ' ゞ;ィ=≠ミゝ|::: l,.| i::::i |
        i i、_」i |:/∧:::゙i`代〃 ::ハ         fヾ〃:ノ/ !::: !^l |::::ソ!
        | ::i `'\! | i´t、゙i. ゝ- '    ,    ゞ-‐' ' |:::ム./'"::::::| |
        l ::| ::::::::ii、!ヽ `ヾ_ゝ    、__,..__,     /::/´::::l:::::: :! |  さあ、このスレがどうなるのか・・・>>1も見てなさいよっ!!
           !:::i :::::::::i:ヾ. `  `‐ 、_          /!:/:::::::::i::::: / |
         ! :|i :::::::ヾ ゝ       ̄ ヽ     .イ:::/:/::::::::::/::: /:: l
         | :i l ::::::::::ヽ \.       `i _, < .|`メ/::::::::/::::::/}: /
         ヽ.! ヽ :::::_;; ゝ;:〉=-. ,_._   /     メ i:::::::/‐-、/ レ
          rヽr‐t´  ./:::::::::::....` ‐、/_    __,,} ヽ:/     ̄!`i‐、_
        / ヽ y´ ̄ ̄`"‐-、 "ヾ:::::..〉 `  ´  |   `    .| } | `ヽ
       /   Y        弋‐--y'_,,-‐‐- ,,_|       / / i 、  \
       !    /          `  } -‐‐‐--==l      / / /  ` ‐  \


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:43:06.52 ID:/E+/I71hO

キョン「はぁ〜…出会いがほしい…」

唯「え」

澪「え」

律「え」

紬「あらあら」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:47:20.53 ID:/E+/I71hO

澪「キョンでも女に興味あったんだ」

律「ほんと意外だよな〜」

キョン「あのなあ…俺だって健全な高校生だぞ?」

キョン「性欲を持て余したい時もある」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:47:25.53 ID:6iJxIhA80

        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |
    |:.7 /トr|: : : :」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ  はぁっ…
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |  あらあら・・・ってか
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!  ムギちゃん誰かと、なんか似てるわよね
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:48:10.49 ID:gaFbbgsW0

俺は中央本線の特急ならしなのの方が好きだけど

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:49:15.76 ID:AySyO+GM0

放課後になり、ハルヒと部室に行こうとしたところで
普段目もくれない廊下の掲示板になにやら派手なポスターが貼ってある

キョン「軽音楽部定期ライブか・・・。」

キョン「桜高校からゲストバンドだそうだ。行くか??ハルヒ。」

ハルヒ「ふん、どんなもんか見てやろうじゃないの。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キョン「すごかったな。あれで結成して1年ちょっととは思えないな。
    それにあのツインテールの女の子・・・・・・。」

ハルヒ「なによ。あんたポニーテール派じゃなかったわけ?」


こうですかわかりません><


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:52:44.81 ID:/E+/I71hO

澪「へ〜…嘘言ってるんじゃないだろな?」

キョン「何で嘘つく必要があるんだよ?」

律「いやだってこんだけ美少女がいるのに、誰にも欲情してないじゃん」

キョン「いやなんでこの仲の話になるんだよ?」

澪&律「駄目だこいつ…早くなんとかしないと…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 21:59:02.90 ID:/E+/I71hO

キョン「さっきからお前らは何が言いたい?」

澪「はぁ〜…」

律「ムギ…あの馬鹿に何か言ってやれ…」

紬「う〜ん…」

紬「じゃあキョンくんはこの中でおかずにするなら誰?」

一同「!?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:04:44.04 ID:/E+/I71hO

澪「な、何言ってんだよ!ムギ!」

キョン「そ、そんなの言える訳ねえだろ!」

紬「言える訳ないって事はいるって事ね」

紬「真面目に質問してるから真面目に答えなさい。決してからかってるとかそんなんじゃないから」
キョン「…」

澪「さすがにそんな質問おかしいんじゃないか?」

律「そうだよ、いくらなんでも」

キョン「…だよ」

紬「え?聞こえないよ?キョンくん」

キョン「俺は梓をおかずにしている?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:05:11.80 ID:pjNe7ywRO ?2BP(151)

sssp://img.2ch.net/ico/kita_.gif
いいよ、うん、すごくいい

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:10:37.57 ID:/E+/I71hO

紬「梓ちゃんね♪」

澪「すごい疑問系だな…」

律「ロリコンとかマジねえわ…」

キョン「俺は気付いちまったんだ…梓が好きだって…」

キョン「そして、それがどんどん性欲に変わってきて…いつしかおかずに…」

キョン「まあおかずにはしてないけど、梓の事は友達以上だと思ってるよ。」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:13:09.59 ID:/E+/I71hO

澪「…」

律「ん…まあ、半分引いたけど半分いいんじゃね?」

紬「で、いつするの?」

キョン「え」

紬「梓ちゃんに告白よ♪」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:14:05.19 ID:t1bQwZvl0

ぼくもあずにゃんをおかずにしこにゃんしてるのにゃん
っていうかむしろあずにゃんでしかしこにゃんできないのにゃん

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:15:57.19 ID:/E+/I71hO

律「いや待て待て」

澪「いくらなんでも早すぎじゃないか?」

紬「何言ってるの♪ここはキョンくんが男を魅せて梓ちゃんを落とすべきよ♪」

キョン「ムギ…俺がんばるよ…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:18:53.76 ID:/E+/I71hO

澪「この馬鹿を納得させたよ…」

紬「部活の後でもデートに誘いなさい♪」

律「そういやそろそろ梓が来る時間帯だな。…がんばれよキョン」

キョン「ああ…」

ガチャ

梓「こんにちわあ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:21:49.19 ID:/E+/I71hO

キョン「よ、よぉ…梓」

梓「?こんにちわキョン先輩」

キョン「…」

梓「…」

梓「…あの、そこ通りたいんですけど」

キョン「ああ…スマン」

澪「(さすがヘタレ)」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:24:28.61 ID:t1bQwZvl0

このキョンってやつを自分に脳内変換して楽しむのにゃん!

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:27:42.21 ID:/E+/I71hO

キョン「あの…梓」

梓「何ですか?」

キョン「お前これつけた方が似合うぞ」

梓「…え?」

律「(おいおいいきなりネコミミなんて出したら引かれるに…)」

梓「先輩がそう言うなら、付けます///」

澪&律「えぇ〜!?」

紬「(両想いフラグ…)」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:30:50.29 ID:/E+/I71hO

キョン「可愛いぞ梓」

梓「そんなに頭撫でないでください///」

澪「あれ?すごい良い雰囲気」

律「もう恋人でいいだろ…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:37:19.48 ID:/E+/I71hO

キョン「今日一緒に帰らないか?」

梓「はい!お供させてもらいます///」

澪「…私も彼氏ほしいな」

律「私も…」


後は任せた

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:40:46.35 ID:UJJuzKeb0

キョン「梓、ここがいいんだろ?」

梓「やっ、そこはだめですよう」

キョン「グヘヘヘヘヘ」

梓「ううう……」

キョン「よく我慢したな、でかい耳くそが取れたぞ」


めでてぇ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:41:54.48 ID:XbE2jRV0O

キョンはハルヒのマンコでも舐めてろ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age] 投稿日:2009/10/17(土) 22:42:40.15 ID:pfjW0tvKO

紬「やらないか」

後の人〜よろ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:42:50.21 ID:WVo0vNnVO

キョン「じゃ、下校時刻に校門前な」

梓「は、はいっ///分かりました」

キョン「えっと……」

梓「……///」

キョン「///」


律「私達完全に空気だな」

澪「ああ…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:45:37.92 ID:6TQXbsUT0

wktk

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 22:45:43.80 ID:wr7F7gVBO

律「私たち完全にデンドロビウムだな」

澪「ああ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:46:45.04 ID:U8cl8kuY0

あずにゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:48:44.96 ID:O6YZl/FtO

L!o!v!e!ラブリー梓!

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 22:50:43.14 ID:dS3f+Z/60

キョン「今日の帰りは梓とか…俺にもようやく運が回ってきたな」

?「うんたんうあんたんwwww…うーうぇ!!!」

タタタッ

キョン「?誰?」

?「おぎゃwwwwwwwきょんくんwwwww」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:51:19.59 ID:WVo0vNnVO

キョン「じ、じゃあ…」

唯「おいーーっす」

律(おいコラ唯!!)

唯「ふぇ〜、掃除つかれた……あ、あーずにゃ〜ん」

梓「な、ちょっと先輩、くっつかないで下さ…」

唯「ん〜、あずにゃ〜ん…」スリスリ

キョン「………………」

澪(あぁ、キョンが嫉妬に狂った感じの目をしている!!)

律(軽く死亡フラグだろ、コレ…)

紬(ハァ……ハァ……)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 22:53:15.99 ID:dS3f+Z/60

やっぱこっち系は需要ないよな

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 22:55:07.02 ID:R880hJmLO

       ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄
            \/ ̄  ̄ ̄\/
            / へ   へ \
          /   ●   ●   \   照れるぜ///
          |   \___/    |
          \    .\/    /
         //,,― -ー  、 , -‐ 、\
       ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:01:01.44 ID:/E+/I71hO

マダー?

