みくる「長門さんって臭いですね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】青葉「青葉、今日も頑張ります!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:11:42.46 ID:GQl0yFQk0


長門「…………」

みくる「ちゃんとお風呂入ってます?」

長門「月に一度は体を洗浄している」

みくる「えっ、月に一回しかお風呂入らないんですか?
    ありえませぇん。それは不潔ですよ〜」

長門「私が雑菌や不衛生による病気に掛かる事はない」

みくる「そういう問題じゃないですよ〜? だって臭いますもん
    臭いなあ〜臭い」

長門「…………」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:14:31.67 ID:GQl0yFQk0


翌日

キョン「なあ、長門。お前肌赤くないか? 肌荒れか?」

長門「秒速200回の速度で体をスポンジで擦ったらこうなった」

キョン「……なんでまた、そんな事」

長門「特に意味はない」

キョン「そ、そうか。長門もたまには無意味な行動するんだな」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:18:33.10 ID:GQl0yFQk0


みくる「長門さん、がんばって体洗ってきたんですね。くすくす」

長門「…………」

みくる「長門さんって臭いですね」

長門「…………」

みくる「まだ臭いますよぉ?」

長門「体表面の洗浄は行った」

みくる「制服が臭うんじゃないですか? なんかシワシワで黒ずんでるし……
    お醤油の染みとかご飯粒とかついてますよぉ?」

長門「…………」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:20:25.04 ID:GQl0yFQk0


みくる「最後に制服洗ったのいつですかぁ?」

長門「…………制服の洗浄は行ったことがない」

みくる「ええ? ほんとうですか? かなり引いちゃいました。
    そんな汚い制服で学校に来て恥ずかしくありません?」

長門「別に」

みくる「不潔だと男の子に嫌われちゃいますよ? くすくす」

長門「…………」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:23:45.87 ID:GQl0yFQk0


翌日

キョン「長門、なんで今日は……ジャージなんだ?」

長門「新しい制服を注文している」

キョン「今まで着てたのはどうした?」

長門「廃棄した」

キョン「なんでまた……」

長門「特に意味は無い」

キョン「そ、そうか」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:29:29.15 ID:GQl0yFQk0


みくる「制服捨てちゃったんですか? 洗えばいいのに。
    長門さんらしいですね。くすくす」

長門「…………」

みくる「ね、長門さんの靴ってマジックテープで止める奴なんですね」

長門「履き易い」

みくる「この時間平面上の女の子は普通そんなの履きませんよ?
    そういうのって、新聞配達のおじさんがよく履いてますよね。くすくす」

長門「…………」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:31:57.85 ID:GQl0yFQk0


みくる「ねぇねぇ、それってどこで買ったんですか? 教えてください」

長門「4丁目の安売り靴店にて680円で購入した」

みくる「あの有名メーカーの偽者ばかり売ってる変な靴屋さんですか?
    あんなところ、女の子はいきませんよぉ」

長門「…………」

みくる「私がよく行くお店に連れていってあげましょうか?」

長門「いい」

みくる「いつでもお付き合いしますから言ってくださいね。くすくす」

長門「…………」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:35:42.63 ID:GQl0yFQk0


翌日

キョン「お、おい長門。それ体育の上履きじゃないのか」

長門「そう」

キョン「なんでそんなの履いてるんだ?」

長門「特に意味はない」

キョン「そ、そうか(最近の長門は意味のない事に凝ってるのか?)」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:39:36.72 ID:GQl0yFQk0


みくる「長門さん、もしかしてあの靴捨てちゃったんですか? くすくす」

長門「…………」

みくる「ところで長門さんのお弁当って、どうしていつも
    ご飯と茶色いオカズ一種類しか入ってないんですか」

長門「楽だから」

みくる「栄養とか偏りません?」

長門「別に」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:41:08.39 ID:GQl0yFQk0


