みくる「未来からの仕送りが途絶えちゃいました…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒのフェラが上手すぎるんだが・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:13:20.06 ID:3MRWLjEk0

みくる「こうなったら>>5のバイトします…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:14:05.47 ID:OM2Fda4R0

風俗

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:18:47.72 ID:3MRWLjEk0

鶴屋「お金が欲しいならいいバイト知ってるっさ」

みくる「本当ですかぁ?」

鶴屋「今からこのお客さんと2時間セックスするだけで10万貰えるにょろ」

みくる「この人は…」

>>13
@見知らぬおっさん
A見知らぬじいさん
B知ってる人(キャラ名)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:20:16.15 ID:gxrzzAA+0

新川

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:25:18.38 ID:3MRWLjEk0

みくる「この人って、新川さん…?」

鶴屋「おや、よく知ってるね」

鶴屋「この人はうちのグループの筆頭株主でね。みくるぐらいの可愛い子が接待してくれると、私も助かるのさ」

鶴屋「どうかなっ?」

みくる「2時間で10万…」

みくる「わかりました!私、やります!」

鶴屋「いい返事っさ。じゃ、一時間後にここのホテルで―――――」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:29:05.09 ID:3MRWLjEk0

*そして一時間後

みくる「ふわぁ…すごいホテル……」

みくる「ここで間違いない…よね?」

鶴屋「みっくるー!こっちだよー」

みくる「鶴屋さん…」

鶴屋「緊張してるのかい?」

みくる「は、はい。ちょっとだけ…」

鶴屋「ふーん…」

鶴屋「実は>>23も時間ずらして呼ばれてるんだけど、みくるさえよければ合わせようか?」

みくる「本当ですか!是非お願いします!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:33:51.67 ID:talJghgD0

@

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:39:44.10 ID:3MRWLjEk0

みくる「し、失礼しますぅ…」

新川「やぁ、お久しぶりですね」

みくる「は、はい。今日はよろしくお願いします」

おっさん「おや、新川さんとはもうお知り合いで?」

新川「ええ、彼女は部下の友人なんです」

おっさん「なるほど。それはさぞ興奮するでしょうな」

みくる「あ、あの…」

みくる「私は何をすれば…」

新川「そうですなぁ。それではまず、>>27をしていただきましょう」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:40:22.67 ID:Rnf+C3JP0

お話

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:45:34.19 ID:3MRWLjEk0

新川「朝比奈さんはこういう事は初めてですかな?」

みくる「はい…」

おっさん「それはそれは。開発のしがいがありますな」

みくる「よ、よろしくお願いします…」

新川「好きなプレイなどは?」

みくる「えと、>>29をされると、失神するくらい感じちゃった事が…」

おっさん「ほぉ!すばらしい!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:46:43.73 ID:bL+pepHW0

手マン

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:51:56.78 ID:3MRWLjEk0

おっさん「どれ、一つ私がやってあげよう」

みくる「い、いきなりですかぁ?」

おっさん「大丈夫。濡れてくるまで私がクンニをしてあげるから」

みくる「あぅ…」

新川「ではその間、私はフェラをしてもらおうか」

みくる「は、はい…」スッ

おっさん「さ、まずは私の上においで」

みくる「は、はい。失礼します…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:57:48.66 ID:3MRWLjEk0

ぺろっ

みくる「ひゃっ!」ビクンッ

おっさん「逃げない逃げない」グイッ

ぺろ、ぺろ

みくる「んんっ…」

新川「私の方もお願いするとしよう」

ずぅーん

みくる(キョン君のよりおっきぃ…)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 21:58:08.04 ID:3MRWLjEk0

みくる「ん…いただきます」

ぺろっ、ちゅちゅ

新川「そんな舌先だけではおもしろくないな」

ずにゅぅ!

みくる「ふみゅうっ!?」

ずんっ、ずんっ

新川「ふふ…女の喉奥を侵す感覚はいくつになっても溜まらないのですね…!」

みくる「んぐっ!んうぅ!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 22:06:50.45 ID:3MRWLjEk0

ぴちゃ、ぺろ、ぴちゅ

おっさん「ほほっ、イマラチオされた途端に愛液が溢れてきた」

おっさん「お嬢さんはマゾの気があるのかもねぇ」

ずんっ、ずんっ

みくる「ふぐぅっ!んーっ!」

新川「ふふふ。手慣れた売女のフェラテクもよいものですが、素人の口を無理矢理犯すのも堪らない」

みくる「んぐっ!んっ、んっ、んーっ!」

おっさん「ふむ、私もそろそろ始めるかな…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 22:12:38.31 ID:3MRWLjEk0

ずにゅるぅっ…!

みくる「ん〜〜〜っっっ!?」

おっさん「おっほぉ!いきなり良い反応ですなぁ!」

おっさん「最初から指を三本もくわえ込んで…、そんなにめちゃくちゃにされたいのかな?」

くちゅっ、くちゅっ!

みくる「ふあぁっ!んんんぅ…っっ!」

新川「ふふ、なかなか愉快そうで。私はそろそろ先に行かせていただきましょう」

ずぷっ!すぷっ!