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:01:59.24 ID:WVo0vNnVO

唯「あ、キョンくんやっほ〜どしたの?」

梓「放してくださーい――っ」

キョン「……いや、ちょっと駄弁ってただけだ。てか、んなベタベタくっつくな。梓が嫌がってるだろ」

唯「むー、だってあずにゃん温かいよ?あ、キョンくんもあずにゃんギュッてする?」

キョン「こ、断るっ」

梓(断られちゃった…)

キョン「あ、いや、別に梓のことが嫌いとかじゃなくてだな、その…なんだ、社会的にというか」

梓「ほ、ホントですか?」

キョン(く、意識してみると梓めっちゃ可愛いな畜生!!)


後は頼んだ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age] 投稿日:2009/10/17(土) 23:01:59.94 ID:pfjW0tvKO

梓は俺の家具

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:06:08.61 ID:Y6kUGvSH0

唯「キョンくん、遠慮しなくていいんだよ?ほら、ぎゅーーって」

キョン「・・・い、いいのか?」

梓「キョン君さえ良ければ・・・」

キョン「分かった。痛くしたらすまん」

梓「・・・は・・・はい」

ギュ

キョン「・・・あったかいな」

梓「(キョン君の胸の鼓動が・・・)」

唯「へへへー♪私もキョン君にぎゅ!」

キョン「お・・・おい!」


こんな感じか

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:07:10.51 ID:881sIA4E0

イイヨイイヨー

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:09:06.89 ID:/E+/I71hO

続けるんだ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:09:17.88 ID:O6YZl/FtO

L!o!v!e!ラブリー梓!L!o!v!e!ラブリー梓!

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:12:03.55 ID:Y6kUGvSH0

キョン「こら!唯押すな!」

ガッ←躓く

唯「ほえ?」

梓「え?」

キョン「わぁぁぁぁぁぁ!!!」

ガシャーン(三人倒れる)

キョン「梓、だいじょう・・・!?」


梓「あ・・・あの・・・(ドキドキ)」

キョン「(か・・・顔が近い・・・これはすぐにでもキスが出来る距離ではないか!)」

唯「うう・・・ごめんね、二人とも」

キョン「(いや、唯さん。ありがとうございます!!(合掌))」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[ごめん、リビドーがとまらねぇ] 投稿日:2009/10/17(土) 23:14:12.30 ID:dS3f+Z/60

キョン「げ、…平沢さんかよ…」

唯「きょんくん!!wwwwこんにちゅわ!!wwwww」

キョン(関わりたくねぇ…が致しかたない)
キョン「こんにちは、平沢さん」にこっ

唯「wwww」

キョン「これから部室行くんですか?」

唯「うんwwwむぎちやんてーツィムwwwするwww」

キョン「そうですか。昼休みはあと20分くらいだから急がないと」

唯「うんwwww」

キョン「それじゃ」

唯「うんwwwwじゃぁねーwwwww」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:16:05.44 ID:Y6kUGvSH0

梓「あ・・・あの・・・重いです・・・離れてください」

キョン「あっ・・・いや、すまん」


唯「二人ともごめんね〜。お詫びにアイスおごってあげるから」

キョン「いや、別に気にする事はない(最も唯のおかげであずにゃんに急接近出来たから唯さんGJ!)」

唯「それじゃあ、私先に校門に行ってるね。キョン君戸締りよろしく〜」

キョン「おう。任せろ」

ガラガラガラ

キョン「よし、梓。帰るか」

梓「あの・・・キョン君」

キョン「ん?」

梓「・・・さっきの続き・・・しませんか?二人で」

キョン「え?」



誰か続きヨロ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:16:10.60 ID:gaFbbgsW0

おい、俺の嫁を池沼扱いすんじゃねえよ表出ろ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 23:24:21.75 ID:dS3f+Z/60

キョン「…行ったか」
キョン(少し話しただけで疲れるな…周りの目も気になるし)

女子生徒A「あれが噂の平沢って娘?」
女子生徒B「うん。相変わらず気持ち悪い感じー」
女子生徒C「鼻水も出て、髪もぐちゃぐちゃ。キモっw」

キョン(そういうのは口に出しちゃだめだろ)
キョン「…」

キョン「あ」
キョン「携帯部室に置いたまんまだった」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:28:22.67 ID:/E+/I71hO

続きマダ?

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:29:17.08 ID:Y6kUGvSH0

唯、池沼にしてる奴

唯ってギターは弾けるし、テストは良い点取るし(追試だけど)
ぶっちゃけ俺らよりすごくね?

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 23:31:28.99 ID:dS3f+Z/60

タタタ

キョン「このミスも」

キョン「また梓に会えるきっかけとみれば」

キョン「神様ありがとう」


キョン(ふー…着いたが昼休みもあと10分か)

キョン「しつれいしまー」
唯「あずにゃあーん!wwwwwやっぱりふかふかぁwwww」
キョン「!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:33:32.56 ID:gaFbbgsW0

もう書くな…やめろ…

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 23:34:31.08 ID:dS3f+Z/60

>>51
うん。別に唯を馬鹿にしてるわけじゃないんだorz
でもやっぱり現実にああいう子は学校にいると痛い子扱い受けちゃうもんだよ。
いじめのきっかけとかね。

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 23:37:08.45 ID:2Dy8SMNK0

唯は天使だから和や律の庇護を受けるので問題なし

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 23:48:08.26 ID:dS3f+Z/60

かといって不快なひとがいる以上に遠慮しときます。
ごめんよ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:50:34.01 ID:/E+/I71hO

おいおい待てよ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:50:39.36 ID:Mn3ywxCo0

ハルヒとか知らないぼくにキョンの特徴を産業で頼むにゃん

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:51:19.20 ID:Y6kUGvSH0

>>58
地味
森本レオ
ツッコミの神

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 23:52:29.02 ID:aFrj/TLnO

続きは>>47が書きます

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:53:33.38 ID:Ngt7xG2jO

続き読みたいお

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:53:35.21 ID:Y6kUGvSH0

>>60
書きたいのは山々だが俺、明日6時起きなんだ・・・

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/17(土) 23:53:48.94 ID:P9CDTRng0

>>58
面倒臭がり屋
無駄知識豊富
やれやれ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/17(土) 23:56:03.96 ID:aFrj/TLnO

>>54
VIPPER よ り 痛 い 子 な ど 存 在 し な い

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:05:02.43 ID:K2hSGxstO

とりあえず風呂から上がったら書こうかな

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:10:06.33 ID:JlU8ULdU0

http://blog.livedoor.jp/yasomami1046/archives/51599394.html

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:12:12.97 ID:pHUE+vb50

>>66
マジキチ

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:13:31.00 ID:wsnS+f+J0

>>66
怖くて見れないんだけど何?

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:14:50.93 ID:JlU8ULdU0

ブ・ロ・グ♥

70 名前:以下、PCにかわりまして携帯がお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:20:40.56 ID:OzUtIgxYO

>>66
うわああああああああああああああああ!!!!!!!
これは寝れなくなる

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:25:07.24 ID:hJOmdAhY0

>>66
基地外乙

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:32:39.44 ID:nkD/HFTM0

>>66
背景で赤ずきんチャチャを思い出したにゃん
懐かしいにゃん

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:37:26.83 ID:JlU8ULdU0

>>72
ず〜っとき〜みいろおも〜い〜ってやつだっけ?

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:48:12.35 ID:nkD/HFTM0

かつては僕も消防だったのにゃん
お鈴ちゃんがすっごく可愛かった印象があるけど、
あの頃からぼくはロリコンだったのにゃん…
これはもうぼくのサガなのかもにゃん…

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:54:23.18 ID:JlU8ULdU0

>>74
俺も消防だった。マリンちゃんが好きでリーヤになりたいって思ってた

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:54:40.97 ID:K2hSGxstO

>>47の変わり

梓「うちに来ませんか?親いないんで」

キョン「(これはチャンスだな)ああ、とりあえず行こうぜ」

梓「はい///」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:54:41.66 ID:8qgF9B/e0

まーた始まった

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 00:58:35.60 ID:K2hSGxstO

>>77
はええwww

梓家

梓「いまお茶持ってきますね」

キョン「ああ…(こんな広い家で一人か…)」

キョン「(親は海外出張中で一人だって言ってたしな)」

キョン「(俺が梓のそばに…」

梓「おまたせしました」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 01:05:31.19 ID:K2hSGxstO

キョン「おお、ありがとう」ズズ

梓「いえいえ…」

キョン「…」

梓「…」

キョン「こう沈黙が出ると、俺と梓が初めて会った時を思いだすなあ」

梓「え?」

キョン「あの時、梓はすごく臆病で俺とか澪とかが話掛けてもあまり話してくれなかったよな」

梓「やめてください…恥ずかしいです。」

キョン「その時からそんなお前のそばにいたかった。」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 01:12:30.96 ID:K2hSGxstO