みくる「あんなお弁当だからいつも部室で食べてるんですか?
    人に見られると恥ずかしいですもんね。くすくす」

長門「…………」

みくる「お弁当作りって大変ですもんね。あたしも勉強してますからぁ。
     お弁当の本、お貸ししましょうか?」

長門「いらない」

みくる「読みたかったらいってくださいね。くすくす」

長門「…………」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:45:36.19 ID:GQl0yFQk0


翌日

キョン「あれ? ゴミ箱にコンビニ弁当の空箱が捨ててあるけど、
    こんなの誰が食ったんだ?」

長門「私」

キョン「お前いつも自分の弁当もってきてなかったか?」

長門「これからはコンビニエンスストアで購入する」

キョン「そ、そうか。まあコンビニ弁当も結構美味しいからな」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:51:00.57 ID:GQl0yFQk0


みくる「長門さん、コンビニのお弁当はあんまり体によくないですよぉ?」

長門「今日はなに。何が言いたいの」

みくる「え? 何もないですよ」

長門「そう」

みくる「ね、長門さん。長門さんのお家に遊びに行ってもいいですか?」

長門「あなたは私が苦手だったはず。私の家に来る理由などない」

みくる「長門さんと遊びたいだけですよぉ。行っちゃいけませんか?」

長門「…………」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:56:42.52 ID:GQl0yFQk0


みくる「お邪魔しまぁす」

長門「…………」

みくる「長門さん、なんだか床がベタベタするんですけど、ちゃんとお掃除してますう?」

長門「たまに」

みくる「そうですか? カピカピのご飯やら虫さんやらいっぱい落ちてますけど」

長門「…………」

みくる「相変わらず何も無いお部屋ですね。え、ちょっと、パンツをこんなところに
    脱ぎ捨てたらだめですよぉ」

長門「問題ない」

みくる「お友達とか遊びにきたら恥ずかしいですよ? あ、お友達いないんでしたっけ」

長門「必要ない」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:04:28.36 ID:GQl0yFQk0


みくる「友達、欲しくないんですかぁ?」

長門「別に」

みくる「それは寂しいですよぉ。……ひやぁ……台所ベタベタじゃあないですか。
     これじゃあゴキブリさんがいっぱい出ますよ?」

長門「特に昆虫に不快感を感じない」

みくる「そういう問題じゃあ……うわぁ……生ゴミの臭いが……
     ちゃんとこまめに捨てないとダメですよ?
     こんなんじゃあ彼氏さんが出来ても振られちゃいますよぉ?」

長門「必要ない」

みくる「必要ありますよぅ。長門さんだって女の子なんですから。
    ね、冷蔵庫開けていいですか?」

長門「構わない」





50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:12:17.35 ID:GQl0yFQk0


みくる「あのぅ長門さん……どうしてキャベツしか入ってないんですか?
    それに何か臭いですよ……」

長門「カレーとキャベツがあれば充分。普段はコンビニエンスストアで弁当を購入している」

みくる「だめですよそんな食生活はぁ……わ、奥の方のキャベツ腐ってますって。
     捨てますよぉ?」

長門「まだ食べられる。問題ない」

みくる「なんだか台所にいたら吐き気がしてきました……うっ……
     ね、徹底的にお掃除しませんか?」

長門「必要ない。もう出て。お客さんはこんなところに入るべきではない。出て」

みくる「わ、わわ、わかりました出ます」

長門「お茶を出すから居間で大人しくしていて」




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:15:45.03 ID:GQl0yFQk0


長門「……(イライラ)……(イライラ)……」

コポコポ……

長門「お茶………………どこ?」

みくる「ひ、ひやぁあぁぁぁああ!」

長門「何をしているの?」

みくる「長門さん……このペットボトルに入った黄色い液体、もしかして……」

長門「…………」

みくる「だめですよぉ……こんなところにしたら」

長門「私の自由」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:22:46.06 ID:GQl0yFQk0