みくる「んむ!んぁっ!んんぅ!?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 22:18:57.97 ID:3MRWLjEk0

新川「うっ…」

ドピュ、ドピュ…

みくる「!!」

新川「おっと」ガシッ

新川「それを全て飲んで、私のモノを綺麗にするまでは口から抜きませんよ」

ぐちゃ、ぐちゅ!

みくる「んあっ!あっ!」

おっさん「その間も私の指は止まらないからね、お嬢さん」

みくる「んぐ…」ゴクン、ゴクン

新川「そうそう。そのまま私のモノも綺麗にしなさい」

みくる「んむっ…!」

くちゅ!ぐっちゃ!

おっさん「ほほっ、下は大洪水ですな」

ぐちゅ!ぐちゅ!

みくる「んぐうぅっ!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 22:26:49.05 ID:3MRWLjEk0

――――
―――
――

みくる「はぁ…はぁ…」

おっさん「さて、そろそろ本番といきますか」

みくる「あぇ…?」

おっさん「ほら、これが今から君と一つになる私の珍宝だよ」

じゃーん

みくる「な、なんですか、これぇ…」

おっさん「どうかな?私の真珠入り魔改造ペニスは」

みくる「あ………嘘……?」

新川「ははっ、相変わらずの逸品ですな」

おっさん「怖いかい?」

おっさん「なぁに、500mlペットボトルを挿入されると思えばたいしたことないさ」

おっさん「さ。早くベッドで股を開いてくれ」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 22:28:33.24 ID:3MRWLjEk0

汚いおっさんはチンポに真珠いれる

虫が光に集まるのと同じくらい当然のこと

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 22:38:41.96 ID:3MRWLjEk0

ぐぐ…

みくる「あ…!?嘘!?」

おっさん「まだまだ先っぽだけだよー」

ぐに、ぐぬぅ

みくる「や…!拡がっちゃう!!」

おっさん「そうしたら、もうおじさんとしかセックスできないねー」

ぐにゅう!

みくる「あっ、あっ、ああぁぁ…!」

おっさん「あと少し!」

ずっぷし!

みくる「ふぎっ!?」

おっさん「やっと入った」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 22:39:20.29 ID:3MRWLjEk0

おっさん「可哀相だからしばらくこのままでおこうか」

新川「私にも回してくださいよ?」

おっさん「ははっ、わかってますよ」

みくる「あ…あ……」



―――

―――――――

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 22:44:01.26 ID:3MRWLjEk0

*2時間後

鶴屋「みくる!お疲れ様にょろ!」

鶴屋「よくやったみたいだね。おじさん達も色をつけてくれたみたいだよ」

鶴屋「………みくる?どうしたんだい?」

みくる「…………」

みくる(もう鶴屋さんの紹介は受けないようにしよう…)

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 22:53:54.86 ID:3MRWLjEk0

みくる「まだお金が足りない…」

みくる「>>52で稼がなきゃ…!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/15(木) 22:56:05.78 ID:5c0LElkL0

代理母

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 22:58:41.01 ID:3MRWLjEk0

みくる「ベビーシッター?」

みくる「日給は……まぁまぁかな」

みくる「やってみようかなぁ…」

―――
――


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 23:03:57.72 ID:3MRWLjEk0

新川「採用」

みくる「………なんでいるんですかぁ?」

新川「ここはうちの子会社だからね」

みくる「………」

新川「では早速、君には>>57の担当をしてもらいたい」

キャラ名とか

57 名前: 【Dnews4vip1319441402149930】 [] 投稿日:2011/12/15(木) 23:06:25.01 ID:NR97V4ye0

ハルヒちゃん

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 23:13:31.99 ID:3MRWLjEk0

みくる「ここって…涼宮さんの家じゃ…」

ハルヒ「あ、おかえりなさい、ママ!」

みくる「涼宮さん!?」

ハルヒ「ママ、早く家に入って!」

みくる「えっ?えっ?」

ハルヒ「もぉ…みくるちゃんは今日一日私のママなんだから、私の事はハルヒって呼ぶの!…ね?」

みくる「は、はひ…。ハルヒ……ちゃん」

ハルヒ「まぁ、よし!」

みくる(赤ちゃんって、涼宮さんのことなの…!?)

ハルヒ「ママー、最初は>>60やってー」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/15(木) 23:14:48.58 ID:ymDegXeq0

おっぱいちゅーちゅー

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 23:20:20.77 ID:3MRWLjEk0

ハルヒ「おっぱい!おっぱい!」

みくる(あう…この仕事を聞いて、必ずなるとは思ってたけど…)

みくる「ハルヒちゃん、ママはおっぱいは出な…」

ハルヒ「いいの!ちゅーちゅー吸いたいだけなんだから!」

みくる「うぅぅ…」

みくる「ちょ、ちょっとだけですよ…?」

ゴソゴソ……ユサッ

ハルヒ「おっぱい!」ガバッ!

みくる「ひゃ!」

ちゅー!ちゅー!