キョン「今のお前を見てると抱きしめて守りたくなる。」

梓「…ずるいですよ、先輩ばかり」

梓「確かにあの時は悪いと思いましたが、先輩のおかげで私は変われました」

梓「先輩は誰にでも優しいですよね」

梓「私が嫉妬しちゃうくらいに」

キョン「梓、言いたい事言っていいか?」

梓「はい」

キョン「好きだ」チュ

梓「ん…っ」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 01:17:47.02 ID:K2hSGxstO

梓「ん…んっ…」

キョン「(すごい震えてる…)」

梓「んはっ…先輩はほんとに卑怯ですっ!」

梓「こんな…こんな事言われたら…」

梓「先輩の事…大好きになっちゃいます…」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 01:18:37.16 ID:K2hSGxstO

キョン「梓」

梓「はい」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 01:21:30.45 ID:K2hSGxstO

キョン「梓」

梓「はい、何でしょう?」

キョン「今日と言わず、ずっとお前のそばにいたい」

眠いんで落ちます
明日残ってたらまた書きます。

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 01:23:45.84 ID:K2hSGxstO

誰も見てなさそうだから
落としても構いません

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 01:26:28.29 ID:nkD/HFTM0

いくらなんでも男×あずにゃんは許せないのにゃん…
見るの辛いけど、でもやっぱり見ちゃうジレンマなのにゃん…

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 01:36:37.14 ID:NMKGvNrS0

かといって百合ばかりってのも飽きる

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 01:38:08.27 ID:WJmBBcQXO

>>85-86わかるぞ。よくわかる

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 01:38:19.52 ID:zYYEMamVO

だがキョンはない

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 01:47:51.29 ID:zO3oE7iu0

誰か書きたまえ、現行作品すっぽかして来たのに
服が着れないぞ…寒いぞ、ネクタイは着けても良いよな?

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 02:29:08.72 ID:hJOmdAhY0



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 03:02:42.17 ID:NMKGvNrS0

>>88
古泉よりはましだろう

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 03:54:40.67 ID:0mvsJsSpO

佐々木

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 04:00:39.75 ID:LWx183Sx0

チュンチュン……

古泉「あぁ……今日もいい天気だっ☆」

僕は古泉一樹15歳。ある日超能力の力を
身に付けてしまった意外は至って普通の男子高校生

いや、普通と言うわけではなかったですね。
なぜなら僕はバイセクシャルなのですから☆
つまり、朝比奈みくるの乳房にも、彼(キョン)の引き締まった桃尻にも
ついつい惹かれてしまうのです……困ったものです☆

おっと、今は登校中の朝でした。朝からこんなことを考えていてはとても……

ゴンッ!!!

古泉「痛ッ!!」

唯「いたたたた……」
古泉「!!(かわいい……)」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 04:22:04.45 ID:0mvsJsSpO

       _ __   ____
                   _l>'┴┴〃、 ̄`ヽ
                 ry'i/  ̄`  −ヽ      ,ィ/!
  rrn f'!           <Yト/ //     、 ヽ  _, べミ!/
  ヽYi廾ーァ-rぅァ、   く\ }N i'_/,.イ/! } } i |rベ >' K_
.  t::辷Y,〈 {.〃ー- ..__ _,ィ二_{{| lィfト、ノ}ムL,ノいリ.} {_,レ'⌒''┘
       ^ヘ.|ト-,、._   i   ___゙l ド┘ , {;ソ>;メイムレ'´
.          `¨    ̄\〃⌒l ト、 i'ァ _,.ィ|  |
            _. ィ-「ドIr'^∨辷匸___丿} .|
         _ /|  入ヽヽ≧x__,∠_   j/
      __r '´ | _,|'´  ヽ `ーェ′} ヽ ト、___
   ≦ソ |  ,.イ  \   /   \」_  .} | ヽ<
   <|  レ'´  !   `vl!      \ヽ.L_,>  }く_
   Σl   ',   \  _/ |!       >、    K_
   .∠!  ヽ    `/  .|!       X<\ _/≦
    Zト、.   \_rv′ iハi 

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 05:37:40.10 ID:0mvsJsSpO



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 07:22:40.46 ID:qraTieWPO

L!o!v!e!ラブリー梓!

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 08:32:52.34 ID:xsdExCFBO

あげ

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 08:50:20.94 ID:uYstoRyzO

>>96
「こっそり保田に改変」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 09:35:30.57 ID:I2ysiH4h0

モーニング息子が止まらなくておしっこができないにゃん

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 10:03:36.33 ID:6LPH+o0+0

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 10:33:46.59 ID:xw2Sg0pSO



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 11:08:47.69 ID:Vjn7MY+O0

梓「私も……キョン先輩のこと好きです!」

キョン「やだ」

梓「…………え?」

キョン「やだ」

梓「な、何言ってるんですかキョン先輩……」

キョン「やだ」

梓「……両思いですよ?」

キョン「やだ」

梓「!!」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 11:28:37.53 ID:DjWJVXGU0

なん・・・だと・・・

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 11:34:39.64 ID:f1V8Muhc0

ああわかったよ
ところで全身性感帯って本当なのかい?

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 11:35:19.79 ID:f1V8Muhc0

誤爆した

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 11:59:20.40 ID:e/8gRarE0

保守

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 12:19:35.38 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 12:35:20.36 ID:smb9+MXYO

梓「情報改変によりお前を消す!」

古泉「ひゃっ!止めてください!あん☆」しゅー

キョン「最後までキモかった…」

ハルヒ「ぬるぽ」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 12:35:43.09 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 12:53:41.44 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 12:59:30.85 ID:9UTuLgB00

あずにゃんの可愛さは異常

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 13:28:22.08 ID:0mvsJsSpO

だね

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 13:50:23.66 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 14:27:14.48 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 14:58:58.28 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 15:21:24.54 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 15:40:36.83 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 16:01:53.03 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 16:25:56.55 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 16:27:09.23 ID:wsnS+f+J0

このスレまだ残ってたのかよw

夜にキョンと梓のラブラブ展開でいいなら書くか

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 16:38:15.19 ID:52cSFsw90

このぼくに目を付けられたスレはまさにゴキブリ並にしぶとく生き残るのにゃん!

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 17:00:34.34 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age] 投稿日:2009/10/18(日) 17:08:24.61 ID:WUOij5zwO

ほしゆ

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 17:27:24.86 ID:52cSFsw90

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 17:29:16.45 ID:A9neK7RGO

本当にこういうスレ分からない
キョン(笑)と他アニメのキャラくっつけて何が楽しいの?
自己投影しちゃってるの?馬鹿なの?死ぬの?

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 17:35:57.05 ID:Nx0orFBD0

本当にこういうレス分からない
SS(笑)でそんなどうでもいいこと聞いて何が楽しいの?
自己満足しちゃってるの?馬鹿なの?死ぬの?

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 17:36:57.87 ID:E+k58G6J0

すごいツンデレ保守だなw

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 17:38:37.01 ID:wsnS+f+J0

>>125
こまけぇこたぁry

>>83の続き

〜数時間後

梓「・・・・・」

キョン「すまん。痛かったか?」

梓「ううん。大丈夫です。ありがとう先輩」

キョン「何がだ?」

梓「こんな私の事好きになってくれて・・・」

キョン「・・・(顔を背ける)」

梓「先輩?」

キョン「あまりドキっとさせる事を言うな。また抱きしめたくなってしまう」

梓「(ニコッ)・・・いいですよ」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 17:45:24.63 ID:wsnS+f+J0

〜次の日

キョン「(あくび)腹減った・・・今日の昼飯は学食の唐揚げ定食か」

谷口「おいキョン。お客さんだぞ」

キョン「ん?」(見ると廊下に梓の姿が)


キョン「オッス。どうしたんだ?」

梓「(微笑みながら)お弁当、作ってきたから」(猫のイラストがプリントされたお弁当箱を渡す)

キョン「本当か。(夢にまで見た梓のお弁当 -わが生涯に一片の悔いなし!!(ドゴーン))

梓「せ・・・先輩?」

キョン「あっ。いや、すまん。良かったら一緒に食べないか?中庭なら空いてるだろう」

梓「う・・・うん。いいですよ」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 17:49:05.94 ID:wsnS+f+J0

キョン=俺らと思って書いてるが ダメなら止める

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 17:54:32.96 ID:gcwSowGO0

キョンは俺らじゃない…

1・無条件にもてる

・イケメン

3・すごくリア充のくせにやれやれ…とか面倒くさがっちゃう

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 17:59:45.55 ID:gcwSowGO0

よく考えたら俺ってキョンだったわ…

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 18:14:41.19 ID:smb9+MXYO

リアルはいつ俺らに微笑んでくれることやら…

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 18:24:44.24 ID:G1V8TF/ZO

キョンとけいおんメンバーってすごくあう気がする

135 名前:1[] 投稿日:2009/10/18(日) 18:31:01.76 ID:K2hSGxstO

今から続きを書くぜ

中庭

キョン「(弁当の中身は唐揚げに卵焼きとか…俺の好物ばかりじゃないか)うまそうだな、食べていいか?梓」

梓「ああ、待ってください」

キョン「?」

梓「その…私が食べさせてあげます!」

キョン「なんと!?」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 18:35:29.06 ID:qXkLqKn40