みくる「長門さん、いつもこんなお布団で寝てるんですか?
    なんだか黒ずんでジメジメしてますよう……」

長門「寝るだけだから問題ない」

みくる「不潔ですよこんなのぉ……あれ? なんだろう、このノート」

長門「!!」

みくる「自作小説……? これ、長門さんが書いたんですか?」

長門「それは見ないで」

みくる「ええと……『私の恋慕う彼にまとわりつくみるくという女狐。彼女は胸ばかり大きくて知能が低い
            典型的な阿婆擦れであり……』」

長門「帰って」

みくる「わわ、なんでですかぁ」

長門「帰って」


    

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:26:57.44 ID:GQl0yFQk0


翌日

キョン「あれ? 長門が来てないなんて珍しいな」

古泉「学校を休んでおられるようですが」

ハルヒ「有希、病気でもしたのかしら……。
     みんなでお見舞いにいきましょう!」



ピンポーン

ハルヒ「有希、風邪でもひいたの?」

長門「部屋の掃除をしていた」

ハルヒ「掃除? そんなことで休んだの? じゃああたしたちも手伝うわ」

長門「いい。一人でやりたい」 ガチャ

ハルヒ「どうしたのかしら、変ね、有希」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:32:43.40 ID:GQl0yFQk0


翌日

みくる「長門さん、お部屋は綺麗になりましたぁ?」

長門「…………」

みくる「ちゃんと綺麗になってるか見てあげますよぉ?」

長門「いらない」

みくる「綺麗になってるならいいんですけど……
    ねえ長門さん、今度みんなで遊園地にいくことになったの
    知ってます?」

長門「昨晩涼宮ハルヒから電話があった」

みくる「長門さん、どんなお洋服でくるんですか?」

長門「制服」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:35:38.00 ID:GQl0yFQk0


みくる「そんなのダメですよぉ。私服でこないと」

長門「どうして」

みくる「浮いちゃうじゃないですかぁ。恥をかいてもいいんですか?」

長門「…………」

みくる「可愛いお洋服できてくださいね? お醤油の染みとかつけてきちゃだめですよ」

長門「…………」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:40:25.94 ID:GQl0yFQk0


翌日


キョン「さあて、コンビニ寄ってジャンプでも買って帰るか」

キョン「ジュースもついでに、と」

キョン「すいません、肉マンください」

長門「490円」

キョン「小銭あったかな……はい」

長門「…………」

キョン「…………」

長門「…………」

キョン「お前、何してるんだ……」

長門「アルバイト」




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:45:30.50 ID:GQl0yFQk0


キョン「アルバイトってお前……いやその、何の意味が……
     お前、お金とか稼ぐ必要あるのか?」

長門「宇宙基本条約が改正されて、知的レベルの低い文明における通貨やそれに類する物品の作成は
    条約違反となった」

キョン「よくわからんが、お金が欲しいんだな?」

長門「そう」

キョン「5000円ぐらいなら貸せるが」

長門「大丈夫」

キョン「そ、そうか。まあ困ったら言ってくれ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:49:17.96 ID:GQl0yFQk0


店長「ちょっと長門くん、君お客さんからクレームきてるよ!
    愛想悪いって!」

長門「…………」

店長「前に働いていた喜緑くんの紹介だから雇ってあげたけど、
    そんなんじゃ困るんだよ!」

長門「申し訳ない」

店長「ちょっと、笑顔でいらっしゃいませって言ってみてよ」

長門「いらっしゃいませ」

店長「無表情じゃダメだっていってるだろう!ほら、こんな感じで!
   いらっしゃいませ!」

長門「いらっしゃいませ」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:51:12.11 ID:GQl0yFQk0


翌日

キョン「どうだ、バイトの調子は?」

長門「解雇された」

キョン「え、クビになったのか?」

長門「そう」

キョン「なんでまた……」

長門「…………」

キョン「(まあ、大体理由はわかるが)」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:58:42.43 ID:GQl0yFQk0


