アスカ「ねぇシンジ、ファーストの部屋で何してたの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:綾波「碇君と居るとムラムラする」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/24(水) 04:18:54.68 ID:wu/GyR+y0

シンジ「綾波とちょっと話してただけだよ」

アスカ「そう?でも帰ってくるの遅かったよね」

シンジ「ちょっと話が弾んじゃって」

アスカ「ファーストと話が?」

シンジ「綾波も結構話すんだよ」

アスカ「嘘はやめて!あんたからシャンプーの匂いがするのよ!」

シンジ「それはちょっと綾波の部屋でシャワーを借りて」

アスカ「もう言い訳はやめて!ファーストとエッチしたんでしょ?」

シンジ「しっしてないよ!」

アスカ「うそつきうそつきうそつき!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 04:24:46.23 ID:wu/GyR+y0

シンジ「アスカに疑われちゃって困ったよ」

綾波「そう、セカンドは私達をそういう仲だと思ってるのね」

シンジ「アスカは最近綾波の事に敏感というか神経質というか、ほんと困るよ」

綾波「嫉妬してるのね」

シンジ「嫉妬かなぁ、でもそんな心配ないのにね」

綾波「ごめんなさい碇くん、私の秘密をセカンドに教えられたらこんな事にはならないのに」

シンジ「綾波が謝る事ないよ、綾波が男だってことはネルフでも一部の人しか知らないことだし」

綾波「でも一つだけ間違ってる事があるのよ」

シンジ「何が?」

綾波「私は男だけど、碇君とエッチしたいと思ってる」

シンジ「え?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 04:29:27.61 ID:wu/GyR+y0

シンジ「…ただいま」

アスカ「またファーストと会ってたのね?」

シンジ「会ってたよ」

アスカ「どうせまたエッチな事してきたんでしょ?」

シンジ「してきたよ、セックスしてきたけど何か問題ある!?」

アスカ「え?…本当なの?」

シンジ「本当だよ、だからアスカに関係あるの?」

アスカ「やだ…」

シンジ「うるさいな、もう僕に構うなよ!」

アスカ「やだぁ…」

シンジ(うっ、お尻がヒリヒリする…まさか綾波にレイプされるなんて思いもしなかったよ…)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 04:36:01.25 ID:wu/GyR+y0

シンジ(明日綾波とどんな顔して会えばいいんだよ…)

アスカ「シンジ、入っていい?」

シンジ「なんだよ、用があるならそこから言ってよ!」

アスカ「ごっごめんなさい…シンジってファーストが好きなの?」

シンジ「嫌いだよ!」

アスカ「でもファーストとエッチしたんでしょ?」

シンジ「今日嫌いになったんだよ!」

アスカ「本当?じゃあ、今度は私とエッチしない?」

シンジ「…え?」

アスカ「シンジがしたいって言えばさせてあげるよ」

シンジ「…したい」

アスカ「本当?じゃあ入っていい?」

シンジ「うん」

アスカ「シンジに一つだけ秘密があるんだけど、実は私男なの」

シンジ「ええええ?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 04:43:57.21 ID:wu/GyR+y0

綾波「おはよう碇くん」

シンジ「綾波!」

綾波「昨日はごめんなさい、無理やりして」

シンジ「もう二度としないでよ」

綾波「次からは優しく挿入するから」

シンジ「だから二度としないでって言ったでしょ!」

綾波「大丈夫、回数をこなすと碇くんも気持ちよくなってくるはずだから」

シンジ「もう二度としないよ!」

綾波「そんな事言わないで」

シンジ(二度としないといったけど、アスカと二度目は済ませたんだった…)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 04:46:31.07 ID:wu/GyR+y0

マヤ「え、塗り薬?」

シンジ「はい、ありますか?」

マヤ「あるけど、怪我なら医務室で治療してもらったらいいんじゃないの?」

シンジ「あんまり見られたくない傷口ですから」

マヤ「どこなの?」

シンジ「マヤさんだから言いますけど、その…お尻の穴です」

マヤ「なんだ痔なのね、1人で塗るのは大変だと思うから私が塗ってあげる」

シンジ「いいんですか?」

マヤ「いいに決まってるじゃない、私男の人は苦手だけどシンジくんだけ平気なのよね、まぁまだ子供だからかな」

シンジ「そうなんですか?それじゃマヤさんお願いします」

マヤ「お姉さんに任せて」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 04:49:57.16 ID:wu/GyR+y0