支援ドピュ

ふぅ…

支援キリッ

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 18:38:45.35 ID:K2hSGxstO

梓「はい先輩、あーん」

キョン「あーん(やばい…やばすぎだろ…)」

梓「味どうですか?」

キョン「(だってあーんだぞ?あーん)」モグモグ

梓「あの…先輩」

キョン「(スパロボで例えるならガオガイガーのゴルヴィトンクラッシャーをクリティカルで…)」
梓「先輩!!」

キョン「はっ!?」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 18:42:42.02 ID:e/8gRarE0

くわがた可愛すぎる

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 18:43:27.64 ID:K2hSGxstO

キョン「ここは誰?わたしはどこ?」

梓「何言ってるんですか?それより味どうですか?」

キョン「ああ、うまいぞ梓」

キョン「朝早起きして作ったとか?」

梓「え…何でわかったんですか?」

キョン「(もはや約束なのか…こういうのは)まあなんとなくだ。それより梓」

梓「はい?」

キョン「抱きしめていいか?」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 18:49:31.73 ID:K2hSGxstO

梓「え?///」

梓「そんな//人に見られちゃいますよ///」

キョン「なぁにここは中庭だ、人はこないよ」ギュッ

梓「もう//先輩ったら///」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 19:08:35.78 ID:qXkLqKn40

谷口「堂々と"イチャつく"…?! 」

               ”支援”

               !?

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 19:20:51.68 ID:34y8sle30

キョン「相変わらず梓は抱き心地が良いなぁ」

梓「///」

ハルヒ「・・・」ピクピク

後は任せた

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 19:22:53.14 ID:0mvsJsSpO

       ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄
            \/ ̄  ̄ ̄\/
            / へ   へ \
          /   ●   ●   \   サンキューサンジュ
          |   \___/    |
          \    .\/    /
         //,,― -ー  、 , -‐ 、\
       ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

照れるぜ

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 19:37:27.68 ID:wsnS+f+J0

>>142から

キョン「・・・ん?何か今嫌な悪寒が」

梓「・・・先輩?」

キョン「いや、何でもない。気のせいだろ」(気にせず抱きしめる)

梓「♪」

キョン「・・・今日はここまでだ」

梓「やん、先輩♪いじわるしないで・・・♪」

キョン「(くっ・・・ここで甘え声を出しますか!梓先生!!)」


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 19:41:04.99 ID:Nx0orFBD0

なんか死にたくなってきました

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 19:43:40.02 ID:wsnS+f+J0

〜5時限目終了後

キョン「(顔がニヤけてる)」

谷口「おい、お前。顔がキモいぞ」

キョン「黙れ」


〜キーンコーンカーンコーン

キョン「やれやれ。今日もようやく授業が終わったか。
・・・梓は軽音部の活動か。一人で帰るか」

〜校門前

キョン「ん?あれは梓」

梓「あっ」タッタッタ←駆け寄ってくる

梓「先輩。一緒に帰りましょ」

キョン「どうした?今日は部活は休みなのか?」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 19:47:31.11 ID:wsnS+f+J0

梓「は・・・はい。唯先輩が風邪をひいて、急遽中止になりました」

キョン「あの唯さんが?(いや・・・あの唯さんがなんて言ったら失礼か)」

梓「駅前に美味しいアイスクリーム屋さんがあるんです。食べにいきましょ」

キョン「お・・・おう」


軽音部

律「梓、風邪気味で来れないって?」

澪「うん、さっきメールが来たんだ」

紬「それじゃあ今日は私達だけで練習しましょう」

唯「うーん。心配だなぁ。私帰りに梓ちゃんの所に行ってみるよ」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 20:10:57.11 ID:bJo9BWmbP

ふふふ

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 20:17:48.49 ID:MsLBSUi50

見るのが辛いssだにゃん…

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 20:37:19.62 ID:pAE7Ryp8O

誰か書けよ

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 20:52:31.45 ID:uYstoRyzO

にゃー

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 21:01:53.16 ID:qXkLqKn40

梓「キョンさん、アイスおいしーですね」

キョン「ああ、うまな」

梓「あ、ほっぺたにつてます」ペロ

梓「えへへ」

キョン(ッッ!!指とかじゃなく、直でなめん取んのかよッッ!!!)ボッキングッ!!

キョン(やべ、勃っちまった!!死角に隠さなきゃ)サッグイイイィ

梓「? キョン先輩なんで下半身をありえない方向に曲げてるんですか?」

キョン「いや、別に」


パス

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/02(月) 21:42:03.22 ID:rzmLA8PD0

http://sea-mew.jp/nox/modules/webarc/2ch/ss/1255782898-0.html
この神SSの続きよろ

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/02(月) 21:42:37.32 ID:Vhn7l1K10

        /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                    ┏┳┓
.       /.:::::::::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .   ┏━━━┓┏━━━┫┃┣┓  ┏┓
       '.:::::::::/::::::::::::/:::::::|:::::::::::::::::::::}:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::i   .   ┣━━━┫┗━━┓┣┻┫┃  ┃┃
     l::::::::/::::::::::::/」:::::::{::::::::::::::::::/ハ:::::::∧::::::::::::::::::::l::::::::::|    ┗━━┓┃      ┃┃  ┃┃  ┃┃┏━━━┓
      i::::::/::::::l:::::i´八::::∧:::::::::::::/-‐|::::/. ハ::::::::::'::::::ト.、:::}_       ┏┛┃    ┏┛┃  ┗┛  ┃┃┗━━━┛
      i:::::::::::::::l:::::|   ∨ ∨::::::/  |::/  ヽ }:::::/:::::::!:::::::/:::::ヽ    ┏┛┏┛  ┏┛┏┛    ┏━┛┃
     ∧::{:::::::八:::|ァ==ミ  ::::::/   j/    ハ!/:::::::::|///::::::::::::.   ┗━╋┓  ┗┳┫      ┣━┳╋━┓
.    /::∧ト、:::::::|Kl rし.::ハ   ∨  xァテミメ.ノ::|::::::::::::|//ハ::::::::::::::    ┏┛┗┳━┛┗━┓┏┛  ┗┛  ┗┓
   /::/:::::i:::::ヽ::ゝ V:::::゚ノ        rし.:::::}ヽ刈:::::::::从::/∧:::::::::::::.     ┣    ╋┓┏┓┏┛┃            ┃
.  /::/::::::::|:::::::::ト  ,,,          ヽ:::゚ソ  ノイイ:::::/   ',:::::::::::::. .   ┃┃┃┣┛┗┛┗┓┃            ┃
  i::::::::::::从::::::::j       '    ,,,     /::::::::::::/    l::::::::::::::l . ┃┃┃┣━┓┏━┛┗┓        ┏┛
  |:::::::::::/ハ::::人                  /::::::::::::/     l::::::::::::::l  ┃┃┣╋━┛┗━┓  ┗┓    ┏┛
  |::::::::::'  ',:::::::::`ト     ワ         .イ::::::::::::/      l::::::::::::::l . ┗┫┃┗━┓┏━┛    ┗┓┏┛
  |:::::::::!   V:::::::::l斗へ、          .イヘ|::::::::::/        l::::::::::::::l   ┗┛    ┗┛          ┗┛
  |:::::::::i  /}:::::::八: : : :/ヽ. __   <    ノ:::::::/\        !::::::::::::::l
  |::::::::::V: : ∧::/: : : : :/  }       /イ:::/: : : :\    j:::::::::::::::!
  ',::::::::/: : //∧: : : : :,′        /: :ノイ: : : : : : :\  ,:::::::::::::::∧
   ∨/: :.://∧∧: : : i`ヽ       / : : : : : : : : : : : /〉 /::::::::::::::/ }

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/02(月) 21:42:54.93 ID:fiE7lwf9P

よろじゃないが

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/02(月) 21:46:34.39 ID:rzmLA8PD0

>>3
よろ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/02(月) 22:44:32.87 ID:n+04/7Xh0

なぜ木曜夜に立てなかった……

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/02(月) 23:42:54.08 ID:IuBEpqQNO

キョン(勃起なんて気づかれたら、さすがにやばいよな)

俺は更に腰を曲げる。

ぐいぃぃぃ バッギャ!!

