長門「いい、あなたがいれば」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン! ……頭撫でなさいよ……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 16:18:51.78 ID:Kvp55X640

キョン「長門、プレゼントなにがいい?」

長門「…あなた」

キョン「ほんとに、いいのか?」

長門「いい、あなたがいれば」

キョン(急展開過ぎる!!)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 16:21:46.49 ID:Kvp55X640

キョン「んじゃあ、はい」

長門「これは、なに?」

キョン「妹作、俺人形」

長門「あなたが欲しい」ダキッ

キョン「いいけどさ、どうすんのよこの展開…」

ハルヒ「…」ムカムカ

みくる「…」ソワソワ

古泉「…」ニコニコ

キョン「もっとタイミング考えようぜ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 16:24:43.39 ID:Kvp55X640

長門「彼は私のもの」ギラリ

キョン(いきなり言われても)

ハルヒ「有希! キョンから離れなさい! 変なばいきんつくわよ!」

キョン「バイキンとは失礼な!」

長門「あなたが彼の黴菌」

ハルヒ「なんですってぇ!」

キョン「怒らせるなよ!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 16:27:42.19 ID:Kvp55X640

佐々木「キョンは僕のものだ!」

キョン「なんでお前がここにいる!?」

長門「過去の黴菌」

佐々木「な、なんだって…」

キョン「だから怒らせるなぁ!」

古泉「やれやれ…(閉鎖空間に)行って来ます」

みくる「ちょっと未来に帰ります」

キョン「古泉はわかるけど朝比奈さん!? いきなり!?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 16:33:20.23 ID:Kvp55X640

みくる「私もキョンくん欲しいけど…」

キョン「えっ!?」ドキッ

長門「未来の黴菌」

キョン「ちょ、おま!」

みくる「長門さんと幸せに!」

ハルヒ「キョン! あんた有希のこと、好きなの!?」

佐々木「どうなんだい? キョン」

長門「…?」

キョン(なんだよこれ…)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 16:38:20.48 ID:Kvp55X640

キョン「そ、そうだな…」

キョン「デ、デートで決めよう」

ハルヒ「で、ででで、で、でで、ででででで、デートォ!?」

佐々木「で、デートかい?」

ハルヒ「いくらなんでもありえないわ!」

佐々木「ちょっとそれは…」

長門「かまわない」

ハルヒ&佐々木「!!」

キョン「じゃあ、長門…」

ハルヒ「待ちなさい!」
佐々木「待って!」

キョン(もーなんだよっ!?)

ハルヒ「やっぱりやるわ!」

佐々木「僕も、やらせてもらうよ」

キョン(うっわーめんどくせぇことになったぁ…)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 16:42:21.19 ID:Kvp55X640

次の日

キョン「さて…誰からにしようかな…」

自己PR

ハルヒ・・・特になし

佐々木・・・特になし

長門・・・特になし

キョン「これはひどい」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 16:46:30.50 ID:Kvp55X640

キョン「ハルヒ…その格好は…」

ハルヒ「な、なによ。なんか問題ある!?」

キョン(こんなメイドいたら即刻クビだろうな)

キョン「佐々木…お前は…」

佐々木「ふふ、巫女さ」

キョン(似合うっちゃあ似合うが…これ、本物か?)

キョン「長門、お前それでうろちょろするのか?」

長門「あなたとなら、かまわない」

キョン(スクール水着…よく駅前まで来れたな)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 16:49:39.77 ID:Kvp55X640

キョン「おいおい、お前ら、これじゃコスプレだろ」

キョン「デートに行く気あるのか?」

ハルヒ「あるわよ!」

佐々木「キョンの好みかなと思ってさ…」

ハルヒ「着替える気はないから!」

佐々木「ぼ、僕も」

長門「すまない、着替えてくる」

ハルヒ&佐々木「!!」

キョン「じゃあ」

ハルヒ&佐々木「待(ry」

キョン「はいはい、いってらっしゃい」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 16:52:29.87 ID:Kvp55X640

キョン「ったくお前らはすこし俺のイメージがズレてるぞ」

ハルヒ「な、なんで私が謝らないよいけないのよ!」

佐々木「ごめん、キョン」

長門「ごめんなさい」

キョン「…じゃあ、最初、ハルヒな」

ハルヒ「わ、わわわ、わわ、私!?」

キョン「ああ」

ハルヒ「じゃ、じゃあ行くわよ!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 16:55:53.75 ID:Kvp55X640

ハルヒ「…」

キョン「いきなり黙るなよ」

ハルヒ「悪い?」ギラリ

キョン「ったく、なんでお前とデートせにゃならんのだ」

ハルヒ「あんたが選んだんじゃない!」

キョン「めんどくさいのは最初がいいと思ったんだよ」

ハルヒ「なによそれ!?」

キョン「冗談が通じんやつだ」

ハルヒ「…ふんっ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 17:00:28.36 ID:Kvp55X640

終了

ハルヒ「…」

キョン(商店街をクルッと回るだけかよ…)

キョン「んじゃあ、次、長門」

長門「わかった」


ハルヒ「…うっうっ…」

ハルヒ(全然、アピールできなかった…)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 17:05:26.36 ID:Kvp55X640

長門「…」

キョン「長門、どこに行くんだ」

長門「ついてきて」

キョン(図書館だろうな)

長門「…」


キョン「って、ここはお前の家じゃないか」

長門「…」

キョン「な、長門…ど、どうした? いきなり脱いだりして」

長門「デートしている間は、私達はカップル」

キョン「は、はぁ?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 17:10:02.51 ID:Kvp55X640

キョン「な、長門さん…ま、まさか…」

長門「する?」

キョン「…いいんですか!?」

長門「どうして、敬語?」

キョン「気が高ぶってるからです!」

長門「そう」

キョン(…上半身があらわに…!)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 17:14:45.65 ID:Kvp55X640

長門「…出して」

キョン「はい?」

長門「性器」

キョン「…ほんとにいいのか?」

長門「いい、あなたなら」

キョン「…了解しました…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 17:18:04.57 ID:Kvp55X640

長門「…」

キョン「…」

長門「…大きい」

キョン「そ、そうか?」

長門「全部、咥えられない」

キョン「そんなに大きくないと思うんだが…」

長門「…私の口では、咥えきれない」

キョン「そ、そうか…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/03(土) 17:24:22.08 ID:Kvp55X640

キョン「…えー次は佐々木だな」

佐々木「ああ、僕はいいよ」

キョン「なんで?」

佐々木「今から涼宮さんとお茶しに行くんだ」

キョン「…まじで?」

佐々木「うん、旨があってね。長門さんとお幸せに♪」

キョン「ちょ、ちょっとまっ…」

長門「これから…ずっと一緒」

キョン「な、長門…」

長門「さっきの続き…」

キョン「…」

キョン(何回出さしたら気が済むんだ…)

キョン(まあ、ハルヒの怒りが消えたみたいだし、いいか)

キョン「よーし。とことん付き合ってやらあ…」

The end...



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ただの人間には興味はねえ(ry」 ハルヒ「は?」