ハルヒ「古泉くんって、なんなの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門有希「常識にとらわれてはいけない」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/05(月) 23:43:12.52 ID:sxeufsHR0


キョン「・・・あ?いきなりなにを言い出す」

ハルヒ「SOS団の役割よ。あんたは雑用。みくるちゃんはマスコット。有希はオマケ。・・・で?」

キョン「で?」

ハルヒ「古泉君ってなんなの?」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/05(月) 23:45:44.33 ID:sxeufsHR0


キョン「・・・謎の転校生だろ?それに副団長じゃないか。」

ハルヒ「そうよね、でも違うのよ・・・」

キョン「意味が分からん。」

ハルヒ「あたしね、思うんだけどさ」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/05(月) 23:47:01.93 ID:sxeufsHR0


ハルヒ「SOS団に男二人なんていらなくない?」

キョン「・・・あ?」

ハルヒ「ほら、男の集団に女の子がいたらそれを紅一点って言うじゃない?」

キョン「あぁ、言うな。」

ハルヒ「つまりそれよ!!」

キョン「どれだ」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/05(月) 23:48:44.03 ID:sxeufsHR0


ハルヒ「なによ、あんたがSOS団の紅一点になったらっていうのを考えなさい!ハーレムよハーレム!!」

キョン「男でも紅一点とは言わんだろう」


みくる「キョンくぅん、お茶です〜」
長門「・・・・・・膝に乗せて欲しい」


ハルヒ「やっぱりダメ」

キョン「はあ?自分で言い出したんじゃないか」

ハルヒ「うーん・・・古泉君の位置が微妙なのよ・・・」

キョン「(超能力者でイエスマン・・・古泉より朝比奈さんの方が微妙な気もするがな。)」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/05(月) 23:50:13.02 ID:sxeufsHR0


ハルヒ「イケメンでイエスマンなんて有り触れてるじゃない。」

キョン「そんなもんが有り触れてたら俺は自害するな」

ハルヒ「古泉君の魅力をもっと引き出すわよ!!」

キョン「はっ?」

古泉「えっ?」ガチャ


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/05(月) 23:52:13.60 ID:sxeufsHR0


古泉「僕の魅力・・・ですか」

ハルヒ「そうよ!団長自ら引き出そうとしてるんだから光栄に思ってね!」

古泉「ええ、ありがとうございます涼宮さん」

キョン「無理に喜ばんでも良い。


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/05(月) 23:54:05.77 ID:sxeufsHR0


古泉「・・・おや、なにを仰るのですか?涼宮さんのような魅力的な女性に男を磨かれようとしているのですよ?喜ばずにはいられないでしょう」

キョン「あいつ見てくれだけはちょーっとだけいいからな」

古泉「んっふ、素直じゃない人だ。」

ハルヒ「まずはこれよ!!」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/05(月) 23:56:23.12 ID:sxeufsHR0


ハルヒ「電気椅子!!」

古泉「えっ?」

キョン「・・・え?」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/05(月) 23:57:53.01 ID:sxeufsHR0

ハルヒ「これに座って電流を死なない程度に流すから!」

キョン「待て待て待て。お前は犯罪者になりたいのか」

ハルヒ「なんでよ?」

キョン「見ろ。古泉なんか驚きで固まってるぞ」

古泉「」

ハルヒ「・・・・・・冗談よ!!」

キョン「嘘吐くな」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/05(月) 23:58:49.98 ID:sxeufsHR0


ハルヒ「じゃあなにしろってのよ!古泉君の乱れた顔見たくないの!?」

キョン「その言い方やめろ気色悪い。」

古泉「」

キョン「フリーズしながら顔を近づけるな」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:00:14.41 ID:wB0TaG7r0


ハルヒ「じゃあ安価行動なんてどうかしら?」

キョン「安価?」

ハルヒ「そうよ、そうしましょう!いいわね古泉君!」

古泉「え?あ、はい」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:02:58.37 ID:wB0TaG7r0