キョン「あぐぁっ!!」

すごく嫌な音がしたと思うと、腰に激痛が走る。

梓「!? キョン先輩!? なんですか、今の音は!?」

キョン「いや…腰を釣っただけだ…気にするな」

梓「腰を釣るって、なんでそこまで負担をかけるんですか」

キョン「やむおえない事情があるんだよ。深く追求しないでくれ」

梓「はぁ…」

俺の挙動がおかしいせいで、微妙に不信感を抱かれたかもしれない…。
なんでもいい。何か話を振って、注意をそらそう。

キョン「そういえばさ、こんどの休みってなにか予定とかあるのか」

梓「いえ、特にないですけど」

キョン「そっか」

梓「はい」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/02(月) 23:53:51.45 ID:IuBEpqQNO

キョン「………」

梓「………」

会話が終わってしまった…。
まずい。梓の視線が俺の股間に向き始めている気がする。
こいつ、そんなに原因が気になるのか。

キョン「あー、ならさ、俺と遊ばないか。休みの日」

梓「ふぇええ!? 遊ぶって…その…二人で、ですよね?」

キョン「そうだけど」

梓「ってことは、それって、デデ、デートってことですよね?」

キョン「うん」

梓「ってことは、それって、やっぱりそのまま強引にホ、ホテルに連れ込まれるってことですよね?」


キョン「うん?」

梓「ってことは、それって、私、しょ、処女を奪われるって…ことですよね…」

梓はもう俺を見て話していなかった。どこか遠い世界を眺めながら、自己完結していた。

キョン「おい、ちょっと待て。そこまではさすがにしないぞ」

梓「はぁ〜…どうしよう…私…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 00:07:38.48 ID:3FxJooeQO

支援

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 00:14:10.51 ID:LFil9+t9O

キョン「なんでもいいけど、俺を見て話せ。つーか、反論ぐらいさせろ」

梓の肩を掴んで体をゆらゆらと揺する。

梓「…ハッ! ダ、ダダダメですよキョン先輩こんなところでおっぱじめようなんて!!せめて場所を
選んでくださいです!!」

キョン「変な勘違いするな!いい加減現実に戻ってこい!」

梓「そういわれても…キョン先輩興奮気味ですし…さっきの怪しい挙動も今では前フリに思えて…」

キョン「だぁーから!しないって!変なことは!遊びに行くのだって適当に飯食ったり、ジャスコにひ
やかしに行ったりするだけだって!」

キョン「いたってノーマルだろ?」

梓「はぁ…まぁ、そうですね…でも、ジャスコにひやかしにいくのはちょっと違う気もするです…」

キョン「で、どうなんだよ。行くのか、行かないのか」

梓「それはもちろんいきますよ!デートですからね」

キョン「そっか。なら、当日は朝5時、ジャスコに現地集合ってことで」

梓「もうジャスコネタはいいです!なんかいろいろ面倒です!」

キョン「ジャスコって俺の持ちネタなんだから、しょうがないだろ」

梓「もっとレパートリー増やしてください!つっこみもボケもワンパターンなんて面倒すぎます!」
キョン「カッチカチやぞ!カッチカチやぞ!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 00:29:32.56 ID:LFil9+t9O

梓「ヘン顔で上腕二頭筋を連打しないでください!どうせオチは…」

キョン「くやしいです!」
  梓「くやしいです!」

キョン「ちっ、被せられたか…」

梓「そりゃ、ザブングルなんて興味ない人でも知ってますよ」

キョン「そうだな。失敗した」

梓「今度はオリジナルネタで勝負してくださいね」

キョン「ああ、気が向いたらな」

梓「そっけないですね、キョン先輩は」

キョン「そうでもないと思うぞ。ほら、帰ろうぜ」

座っていたベンチから腰を上げ、梓の前に手を差し出す。

梓「…ほんとだ。ちゃんと考えててくれるんですね」

俺の手を取って立ち上がる。

キョン「手、つないで帰るか」

梓「はいっ」

俺たちは、目に映ったものを適当に会話のネタにしながら、お互いの家路の岐路に至るまで、手をつないで帰った。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 00:32:50.03 ID:LFil9+t9O

後はまかせた

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 00:47:23.41 ID:LFil9+t9O

じりりりりりり!!

キョン(うるさい…)

じりりりりりり!!

キョン「うっるせーよ!!」

ガンッ!!

じりりr…あ…あ゛ぁ゛ヴぉ…がっはぁ…ヴぉおおおおおお!!

目覚まし時計は断末魔のような声?を上げて砕け散った。
不気味すぎる…。

キョン「休日の朝は怠惰に過ごすって決めてるんだぞ…変な邪魔は許さん…」

キョン「うーん…二度寝しようかな……うん?俺、なんでこの時間に目覚ましセットしたんだっけ」
脳の大半を二度寝したいという思考に使っているせいで、なかなか思い出せない。
キョン「ああ…そうだ。ジャスコだ。いや、梓だ。思い出した…」

キョン「朝飯食って…着替えて…トイレも…歯磨きもか…ううん、面倒だ…」

ぐだぐだとしながらも、すべての準備を終えて梓のもとへ向かった。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 01:08:04.77 ID:LFil9+t9O

待ち合わせた場所、あの日、遊ぶ約束をした公園に着いたが、梓の姿は見えなかった。

キョン(ま、そりゃそうだろう。30分前集合を実現してるんだからな、俺は)

SOS団の市内探索だって、俺はいつも早く来てるんだ。一番だっていいくらいのな。
でも、奴らはいつも俺を上回るタイムをはじき出すんだ。
ちょっとは俺に気を遣って遅れて来いよな。おまえに言ってるんだぞ、古泉。

キョン(しっかし、やることねぇな…)

休日の公園といえば、子供やらなんやらがいてもいい気がする。
やっぱ、最近の子供は外で遊ばないのか?部屋でWi-Fiなのか?
そういえば、遊びに来ても携帯メールでしか会話しないっていうのをどこかで聞いたことがある。
まぁ、なんでもいいけど、暇だ。

キョン(こいうときって、エアギターしたくなるんだよな。いつもは部屋だけど、今は野外…)

キョン(俄然、盛り上がるぜ…俺が)

砂場の中央に陣取り、深呼吸…

キョン「今日は俺のために集まってくれてありがとう…今夜は最高にブットんでいくぜ!」

キョン「一曲目『YA-RE YA-RE』いくぜ!」

シャカシャカと手を動かす。時に腕を回し、時にヘッドバンキングを挟む。
が次第に飽きてきて、動きが緩慢になってくる。明らかに手がギターに食い込んでいる場面が多くなっ
ていく。
これはあれだ。64のゲームとかでポリゴンが地面に食い込んでるような、そんな状態。

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 01:12:27.49 ID:h4lOvh5jO

しえ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 01:19:23.01 ID:LFil9+t9O

そうなんだ。エアギターは。一瞬だけは楽しいけど、いつも一曲目で飽きてしまう。

キョン「おわりだぜ、いえー」

虚しさと、なんともいえない挫折感を含んだ俺の一声でライブは終了した。

パチパチパチパチパチパチ

梓「アンコール!アンコール!か・えれ!か・え・れ!」

キョン「おまえ…いたんなら、言えよ。つーか、とめろよ」

梓「いや、だって面白いんですもん。ムビーもばっちりです」

ミュイーン

『YARE-YARE! YARE-YARE!』

キョン「やめろ。サビの部分を再生するな」

梓「じゃあ、最初から…」

キョン「それはもっとやめろ。つーか、時間差ツッコミになるけどいいか?」

梓「はい、どうぞ」

キョン「帰れコールをアンコールするなよ。一度も帰ってないのに、もう一回帰れってなんだよ、それ


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 01:24:05.37 ID:B6IzN6mI0

朝5時前の公園にガキがいてたまるか

17 名前:朝5時とジャスコは流石に冗談で、その後メールでやり取りした設定です[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 01:32:36.22 ID:LFil9+t9O

梓「それだけ帰って欲しかったんですよ。すみません、本音が、つい…」

キョン「そっか。なら、ファンの期待に応えて、帰るよ。ついでに自殺もする。あくまでついでに」

梓に背を向け、すたすたと歩き出す。

梓「あー!!嘘です!嘘ですよ!すねないでください!」

だっ、と砂場を蹴り上げながら俺の腕に飛びついてくる。
その勢いで俺の靴に砂が侵入してきた。

キョン「もうちょっと優しく引きとめろって。靴ざりざりなんだけど」

梓「わわ、す、すみません!」

キョン(これは悪意があったわけじゃないのか…ちょっと安心)
梓「お詫びに、なにかひとつお願いされてあげますよ」

キョン「それはなんでもいいのか?」

梓「はい、どうぞ。…あ、でも、エ、エッチなのはダメです!」

キョン「うーん、じゃあ…朝飯おごってくれ」

梓「へ? キョン先輩食べてこなかったんですか?」

キョン「ああ、早く来たかったから、抜いてきた」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 01:52:50.69 ID:LFil9+t9O