翌日

警備員「君、新人のバイトの子やね? 研修ついでにいきなり棒振りさせて悪いけど、
     向こうで合図したら車止めるんやで」

長門「わかった」

長門「…………」

長門「…………」

DQN「おいこらてめー!! なんで俺を止めるんだよ! 後ろの止めろや!!」

長門「…………」

DQN「なんかいえやこらぁ! おい! 責任者呼べこらあ!」

長門「申し訳ない」

DQN「あ? 何いってんのかきこえねーよ!」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 04:04:32.30 ID:GQl0yFQk0


警備員「あーすんません! この子が失礼しまして。
     叱っときますさかい堪忍してください」

DQN「ちゃんと教育しとけや! ヴォケが!」

警備員「ああいう輩、よくおるから文句言われたら
     ちゃんと頭下げなあかんで?」

長門「わかった」

長門「…………」

長門「…………」

ドキュソ「おい、行っていいのか止まるのかどっちなんだよ!」

長門「(ペコリ)」

ドキュソ「ちゃんと合図しろよバカ!」

長門「(ペコリ ペコリ)」

警備員「もっと大きく合図せんとあかんでぇ……」

長門「申し訳ない」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 04:10:49.27 ID:GQl0yFQk0


警備員「お疲れさん。お昼にしてええで。
     君なあ、苦情多すぎるで。ちゃんと仕事してや」

長門「申し訳ない」


長門「(パクパク)」

長門「(パクパク)」

みくる「長門さん、頑張ってますね」

長門「…………」

みくる「制服着てヘルメットと反射ベストつけて、道路でコンビニのお弁当食べてる
    長門さん見たら、なんだか笑えちゃいました。くすくす」

長門「…………」

みくる「すっごくハマってますよぅ? いっそのこと就職したらどうですか? くすくす」

長門「…………」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 04:16:48.92 ID:GQl0yFQk0


みくる「ずいぶん怒鳴られてましたね。長門さん何でもできる人だと思ってたけど、意外です」

長門「…………」

みくる「ねえ、もしかしてお洋服を買うためにバイトしてるんですかぁ?」

長門「別に」

みくる「お洋服なら私のを貸しますよう? お醤油の染みはつけないでほしいけど。くすくす」

長門「いらない」

みくる「遠慮しなくていいんですよ? じゃあ、お仕事頑張ってくださいね」

長門「…………」

長門「(パクパク)」

長門「(パクパク)」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 04:23:01.30 ID:GQl0yFQk0


長門「…………」

アホ「なんでこんなとこで工事してんだよ!! ふざけんな!!」

長門「(ペコリ)」

長門「…………」

バカ「俺は急いでんだよクルァ!! てめー殴るぞ!!」

長門「(ペコリ ペコリ)」

警備員「お疲れさん。もうあがってええで。
     初めてやし疲れたやろ。明日も来てや」

長門「(コクッ)」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 04:33:26.89 ID:GQl0yFQk0


数日後

警備員「長門さんお疲れ。あがりや。
     君、今日で最後やったな。だいぶ仕事に慣れてきたのに残念やで」

長門「お世話になった」

警備員「ほなこれ今までの給料や。頑張ったしちょっと色付けるように
     部長にいうておいたで」

長門「感謝する」

警備員「それとワシから、長門さんにせんべつや」

長門「……髪留め?」

警備員「ワシの娘が使ってたやつやねん。もう嫁に行ってもうたけどな、
     外国の高いやつやで。女の子はこういうの好きやろ」

長門「大切なものではないの」

警備員「持って帰り。頑張ってくれたしお礼や」

長門「……ありがとう(ペコリ)」

警備員「ほな、頑張りやー」

長門「(ペコリ)」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 04:38:20.27 ID:GQl0yFQk0


翌日

みくる「長門さん、街で会うなんて奇遇ですね。お買い物ですか?」

長門「…………」

みくる「お洋服を買いにきたんですか?」

長門「…………」

みくる「私が一緒に選んであげますよぅ?」

長門「いい」

みくる「お目当てのお店とかあるんですか?」

長門「放っておいて」

みくる「つれないなぁ、長門さん……」

長門「…………」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 04:41:54.76 ID:GQl0yFQk0