その日の夜


古泉「なんで僕が安価・・・だったらスレタイでそう言えよクソビッチ・・・」

古泉「おっと、僕としたことが・・・」

古泉「しかしこれはしなければ・・・クソビッチの願望ですし・・・」

と、いうわけでなにをするか>>40


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/06(火) 00:05:15.48 ID:TybQVXPu0

古泉はホモだし、結局キョンのハーレムじゃね?
って事でキョンをレイプ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:06:04.29 ID:wB0TaG7r0


古泉「ふむ・・・彼をレイプですか・・・」

古泉「実に興味深・・・いえ、良心が痛みますが・・・安価は絶対ということで」ワクワク


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:08:03.85 ID:wB0TaG7r0


古泉「とりあえず彼を呼び出しましょう。」

一応場所>>55

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/06(火) 00:09:34.44 ID:09sTL9YR0

コンビニの前の駐車場

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:10:34.35 ID:wB0TaG7r0


古泉「こ、コンビニ前の駐車場・・・ゴクリ・・・よ、よし。」


ガチャップルルルル・・・

キョン「なんだ、ハルヒがまたなにかやらかしたか?」

古泉「大変です!朝比奈さんが全裸でコンビニの駐車場を歩き回っています!!」

キョン「な、なんだと!?すぐ行く!!」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:12:50.52 ID:wB0TaG7r0


キョン「おーい古泉ー!」

古泉「おや、早かったですね。」

キョン「そりゃあお前・・・それより朝比奈さんは何処だ!?」

古泉「ここですよ」

キョン「なんだよ、顔近づけるな服をきろ・・・ん?・・・何故全裸なんだ!!」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:15:13.42 ID:wB0TaG7r0


古泉「さあ、キョンくん。僕は準備オーケーですよ。」

キョン「待て待てなにがだ?服を着ろ。逮捕されたいのかお前は」

古泉「そんなの機関がなんとかしてくれますよ」

キョン「変なところで権力を使うな・・・うおおおお!?」ズルッ

古泉「んっふ、へにょへにょですね」




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:17:28.81 ID:wB0TaG7r0

古泉「ハァハァ・・・キョンくんの息子・・・ハァハァ・・・へにゃでも入ります!」ズブブッ

キョン「おま、お回りさあああん!アーッ!!!」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:19:40.26 ID:wB0TaG7r0


キョン「ひっく・・・汚されちゃったよぅ・・・」

古泉「さて、これでレイプは完了しましたね・・・」

古泉「観客もいましたが中々楽しめました。次は・・・>>80


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:20:36.98 ID:9PmyGsbM0

ハルヒに夜這い

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:22:23.42 ID:wB0TaG7r0


古泉「涼宮さんを・・・ですか。ビッチかよ・・・でも安価は絶対ですからね。」

古泉「涼宮さんの家へ・・・とその前に・・・キョンくんキョンくん・・・」シコシコ


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:24:07.25 ID:wB0TaG7r0


古泉「という訳で涼宮さんの家ですが・・・鍵がしまってますね、どうしましょう?」

>>95


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/06(火) 00:26:30.89 ID:tAMfSUeg0

長門に体と引き換えに鍵作ってもらう

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:27:44.31 ID:wB0TaG7r0


古泉「>>95つまり、涼宮さんの家の鍵を作る代わりに僕の身体を・・・ですか・・・」

古泉「あれ?本末転倒?」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:29:39.61 ID:wB0TaG7r0


長門「呼んだ?」

古泉「ええ、心の中で。ところで長門さん、安価行動中なので涼宮さんの家の鍵を下さい」

長門「安価なら仕方ない。鍵はあなたの息子。鍵穴に入れれば開く」

古泉「ありがとうございます」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:31:05.54 ID:wB0TaG7r0