梓「そ、それは私に一刻も早く会いたかったというアレがその…」

キョン「いや、単純にエアギターがしたかったんだ」

梓「絶対後付け設定ですよそれ!うそ臭さがすっごいです!その臭いの密度が濃すぎて目視できますよ
!」

梓「キョン先輩は今、緑と茶色のなんかモヤモヤした汚い煙に覆われているです!!」

キョン「おまえと喋ってるとめちゃくちゃ疲れる」

梓「ひどいです!そんなこと言うのはキョン先輩だけですよ!しかも、私か、彼女なのに…」

梓「もっと優しくしてくださいです!」
キョン「うーん…そうだな。まぁ、おまえはかわいいよ。うん」

梓「そ、そうですか?あ、ありがとうございます…」

俺のエアギターがフライデーされたショックで気づかなかったが、私服の梓は、制服の時とはまた違う
かわいさがあった。
なんというか、洗練されているというか…こいつはファッションセンスがあるんだろう。
きっと街を歩けば5人中4人は振り向くと思う。振り向かなかったその一人はガチホモだ。
対して、俺はジーパンに、なんの変哲もないシャツにジャケット。顔だって標準くらいだ。
そんな俺がこいつを連れていたら、周りからは『顔の差カップル』なんて思われるんだろうか。

梓「…先輩?どうしたんです?なんかちょっと暗い顔になってますけど」

俺の不安が顔に出ていたのだろう。梓に察知されてしまった。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 02:08:48.64 ID:LFil9+t9O

キョン「いや、なんでもない。腹減ったし、もう行こう」

梓「あんまり高価なものは頼まないで下さいよ?」

キョン「上限は?」

梓「ファミチキ4つ分です」

キョン「ファミチキ換算するなよ…わかり辛い」

いいんだ、別に。顔の差だろうが。
もっと俺より相応しい奴が現れるまでの繋ぎだとしても、別にいい。
今は俺がこいつの彼氏だから。…って、なんか意味わかんねぇな、俺。

店の選択は俺にさせてくれたので、迷わずファミレスに入った。
店員に案内され、テーブルに腰掛ける。

梓「ファミレスですか…意味深ですね…」

キョン「何がだよ」

梓「だって、ファミリーですよ?それって、つまり…」

キョン「いろんな段階を飛ばしてそこにたどりつくな」

梓「じゃあなんでファミレスなんですか」

キョン「俺よく来るんだよ。ファミレス」

梓「それは、当然ご家族とですよね、ファミレスなんだから。仲いいんですね」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 02:21:38.99 ID:LFil9+t9O

キョン「いや、堂々と一人で来るぞ」

梓「!? え、だって『ファミリー』レストランですよね?なんでファミリーの名を冠した場所に単体
で?」

キョン「いいだろ、メニューが好きなんだよ」

梓「ドリンクバーで5時間粘ったりするんですか?元を取ろうとタンクが空になるまで飲み続けるんで
すか?」

キョン「誰だよ、それ。少なくとも俺の話じゃねぇよ」

梓「じゃあ枝豆とかですか」

キョン「まぁ、枝豆は好きだけどな。やっぱチキンイタリアンステーキだな」

梓「チキンイタリアン…あぁこれですか」

メニューを開き、該当ページを発見する。

梓「うーん…まぁ、これくらいなら、いいですよ。OKです。おごります」

キョン「おまえはなんか頼まないのか」
梓「そうですねー…じゃあ、ケーキを頼もうかな。ティラミス」

キョン「そんじゃ、呼ぶから」

あの店員呼び出しボタンを押す寸前で手を止めた。

キョン「これってさ、押した回数だけ店員が来るのかな」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 02:30:40.49 ID:LFil9+t9O

梓「それは、そうなんじゃないんですか」

キョン「いや、連打したら、一気に何人もくるかもしれないって話だよ」

梓「それは…さすがにないでしょう。ていうか、結構悪質なお客さんですね、キョン先輩」

キョン「いや、まだ未遂だよ。一回もしたことはない。だからこそ試したい」

梓「…はぁ、ご自由にどうぞ」

キョン「それじゃ…」

どたたたたたたたた

店員「死」

店員「ね」

店員「よ」

店員「カ」

店員「ス」

ささささー

キョン「注文とってくれなかったな」

梓「でも、見事なマニュアル対応でしたね」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 02:51:23.23 ID:LFil9+t9O

キョン「どうみてもあれはアドリブ対応だろ」

梓「キョンさん専用のマニュアルがあるのかもしれませんよ?」

キョン「だから、今初めて前科を持ったんであって、これ以前は無害な一般人だったんだぞ」

キョン「なにもしてないのに対策されるって、おかしいだろ」

梓「いえ、キョン先輩はすでになんども利用規約をやぶっているんですよ…」

キョン「覚えがないな」

梓「忘れましたか?ここはどこです?」

キョン「ファミリーレスト…ハッ!」

梓「そうです。その通りです。ファミリー、なんですよ…」
キョン「もうノるの面倒になった。後は一人でボケてくれ」

梓「ノリツッコミ直前で放棄しないでくださいよ〜…私一人が恥ずかしいです」

キョン「恥ずかしいっておまえ、スベる気がしてたなら、俺を巻き込むなよ…」

その後、俺たちはそれぞれ注文した品を食べ終わり、店を出た。
俺よりさきに注文した品を届けられた梓がしたり顔で俺をみていたのが、なんだかモヤモヤした気分に
させた。
こいつって、こんなキャラだったか?なんか、前はもっとこう、なんていうか…いや、やっぱりいいや


キョン「とりあえず腹は満たされたな。次どこにいく」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 03:00:18.93 ID:LFil9+t9O

あとよろしく

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 04:47:56.99 ID:EzAc1DMZP

ho

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 07:26:13.47 ID:3Q+8OroTO



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 10:07:46.55 ID:h4lOvh5jO



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 12:28:07.13 ID:LFil9+t9O

梓「そうですね…じゃあ、水族館行きましょうよ」

キョン「水族館って、バス使わなきゃだろ。面倒くさい。それに乗り物酔いとかするし俺」

梓「もう、それくらい我慢してくださいよ」

キョン「無理だ。さっき食ったもんリバースするな。まだ未消化だから臭いぞきっと」

梓「なんとしても堪えてください。そんなことしたら、運転手さんが臭さで気絶して事故っちゃいます
から」

キョン「自信ないな。やっぱ水族館はやめよう」

梓「ダメです!絶対いくです!」

キョン「なんでそんな頑なになってんだよ」

梓「私はサメがみたいんです。どうしてもです」

キョン「今度一人で見に行ってこい」

梓「嫌です。キョン先輩と一緒に見ることに意味があるんですから」

キョン「俺がいることになんの意味があるんだよ」

梓「えーと、それは…」

微妙な表情で考えこむ。こいつ、今考えてるんじゃないのか。

梓「すみません、適当に言いました」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 12:46:17.35 ID:LFil9+t9O

キョン「やっぱそうか。いや、そんな気はしてたけどな」

梓「なんでもいいじゃないですか。とりあえず行きましょう?」

キョン「いいよもう。わかった。おまえに従う」

バス停で待っている間、梓はサメについて語ってきた。
学術的なことから、調理法まで、その知識は幅広かったが、同時にちょっとうざかった。
俺はサメなんか特に興味がないから必死に一般的な話題に移そうと努力したが強引にサメに持っていか
れた。
結局梓のサメトークは水族館に着くまで続いた。

キョン「着いたけどさ。もうなんか、入らなくてもいいんじゃないか」

キョン「おまえのサメトークで俺はおなかいっぱいだ」

梓「なにいってるんですか。実物を見なきゃ意味ないですよ」

梓「行きますよキョン先輩」

俺の手を引いてずんずん進んでいく。
迅速に券売機で入館券を購入し、迷うことなくサメコーナーへ。

梓「見てください、キョン先輩!あれ、全部サメですよ!」

キョン「そりゃそうだろ。ここはそういうコーナーなんだから」

梓「わー、あの奥のほう泳いでる子、カッコイイですね〜」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 12:55:48.86 ID:3Q+8OroTO






30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 13:01:56.19 ID:LFil9+t9O

キョン「フカヒレ一号と名づけよう」

梓「やめてくださいよそんなおいしそうな名前!」

梓「ここはカッコよく、あずにゃん五億号にしときましょう」

キョン「おまえ、その数字はなんだ。過去どれだけのあずにゃんn号が存在するんだよ」

梓「まだ一匹しかいませんよ。それに、その子は猫です」

キョン「猫かよ。おまえ、そういえばあずにゃんて呼ばれてるよな」

キョン「なんだ、水族館に来たがってたのはそういうことか」

梓「なにがです?なにを一人納得してるです?」

キョン「魚を捕食する立場だから、楽しくてしょうがないんだろ」

キョン「おまえは水族館としてじゃなく、狩場として楽しんでるんだ」

梓「違いますよ!純粋に水族館としてです!それに、サメを捕食する猫って、そんなのかわいくないで
す!」

キョン「そうだな。せいぜいグッピーだろうな、おまえが踊り食いするのは」

梓「そんなことしませんよ!もうっ!」
げしげしと俺のスネに蹴りを入れてくる。
そこは弁慶の泣きどころといって、けっこう痛いんだぞ。

キョン「やめろ、すまん。俺が悪かった」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 13:18:37.34 ID:LFil9+t9O

