キョン「谷口が自殺した!?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しんのすけ「ハァハァ…つば…きちゃん…もうオラ…いっ、いく…」

ツイート

1 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2009/10/11(日) 03:43:16 ID:L4Vo/QL60

ハルヒ「……まぁいいわ。気にせずスレでもたてましょう!」

キョン「おい!不謹慎だろ!人が死んでんだぞ!」

ハルヒ「谷口だしいいじゃない」

キョン「……ハルヒ、お前のこと見損なったよ。まさかそこまで性根が腐ってたとはな。」

ハルヒ「ハァ!?なによあんた!どうせシリアスに持ってく気はないんだからそこは同意しなさいよ!」

キョン「何の話だ!?」

ハルヒ「いや、なんか言わなきゃいけないきがしたのよ。
    とりあえず私団活行っちゃいけない気がするから休むわね」

キョン「?まぁいいけど」

キョン「……朝比奈さん着替えてるかな」ガチャ

古泉「ゴム買い忘れてました。なので今日はやめときましょう」

朝比奈「ふふふ。私は生でもかまいませんよ。ってキョン君いたんですか」

キョン「ええ。さっきからいましたよ。そんなことより早く服着てくださいよ」

朝比奈「あ、すみません。ついでで着替えますね」

キョン「古泉、話があるんだ。ちょっと来い」

古泉「着替え見終わったらイきますよ」

キョン「いいから来い」ぐいっ

ばたん

キョン「なぁ、締まり具合はどうだった?」

古泉「なかなかよかったですよ」

2 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2009/10/11(日) 03:54:33 ID:L4Vo/QL60

キョン「ほう。そうか」

古泉「そうそう、長門さんは処女でしたよ」

キョン「!!長門まで食ったのかよ!」

古泉「ええ。ほかにもクラスメートを何人か。
   おかげでゴムがいくつあっても足りません。困ったものです」

キョン「死ねばいいのに(ははっ、死ねよ)」

古泉「……どういう風に反応すれば…」

キョン「いかん、本音と建て前が逆になってしまってた」

古泉「たいして変わってない気がするのですが」

キョン「朝比奈さん着替え遅いな」

古泉「ごまかさないでくださいよ!」

朝比奈「着替え終わりますた」

3 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2009/10/11(日) 04:03:45 ID:L4Vo/QL60

キョン「あ、そうそう。今日ハルヒ来ないってさ」

長門「最近あなたは私と性交渉をしていない。もっとしてほしい」

朝比奈「だめですよ、長門さん。今日は私の日ですから」

古泉「まあまあ、なんなら今日は三人でしますか?」

長門「……私はかまわない」

朝比奈「古泉君がそれでいいのなら」

古泉「決まりですね」

キョン「聞いてねえし」

古泉「あ、あなたいたんですか。てっきり家で一人寂しくマス掻いてるんだと思っていましたよ」

キョン「泣いていいか?」

4 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2009/10/11(日) 16:09:00 ID:L4Vo/QL60

キョン「ハルヒの奴やs古泉「それはもう聞きました」

キョン「え?」

古泉「どうかしましたか?」

キョン「いや、さっきお前いたのみたいなこと言ってたから」

古泉「はは、前回のレスを見ただけですよ。
   そうそう、ご友人がお亡くなりになられたそうですね」

キョン「ああ。そのことなんだが。どうも俺にはあいつが自殺するような奴には思えないんだ」

古泉「機関の方に谷口君?だったかに好意を寄せてる人がいますので、
   今度その人からここ数日の彼の様子を聞いてきますよ」

キョン「ああ、助かるよ」

古泉「さあ、もうここに用は無いでしょう?とっとと出ていって下さいよ!」

キョン「ああ、すまん。んじゃまた明日」

5 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2009/10/11(日) 16:21:31 ID:L4Vo/QL60

古泉「さて、邪魔者も消えましたし、落ち着いてできそうですね」

キョン宅

キョン「ハァハァ、朝倉、中に、ハァハァ、出すぞ!!」どぴゅ

キョン「ふぅ……」カチャカチャ

妹「キョン君ハサミー」ガチャ

キョン「貸してほしければ俺のナニをナメナメしろ」

妹「死ね」

そして、妹は口を聞いてくれなくなった

翌日

キョン「妹が起こしてくれなかったから寝坊した」

ハルヒ「ざまぁwwwwww」

6 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2009/10/11(日) 18:05:11 ID:L4Vo/QL60

キョン「さて、部室行くか」ガチャ

ハルヒ「遅いわよ!クソチョン!」

キョン「俺はチョンじゃない!キョンだ!」

朝比奈「あのクソアマとキョン君のお茶に未来から持ってきた下剤入れときました。
    これで誰にも邪魔されずにできそうです」ヒソヒソ

古泉「はは、間違いなく閉鎖空間が発生するでしょうね」ヒソヒソ

朝比奈「あ……」

ハルヒ「うん、おいしいわ!さすがみくるちゃんね!」

みくる「ふふ、ありがとうございます(さあてもうそろそろお腹が痛くなるはず)」

ハルヒ「なんかお腹が痛くなってきたわ。トイレ行ってくるわね!」

キョン「奇遇だな。俺も腹が痛い!すまん、トイレ行ってくる!」バタン

prrrr

古泉「バイトができました」

7 名前:にょろーん名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/11(日) 18:11:12 ID:L4Vo/QL60

みくる「二人っきりになっちゃいましたね」

長門「……死ねよこいつ」ボソッ

みくる「何か言いましたか?」

長門「……べつに」

そのころ

キョン「……紙がない」

8 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2009/10/11(日) 18:22:38 ID:L4Vo/QL60

翌日

古泉「彼のことで話があるので団活が終わったら屋上へ来て下さい」

キョン「分かった」



長門「……」ぱたん

ハルヒ「あら、もうこんな時間ね。それじゃあ、解散!」

屋上

古泉「とりあえずあなたは遺族の方々に謝って下さい」

キョン「なんでだ!?」

古泉「いいから黙って聞きやがれ」

キョン「!?」びくっ

古泉「失礼」

谷山君?にしたことを思い出して下さい

9 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2009/10/11(日) 23:55:34 ID:L4Vo/QL60

谷口「なぁ、キョン。俺朝比奈さんに恋しちまったみたいなんだ」

キョン「ほう。それで?」

谷口「朝比奈さんの趣味とか教えてくだしあ」

キョン「知らん。けど(古泉が)全裸で突撃したら嬉しそうにしてたぞ」

谷口「おk。把握した」

谷口(全裸)「朝比奈先輩、好きです!」

みくる「きゃあああ!変態!短小!包茎!」

谷口「……死のうかな」

谷口「キョン……」

キョン「おう、うまく行ったか?」

谷口「うまくいくどころか嫌われたわけだが」

男1「よう、包茎wwwwwww」

10 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2009/10/12(月) 00:26:54 ID:6hlfq4V20

男2「真性だっけwwwww」

男3「カントンだってよwwwwww」

男123「だっせwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

谷口「帰るわ……」


古泉「というわけです」

キョン「え?俺が悪いのか?」

古泉「だめだこいつ早く何とかしないと」

長門「…………最低」ボソッ

みくる「ひどすぎますぅ」

ハルヒ「死んでわびなさい!」

キョン「お前帰ったんじゃないのか!?」

国木田「ひどいよキョン」

男123「最低だwwwwwwwwwwww」

阪中「ひどすぎるのね」

キョン「」


       糸冬



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:セレナード「なぜ私の出番はエグゼ3だけなのですか」