シンジ「見えますか?」

マヤ「シンジくん、これ…痔じゃないわね」

シンジ「ええ、実は…一日に二回レイプされて…」

マヤ「そう…かわいそう」ペロッ

シンジ「マヤさん何で舐めるんですか!?」

マヤ「シンジくんのお尻が痛々しいからよ、じゃあ塗ってあげるわね」

シンジ「はい…マヤさん、塗りすぎじゃないですか?」

マヤ「傷は浅いけど、肛門だから雑菌が入ったら大変よ、だから入念に、そして中も」

にゅるん

シンジ「マヤさん!そんな…あああっ!」

マヤ「シンジくん、道具使って奥まで塗るわね」カチャカチャ

シンジ「マヤさん、その道具って…マヤさん!どうしてズボン脱ぐんですか!ええ、それつけるんですか?」

マヤ「これでいつも先輩に気持ちよくさせてもらってるんだけど、今日は私がこれをつけてシンジくんを気持ちよくさせてあげるから・・・ね?」

シンジ「マヤさん!まって!ちょっとそれは!!!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 04:54:53.94 ID:wu/GyR+y0

シンジ「マヤさんにまでレイプされるなんて…でも気持ちよかったな」

シンジ「マヤさんは慣れてたからかな、指でほぐしてたから?」

シンジ「でもマヤさんは女性だったし、おっぱいも揉ませてもらったからよかたかな・・・」

シンジ「いやそういう問題じゃないだろ、それに今日家に帰ったらまたアスカにレイプされるかも」

ミサト「シンジくん、何ぶつぶつ言ってんのよ」

シンジ「いえ、なんでもないです」

ミサト「ごめんね、最近私帰れなくて」

シンジ「別にいいですよ、ミサトさん忙しそうですし」

ミサト「ネルフのベッドは柔らかすぎるのよ、やっぱり布団じゃないと」

シンジ「ネルフの宿泊用の部屋ってあまりあるんですか?」

ミサト「ほとんど空いてるけど、どうしたの?」

シンジ「今日はここに泊まりたいんですけど」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 04:58:37.02 ID:wu/GyR+y0

ミサト「どうしたの?」

シンジ「いえ、その…」

ミサト「わけありなのね、いいわ、そのかわり私と一緒の部屋よ」

シンジ「構いません」

ミサト「それじゃ手続きとっておくから」

シンジ「はい」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 05:00:09.32 ID:wu/GyR+y0

ミサト「今日は寝れないかもしれないわね」

シンジ「忙しいんですか?」

ミサト「ちょっちね、シンジくん先に寝てていいから」

シンジ「はい」

ミサト「あと、テレビつくけど、エッチな番組見るのはほどほどにね」

シンジ「えっ?」

ミサト「それじゃもうひと頑張りしてくるわ」

シンジ「頑張ってください」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 05:03:13.31 ID:wu/GyR+y0

シンジ「ミサトさんと一緒に寝れるとちょっと期待してたんだけど…まぁいいか」

シンジ「アスカに襲われる心配が無いってだけで安心して寝れる」

シンジ「すーすー」


カチャッ


加持「葛城、今夜こそいいだろ?」

シンジ「すーすー」

加持「もう寝たのかい?じゃあ王子様のキスでおこしてあげよう」ちゅっ

シンジ「!?」

加持「おや、今日の葛城の唇いつもより柔らかいな」

シンジ「え?ええ?」

加持「シンジくん!ごっごめん、葛城かと思ってたんだ」

シンジ「加持さん、今僕に…キスしたんですか?」

加持「すまない、君が寝てるとは思わなかったんだ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 05:05:29.22 ID:wu/GyR+y0

シンジ「いいんですよ、加持さんってミサトさんの事好きなんですね」

加持「ああ、それよりシンジくん服着てないのかい?」

シンジ「ここの空調の操作がわからなかったんで、暑いんで脱いだんです」

加持「シンジくん、君って結構エッチな体してるんだな」

シンジ「冗談はやめてくださいよ」

加持「いやぐっとくるよ、女性にはない魅力がある」

シンジ「え…」

加持「すまんシンジくん、こういう経験も一度くらいしてみたかったんだ、いいだろ?」

シンジ「え、ええええ?」

加持「大丈夫、絶対気持ちよくしてあげるから」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 05:08:26.82 ID:wu/GyR+y0

シンジ「…」

加持「どうだい、大人の関係は」

シンジ「ひどいじゃないですか」

加持「キミも初めてじゃなかったんだろ?」

シンジ「初めてじゃなかったですけど…」

加持「気持ちよさそうにしてたじゃないか」

シンジ「あれは加持さんが上手かったからです」

加持「他の人は下手だったのかい?」

シンジ「無理やりって感じでしたね」

加持「…まさかレイプされてたのか?」

シンジ「これもレイプだと思いますけど」

加持「おいおい、俺は自分より君を満足させる事を優先させてたんだぜ」

シンジ「どうせまたするためでしょ?」

加持「これは参ったな」

シンジ「別にいいですよ、気持ちよかったのは本当ですから」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 05:15:18.84 ID:wu/GyR+y0