梓「反省しましたか?」

キョン「ああ、したした。すっげーした」

梓「誠意が見えないですが…まぁいいでしょう。いずれ報いを受けるときがくるです」

にやり、と不気味な笑みを浮かべる。

キョン「なんだよ、怖ぇな…」

梓「さ、次にいきましょう。とりあえずサメは見たんで、後は消化試合です」

言葉通り、サメ以外は興味がない様で、2、3分ほど眺めると、どんどん次に進んでいった。
タココーナーにさしかかると、突然ガラスをガンガンと叩き始めた。その目は輝いている。

キョン「なにしてんだよ、おまえは」

梓「タコを挑発してるんですよ。あのツボからでてこないかな〜」

キョン「そっか…頑張れよ…」

中指を立てたり、ケータイのフラッシュを炊いたり、いろいろと試行錯誤している。
そんな姿を横で見ている俺。まじまじとその横顔を見つめる。
ああ、やっぱりこいつは可愛いな。そう思った…

梓「…キョン先輩なのでした」

キョン「いや、思ってない。タコを必死になって煽るような女なんか可愛いと思うわけがない」

梓「思ってるクセに〜」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 13:30:06.31 ID:LFil9+t9O

キョン「黙ってればかわいいのは認める」

梓「あ、ありがとうございます…」

突然の褒め言葉に面食らったようで、大人しくなる。

梓「あ、じ、じゃあお土産コーナーみて出ましょうか」

キョン「そうだな」

お土産コーナーを物色して回る二人。
梓は携帯ストラップやぬいぐるみに反応を示している。

梓「わぁ〜、これおししそうですね〜」

キョン「おい、梓。ギョギャーーーー!お魚ですぅーー!!」

梓「うわっ!さかなくんの帽子じゃないですか!そんなのあったんあですか!?」

客「”さん”をつけろよデコ助野郎!」
梓「あ、すみませんです…」

キョン「この帽子、おもしろいだろ。買おうかな」

客「それは本体だろ!間違えるな素人が!”さん”をつけろよデコ助野郎!」

キョン「あ、すみません…」

客「わかればいい」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 13:44:32.84 ID:LFil9+t9O

梓「いいですね〜、その本体。私も買おうかな」

キョン「なら、ペアルックだな。本体カップルって奴だ」

梓「この本体をかぶって二人で歩き回るんですか?」

キョン「おもしろそうだろ」

梓「おもしろいですけど、いろいろとアウトですよね…」

キョン「いいじゃん。俺がおまえの分も買ってやるから、やろうぜ」

梓「初プレゼントがさかなくんさんの本体か…なんかちょっと残念だな」

キョン「そういうなよ。下の人プレゼントされるよりはマシだろ」

梓「そうですけど…」

不満そうな梓を伴って、レジへと進む。

店員「2点で20円になります」

財布から小銭を探そうとしたその時、足に違和感。

キョン(なんだ?足が震える…)

カクカクと震えだす俺の足。やがて体重を支えられずに手をついてしまう。

梓「おや? やっと効いてきたようですね…私の蹴りが」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 13:54:27.51 ID:LFil9+t9O

キョン(なんだ…どういうことだ…)

ガクガクと震えながら思考をめぐらす。

キョン「! まさか!?」

俺は思い出していた。あの時梓が言ったセリフを。

梓『誠意が見えないですが…まぁいいでしょう。いずれ報いを受けるときがくるです』

梓「思い出したようですね?そうです、その通りです」

店員「………」

キョン「おまえ…計算していたのか…この瞬間に重なるように…」

今にも倒れそうな体を支えながら言う。

梓「そういうことです。生まれたての小鹿先輩」

言いながら俺の頭にさかなくんさんの本体をかぶせてくる。

店員「………」

キョン「くそ…やめろ…よけいみじめだ…」

梓「大丈夫です。私がなんとかしてあげます」

俺の手から財布を取り上げると、そのまま会計を始めた。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 13:55:17.41 ID:mCjRO1RSO

支援

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 14:07:18.64 ID:LFil9+t9O

店員「一万円からのお預かりになります。大きいほうから1、2、3、4…9千円と、980円のお返
しです」

店員「あるがとうございました」

梓「さ、先輩いきましょう」

キョン「おまえ、よくも万札崩したな…何気にとっておいたのに…」

キョン「それに小銭増やしてパンパンにしやがって…」

梓「まぁまぁ、いいじゃないですかそんなこと」

キョン「くっそ、なんでおまえがなだめる立場に立ってる風なんだよ…」

梓「いつまでも震えてないで、もう行きますよ」

キョン「こいつ…ぬけぬけと…」

ぎこちなく歩き始める。そんな俺を見て梓は終始笑っていた。

キョン「はぁ、やっと地元に帰ってこれた」

梓「なんです先輩。ホームシックにかかってたんですか?」

キョン「違う。アウェイで味方であるはずのおまえに攻撃されたから変な疲れ方しただけだ」

梓「キョン先輩のホームは…その…私自身ですよ?」

キョン「恥じらいながら言ってもな、そこでボコられた結果こうなってるんだぞ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 14:17:13.17 ID:LFil9+t9O

キョン「おまえ、一人でさかなくんの帽子かぶって歩けよ」

梓「えぇ!話が違いますよ!一緒ならどこまでも堕ちて行けるって言ってくれたじゃないですか!」

キョン「そんなこと言ってない。おまえもホームで苦痛を味わえ。それでバランスが取れる」

さっ、と素早い動きで梓に帽子を被せる。

梓「えーん、ひどいです…」

キョン「いくぞ。なるべく人通りの多い場所に」

梓「うぇーん…」

早速俺たちは街中へと繰り出した。
さすがに人目が気になるので、俺は梓とはちょっと距離を置いて歩いた。

他人「うわっ、あの人さかなくん意識してるよ」

他人「はっはは、うわ〜…」

他人「なにかな、あれ。罰ゲーム?」

他人「自虐ギャグかな?ははは」

梓「ギョギョーーーーーーーーーー!!」

他人「うわっ、キレた!!」

他人「怖ぇっ!!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 14:36:24.18 ID:LFil9+t9O

梓「先輩、許してください…」

頬を赤らめ、涙ぐんでいる。

キョン(ぐっ、これは…破壊力が…)

キョン「もういいよ。こっちこい」

帽子を取ってやり、手をつなぐ。

梓「あ、あぅ…」

キョン「昼飯食おうか」

梓「そうですね…お腹減りました」

キョン「どっか入ろう」

梓「あ、あそこにラーメン二郎がありますよ」

ラーメン二郎…噂に聞いたことがある。
やれ豚のエサだの、二郎という名のスポーツだのと言われているらしい。
俺は一度も入ったことがなかった。
実態を見てみたい気もするが、小心者の俺にはハードルが高すぎる。

キョン「あそこはやめておこう。一度も行ったことないし、ルールとか全然わからん」

梓「入ってみたかったな〜」

キョン「また今度ルールとかちゃんと調べてからこようぜ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 14:48:15.26 ID:LFil9+t9O

梓「は〜い…」

キョン「うどんにしよう。安いし」

梓「もっとオシャレなチョイスしてくださいよ〜」

キョン「もんく言うな。いくぞ」

入店してすぐ食券を買い、店員に渡してから席に腰掛ける。
俺は月見定食、梓はカレーうどんを頼んだ。

キョン(カレーうどんか…う○この話題だしたらどんな顔するかな、こいつ)

キョン「なぁ、うん…」

梓「阻止!」

ばふぅ!!

キョン「うぐぁ!!」

振られた七味唐辛子が俺の目に向かって放たれていた。

梓「ふぅー危なかったです」

キョン「ぐぅ…おまえ…そこまでするか」

梓「当然です。私は想像力豊かですから、あのワードを言われたらもうアレにしかみえないです」

キョン「うう…ク…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 15:00:59.77 ID:LFil9+t9O

梓「阻止!」

バシュウ!!