古泉「と、言う訳で・・・鍵穴に僕のビックマグナムを・・・」

古泉「あぁっ、元から大きいのに興奮したらもっと大きくなってしまいました。」

古泉「・・・・・・入りますかね、これ」


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:33:05.88 ID:wB0TaG7r0


古泉「では・・・ふん、もっふ!!!」グスゥゥ

古泉「し、締め付けが・・・しかしこれを回さなければ・・・」

古泉「うおおお!回れ!僕の息子!マッワーレ↓」グルグルグル


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:34:51.66 ID:wB0TaG7r0


古泉「ふう、ふう・・・開きましたね。」ガチャッ

古泉「いざ・・・涼宮さんの自室へ!!」ドタドタ



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:37:42.77 ID:wB0TaG7r0

古泉「あ、ここですね。失礼します・・・うは、涼宮さんのにおいがしますね・・・」

古泉「あっ、コラ静まって下さい息子よ・・・」

ハルヒ「んぅ・・・キョン・・・」

古泉「・・・・・・」イラッ


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:39:37.94 ID:wB0TaG7r0


古泉「なんなんですかね、このビッチは。」

古泉「僕にこんなことをやらせておいて・・・夢の中じゃ彼とアンアンですか。」

古泉「クソ・・・僕だって彼女が・・・」

古泉「ええい、不愉快です。さっさとやっちゃいましょう」グヂュッ

ハルヒ「アーッ」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:41:53.29 ID:wB0TaG7r0

古泉「ふう・・・オナホよりはまあよかったですね。」

古泉「さて、次はなにをしましょうかね・・・>>130


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/06(火) 00:43:42.50 ID:gohFlR7H0

またキョンを犯す

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:45:35.66 ID:wB0TaG7r0

>>130またかよw

古泉「ふむ、キョンくんですか。よっしゃ」

古泉「しかしあんなことをしたのに来てくれますかね・・・・・・」

プルルルルルルルル・・・

古泉「でませんね・・・どうしまします?>>140


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:47:55.08 ID:EtZ/Pn1iO

あきらめて橘京子にメール

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:49:14.98 ID:wB0TaG7r0


古泉「橘京子に・・・ですか、敵対組織ですが・・・安価は絶対ですしね」

>>140ところがどっこい俺が知らん。
ハルヒ途中までしか読んだことねえ・・・orz


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:51:32.92 ID:wB0TaG7r0

>>140ごめんね

古泉「では再安価で。>>155


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:53:41.45 ID:9PmyGsbM0

ハルヒに添い寝

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:54:46.41 ID:wB0TaG7r0


古泉「・・・涼宮さんですか。では添い寝しますか。」

ハルヒ「キョンー・・・待ってよー・・・」

古泉「追いかけっこしてんじゃねえよ・・・」



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:56:14.84 ID:wB0TaG7r0


古泉「しかし添い寝といっても暇ですね・・・なんで気付かないんでしょうか。」

古泉「よし、ここは日頃の思いを込めて悪戯でも・・・>>170


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 00:58:43.67 ID:9PmyGsbM0

後ろから抱きしめて
耳元で「I love you.」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:00:21.25 ID:wB0TaG7r0


古泉「これは悪戯なんでしょうか・・・よっしゃやったりましょう。」

ハルヒ「う〜ん・・・ムニャムニャ・・・」

古泉「・・・・・・I love you.」ギュッ

ハルヒ「キョン〜・・・あ、あたひも・・・///」

古泉「随分幸せそうですね・・・」


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:02:39.54 ID:wB0TaG7r0


古泉「・・・何故あなたがキョンくんに惹かれたのか、分かりません。」

古泉「それが僕だったら・・・なにか違ってたんですかね。・・・なんちゃってんぞう☆」

古泉「これくらいでいいでしょう。さて、次は・・・>>185


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:06:05.09 ID:9PmyGsbM0

キスマークを付ける

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:07:33.22 ID:wB0TaG7r0


古泉「んもおおおなんで古ハルフラグ!!しかし安価は絶対・・・」

古泉「古長・・・ええい、一気につけちゃいましょう。」

古泉「どこにキスマークをつけます?>>195


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/06(火) 01:11:00.23 ID:tAMfSUeg0

