みくる「キョン君・・・私と付き合ってください」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「ねえ、シンジ…。SMしよっか…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 09:07:42.44 ID:0SqTQAxH0

キョン「え・・・」

俺は耳を疑った。
まさかあの朝比奈さんが俺のような間抜けなあだ名で
呼ばれているような奴に告白をする訳が・・・

キョン「あの・・・今何て?」
みくる「ですから・・・私と付き合ってもらえませんか?」

間違いなんかじゃ無かった。今まさに朝比奈さんに愛の告白をされているのだ。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 09:13:41.45 ID:0SqTQAxH0

キョン「ほ、本気ですか?」
みくる「はい」
キョン「でもこの時代の人間と付き合うわけにはいかないって・・・」
みくる「はい・・・でもキョン君への気持ちが抑えきれないんです」
キョン「・・・考えさせてもらえませんか?」

13 名前:1[] 投稿日:2008/03/16(日) 09:25:22.14 ID:PAsxV5xHO

俺は考えていた
確かに朝比奈さんは好きだ
かわいいて憧れの先輩だ
とにかくそれは恋愛対象と好きなのか?

結局その日答えは出なかった

14 名前:1[] 投稿日:2008/03/16(日) 09:32:08.61 ID:PAsxV5xHO

次の日

授業を軽く聞き流した
というか頭に入ってこなかった

昼休みになって俺は部室に向かった
長門がいた。いつものように分厚いハードカバーを読んでいる

キョン「なぁ長門」
長門「・・・」
キョン「俺どうしたらいいと思う?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 09:40:49.02 ID:PAsxV5xHO

長門「何が」
キョン「俺自分の気持ちがわからないんだ」
長門「どういう事」
キョン「はは・・・だよな」
キョン「何でもない」
長門「そう」

俺は机にうつぶせて考えた
朝比奈さんといるときが一番安らぐ・・・が
ハルヒといるときの方が楽しい気がするのは気のせいか・・・?

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 09:51:58.63 ID:PAsxV5xHO

そして放課後
部室に行くと長門と古泉がいた

古泉「どうですかチェスでも」
キョン「すまんが後にしてくれ」
考え事がしたいからな

ハルヒといるとなんだか楽しい。実際あいつは性格除けばけっこうかわいいのだ
でもハルヒは俺に恋愛感情など抱いてないだろう
それに比べ朝比奈さんは俺の事を好きと言ってくれるのだ
だったら・・・

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 10:00:11.98 ID:PAsxV5xHO

朝比奈さんが部室に入ってきた

キョン「あっ」
みくる「あの・・・返事を聞かせてもらえますか」
キョン「・・・はい、朝比奈さん、俺もあなたが好きです」
みくる「えっ・・・、じゃあ」
キョン「はい、よろしくお願いします」
みくる「うれしい・・・」
長門「・・・」
古泉「・・・」

こうして俺と朝比奈さんは恋人同士になった

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 10:06:27.33 ID:PAsxV5xHO

帰り道
朝比奈さんと下校したかったが用事があるようでどっか行ってしまった
一人歩いていると後ろから古泉がやってきた

古泉「今よろしいですか?」
キョン「何だ?あぁさっきチェス出来なかったな」
古泉「いえ、その事ではなく」
キョン「わかってる。俺と朝比奈さんの事だろう?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 10:15:00.57 ID:PAsxV5xHO

古泉「ええ、この事を涼宮さんが知ったら・・・」
キョン「問題あるか?あいつは俺に恋愛感情を抱いてるわけじゃないだろ?」
古泉「・・・いや、ですが」
キョン「それにあいつは人の恋愛に口を出さないと言っていた。問題ないだろ」
古泉「・・・わかりました。そこまで言うなら仕方ないですね」

俺にはわかっていた
古泉が全く納得してないことに

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 10:22:54.09 ID:PAsxV5xHO

古泉「では」

古泉は去っていった

次の日の放課後
部室で朝比奈さんと話していた

キョン「そうだ、今度の日曜にデートでもしませんか」
みくる「いいですね!行きましょう!」

そこにハルヒがやってきた

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 10:29:57.60 ID:PAsxV5xHO

ハルヒ「何?デート?あんたら付き合ってるわけ?」

そう言いながらハルヒは団長席に座った

キョン「い、いや」
みくる「あ、えと・・・」

沈黙が続いた

ハルヒ「え・・・、まさか本当に付き合ってるの?」

もう限界だった

キョン「あ、ああ・・・」
ハルヒ「えっ」
裏返ったような声を出した

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 10:37:03.72 ID:PAsxV5xHO

ハルヒ「い、いつからよ」
キョン「昨日からだ」
ハルヒ「へ、へぇよかったじゃない。みくるちゃんみたいなかわいい彼女が出来て」
キョン「あ、ああ・・・」

また沈黙が続いた

ハルヒ「あっそうだ用事思い出したわ!ごめんみんな先帰るね」

ハルヒはそう言って部室から出て行った
その直後古泉が入ってきた

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 10:48:57.09 ID:PAsxV5xHO

古泉「知られてしまいましたか」
キョン「なぜわかる」
古泉「すれ違い様に泣いておられました」
キョン「なっ」

言う言葉が無かった
突然古泉の携帯がなった

古泉「はい、わかりました、はい、では」
古泉「緊急事態です。たった今閉鎖空間が発生しました」
キョン「何っ」
古泉「それもかなりのスピードで拡大が進んでいます。僕もすぐ向かわなければいけません」
古泉「ですがあなたの協力も必要です」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 11:02:29.74 ID:PAsxV5xHO

キョン「・・・」
古泉「このままだと世界が!」
キョン「・・・あいつ中心の世界はもういやなんだ」
キョン「疲れたんだよ、あいつのご機嫌とりに」
キョン「この世界が終わっても朝比奈さんといれればそれでいい」
古泉「そうですか・・・世界が消えるのは残念です・・・ですがあなたがそれでいいなら仕方ないですね」

今度は本当の気持ちみたいだ
キョン「ありがとうな」
古泉「いえ、またいつかチェスできるといいですね」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 11:12:15.16 ID:PAsxV5xHO

古泉は出ていき朝比奈さんと二人きりになった
長門はいつの間にかいなくなっていた

みくる「わ、わたしとんでもないことを・・・」
キョン「もういいじゃないですか」
みくる「でも・・・」
キョン「いいんですよ、こうして二人でいられるんですから」
みくる「・・・はい」
キョン「もうあまり時間がありませんけどゆっくりしましょう」

俺たちは寄り添って世界の最後まで笑って話をしていた

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 11:16:10.03 ID:PAsxV5xHO

ハルヒ「わかったわ!」
キョン「何が」
ハルヒ「無いんだったら作ればいいのよ!」
キョン「何を」
ハルヒ「部活よ!」
ハルヒ「まずはメンバーよねぇ・・・、まずあんたと私でしょ」
キョン「なんで俺が・・・」
ハルヒ「後は・・・、あんたの彼女も連れて来なさいっ!」

Fin

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/16(日) 11:18:40.21 ID:PAsxV5xHO

初めて書きました・・・
よかったら感想ください



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「もう新年か…」睦月「睦月です!」