醤油がレーザーのよう放たれ、俺の目を貫く。

キョン「ぐぁああ!なんでだ!何を阻止した!?」

梓「アレの別名で言おうとしてもだめです!すべて阻止です!」

キョン(アレの別名って…ああそうか、クソか…)

キョン「ぐぅ、視界が真っ暗だ…何も見えない…」

梓「まぁ醤油ですからね。顔洗ってきたほうがいいですよ」

キョン「そうしてくる…」

手探りでお手洗いへと向かう俺。
情けない…。

梓「あ、おかえりなさいキョン先輩」

キョン「ただいま。お、もうきてるな、うどん」

見ると、月見定食とカレーうどんが並べられていた。

キョン「じゃあ、食うか…って、うん?」

卵の黄身がつつかれたような形跡がある…それに量も心なしか少ない気がする。

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 15:04:20.49 ID:3Q+8OroTO

バリバリ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 15:14:47.61 ID:LFil9+t9O

キョン「おい、おまえ食っただろ、俺の」

梓「なんのことです?」

キョン「黄身が乱れてるし、量がおかしいんだけど」

梓「蒸発して量が減ったんじゃないですか? 減った分はきっと空気中に漂ってますよ」

梓「口をぱくぱくしてれば味がするんじゃないですか」

キョン「そんなわけないだろ」

梓「あ、今先輩のうどんがあのおじさんのところにいきましたよ!早くしないとなくなりますよ!」

梓「ああ!今おじさんがむせたので一部戻ってきました!チャンスですよ!」

キョン「なんでおっさんを経由したうどんを食わなきゃならねぇんだよ」

キョン「おまえが犯人だ。無駄なあがきはよせ」

梓「そんな!証拠はあるんですか!」

キョン「ああ、おまえのはしだ。カレーがはがれて月見うどんに茶色いものが浮かんでいる」

キョン「味はカレーだ。もうこれだけで十分だろ。ゲロっちまえよ」

梓「…さすがキョン先輩ですね。そうですよ、犯人は私です」

梓「あれはまだ私が小さかった頃のお話です…」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 15:27:24.34 ID:LFil9+t9O

キョン「動機を語り始めるな。おまえにそんな過去はない」

梓「…そうですよ!単純に月見うどんが食べたかっただけですよ!」

キョン「逆ギレかよ…」

ぎゃあぎゃあと騒がしい梓をよそにさっさと食べ終わる。
梓は勢いよくカレーうどんをすするので、待っている間何度も飛まつが俺にとんできた。
が、梓自身はそれを器用に避けていたので、被害が出たのは俺一人だ。
なんなんだ、こつは。

キョン「ふぁー…腹も膨れたし、なんか眠い」

梓「昼って突然睡魔に襲われることがありますよね」

キョン「それに俺、今日早起きしたからさ。眠いんだ」

梓「じゃあ、どこかで体を休めますか?」

キョン「そうだな。そうしたい。おまえに膝枕してほしい」

梓「ひ、膝枕ですか…」

キョン「だめなのかよ」

梓「いえ、そんなことは…」

キョン「なら、決まりだ。おまえの膝枕」

梓「はぅ…」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 15:43:11.11 ID:LFil9+t9O

公園でベンチに座って膝枕。そんな安直な恋人同士のイメージ。
実際にやっているやつらなんて見たことないのに、そんな像が浮かぶのはなぜだろう。
漫画やドラマ、アニメの影響か。それを実践してやろうとするカップルがここに一組。

キョン「けっこう人座ってるな、ベンチ」

梓「そうですね」

リーマンが座って本を読んでいたり、主婦らしき人たちが座って砂場で遊ぶ子供を見守っている。

梓「どうします」

決まってる。

キョン「強行する」
まず、端っこに陣取り、一人だけでポツンと座っている人だけがいるベンチに梓が座った。
先住民のぎりぎりまで近づいて準備完了。

梓「どうぞ、キョン先輩」

そして空いているスペースを俺の体で埋めていく。
寝転がったんだ。梓の膝めがけて頭を載せる。

キョン「じゃあ俺寝るから」

梓「あの…それはいいんですけど、顔を上に向けてください」

梓「私のほうを向かれると…その…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 15:57:08.39 ID:LFil9+t9O

梓の方を向くって言うのはつまり…

キョン「あ、ああわかった。なるべくそうする」

梓「お願いしますよ。もし向きそうになったら阻止しますから」

こいつの阻止はシャレにならない。
こんな無防備な体勢で阻止されたら、どうなるんだろう。
嫌なビジョンしか見えない。
大人しくしていよう。

キョン「おやすみ」

梓「はい、おやすみなさい」

目を閉じる。心地いい。すぐに眠れそうだ。
午前3時に寝て、起きたのは6時だからな。
ああ、意識が…

バチン!

キョン「痛ぇ!なんだよ!」

眠りに落ちる寸前、頬に痛みが走った。
がばっと体を起こす。

梓「あ、すみません、起こしちゃいましたか。顔に見たことがない羽虫が止まってたんで、殺そうとし
たんですよ」

キョン「おまえ…でこピンで追い払うとか、他に方法あるだろ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 16:12:49.00 ID:LFil9+t9O

キョン「それに、起こしちゃいましたかって、これで起きなきゃ俺、もう死んでるだろ」

梓「すみません、今度からは暗殺にしますから、許してください!」

キョン「俺の顔の上で殺生するな!」

隣に座ってた人「………」

俺たちを一瞥し、先住民が去っていった。

梓「騒ぎすぎちゃいましたね」

キョン「でも、そのおかげでベンチ占領できるな。やっと体を伸ばせる」

梓「今体折り畳んでますもんね」

キョン「端に行ってくれ、梓」

梓「はい」

位置を変えて、完全にベンチを占領する俺たち。
体を伸ばして、梓に頭を預ける。

キョン(柔らかい…膝…)

意識がまどろんでくると、本能の赴くままに寝返りをうってしまう。
梓のほうを向きそうになると、両手でがっしりと頭を固定され、阻止された。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 16:24:50.77 ID:3Q+8OroTO

ww

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 16:27:45.42 ID:LFil9+t9O

俺が本格的に眠いことを察しているのか、過激な阻止はされなかった。
寝返りと阻止を繰り返す内、俺はいつの間にか眠りに落ちていた。

キョン「ふぁぁ…うーん…」

梓「おはようございます、キョン先輩」

目の前には梓の顔。覗き込むように俺の顔を見ていた。

キョン「…おはよ」

俺はどれだけ眠っていたんだろう。
目を擦って周りを見回してみる。
ほとんど誰もいない。
空を見上げてみると、夕日が半分沈んでいた。

キョン(もう夕方か…)

梓「キョン先輩、息くさいです」

キョン「寝起きは臭いんだよ。歯も磨いてないしな」

キョン「つーか、喉がカラカラだ。なんか買ってくるけど、おまえもいるか?」

梓「それじゃあ、コーラでお願いします」

キョン「もっと可愛らしいもの飲めよな」

梓「いいじゃないですか。さっさとパシってきてください」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 16:35:45.37 ID:LFil9+t9O

キョン「ダッシュでいっていいのか?」

梓「? それはご自由にどうぞ」

キョン「わかった」

自販機へ向けて走り出す。

キョン(コーラを持って走るとどうなるか…わかっていないようだな)

コーラと麦茶を買って梓の元へ駆けつける。

キョン「先輩、買ってきました!」

梓の前で急停止して、コーラを差し出す。

梓「キョン先輩があけてください。私プルタブって苦手なんですよ」

キョン「え? いや、簡単だろそれくらい。自分でやれよ」

梓「先輩、やってくださいよ。それともんですか、やましいことでもあるんですか?」

キョン「いや、プルタブなんかにやましいこともクソもあるかよ」

梓「だったら、どうぞ。あけてください」

キョン(こいつ…!!気づいている!!)

梓「………」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 16:48:58.90 ID:LFil9+t9O

キョン「…すまん、悪かった。このコーラはすでに爆弾と化してる」

梓「そんなの見てればわかりますよ!あまり私をあなどらないでほしいです!」

キョン「悪い。これはおれが責任を持ってあける」

虚空に向けてプルタブを開ける。

ブシャアアアア!!

勢いよくコーラが発射されて虹がかかった。
わけもなく、無様に地面に染みていった。

キョン「ほい、コーラ」

梓「どうもです」

ベンチに腰掛けてごくごくと飲む二人。
しばらく夢中で飲んでいた。

キョン「なんか悪かったな」

梓「なにがです?」

キョン「ずっと膝枕させちまって。退屈だっただろ」

梓「そんなことないです。キョン先輩の寝顔が見れました」

キョン「いや、でもさ…足とかしびれてないか?ずっと頭載せてたわけだし。起こしてくれてもよかっ
たんだぞ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 16:52:03.50 ID:86ltKud8O

面白いけど早く投下してほしい

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 17:05:01.94 ID:LFil9+t9O

梓「余裕ですよ、これくらい」

俺をみてにっこりと微笑む。
いつもこんな調子で健気だったらいいんだけどな。

キョン「ありがとな」

梓「いえいえ」

公園の外灯が灯りだす。
日は沈みきって完全に暗くなっていた。

キョン「帰ろうか」

梓「そうですね」

手をつないで歩き出す。
梓の家まで送り届けると、俺も家路についた。
帰り着くとすぐに自室へ向かう。
上着を適当に放ってベッドにダイブした。

キョン「…くぁ…なんかまだ眠いな…」

夕食に呼び出されるまでベッドに突っ伏していた。
夕飯の後は風呂に入って、テレビを見て…11時にはベッドにもぐりこむ。
いつも通りの時間、いつも通りに眠った。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 17:06:09.02 ID:LFil9+t9O

後だれかよろしく

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 17:08:20.61 ID:bElsqXBd0

またキョンで俺の精神がボロボロになるところだった

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/03(火) 17:50:58.75 ID:h4lOvh5jO

キタ━━(゜∀゜)━━



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「ワシのチンポコをしゃぶってくれんかね、哀君?」