翌日 遊園地。

キョン「珍しいな。長門が遅れてくるなんて」

みくる「きっとおめかしに時間がかかってるんですよ。くすくす」

ハルヒ「あ、あれ有希じゃない? きたきた」


長門「待たせた」

ハルヒ「罰金……っていいたい所だけど、有希はいつも早いし許してあげるわ」

キョン「なんだそれ、不公平だな」

みくる「ぷっ……くすくす……」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 04:46:54.00 ID:GQl0yFQk0


みくる「長門さん、オシャレしてきたんですね」

長門「…………」

みくる「すっごく可愛いですよ。頑張ったんですね」

長門「そ……そう?」


みくる「ええ、可愛いオバサンって感じですよう。……ぷっ。くすくすくす」

長門「…………」

みくる「その服どこで買ったんですか? なんでラメ入ってるんですかぁ?
    美輪明宏ですね、うふふふふ……ぷぷぷ」

長門「…………」

みくる「お化粧、上手ですね。どんな絵の具使ったんですか? それ。 くすくす」

長門「…………」


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 04:51:02.79 ID:GQl0yFQk0


みくる「ねえ、その頭に付いてるうんちみたいなのなんですか? ぷぷっ……」

長門「……髪留め…………」

みくる「あたしてっきり、トイレに頭を突っ込んじゃったのかと。ふ……あは……あはははは!」

長門「…………」


キョン「ん? どうした、長門」

長門「用事ができた。帰る」

ハルヒ「へ? なんでよ? せっかく遊園地にきたのに」

長門「用事ができた」

古泉「何かお困りですか?」

長門「別に。…………帰る」

タタタタタタタ……

ハルヒ「ちょ、有希!」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 04:54:53.92 ID:GQl0yFQk0


長門「…………」

タタタタタタ……

長門「…………」

タタタ……テクテク

長門「…………」

トボトボ……

長門「(こんな服……)」

ビリビリビリビリ

長門「…………」

(頭に付いてるうんちみたいなのなんですか?)

長門「(うう……)」

長門「(これは……捨ててはいけない)」


長門「…………」

トボトボ……

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 05:01:17.93 ID:GQl0yFQk0


翌日 みくるの家

みくる「あれ? 長門さん……どうして家に?
    昨日急に帰ったから心配してたんですよぅ?」


長門「遊びにきた」

みくる「そうなんですかぁ? じゃあどうぞ、上がってください」

長門「失礼する」

みくる「あ、長門さん靴下とか綺麗ですか?
    床が汚れると掃除が大変で……」

長門「…………」
    

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 05:05:43.97 ID:GQl0yFQk0


みくる「お茶をどうぞ。クッキーも焼いてみたんでよかったら。
    食べかす零さないでくださいね? 長門さん食べ方汚いから」

長門「…………」

みくる「長門さん、恋話でもします?」

長門「いい」

みくる「そんなの長門さんには無理ですよね。うふふ」

長門「……お手洗いは」

みくる「そこの奥の扉です。あのぅ、外に零したら怒りますよぅ?
     ここは長門さんの不潔な家じゃあないんですから」

長門「…………」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 05:11:49.10 ID:GQl0yFQk0


みくる「本当にこぼしてませんよね? あとでチェックしますよぅ?」

長門「大丈夫」

みくる「長門さん、お夕飯まだですよね? 私作りますよ。
     あ、長門さんは手伝ってくれなくていいですよ?
     お台所が汚れちゃいますもん。私雑菌に弱いんです。くすくす」

長門「…………」

みくる「もう、お手伝いはいいですって、立ってないで座ってください。
     それ長門さん用のお座布団だから汚れてもいいんですよ?」

長門「…………」


みくる「長門さん……?」

長門「パーソナルネーム朝比奈みくるを敵性と判定。当該対象の有機情報連結を解除する」

みくる「……ふぇ?」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 05:14:43.48 ID:GQl0yFQk0