みくる「んっ、あっ!」

みくる「ら、乱暴にしないでぇ…!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 23:26:32.51 ID:3MRWLjEk0

ちゅー、ちゅー

みくる「ん…」

ちゅ、ちゅ

みくる「ん…ふぁ…」

ちゅ……じわっ

みくる「ふぇっ!?」

ハルヒ「あはは!やっぱりママ、おっぱい出るんだ!」

みくる「え?え?なんで!?」

みくる(昨日はあんなに吸われても、何も起きなかったのに!)

ハルヒ「ママのミルクあま〜い」チュチュッ

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 23:33:48.58 ID:3MRWLjEk0

もみっ

みくる「ひぁっ!ハ、ハルヒちゃん…?」

ハルヒ「ママのおっぱい、揉むとどんどんミルク出るよ!」

もみゅ、もみゅ

みくる「んんっ!あ、そんなこと……」

びゅっ!

ハルヒ「あははは!凄い!おっぱいミルクびゅってしたぁ!」

みくる「あ……こ、こんなのって…」

もみ、もみっ

ぴゅぴゅぴゅ…!

ハルヒ「えへへ。ママのおっぱい、私が全部搾ってあげるね!」

みくる「あっ!んっ!だ、だめぇっ!」ハァ、ハァ

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 23:40:15.27 ID:3MRWLjEk0

――――
―――
――

ハルヒ「えへへ。ママ、いっぱい出たね」

たぷたぷ

みくる「あう…」

ハルヒ「ママ!次は>>68してよ!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 23:40:24.10 ID:wQcGJimT0

ご懐妊です

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 23:51:55.17 ID:3MRWLjEk0

みくる「は…?」

ハルヒ「私ね、妹が欲しい!」

ハルヒ「ママ、>>73と子供つくって!」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 23:53:57.61 ID:5c0LElkL0

国木田

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/16(金) 00:07:04.21 ID:C0zSVQiS0

国木田「やぁ」

みくる「え…?誰?」

国木田「ひどいなぁ。夫の顔を忘れちゃったの?」

みくる「あ、えと、キョンくんの友達の…」

パシンッ!

国木田「はぁ?」

みくる「いたっ!」

国木田「夫の前で他の男の名前を出すの?」

パシンッ!

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/16(金) 00:09:05.88 ID:C0zSVQiS0

みくる「や、やめて…!」

国木田「うるさい!」

バシンッ!!

みくる「ひっ…!」

国木田「おしおきだ…!今日はお前が気絶しても中に出し続けてやるッ!!」

みくる「や…、涼宮さん、助け……!!」

ハルヒ「………え?」ニヤニヤ

ハルヒ「ああ………頑張ってね?みくるちゃん」ニヤニヤ

みくる「そんな………」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/16(金) 00:15:34.65 ID:C0zSVQiS0

ビリッ!ビリビリッ!

みくる「いやぁ!」

国木田「騒ぐな!」

バシッ!

みくる「ひぅ…」

国木田「俺の女が服を着てる必要なんかねーんだよ!俺がいつでもできるようにマンコ濡らして待ってろ!」ビリッ!ビリッ!

みくる「あ……や……」

ずぷっ!

みくる「ひぐぅっ!」

国木田「ははっ!やればできるじゃねぇか!入れる前から濡らしてやがる…!」

みくる「そんなの、嘘…!」

ハルヒ「パパァ、ママなおっぱいビンビンに立ってるよぉ?」

みくる「………っ!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/16(金) 00:25:08.67 ID:C0zSVQiS0

パンッ!パンッ!

みくる「い、ゃっ!あっ!ん!んんっ!」

国木田「はは!突く度にバカみたいに揺れるおっぱいだなぁ!」

パンッ!パンッ!

ハルヒ「ママァ、またおっぱいミルク出てるよぉ?」

みくる「んぁっ!ダ、ダメ!もうおっぱい、はぁっ!ああっ!」

ハルヒ「えへへ。またびゅっびゅってしてあげるねぇ」

ぎゅー、ぎゅー

みくる「ひやあぁぁっっ!?」

ハルヒ「あれぇ?なかなか出ないねぇ…」

むぎゅー!ぎゅっ、ぎゅうっ!

みくる「いやああぁぁぁ!!!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/16(金) 00:37:53.40 ID:C0zSVQiS0

――――
―――
――

みくる「も、もう、許して…」

国木田「はぁ?」パンッパンッ

みくる「も、もう五回も中に出したでしょ…?お願いだから、これ以上は…!」

国木田「嫌だね」パンッパンッ

みくる「そんな…!私、本当に妊娠しちゃいますぅ…!」

ハルヒ「そうだよ、ママは妊娠するの」ニヤニヤ

ハルヒ「それで妊娠した姿をキョンに見せるの」ニヤニヤ

ハルヒ「キョンはきっと幻滅するでしょうね」ニヤニヤ

みくる「涼宮さん…どうして…?」

ハルヒ「どうしてぇ?」

ハルヒ「そんなの、あんたが私のキョンとセックスしたからに決まってるでしょ、ブタ女」



おわり

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/16(金) 00:38:57.03 ID:C0zSVQiS0

なんかもう、今日は全然筆が乗らないから寝るお

安価付き合ってくれてありがと!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「『アナル 拡張 やり方』っと」カチカチッターン