恥部

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:12:37.18 ID:wB0TaG7r0


古泉「あは・・・は・・・ちきしょう・・・涼宮さんのパンツおろさないと・・・」ズルズル

古泉「・・・初めてみますが・・・グロイ・・・これにキスを?というかマークつくですか。というか吸うんですか」

古泉「ドキツイ・・・」



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:14:33.42 ID:wB0TaG7r0


ハルヒ「んぅぅ・・・」

古泉「!(起きるな!起きないて下さいよ!!)」

ハルヒ「キョンン・・・うふふ・・・」

古泉「これはこれで腹立つわ。」

古泉「では・・・い、いざっ!・・・・・・」チュウウゥウウ



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:17:32.72 ID:wB0TaG7r0

ハルヒ「くすぐったいわ・・・キョン・・・」

古泉「これだけやってるのに起きないんですかあなたは。」

ハルヒ「あはふふぅ・・・」

古泉「まあこれでいいでしょう。とりあえず写真を撮っておきましょう。」カシャ

古泉「しかし疲れましたね・・・そろそろ眠いです。次で最期>>210


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/06(火) 01:23:56.00 ID:tAMfSUeg0

長門にいぢめてもらう

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:24:39.66 ID:wB0TaG7r0


古泉「最後の最後で長門さんきたあああああ!!」

古泉「さて、長門さんの家にゴーですね!」ルンルン



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:26:09.53 ID:wB0TaG7r0


古泉「なーがとさーん、あっそびっましょっ!」

長門「まだ安価?」

古泉「はい。長門さんにいぢめて貰うというものでして・・・」

長門「そう。入って」

古泉「はい!!」



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:28:19.84 ID:wB0TaG7r0


古泉「いぢめてください!」

長門「基本的にどうすればいいか分からない」

古泉「どんな言葉でもいいですから僕を罵ってください!」

長門「うっせえこのガチホモが。てめえからガチホモの臭いがプンプンするんだよ。
ニヤケ顔うぜえし。なにうちのキョンくんにちょっかいだしてんの?馬鹿なの?死ぬの?」

古泉「・・・ネチネチする」


221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:30:17.90 ID:wB0TaG7r0


長門「これでいい?」

古泉「い、いえ・・・精神がやらせそうなのですが・・・もう少しヒワイに・・・」

長門「オラオラァッ!!さっさと跪いて足なめな!このオスブタ!!」バシィィン

古泉「あふん!そうですそうです!!」

長門「(気持ち悪い)」


225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:33:34.27 ID:wB0TaG7r0


古泉「ふぅ、ふぅ・・・すみません、縄で僕を縛ってくれますか?亀甲縛りが好ましいです」

長門「了解した。」ギュッ

古泉「あぁん!締め付けえ!!」

長門「オラッ!気持ちいいのかい!?こんなのが気持ちいいのかいブタァ!!」ビシィィ

古泉「は、はひっ!気持ちいいれふううう!!」

長門「ブタが人間の言葉喋ってんじゃないよ!!」バシッビシッグリグリ

古泉「ぶ、ブヒィィィ!!」アンアン


228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:35:22.97 ID:wB0TaG7r0


長門「ほら!もうおねんねしな!!こんのブタ!!」

古泉「あひっ!はい、はい、おねむしますううう!!!」

長門「返事は!?」バシコーン

古泉「ぶ、ブヒイイイイイイイン!!!」


終わり

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/06(火) 01:37:32.32 ID:wB0TaG7r0



疲れたよ・・・僕疲れたよパトラッシュ・・・
終わりです。

実はスレ立てひっさびさとか言いながら初めてでした。
背伸びしてごめーんね・・・

ちなみに俺は古長派だ。またスレ立てられるといいな・・・


おやすみーノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:世にも奇妙ならき☆すた