みくる「ちょ、ちょっと……ひやああああぁあ!
    手、手が消えて……な、何を……」

長門「…………」

みくる「やめて……長門さん……やめてください……」

長門「…………」

みくる「うっ……長門さん……どう……して……」

長門「…………」


長門「さようなら」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 05:18:23.77 ID:GQl0yFQk0


長門「…………(おや)」

長門「(これは朝比奈みくるの日記)」

長門「(どうせ私の悪口が……)」



○月×日

1年6組の生徒が長門さんを悪く言ってるのを聞いた。
ひどい内容だった。長門さんはちょっと苦手だけど、とっても良い人なのに……

そりゃあ長門さんは、臭うけど……そうだ、私が注意してあげよう。
ちょっと怖いけど、仲間のあたしが言えば長門さんも聞いてくれる。



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 05:22:54.21 ID:GQl0yFQk0


長門「…………」

ペラ

○月△日

長門さんは私の言ったとおりお風呂に入ってきてくれた。
素直に聞いてくれる長門さんに、なんだか親近感を感じた。
これをきっかけに長門さんと仲良くなれたらいいな。

○月□日

長門さんの履いてる靴が笑いものになってるらしい。
私は変だと思わないけど、長門さんがイジメられないようにさりげなく指摘しておこう。

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 05:27:19.52 ID:GQl0yFQk0


長門「…………」

ペラ

○月☆日

長門さんはいつも栄養が偏ったお弁当を食べている。
お料理が苦手だから恥ずかしくて部室で食べてるのかな?
なんとかしてあげなくちゃ。

○月$日

長門さんの生活が心配だったから、勇気を出して長門さんの家に行った。
ひどい有様で、なんだか胸が苦しくなった。
これから定期的に通って見守らないと……

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 05:34:24.82 ID:GQl0yFQk0


○月#日

長門さんが学校を休んだ。
家でお掃除をしていたみたい。
あたしが言い過ぎちゃったのが悪かったのかな。
手伝いますってお電話したけど長門さんは出なかった。


○月日

1年6組の悪い女の子たちが、私達の遊園地に行く日と
同じ日に遊園地にいくらしい。どうやら長門さんが可愛いから妬んでるみたい。
長門さんの恥ずかしい格好を写真に撮るって聞いた。
長門さんに可愛い服装で来てって注意しなくちゃ。

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 05:40:32.03 ID:GQl0yFQk0

長門「…………」

ペラ


○月@日

長門さんがバイトを始めたみたい。心配して様子を見にいってみた。
警備員さんの格好をした長門さんは、可愛くてとっても似合ってた。
お洋服なら私が貸してあげようと思ったけど、バイトが楽しいみたいなので
そっと見守っておこう。

○月£日

長門さんがお洋服を買いにいくみたいなので
行きそうな所をうろうろ探し回ってやっと見つけた。
できたら一緒に選びたかったけど、断られた。
もうちょっと素直になってほしいな。長門さん……



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 05:47:01.86 ID:GQl0yFQk0


○月Ю日

遊園地に行った日、長門さんは凄い格好でやってきた。
私の心配は的中した。これじゃあ長門さんが恥をかいてしまう。

長門さんに注意して、私の持ってきた着替えを着てもらおうと思ったら
用事があるって言って帰ってしまった。長門さんは嘘なんて付く人じゃない、
きっと大事な任務があったのかなあ。一緒に遊びたかったのにな……

それにしても、みんなで遊びにいくのにうんちみたいな
ゴミを頭に載せてくるなんて、いくらなんでもダメだと思う。
今度からはキツめに注意しよう。怖いけど長門さんのためだ。

それに私は長門さんに庇護欲を感じてしまうようになった。
長門さんが可愛くてしかたない。うふ♪


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 05:50:04.03 ID:GQl0yFQk0



長門「…………」

長門「(まあ……)」

長門「(空気が読めない、思った事なんでも言う人が悪い)」

長門「(みんなもこんな経験あるはず)」

長門「(そう思わない?)」

長門「(さて、情報操作開始と……)」




おわり。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン、パ・リーグCSファイナル第一戦が始まるよ」