シンジ「ただいま」

アスカ「シンジ!どうして帰ってこなかったの?」

シンジ「ミサトさんから連絡あったでしょ?」

アスカ「嘘よ、私が嫌になったんでしょ?」

シンジ「当たり前だよ!あんなことされたら嫌になるよ!」

アスカ「ごめんなさい、でもシンジが好きだから…」

シンジ「痛いって言ったのに止めたかったじゃないか!」

アスカ「あのときは、ファーストに取られたくないと思ってたから」

シンジ「もうしないって言うならゆるしてあげる」

アスカ「もうしないから…絶対しないから」

シンジ「そう、それじゃごはん作ろうか」

アスカ「うん!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 05:20:52.80 ID:wu/GyR+y0

シンジ「ンー!ンー!」

アスカ「ごめんねシンジ、やっぱりがまんできなかったのよ」

シンジ「ンー!!!!」

アスカ「シンジのお尻気持ちいい、ねぇシンジも気持ちいいでしょ?」

シンジ「ンー!!!!!ンーーー!!」

アスカ「そう、やっぱり気持ちいいのね、いっぱいしようねシンジ」

シンジ「ンー!ンーーーー!」

アスカ「シンジ大好き」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 05:25:36.27 ID:wu/GyR+y0

シンジ「あそこいいたら体が持たなくなる…」

綾波「碇くん、具合悪そうね」

シンジ「綾波…ちょっと昨日大変な事があってね」

綾波「いけないわ、私の部屋で休んでいって」

シンジ「でも学校が」

綾波「学校は別にいかなくてもいいでしょ、碇くんの体が心配」

シンジ「でも…」

綾波「ほら、行きましょう」

シンジ「…疲れてるからそうするかな」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/24(水) 05:26:56.46 ID:wu/GyR+y0

シンジ「ひどいよ…」

綾波「ごめんなさい、ベッドで寝てる碇くんを見てると我慢できなくて」

シンジ「なんで優しくしてくれないんだよ」

綾波「ごめんなさい、次からは気を付けるから」

シンジ「次なんてないよ!」

綾波「…ダメよ、碇くんはこれからも私とエッチするの」

シンジ「もうやめてよ!」

綾波「ごめんなさい・・・もうしないなんて言わないで」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 05:29:17.26 ID:wu/GyR+y0

シンジ「マヤさん、この前の薬を…」

マヤ「シンジくん顔色が悪いわよ」

シンジ「顔色は良いですから、薬をお願いします」

マヤ「また私が塗ってあげるから」

シンジ「いえ、自分で塗れますから」

マヤ「無理よ、ほらズボンとパンツ脱いで」

シンジ「本当にいいですから!」

マヤ「ダメ!ぜったいダメ!私が塗るから!ここに四つん這いになりなさい!」

シンジ「…はい、わかりました」

マヤ「ごめんなさいシンジくん、大声だして、でもこれはシンジ君のためなのよ、ね?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 05:30:56.06 ID:wu/GyR+y0

シンジ「うう…もう耐えられない…」

加持「ようシンジくん、だいぶ疲れてるみたいだな」

シンジ「加持さん…」

加持「俺の部屋で休憩しないか?」

シンジ「いいです!」

加持「おいおいどうしたんだ、明らかに疲れてるだろ、無理するなよ」

シンジ「いいんです!」

加持「遠慮するなって、ほら抱っこしてやろう…軽いなシンジくん」

シンジ「おろしてください!おろしてー!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 05:33:30.73 ID:wu/GyR+y0

加持「ほらここならゆっくり休めるだろ?」

シンジ「…何もしないですか?」

加持「何もって、セックスのことかい?」

シンジ「はい」

加持「当たり前だろ、君が疲れてるからここに連れてきたんだ、疲れてる時はやりたくないだろ?」

シンジ(え・・・)

加持「それに君がやりたくない時に俺はやるつもりはないからな)

シンジ(や、優しい…)

加持「でも君とはまたしたいから、シンジくんがよければいつでもやりたいさ」

シンジ「はい!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 05:34:45.90 ID:7LLppB5n0

ドリルみたいなのついてる使徒に掘られる展開希望

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/24(水) 05:38:37.73 ID:wu/GyR+y0

>>60
負けたよ






ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒのBIO HAZARD